札幌の市場はおすすめの食べ歩き観光スポット!人気の海鮮グルメを朝食・ランチに

札幌の市場はおすすめの食べ歩き観光スポット!人気の海鮮グルメを朝食・ランチに

「札幌」には、北海道各地から届く、獲れたて新鮮な海鮮や野菜などの食材が並ぶ「札幌中央卸売市場」と「二条市場」の2つの市場があります。市場では海鮮を中心とした、美味しいグルメを満喫出来ます。市場でおすすめのお店や、市場の情報を詳しくご紹介します。

記事の目次

  1. 1.札幌観光で大人気のグルメスポットが「2つの市場」!
  2. 2.明治から続く札幌・「二条市場」とは?
  3. 3.札幌・二条市場のおすすめ店・有名店4選
  4. 4.札幌・二条市場の夜の顔!飲食店街「のれん横丁」
  5. 5.約60店舗「札幌市中央卸売市場 場外市場」とは?
  6. 6.札幌市中央卸売市場 場外市場のおすすめ店・有名店7選
  7. 7.札幌市中央卸売市場 場外市場は「通販」も人気!
  8. 8.札幌で2つの市場を「楽しむコツ」
  9. 9.札幌の「2つの市場」で美味しいグルメを楽しもう

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

札幌観光で大人気のグルメスポットが「2つの市場」!

Photo by othree

札幌には、「札幌市中央卸売市場・場外市場」と「二条市場」の2つの市場があり、札幌市民の台所として、人々の食を支えています。

毎朝獲れたての海鮮や、野菜などの食材が市場へ送られ、新鮮で美味しい食材を買うことが出来ます。そして、市場の場外には、新鮮な海鮮などの食材を使った、美味しいグルメが食べられる飲食店が並びます。

Photo by Shinichi Haramizu

北海道では、一年中さまざまな旬の素材が採れます。春は「イチゴ」や「牡蠣」「にんじん」、夏は「ウニ」や「ピーマン」「カボチャ」、秋は「鮭」や「ジャガイモ」「メロン」、冬は「カニ」や「ホタテ」など、年間を通してたくさんの素材が収穫されます。

3つの海洋に囲まれた北海道は、ひとつの素材でも、海洋によって旬の時期が異なるので、1年中旬の美味しい状態で食べられる海鮮もあります。

Photo by reikow101277

北海道のお土産として人気なのが、「メロン」や「カニ」です。北海道の「メロン」は赤肉で、とても芳醇な香りが広がる、甘くて美味しい絶品「メロン」です。

北海道の農産物で有名な素材といえば「トウモロコシ」です。甘くてジューシーな北海道の「トウモロコシ」は8月~9月が旬と言われています。

Photo by Kentaro Ohno

そして海産物のお土産として人気の「カニ」は、水温が低い場所に生息している「カニ」の方が、品質の良い美味しい「カニ」だそうです。なので北海道の「カニ」は、身が締まり、旨味が凝縮していてとても美味しいのです。

北海道で採れる「カニ」は、「ズワイガニ」「タラバガニ」「毛ガニ」「花咲ガニ」です。「カニ」によって旬の時期が異なり、1年中美味しい旬の「カニ」を味わえるのが魅力です。

Photo by veroyama

「カニ」と合わせて人気の「ウニ」も地域ごとに旬の時期が異なり、「襟裳」は1~3月、「羅臼」は2~5月、「枝幸」は5~7月、「礼文島・小樽」は6月~8月が旬です。北海道では、長い期間美味しい旬の「ウニ」を食べられるのも人気です。

市場は、北海道の海の幸、山の幸など、その時期ごとの旬の食材を札幌で食べられる、札幌観光では外せないおすすめのグルメスポットです。

Photo by TAKA@P.P.R.S

札幌市民の台所「札幌市中央卸売市場」と「二条市場」の歴史や、おすすめの飲食店、アクセス方法について、詳しくご紹介します。

明治から続く札幌・「二条市場」とは?

フリー写真素材ぱくたそ

「二条市場」は、札幌の市街地から徒歩圏内にあり、アクセスが良く気軽に立ち寄れることから、観光客に人気のスポットです。明治初期に「石狩浜」の漁師が、新鮮な魚を売り始めたのが始まりだそうです。

「二条市場」は、北海道各地の新鮮な海鮮などがずらりと並び、中には創業100年を越える老舗の商店もある、歴史ある市場です。新鮮な海鮮をお土産として送ることも出来るので、いつも観光客がたくさん集まっています。

Photo by zenjiro

市場にある飲食店では、昼は茹でたての「カニ」や「海鮮丼」などの海鮮グルメが食べられ、夜は「イタリアン」や「焼き鳥」「創作料理」など、さまざまなグルメを楽しめる、おすすめのグルメスポットです。

歴史

フリー写真素材ぱくたそ

「二条市場」は、明治初期から続く、歴史ある市場です。100年以上札幌市民の台所として、札幌の人々の食を支え続けています。現在は50以上の商店が軒を連ね、食べ歩きや、買い物をする人々で連日賑わっています。

「二条市場」の起源は、「石狩浜」の漁師たちが、「石狩川」で採った新鮮な海鮮を販売し始め、「二条魚町」と名付けられたことに遡ります。

Photo by inunami

「二条魚町」には13の商店が並び、隣接する「創成川」で搬送業をしていた人々と取引をしていました。「二条魚町」は一度、火災に見舞われて焼失しましたが、再建して、現在の「二条市場」の規模にまで大きくなっていきました。

昭和初期は「二条市場」は、「中央市場」として札幌の人々に親しまれていました。そして戦後、惣菜店や乾物店が増えていき、「二条市場」の名前が定着していきました。

Photo by ivva

1993年に改装された際に、江戸時代の海や情緒をモチーフにしたアーケードが設置され、雨の日でも市場を楽しめるようになりました。

市場内では、北海道で水揚げされた新鮮な「カニ」や「ウニ」「ホタテ」といった海鮮や、野菜や果物なども並びます。札幌の中心地から近く、観光しながら行ける立地の良さも人気になっています。

Photo byFree-Photos

「二条市場」周辺は、若者が集まるお洒落スポットとして注目を集めていて、カフェやバル、ビストロなどのお洒落なお店が増えています。海鮮を楽しんだ後は、カフェでホット一息つくのもおすすめです。

アクセス・駐車場

Photo byMichaelGaida

電車でのアクセスの場合は、札幌市栄地下鉄東西線「バスセンター前駅」から徒歩3分、地下鉄南北線・東西線・東豊線「大通駅」から徒歩5分、JR札幌駅から徒歩20分です。

バスでのアクセスの場合は、北海道中央バス「南3条東2丁目」から徒歩5分です。車でのアクセスの場合は、高速道路「札幌北郷IC」下車、「札幌駅」からは、タクシーでも1000円程度で行けるので、タクシーの利用もおすすめです。

Photo byDidgeman

駐車場については、「二条市場」の向かいに契約駐車場があります。2000円以上買い物をすると、1時間無料になります。他にも、契約駐車場ではありませんが、周辺に立体駐車場などがたくさんあり、車でのアクセスも便利です。

札幌・二条市場のおすすめ店・有名店4選

Photo bypythong

札幌の中心部にある「二条市場」では、北海道各地から集まる新鮮な海鮮を買ったり、グルメを満喫することが出来ます。市場なので、朝7時ころから開いているお店も多く、朝ご飯やランチにもおすすめです。

北海道ならではの美味しい海鮮や珍しい加工品、グルメを「二条市場」で探してみてはいかがでしょうか。「二条市場」で有名な、人気のお店をご紹介します。

海鮮やお土産・宮田商店

Photo by inazakira

「宮田商店」は、北海道の新鮮な海鮮を始め、巨大なするめや昆布などの乾物、北海道のお土産も並ぶ、創業100年以上の老舗の商店です。

店長が「二条市場商店街」の理事長を務めているので、「二条市場」の歴史について詳しく教えてくれることでも有名です。お店の商品も、人柄も人気のおすすめの商店です。

Photo by masatsu

明治36年創業の「海鮮やお土産・宮田商店」は、「カニ」の販売に力を入れていて、たくさんの人々に北海道の海鮮の魅力を発信しています。

鮮度が落ちないように、「カニ」などの海鮮が並ぶスペースには常に氷を補充したり、温度管理を徹底して、品質管理をしています。「二条市場」で海鮮を買うなら、一度「宮田商店」をチェックしてみてください。

住所 北海道札幌市中央区南3条東1
電話番号 011‐221‐4937

海鮮や加工品・本間鮮魚店

Photo bytxlopez

「本間鮮魚店」は、店主が毎朝「中央卸売市場」で目利きした旬の海鮮を買うことが出来る、「二条市場」でおすすめの商店です。

「まぐろ」や「カニ」などの新鮮な海鮮を始め、「いくら」や「数の子」などの加工品、自家製の干物も販売されていて、とても人気があります。

Photo by t-mizo

中でも人気なのが、羅臼産の脂ののった肉厚な「ホッケ」を開きて作る、自家製の干物です。札幌の地元の人も、全国にもファンがいるほどの、美味しい干物です。

お土産に新鮮な海鮮や、自家製の干物を買って帰ってみてはいかがでしょうか。札幌観光の思い出の味になること間違いなしです。

住所 北海道さポロ市中央区南3条東1
電話番号 011‐241‐9387

フレッシュで豊富な海鮮・池田商店

フリー写真素材ぱくたそ

「池田商店」は、刺身用の海鮮や、加工品、貝の品ぞろえが豊富なことで有名な商店です。北海道ならではの貝が売られているので、観光客に人気のお店です。

お店で人気なのが、「刺身用本マグロ」や、「カニ」「ウニ」といった海鮮類と、「牡蠣」や「ホタテ」などの貝類です。貝類は、1つの貝の種類で、複数の産地のものを取り揃えているのが魅力です。

フリー写真素材ぱくたそ

あまり見かけない北海道ならではの海鮮でも、お店の人が美味しい調理方法や、食べ方を教えてくれるので、気軽に買って試すことが出来ます。

たくさん買い物をしても宅配してもらえるので、自宅用や親しい人への贈り物として、北海道の海の恵みを選んでみてはいかがでしょうか。

住所 北海道札幌市中央区南3条東2
電話番号 011‐251‐7749

海鮮丼のお店 どんぶり茶屋

Photo byprincesshoei0

「海鮮丼のお店 どんぶり茶屋」は、「二条市場」にある魚屋「丸鮮千代水産」営む海鮮丼専門店です。魚屋ならではの目利きで新鮮な素材を選び、豪快にご飯の上に盛り付けて提供しています。

お店の人気は「丸鮮丼」です。4種類の小ぶりな丼と、みそ汁が付いた贅沢なセットです。「丸鮮丼」を頼めば北海道の海の幸を、全て満喫出来ます。

Photo by iyoupapa

「丸鮮丼」は、「イクラとサーモンの親子丼」「生うにほたて丼」「ズワイ蟹爪肉の入った特選カニ丼」「ぼたんエビとまぐろ丼」の4種類を楽しめます。

他にも、13種類の海鮮が贅沢に載った「北の贅沢丼」や、生うにを一面に敷き詰めた「生うに丼」など、たくさんの美味しい丼があります。美味しい海鮮をお腹いっぱい食べられる丼を、ぜひ味わってみてください。

住所 北海道札幌市中央区南3条東1‐7 新二条市場内
電話番号 011‐200‐2223

札幌・二条市場の夜の顔!飲食店街「のれん横丁」

フリー写真素材ぱくたそ

「のれん横丁」は、「二条市場」の一角にある、大きな赤提灯が目印の、レトロな雰囲気の2階建ての飲食店街です。海鮮を味わえるお店や、イタリアン、創作料理など、さまざまなグルメを味わえる人気のグルメスポットです。

「のれん横丁」には、小さなお店が14軒並びます。「水たばこ」の専門店などもあり、どのお店も個性があり、食べ歩き、飲み歩きするのにぴったりの場所です。

フリー写真素材ぱくたそ

「のれん横丁」の人気店は、創作料理が楽しめる「マルコ」、焼き鳥や蕎麦が味わえる「酒菜や おたふく」、北海道産の食材を使った創作居酒屋「南蛮居酒屋 潮騒亭」があります。

また、自家製の燻製料理が楽しめる「くんせいとお酒のお店 Choi」、おでんや野菜を楽しめる「褐色おでん くりこ」などの絶品料理とお酒を満喫出来るお店がたくさん並びます。

Photo by Kossy@FINEDAYS

どこのお店も、お客さん同士の距離が近く、隣に座った人と仲良くなることもしばしばあります。札幌の夜を楽しむなら「のれん横丁」へ行ってみてはいかがでしょうか。

約60店舗「札幌市中央卸売市場 場外市場」とは?

Photo by MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

「札幌市中央卸売市場 場外市場」は、鮮魚店、青果店、精肉店など、およそ60店舗が軒を連ねるとても大きな市場です。「場内市場」で卸した新鮮な食材を買ったり食べたり出来る、おすすめの観光スポットです。

「場外市場」には、「市場めし」と呼ばれる、市場で仕入れた食材を使ったグルメが食べられる飲食店もたくさんあり、「海鮮丼」を楽しめるお店から、「スープカレー」「札幌ラーメン」のお店まで、さまざまなグルメを満喫できるのも魅力です。

Photo by rail02000

「札幌市中央卸売市場」は、1959年に、全国で17番目の中央卸売市場として開設しました。1日の流通量はおよそ1500tあり、札幌市民の食を支える大切な軸になっています。

「場内市場」の見学通路から、プロの「セリ」を見学することができ、海外の観光客に人気のスポットになっています。迫力満点の「セリ」は、日本独特の文化です。

Photo by Ari Helminen

「札幌市中央卸売市場 場外市場」は、いくつかのエリアに分かれていて、「札幌第一卸売市場」「おたる市場」「さっそん市場」「第八市場」「岡田ブロック」「第一小竹ブロック」「卸売センター」「総合卸売市場」があります。

また、「北町ブロックA」「北町ブロックB」とたくさんのエリア分けがされ、エリアごとに違った特徴のお店が並びます。お土産を買うのにぴったりの、新鮮な食材がたくさん買える、おすすめのスポットです。

フリー写真素材ぱくたそ

市場で買い物を満喫した後は、13時から市場の一角で営業している「さかえ湯」でお風呂に入って帰るのもおすすめです。疲れた体を癒す、ポカポカのお風呂が待っています。

買い物、食べ歩き、お風呂など、さまざまな楽しみ方が出来る「札幌市中央卸売市場 場外市場」は、札幌を代表する観光スポットとして、国内外の観光客にとても人気です。

アクセス・駐車場

Photo byFree-Photos

電車でのアクセスの場合は、地下鉄東西線「二十四軒駅」5番出口から徒歩7分、JR「桑園駅」西改札から徒歩10分ほどの所にあります。

車でのアクセスの場合は、「JR札幌駅」から10分~15分程度で、高速「新川IC」からおよそ15分、高速「札幌西IC」からおよそ15分です。「JR札幌駅」からタクシーを利用しても、だいたい1000円前後なので、荷物が多い時などにおすすめです。

Photo by12019

駐車場について、「札幌市中央卸売市場」には無料の専用駐車場があり、かなりの数の車をとめることが出来るので、車でのアクセスもおすすめです。

無料の送迎バスもあり!

フリー写真素材ぱくたそ

「場外市場」にある「北の漁場」では、「札幌市中央区・北区」にある宿泊施設か、「JR札幌駅」に、買い物や食事をする人を対象に、無料送迎をしてくれます。

前日の夕方5時までに連絡をすれば、朝7時から午後3時までの間、送迎してもらえます。「北の漁場」は、北海道各地から届く新鮮な海鮮が並び、「鮮度と味は最高!値段は手ごろ!」をモットーに営業する、お買い物にぴったりのお店です。

札幌市中央卸売市場 場外市場のおすすめ店・有名店7選

Photo by Richard, enjoy my life!

北海道各地から獲れたての新鮮な海鮮、野菜、果物などが届き、たくさんの買い物客が訪れる「札幌市中央卸売市場 場外市場」は、買い物、食べ歩きにぴったりの観光スポットです。

商店では試食をすることができ、購入する前に素材の味を試してみることが出来る嬉しいサービスです。美味しい素材の見極め方なども解説してくれます。

Photo bycamum

海産物、農産物など、北海道で採れるありとあらゆる素材や、乾物、干物、加工品、お土産品などがずらりと並ぶ、北海道最大の市場です。

「札幌市中央卸売市場 場外市場」には、60店舗とたくさんの商店や飲食店が軒を連ね、毎日活気に溢れています。数ある市場内のお店の中でも、おすすめの有名なお店をご紹介します。

海鮮丼の人気店・丼兵衛

Photo by Yuya Tamai

「丼兵衛」は、ワンコインで本格的な「海鮮バラちらし」が楽しめる、コスパ抜群の人気のお店です。「丼兵衛」は朝7時から営業していて、市場で仕入れたばかりの新鮮な海鮮を提供しています。

「丼兵衛」では、どこよりも新鮮な海鮮を使用することにこだわり、そしてお客さんに安く提供して、お客さんにとって、最高の一杯になるように努めています。

Photo by zenjiro

「丼兵衛」の丼は、グルメ通やプロも太鼓判を押す本当に美味しい「海鮮丼」として有名です。札幌に来たなら、ぜひおすすめしたいお店です。

創業以来変わらぬ味を守り続ける「自家製醤油」は、手間暇かけて仕込み、独特のとろみを持った美味しい醤油になっています。「海鮮丼」との相性抜群の醤油です。

Photo by JIRCAS

使用するお米にもこだわり、酢飯に適したお米を厳選して使用しています。たくさんのこだわりが詰まった絶品「海鮮丼」は、地元の人にも親しまれています。

人気の「海鮮バラちらし」の他にも、海鮮がふんだんに載った「満足丼」や、「うにいくら丼」などたくさんの「海鮮丼」が味わえます。ぜひ足を運んでみてください。

住所 北海道札幌市中央区北12条西1-20 札幌中央卸売市場さっぽろ朝市内
電話番号 011‐614‐6533

食事とお土産・.北の漁場2号店

Photo by bryan...

「北の漁場2号店」は、新鮮な海鮮や果物、札幌のお土産などの豊富な品揃えを誇る商店と、併設の食堂で美味しい海鮮グルメを満喫出来る、観光客に人気のお店です。

「タラバガニ」「毛ガニ」「ズワイガニ」「花咲ガニ」など、さまざまな種類の「カニ」が店頭に並びます。他にも「ウニ」や「ホタテ」「鮭」など、北海道の海の幸をたくさん販売されています。

Photo byCouleur

海鮮以外にも、北海道の名産「夕張メロン」や「ホワイトアスパラ」「ジャガイモ」「とうきび」といった野菜や果物もずらっと並びます。

北海道の定番お土産「白い恋人」や「北海道バター」「チーズ」「ジンギスカン」なども販売されていて、まとめて買って、宅配してもらうのがおすすめです。

Photo by fujikinoko

食堂では、「海鮮丼」「寿司」「刺身」などの海鮮グルメや、「焼きとうもろこし」や「ホタテ焼き」「縞ホッケ炭火焼き」などの炭火焼きグルメも堪能出来ます。

前日夕方5時までに電話をすれば、「札幌市中央区・北区」または「JR札幌駅」まで無料で送迎もしてもらえるので、観光に来て、市場までの道のりが不安な人でも安心してお店まで行くことが出来ます。

住所 北海道札幌市中央区北11条西21‐2‐2
電話場号 011‐621‐8288

約700種類の北海道土産・岡田商店

Photo by alberth2

「岡田商店」は、札幌でお土産を買うならここ!と地元の人がおすすめする、およそ700種類の北海道土産を取り揃えるお土産店です。時折、在庫整理のために、驚くほど安く商品が売られていることがあります。

「岡田商店」では、通常時でも、北海道のさまざまなお土産が他のお土産店よりも安く売られています。決して人気のない商品が売られているわけではなく、どこのお土産店でも人気の商品も、リーズナブルに手に入れることが出来ます。

Photo by alberth2

賞味期限の近い商品など、少し訳ありな商品は破格で売られていて、気にならない人は自分用に買って帰るのがおすすめです。

札幌のお土産だけでなく、北海道中のさまざまなお土産品が売られているので、地元の人も通う人気のお土産屋さんです。大量にまとめ買いして、宅配便で送るのがおすすめです。

住所 北海道札幌市中央区北11条西21‐2‐1 岡田ビル内
電話番号 011‐641‐2721

北海道限定品やお酒・藤本青果

Photo byDgraph88

「藤本青果」は、北海道産の「メロン」や「ジャガイモ」を中心に販売している青果店です。「メロン」も「ジャガイモ」も新鮮で美味しいものにこだわり、信頼のおける生産者から直接買い付けたり、市場でいい物を目利きして競り落としています。

「藤本青果」は、「メロン」の小売販売数が「札幌市中央卸売市場」の中で断トツで一番です。どこよりも良質な商品を、どこよりも安く販売することをモットーに、毎日新鮮な素材を仕入れています。

フリー写真素材ぱくたそ

「藤本青果」の店内には、地酒のコーナーもあり、珍しい地酒がたくさん販売されています。他にもワインなどのお酒も取り扱っていて、海外の観光客にも人気になっています。

その日獲れた新鮮な素材だけを販売することにこだわり、その時期旬の美味しい素材が並ぶ「藤本青果」は、おすすめの商店です。北海道の甘くて芳醇な「メロン」などを、大切な人に送ってみてはいかがでしょうか。

住所 北海道札幌市中央区北11条西22‐1‐28 総合食品卸売市場
電話番号 011‐641‐9912

海鮮丼が自慢・海鮮食堂 北のグルメ亭

Photo by moqada

「海鮮食堂 北のグルメ亭」は、市場で厳選して仕入れた、新鮮な海鮮を使用したボリューミーな「海鮮丼」や「カニ」、備長炭を使用した「炭火焼き」を食べることが出来る、人気の食堂です。

店内では、色々な海鮮がふんだんに盛られた「海鮮丼」や、「ウニ」と「イクラ」が贅沢に載った「うに・いくら丼」、マグロのトロが楽しめる「トロ5色丼」などの丼メニューがあります。

Photo bycegoh

丼の他にも、「時鮭のルイベ」や「ツブ貝」「うに」「ボタンエビ」など、海鮮を目いっぱい味わえる刺身も人気のメニューです。

そして、備長炭で焼き上げ、素材の旨味を凝縮した「炭火焼き」もおすすめです。「きんき」や「本タラバ」「鮭ハラス」など、新鮮な海鮮を丁寧に焼いて提供してくれます。

フリー写真素材ぱくたそ

北海道ならではの旬の素材を、色々な食べ方で味わうことが出来る人気の食堂です。市場で仕入れた新鮮な海鮮は、絶品です。

住所 北海道札幌市中央区北11条西22‐4‐1
電話番号 011‐621‐3545

海鮮の丼ものに焼き物やお鍋・菊水

Photo by Kanesue

「菊水」は、豊富な「海鮮丼」の種類と、リーズナブルなメニューが人気の食堂です。「焼き物」メニューや、「鍋」メニューも人気があり、市場関係者も通うお店として有名です。

毎日内容が変わる「日替わり定食」を始め、「ホッケ焼き定食」や「さば味噌煮定食」、「さしみ定食」など、海鮮を使用した美味しい定食メニューが人気があります。

Photo by kaidouminato

「海鮮丼」は、「まぐろ丼」や「いくら丼」「うに丼」などのシンプルなメニューから、海鮮がふんだんに載った「超海鮮丼」といった海鮮を満喫出来るメニューもあります。

定食や丼についた小鉢は追加することも出来ます。お昼過ぎには売り切れてしまうメニューもあるので、早めにお店に向かうことをおすすめします。

住所 北海道札幌市中央区北1条西22‐1‐1
電話番号 011‐622‐2533

海鮮丼からポークソテーまで・定食めし屋

Photo by ajari

「定食めし屋」は、北海道産の新鮮な食材にこだわり、昭和の雰囲気が残るレトロな店内で、美味しい「海鮮丼」や「ポークソテー」、「とんかつ」、「ラーメン」などが食べられます。

「定食めし屋」は朝から営業していて、朝限定で食べられる「四色丼」が人気です。「いくら」「サーモン」「カニ」「ホタテ」の海鮮がたっぷり載った美味しい丼です、追加料金を払えば「ウニ」を追加することも出来ます。

Photo bytakedahrs

他にも、「お刺身四品盛り定食」や、「まるごと海鮮盛丼」などの海鮮グルメも人気です。海鮮系以外にも、「とんかつ定食」や「生姜焼き定食」「ポークソテー定食」などの豚肉グルメは、ご飯が進むおすすめのグルメです。

定食屋らしい「チャーハン」や「カレーライス」といったメニューも常連客に人気です。地元の人や、市場関係者に親しまれる、名店の味をご賞味ください。

ラーメンもおすすめ!

Photo by Sig.

「定食めし屋」で常連客がおすすめするのが、「塩ラーメン」です。ホタテダシが効いた、どこか懐かしい美味しいラーメンが食べられると評判になっています。

「塩ラーメン」は、ホタテをふんだんに使用し、オホーツクと太平洋の塩で味付けをした透き通ったスープが人気です。食べる前から海鮮のい香りが漂っています。

Photo by Yuya Tamai

ラーメンを満喫した後は、無料でもらえるライスをスープに入れて食べるのが定番だそうです。海鮮の旨味が凝縮されたスープをご飯が吸い、絶品おじやに変身します。

「海鮮丼」を食べられるお店で「ラーメン」は意外かもしれませんが、海鮮の旨味が効いたスープはとても本格的で美味しく、何度も通いたくなる味です。「ラーメン」目当てに市場へ通う常連客もいます。

Photo by ttanabe

「塩ラーメン」以外にも、「味噌ラーメン」「醤油ラーメン」などもあり、美味しいと評判です。市場ならではの、海鮮たっぷりの美味しいラーメンを味わってみてください。

住所 北海道札幌市中央区北11条西22‐1‐26 卸売センター1階
電話番号 011‐615‐5354

札幌市中央卸売市場 場外市場は「通販」も人気!

Photo by bryan...

札幌観光に来て、市場で買い物をするのも楽しいですが、自宅に居ながら、北海道の旬の味覚を通販で取り寄せることも出来ます。市場内にあるさまざまな商店が、通販を取り扱っていて、鮮度抜群の素材を発送しています。

獲れたて新鮮な「ウニ」や「カニ」「イクラ」「鮭」「ホッケ」などの海鮮や、北海道の名産品「トウモロコシ」「ジャガイモ」「メロン」なども収穫してすぐに発送してもらえます。

Photo byPexels

北海道のお土産品や加工品、乾物なども取り寄せることが出来るので、通販はとても人気です。そして、一定の金額以上購入すると、送料が無料になるサービスがあったりするので、まとめ買いがおすすめです。

自宅で家族と楽しんだり、友達や恋人と一緒に北海道の味覚を味わうことも出来ます。買いたい素材が売られているお店を探して、色々な北海道の美味しい素材を楽しんでみてください。

札幌で2つの市場を「楽しむコツ」

Photo by othree

札幌にある人気の2つの市場を楽しむなら、まずはお店でもらえる試食を遠慮なくすることです。店員さんに言えば、販売されている商品は、ほとんど試食することが出来ます。購入前に、味見してみるのがおすすめです。

そして、わからないことや困ったことがあれば、なんでも気軽に店員さんに相談することです。調理方法、発送方法、商品の選び方、保存方法など、なんでも親身に相談に乗ってもらえます。

Photo by DavideGorla

最後に、観光客に一番人気の「カニ」は、水槽に入っている「活ガニ」を買うのがおすすめです。発送日に合わせて「カニ」を茹でてくれるので、鮮度抜群の「カニ」を送れます。茹で上がった「カニ」を買う際は、重たい物を選びましょう。

天候などによって仕入れ状況が変わるので、仕入れが少ない日は早めに閉店してしまうこともあります。なので朝早い時間から市場へ向かうのがおすすめです。

Photo by Ivani.Chang

北海道外で買うと、とても高級な海鮮やフルーツなども市場で買うととてもお手頃で、しかも新鮮な状態で買うことが出来るのでおすすめです。

事前にある程度は買いたい素材を決めて、早めに市場へ向かった方が、良い素材に出会えます。札幌に観光に来たらなら、北海道の味覚をたくさん買って、自宅へ帰ってからも北海道を満喫しましょう。

札幌の「2つの市場」で美味しいグルメを楽しもう

フリー写真素材ぱくたそ

北海道中の美味しい味覚を味わい尽くせる、札幌の2つの市場は、札幌観光に来たなら絶対に立ち寄るべき観光スポットです。美味しいグルメを満喫して、最高の札幌旅行にしましょう。

c.mone
ライター

c.mone

大阪で生まれ育ち、現在は宮古島在住の主婦です。旅行や音楽、メイク、料理が好きです。全国各地の魅力を発信できるよう、わかりやすく素敵な記事を書くことを心がけています。ぜひ一緒にさまざまな土地の魅力を発見してみましょう。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング