河口湖から富士山を望む!間近から絶景が楽しめる旅館やホテルは?

河口湖から富士山を望む!間近から絶景が楽しめる旅館やホテルは?

富士山の「お膝元」として誰もが知る河口湖には、一年中楽しめる絶景スポットが多数あります。また、旅館やホテルからも壮大な富士山や河口湖を楽しめます。観光で絶景を楽しんだあとに、富士山を望める大浴場でゆっくり疲れを癒せる旅館やホテルをご紹介します。

記事の目次

  1. 1.河口湖から「絶景の富士山」を眺めよう!
  2. 2.河口湖から富士山を望める「定番の撮影ポイント」8選
  3. 3.河口湖から「富士山を撮影するコツ」は?
  4. 4.富士山を望める「穴場スポット」4選
  5. 5.富士山を眺めるのにおすすめの「旅館・ホテル」7選
  6. 6.富士山を「季節の植物とともに眺めるスポット」2選
  7. 7.河口湖から美しい「富士山」をじっくり見よう

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

河口湖から「絶景の富士山」を眺めよう!

Photo by hogeasdf

河口湖は、富士山世界遺産構成資産に登録されている富士山の5つの湖の中で、一番長い湖岸線を持ちます。富士五湖の中でも素早く観光開発が行われた地で、古くから観光スポットして栄えてきました。

富士山を望む雄大な景色はもちろんのこと、湖畔には春夏秋冬その季節によって楽しめる絶景ポイントがたくさんあります。

山梨県の河口湖へのアクセス

Photo byTorfi007

東京や名古屋、長野や山梨県内から河口湖へのアクセスとしておすすめなのは、JR「大月駅」経由です。JR中央本線を利用し、「大月駅」で富士急行へ乗り換えて「河口湖」で下車します。「山梨市駅」からなら切符運賃は1161円で、乗り換えが1度なので便利です。

富士急行バスを利用すれば、甲府や石和温泉、御殿場などからバスでもアクセスできます。東京や大阪、名古屋から河口湖へ向かう高速バスもあります。

車でお越しの際は、山梨市駅から県道216号線などを利用して、約50分ほどで「河口湖」に到着します。高速の場合は河口湖ICから向かいます。ホテルや旅館によっては駅からの無料送迎サービスもありますので、公共交通機関を使用した方が便利な場合もあります。

河口湖から富士山を望める「定番の撮影ポイント」8選

Photo bycongerdesign

河口湖から眺める富士山は、誰もが一度は見たい絶景です。絶景を目の前にしたら、思い出としてカメラに残したくなります。そんな絶景を最高のポイントで撮影できる定番の場所があります。まずは、定番のスポットをご紹介します。

河口湖大橋

Photo by bryan...

美しい景観をもつ道路として日本の道百選にも選ばれた「河口湖大橋」は、富士五湖の一つである河口湖の湖上を横断しています。歩道もある橋なので散歩にも最適です。1971年4月から利用が開始され、2005年6月まで通行は有料でした。現在は無料です。

甲府方面から河口湖大橋にさしかかると、天気の良い日には大きな富士山がきれいに見えます。河口湖も見渡せるので、ゆっくり歩きながら大自然を感じるお気に入りの一枚を見つけて下さい。

「河口湖大橋」は河口湖駅から河口湖周遊バス(Red line)で、約16分です。八木崎公園経由は、約21分です。徒歩でも行けます。約30分(2.4キロメートル)ですので景色を楽しみながら歩くこともおすすめです。

河口湖の遊覧船「アンソレイユ」

Photo by hsuyo

河口湖遊覧船「アンソレイユ号」は、河口湖駅より徒歩10分の河口湖畔船津浜に乗り場があります。フランス語で「日当たり良好」と言う意味を持つこの船は、船内に3つのスペースがあります。1階の船内客室はテーブルとソファーを設置し、リラックスしてクルージングを楽しめます。

2階席はデッキスペースとなっており、雄大な富士山やパノラマビューを楽しめます。1階後方スペースはテント張りの屋根付きで、車椅子でお越しの際もこちらのスペースはバリアフリーで安心です。ペットと一緒に乗船もできます。ペット乗船料200円で、必ずペット用ケージが必要です。

船尾には「幸せの鐘」があり、待合室にはアイスなどの自動販売機があります。360度のパノラマビューでお気に入りの一枚を見つけて下さい。河口湖駅から路線バスで約5分、河口湖遊覧船前下車です。

住所 山梨県南都留郡富士河口湖町船津4034
電話番号 0555-72-0029

留守ヶ岩

Photo by hsuyo

富士山の絶景が眺められる「留守ヶ岩(るすがいわ)」は、釣りのスポットとしても人気です。「留守ヶ岩」の名前の由来には、「まんが日本昔ばなし」でも放送された悲しいストーリーがあります。

対岸の勝山村の若者と大石の娘(おるす)が恋仲になり、毎夜タライ船に乗って、名もないこの岩の上で火を灯して待つ娘と会っていました。荒れ狂う嵐の夜、目印の火が消え、船は荒波にもまれ湖底に沈んでしまいます。

その後も娘は毎夜この岩の上で待ち続けましたが、会う事が出来ず、若者のあとを追ってしまいました。それ以来、この岩は「留守ケ岩」と呼ばれています。由来を知り訪れてみると、いつもと違う景色が見えるでしょう。留守ケ岩は、河口湖駅からレトロバスにて「自然生活館」下車徒歩15分です。

長崎公園

Photo by hogeasdf

「長崎公園」は、大石公園と河口湖美術館の間にある小さな公園です。公園といっても、車が一台通れる一方通行の道があるほどです。この道に沿ってソメイヨシノが並んでいます。形の整った枝もあるので、「富士山と桜」を撮影する場所として人気のあるスポットです。

「長崎公園」を出てトンネル出口から大石公園の方へ歩くと、サイクリングロード沿いに枝垂桜や河津桜など様々な桜の木があります。開花時期がずれるため比較的長い間桜を楽しめるポイントです。

「長崎公園」は、河口湖美術館から県道21号線を西湖方面に向かい「広瀬」という交差点の先にトンネルがあります。そこを左に入る細い道からが「長崎公園」です。桜の木の種類ごとに富士山と撮影しても素敵です。

河口湖・富士山パノラマロープウェイ

Photo by othree

「河口湖」 富士山パノラマロープウェイは、あの名作「かちかち山」の舞台です。 物語にちなんでロープウェイのゴンドラの上や展望台などに、たぬきやウサギの人形が飾られています。天上山(カチカチ山)山頂まで約3分ほどです。

標高1075メートルの展望台からは360度のパノラマで富士山や河口湖を望めます。施設も充実しており、「天上の鐘」や「うさぎ神社」などがあります。

天上山には縁結びの神様として有名な磐長(いわなが)姫命と、美と富士山の神様として知られる木花開耶(このはなのさくや)姫命の姉妹二神が祭られています。

Photo byPicsues

無料駐車場がある事も嬉しいです。ロープウェイの料金は、往復大人900円(小人450円)ですが、お得なセット券として「ロープウェイ往復+遊覧船」大人1600円(小人800円)などのセット券も充実しています。販売場は河口湖駅と河口湖遊覧船です。

営業時間は、通常9:00~17:00までですが、連休やお盆、年末年始などの繁忙日は、営業開始の繰り上げや延長営業を行います。冬期12月1日~2月28日は9:30~16:30までです。

ロープウェイのある天上山は、雄大な富士山と河口湖を正面に見ることのできる最高の場所です。また峠の茶屋をイメージした「たぬき茶屋」があります。「たぬき団子」などをはじめ、お土産も揃えています。お団子片手に絶景を楽しんでください。

天上山の頂の「公園」もおすすめ!

Photo byJACLOU-DL

天上山公園は、河口湖の東岸船津の浜が入り口となっています。ハイキングコースも整備されており、夏にはあじさいを、秋は紅葉を楽しみながら40~50分程で天上山公園まで登ることができます。そして高低差220mを3分で結ぶロープウェイもあります。

ハイキングコースは「あじさいハイキングコース」と呼ばれており、7月中旬から8月まであじさいを楽めます。例えば、行きの片道をロープウェイで上り、帰りは山道を下りて行く事も可能です。

途中にある「ナカバ平展望広場」は、富士山の絶景ポイントとなっており、ベンチやトイレがありますので休憩にもぴったりです。展望台があり、河口湖を上から眺められます。裾野まで広がる富士山を一望できるスポットです。河口湖駅から徒歩約10分です。

住所 山梨県南都留郡富士河口湖町浅川1163-1
電話番号 0555-72-0363

産屋ヶ崎

フリー写真素材ぱくたそ

「産屋ヶ崎」は、河口湖大橋のたもとから富士山を眺める事ができる、パンフレットやガイドブックなどでも良く見かける有名なポイントです。河口湖から見る富士山の象徴的な絶景です。

この場所が一躍有名になった逆さ富士(倒富士・さかさふじ)は、写真家の岡田紅葉が発表した作品です。逆さ富士の名所といえば「産屋ヶ崎」、といわれるまでになりました。そんな逆さ富士を撮影できるポイントとなれば、是非訪れたいものです。お天気の良い日に、立ち寄ってみて下さい。

「産屋ヶ崎神社」からの眺めもおすすめ!

Photo bysayama

産屋ヶ崎の岬の上には「産屋ヶ崎神社」があります。それほど目立たない存在ですが、高台から富士山と河口湖を眺めることができる由緒ある神社です。産屋ヶ崎に立ち寄られた際には是非参拝してください。

「産屋ヶ崎神社」の高台から、逆さ富士の撮影に挑戦してみてはいかがですか。富士山の象徴ともいわれる逆さを自分で撮影できれば、最高の思い出になります。

「産屋ヶ崎」は、河口湖駅から河口湖周辺バスにて約16分です。八木崎公園経由だと約21分程です。「湖山亭うぶや前」下車徒歩約5分のところにあります。徒歩でも約30分程で行けます。時にはのんびり歩きながら向かうのも良いのではなでしょうか。

河口湖駅

Photo by Kanesue

河口湖駅は、富士急行線の終着駅です。河口湖は目の前で、河口湖駅からも雄大な富士山を見ることができます。また、河口湖駅内にあるカフェ「ゲートウェイフジヤマ」では「信玄ソフト」や「吉田のうどんたいやき」などのスイーツや、お土産を購入できます。

7月から始まる富士登山シーズンは、毎年多くの登山客で賑わっています。河口湖駅へは、複数のアクセス方法があり、都心からは電車やバスでも約2時間ほどで到着しますので、是非一度足を運んで下さい。ホテルや旅館の送迎もあります。

住所 山梨県南都留郡富士河口湖町船津3641
電話番号 0555-72-0017

忍野八海

Photo by Nao Iizuka

「忍野八海(おしのはっかい)」は、世界文化遺産「富士山」の構成資産のひとつです。江戸時代には、富士山に入山する前、身を清めるために訪れる巡礼地とされていました。

富士山を水源とする8つの湧水池、「出口池」「お釜池」「底抜池(そこなしいけ)」「銚子池」「湧池(わくいけ)」「濁池(にごりいけ)」「鏡池」「菖蒲池」のことを言います。「忍野八海」は、富士山信仰の巡礼地だったため、一番霊場から八番霊場まで禊(みそぎ)の順番が決まっています。

この順番に沿って巡るルートは絶景なだけでなく、そこにある歴史や思想も一緒に感じる事で、より強いパワーをもらえます。それぞれの池には「八大竜王」が祀られ、池のそばにある石碑には和歌と共に竜王の名前が刻まれています。

Photo by MACHIDA Hideki

「忍野八海」は、富士山に降り積もる雪解け水が、地下の不透水層で数十年の歳月をかけ、澄み切った水となり出来た池です。美しく神秘的な水面に四季折々彩られた富士を映しこんだ姿は絶景です。

世界文化遺産、富士山の構成資産の「忍野八海」で池に映り込む富士山をポイントに是非撮影してください。また一味違う絶景が写せます。「忍野八海」は山中湖ICから約5分の場所にあります。

住所 山梨県南都留郡忍野村忍草239-3
電話番号 0555-84-4221(忍野村観光協会)

河口湖で桜と富士山のコラボを堪能!見頃やおすすめの名所を紹介のイメージ
河口湖で桜と富士山のコラボを堪能!見頃やおすすめの名所を紹介
富士五湖の1つとして知られる河口湖ですが、実は周辺には桜の名所が多くあるのをご存知でしょうか。この記事では河口湖周辺にある桜の絶景スポットや、イベントについて詳しくご紹介します。河口湖、桜、富士山の贅沢コラボレーションは一見の価値ありです。
河口湖と富士山の絶景は富士山パノラマロープウェイから楽しもう!料金や営業時間?のイメージ
河口湖と富士山の絶景は富士山パノラマロープウェイから楽しもう!料金や営業時間?
河口湖と富士山は、言わずと知れた人気観光スポットです。河口湖畔から天上山を結ぶ「~河口湖~富士山パノラマロープウェイ」は河口湖と富士山を一度に楽しめる絶景スポットです。ロープウェイ山頂での楽しみ方と山頂の天上山が舞台のカチカチ山にまつわるお話をご紹介します。

河口湖から「富士山を撮影するコツ」は?

Photo by revelyrist

ここまで色々な絶景の撮影ポイントをご紹介してきました。実際に撮影する際は、河口湖からどんな富士山を撮影したいのか、季節などを考慮し、テーマを決めてその時々で撮影場所を選ぶことが大切です。春は桜と、夏はあじさいと、などと考えると一年中楽しめます。

大切なことは楽しみながら、自分らしいものが撮れたら最高なのではないでしょうか。高性能なカメラでプロ顔負けの一枚も素敵ですが、スマートフォンで何気なく撮影した一枚も良いものです。

河口湖は標高830mの位置にあります。そのため、東京と比べると年間を通じて平均気温が5~6度低くなります。特に冬場の寒さは厳しくなり、12月~3月の最低気温はマイナスとなるので、防寒対策を忘れずにお出かけください。

富士山を望める「穴場スポット」4選

Photo byKanenori

富士山は、有名な観光地なのでその写真は数知れず、たくさんの人達が撮影しているため、同じような写真が多いと感じる事もあります。ここからはそんな方にとっておきの「穴場スポット」を4か所ご紹介します。自慢できる絶景が撮れる事間違いないです。

八木崎公園

フリー写真素材ぱくたそ

河口湖南岸に広がる「八木崎公園」は、ハーブやたくさんの花が栽培されている美しい公園です。6月~7月に行われる「河口湖ハーブフェスティバル」のメイン会場となります。

フェスティバル期間中は紫色のラベンダーが咲きほこる中、夜はライトアップされ、花火の打ち上げとジャズバンドの演奏などを楽しめます。富士山はリニューアルした丘の上から綺麗に見えます。芝生の広場で富士山の撮影ができる絶景ポイントです。

「八木崎公園」は、河口湖駅よりレトロバス西湖、青木ヶ原線に乗り約12分です。「八木崎公園」で下車し徒歩約1分です。河口湖駅から徒歩だと約30分で到着します。入館、入園料は無料です。お問い合わせは「富士急行線観光課」までお願いします。

住所 山梨県南都留郡富士河口湖町小立897-1
電話番号 0555-72-3168

うの島

Photo by SARUSUKEY

「うの島」は、町の重要文化財に指定されている河口湖に浮かぶ富士五湖、唯一の無人島です。島には鸕鷀嶋神社(うのしまじんじゃ)があり、弁財天、通称「島の弁天」が祀られています。毎年4月25日には、鸕鷀嶋神社例大祭が行われる神秘的な場所です。

そんな神秘的で魅力いっぱいの撮影ポイント「うの島」は、湖岸から500メートル程の距離にあり、島に繋がる橋などはありません。4月25日の例大祭の日のみ、大石地区から船が往来しますが、通常は島に渡るには、ボートやカヌーなどで自ら漕いで行きます。

神秘的な場所での撮影となると、少し自慢できるような絶景の一枚が撮れるのではないでしょうか。レトロバス西湖青木ヶ原線の「冨士御室浅間神社」で下車すると、周辺に貸しボート屋があります。

住所 山梨県南都留郡富士河口湖町大石2584
電話番号 0555-72-3168

シッコゴ公園

Photo by ys*

「シッコゴ公園」は、河口湖の南側にある冨士御室浅間神社近くの自然公園です。春の流鏑馬神事(やぶさめしんじ)の舞台となる公園で、公園から湖へと続く道は富士山から流れ込んだ熔岩で形成されており、湿原の様に見えるその地形から「シッコゴ公園」と名付けられました。

勝山やぶさめ祭りは、河口湖にある冨士御室浅間神社の流鏑馬神事で、平安時代にさかのぼります。戦国武士の勇壮な伝統を伝える歴史あるお祭りです。太鼓の合図で、砂煙を上げて疾走する馬から射手が的をめがけてかぶら矢を射る戦国時代のような迫力ある光景は圧巻です。

Photo byTakashi_Yanagisawa

季節によってはコサメビタキなど夏鳥が渡ってきたり、いろいろな鳥に会えたりするので、鳥好きの人には特に良い撮影ポイントです。天気が快晴のときには、富士山が大きく見えます。

「シッコゴ公園」は、河口湖駅から西湖周遊バス(Green line)にて約16分です。富士御室浅間神社バス停下車すぐです。

住所 山梨県南都留郡富士河口湖町勝山3867-4
電話番号 0555-72-3168(富士河口湖町観光課)

オルゴールの森近くの遊歩道

Photo by Kanesue

「オルゴールの森」の近くにある遊歩道も、富士山を望める穴場スポットとしておすすめです。遊歩道は、「オルゴールの森」から河口湖北中学校と、河口美術館までの道で、とてもきれいに整備されているため、散策を楽しむ人が絶えない遊歩道です。

特に「オルゴールの森」あたりからの富士山は、河口湖大橋とのバランスも美しい絶景ポイントとなっています。目の前に広がる壮大な河口湖と富士山に見とれてしまうほどの絶景が望めます。爽やかな風に吹かれ、ゆっくりとした時間を過ごせます。

遊歩道へは、河口湖駅から河口湖周遊バスで約19分の「河口湖オルゴールの森美術館」下車、徒歩約3分です。八木崎公園経由なら約24分です。河口湖駅から3.5キロあるので、徒歩だと少し遠いです。

富士山を眺めるのにおすすめの「旅館・ホテル」7選

Photo by 水上温泉水上館

河口湖にはたくさん観光地があるので、せっかく足を運んだなら、やはり日帰りではもったいない、という方は必見です!お部屋やお庭から富士山が眺められる旅館やホテルもあります。時には、少し贅沢な時間を過ごしてみるのはいかがでしょうか。

湖山亭うぶや

Photo by hogeasdf

「湖山亭うぶや」は、宿泊客の大切な日の思い出作りにスタッフみんなで取り組むなど、心温まるサービスに定評があり、家族やカップルで楽しめる旅館です。

「湖山亭うぶや」は、お部屋はもちろん、温泉やラウンジなど、館内どこからでも富士山を眺めて過ごすことができる数少ない旅館です。富士山を眺めながら温泉に浸かるとは、こんな贅沢はありません。日々の喧騒を忘れ、ゆっくりとした時間を過ごしてください。

お食事は、旬の食材を使った懐石料理や自家製のつゆだしで味わうしゃぶしゃぶなど、四季折々の料理を提供しています。お部屋は和室や露天風呂付など様々です。どのお部屋でも富士山が望めますので、特別な気分で休める旅館です。

住所 山梨県南都留郡富士河口湖町浅川10
電話番号 0555-72-1145

富士河口湖温泉郷の ホテル「風のテラスKUKUNA」

Photo by pang yu liu

ホテル「風のテラスKUKUNA」は、三つのテーマに沿ったリゾートホテルです。一つ目は「明るさと希望」、二つ目は「自由と開放感」、三つ目は「幸福と健康」です。「KUKUNA」とは、遥か異国の楽園で日の光を意味しています。これだけで訪れたくなるホテルです。

最上階にある「天空に浮かぶ温泉施設 グランドスパ」は、お風呂の外縁を湖の景観に溶け込ませることで境目をわからないようにするインフィニティ設計により、湖との一体感が味わえます。

ホテルには三つのテーマのテラスがあり、好みにあった時間が過ごせます。そして、旬の食材をシェフが目の前で調理する鉄板焼きスタイルのレストランでは、大きなガラスの窓から富士山が望め、ラグジュアリーな空間が広がります。

住所 山梨県富士河口湖町浅川70
電話番号 0555-83-3333

河口湖パークホテル

Photo by Pai Shih

「河口湖パークホテル」は、湖畔へ徒歩1分の山小屋風のホテルです。リニューアルしたロビーには暖炉があり、オシャレで温かい雰囲気が人気です。お部屋は、和室と洋室、和洋室、和室特別室、和洋室特別室の5つがあり、どのお部屋もゆっくりとくつろぐ事ができます。

お料理は、板前が一品ずつ心を込め季節の食材を丁寧に仕込み、こだわりの食材を提供する和会席です。山梨県の甲州ビーフや、ワインポークなどが付いたコースもあります。また、朝食も目が覚めるほどの美しさで、一日の始まりを華やかに彩ってくれます。

目の前が湖畔で富士山がきれいに見えます。もちろんお部屋からも望めます。「河口湖パークホテル」は、河口湖駅からレトロバスにて、ハーブ館前下車徒歩3分です。

住所 山梨県南都留郡富士河口湖町船津6713-6
電話番号 0555-72-0222

湖南荘

フリー写真素材ぱくたそ

「湖南荘」は、河口湖駅より徒歩約10分の場所にある天然温泉が楽しめる人気の旅館です。館内は、様々な場所から富士山や河口湖を眺望できます。 富士山側と河口湖側に設置された客室には、露天風呂付き客室やフラットルームなどもあります。

夕食は4名様まで客室で用意されるのも、旅館ならではの嬉しいポイントです。5名様以上は料亭個室にてご用意です。朝食はブッフェ会場です。

屋上からは、目の前に広がる河口湖と富士山などの絶景を一望できます。貸切り露天風呂や天然温泉の足湯、望遠鏡があり、旅館らしいやすらぎの時間を過ごせます。「湖南荘」は、河口湖駅から徒歩約10分で、15時以降は無料送迎があります。

住所 山梨県南都留郡富士河口湖町船津4020-2
電話番号 0555-72-2166

ラビスタ富士河口湖

Photo bydjedj

「ラビスタ富士河口湖」は、河口湖畔から少し山を登った傾斜地にある、プロヴァンスの城塞をコンセプトにしたホテルです。見晴らしはもちろん、岩や石などの素材にこだわり、重厚感ある館内から見下ろす河口湖に、日本が世界に誇る富士山が望めます。

景色や雰囲気だけでなく、プロヴァンスの歴史や伝統も踏まえて作り上げた「ラビスタ富士河口湖」は、四季折々の花や緑、アイアンワークなど、ここでしか味わえない時間が過ごせます。

最も富士山と河口湖に近い位置にあるのが大浴場です。絶景と共に天然温泉が楽しめます。露天風呂では、さらに間近で望め、山や湖からの風も感じることができます。富士山を望みながらの露天風呂は時を忘れさせてくれます。事前予約すれば、河口湖駅より無料送迎があります。

住所 山梨県南都留郡富士河口湖町河口2395
電話番号 0555-76-5220

湯けむり富士の宿 大池ホテル

Photo by hsuyo

1階と2階の共用スペースをリニューアルし生まれ変わった「大池ホテル」は、盆栽や格子といった日本の伝統を織り込み、和モダンを基調とした非日常的な寛ぎの空間を演出し、旅館ならではの温かさにホッと一息できる宿泊施設です。

おすすめは最上階5階にある富士展望の大浴場です。目の前に広がる富士の峰を見上げる河口湖温泉での眺めは格別です。まさしく日本一の絶景に包まれながら、優雅な時間をお過ごしください。

そして露天風呂では珍しいジャグジー風呂や陶器風呂など、お風呂が自慢の庭園露天風呂と、内風呂は24時間利用可能な事もうれしいポイントです。ゆっくり「温泉めぐり」を楽しめる旅館です。

住所 山梨県南都留郡富士河口湖町船津6713-103
電話番号 0555-72-2563

山梨県 富士河口湖温泉・リゾートホテル 富ノ湖ホテル

Photo by hogeasdf

河口湖の北岸にある富士山と河口湖のビューポイントに佇む「富ノ湖(とみのこ)ホテル」は、客室をはじめ館内の至る所から、富士山と河口湖の美しい景観を一年中楽しめます。リーズナブルな料金で気軽に利用できるリゾートホテルです。

食事は夕食、朝食共に和洋のバイキング形式で、バラエティー豊かな料理が食べ放題です。レストランからは河口湖の夜景を眺められます。また「霊水の湯」を引いた柔らかな泉質の展望大浴場では、もちろん壮大な富士を眺めながら入浴できます。

「富ノ湖ホテル」の魅力は何といっても眺望です。晴れた穏やかな日には名物「逆さ富士」も望めますので楽しみです。「富ノ湖ホテル」は、河口湖駅からうぶや前バス停下車で、徒歩1分です。

住所 山梨県南都留郡富士河口湖町浅川55
電話番号 0555-72-5080

河口湖で温泉を満喫!絶景も一緒に楽しめるお宿やホテルは?のイメージ
河口湖で温泉を満喫!絶景も一緒に楽しめるお宿やホテルは?
人生で、一度はその姿を見てみたいのが、富士山です。その富士山が、富士五湖の中でも、一番美しく見えるといわれる河口湖周辺には、美しい景色と温泉を楽しめる宿が点在しています。今回は、河口湖で人気の日帰り温泉施設、景色も温泉も満足できるホテルや宿をご紹介します。

富士山を「季節の植物とともに眺めるスポット」2選

Photo by KeroroTW

河口湖の周辺には富士山を眺めるスポットがたくさんあります。その中でも季節ごとに楽しめる絶景スポットをご紹介します。春夏秋冬いつでも訪れたくなること間違いありません。

もみじ回廊

Photo by veroyama

「もみじ回廊」は、河口湖美術館通りに古木のもみじが約60本並ぶスポットです。11月1日~23日まで、この回廊をメイン会場に富士河口湖紅葉まつりが行われ、周辺では飲食やお土産などの出店もあります。期間中は22時までもみじがライトアップされて大変賑わいます。

目の前に富士山も望め、紅葉と富士山のコラボレーションは圧巻です。イベント期間中の週末は非常に混雑しますので、午前中の早い時間か週末をさけることがおすすめです。ゆっくり湖畔なども散歩しながら四季を感じて下さい。

紅葉の季節に訪れた際は、是非お立ち寄りください。その時だけの絶景の富士山が見られます。「もみじ回廊」は、河口湖周遊バスで約21分「久保田一竹美術館」で下車、徒歩1分です。

住所 山梨県南都留郡富士河口湖町河口
電話番号 0555-72-3168

大石公園

Photo by ururun4412

河口湖北岸の大石地区にある「大石公園」は、湖と富士山の両方を一度に眺めることができる絶景スポットです。湖畔の遊歩道に沿って四季折々色々な花が咲き、天気の良い日には、富士山をバックに湖と花の写真が撮影できます。

地元の大石観光協会が運営する農産物直売所があり、新鮮な野菜を購入できるほか、地元産の刺身こんにゃくや、酵母パンなども大人気です。営業時間は、夏季9:00~16:00まで、冬季は9:00~15:00です。商品などの状況で早めに閉店することもあります。定休日は不定休です。

「大石公園」は、季節ごとに咲きほこる花と目の前に広がる河口湖、そして雄大な富士山が見える風景は息をのむほどの絶景です。天気の良い日は是非、お子様と一緒に出掛けてはいかがですか。

大石公園の「花街道」もおすすめ!

Photo by ururun4412

「大石公園」には、西側に伸びる全長350メートルの「花街道」があります。季節を通して色とりどりの花を楽しむことができ、花街道の先には夏から秋にかけてコキアが一面に広がり、その先に見える富士山との景色は絶景で、人気の撮影スポットです。

無料の駐車場があり、自転車やオートバイの休憩場所としても人気のスポットです。遊具のあるエリアがあり、ブランコやすべり台なども楽しめ子供たちの遊び場にもなっています。富士山を眺めながら花が咲く遊歩道を散歩すると、癒されます。

「大石公園」は、河口湖駅よりレトロバス河口湖線に乗り、終点「自然生活館」下車すぐです。富士山と河口湖が望める素晴らしい公園です。お問い合わせは、河口湖自然生活館へお願いします。

住所 山梨県南都留郡富士河口湖町大石2585-2
電話番号 0555-76-8230

河口湖から美しい「富士山」をじっくり見よう

Photo byoadtz

河口湖の面積は山中湖の次に大きいとされ、周辺には、観光スポットや絶景スポットなどがあり、四季折々の景色を一年中楽しめる場所です。

散歩しながら咲き誇る花々と共に富士山を眺めたあとは、旅館やホテルの温泉で富士山を眺めてゆっくり疲れを癒してはいかがでしょうか。大きな窓から見える河口湖や富士山を眺めながらの食事など、自分にあったプランを考え、河口湖から富士山を眺めるルートで旅をしてみるのも素敵です。

sugar.73
ライター

sugar.73

こんにちは。健康や美容がますます気になる40代女子です。ワンの里親になり命の大切さを動物たちから教わる日々を過ごしています。食べることも作る事も好きで、人間はもちろんワンたちの食事もヒューマングレードを心がけ、健康は食事からと思う健康オタクです。動物大好き、ディズニー好き、スノーボードや野球観戦が好き、最新ファッション、コスメのチェック好き、季節限定のスイーツに目がないです。痒いところに手が届くようなホッとする記事を書けるよう心がけ、お届けしたいと思っています。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング