淡路島で食べたい人気の海鮮丼11選!ランチのおすすめ店など地元の名店を紹介

淡路島で食べたい人気の海鮮丼11選!ランチのおすすめ店など地元の名店を紹介

海に囲まれた淡路島には、美味しい海鮮丼を食べられるお店がたくさんあります。ランチにおすすめのお店や、海鮮丼の名店などをご紹介します。次の休暇は、淡路島の新鮮な海鮮丼で舌鼓するのはいかがでしょうか。四季折々変わる海鮮丼は一期一会といっても過言ではありません。

記事の目次

  1. 1.淡路島ってどんなところ?
  2. 2.淡路島で美味しい海鮮丼が味わえる人気店3選
  3. 3.淡路島の絶品しらす海鮮丼があるおすすめのお店4選
  4. 4.淡路島の海鮮丼も絶景も楽しめるお店2選
  5. 5.淡路島の海鮮丼ランチがお得なお店
  6. 6.淡路島の個室でゆっくり海鮮丼を楽しめる有名店
  7. 7.淡路島で海鮮丼を堪能しよう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

淡路島ってどんなところ?

Photo by na0905

淡路島は瀬戸内海に浮かぶ島です。人口は約13万人の離島で最大級の大きさと人口を誇ります。島なので全面を海に囲まれており、新鮮な魚や、豊かな土壌で作られる玉ねぎはとても甘く、名産品になっています。

人形浄瑠璃も有名で、淡路島浄瑠璃と呼ばれています。関西からは明石海峡大橋、四国からは徳島県の鳴門大橋からとアクセスしやすく、観光地としても非常に人気です。

海の幸の宝庫!絶品海鮮丼が食べれるお店多数!

Photo by Tak H.

全面を海に囲まれた淡路島では、1年を通して四季折々の絶品海鮮丼が食べれるお店が多く存在します。3年とらふぐなどは、淡路島の特産品となっているので、淡路島でしか味わうことのできない海戦です。まさに海の幸の宝庫ともいえるのが淡路島の最大の魅力でしょう。

淡路島で美味しい海鮮丼が味わえる人気店3選

Photo byprincesshoei0

海の幸の宝庫である淡路島で、美味しい海鮮丼を味わうことができる、人気の名店3選をご紹介します。季節によって旬の海鮮を味わえるのも、様々な海鮮ののった海鮮丼の魅力であり、特徴です。

淡路ごちそう館 御食国

Photo byMabelAmber

淡路島の洲本市にある「淡路ごちそう館 御食国(みけつくに)」は、淡路島の良さを凝縮した様な施設です。赤レンガ作りの建物は解放感と暖かさを感じる雰囲気をしています。施設内も広く、レストランメニューは豊富でどれにしようか迷ってしまうほどです。

メニューには淡路島の特産品がふんだんに使用されており、どの料理を注文しても、美味しさに思わず笑みがこぼれます。入り口近くでは、淡路島の特産品を加工したお土産物を買うことができるので、お土産を求めて別の場所に行かなくても良いのが便利です。

営業時間は10:00~20:00で、ランチは11:30~14:30、ディナーは17:00~20:00、定休日は水曜日です。

おすすめの海鮮丼メニュー

Photo by yoppy

おすすめの海鮮丼メニューは、「海鮮丼セット」です。サラダバーと御味噌汁もついていますが、大変リーズナブルな価格です。淡路島産のお米を炊いたアツアツのご飯の上に、淡路島産の新鮮な魚介がのせられています。

魚介は特性の自家製ダレに付け込まれており、自家製ダレの旨みが魚介の旨みも引き立てており、絶品です。

住所 兵庫県洲本市塩屋1-1-8
電話番号 0799-26-1133

うおたけ鮮魚店やけんど 海鮮どんや

Photo by Richard, enjoy my life!

淡路市にある「うおたけ鮮魚店やけんど 海鮮どんや」は、淡路島にある創業42年の老舗の鮮魚店「魚竹鮮魚店」の直営店となっています。毎日新鮮な魚介類を使った料理が人気のお店です。淡路市にある北淡インターチェンジの近くとアクセスも便利です。

鮮魚店の直営店なので、魚介が新鮮で美味しいのはお墨付きです。海の側にあることから、晴れの日にはテラス席で広大な瀬戸内海おを眺めながらランチをすることもできる、素敵な名店です。週末には行列ができ、人気の商品は完売してしまうこともしばしばです。

Photo byKanenori

淡路島では珍しく、ディナータイムも営業されているので、淡路島観光が終わってから、のんびり晩御飯を楽しむこともできます。営業時間は11:00~20:00で、ラストオーダーは19:30です。定休日は毎週火曜と月末の月曜となっています。

おすすめの海鮮丼メニュー

Photo by densetsunopanda

うおたけ鮮魚店やけんど 海鮮どんやでおすすめの海鮮丼は、淡路島の新鮮な魚介をこれでもかと盛り付けた、「海鮮丼・特上」です。

大きなエビに貝やいくらなど、鮮度抜群の魚介が多く入っているにもかかわらず、お値段も吸物・漬物・小鉢がついて、なんと2000円と大変お得な海鮮丼です。特上の海鮮丼をこの価格で食べることができるお店は、うおたけ鮮魚店やけんど 海鮮どんやだけでしょう。

ランチでもディナーでも、どちらもおすすめの名店です。魚介に対して舌が肥えている、地元の人のリピート率が高いお店なのも、鮮魚店直営店の強みでしょう。

住所 兵庫県淡路市育波584-1
電話番号 0799-84-1120

トロ兄ィー食堂

Photo by macbsd

南あわじ市で人気の名店が「トロ兄ィー食堂」になります。その名の通り、マグロを専門としたお店です。鮪卸売会社「有限会社 松秀」が運営をしています。店内はあまり広くなく、約15人ほどでいっぱいになってしまうお店です。

開店前から行列ができており、開店時間にお店に向かってもすんなり店内に入ることができないのは、当たり前の人気店です。

Photo by ka2hik0

それもそのはず、海鮮丼には新鮮なマグロを使用していますが、提供されている価格がとにかく安く、地元の人からも愛されている名店です。また、子供用のメニューもあるので、家族みんなが美味しいマグロを堪能できる嬉しい食堂です。

土曜日と祝日のランチタイムは大変混雑するので、平日の開店時間が狙い目です。営業時間は11:30~14:00です。日曜日は定休日となっているので、観光の際に行こうと思っている場合は、定休日に気を付けて下さい。

おすすめの海鮮丼メニュー

Photo by kobakou

トロ兄ィー食堂でおすすめは、なんといっても「赤身&ネギトロ丼」です。お店でも一番の人気メニューとなっています。マグロの味噌汁・サラダ・一品がついて、1000円の絶品海鮮です。

赤身だけでなく、マグロの美味しい所を凝縮したネギトロも一緒に堪能することができる、夢のような海鮮丼です。

通常だと倍以上の価格がする新鮮な鮪をリーズナブルに、お腹いっぱい堪能することができるのは、鮪卸売会社が経営しているここ、トロ兄ィーだけでしょう。マグロ好きにはたまらない名店です。

住所 兵庫県南淡路市広田892
電話番号 0799-20-4904

淡路島の絶品しらす海鮮丼があるおすすめのお店4選

Photo byK2-Kaji

淡路島の特産品の内の一つなのが、しらすです。特に淡路島のしらすは、生のしらすが絶品です。生しらすは春から秋にかけてしか食べることができない、季節限定のものです。

透き通ったシラスは、のど越しも良く、食感もぷちぷちとしていて味と食感を同時に楽しむことができます。また、生のしらすだけでなく、釜揚げしらすも絶品となっています。

程よい塩加減でさっぱりとしており、しらすの濃い香りが鼻をぬけます。いくらでも食べられそうな旨みを堪能してみて下さい。

源平

Photo by halfrain

淡路島岩屋港と明石市明石港を結ぶ、高速船ジェノバラインの発着する岩屋フェリー乗り場近くにあるのが「海鮮料理 源平」です。創業60年以上にもなる老舗の源平は、数々のメディアにも取り上げられている人気の名店です。

フェリー乗り場の近くにあるため、連日多くの観光客も訪れています。新鮮な海鮮料理がおすすめのお店で、お寿司をはじめ、各種定食、お鍋、一品をたべることができます。お店で使われている魚介は、毎朝地元の漁師さんと目利きをした、新鮮な魚介です。

Photo by is_kyoto_jp

源平でおすすめのメニューはやはり、「淡路島生しらす丼」です。淡路島産の生しらすに加え、明石海峡で獲れる有名な鯛や蛸など、美味しい魚介がふんだんに盛られており、見た目も美味しい海鮮丼となっています。

生のしらすだけでなく、鯛の旨みに蛸の食感も同時に楽しむことが出来る、夢のような生しらす丼の価格は2200円です。明石海峡大橋を眺めながら、ランチをいただきことができるおすすめの名店です。

Photo by yoppy

営業時間は11:00~14:30で、定休日は水曜日です。席数は約50席あるので、土日祝日でも、混雑する時間帯を避ければ、比較的に入りやすいです。不安な方は予約も可能なので、事前に電話予約をしておけば、間違いないでしょう。

住所 兵庫県淡路市岩屋925-22
電話番号 -

お食事処 渡舟

Photo by ume-y

現役漁師の大将と女将が営んでいる人気の名店が「渡舟」です。近海で捕れた、新鮮な魚介を天ぷらや煮つけ、お刺身などにして提供しています。女将が日替わりで創る小鉢やお惣菜も人気の秘訣です。

渡舟でも、特に人気のメニューが「生しらすたっぷり丼」です。こちらの生しらすたっぷり丼は、シンプルな生しらす丼です。ご飯と同じぐらいの、生のしらすが大葉と一緒にご飯の上に盛られており、透き通ったしらすがきらきらと輝いています。

Photo by jetalone

渡舟はご飯にもこだわっており、淡路島産の美味しいお米を使用しています。シンプルな生しらず丼は、余計なものが一切なく、しらすの旨みやのどこし、香りをダイレクトに味わうことができます。飽きのこない美味しさに、一口食べると端が止まりません。まさに、シンプルイズベストでしょう。

大型連休や土日祝日のランチタイムは、行列ができるほどの人気店なので、早い目に行かれることをおすすめします。営業は10:30~14:00で、ラストオーダーは13:50、16:30~20:00で、ラストオーダー19:40となっています。定休日は月曜日です。

住所 兵庫県淡路市楠本112
電話番号 0799-74-3432

お食事処 浜ちどり

Photo by veroyama

淡路島岩屋港と明石市明石港を結ぶ、高速船ジェノバラインの発着する岩屋ポートビルの2階に店を構えているのが「お食事処 浜ちどり」です。淡路島の新鮮な魚介や特産品をにこだわった食事を頂くことができます。

魚介は季節によって仕入れも変わり、夏から秋にかけては繊細な味わいのハモ、冬から春にかけては、身がプリプリの淡路島でしか食べられない、淡路島3年とらふぐなどがメニューに加わります。ハモや3年とらふぐも美味しいですが、おすめは「島の生しらす丼」でしょう。

Photo byonefox

シンプルな生しらす丼の上に華を添えるのが、淡路島のブランド卵であるさくら卵です。美しい桜色をした純国産の鶏卵です。生しらすにさくら卵をよくからめて食べると、まろやかになり味わい深く、生しらすだけで食べるよりも更に美味しくなります。

薬味に乗っている金ゴマや自家製のお醤油との相性も抜群です。営業時間は11:00~20:15で、定休日は火曜日となっています。淡路島のご当地グルメでもある浜ちどりの生しらす丼は、一度食べると病みつきです。

住所 兵庫県淡路市岩屋925-27 岩屋ポートビル2階
電話番号 -

淡路島 旬菜 ユラリユラ

Photo by Sharon Hahn Darlin

淡路島の厳選された食材を使用した居酒屋が「淡路島 旬菜 ユラリユラ」です。カウンターや、個室もあるので、のんびりと好みに合った空間で美味しい食事をすることができます。特に個室は、子お子様連れの人でものんびり食事をすることができると好評です。

居酒屋ですが、食材にこだわっている人気の名店なので、おすすめは「生しらす丼」です。小鉢と香物、みそ汁付きで、1280円とリーズナブルな価格で頂けます。ユリユラの生しらす丼は、サイズもハーフサイズとレギュラーサイズがあるので、女性に嬉しいメニュー設定です。

Photo by ftomiz

新鮮な生しらすに、季節のお刺身、ぷるぷるの卵黄がのったユリユラの生シラス丼は、目でみるだけでも美味しい一品です。ランチタイムから、ディナータイムまで提供されているので、いつでも美味しい生しらす丼を食べることができます。

営業時間は11:30~14:30、17:00~22:30、金曜日と土曜日のみ23:00までの営業となっています。年中無休です。生しらすは淡路島でも期間限定のものなので、生しらすの漁業期間外の12月~3月いっぱいまでは、釜揚げしらす丼となるので、4月~11月の間が狙い目です。

住所 兵庫県洲本市安乎町1970-3
電話番号 0799-28-1272

淡路島の海鮮丼も絶景も楽しめるお店2選

Photo by Mark thanks for 2,000,000+ views

淡路島で海鮮丼が美味しいのは鉄板ですが、美味しい海鮮丼に加えて、絶景も楽しめる人気の名店を2選ご紹介します。絶景を見ながら美味しいご飯を食べると、満腹感や幸福感も2倍でしょう。

道の駅 あわじ

Photo by PYONKO

淡路島での人気のスポット「道の駅 あわじ」では、絶景を眺めながら、淡路島の新鮮な魚介類を一度に楽しめる海鮮丼をいただくことができます。明石海峡大橋の淡路島側のふもとにある道の駅で、明石海峡大橋を渡り、淡路島に入ってから最初の道の駅になります。

2階にあるレストラン海峡楼(ミラ・ドール)では、淡路島の厳選食材を使用したメニューを頂くことができます。とらふぐを使用したものから淡路牛のステーキ、もちろん季節限定の生しらす丼も食べることができます。

席もテラス席からテーブル席、座敷もあるので、好みに合った場所で美味しい食事ができるランチに人気のお店です。天気の良い日は、テラス席から瀬戸内海を眺めて食事をするのも最高です。

Photo by nimame

他にも、淡路島牛を使用したハンバーガーショップでは、淡路バーガーや牛丼のテイクアウトが可能で、野外に設置されているベンチなどに座ってのんびりと食べることができます。ピクニック気分も味わえるので、道の駅あわじの人気の理由の内の一つです。

営業時間は9:30~17:30で、土日祝は9:00~のオープンです。12~2月の平日は~17:00までの営業となっているので、季節によって変動する営業時間には注意をして下さい。また、ランチタイムは混み合うことが多いので、早い時間のアクセスがおすすめです。

住所 兵庫県淡路市岩屋1873-1
電話番号 0799-72-0001

絶景レストラン うずの丘

Photo byCouleur

うずの丘大鳴門橋記念館の2階にあるのが、「絶景レストラン うずの丘」です。大鳴門橋記念館の1階には、淡路島の観光名物になっている玉ねぎのUFOキャチャーおっ玉げ!があります。

メディアにもよく取り上げられており、玉ねぎが取れると、潮風たまねぎ1.5kgを景品で貰える楽しみのあるクレーンゲームです。その2階にあるのが、「絶景レストラン うずの丘」です。

Photo by wongwt

淡路島の絶品うにをふんだんに使用した絶品生うにめしや、うずの丘海鮮うにしゃぶなど、淡路島の究極グルメを堪能することができます。また建物は丘の上に建っているので、瀬戸内海や大鳴門橋を眺めながら、淡路島の特産品などを食べることができます。

美味しいランチをした後は、1階の特産物販売こーなで、淡路島のお土産を購入することもできます。ランチライムは待ち時間1時間も当たり前の名店です。営業時間は、10:00~15:00で、休館日は火曜日となっています。また、年末年始の12/31と1/1も休館です。

住所 兵庫県南あわじ市福良丙936-3 うずの丘 大鳴門橋記念館 2F
電話番号 0799-52-2888

淡路島の海鮮丼ランチがお得なお店

Photo by khf_fjs

淡路島の新鮮な海鮮丼を提供しているお店は多くありますが、その中でもランチがお得なお店をご紹介します。安くて美味しい海鮮丼ランチはいかがでしょうか。

海鮮料理 きとら

Photo by Yakinik

淡路島で美味しい海鮮丼ランチをお探しの方には、「海鮮料理 きとら」がおすすめでしょう。淡路島で3店舗あります。和を基調とした店内は、非常に落ち着いた雰囲気をしています。神戸淡路鳴門自動車道津名一宮ICスグの場所にあるので、アクセスも抜群です。

メニューが非常に豊富で、おひとり様からお子様連れにまで幅広い世代から人気の名店です。きとらの海鮮丼は、あつあつのご飯の上に、ところせましとのせられた、旬の魚介類が魅力です。

Photo byshyukar

海鮮丼だけでも十分にボリュームがありますが、小鉢とうどんもついて、1480円と大変リーズナブルで、お得感満載のメニューです。他にも淡路島特産品である、季節限定の生しらす丼の取扱いもあり、生しらすの漁業期間はお得に食べることができます。

ランチの営業時間は、11:00~15:00でラウトオーダーは14:30です。ディナーは17:00~22:00でラストオーダオーは21:00です。また、年中無休となっています。ランチ営業だけでなく、ディナー営業もされているので、いつでも美味しい海鮮丼をいただくことができます。

住所 兵庫県南あわじ市山添308-3
電話番号 0799-44-3030

淡路島の個室でゆっくり海鮮丼を楽しめる有名店

Photo byshell_ghostcage

せっかく淡路島の厳選された食材を楽しむのなら、ゆっくり個室で食べれるのが嬉しい環境でしょう。個室でゆっくり海鮮丼を楽しむことができる有名店をご紹介します。居心地の良さに、ついつい長居していっぱい食べてしまいそうな名店です。

さと味

Photo by next-one

淡路島の美味しい地魚を使用した海鮮丼を、のんびり食べるなら「さと味」がおすすめです。どこか懐かしい雰囲気の店内には、カウンターにテーブル席、個室の座敷があります。

カウンター席で、大将が魚を豪快にさばく姿を見ながら食事をするのも粋ですが、個室でのんびり海鮮丼などの食事をいただくのも、お子様連れの方に人気です。さと味の海鮮丼は、ご飯の上にのっている海鮮の種類の多さが魅力です。

夏季には鱧、冬季には3年とらふぐのコースが人気のお店でもあり、大将の目利きと腕は非の打ちどころがありません。そんな凄腕の大将が作る海鮮丼は、絶品です。

Photo by Kanesue

一度食べると忘れられなくなること間違いなしでしょう。のんびり個室でさと味の海鮮丼を頂く休日プランはいかがでしょうか。

営業時間は、11:30~14:00でラストオーダーは13:30です。ディナーは17:30~21:30でラストオーダーは21:00です。定休日は火曜日となっています。

大型連休などの繁忙期は要予約となるので、GWなどの大型連休を利用してさと味の海鮮丼を食べたいなと考えている方は、事前に電話でのお問い合わせをおすすめします。

住所 兵庫県南あわじ市湊284
電話番号 0799-36-2603

淡路島で海鮮丼を堪能しよう!

Photo by yoco**

一度に多くの種類の魚介類を楽しむことができるのが海鮮丼の最大の魅力です。その海鮮だけでなく、ご飯や自家製ダレなどにもこだわる名店が数多く存在する淡路島で、海鮮丼を心行くまで堪能してみて下さい。

Fujico
ライター

Fujico

京都府在住の1児の母です。猫と神社仏閣、温泉と旅行に美味しいグルメが大好きです♪子供に負けじと好奇心旺盛です。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング