サブウェイの注文方法を徹底ガイド!自分好みのサンドイッチを!

サブウェイの注文方法を徹底ガイド!自分好みのサンドイッチを!

この記事では、サブウェイの注文方法について徹底解説していきます。サブウェイではひとつのメニューに対してさまざまな注文方法があります。初めてサブウェイへ行く人や、注文方法を改めておさらいしたい人はぜひ参考にしてみてください。

記事の目次

  1. 1.サブウェイはサンドイッチメインのファーストフード店
  2. 2.サブウェイの注文方法①・好きなサンドイッチを選ぶ
  3. 3.サブウェイの注文方法②・パンの種類を選ぶ
  4. 4.サブウェイの注文方法③・トッピングを選ぶ
  5. 5.サブウェイの注文方法④・野菜を選ぶ
  6. 6.サブウェイの注文方法⑤・ドレッシングやソースを選ぶ
  7. 7.サブウェイ・ダイエット中OK!低カロリーサンドイッチ
  8. 8.サブウェイの注文方法をマスターしよう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

サブウェイはサンドイッチメインのファーストフード店

Photo by matsudon,giraffe

サブウェイは、アメリカに本社のあるサンドイッチメインのファストフード店です。世界各国に3万店以上もの店舗数があります。サブウェイといえば自分好みに注文方法を変えられることが魅力です。

この記事では、サブウェイの注文方法についてご紹介していきます。サブウェイでは、野菜を多めにしたり、パンの種類を変えられたりとさまざまな注文ができます。初めてサブウェイへ行く方や、サブウェイの注文方法を改めておさらいしたい方はぜひ参考にしてみてください。

【保存版】サブウェイの魅力を総まとめ!おすすめメニューやお得情報も盛りだくさんのイメージ
【保存版】サブウェイの魅力を総まとめ!おすすめメニューやお得情報も盛りだくさん
サブウェイはサンドイッチ専門の人気チェーン店で、パンや具材を自由にカスタムできる楽しさが高く支持されています。そこで、サブウェイの魅力を総まとめしました!おすすめメニューやモーニング・ランチをはじめ、お得な情報が満載です。

サブウェイの注文方法①・好きなサンドイッチを選ぶ

サブウェイでは、はじめにサンドイッチの種類を注文するところから始まります。サブウェイで王道の「BLT」や大人気の「てり焼きチキン」のほか「えびアボカド」や「チリチキン」などさまざまな種類があります。

ほかにも「あんこ&マスカルポーネ」や「つぶあん」といった甘いメニューもあります。サブウェイにはたくさんの種類のサンドイッチがあり、メニューにはカロリーのほか糖質も書いてありますのでダイエットにも最適です。

サブウェイの注文方法②・パンの種類を選ぶ

サブウェイではパンも注文できます。さまざまなパンの種類から選ぶことによって、ひとつのサンドイッチでもたくさんの味わいが生まれます。

サブウェイのパンは毎朝お店で焼かれたこだわりのパンです。生地を発酵させるところから始まるパンは、美味しさにとことんこだわって焼き上げられます。サブウェイでは美味しさはもちろん、体に優しいことにもこだわってイーストフード・乳化剤不使用でパンを作っています。

1:フラットブレット

Photo by naka_hide

北海道小麦の「ゆめちから」を使って作られたパンです。ゆめちからはグルテンを多く含む小麦粉です。超強力小麦のゆめちからを使うことによって、もっちりとした食感、ふわふわの感触を再現しました。

噛めば噛むほどゆめちからの美味しさが口いっぱいに広がるパンです。注文してから加熱することでもちっとした食感がアップします。温かいうちに食べることでゆめちからの風味もアップし、さらに美味しく食べられます。

2:ハニーオーツ

サブウェイのパンのなかでも大人気の「ハニーオーツ」は、ほんのりとした甘みが特徴的なパンです。オーツ麦やはちみつがトッピングされたパンは、食感もよく鼻から抜ける甘みがクセになります。

はちみつが入っているからといって甘すぎることはありません。むしろサブウェイの野菜やお肉といった具材を引き立てるような甘さです。オーツ麦には食物繊維がたっぷりと含まれているので、ダイエット中の方はぜひ注文していただきたいパンです。

3:セサミ

Photo by klipsch_soundman

ホワイト生地の上にゴマを散りばめて香ばしく焼き上げたのが「セサミ」です。ぷちぷちとしたゴマの食感が美味しく、香ばしい香りが特徴的です。ゴマがトッピングされていることで、和風系のサンドイッチによく合うといわれています。

セサミは温めて食べることで、さらに美味しく食べられます。温かみのあるセサミは風味が格段にアップし、ゴマの香りが食欲をそそります。元がプレーンタイプの生地なので、あっさりと食べられるパンです。

4:ウィート

プレーンタイプの生地に小麦麦芽を混ぜ合わせて焼き上げたパンです。ホワイトブレッドと同じく、北海道小麦の「ゆめちから」を配合してもっちりとした生地を作っています。全体的に茶色い色をしており、独特の風味が特徴的です。

小麦麦芽にはビタミンやミネラルといった栄養素が豊富に含まれています。さらにホワイトと比べると血糖値の上昇も緩やかです。栄養が偏りがちなダイエット中や、健康に気をつけている人にぜひ注文していただきたいパンです。

5:ホワイト

Photo by naka_hide

サブウェイのパンの中で最も一般的なタイプのパンです。プレーンタイプなので、どんなサンドイッチにも合うようになっています。ホワイトにも北海道産小麦の「ゆめちから」が含まれているので、どこかもっちりとした食感がします。

サブウェイのホワイトは、精製された真っ白な小麦を使っています。そのため中まで白く、クセのないパンに仕上がっています。どのパンにしようか迷う、サンドイッチの具材を思う存分味わいたいときはホワイトを注文しましょう。

サブウェイのメニュー特集!人気サンドイッチやサイド・ドリンクまで網羅!のイメージ
サブウェイのメニュー特集!人気サンドイッチやサイド・ドリンクまで網羅!
サブウェイは、サンドイッチ業界を常にリードしお客様に親しまれています。健康を重視した現代の世の中でニーズや流行に合わせた定番や季節のメニューを提供しています。そんなサブウェイのメニューを特集します。サンドイッチやサイドメニュー、ドリンクの全てを紹介します。

サブウェイの注文方法③・トッピングを選ぶ

Photo by hide10

サブウェイにはさまざまなトッピングを注文できるサービスがあります。トッピングを注文することで、サンドイッチを自分好みのものに変えられます。すでにあるサンドイッチももちろんとても美味しいですが、トッピングを加えることでさらに美味しさをアップできます。

サブウェイのトッピングは8種類です。8種類の中からそれぞれ注文できます。ナチュラルスライスチーズは2枚で40円です。チーズの旨みを感じたい方にぜひ注文していただきたいトッピングです。追加で60円のクリームタイプチーズを注文すれば、さらにチーズの旨みを感じられます。

マスカルポーネチーズは90円です。チーズが好きな方は3種類のチーズを注文することで、濃厚なチーズの味わいを楽しめます。ほかにもたまごが1スクープ60円、ツナが1スクープで80円から注文できます。すでにあるサンドイッチの具材を増やしたい場合に注文することもできます。

さらにベーコンが2枚で60円、アボカドが110円、エビが5尾100円で注文できます。トッピングだけでも8種類もあるので、自分好みに注文できる幅が広がります。自分の好きな注文方法を見つけて、自分だけのオリジナルサンドイッチを注文してみましょう。

おすすめで注文するのもあり

Photo by potaufeu

サブウェイには8種類ものトッピングがあるので、どのサンドイッチになにをトッピング注文しようか迷ってしまいます。どれかをトッピング注文しようとしても、何がいいかわからない場合は「おすすめ」を注文してみましょう。

おすすめで注文すれば、店員さんがサンドイッチにあったものを選んでくれます。何にしようか迷う、全部美味しそうで注文が決められない、そんなときはおすすめ注文をしてみましょう。

サブウェイの注文方法④・野菜を選ぶ

Photo by Koji Horaguchi

トッピング注文が終わったら、つぎはサンドイッチにはさむ野菜を注文しましょう。選べるのはレタス・トマト・ピーマン・オニオンの4種類です。ほかにもアクセントとしてニンジン・ピクルス・オリーブ・ホットペッパーが選べます。

無料の野菜も

Photo by Kanesue

サブウェイでは、無料で野菜を増やしたり減らしたりする注文ができます。増量注文ができる野菜は、レタス・トマト・ピーマン・オニオンの4種類です。増量注文の場合は、通常の量よりも1.5倍から2倍ほどの量が増量注文できるといわれています。

ダイエット中の方や、パン抜きしてサラダとしてサブウェイの野菜のみを注文することもできます。サブウェイのメニューには糖質表示もありますので、ダイエット中の方や糖質を気にする方にもおすすめできるチェーン店です。

迷ったらおまかせしよう

Photo by naka_hide

サブウェイで野菜の量や、トッピングに迷ったらおまかせ注文をしましょう。おまかせ注文をすれば、店員さんがサンドイッチにあったものを選んでくれます。迷ったときはおまかせ注文をしてみましょう。

サブウェイの店員さんは、それぞれのサンドイッチに合った野菜やトッピングを知っています。初めてで分からない、サブウェイのおすすめが知りたい、そんなときはおまかせ注文をすることをおすすめします。

サブウェイの注文方法⑤・ドレッシングやソースを選ぶ

Photo bystevepb

サンドイッチにはさむ野菜を選んだら、つぎはドレッシングやソースを選びましょう。サブウェイには9種類ものドレッシングやソースがあります。どれにするか迷った方は、おまかせを選ぶのもおすすめです。

最もオーソドックスなものは「オイル&ビネガー 塩・こしょう」です。シンプルな味つけなので、サブウェイのサンドイッチを思う存分楽しむことができます。「シーザードレッシング」は、チーズがベースになった濃厚なドレッシングです。

「野菜クリーミードレッシング」は、すり下ろした野菜を感じられるドレッシングです。野菜が好きな方や、クリーミーな味わいを楽しみたい方に注文していただきたいドレッシングです。「ハニーマスタードソース」は、ピリッとした辛みとはちみつの甘さが特徴的なソースです。

「わさび醤油ソース」は、わさびのピリリとした辛みを感じられるソースです。サブウェイの和風系のサンドイッチによく合います。「バジルソース」は、バジルの香りが漂う濃厚なソースです。イタリアンなサンドイッチによく合います。

「バルサミコソース」は、お酢の酸っぱさが特徴的なソースです。たまねぎの風味が漂うソースはクセになるお味です。「マヨネーズタイプ」はその名の通りマヨネーズです。濃厚な味がサブウェイの野菜にもパンにもよく合います。

メニューに激辛と書かれている「チリソース」は、とても辛いソースです。辛いものが好きな方はぜひ注文していただきたいソースです。サブウェイのこれらのドレッシング・ソースは増量もできます。

さらに複数注文も可能ですので、自分の好きな味を注文してみましょう。9種類の中から増やしたり減らしたりして注文できるので、サブウェイのサンドイッチの楽しみが広がります。

サブウェイ・ダイエット中OK!低カロリーサンドイッチ

Photo by Koji Horaguchi

サブウェイはダイエット中にもおすすめのお店です。ダイエット中に外食しなければいけないときは、ぜひサブウェイに立ち寄ってみましょう。以下ではサブウェイのダイエット中におすすめなメニューをご紹介します。

ベジーデライト

「ベジーデライト」は、パンに野菜をサンドしたシンプルなサンドイッチのことです。レギュラーサイズのカロリーは215キロカロリー、糖質は35.2グラムです。カロリーを抑えるためにも、ドレッシングはおすすめでもあるシンプルな「オイル&ビネガー 塩・こしょう」にしましょう。

カロリーを抑えるためにはトッピング注文しない

Photo byJillWellington

ダイエット中の方は、カロリーを抑えるためにもトッピング注文はしないようにしましょう。ベジーデライトをそのままで楽しめば、カロリーを抑えることもできてダイエットにも効果的です。

ターキーブレスト

「ターキーブレスト」もサブウェイのダイエット中におすすめのメニューです。レギュラーサイズでカロリーは266キロカロリー、糖質は38.2グラムです。七面鳥の胸肉が入っていて、たんぱく質も取れるのでおすすめです。

ローストチキン

「ローストチキン」もサブウェイのダイエット中におすすめのメニューです。レギュラーサイズでカロリーは286キロカロリー、糖質は41.1グラムです。高タンパクで低カロリーなサンドイッチはダイエットにもよく、腹持ちもいいと好評です。

サブウェイの注文方法をマスターしよう!

Photo by naka_hide

サブウェイにはさまざまな注文方法があります。初めてのときは迷ったりもしますが、困ったときはおまかせ注文をすれば大丈夫です。おまかせ注文をすれば、店員さんがサンドイッチに合ったものをチョイスしてくれます。ダイエット中にもおすすめのサブウェイ、ぜひ足を運んでみてください。

miku
ライター

miku

好きな食べ物は生肉です!思い出に残るとっておきの場所をたくさん紹介していきます。みなさんの参考になれば幸いです!

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング