札幌のお土産おすすめ31選!外せない人気の定番から話題の新作までご紹介

札幌のお土産おすすめ31選!外せない人気の定番から話題の新作までご紹介

「北海道・札幌」といえば、日本が誇るグルメ王国です。海鮮、ご当地グルメ、スイーツなどさまざまなグルメを満喫することが出来ます。そして、旅行に来たならマストなのがお土産です。「札幌」でおすすめのお土産を、定番から、話題の新作まで一挙ご紹介します。

    記事の目次

    1. 1.札幌のお土産は欲しくなっちゃうものばかり!
    2. 2.札幌で人気のお土産スポットは?
    3. 3.札幌のお菓子の定番お土産・10選
    4. 4.札幌のスイーツのおすすめお土産・8選
    5. 5.札幌のご当地のおすすめお土産・6選
    6. 6.札幌の雑貨系の人気のお土産・4選
    7. 7.札幌の最近話題の新作お土産・3選
    8. 8.札幌のお土産はレベルが高い!

    店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

    札幌のお土産は欲しくなっちゃうものばかり!

    Photo bysharonang

    日本を代表するグルメタウンの札幌は、美味しい海鮮から、郷土料理、B級グルメ、スイーツなど、さまざまな北海道グルメを楽しむことが出来る人気の観光地です。

    札幌は、北海道産の素材を使用した、さまざまなグルメを食べることができ、新鮮な素材を活かした味わい豊かなグルメの数々に魅了される人が続出しています。

    Photo byPublicDomainPictures

    そして、札幌観光でなくてはならないのがお土産です。札幌ではお土産がたくさん販売されています。美味しそうなお土産がありすぎて迷ってしまいます。

    そんな数ある札幌のお土産の中から、おすすめのお土産を厳選してご紹介します。定番のお土産から、話題の新作まであるので、札幌のお土産選びの参考にしてみてください。

    札幌は北海道の中心

    Photo by hiroki_skywalker

    札幌は、北海道の県庁所在地で、北海道の中心です。そして、全国の政令指定都市の中では5番目に人口の多い街です。豪雪地帯にこれだけの人が集まるのは、世界的に見ても珍しいそうです。

    そして札幌は、都会でありながら、豊かな自然と隣り合わせの、ゆったりとした街が人気です。歴史的な建造物が多く、美しい街並みは、日本のみならず、海外でも話題の観光スポットになっています。

    各地のグルメが集う街

    Photo by Tak H.

    札幌は、北海道中から新鮮な素材や加工品、お土産が集まる街です。3つの海洋に囲まれた北海道は、漁業がとても盛んで、毎日たくさんの海鮮が水揚げされています。

    そして、酪農、農業なども盛んな北海道では、ミルク、小麦などさまざまな新鮮な素材が収穫され、その海鮮や素材は、札幌で美味しく調理され、味わうことが出来ます。

    Photo by jeff~

    札幌は、北海道各地の名産品や、郷土料理、話題のグルメ、お土産など、さまざまなグルメを楽しめ、広い北海道を一周した気分になれます。

    札幌で人気のお土産スポットは?

    Photo by alberth2

    札幌には、各地のお土産をたくさん集めたショップが数多くあります。北海道の素材を使用した、とても美味しいお土産が並び、どれも美味しそうでワクワクしてしまうスポットです。

    札幌に来たなら、北海道中の美味しい味を買って帰りたいものです。札幌にたくさんあるお土産店の中で、人気のショップをご紹介します。

    「おみやげの店 こぶしや」

    Photo by MiNe (sfmine79)

    「おみやげの店 こぶしや」は、札幌市内最大級のお土産店です。北海道旅行の定番のお土産はもちろん、話題の新作や、「こぶしや」限定のお菓子など、たくさんのお土産が並びます。

    「こぶしや」で人気のお土産は、「こぶしや」限定の商品です。札幌の洋菓子店「札幌スイーツガーデン パロム」が製造する、「北海道シューラスク」「北海道メロンブッセ」「パリネル」を買うことが出来ます。

    Photo by422737

    他にも「こぶしや」限定の、「ハローキティオルゴール」も人気のお土産です。世界中にファンがいる「ハローキティ」と、好きな曲を選んで、オリジナルのオルゴールを製作出来ます。

    たくさん買っても、自宅などへ配送してもらえるので安心です。5,000円以上買うと、送料がグッと安くなるサービスもあるので、「こぶしや」でお土産をたくさん買って、帰りは身軽に帰ることが出来るのでおすすめです。

    住所 北海道札幌市中央区南3条西4
    電話番号 0120-524-815

    「ODORI BISSē」

    Photo byphotoAC

    「ODORI BISSē」は、グルメやショッピングが楽しめる、商業施設です。「ODORI BISSē」の1階には、話題のスイーツ店が6店舗並びます。その場で食べるスイーツやグルメもありますが、お土産用の商品も用意されています。

    中でも人気なのが「ODORI BISSē」限定の商品です。「スナッフルス」は、お店の人気商品「チーズオムレット」が入った「ちっちきー」というクッキーを販売しています。

    Photo byla-fontaine

    「町村農場」では、「いちごのヨーグルトレアチーズ」。「Bocca」では、「牧家のワイルドチーズバー」と「牧家のワイルドスパイスチョコレート」を販売しています。

    そして「月寒あんぱん」では「伊予柑あんぱん」、「きのとや」では「ストロベリーパフェ」、「あまとう」では「リーフパイ」を買うことが出来ます。

    フリー写真素材ぱくたそ

    各店の美味しいスイーツを味わい、お土産選びも楽しめる「ODORI BISSē」はおすすめのスポットです。各店の新作スイーツも時期ごとに販売されているので、スイーツ好きは要チェックです。

    住所 北海道札幌市中央区大通西3-7 北洋大通センター
    電話番号

    「まるい道産食品セレクトショップ きたキッチンオーロラタウン店」

    Photo byMarzena7

    「まるい道産食品セレクトショップ きたキッチンオーロラタウン店」は、明治創業の老舗百貨店「丸井今井」のバイヤーが、北海道中から厳選した、美味しい商品が集まる話題のセレクトショップです。

    北海道各地の野菜、乳製品、魚介の加工品、生菓子や焼き菓子など、普通のお土産店では見かけることのない珍しい商品がたくさん並び、何時間でも楽しめます。

    フリー写真素材ぱくたそ

    「まるい道産食品セレクトショップ きたキッチン」のこだわりは、北海道で作られた、北海道の美味しさが詰まった商品を提供することです。

    札幌では普段買うことの出来ない商品や、パンやスイーツなど、その時々によってさまざまなグルメが並びます。北海道の美味しい物を探すなら、「まるい道産食品セレクトショップ きたキッチンオーロラタウン店」がおすすめです。

    住所 北海道札幌市中央区大通西2 さっぽろ地下街オーロラタウン
    電話番号 011-205-2145

    札幌のお菓子の定番お土産・10選

    Photo by hide10

    札幌でお土産選びをする時、まず目につくのが定番のお土産です。札幌の定番のお土産は、定番になるだけあり、やっぱりいつ食べても美味しい物です。

    どんどん新作が出るお土産の中で、変わらず親しまれ続ける、札幌の定番お土産をご紹介します。ばらまき用のお土産にぴったりの商品もあるので、チェックしてみてください。

    ロイズ「ポテトチップチョコレート」

    Photo byBru-nO

    ロイズ「ポテトチップチョコレート」は、斬新な組み合わせが話題になり、一気に定番お土産にまで上り詰めた商品です。甘じょっぱい味がクセになる、人気のお菓子です。

    「オリジナル」は、分厚くギザギザにカットされたポテトチップの片面に、「ロイズ」オリジナルのまろやかでくちどけのよいチョコレートをコーティングしています。

    フリー写真素材ぱくたそ

    定番の「オリジナル」以外にも、「キャラメル」や「フロマージュ」、「マイルドビター」も販売されていて、どれも塩味と甘みのバランスが絶妙で、ついつい手が伸びてしまいます。

    意外な組み合わせではありますが、とてもマッチしていて、定番になる理由がわかる、とても美味しいお菓子です。お土産におすすめの定番商品です。

    札幌市内の「ロイズ」の直営店は、「東苗穂店」「札幌丸井今井店」「札幌大丸店」などがあります。

    六花亭「マルセイバターサンド」

    Photo by jetalone

    六花亭「マルセイバターサンド」は、北海道産のバター、レーズン、ホワイトチョコレートで作ったクリームを、サクッとした食感のビスケットでサンドした、定番の札幌お土産です。

    バターをふんだんに使用したクリームにもかかわらず、重たくなく、ペロッと食べられてしまします。ビスケットは時間がたってもサクサクのままです。

    Photo by Party0

    クリームに入っているレーズンがとてもいいアクセントになっていて、飽きずに最後まで食べられるように考えられています。

    たくさんある札幌のお土産の中で、常にトップを争う人気の、定番お土産です。日本だけでなく、海外の観光客からも人気の「マルセイバターサンド」はおすすめです。

    住所 北海道札幌市中央区北4条西6‐3‐3
    電話番号 011‐261‐6666

    札幌千秋庵「ノースマン」

    Photo byjeonsango

    札幌千秋庵「ノースマン」は、北海道産の小豆でつくったこし餡を、幾層にも重ねたパイ生地で包み、焼き上げた定番お土産です。

    「横浜中華街」で販売されていた「パイまんじゅう」を参考に、和洋折衷のお菓子を作ろうと開発されました。パイ生地は、食感が良くなるように何度も試作を繰り返し、百層以上にも折り重ねた現在の生地が完成しました。

    Photo bysilviarita

    現在でもパイ生地にはとても力を注いでいて、気温や湿度によって調整をして、いつでも美味しい「ノースマン」になるように仕上げています。

    変わらぬ美味しさを提供し続け、札幌の代表的なお土産となった今でも、さらに製法や技術を追求し続けています。口当たりの良いこし餡に、バター香るサクサクのパイが絶妙にマッチする、美味しいお菓子です。

    住所 北海道札幌市中央区南3条西3‐13‐2
    電話番号 011‐251‐6131

    北菓楼「北海道開拓おかき」

    Photo by yuko_ppp2501

    北菓楼「北海道開拓おかき」は、手間暇かけて作られた、北海道の海の幸の旨味を閉じ込めたおかきです。おかきが完成するまで、なんと7日間もの時間がかかっています。

    「北海道開拓おかき」は、「函館産のいか」「増毛産の甘エビ」「標津産の秋鮭」「枝幸産のホタテ」「えりも産の昆布」「白糠産の柳だこ」「白老産の虎杖浜たらこ」「枝幸産の毛ガニ」「北海シマエビ」の9種類の味があります。

    Photo by yuko_ppp2501

    北海道産のもち米とそれぞれの海鮮を一緒につき、完成したお餅を乾燥させ、鍋で揚げています。そして、北海道産の塩で味付けをした、北海道の旨味がギュッと凝縮された絶品のおかきです。

    おやつとしても、お酒のつまみとしても人気の「北海道開拓おかき」は、詰め合わせセットや、カップに入った商品もあり、自分用にも、渡す用にも買って帰りたい、おすすめの定番お土産です。

    住所 北海道札幌市中央区北1条西5‐1‐2
    電話番号 0800‐500‐0318

    きのとや 「札幌農学校」

    Photo byLUM3N

    きのとや 「札幌農学校」は、北海道産の新鮮なミルク、バター、小麦粉を使用した、サクッと軽いクッキーです。北海道産のミルクとバターをふんだんに使用し、ミルクの風味が口いっぱいに広がる美味しいクッキーに仕上げています。

    「札幌農学校」は、現在の「北海道大学」の前身で、有名な「クラーク博士」が教壇に立ち、将来開拓や農業を担うたくさんの学生達が学んだ場所です。

    Photo byFree-Photos

    商品のパッケージはとてもシンプルで、レトロな書体で「札幌農学校」と書かれています。このシンプルなパッケージが、逆に目立ち、手に取る人が多いようです。

    それぞれの素材の味を活かした美味しいクッキーは、個包装になっていてばらまき用のお土産としてもぴったりです。地元の人もおすすめの美味しいクッキーを、ぜひお土産に買って帰ってみてください。

    住所 北海道札幌市白石区東札幌3条5‐1‐20
    電話番号 011‐813‐6161

    カルビー「じゃがポックル」

    Photo by omoon

    カルビー「じゃがポックル」は、有名お菓子メーカー「カルビー」が手掛ける、北海道産のジャガイモの旨味を楽しめる、スナック菓子です。

    北海道の気候は、ジャガイモの栽培に適していて、美味しいジャガイモが採れます。「じゃがポックル」は、北海道にある「カルビー」の専用畑で作られたジャガイモを使用して作られています。

    Photo byCouleur

    収穫されたジャガイモの中から、「じゃがポックル」に合う大きさのものを選別し、皮付きのまま細長くカットし、独自開発した製法でサクサクに揚げています。

    味付けの塩も、北海道産のオホーツクの塩を使用し、シンプルで奥深い味わいに仕上げています。素材の旨味を感じられる、美味しいお菓子は、大人気の定番お土産です。

    有楽製菓「白いブラックサンダー」

    Photo by GEEK KAZU

    有楽製菓「白いブラックサンダー」は、定番お菓子「ブラックサンダー」の北海道限定商品として話題になりました。「ブラックサンダー」特有のザクザクの食感はそのままに、ホワイトチョコレートでコーティングしています。

    北海道産のミルクを使用したホワイトチョコレートは、とてもまろやかで、ミルクの風味を楽しめます。誰もが喜ぶ美味しいお菓子です。

    Photo byAlexanderStein

    「白いブラックサンダー」は通常サイズと、ミニサイズが展開されています。個包装なのでばらまき用のお土産にもおすすめです。

    姉妹商品として、季節限定で、北海道産のメロンパウダーを使用した「メローンなブラックサンダー」や、北海道産のイチゴパウダーを使用した「ピンクなブラックサンダー」も販売されています。

    「おもっちーず」

    Photo bymanfredrichter

    「おもっちーず」は、つきたてのお餅のように柔らかい食感で、ビヨンと伸びる不思議なチーズケーキです。「日本のチーズケーキ」をコンセプトに、お餅のようになるように開発されました。

    食感はお餅のようでありながら、味はとても濃厚なチーズケーキです。この不思議な食感を生み出すために、およそ8カ月もの期間を要しました。

    Photo byminami1777

    使用する素材は、北海道産のチーズ、牛乳、生クリームにこだわり、独特の食感を引き出すために、ほぼ手作業で製造されています。

    「おもっちーず」に果物などをフォンデュしたり、クラッカーやパンに載せてアレンジも出来ます。「おもっちーず」は「いちご味」「しょこら味」も展開されていて、色々な楽しみ方が出来る人気のお土産です。

    住所 北海道札幌市白石区栄通7‐6‐30
    電話番号 0120‐113‐126

    わかさいも本舗「わかさいも」

    Photo byauntmasako

    わかさいも本舗「わかさいも」は、焼きいものような見た目なのですが、さつま芋は一切使用していない、「芋よりも、いもらしく」をモットーに作られた定番のお土産です。

    「わかさいも」の原材料は、ほとんどが北海道産の素材で、さつま芋を栽培出来ない土地でも、焼きいものようなホクホクの食感を味わいたいという強い想いから、作られました。

    Photo byBuntysmum

    芋の部分は「大福豆」を使用してホクホク感を、さつま芋の繊維感は、刻み昆布を練りこんで再現しています。皮は卵醤油を塗って焼き上げていて、香ばしい焼きいもに限りなく近づけています。おすすめの北海道銘菓です。

    住所 北海道札幌市北区北6条西4 パセオ1階
    電話番号 011‐213‐5313

    花畑牧場「生キャラメル」

    Photo byWikimediaImages

    花畑牧場「生キャラメル」は、製造から梱包まで人の手で行う、手間とこだわりの詰まった美味しい生キャラメルです。口の中でとろけ、いっぱいに広がるバターとミルクの旨味は絶品です。

    「生キャラメル」が発売された時、今までのキャラメルの概念を覆す、「生」というワードが話題になり、その後続々と新作が誕生する「生」ブームの火付け役となりました。

    Photo by myasxfc

    北海道産の新鮮な生乳と生クリームを使用し、職人が焦げないように丁寧に確認しながら煮詰めます。そして、冷蔵庫で固め、カットして包装しています。手間暇かけて作られるキャラメルはおすすめです。

    札幌のスイーツのおすすめお土産・8選

    Photo by akira yamada

    北海道の中心地の札幌には、スイーツ作りに必要な、ミルク、卵、小麦、バター、生クリーム、砂糖などの素材が、道内各地から届きます。

    そして、新鮮な素材で作られたスイーツは、どれも絶品です。札幌でおすすめの、お土産として買えるスイーツをご紹介します。

    柳月「三方六」

    Photo by yto

    柳月「三方六」は、北海道開拓時代の薪の割り方をイメージして作ったバームクーヘンです。白樺の木をホワイトチョコレートとミルクチョコレートで表現しています。

    「三方六」とは、開拓時代の薪の割り方の呼び名です。薪のように縦にスパっと切られています。バームクーヘンは、北海道産の小麦を使用し、とてもしっとりとしていて美味しいバームクーヘンです。

    Photo by alberth2

    定番の「プレーン」の他にも、「メープル」「抹茶」の3種類の「三方六」があります。どれもしっとりした口当たりでお茶と良く合う美味しいお菓子です。

    札幌市内の「柳月」は、「札幌店」「札幌エスタ店」「イオン札幌琴似店」などがあります。

    Bocca「牧家の白いプリン」

    Photo by Dai44

    Bocca「牧家の白いプリン」は、風船の中に入った、面白いプリンです。爪楊枝で割ると、プチンと白くて綺麗なプリンが出てきます。付属のカラメルソースをかけていただきます。

    北海道産の牛乳をたっぷりと使用し、まろやかで牛乳の風味たっぷりのプリンに仕上げています。シンプルだけど、素材の味を楽しめる人気のお土産です。

    住所 北海道札幌市中央区大通西3‐7 大通BISSE1階
    電話番号 011‐219‐5110

    ルタオ 「ドゥーブルフロマージュ」

    Photo by norio_nomura

    ルタオ 「ドゥーブルフロマージュ」は、レアチーズケーキとベイクドチーズケーキの2層になった、濃厚で美味しいチーズケーキです。

    「ルタオ」自家製の生クリームと、世界中から厳選したチーズを使用し、滑らかでさっぱりとしたレアチーズケーキ層と、しっかりとした食感と濃厚なチーズを感じられるベイクドチーズケーキ層が重なり、贅沢な味わいになっています。

    Photo bycongerdesign

    季節ごとの「ドゥーブルフロマージュ」や、新作も販売されていて、その時々によってさまざまな「ドゥーブルフロマージュ」を味わえます。大人気の絶品チーズケーキをぜひ一度ご賞味ください。

    住所 北海道札幌市中央区北5条西4 大丸札幌店 B1階
    電話番号 011‐828‐1166

    石屋製菓 「白いバウムTSUMUGI」

    Photo by akira yamada

    石屋製菓 「白いバウムTSUMUGI」は、「白い恋人」で有名な「石屋製菓」が製造する、真っ白な美しいバームクーヘンです。「白い恋人」の魅力を、新しい形で発信したいという思いから生まれたお菓子です。

    今までは難しかった、焼き目を付けないで焼き上げる製法を、研究を重ねて開発しました。しっとりとして、とても濃厚な味わいのバームクーヘンは、「白い恋人」のホワイトチョコレートを生地に練りこんでいます。

    Photo by veroyama

    専門の職人の手によって、しっとりとした食感になるように、火加減を調節しながら丁寧に焼き上げています。北海道らしい真っ白なバームクーヘンは、お土産にぴったりの美味しいおやつです。

    札幌市内の「石屋製菓」直営店は、「札幌大通西4ビル店」「大丸札幌店」「さっぽろ東急百貨店」などがあります。

    みれい菓 「札幌カタラーナ」

    Photo byFree-Photos

    みれい菓 「札幌カタラーナ」は、アイスクリームのような滑らかさが魅力の、焼きプリンです。北海道産生クリームをふんだんに使用し、濃厚な味わいに仕上げています。

    「カタラーナ」とは、イタリアで人気のフローズンデザートです。素材の味を活かすため、蒸気を入れながら、低温で蒸し焼きにしています。

    Photo by Lucy Takakura

    「札幌カタラーナ」の食べごろは、半解凍にした状態です。ひんやりとした、濃厚なアイスクリームのようなくちどけを楽しめます。

    住所 北海道札幌市北区北6条西4 JR札幌駅構内
    電話番号 011‐261‐8655

    三星「よいとまけ」

    Photo bySponchia

    三星「よいとまけ」は、北海道産の果物「ハスカップ」を使用したジャムを、カステラで巻き込んだ、北海道ならではの美味しいお菓子です。甘めのカステラに、ハスカップジャムの酸味がバランス良く、クセになる味です。

    表面にもハスカップジャムが塗られていて、上手く切ることが出来ないことから「日本一食べずらいお菓子」として話題になりました。

    Photo bySponchia

    昭和23年に発売してから、食べずらいと言われながらも、美味しい味を求めてたくさんの人が買っていった、歴史あるお菓子は、お土産にぴったりのお菓子です。

    札幌市内の「三星」の直営店は、「コープ 川下店」「コープ ルーシー店」「コープ 新はっさむ店」などがあります。

    菓子司 新谷「ふらの雪どけチーズケーキ」

    Photo byFree-Photos

    菓子司 新谷「ふらの雪どけチーズケーキ」は、富良野の雪どけをイメージして作られた、4層構造の絶品チーズケーキです。

    土台部分の大地のようなザクザク感を出したパートシュクレ、雪下で春を待つ新芽をイメージした特製山ぶどうジャム、富良野の積もった雪をイメージしたチーズケーキ、新雪のようにふわふわな生クリームの4層になっています。

    Photo bymoigram

    4つの層が合わさって、とても美味しい濃厚なチーズケーキが完成します。富良野の雪のように、真っ白で綺麗なチーズケーキは、見た目も味も楽しめる、人気のお土産です。

    住所 北海道富良野市朝日町4‐7
    電話番号 0167‐22‐2042

    ペイストリースナッフルス「チーズオムレット」

    Photo bypixel1

    ペイストリースナッフルス「チーズオムレット」は、半熟オムレツのように、中がトロッととろける、濃厚で美味しいチーズケーキです。

    毎日作り置きはせず、販売する分だけ焼き上げています。厳選した北海道産の素材を使用して焼き上げるチーズケーキは、空港関係者の間で美味しいと評判になり、一気に北海道を代表する有名なお土産になりました。

    Photo byla-fontaine

    他にも「蒸し焼きショコラ」や「抹茶オムレット」「ティラミスオムレット」「カフェラテオムレット」「めん恋いちごオムレット」「ココナツオムレット」といった味が販売されています。とろけるケーキの食感を、色々な味で楽しんでみてください。

    札幌市内の「ペイストリースナッフルス」直営店は、「さっぽろ東急店」「さっぽろ大通店」「さっぽろ清田店」などがあります。

    札幌のご当地のおすすめお土産・6選

    Photo by TAKA@P.P.R.S

    札幌では、北海道各地の美味しいご当地グルメや郷土料理をお土産用にした商品が、たくさん販売されています。北海道はとても広いので、各地で色々な郷土料理を食べることが出来ます。

    広大な北海道を回りきるのはなかなか難しですが、札幌で各地のご当地グルメを買って、北海道一周気分を味わってみてはいかがでしょうか。札幌で買える、おすすめのお土産をご紹介します。

    えびそば一幻 「えびそば」

    Photo by Kanesue

    えびそば一幻 「えびそば」は、甘エビの頭を15kgを寸胴じっくり煮込み、エビの旨味を凝縮したスープを作っている、札幌で話題のラーメンを、お土産用に商品化したものです。

    濃厚なエビの旨味が詰まったスープは、口に入れると、一気にエビの風味がいっぱいに広がります。行列が絶えない人気店の味を、自宅で味わえるおすすめのお土産です。

    Photo by y_ogagaga

    「えびそば」は、「味噌味」「しお味」「醤油味」の3種類が販売されています。具は入っていないので、お好みで野菜やお肉などを載せて食べましょう。札幌で人気のラーメンを、ぜひお土産にしてみてはいかがでしょうか。

    住所 北海道札幌市中央区南7条西9‐1024‐10
    電話番号 011‐513‐0098

    松尾ジンギスカン 「ジンギスカン」

    Photo by ume-y

    松尾ジンギスカン 「ジンギスカン」は、昭和31年に滝川市で創業しました。肉の独特な臭みをなくすように開発された、特製のタレに漬け込んだ「ジンギスカン」は、驚くほど柔らかく、クセがなくて絶品です。

    「松尾ジンギスカン」のタレは、リンゴやたまねぎ、ショウガなどと10種類以上の香辛料をし、熱処理をしないフレッシュなタレです。このタレを野菜などにもかけて、一緒に焼き上げます。

    Photo by Koji Horaguchi

    なかなか自宅で食べることのない「ジンギスカン」を、手軽に自宅で味わえる人気の商品です。自分用にも、渡す用にもぴったりのお土産です。

    札幌市内の「松尾ジンギスカン」は、「札幌駅前店」「札幌すすきの4・2店」「札幌宮の森店」などがあります。

    佐藤水産「いくら醤油漬」

    Photo by khf_fjs

    佐藤水産「いくら醤油漬」は、北海道で獲れた新鮮な鮭の、生筋子を使用して作っています。その中でも、皮が柔らかい完熟していないいくらを選別しているので、味がしみ込み、食感が良い美味しい醤油漬けになります。

    独自で開発したいくら洗浄機で綺麗に洗っているので、安全面も徹底されています。プチプチとしたいくらは、ご飯にぴったりの一品です。お土産に喜ばれること間違いなしの、おすすめ商品です。

    住所 北海道札幌市中央区北4条西3 交洋駅前ビル1階
    電話番号 011‐200‐3100

    佐藤水産「鮭ルイベ漬」

    Photo bycongerdesign

    佐藤水産「鮭ルイベ漬」は、鮭専門店が作る、北海道産の天然の鮭といくらを、醤油漬けにした、ご飯のお供にぴったりのお土産です。「ルイベ」とは、刺身用の生鮭を凍らせて食べる、郷土料理です。

    漬け込む醤油は、鮭から作る「鮭醤油」です。鮭を味わい尽くせる、鮭好きの人にはたまらない一品です。一度食べたら忘れられないと、お取り寄せする人も続出している人気のお土産です。

    住所 北海道札幌市中央区北4条西3 交洋駅前ビル1階
    電話番号 011‐200‐3100

    北の窯の「北海道ほっくチーズ」

    Photo byAlexKlen

    北の窯の「北海道ほっくチーズ」は、2018年に「新千歳空港:BLUE SKY限定」の新作として発売され、話題になったチーズを味わえるお菓子です。

    チーズの形をした可愛いパッケージに入っていて、北海道の素材の味を活かした製法が魅力のお菓子です。クリームチーズ、チェダーチーズ、カマンベールチーズを練りこんだ餡を、ゴーダチーズを振りかけた香ばしい皮で包んでいます。

    Photo byDaria-Yakovleva

    甘じょっぱいチーズ餡がクセになる、チーズ好きにはもってこいの、洋風まんじゅうです。「新千歳空港」を利用する際は、ぜひ買ってみてはいかがでしょうか。

    「北の釜 ・北海道ほっくチーズ」は、「新千歳空港」の「BLUE SKY」各店で購入することが出来ます。

    ノースファームストック「ミックスベジタブルピクルス」

    Photo byAKuptsova

    ノースファームストック「ミックスベジタブルピクルス」は、北海道道産の大根、パプリカ、ニンジン、キュウリをピクルスにした、カラフルで可愛いピクルスです。

    獲れたての新鮮野菜で作るピクルスは、シャキシャキでとても美味しいです。料理の付け合わせや、お酒のおつまみにもぴったりの、おすすめのお土産です。

    札幌市内で「ノースファームストック・ミックスベジタブルピクルス」を購入出来る店舗は、「ナチュリエスタジオ サプライ」「きたキッチン新さっぽろ店」「newstyleイオンモール札幌発寒店」などがあります。

    札幌の雑貨系の人気のお土産・4選

    Photo bysilviarita

    札幌のお土産はグルメだけでなく、可愛い雑貨もたくさんあります。札幌で作られるお土産にぴったりの雑貨をご紹介します。

    SAVON de SIESTA 「石鹸」

    Photo bydonbalon

    SAVON de SIESTA の「石鹸」は、自然の素材を使い、ひとつずつ手作りで作られる、肌に優しい「石鹸」です。子供から大人まで使える、安心・安全な石鹸です。

    無香料から香り付きのものまで、さまざまな種類の石鹸があり、自分の肌質に合ったものを選べます。見た目もパステルカラーで可愛いです。女性に喜ばれるおすすめのお土産です。

    住所 札幌市中央区南1条西12‐4‐182 ASビル1階
    電話番号 011‐206‐0710

    Progressive Candle「フロストピラー」

    Photo byMyriams-Fotos

    Progressive Candle「フロストピラー」は、札幌で生まれ育った店主が作る、冬の札幌の風景をイメージした可愛いキャンドルです。

    札幌の豊かな自然と、キラキラした雪景色をイメージしたキャンドル達はとても美しく、見ていて心癒されるものばかりです。札幌旅行の思い出にぴったりのお土産です。

    住所 札幌市中央区北5条西2‐5 JRタワーイースト6階
    電話番号 011‐20‐5501

    アビサル・ジャパン「スイーツスキンケア シュクレ」

    Photo bydungthuyvunguyen

    アビサル・ジャパン「スイーツスキンケア シュクレ」は、北海道産の「てんさい糖」と植物性のオイルから作る、札幌生まれの完全無添加の肌にとても優しいシュガースクラブです。

    砂糖には、高い保湿力や浸透力があり、お肌に水分を留める力が強いです。そこに着目して、研究を重ね、砂糖の粒子を細かくして、一粒ずつオイルコーティングする技術を開発しました。

    Photo bydungthuyvunguyen

    世界で唯一、遺伝子組み換えをしていない「てんさい糖」を使用した、手作りのスクラブは、アトピー肌や敏感肌の方にもおすすめの商品です。ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

    住所 札幌市中央区北3条西1‐2‐9 ANAクラウンプラザホテル札幌1階
    電話番号 011‐211-5444

    ooie noriko「ふわふわラムキン」

    Photo byFotoRieth

    ooie noriko「ふわふわラムキン」は、札幌の青い空にぽっかりと浮かぶ羊雲をイメージして作られた、羊毛でできた可愛いひつじのマスコットです。

    ひとつひとつ想いを込めて手作りで作られた可愛いひつじは、みんな表情が違い、とても癒されます。羊毛を洗って、染色する工程まで全て手作業で行われる、こだわりの詰まったマスコットは、お土産にぴったりの商品です。

    住所 札幌手稲区手稲本町4条2‐4‐12
    電話番号 011‐654-0877

    札幌の最近話題の新作お土産・3選

    Photo byHomeMaker

    札幌では、有名な洋菓子店やお菓子メーカーの新作商品がたくさん発売されています。新作と聞くと、ついつい買いたくなっていまうものです。札幌で今話題の、新作お土産をご紹介します。

    ルタオ「小樽色内通りフロマージュ」

    Photo bycongerdesign

    ルタオ「小樽色内通りフロマージュ」は、チーズケーキが有名な「ルタオ」の新作お土産として話題になっている、美味しいラングドシャクッキーサンドです。

    イタリア産のマスカルポーネとクリームチーズ、「ルタオ」のオリジナル生クリームを使用した、サクッとして口当たりの良い軽いラングドシャで、チーズチョコレートをサンドしています。

    Photo byFree-Photos

    「ルタオ」の定番スイーツ「ドゥーブルフロマージュ」を一枚で味わえる、話題の新作お菓子を、ぜひお土産に買って帰ってはいかがでしょうか。

    住所 北海道札幌市中央区北5条西4 大丸札幌店 B1階
    電話番号 011‐828‐1166

    ISHIYA「恋するチョコレート」

    Photo bySabrina_Ripke_Fotografie

    ISHIYA「恋するチョコレート」は、「白い恋人」のチョコレートをベースに、北海道産の素材を使った、話題の美味しい新作チョコレートです。

    長年チョコレートを作り続けてきた技術を活かし、北海道産のミルクやてんさい糖、塩などを使用して、素材本来の味を感じることが出来ます。

    Photo byPublicDomainPictures

    「黒糖きなこ」「ホワイトチョコレートと塩」「さくら」などさまざまな味のバリエーションがあり、食べる人を楽しませています。何種類も買って帰って、食べ比べしたい新作のチョコレートはおすすめです。

    札幌市内の「石屋製菓」直営店は、「札幌大通西4ビル店」「大丸札幌店」「さっぽろ東急百貨店」などがあります。

    YOSHIMI「札幌おかきOh!焼とうきび」

    フリー写真素材ぱくたそ

    YOSHIMI「札幌おかきOh!焼とうきび」は、札幌大通りで、夏になると売られている「焼きとうきび」の味を再現した、新作お菓子です。札幌の人にはとても親しみのある味なので、話題になりました。

    札幌の風物詩となっている「とうきびワゴン」で売られる「焼きとうきび」は、甘めの醤油で焼き上げる香ばしい香りが特徴です。

    フリー写真素材ぱくたそ

    「札幌おかきOh!焼とうきび」は、もち米にたっぷりととうもろこしを練りこみ、醤油の香ばしさを表現して、本物の「焼きとうきび」に近づくように試行錯誤して作られました。

    札幌の人が大好きな味、「焼きとうきび」を手軽にお菓子として食べられる「札幌おかきOh!焼とうきび」は、おすすめの新作お土産です。少量ずつ袋に入っているので、ばらまき用のお土産にもぴったりです。

    札幌のお土産はレベルが高い!

    Photo by Kentaro Ohno

    札幌は、美味しい定番のお土産から、新作のお土産、可愛い雑貨のお土産まで揃います。そして、どれもとてもレベルが高く、自分用にも買って帰りたい商品がたくさんあります。札幌で、楽しいお土産選びの時間を過ごしてください。

    c.mone
    ライター

    c.mone

    大阪で生まれ育ち、現在は宮古島在住の主婦です。旅行や音楽、メイク、料理が好きです。全国各地の魅力を発信できるよう、わかりやすく素敵な記事を書くことを心がけています。ぜひ一緒にさまざまな土地の魅力を発見してみましょう。

    こちらもおすすめ♡

    人気記事ランキング