札幌でうにを食べるならおすすめの有名店!ウニ丼や地元の海鮮料理もご紹介

札幌でうにを食べるならおすすめの有名店!ウニ丼や地元の海鮮料理もご紹介

札幌と聞けば、誰もが新鮮な海の幸を思い浮かべることでしょう。どの魚介類も札幌では美味しいですが、中でもうには別格です。札幌へ行けばうにが苦手な人もコロリと好きになるでしょう。今回は都会にいてはなかなか味わえない絶品のうに情報をお届けします。

記事の目次

  1. 1.札幌で新鮮うにを食べよう!
  2. 2.札幌でうにを美味しく食べるには
  3. 3.札幌のウニ丼が有名なお店
  4. 4.札幌の地元で人気の「うにメニュー」があるお店
  5. 5.札幌のうに入り海鮮丼が食べられるお店
  6. 6.札幌のうにのパスタが食べられるおすすめ店
  7. 7.札幌のうには極上!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

札幌で新鮮うにを食べよう!

Photo bysharonang

札幌グルメと言えば、新鮮な魚介を使った海鮮丼に始まり、カニはもちろん、札幌独自の食文化である札幌ラーメンやスープカレー、ジンギスカンなど旅行客を見ても食べても楽しませてくれるものばかりです。住宅街に突然現れるお寿司屋さんも札幌グルメの特徴です。

そんな札幌グルメの中で、全国民から熱い支持を得ているのが「うに」の存在です。多くの人が札幌でうにを食べ、その味に感動してうにファンになっています。今回はそんな高級食材うにの魅力に迫ってみましょう。

札幌にはうに職人のいるお店も

フリー写真素材ぱくたそ

札幌の有名料亭や老舗のお寿司屋さんなどには、「うに職人」と呼ばれる職人の存在があります。うに職人とはうにのことを深く知り尽くしている、うにと長い付き合いをしている職人のことで、うにに合った食材や調理法でうに料理を作る達人です。

うに職人がいる札幌の料亭やお店であれば、「お任せ」しておけば、何も言わなくても1番いい状態でうにを食べさせてくれます。

うに料理もバラエティ豊か

Photo by macbsd

札幌では新鮮なうにが手に入るため、うに料理も単にうに丼や握りだけではありません。「うにボナーラ」や「うにリゾット」、「うにグラタン」など洋食にうにを使うことも数多くあります。数々のうにの創作料理は、札幌のシェフの腕前によるものです。

洋食にうにを使って勿体ないと思う人もいるかもしれません。しかし札幌のうには味が濃厚で甘みが強く、ほかの食材に負けない主張を持っているため、さまざまな料理に活用できるのです。

札幌でうにを美味しく食べるには

Photo bycegoh

札幌ではいつでも美味しいうにが食べられるのでしょうか。新鮮な海鮮が獲れたてで出回る札幌は、確かに他の土地より美味しいうにを食べられる確率は高いかもしれません。しかし確実に美味しいうにを食べるのなら、いくつかポイントがあります。

うにの旬の時期に行く

フリー写真素材ぱくたそ

獲れたてなのは当たり前ですが、何より大切なのは「うにシーズン」に札幌へ出かけることでしょう。札幌のうにの旬は6月から9月の3か月間です。産卵の1か月から2か月前がうにのベストシーズンですから、6月から9月に札幌でいただくうにはいつもより絶品です。

市場に行ってみるのもおすすめ

Photo by MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

札幌には「札幌中央卸売市場」と言う、北海道中の海鮮や果物が集まる市場があります。札幌が「北の台所」と呼ばれる由縁です。札幌中央卸売市場では、毎日その日獲れた魚介や果物が早朝から取り引きされており、ここでは一般の人も「場外市場」で買い物ができます。

札幌の場外市場の回り方の醍醐味は、ご飯を盛ったカップの中に、各々お店を回って好きな海鮮をその中に入れてもらう、自分好みの海鮮丼を作って食べることです。その日1番最初に獲れたうにが場外売り場で売られているので、鮮度を競うなら絶対でしょう。

札幌のウニ丼が有名なお店

Photo by y_ogagaga

うに好きも、うにが苦手な人も、札幌に来たらぜひとも味わいたいのが「ウニ丼」です。札幌でしか食べられない絶品ウニ丼は、誰もをうにファンにしてしまいます。そんな絶品ウニ丼の有名店をまずはご紹介しましょう。

「極上ウニと海鮮 うにむらかみ 函館本店」

Photo by Kanesue

1年中無添加のうにが食べられるお店は札幌でも多くありません。その中でもうにの形を維持するミョウバン不使用、無添加の旬の極上うにが食べられる有名店が「極上ウニと海鮮  うにむらかみ 函館本店」です。

こだわりのうにを使い、有名な「ウニ丼」をはじめうにの一品料理など、腕利きのうに職人がさまざまな調理法で、絶品うに料理を出してくれるお店です。極上ウニと海鮮  うにむらかみ 函館本店の人気ナンバーワンメニューは、「無添加生ウニ丼」です。

Photo by veroyama

うにはオレンジ色の小さな粒が1つ1つピンっと立って、口に運べばたちまちとろ~り溶け出し、ほのかな磯の香りと濃厚な甘みと旨味が広がります。ミョウバンなどには害されていない完全な無添加のうには、えぐみや苦みなどなく、甘みがダイレクトに伝わります。

極上ウニと海鮮  うにむらかみ 函館本店のオリジナル醤油を少々垂らすと、うにの甘さがさらに際立ちます。その他加熱したうに料理、うにグラタンは磯の香りが香ばしく、ホクホクとろりととろける美味しさで、女性にダントツ人気です。

Photo by rhosoi

また、極上ウニと海鮮  うにむらかみ 函館本店ではうにだけでなくその他札幌に集まる新鮮な海鮮も有名です。「浜焼き」や「活イカ刺し」は鮮度が命、ぷりっぷりと弾力ある歯ごたえでみずみずしさを感じさせます。豪華「海鮮丼」も目に鮮やかでコリコリと新鮮です。

札幌へ行く機会があれば、1年中旬のうにを食べることができる、極上ウニと海鮮  うにむらかみ 函館本店の名物、生ウニ丼を生涯1度は食べておきたいでしょう。

住所 北海道札幌市中央区北3条西4丁目
電話番号 011-290-1000

「海鮮丼の浦島」

Photo by Kanesue

札幌のデパ地下の一角にある「海鮮丼の浦島」では「塩水うに」のウニ丼をいただくことができます。入荷したうにはしっかり店主がチェックをし、お店のクオリティを守るためにレベルをクリアしていないうには、返品するのだそうです。

しっとりしたうにの滑らかな舌触り、もったりした甘みと濃厚な旨味が、お米の甘さとともに口の中に消えていきます。海鮮丼の浦島のおすすめはウニ丼ですが、その他うにの乗った贅沢「海鮮丼」も人気です。うにも食べたい、ほかの海鮮も食べたい人におすすめです。

住所 北海道札幌市中央区南4条西4-1 ススキノラフィラB2F
電話番号

「第八 太洋丸」

Photo by macbsd

「第八 太洋丸」は北海道で最も美味しいと言われている、積丹のうにが食べられる有名店です。札幌市民でも要予約のお店で、厳選されたうには贅沢ウニ丼や、第八 太洋丸名物「うにのまぐろ巻き」に使われます。

甘くとろけるうには、第八 太洋丸に訪れうに丼を食べる人全員を悩殺していきます。積丹うにの美味しさをまだ知らない人は、深いうにの味に驚くでしょう。丼にして、醤油を垂らしても、垂らさなくても、うにの甘みと旨味だけで一気に完食できます。

Photo by Maxime Guilbot

名物「うにのまぐろ巻き」は贅沢に軍艦巻きの海苔の部分がまぐろになった握りです。新鮮なマグロの赤身のジューシーさとうにの甘さがマッチした絶品握りですから、第八 太洋丸へ予約を入れる際にはうに丼と一緒に「うにま」も予約をしておきましょう。

「海へ」

Photo by veroyama

札幌の気兼ねない居酒屋さん、それが「海へ」です。外でひっかけて、〆に何を食べて帰ろうかというとき、少し贅沢をしてウニ丼を、と言うシーンでも使えます。ランチタイムは小鉢がたくさんついたランチメニューが人気で、旬の海鮮をたっぷり味わえます。

札幌でも有名なお蕎麦をいただくこともでき、海鮮とともに風味豊かなヘルシーランチにすることも可能です。ウニ丼とともに多くの人が注文する「豪快いくら丼」もぷちっぷちと弾けるいくらの食感が楽しく、いいとこどりの「うにいくら丼」も人気があります。

住所 北海道札幌市中央区北一条西3札幌MNビル B1F
電話番号

「磯金 漁業部 枝幸港」

Photo by zenjiro

「磯金 漁業部 枝幸港」は札幌の地元民が足しげく通う、リーズナブルで使い勝手の良い海鮮居酒屋さんです。「塩水ウニ丼」も比較的リーズナブルな価格でいただくことができます。ウニ丼以外にも、札幌でぜひ食べたいおすすめ丼「いくら丼」もお手頃価格です。

うにもいくらも食べたいという人には贅沢「ウニいくら丼」がおすすめでしょう。磯金 漁業部 枝幸港がおすすめするかに料理や、イカ料理、漁師飯も札幌ならではの味です。大盛況の人気居酒屋ですから、ウニ丼が食べたい人は早めの予約が安心です。

住所 北海道札幌市中央区南4条西2 南4西2ビル10F
電話番号 011-252-1733

札幌の地元で人気の「うにメニュー」があるお店

Photo by veroyama

札幌の地元民は、新鮮魚介は常に身近にあるものとして認識しています。だからこそうにに対しても舌が肥えており、見る目はシビアです。単調になりがちなうにの食べ方も、地元民だからこそ、創意工夫していつ食べても美味しい調理法を編み出しています。

そんな地元民が愛する美味しいうに料理を出しているお店を5店、ご紹介します。一風変わったうに料理を楽しみましょう。

「四季の舌鼓 おしどり」

Photo by uka0310

「四季の舌鼓 おしどり」は札幌に集まる新鮮な海鮮を、コース料理で出すお店です。コース料理の中でも、最後に出される〆のご飯をプラス3500円すれば、「無敵のうに丼」といううに飯に変更することができます。このうに飯が四季の舌鼓 おしどりではおすすめです。

うに飯は酢飯にうにを混ぜ込み形作り、その上にもうにをたっぷりトッピング、トッピングしたうにをあぶって香ばしさを出し、チェイサーとしていくらもついてくるという豪快なご飯です。贅沢ディナーとして食べてみたい有名なおすすめ料理です。

住所 北海道札幌市中央区南9条西4丁目3-15 アムスタワー中島1F
電話番号 011-551-2636

「鮨処うえの」

Photo by ivva

「鮨処うえの」はオリジナリティあふれるお寿司が食べられる高級お寿司屋さんです。マグロの漬けやぷりぷりの牡蠣など新鮮さがものを言う魚介や、大将が握って直後そのまま握りを手渡しされる「手渡し握り」が有名です。鮨処うえののうにの握りもやはり絶品です。

ハラリと口の中で1粒1粒が立つシャリに、旬のうにが豪快に盛られたうにの握りは、鮨処うえのに訪れた誰もが感動します。酢飯に慣れた舌にうにの甘さが際立つうにの握りはまさに北海道ここにありと言わしめんばかりです。地元民の間でも口コミ人気のお寿司屋さんです。

住所 北海道札幌市中央区南六条西3 ジョイフルサッポロ1F
電話番号 011-513-0567

「炙屋 総本店」

Photo by PYONKO

「炙屋 総本店」はすすきの交差点からすぐの海鮮居酒屋で、地元民おすすめは「うにの刺身」です。雰囲気ある店内には個室もあり、オフ会、女子会、ママ会や接待などで使われることもあり、有名です。地元の人々は気軽に炙屋 総本店で海の幸を味わっています。

観光客にもおすすめの名物・うにの刺身は、臭みがまったくなく都会では食べられないとろり濃厚とした甘さに、ふわっと磯の香りが漂う逸品です。箸でつかめるほどしっかりとした身は、ちびちび食べるのが勿体ないほどです。豪快に一口で食べるのがおすすめでしょう。

「海味 はちきょう 本店」

Photo by MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

うに漁師さんが、うにに出会った漁の最初と最後に持ち帰るほど美味しいと言われる、小平産のうには「海味 はちきょう 本店」で食べることができます。

海味 はちきょう 本店では、うにを最も美味しく食べることができるように、海水の塩分濃度の塩水につけて届けてもらっています。フレッシュなうにの味わいは地元でも評判です。海味 はちきょう 本店が地元民に愛されているのは、フレッシュうにの存在だけではありません。

「つっこご飯」と言う、ご飯に豪快にいくらを流し入れるいくら飯が地元民に大変指示されています。地元民が観光客に教えたい、朗らかで活気ある超・有名海鮮居酒屋です。

「ラーメン研究所 我流る!」

Photo byFatherSecret

「ラーメン研究所 我流る!」は地元では「スープカレーラーメン」が有名だと言われているお店です。しかし地元民の中で密かに人気があるおすすめメニューが、「うにラーメン」です。

スープを覆っているトッピングの海苔を横へ寄せれば、黄金色に輝くスープの味は、まさにうに、スープの中から現れる麺にも練り込まれたうにの風味が、トッピングにもうにと、まさにうにづくしのラーメンです。このラーメンが地元民の中では話題となっています。

Photo by macbsd

観光客は、北海道名物のスープカレーのラーメンに視線が移りがちですが、地元民が本当におすすめしたいのは実はうにラーメンです。三位一体のうにの美味しさを味わってみましょう。

住所 北海道札幌市中央区南五条西2 第6グリーンビル1F
電話番号 011-531-3231

札幌のうに入り海鮮丼が食べられるお店

Photo byprincesshoei0

札幌へ行って、美味しいうにはもちろん食べたい、でも他のぴちぴちの海鮮も食べたい、そんな人は多いでしょう。その贅沢を叶えてくれるのが「海鮮丼」です。ここからは贅沢極まりない「うに入り海鮮丼」で有名なお店をご紹介します。

「札幌二条市場 海鮮丸」

Photo by Richard, enjoy my life!

「札幌二条市場 海鮮丸」の海鮮丼はオーダーを受けてからネタをさばくスタイルなので、ぴちぴちの鮮度が保たれたまま目の前に着丼します。1番のおすすめは11種類のネタを酢飯に詰め込んだ豪華な海鮮丼です。

ぷりっぷりの貝、コリコリの白身、とろける赤身やジューシーなエビ、目まぐるしく変わる味の変化に、言葉も忘れて食べ進んでしまいます。そのレースを飾るのがやはり「うに」で、チーズのようにとろりととろけ、クリーミーで濃厚な甘さと旨味に満足できるでしょう。

住所 北海道札幌市中央区南3条東1-8-2
電話番号

「どんぶり茶屋 さっぽろ二条市場店」

Photo by Tak H.

50種類以上のバラエティ豊かな海鮮丼メニューが揃っているのが「どんぶり茶屋 さっぽろ二条市場店」です。基本の海鮮丼を始め、旬のもの、好みの海鮮を盛りつけることができる有名店です。ご飯が見えないほどぎっしり敷き詰められた海の幸はまさに贅沢そのものです。

脂が乗るべきネタはしっとりねっとりコクがあり、エッジが効いたネタはぷりっと、コリッと、うにの甘みはまろやかに広がります。文句なしに「なまら旨い」とは、まさにこのことでしょう。

住所 北海道札幌市中央区南三条東1-7 新二条市場内
電話番号

「うめぇ堂」

Photo by zenjiro

「うめぇ堂」はカニ水産会社が運営しています。そのため、名物はカニを使った料理の数々。また札幌中央卸売市場のお店だから、鮮度は確約済みです。どのネタも醤油を垂らすことなく、素材そのものの旨味を感じられるぴちぴちの魚介たちばかりです。

丼のご飯は酢飯ではなく白ご飯で、自由にネタを選べる「二色」「三色」の丼が人気です。特におすすめなのは、うめぇ堂人気のカニが入ったいくらとうに、カニの三色丼でしょう。カニの甘みとうにの甘みのハーモニーにいくらの塩気が弾け、海の幸を間近に感じられます。

「丼兵衛」

Photo by zenjiro

「丼兵衛」は、昭和レトロな内装のお店で、雰囲気を楽しみながら絶品海鮮丼を楽しむことができます。おすすめは数種類の新鮮な海鮮が乗った「満足丼」です。ぷりっとしたネタ1つ1つが大ぶりで、お値段から考えると非常にコスパが良いことがわかります。

マグロの弾力、コリッツルッの甘みが嬉しいホタテにプリっと噛みしめると押し返してくるタコやイカなど、魚介のお祭りがお米の上で繰り広げられます。その中にひときわ輝くオレンジ色のうにはクリーム状になってくちどけ豊かに、磯の香りをしっかり残します。

住所 北海道札幌市中央区北12西20 丸果ビル1F
電話番号

「すぎ乃」

Photo by ayustety

ミョウバンに漬けていない本物のうにが味わえる数少ないお店が「すぎ乃」です。こちらの海鮮丼は海の宝石、いくらや贅沢なカニもたっぷり入り、うにもどっさり加えたボリューム満点の丼です。ダイレクトにうにの甘さが舌に感じられるザ・北海道という丼です。

観光名所である「時計台」も近くにあるため、観光のついでに立ち寄ることもできて便利です。

住所 北海道札幌市中央区北1条西2 オーク札幌ビルB1F
電話番号

札幌のうにのパスタが食べられるおすすめ店

Photo by macbsd

うには生食、もしくは和食料理屋の和風創作料理として食べるものだと思っていませんか?実はうにはイタリアンにも良く合います。イタリアンの代表的料理、パスタのソースにうにを使うと、パスタは豊かなコクが生まれ、とろりチーズにも負けない味を出します。

札幌の極上うに情報、最後にお届けするのは、「うにパスタ」が美味しいお店です。

「クロッキオ」

Photo by mah_japan

「クロッキオ」というイタリアンでいただけるのは「塩水うにのクリームソース」です。濃厚なうにがクリームで柔らかく食べやすい味に仕立てられ、かつ深い味わいだけは残しており、絶品のソースとなっています。

フォカッチャをもらってソースまで綺麗に食べるのがおすすめでしょう。

住所 北海道札幌市中央区南三条西8丁目7-4 遠藤ビル1F
電話番号 011-207-3522

「炭焼きイタリアン酒場 炭リッチ 南2条店」

Photo by macbsd

リーズナブルな価格でお洒落なイタリアンをいただける「炭焼きイタリアン酒場 炭リッチ 南2条店」は、気兼ねない女子会や子連れママ会にもぴったりのイタリアンレストランです。「うにのクリームソース」はうにの風味が嬉しいソースに生うにが乗ったパスタです。

見た目も鮮やかなオレンジ色で美しく、女性に大人気の1品です。

住所 北海道札幌市中央区南二条西1-2 アイスバーグホテルB1F
電話番号

「北海道イタリアンバル ミアボッカ 北2条店」

Photo by emiemihuimei

「北海道イタリアンバル ミアボッカ 北2条店」では季節限定、夏季限定で「うにの冷製パスタ」を出しています。うにの甘み、旨味を最大限に感じさせるために計算しつくされた、優しい出汁でパスタが和えられ、パスタの上にうにがトッピングされています。

全体を混ぜて食べると違和感なくするする入ってゆき、1度食べれば止まらない病みつきの味を味わうことができるでしょう。

住所 北海道札幌市中央区北2条西3-1 sitatte sapporo2F
電話番号 011-211-6585

「Mia Angela 大丸札幌店」

Photo by macbsd

「Mia Angela 大丸札幌店」ではひんやり美味しい「うにの冷静スパゲティ」をいただくことができます。きゅっと冷水で締められたアルデンテのパスタに、こんもりとうにが盛られている涼し気な1品です。

うにを崩してパスタに絡めて1口食べれば、甘みと磯の香りが吹き抜けます。うにのジュレをまぶしてあるので、味はしっかりついており、塩水うにと言うこともあり、臭みもまったくなく、うにの美味しさだけをただ口にすることができます。

住所 北海道札幌市中央区北五条西4丁目7 大丸札幌店8F
電話番号 011-828-1262

「オリゾンテ」

Photo by JaggyBoss

「オリゾンテ」は札幌市民も気軽に利用しているコスパ良好なイタリアンレストランです。窯焼きピッツァも人気ですが、オリゾンテ1番人気は「うにのクリームパスタ」です。平たい麺にしっとりと絡むうにのクリームソースが濃厚で、その甘さがあと引く美味しさです。

店内の雰囲気も良いのでカップルがデートに使うのにも良く、またグループで取り分けて食べるのにもちょうど良いでしょう。本格うにパスタをリーズナブルに味わいたい人におすすめです。

住所 北海道札幌市中央区南二条 西5南2西5ビル 1F
電話番号

札幌のうには極上!

Photo by Shinichi Haramizu

札幌で食べるうには、今まで食べるうにと一味も二味も違います。うにが苦手な人をたちまち虜にしてしまう魔力を持っています。美味しい海鮮が勢ぞろいする札幌へ行くなら、絶品のうにを、またとないチャンスと思って大奮発して味わってみましょう。

琴山麗子
ライター

琴山麗子

大阪在住。地元でドトール娘・姉さんと呼ばれるドトール通。食いしん坊・料理好きが活きて(?)グルメ系記事が得意。読んで食べたぁ~ぃ!と思わせる文章を日々研究中。発する言葉で誰かを幸せにできると思ってる、言葉のパワーを信じるものかき。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング