八戸の「みなと食堂」はすごい人気店!おすすめの海鮮丼やランチメニューもご紹介

八戸の「みなと食堂」はすごい人気店!おすすめの海鮮丼やランチメニューもご紹介

青森県の八戸(はちのへ)にある「みなと食堂」をご存じですか?このお店は八戸では知らない人は居ないほどのすごい人気店で、新鮮な海鮮丼や刺身定食、青森の郷土料理を堪能することが出来ます。今回はそんな「みなと食堂」の魅力をご紹介していきます。

    記事の目次

    1. 1.八戸の「みなと食堂」は通も納得の絶品グルメぞろい!
    2. 2.八戸のみなと食堂は朝もランチも行列の人気店!
    3. 3.八戸のみなと食堂の「すごい人気メニュー」
    4. 4.八戸のみなと食堂で食べたい「おすすめのメニュー」
    5. 5.八戸のみなと食堂でおすすめの「郷土料理メニュー」
    6. 6.八戸の「みなと食堂」で絶品海鮮グルメを満喫しよう!

    店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

    八戸の「みなと食堂」は通も納得の絶品グルメぞろい!

    Photo by tecking

    みなさん八戸市をご存じでしょうか?八戸市は青森県の東部に位置し太平洋に面する市でもあります。そのため漁業が盛んで八戸港での水揚げ量は毎年全国でも上位に組み込むほどです。

    また青森県の海は、暖流と寒流がまじり合って海には魚の餌となるプランクトンがたくさん発生し、多くの魚が集まってくるため、青森県では様々な種類の魚介類を楽しめる飲食店が数多く並びます。今回はそんな漁業が盛んな青森の八戸市にある「みなと食堂」を紹介します。

    Photo by zenjiro

    「みなと食堂」は青森県八戸市にある海鮮丼や郷土料理を提供しているお店です。市場の近くにある為、常に新鮮な絶品海鮮料理を味わうことが出来ます。郷土料理も地元八戸の味付けに忠実で八戸の郷土料理を楽しむために来店しても損はありません。

    また朝6時からの営業にもかかわらず開店前から行列が出来るほどでランチの時間になっても行列は絶えません、もはや八戸市だけでなく青森県、東北地方を代表するほどのすごい人気のお店です。

    八戸のみなと食堂の基本情報

    Photo by rail02000

    「みなと食堂」の営業時間は6:00~15:00となっていますがラストオーダーは14:30の為注意が必要です。定休日は日曜日となっており、年末年始もお休みとの事です。営業している日に確実に行きたい場合は事前に電話で確認しておくと安心です。

    席数は12席でカウンターが8席とテーブルが4席となっています。すごい人気店ではありますが大勢が入れるような席数では無い為、大人数で行く場合は一度お店に連絡し、入店可能かどうか確認したほうが良いです。

    八戸のみなと食堂へのアクセス

    Photo by rail02000

    「みなと食堂」へ電車で行く場合は、八戸駅からJR八戸線の久慈行きか鮫行きに乗って「陸奥湊駅」の北口から降りて東に2分ほど歩いていくと着きます。電車は1時間に1本しか出てないませんので時刻表などはよく調べて向かうことをおすすめします。

    ちなみにバスの場合は八戸中心街から行くには乗り換えをしなければならないので、電車で行くほうが時間もかからず値段も電車のほうが安く済むことが多いです。そのためバスで行くことは諦めたほうが無難です。

    Photo byPexels

    車で向かう場合の駐車場はみなと食堂のすぐ隣「吉田金物店」の駐車場ナンバー2・4・7に3台分停めるスペースがあります。また陸奥湊駅北口からすぐ西側に有料駐車場があり40分100円から駐車することも出来ます。

    また周辺にはいくつも有料の駐車場があり市場や商店街などで賑わっているので、気になるところがあれば近くの有料駐車場に停めて観光しながらランチの時間に合わせて「みなと食堂」に向かっていくのも良さそうです。

    住所 青森県八戸市大字湊町久保45-1
    電話番号 0178-35-2295

    八戸のみなと食堂は朝もランチも行列の人気店!

    Photo bymojzagrebinfo

    「みなと食堂」は前述の通り朝6時の営業からランチの営業まで行列が絶えないすごい人気店となっています。また最近は全国放送のテレビなどでもよく取り上げられ、人気が爆発し今や東北を代表する海鮮丼のお店です。

    青森や東北などの旅行雑誌にもほぼ必ず載っているため青森に来たら必ず行くべきお店と言っても過言ではありません。人気店なので行列ができていますが食べたら並んでよかったと思えること間違いありません。

    Photo by yoppy

    行列が苦手な人でも受付表のところに待ち時間の目安が掲示されていて分かりやすかったり、順番が近づいたら受付表に書いた電話番号に連絡してくれるので、ずっと並んでいる必要は無かったりとストレスなく待つことが出来ます。

    八戸のみなと食堂の「すごい人気メニュー」

    Photo byWow_Pho

    ここからは「みなと食堂」のすごい人気のメニューを紹介していきます。市場の近くで常に新鮮な魚介類を仕入れて作っているため主に海鮮丼が人気です。また天然の魚を仕入れているため値段が変動しやすいですがそれも良いお店の証と言えます。

    ランチの時間でもがっつりと食べられるボリュームのメニューがたくさんあるので、たくさん食べたい方にも人気なメニューとなっています。

    平目漬け丼

    Photo byshyukar

    平目漬け丼は「みなと食堂」で一番人気で名物でもある看板メニューです。たっぷりの新鮮な平目が乗った海鮮丼が1000円で味わうことが出来ます。

    たれがしっかり染みた平目は濃厚でしっかりとした味わいで、朝でもランチでもガツガツ食べ進めてしまうほどの旨味があります。いつでも安定した味なので「みなと食堂」に来たら一度は頼んでおきたい一品です。

    後述の郷土料理のせんべい汁がセットになった「平目漬丼せんべい汁セット」もあり、こちらもお値打ちの1350円で味わうことが出来ます。また天然物の為、日によっては平目の入荷不足で平目とまぐろの漬け2点盛りになる事があります。

    漁師の漬け丼

    Photo byprincesshoei0

    漁師の漬け丼はカニ、ホタテ、イカ、タコ、甘海老、イクラ、マグロ赤身、サーモン、カジキマグロを使った海鮮丼です。時期によって具材に変動がありますがどの時期に食べても絶品ですので何度も頼みたくなる人気メニューです。

    せっかく青森に来たのだからいろいろな魚介を楽しみたいと言う方にはうってつけです。この海鮮丼1つ食べれば青森に来てよかったと思えること間違いありません。

    中央に卵黄が乗っており卵黄を崩して食べても絶品で、タレに漬けられた魚介と卵黄の組み合わせは想像するだけでお腹が減ってしまいます。ミニせんべい汁も付いてくるのでランチに食べてもかなり満足感があります。値段は2000円弱で日によって変動します。

    たっぷり生うに丼

    Photo by Kanesue

    次に紹介するのは「たっぷり生うに丼」です。ごはんの上にすごい量のトロッとしている甘くて濃厚なうにが乗った海鮮丼で、ウニ好きなら必ず食べたい人気メニューです。

    ウニは新鮮さが命で市販されるものは、死んでから時間が経っているため生臭さがあったり、保存や型くずれを防止するためにミョウバンなどが添加される為、食味・風味が劣ったりすることも多いですが「みなと食堂」は市場の近くにある為新鮮なウニが食べられます。

    こちらのメニューは7~8月限定メニューでこの時期にしか食べられず、しかも一日限定数しかないので早い者勝ちとなっているので遅い時間に行くと食べられない可能性が高いので注意が必要です。値段は3000~4000円で日によって変動します。

    八戸のみなと食堂で食べたい「おすすめのメニュー」

    Photo by Richard, enjoy my life!

    ここからは「みなと食堂」のおすすめメニューを紹介していきます。海鮮丼がメインのみなと食堂ですが、海鮮丼以外にも市場の近くにあることを活かしたおすすめのメニューがたくさんあるので要注目です。

    また限定数量で提供しているメニューも数多くあり、早い者勝ちとなっている為、どうしても食べたいメニューが見つかったら朝から並んでお店に行くことも計画しておくと安心です。

    日替刺身定食

    Photo by iandeth

    1つ目に紹介するのが「日替わり刺身定食」です。こちらはかなりすごい種類と量の刺身を味わうことが出来ます。時期によって刺身の内容なども変わるのでいつ食べに行っても海の幸を楽しむことが出来ます。

    市場から遠いお店では魚などの運搬でコストが掛かったりしますが「みなと食堂」は市場から近くにあるためコストが抑えられて量と種類と値段、どれをとっても他のお店とは一線を画すクオリティになっています。

    Photo by [puamelia]

    値段は800円という安さで、リーズナブルに海鮮を味わいたい方には絶対におすすめのメニューとなっています。定食なので朝でもランチでも食べやすいというのもおすすめなポイントです。

    今日の四合わせ丼

    Photo by Richard, enjoy my life!

    「今日の四合わせ丼」はその名の通り4種の魚介が乗った海鮮丼です。マグロ、ヒラメ、甘エビ、生ホッキ貝などが乗りますがその時の時期や仕入れによって変わることがあるので注意してください。

    どの具材が乗っていてもやはり新鮮な魚介ばかりなので素材の味を存分に楽しむことが出来ます。貝が苦手な人でも新鮮な物は甘味が違うので一度食べてみることをおすすめします。ごはんも酢飯では無いので魚介そのものをたくさん楽しみたい方にはぴったりの一品です。

    たくさんの具材が入って飽きが来ずに1400円とリーズナブルな為、「今日の四合わせ丼」を何度もリピートして頼んでいるお客さんも数多くいるそうです。ボリュームも満点なのでランチに頼んでも大満足間違いありません。

    ヒラメ、えんがわ半々漬け丼

    Photo by Richard, enjoy my life!

    ヒラメとエンガワを丼に半分づつ盛った「ヒラメ、えんがわ半々漬け丼」は名物の「平目漬け丼」も食べたいけど他のも味わってみたいという方にはうってつけの一品です。

    安定したタレの味付けもさることながら、エンガワの歯ごたえとほんのりとした甘さも加わって、この一杯ですごい満足感を得ることが出来ます。これだけのボリュームがありながら値段も1300円とリーズナブルです。

    こちらのメニューは限定5食とかなり限られているため、ランチの時間には売り切れになってることが多いそうです。必ず食べたいという方は朝から並んで注文する事をおすすめします。

    本まぐろ中落丼

    Photo by masterq

    中落ちとは骨の周りについた身のことをですが、魚の骨の周りの身は旨味があって美味しいとよく言われています。「本マグロ中落丼」はその名の通りこの旨味がたっぷりなマグロの中落ちをふんだんに盛った海鮮丼です。

    みなと食堂のマグロの中落は一般的にありがちな小さい身ではなく、かなり大振りの身でしっかりしていて旨味も絶大なので同じマグロでも全く別物と言っても過言ではありません。

    ただこちらのメニューは入荷した時だけ食べられる限定のメニューでランチの時間では常連の人でもなかなか食べられません。幻のメニューとも言われているので頼める機会があれば是非とも注文してみることをおすすめします。

    あんこうとも和え

    Photo by veroyama

    「あんこうとも和え」は茹でたアンコウの身と肝を味噌で合えた郷土料理です。あん肝の深い旨みが癖になる一品でお酒にもよく合うのでランチの時間に日本酒などを一緒に頼むのもおすすめです。

    あんこうのとも和えは身がメインのものが多いのですが、「みなと食堂」のあんこうのとも和えは皮のゼラチン質がすごい強く、かなり柔らかいのが特徴です。口に入れた瞬間に溶けると話題のメニューでもあります。

    Photo by hazy-moon

    あまり食べる機会がない料理なので「みなと食堂」に来たからには一度は注文してみることをおすすめします。知る人ぞ知る絶品珍味とも言われているため、あんこうのとも和えを「みなと食堂」で知って、ハマってしまう人も続出しているそうです。

    八戸のみなと食堂でおすすめの「郷土料理メニュー」

    フリー写真素材ぱくたそ

    ここまで様々な海鮮丼などの料理を紹介してきましたが、次からは「みなと食堂」おすすめの郷土料理メニューを紹介していきます。

    青森県八戸市には様々な郷土料理がありますが、やはり漁業が盛んなだけあって海の幸を使った料理が豊富です。せっかく青森に来たからには郷土料理を楽しみたいという方にはこれから紹介するメニューも是非堪能することをおすすめします。

    八戸せんべい汁

    Photo by yamakazz

    「八戸せんべい汁」は醤油味の鶏や豚の出汁でごぼう、きのこ、ネギ等の具材と共に南部せんべいを煮立てた汁物です。出汁を吸ったせんべいは「すいとん」の歯ごたえを強くしたような食感だそうです。

    他県ではあまり聞かない名ですが青森県内では約200店舗の飲食店が八戸せんべい汁を出しているほどで、料理の名前の通り八戸ではポピュラーな郷土料理となっています。

    B1グランプリで金賞を受賞している一品でもあり、まさに八戸を代表する郷土料理です。他のお店などでまだ八戸せんべい汁を味わっていないなら「みなと食堂」で味わっておくことをおすすめします。平目漬け丼とはセットにもなっているので頼みやすいです。

    いちご煮

    Photo by norio_nomura

    「いちご煮」はその名の通り果物のいちごを煮たもの、ではなくウニとアワビを具材にしたお吸い物です。熱したウニが野イチゴに似ていることからこの名前がついています。味付けは塩と少量の醤油だけのシンプルな料理です。

    シンプルゆえにアワビとウニの素材の味と海の風味を堪能することが出来る一品で、郷土料理100選で青森県を代表する郷土料理として八戸せんべい汁とともに選ばれたこともあります。

    八戸せんべい汁とは違い、あまり他のお店で見かけることも無い為「みなと食堂」に行ったら必ず食べておきたい一品です。また「みなと食堂」のいちご煮はふんだんにウニとアワビを使っているのでかなり贅沢に海の幸を味わうことが出来ます。

    八戸の「みなと食堂」で絶品海鮮グルメを満喫しよう!

    Photo byK2-Kaji

    八戸のすごい人気店「みなと食堂」のいろいろな種類メニューを紹介してきましたが気になったメニューは見つかりましたでしょうか。海鮮丼から郷土料理まで様々紹介してきましたがどれも「みなと食堂」でしか味わえない料理ばかりです。

    どの時期に行っても常にその時の新鮮な魚介を使っているので、青森県八戸市に来たなら季節を問わずいつでも行ってみることをおすすめします。気に入ったら時期を変えて行ってみて別のメニューを頼んで何回も味わってみてください。

    neurons
    ライター

    neurons

    こちらもおすすめ♡

    人気記事ランキング