函館といえばイカがおすすめ!絶品を味わえる人気店や美味しい時期もご紹介

函館といえばイカがおすすめ!絶品を味わえる人気店や美味しい時期もご紹介

みなさんは函館のイカを食べたことがありますか?新鮮で透き通っていて、コリッコリの食感がイカ好きには堪りません。函館のイカを食べた人のほとんどが、今まで食べた中で一番美味しいイカだと答えるほどです。そんな函館の美味しいイカの魅力をたっぷり紹介します。

記事の目次

  1. 1.函館はイカの名産地
  2. 2.函館でおいしいイカが味わえる時期
  3. 3.函館でイカが食べられる人気店5選
  4. 4.函館でデートにおすすめのイカのお店4選
  5. 5.函館で朝獲れイカが食べられるお店4選
  6. 6.函館の絶品イカを食べに行こう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

函館はイカの名産地

Photo by tab2_dawa

函館といえばイカというイメージを持つ人が多いように、函館はイカの街として知られています。函館駅のすぐ横には函館市場があり、その時期が旬の獲れたての海産物がびっしりと並べられています。

イカの稚魚は日本の南の方で生まれ、北上しながら成長を遂げます。十分な成長が見られる時期にプランクトンの豊富な津軽海峡にたどり着き、漁獲されるので、函館のイカは絶品だと言われています。

Photo by Kossy@FINEDAYS

函館で獲れるイカは主にスルメイカとヤリイカで、函館ではスルメイカを真イカと呼ぶのが一般的です。イカ刺しはわさび醤油ではなく、生姜醤油で食べるのも函館では定番になっています。

津軽海峡はイカの群れの交差地点

函館で美味しいイカが獲れるのには回遊ルートが関係しています。日本で獲れるスルメイカは東シナ海や西日本海で産卵されています。

秋に生まれたイカの群れは対馬暖流にのって日本海側を北上し、冬に生まれたイカの群れは黒潮にのって太平洋側を北上します。

そのため日本海と太平洋に繋がる津軽海峡はそれぞれを回遊しているイカの交差地点となる漁場なのでイカが豊富に漁獲されています。

近年は地球温暖化による海水温の上昇からイカの不漁が続き、問題視されている中で函館の漁場は貴重とされています。

函館市の魚にイカが制定

フリー写真素材ぱくたそ

函館では真イカと呼ばれているスルメイカは平成元年8月1日に函館市の魚に制定されています。食卓にはイカ刺しや塩辛、イカ飯など、イカを使った料理が毎日並びます。イカは函館市民にとってなくてはならない身近な存在です。

夏にはイカ踊りで盛り上がる!

Photo by karitsu

次のページ

函館でおいしいイカが味わえる時期

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング