北海道・積丹のうには感動の美味しさ!旅行でおすすめの人気店もご紹介

北海道・積丹のうには感動の美味しさ!旅行でおすすめの人気店もご紹介

北海道といえば、海の幸を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?北海道の積丹(しゃこたん)では、うにの漁獲量が日本一!高級食材の「うに」を、満足いくまで食べたい方は多いです。今回は北海道・積丹のうにを、たっぷり堪能できる人気のお店をご紹介します。

記事の目次

  1. 1.北海道・積丹の「うに」は美味しいことで有名
  2. 2.北海道・積丹で美味しい「うに」が味わえる店
  3. 3.積丹に負けない!北海道で絶品「うに」が味わえる店
  4. 4.北海道の「うに」が味わえる人気ホテル
  5. 5.北海道の「うに」を使ったおすすめのお土産
  6. 6.北海道に旅行の際はぜひ「うに」を堪能しよう

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

北海道・積丹の「うに」は美味しいことで有名

Photo by y_ogagaga

北海道の積丹の海は、青く透き通っていて、「積丹ブルー」と呼ばれます。断崖絶壁の海岸線と、透き通った青い海とのコントラストは絶景で、旅行客にも人気です。

この美しい海では、6月から8月のお盆当たりまで、「うに漁」が解禁されます。夏の高級食材の味覚を楽しもうと、全国から旅行客が押し寄せ、積丹の町はいっそうにぎわいます。積丹の昆布を食べて育つ「うに」は、クリーミーで甘みが強く絶品です。

「うに漁」自体は、8月のお盆ごろまでされていますが、「うに」は8月頃は産卵時期に入ります。産卵時期を過ぎてしまうと、味が落ちてしまうため、できるだけ7月中に「うに」を味わうことをおすすめします。

海鮮グルメの宝庫積丹は「うに丼」も人気

Photo by sunoochi

積丹で人気の「うに丼」の「うに」には、2種類の品種があります。ひとつは、「白うに」とも呼ばれる「キタムラサキウニ」です。もうひとつが、「赤うに」とも呼ばれる「エゾバフンウニ」です。

「キタムラサキウニ」は黄色みがかった色味で、私たちがよく知る品種です。クリーミーで、口の中で甘くとろける食感に夢中になる人も多いです。

「エゾバフンウニ」は赤みがかった色味で、北海道でしか獲られない品種です。しかも漁獲量の1割から2割程度しか獲られないので、なかなか食べることができません。濃厚で甘みの強い、高級食材です。

北海道・積丹へのアクセス

Photo by hide10

お車の場合は、札幌から約90分、小樽からは約60分かかります。函館からは約270分かかります。バス(北海道中央バス)をご利用の場合は、JR小樽駅前より美国(バス停)まで、約75分かかります。

JR余市駅前からは45分かかります。バスをご利用の場合は、事前に時刻表を確認しておくと便利です。

北海道・積丹で美味しい「うに」が味わえる店

Photo by y_ogagaga

北海道・積丹のごはん時は、どこも旅行客でいっぱいです。おいしい海鮮グルメを味わえる人気店も多く、閉店時間までにメニューが完売してしまうこともあります。予約ができるお店ならば、早めに済ませておくと安心です。

積丹では、絶品の「うに丼」を味わえるお店が、たくさんあります。その中から厳選したおすすめのお店を、ご紹介します。そこから、お気に入りのお店が見つかるかもしれません。

「田村岩太郎商店」

Photo by veroyama

「田村岩太郎商店」のおすすめメニューは、好きなだけ「うに」を、自分自身で盛り付けることができる「朝うにぶっかけ丼」です。

「うに」の鮮度を命とし、うまみが逃げないよう洗う回数をおさえているそうです。6月から8月の間、さらに「うに漁」ができる天候の日にしか、お目にかかれない幻のメニューです。

自分自身で「うに」を盛り付けることができる、という贅沢な食べ方をしてみたい方には、とてもおすすめのお店です。ぜひとも立ち寄ってみてください。

住所 北海道積丹郡積丹町美国町字船澗132-1
電話番号 0135-48-6300

「漁師の店 中村屋」

Photo by zenjiro

「漁師の店 中村屋」は、積丹の日司に立地しています。お米と一緒にいただく「うに丼」もおいしいのですが、お酒と一緒にいただく「塩水うに」も人気です。

こちらの「うに」は、ミョウバンなどの添加物は一切使っておらず、無添加の「うに」を味わえます。6月から8月のお盆頃までには、旬の甘くとろけるような、「うに」がいただけます。

住所 北海道積丹郡積丹町日司34-1
電話番号 0135-45-6500

「お食事処 みさき」

Photo by Kanesue

「お食事処 みさき」のおすすめメニューは、「赤ばふん生うに丼」です。うに漁師さんが営むお店で、その日の朝に獲れたての新鮮な「うに」をいただけます。

添加物はまったくの不使用です。とても濃厚でクリーミーな高級食材の「赤ばふんうに」は、格別なおいしさで大人気です。

「赤ばふん生うに丼」は、とても人気のメニューなので、すぐに完売してしまうことも多いです。食べることのできた人は、とてもラッキーです。

住所 北海道積丹郡積丹町日司町236番地
電話番号 0135-45-6547

「うに膳屋 積丹本店」

Photo by hermitage#605

「うに膳屋 積丹本店」は、「エゾバフンウニ」と「キタムラサキウニ」が半分ずつのった、「うにうに丼」が人気です。

高級食材の2種類の「うに」を、贅沢にいただける逸品です。積丹に旅行に来たのならば、ぜひとも食べ比べすることをおすすめします。

住所 北海道積丹郡積丹町入舸町16-1 港屋旅館
電話番号 011-221-2242

積丹に負けない!北海道で絶品「うに」が味わえる店

Photo by uka0310

積丹ではなくても、広大な北海道エリアで、おいしい「うに料理」が味わえるお店があります。積丹まで足をのばせない方も、ご安心ください。

せっかく北海道まで旅行に来たのならば、「うに」を味わわなければ損です。最寄りの地域で、おいしい「うに料理」を味わえるお店が、きっと見つかります。

「海鮮処 かふか」

Photo by mzpi

「海鮮処 かふか」は、離島・礼文島にある香深(かふか)の漁業協同組合の直営店です。漁業協同組合の直営店ならではのお値段と新鮮さに、旅行客に人気のお店です。特設された水槽から「うに」を取り出し、調理してくれるのでいつでも新鮮です。

5月から9月までは、「うに丼」が限定メニューにあがります。新鮮な「うに」が、口の中で甘くとろけます。運が良ければ、高級食材・エゾバフンウニの「うに丼」が食べられるそうです。

ほかにも炭火焼では、「焼きうに」がおすすめです。炭の遠赤外線で焼いた「うに」の香ばしさに、いつもと違った風味を楽しむことができます。

住所 北海道礼文郡礼文町大字香深村字トンナイ558-1
電話番号 0163-86-1745

「知床食堂」

Photo by Kanesue

「知床食堂」は、羅臼町の道の駅に隣接された建物・「深層館」の1階と2階にあります。「知床食堂」の「うに丼」は、地元・羅臼(らうす)産エゾバフンウニを使用した贅沢なおすすめメニューです。

追加料金で、ごはんやネタの大盛も可能なので、たくさん食べたい方にはおすすめです。量が食べられない方やお子様には、ミニサイズを選べるのも、うれしい配慮です。

住所 北海道目梨郡羅臼町本町361-1(道の駅深層館1F・2F)
電話番号 0153-87-4460

「食事処 鱗晃」

Photo by Kanesue

「食事処 鱗晃」は、積丹岬の目の前にある食堂です。店内では、海鮮土産や珍味なども購入できるそうです。6月から8月は朝7時から営業されているので、朝ごはんを食べる場所としても人気です。

「積丹産 生うに丼」は、「うに」本来の甘みを存分に味わえるというおすすめメニューです。積丹岬を観光したのならば、ぜひとも立ち寄ってみてください。

住所 北海道積丹郡積丹町大字入舸町109-9
電話番号 0135-45-6651 

「海鮮丼の浦島」

Photo by CanadaPenguin

「海鮮丼の浦島」は、札幌のすすきのにあるお店です。こちらはなんと、海鮮丼を頼む人に限り、「うに」の試食ができます。旅行客の中には、「うに」が苦手な人もいます。しかし一度試食をしてみて、その見方ががらりと変わる人も多いです。

もし、試食をしてみて大丈夫であれば、ぜひとも「うに入りのメニュー」を頼んでみてください。無添加で甘みのある濃厚な「うに」が、大好きになるかもしれません。

こちらでも、エゾバフンウニが入荷されれば、限定メニューとして食べることができます。他にもさまざまな海鮮丼メニューがあり、「うに入りのメニュー」だけでもさまざまです。食べてみたい海鮮丼が、ここならきっと見つかります。

住所 北海道札幌市中央区南四条西4丁目1 ススキノ ラフィラ B2F
電話番号 011-522-7207

北海道の「うに」が味わえる人気ホテル

Photo by veroyama

北海道の「うに」をできるだけ確実に味わいたいのなら、おいしい「うに」が食べられるホテルの予約を取っておくのも、良い方法です。

北海道の「うに」はとても人気なので、有名店では完売してしまい、食べられないことも珍しくありません。確実においしい「うに」にありつけるには、おいしい「うに料理」の出るホテルを確保しておきましょう。

「ホテル雲丹御殿」

Photo by veroyama

「ホテル雲丹御殿」は、離島・利尻(りしり)島に立地しています。「幻のうに」と呼ばれる、利尻島近海の「うに」を提供してくれるプランが人気です。食材も天然・無添加にこだわっていて、自然の味が楽しめるお食事です。

新鮮な「うに」を、いろいろな食べ方で楽しめる、「うに」にこだわったホテルです。利尻富士も海も見える、贅沢なロケーションです。「うに」好きの方にはおすすめです。

「北国グランドホテル」

Photo by photomanm

「北国グランドホテル」は、離島・利尻島に立地しています。利尻島の大自然に囲まれたホテルで、おいしい料理をいただける贅沢には心が癒されます。

お食事も「うに」がふんだんに使われ、季節の旬の食材とともにいただけます。旅行客も驚くほどの「うに料理」を、一度ご賞味ください。

「温泉旅館 矢野」

Photo by Dai44

「温泉旅館 矢野」は、北海道唯一の城下町・松前(まつまえ)に立地しています。創業60年を迎える老舗旅館です。お食事では、生きたままの殻付き「生うに」もふるまわれます。新鮮でおいしい「うに料理」や郷土料理に、思わず舌堤をうってしまいます。

旅館内にはレストランも併設されており、ランチ営業もされています。松前に旅行に来たら、ぜひとも足を運びたい、おもてなしの宿です。

北海道の「うに」を使ったおすすめのお土産

Photo by wongwt

観光もひととおり終え、「うに丼」も存分に楽しんだら、そろそろ帰路につく時間です。せっかくなら、感動的においしい北海道の「うに」を、周りの方にも味わってほしいです。

北海道にはおいしいお土産が、ほんとうに多いです。ご家族やご友人・職場の方へは、どのような「うに」を使ったお土産が喜ばれるのでしょう?

北海道の「生うに」をそのまま

Photo by TAKA@P.P.R.S

「生うに」はお土産としても、旅行客に大人気です。本場のおいしい「うに」を、留守番してくれていたご家族やご友人にも味わってもらいましょう。

しかし「生うに」だけでもいろいろな商品があり、選ぶのに迷ってしまいます。いったいどのような「生うに」を選べば良いのでしょう?

うにの選び方

Photo byvandijkies

前述のとおり、北海道で獲られる「うに」には2種類あります。ひとつが「キタムラサキウニ」で、もうひとつが高級な「エゾバフンウニ」です。6月から8月の間に出回りますが、おいしい時期は7月までです。

「うに」を殻ごと選ぶことができる機会は、めったにありません。大抵はむき身で陳列されています。日持ちがするように、ミョウバンが添加されているものもあります。

Photo byVFClark

ミョウバンが添加されていると、「うに」独特の甘みや、新鮮さが失われてしまうデメリットもあります。味も少しばかり苦みが出ることもあるようです。

苦手な人は、ミョウバンが添加されていない商品を選びましょう。「塩水うに」のほうが、より自然な「うに」のうまみがあり、臭さも少ないです。

「うに」は新鮮さも命です。お土産で渡すときには、新鮮さが失われてしまっては、せっかくの「うに」本来のおいしさが半減してしまいます。新鮮な「うに」を選ぶならば、1粒1粒がふっくらとして、身が盛り上がったものを選びましょう。

珍味「うにくらげ」や「うに入り松前漬け」

Photo by veroyama

「うにくらげ」は、コリコリと歯ごたえの良いクラゲと、北海道の「うに」をあえた珍味です。晩酌のお供だけではなく、ごはんのお供にも好まれます。

「うに入り松前漬け」は、濃厚な「うに」のうまみと数の子のプチプチ感が、相性が抜群です。こちらもご飯のお供や、お酒のお供に喜ばれる商品です。

お菓子「うに煎餅」や「うにあられ」

Photo by sⓘndy°

「うに煎餅」は、さくっとした食感の中で、「うに」の風味が口の中でふわっと香ります。老若男女を問わず、幅広い世代に喜ばれる商品です。

「うにあられ」は、揚げてある分、「うに」の甘みや風味とよく合います。こちらも、老若男女を問わず、幅広い世代に好まれる商品です。

「うに煎餅」も「うにあられ」も、小分けされている商品が多いので、職場の人にも配りやすいです。生ものと比べて日持ちもするので、安心できます。

北海道に旅行の際はぜひ「うに」を堪能しよう

Photo by ivva

いかがでしたか?北海道・積丹といえば、積丹岬などの観光地としても有名です。その美しい積丹で獲られる「うに」も、とても有名です。積丹に旅行に来たのなら、ぜひとも2種類の「うに」を食べてみてください。

とくにめったに食べられないという、大人気の「エゾバフンウニ」を食べられたら、とてもラッキーです。そのおいしい「うに」を食べられるのは、6月から8月の期間限定です。

とくに「うに」は、8月頃の産卵後は風味が落ちてしまうことから、7月までには楽しみたいです。北海道の各エリアで、おいしい「うに丼」をいただけるお店があります。いろいろなお店で、「うに」を食べ比べてみるのも、贅沢な楽しみです。

ronronda85r
ライター

ronronda85r

3歳の子供がいるワーママです。好きな食べ物はお寿司やカフェ系のスイーツ。おすすめのスポットやグルメをたくさん紹介できるように頑張ります。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング