岡山の牡蠣は絶品!食べ放題や直売所などおすすめグルメ情報をご紹介

岡山の牡蠣は絶品!食べ放題や直売所などおすすめグルメ情報をご紹介

冬の味覚「牡蠣」を食べるなら岡山県がおすすめです。岡山には牡蠣養殖場があり毎年多くの人が牡蠣を求めてやってきます。特に人気の直売所や飲食店は行列必須です。絶対に食べて欲しいお店をピックアップしましたのでぜひチェックしてください。

記事の目次

  1. 1.岡山で絶品牡蠣をたらふく食べよう!
  2. 2.岡山の牡蠣の2大産地
  3. 3.岡山・日生には牡蠣を使ったご当地グルメも!
  4. 4.牡蠣の旬はいつ?
  5. 5.岡山で絶品牡蠣グルメが味わえるお店
  6. 6.岡山で食べ放題で牡蠣が味わえるお店
  7. 7.岡山で牡蠣が買えるおすすめの直売所
  8. 8.岡山の牡蠣を味わい尽くす!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

岡山で絶品牡蠣をたらふく食べよう!

Photo by y_ogagaga

岡山県は牡蠣の養殖が盛んで毎年シーズンになると大勢の観光客でいっぱいになります。シーズンは11月~3月頃で、直売所では新鮮な牡蠣が安く購入でき、近くの飲食店では食べ放題が行われます。

名物の「カキオコ」は絶対に食べて欲しいグルメの1つで、人気店ともなると行列が絶えません。新鮮な牡蠣がたっぷり入っていてまさに絶品、岡山の冬を代表するご当地グルメです。

また、直売所周辺には食べ放題のお店がたくさんあり、焼き牡蠣や蒸し牡蠣などたらふく食べることができます。岡山の牡蠣は栄養がギュッと詰まった絶品牡蠣です。大きくてぷっくりした牡蠣は岡山ならの逸品です。

豊かな瀬戸内の海で育ったプリップリの牡蠣

Photo by Kentaro Ohno

そもそもなぜ岡山が牡蠣養殖の産地かというと、その土壌にあります。瀬戸内には大小さまざまな島があり、対流によって豊富な栄養分が集まってくるのです。結果牡蠣の身は大きく育ち、栄養が詰まった絶品牡蠣になります。

日本にはいくつか牡蠣の生産地がありますが、岡山県は全国で3番目の生産量を誇ります。豊かな土壌で育まれた牡蠣は加熱しても縮みません。よって食べ応え抜群で旨味が濃厚です。

そんな旨味が詰まったぷりぷりの牡蠣は焼いても蒸しても良し。ですがせっかく岡山に来たなら名物のカキオコはぜひ食べてください。やみつきになること間違いなしです。

岡山の牡蠣は1年で出荷できる

Photo bytigerlily713

岡山牡蠣の人気の秘密は出荷までの日数が他の生産地に比べて短いことにあります。栄養分が豊富な瀬戸内海ではおよそ1年で出荷可能に育ちます。臭みが少ないので牡蠣が苦手な人でも食べやすいため人気があります。

また岡山産の牡蠣は身がぷっくりとしていて大きく、白いのが特徴です。加熱すると縮みやすい牡蠣ですが、岡山産の牡蠣は縮みにくいので大きいまま食べることができます。

甘みがあり、焼き牡蠣にしても蒸し牡蠣にしても絶品です。身が縮まないのでカキフライやバター焼きもおすすめです。直売所に行くと殻付きのまま販売されるため旨味が逃げません。

岡山の牡蠣の2大産地

Photo by gtknj

岡山県でも牡蠣の養殖が盛んな場所は日生(ひなせ)と寄島(よりしま)になります。観光客が特に多いのは日生で、全国的にも有名な産地です。牡蠣祭りなども毎年行われます。

どちらも牡蠣の産地として有名ですが、日生は兵庫県と岡山県の境目あたり、寄島は広島県寄りに位置します。どちらも牡蠣の美味しさは絶品で、海の香りと濃厚な旨味が楽しめます。

日生も寄島もそれぞれ活気があり、シーズン中はいっぱいになります。本場の牡蠣が食べたい人はどちらともチェックしておくことをおすすめします。どちらでも食べ放題や絶品グルメが堪能出来ます。

「日生」

Photo by MORISHITA KIE

岡山の牡蠣といえば日生でしょう。全国から牡蠣好きが集まり、牡蠣祭りともなると朝から観光客でにぎわいます。日生は直売所横にBBQ設備が揃っているので絶品牡蠣がすぐ堪能出来るため若い人にも人気です。炭火で焼く牡蠣はジューシーで濃厚です。

日生の牡蠣は生産量も多く味も絶品です。瀬戸内の海流で育まれた牡蠣は大ぶりで味が濃厚です。臭みがないので子供も食べやすいのが特徴です。一人で50個も食べるツワモノもいます。

Photo by _temaki_

食べ放題のお店もたくさんあります。いわゆる「牡蠣小屋」と呼ばれるもので、シーズン中の土日は予約でいっぱいになります。確実に食べたいなら予約は忘れずにしておきましょう。

なお直売所ではお土産用の牡蠣も取り扱っており、郵送も可能です。殻付き牡蠣だけでなく剥き身牡蠣も販売しています。家でも絶品の牡蠣が味わえるとあってこちらも人気です。

「寄島」

Photo by omoon

日生に比べると知名度は落ちますが寄島の牡蠣も日生に負けず劣らず絶品です。寄島牡蠣といってプロの料理人にも大人気の牡蠣です。漁港に直売所があり、その場で殻打ち作業などを見ることが出来ます。試食も出来るのでお気に入りのお店を見つけるのもおすすめです。

寄島の牡蠣は味が濃厚で旨味が凝縮されています。養殖地には豊富なプランクトンが集まるため絶品の牡蠣に育ちます。ぷりっとして噛むとじゅわっと口に海の香りが広がります。

Photo by _temaki_

寄島では食べ放題の牡蠣小屋以外に牡蠣をふんだんに作った牡蠣料理が堪能出来ます。炊き込みご飯やお味噌汁など牡蠣尽くしです。新鮮なので臭みも一切ありません。

寄島牡蠣は料理人も唸るほどの美味さです。関西圏で有名な料亭が指名買いするほどの牡蠣なので牡蠣にうるさい人はぜひ一度食べてみてください。虜になること間違いなしです。

岡山・日生には牡蠣を使ったご当地グルメも!

Photo bycongerdesign

岡山の牡蠣の産地「日生」には絶対食べないと損をするご当地グルメが存在します。焼き牡蠣や蒸し牡蠣もいいですが、カキオコと味噌汁も日生では外せない鉄板ご当地グルメです。日生に来る観光客の大半はこのご当地グルメが目当てでもあるのです。

そもそも日生を一躍全国区にしたのもこのご当地グルメです。カキオコはここでしか味わえないと人気に火がつき、今では日生に来たらカキオコ!というほど浸透しています。

Photo by yoppy

なお人気店ともなれば昼前からすでに行列が出来るほどの人気っぷりです。寒い中並んででも食べる価値がある絶品お好み焼き、ぜひ本場岡山で味わってみてください。

変わり種ご当地グルメならカキフライソフトクリームがおすすめです。一見ミスマッチですが、意外に美味しいと密かに人気があります。ぜひチェックしてみてください。

「日生カキオコ」

Photo by Koji Horaguchi

カキオコは日生を代表するご当地グルメです。ぷりぷりの牡蠣がたっぷり入ったお好み焼きは日生ならではとなります。どこを切っても牡蠣が出てくるので牡蠣好きにはたまりません。岡山市内でも食べられますが日生で食べるのがやはりおすすめです。
 

日生地区にはおよそ20店舗のお店があり、どこも人気で昼過ぎに行くといっぱいです。町おこしの一環としてカキオコマップなるものが存在し、食べ比べをする人も少なくありません。

Photo by jetalone

どこのお店でも牡蠣がどっさりと入っているのに1000円前後という安さです。もちろん使用する牡蠣はその日仕入れた新鮮な牡蠣なので臭みもありません。まさに絶品カキオコです。

また、どのお店の店主さんも素敵な人ばかりで温かい気持ちになります。ついリピーターになってしまうのも納得してしまうほどです。ぜひお気に入りのお店を探してみてください。

「殻カキの味噌汁」

Photo by ivva

カキオコを食べたら殻カキの味噌汁もぜひ食べてみてください。「たまちゃん」という人気店で食べられる味噌汁で、殻付きの牡蠣が3個も入った豪華な味噌汁です。

殻付きの牡蠣は身が縮んでおらずぷりっとしています。3個も入っているのに550円というコスパ抜群の看板メニューです。身も絶品ですが汁には牡蠣の旨味が染み出しているので何杯でも飲みたくなります。今まで食べたことがないと絶賛されている味噌汁となっています。

たまちゃんはカキオコ人気ナンバー1のお店で、昼過ぎに行くと30名前後並んでいる超人気店です。しかし並んででも食べる価値があるおすすめのお店です。

住所 岡山県備前市日生町寒河1118
電話番号 0869-74-0222

「ひなせかき祭り」

Photo by gtknj

日生では毎年牡蠣づくしの「ひなせかき祭り」が開催されます。カキオコはもちろん、カキフライや牡蠣の炊き込みご飯など牡蠣をふんだんに使った絶品料理の数々が食べられます。他にも牡蠣むき体験も出来るので家族連れにもおすすめの祭りとなっています。

かき祭りは毎年2月の末ごろに開催されます。2020年は2月23日で朝8時~14時ごろまでとなります。とにかく人がいっぱいで混雑します。余裕を持って参加しましょう。

五味の市周辺で開催されますが周辺には駐車場はなく、シャトルバスが最寄り駅からピストン運行します。詳しくはホームページでチェックしてみてください。

住所 岡山県備前市日生町日生801-8
電話番号

牡蠣の旬はいつ?

Photo by uka0310

牡蠣の旬は2つあります。夏牡蠣と呼ばれる岩牡蠣は夏場に旬を迎え、5月~8月が最も美味しい時期になります。一方一般的に出回る真牡蠣は冬に旬を迎えます。夏場は産卵によって栄養もスカスカで旨味がありません。10月~3月が最も美味しい時期になります。

岩牡蠣は海女さんが潜って取る天然物が主流なので値段も高く、養殖はほぼありません。真牡蠣は養殖がほとんどで通常は種付けから2~3年ほどで出荷となります。

どちらも旬の時期には丸々とぷっくりしていて濃厚な旨味が味わえます。旬を逃すと味は一気に落ちるので出回ることも少なくなります。牡蠣は旬に食べるのが一番です。

岡山の牡蠣が解禁になるのは10月下旬

Photo by Sugaaaaa_LFLC

岡山の牡蠣は養殖物なので真牡蠣になります。よって旬は冬場になります。解禁になるのも10月下旬と決まっています。解禁になったばかりの頃はまだ身は小ぶりですが、旬のピークとなる1月~2月になると大きく食べごたえ抜群の牡蠣になります。

出始めも美味しいですが、やはりピーク時に食べるのがおすすめです。カキフライにしても、鍋にしても存在感があり、贈答品としても喜ばれます。

シーズンが終わる3月も十分大きく旨味が強いですが、だんだん味は落ちていきます。美味しく食べたいのであれば旬を逃してはいけません。ぜひ旬に絶品牡蠣を食べてみてください。

岡山で絶品牡蠣グルメが味わえるお店

Photo byolafBroeker

岡山県は食の宝庫です。海の幸、山の幸がふんだんで、美味しいものがたくさんあります。もちろん岡山名産の牡蠣もその1つです。日生や寄島以外でも絶品グルメを味わうことが出来るお店がたくさんあるのでぜひ訪れてみてください。

もちろんどのお店も新鮮な牡蠣を使っています。岡山自慢のぷっくりミルキー、ジューシーな牡蠣を思う存分堪能しましょう。オシャレなお店も多いのでデートにもおすすめです。

「ワイン食堂 天狗」

フリー写真素材ぱくたそ

岡山駅の近くに旬の食材をふんだんに使った創作料理のお店です。イタリアンやフレンチの技法を使った数々の料理はどれも絶品でワインとの相性も抜群です。

岡山を代表するブランド和牛「備前牛」や瀬戸内海で獲れた新鮮な魚介類をリーズナブルに味わうことが出来ます。女子会にもぴったりな優しい店内はゆっくりと過ごすことも可能です。

天狗では岡山自慢の牡蠣をソテーし、熟成牛の上に乗せた豪華な一品はまさに絶品です。ソースも牡蠣の旨味が溶け出し、一口食べれば口の中いっぱいに幸せが広がります。海と山、両方が味わえる冬の人気メニューとなっています。

 住所 岡山県岡山市北区丸の内1-13-11 坂本ビル1F           
電話番号 086-223-2033

「かき小屋 あおぞらキッチン」

Photo by _temaki_

とにかく牡蠣をお腹いっぱい食べたい人におすすめなのが「あおぞらキッチン」です。新鮮な牡蠣がいろんな形で食べることが出来るので牡蠣好きにはたまらないお店となっています。

また牡蠣小屋と銘打っているだけあって牡蠣は殻付きの大ぶりを用意しています。目の前でBBQのように炭火で焼いて食べる焼き牡蠣は絶品です。他にもカキフライや炊き込みご飯などがあり、どれも安くて美味しいのでお財布にも嬉しいお店となっています。

食べ放題ではありませんがいろんな料理がリーズナブルに食べたい人にはおすすめのお店です。岡山市内から車で30分以上かかりますが無料駐車場もあり安心です。

住所 岡山県岡山市南区片岡2468 岡山市サウスヴィレッジ内
電話番号 086-362-5501

「オサカナバル IL MARE 岡山本町店」

Photo by lilyfan

岡山駅から徒歩3分の場所にある「オサカナバル IL MARE」は新鮮な魚介類を使ったイタリアンのお店です。店内の雰囲気もよく、デートにもおすすめのオシャレなお店となっています。

イルマーレでは新鮮な大ぶりの牡蠣を使った料理が人気で、殻付きのままグリルしたメニューは何個でも食べられるほどです。他にもカキフライや生牡蠣も食べられるので牡蠣好きにはぜひ行って欲しいお店です。

白ワインと一緒に牡蠣料理が楽しめるのでワイン好きにもおすすめです。グルメも唸らせる自慢の牡蠣料理は冬が旬なのでこれからの季節にはぴったりです。

住所 岡山県岡山市北区本町7-11 アクロスキューブ岡山本町 1F
電話番号 086-212-2700

「ほり」

Photo by is_kyoto_jp

岡山の絶品グルメ「カキオコ」が食べたいならほりがおすすめです。ここはカキオコ発祥の地とされており、日生でも昭和37年から続く老舗中の老舗です。よって全国から多くのお客さんが連日集まるためいつもお店はいっぱいです。シーズン中の行列は覚悟しましょう。

ほりではカキオコ以外にも牡蠣をふんだんに使った絶品グルメがあります。鉄板焼きや牡蠣入りそばめしもおすすめなのでぜひ食べてみてください。大きな牡蠣がたっぷり入っています。

そしてどのメニューもビールによく合います。冷たいビールと熱々牡蠣グルメの組み合わせに間違いはありません。冬ならではのご馳走をぜひ堪能してください。

住所 岡山県備前市日生町日生886-5
電話番号 0869-72-0045

「果実酒酒場borracho」

Photo by june29

果実酒酒場と牡蠣が結びつかないという人もいますが、ボラーチョはイタリアンバルなので牡蠣を使ったメニューもたくさんあります。パスタも絶品ですが特におすすめしたいのがアヒージョで、お酒のおつまみにとっても合うお店イチオシの牡蠣グルメです。

また、ボラーチョは深夜まで営業しているので二次会、三次会にもおすすめです。そしてここでしか飲めない変わった果実酒は女性にも大好評となっています。

ボラーチョで使用している牡蠣は寄島産の大ぶりのもので、冬から産卵前までしか食べることが出来ません。シェフ厳選の自慢の牡蠣は果実酒にもぴったり合います。

住所 岡山県岡山市北区表町3-13-62
電話番号 086-230-0496

「加藤水産直送 いとう」

Photo by jetalone

加藤水産直送いとうは、岡山県の牛窓というところにあります。牛窓は日生や寄島同様に牡蠣の養殖地でもあります。その牛窓にある加藤水産から毎日直送で新鮮な海の幸を仕入れて提供しているのが「いとう」です。ここでは牡蠣尽くしの絶品コースが食べられます。

牡蠣尽くしは全部で九品で新鮮な牡蠣を使ったメニューが色々と並びます。蒸し牡蠣やカキフライ、海鮮牡蠣鍋、牡蠣茶漬けと内容もバラエティに富んでいて飽きがきません。

牡蠣以外にも備前牛や寒ブリなども食べられるとってもお得なコースとなっています。牡蠣もお肉も食べたい人におすすめの人気コースです。ぜひお試しください。

住所 岡山県岡山市北区本町8-15
電話番号 086-206-6008

「海鮮料理 磯」

Photo by eiko_eiko

海鮮料理「磯」は日生にあるお店で日生近郊で獲れる新鮮な魚が食べられる人気店です。牡蠣以外も食べられるので食べ放題に飽きたら磯に行ってみるといいでしょう。

磯では豊富な種類の定食メニューがあり、お得に色々と食べたい人にもおすすめです。シャコやカニも食べられます。一品料理も豊富なので、定食とセットで頼む人も少なくありません。

また磯では牡蠣小屋もあるので炭火で殻付き牡蠣を焼いて食べることも出来ます。シーズン中は多くのお客さんが牡蠣を求めてやってきます。ランチも営業しているのでお昼には店内はいっぱいになるため、少し早めの来店がおすすめとなっています。

住所 岡山県備前市日生町日生648-36
電話番号 0869-72-3777

「海賊亭」

Photo by ume-y

海賊亭は寄島で有名な海鮮食堂です。一年中新鮮な魚が食べられるのでいつ行ってもお客さんで賑わっていますが、中でも冬場は特にいっぱいになります。なぜなら冬場は寄島の牡蠣をふんだんに使った牡蠣グルメがリーズナブルに食べられるからです。

豊富なメニューの中でも一番人気なのが牡蠣づくし定食です。多くのお客さんはこの牡蠣づくし定食を目当てにやってきます。5種類以上の牡蠣料理が食べられて1480円になります。

他にも牡蠣クリームコロッケ定食や牡蠣天丼などもおすすめです。冬限定の牡蠣グルメなので全種類食べたい為に何度も通ってしまうリピーターさんも少なくありません。

住所 岡山県浅口市寄島町3024
電話番号 0865-54-2044

岡山で食べ放題で牡蠣が味わえるお店

Photo by _temaki_

岡山では牡蠣グルメだけでなく食べ放題のお店もたくさんあります。日生や寄島などの産地だけでなく岡山市内でも食べることが出来ます。車がないと産地に行くには不便ですが、市内なら公共交通機関を使って移動が出来るので安心です。

とにかく牡蠣をお腹いっぱい食べたい人は食べ放題を利用するのがおすすめです。牡蠣以外の食材もセットになっていたりするので飽きることなく食べ続けることも可能なのです。

牡蠣が大好きでたまらない人は必見、岡山でおすすめの食べ放題があるお店を紹介します。どのお店もリーズナブルなので気になる人はぜひチェックしてみてください。

「とれたて漁師の店 稲荷丸」

フリー写真素材ぱくたそ

稲荷丸は牡蠣漁師さんが経営するお店で新鮮な牡蠣が制限時間内なら何個でも食べ放題なのです。炭火でじっくり焼いた牡蠣はふっくらジューシーでいくらでも食べられる美味しさです。

なんといってもそのお値段に驚きです。稲荷丸さんでは2800円(大人)で食べ放題になります。制限時間は60分、最初の焼く時間はカウントされません。食べ始めからスタートになります。殻付きの牡蠣とご飯、お味噌汁がセットになります。

別メニューでカキフライやカレーなどもあるので子供連れのお客さんも少なくありません。11月ごろから営業が始まり、旬が終わる春ごろまで楽しむことが出来ます。

住所 岡山県瀬戸内市邑久町虫明3799-6
電話番号 0869-25-0918

「カキ食べ放題ガーデン」

Photo by yto

カキ食べ放題ガーデンは岡山駅前のため利便性がいいと人気のお店です。牡蠣だけでなく肉や野菜も食べ放題になり、値段は2000円からという超リーズナブルなお店となっています。

備長炭を使った七輪で焼いて食べるBBQスタイルで、コスパ抜群と若い人にも好評です。またこのカキ食べ放題ガーデンは自由度が高く、ドリンクも自分で作ることが出来ます。カクテルなども好みのものが作れるので常にお客さんでいっぱいです。

牡蠣のシーズンである冬になるとそれまで以上にいっぱいになります。よって週末などは予約しておくのがおすすめです。食べ放題の中でもクオリティの高さは抜群です。

住所 岡山県岡山市北区駅前町1-9-6
電話番号 080-1901-8905

「海の駅 しおじ」

Photo by is_kyoto_jp

岡山には道の駅がたくさんあり、それぞれの特色で人気です。海の駅しおじは日生にある道の駅で、新鮮な牡蠣が食べ放題になります。牡蠣は獲れたてを食べるのが一番美味しいのでまさにおすすめのスポットとなっています。

しおじではテーブル利用料1500円と牡蠣代が必要になります。バケツにいっぱいの殻付き牡蠣はおよそ50個入って3000円です。必要な道具は揃っているので手ぶらで楽しめます。

新鮮でお腹いっぱい食べることが出来るとあって地元の人にも人気のしおじはシーズン中結構混雑します。外で焼いて食べるので防寒対策もしっかりしておくと安心です。

住所 岡山県備前市日生町日生801-8
電話番号 0869-72-2201

岡山で牡蠣が買えるおすすめの直売所

Photo by fujitariuji

食べ放題もいいですが、家でゆっくり食べたいという人は直売所で牡蠣を買うのがおすすめです。新鮮な牡蠣が手頃なお値段で購入することが出来ます。殻付き、剥き牡蠣と選べるのも直売所ならではです。

直売所で買った牡蠣は家で自分好みに料理すれば食べ放題よりも満足出来ること間違いなしです。焼き、蒸し、カキフライ、牡蠣汁など自分だけのフルコースを楽しんでみてください。

食べ放題後にお土産用として購入するのもおすすめです。ただし直売所はシーズン中すごく混雑するので人気店になると昼過ぎには売り切れてしまうこともあります。

「五味の市」

Photo by ivva

直売所の中でも人気なのが五味の市と呼ばれる日生町漁協です。牡蠣だけでなく瀬戸内海の新鮮な海の幸も格安で購入出来るとあって地元の人にも人気の直売所です。牡蠣のシーズンになると観光客も押し寄せるので昼すぎに売り切れてしまうこともあります。

五味の市には100台停めることが出来る駐車場があります。牡蠣以外にも色々販売しているので見て周るのもおすすめです。魚もさばいてくれるので安心して購入可能です。

Photo by "KIUKO"

また、五味の市には一風変わった名物があります。それはカキフライソフトクリームなるもので、ソフトクリームにカキフライが2つ刺さったインパクト大のスイーツです。

食べる時に刺身醤油をかけて食べるという変わり種ソフトクリームですが、これが意外と美味しいと密かに人気の商品となっています。騙されたと思って一度ご賞味ください。

住所 岡山県備前市日生町日生801-4
電話番号 0869-72-3655

「伊里漁協真魚市」

Photo byPublicDomainPictures

子供連れにおすすめしたいのがこちらの真魚市です。ここは小豆島など近郊の漁師が新鮮な魚や牡蠣を下ろしているので朝早くから市場が開きます。

漁協からの直営なので必要経費がかからず安く新鮮な魚介類が買える人気市場です。真魚市ではマグロの解体ショーも行われるので子供に大人気となっています。

Photo by urasimaru

お目当ての牡蠣は殻付きで缶にいっぱい入って1000円という驚きの値段で販売されています。約30個入っていて1000円でいいのかと心配になる程お得です。

また制限時間10分で牡蠣の詰め放題というものがあります。値段も1000円と安いのでいつも多くのお客さんが挑戦しています。真魚市は穴場的な直売所なので一度行ってみる価値ありです。魚介類の他に野菜や果物なども激安で販売しています。

住所 岡山県備前市穂浪2837-5
電話番号 0869-67-0016

「寄島カキ直売所」

Photo by variationblogr

岡山牡蠣の産地、寄島の直売所もおすすめです。岡山牡蠣でも寄島はプランクトンが豊富な為、身が濃厚で料理人からも絶賛される程人気です。そんな寄島の牡蠣が安く買えるとあって多くのお客さんで賑わいます。

11月~3月のシーズン中のみ直売所が並び、新鮮な殻付き牡蠣を購入することが出来ます。試食に焼き牡蠣を食べさせてくれるのも人気の秘密です。

また、毎年2月(第一日曜日)には寄島のかきまつりが開催されます。まつりの日はシーズン中で最もお客さんがいっぱいになり大変賑わいます。

住所 岡山県浅口市寄島町13003-38
電話番号 0869-67-0016

「邑久町漁協直売所」

Photo by zaimoku_woodpile

道の駅黒井山グリーンパーク内にある直売所で、冬場のみ牡蠣の販売を行っています。新鮮な牡蠣だけでなく牡蠣の佃煮など加工品も販売しています。牡蠣を販売しない夏場は加工品の仕込みをしています。

特に牡蠣の佃煮はここの名物で、邑久町漁協女性部が丹精こめて作っています。ここでしか買えない限定商品の佃煮なのでぜひ購入してみてください。ご飯のお供にぴったりです。

住所 岡山県瀬戸内市邑久町虫明5165
電話番号 0869-25-1010

「児島漁協直売所」

フリー写真素材ぱくたそ

今回紹介している直売所の中では規模は小さいですが新鮮さは漁協ならではのお墨付きです。朝8時ごろに市場が開き、14時過ぎに終了してしまうため気になる人は早めに行きましょう。

牡蠣以外にも新鮮な瀬戸内の魚が豊富に揚げられ市場に並びます。購入した魚は無料でさばいてくれるのでさばけなくても問題ありません。

住所 岡山県倉敷市大畠1-1706-2
電話番号 086-479-9363

「JF岡山漁連 ふゅ~ちぁ~」

Photo byitou365

岡山の観光スポット「倉敷」の近くにも直売所があります。ふゅ~ちぁ~の直売所は活気があって見て回るだけでも十分楽しめると人気です。新鮮な魚や牡蠣の他に、岡山の海苔や干したこなども販売しています。

他にも岡山県内の特産品もずらりと並んでいるのでお土産はここで事足りてしまうほど充実しています。店内は大漁旗が飾ってあって迫力満点です。

住所 岡山県倉敷市児島駅前3-23
電話番号 086-473-2778

「寄島町漁協 浜のかあちゃん寄り道・寄島店」

Photo by ivva

寄島の牡蠣を安く買いたいなら浜のかあちゃん寄り道直売所がおすすめです。こじんまりとしていますが、新鮮な牡蠣がいっぱい販売されていて安いのが特徴です。穴場スポットでもあるので人ごみが苦手な人にはぜひ行って欲しい直売所となっています。

牡蠣の販売は1月~3月までと他に比べるとやや短めなので注意してください。シーズン中は毎週土曜日に朝市が開かれ多くのお客さんで賑わいます。寄島牡蠣が安く買えるのでぜひ足を伸ばして買いに行ってみてください。

住所 岡山県倉敷市玉島乙島50-4
電話番号 086-522-7001

「道の駅笠岡ベイファーム」

Photo by sunoochi

岡山県の人気道の駅「笠岡ベイファーム」も牡蠣の直売所として毎年多くのお客さんで賑わいます。1kgあたり800円と値段も手頃な上、寄島産とあって毎年飛ぶように売れます。牡蠣以外にも岡山の特産物が買えるので観光スポットとしても人気です。

毎年1月の末ごろには牡蠣祭りが開催されます。牡蠣の販売だけでなく牡蠣グルメも食べられるので非常に人気のイベントとなっています。無料試食もあるのでぜひ行ってみてください。

牡蠣祭りの日程はホームページにてお知らせがアップされます。牡蠣祭り限定メニューなどもあるので気になる人は要チェックです。売切れ次第終了なので来場時は早めがおすすめです。

住所 岡山県笠岡市カブト南町245-5
電話番号 0865-67-6755

「笠岡市大島美の浜漁協朝市」

フリー写真素材ぱくたそ

日生や寄島などの人気直売所に比べるとやや規模は小さいですが、朝早くから新鮮な魚が販売されシーズン中は牡蠣をお目当てに多くのお客さんがやってきます。

朝市は8時からで12時には終了してしまうので早めに行くのがおすすめです。早い方が鮮魚の種類も豊富で牡蠣もどっさりあります。終了間際になると売り切れていることもあるので注意してください。

こちらの直売所も地元の人がメインに訪れるので穴場です。とはいえあまり広くないのでシーズン中は賑わっています。

住所 岡山県笠岡市大島中1839-1
電話番号 0865-67-1009

岡山の牡蠣を味わい尽くす!

フリー写真素材ぱくたそ

岡山県は食材の宝庫なので一度は旅行に行きたい人気スポットです。特に牡蠣は絶品とあって毎年多くの観光客が産地まで出向きます。直売所ではスーパーでは到底買えないような安い値段で販売されており、贈答品として購入する人も少なくありません。

また、牡蠣を使ったご当地グルメも見逃せません。名物カキオコは食べないと損するほどの美味しさです。ぷりっとジューシーな岡山牡蠣は臭みがないので子供にもおすすめです。

冬に旬を迎える牡蠣ですが、栄養もギュッと詰まっているのでぜひ本場岡山で味わいつくしてみましょう。お気に入りのお店を見つけるのも牡蠣シーズンの醍醐味です。

中塚美和
ライター

中塚美和

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング