与論島の旅行は海が楽しめるプランで!ヨロンブルーを思いきり楽しもう

与論島の旅行は海が楽しめるプランで!ヨロンブルーを思いきり楽しもう

沖縄と鹿児島の文化が入り混じった個性豊かな与論島は、たくさんのビーチがあり、エメラルドグリーンの海を独り占めできる穴場の旅行地です。百合ヶ浜をはじめダイビングなど海を楽しむ旅行ができる与論島について、詳しくご紹介します!

    記事の目次

    1. 1.絶景とウミガメを見に与論島へ旅行に行こう!
    2. 2.「与論島・旅行」外せない観光スポット
    3. 3.「与論島・旅行」見ておきたい絶景スポット
    4. 4.「与論島・旅行」おすすめの穴場観光スポット
    5. 5.「与論島・旅行」人気の体験ツアー
    6. 6.「与論島・旅行」人気の宿泊施設
    7. 7.日本の楽園!与論島旅行を満喫しよう

    店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

    絶景とウミガメを見に与論島へ旅行に行こう!

    フリー写真素材ぱくたそ

    与論島は沖縄本島からわずか約23kmの場所にある鹿児島県の最南端に浮かぶ島です。サンゴ礁が隆起してできた島で、ヨロンブルー呼ばれるエメラルドグリーンの海がきれいな日本の穴場リゾート地です。期間限定の360度を海に囲まれた砂の島「百合ヶ浜」をはじめとする絶景スポットの宝庫です。

    遠浅の海には南国特有のカラフルな熱帯魚やウミガメ、豊かなサンゴ礁が見られ、ダイビングやシュノーケルが楽しめます。鹿児島県と沖縄県の文化が入り混じった個性的な島で、リゾート気分を味わいましょう。

    与論島に行くにはどのくらいの費用がかかるの?

    Photo by rch850

    美しい海とビーチが魅力のリゾート地は、旅行するのに費用が掛かるイメージがありますが、与論島は比較的リーズナブルにリゾート気分を味わえる観光地です。

    那覇空港・鹿児島空港・奄美空港からそれぞれ直行便の飛行機が出ていますが、沖縄本島から船でアクセスするのが一番与論島に安い費用で上陸できる交通手段です。沖縄本島の那覇港から与論港へは約5時間の船旅で、4300円ほどです。

    ツアーの相場は6万円~4万円台

    Photo byWorldSpectrum

    与論島へのツアーの相場は4万円から6万円ほどです。飛行機とプリシアリゾートやイチョーキ・ヴィラなどの与論島を代表するリゾート感あふれる宿泊施設がセットになっており、お得に与論島への旅行ができます。

    ダイビングツアーがセットになっているプランもあり、与論島への旅行は海とリゾート気分をリーズナブルに楽しめるツアーが充実しています。

    与論島へのアクセス方法・行き方を紹介!自分に合ったプランを選ぼうのイメージ
    与論島へのアクセス方法・行き方を紹介!自分に合ったプランを選ぼう
    サンゴ礁に囲まれた鹿児島県の与論島は、百合ヶ浜を代表とする、美しい海を堪能できる人気観光スポットです。そんなおすすめ観光スポット与論島へのアクセス方法をご紹介します。与論島を訪れる際は、自分にあったプランでアクセス方法や行き方を選びましょう。

    「与論島・旅行」外せない観光スポット

    Photo by Nao Iizuka

    与論島は沖縄県と鹿児島県の文化が入り混じった、特徴的な文化を持つ島です。与論島の自然や文化を学び、体験できる、与論島に旅行するからにはぜひ訪れてほしい観光スポットを紹介します。

    ダイビングツアーやシュノーケリングツアーの楽しい、きれいな海に囲まれたリゾート地である与論島の魅力を、文化・自然などのいろいろな方面から感じてみましょう。

    按司根津栄神社

    按司根津栄神社は与論島を治めていた英雄をまつっている神社です。英雄の名は按司根津栄といい、仕えていた琉球王によって殺されてしまうという悲しい言い伝えが残っています。境内には按司根津栄の頭蓋や遺品が、今も大切に保管されています。

    賢く、武術にも優れ、優しい心を持ち、民から信頼されていた按司根津栄と与論島の歴史が垣間見える神社です。恋愛成就にご利益があるとされており、与論島の形をした絵馬がかわいらしいです。与論空港から車で約10分でアクセスできます。

    住所 鹿児島県大島郡与論町朝戸522
    電話番号 0997-97-3611

    パラダイスビーチ

    パラダイスビーチは数ある与論島のビーチの中で、最も空港から近い場所にあります。与論空港から徒歩5分の場所にあるにもかかわらず、人が少なく穴場のビーチです。与論島らしいきれいな海と砂浜の絶景を楽しめます。

    砂浜にはインスタ映えする木でできたブランコやハンモックがあり、海を見ながらのんびりするのがおすすめのビーチです。近くには展望台や、願いが叶うと言われている愛の鐘があります。

    パラダイスビーチのすぐ近くには、旅行客に人気のもずくそばが名物の「青い珊瑚礁」というレストランがあります。美味しい海の幸ときれいな海で与論島の旅行をスタートさせてみてはいかがでしょうか。

    赤崎鍾乳洞

    赤崎鍾乳洞は何百年という歳月をかけて作り上げられた手付かずの鍾乳洞を体験できる場所です。小さな鍾乳洞ですが、さまざまな形の鍾乳石を確認でき、サンゴ礁でできた島ならではの大自然の神秘を肌で感じられます。

    中は涼しく、夏に行くのがおすすめです。地面は湿っているところが多いため、スニーカーなどのしっかりした靴で行きましょう。

    赤崎鍾乳洞の入場費用は中学生以上が500円、小学生以下だと200円となっています。営業時間は9時半から18時までです。与論島の南東部に位置し、与論空港からは車で15分ほどかかります。

    住所 鹿児島県大島郡与論町東区678
    電話番号 0997-97-2069

    ユンヌ楽園

    ユンヌ楽園は300種類以上の亜熱帯の植物を見られる植物園です。与論島をはじめ、沖縄県や東南アジアの国々の草花や木までを観察できます。季節により表情が変わる園内は、カラフルな植物に引き寄せられた珍しい蝶々も飛んでおり色彩鮮やかな景色を楽しめます。

    与論島の伝統的な古民家や高床倉庫、伝統民具などの展示もあり、ヤギとの触れ合いもできる見どころ満載の植物園です。ユンヌ楽園に足を踏み入れるとガイドの人が温かい笑顔で迎えてくれ、植物だけでなく与論島の昔の生活などの話を聞かせてくれます。

    ユンヌ楽園は与論空港から車で10分の距離にあり、与論島の繁華街である茶花からも徒歩で行けます。入場料は高校生以上が400円、小・中学生は200円となっています。営業時間は9時から18時までです。

    住所 鹿児島県大島郡与論町大字茶花1393
    電話番号 0997-97-2341

    「与論島・旅行」見ておきたい絶景スポット

    フリー写真素材ぱくたそ

    鹿児島県の穴場のリゾート地ともいえる与論島は、まるで海外に旅行に来たかのような日本離れした美しい絶景を楽しめる島です。ビーチの数が多い与論島には、南国らしいエメラルドグリーンの海と白い砂浜を独り占めできる穴場のビーチもたくさんあります。

    与論島への旅行で外せない百合ヶ浜をはじめ、季節や時間限定の絶景など、与論島に宿泊しないと見られない絶景もあります。

    大金久海岸

    大金久海岸は、約2kmの白い砂浜が広がる与論島で一番旅行客が集まる大きなビーチです。大金久海岸周辺にはシュノーケリングスポットもあり、百合ヶ浜ツアーに参加して乗れるグラスボードからも、南国ならではのカラフルな魚やウミガメを見られることもあります。

    与論島で人気の観光地である与論島への玄関口でもあり、シャワー・トイレ・コテージ・キャンプ場・マリンレジャーのツアー会社などがあり、与論島の海を遊びつくせます。

    与論島の東側に位置する大金久海岸に上る朝日は、与論島に宿泊した人だけが見られる美しい絶景です。与論空港からは車で約20分かかります。

    百合ヶ浜

    フリー写真素材ぱくたそ

    百合ヶ浜は、与論島の大金久海岸から約1.5キロ離れた海上に出現する砂浜です。限られた時期にしか出現せず、干潮時のみに上陸できる幻の砂浜で、旅行客に人気のある与論島の観光スポットです。日によって大きさも形も違うので、何度行っても楽しめます。

    百合ヶ浜には星の砂があり、年の数だけ拾うと幸せが訪れると言い伝えがあります。白い砂浜と360度エメラルドグリーンの海に囲まれた絶景は、百合ヶ浜に上陸した人だけが見られる絶景です。与論島に旅行に来たからには百合ヶ浜を見ずに帰るわけにはいきません。

    百合ヶ浜へは、グラスボートに乗り上陸するのが一般的です。グラスボートに乗るためには、旅行の前に百合ヶ浜ツアーに申し込みをしておきましょう。費用は一人3000円ほどです。

    寺崎海岸

    寺崎海岸は数ある与論島のビーチの中でも、与論島の人が「1・2を争うほど美しいビーチ」と絶賛するきれいなビーチです。遠浅のエメラルドグリーンの海とヒルガオの咲く白い砂浜は、外国に来たような錯覚を覚えます。

    人気のビーチですが、人であふれかえることはなく、晴れた日のお昼は与論ブルーを満喫できます。与論島のパワースポットのひとつでもあり、竜の形をした岩があることから、隣にある映画「めがね」の撮影にも使われたトゥマイ浜と共に「竜の住む浜」とも呼ばれます。

    与論島の北東部に位置し、与論空港から車で約18分の場所にあります。穏やかな海なので、子連れでも安心して水遊びができる、与論島で一番人気のビーチです。

    サザンクロスセンター

    サザンクロスセンターは展望台を兼ねた、与論島の歴史や文化を学べる資料館です。展望台のある5階は地上106メートルの地点にあり、360度海に囲まれた与論島で一番高い場所からの景色を楽しめます。

    望遠鏡もあり、沖縄県の島々や口永良部島まで見渡せ、眼下には与論城跡の竜のような石垣を確認できる穴場絶景ポイントです。

    4階は与論島から出土した遺跡や南国特有の昆虫や植物について学べます。3階は海にまつわるコーナーで、与論島の伝統的な船や漁についての展示品が見られ、ダイビングスポットの紹介もされています。

    1階と2階は与論島の伝統的なしきたりやお祭りが紹介されており、サザンクロスセンターオリジナルグッズの購入もできます。

    入館料は高校生以上が400円、中学生以下が200円となっています。年中無休で、営業時間は9時から18時までですが、入館できるのは17時半までなので注意が必要です。与論空港から車で約10分でアクセス可能です。

    住所 鹿児島県大島郡与論町立長3313
    電話番号 0997-97-3396

    「与論島・旅行」おすすめの穴場観光スポット

    Photo by Nao Iizuka

    与論島には旅行客の少ない観光地です。そして与論島内部には静かに島時間を過ごせる穴場のスポットがたくさんあります。写真映えのするスポットや与論島ならではの文化に触れられるスポット、穴場のダイビングスポットなど与論島を楽しめる穴場の場所を紹介します。

    与論島は1日あれば自転車でも一周できるほどの広さなので、自分だけの絶景スポットや穴場のビーチを探すのも楽しいです。

    コーラルウェイ

    コーラルウェイは、塗装されていない白いサンゴでできた道です。道の両脇は緑に囲まれ、色彩のコントラストが美しい南国感あふれる雰囲気を楽しめます。

    海に向かって伸びるサンゴの道は、映画のロケ地にもなったほどきれいな景色ですが、あまり人に知られておらず、与論島おすすめの穴場インスタ映えスポットです。

    空港近くなので、飛行機が離着陸する姿を近くで見られます。与論空港から徒歩7分でアクセスできます。

    ビーチリング

    ビーチリングは、与論島で一番人気の観光地である百合ヶ浜への玄関口となる大金久海岸の南側にあります。別名「タイムトンネル」とも言われる岩のトンネルは、普段は海に沈んでおり、干潮時にしか姿を現しません。

    ビーチリングはカップルにおすすめの与論島の穴場スポットです。このトンネルをくぐると幸せになれるという言い伝えがあり、さらに2人で手を繋いでくぐると、永遠に一緒にいられると言われています。与論島のロマンチックなスポットに、百合ヶ浜とセットで立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

    クマノミパラダイス

    クマノミパラダイスは数ある与論島のダイビングスポットの中でも、たくさんの種類のクマノミを一度に見られると人気があります。与論島に旅行の際にはぜひ、ダイビングツアーに参加して訪れてみましょう。

    見られるクマノミの種類は、カクレクマノミ・ハマクマノミ・ハナビラクマノミ・セジロクマノミなどです。カクレクマノミを鹿児島県で見られるのは珍しく、貴重なダイビングスポットとなっています。

    クマノミパラダイスは水深が浅く、初心者にもおすすめの穴場ダイビングスポットです。与論港から船で約2分の場所にあります。

    琴平神社

    琴平神社は標高94mの与論島の高台に建つ神社です。もともとは与論城のあった場所で、与論島のパワースポットのひとつです。龍頭と呼ばれる場所からは、青い海や与論島の街並みをはじめ、天気が良ければ沖縄本島を見られる穴場の絶景ポイントです。

    琴平神社では年に3回、豊作を願う豊年祭りが行われます。400年以上の歴史があるお祭りは国の重要無形文化財にもなっており、お祭りで踊られる「与論十五夜踊り」は、本土風の踊りと琉球風の踊りの2種類があり、個性豊かな与論島の文化に触れられる貴重な祭りです。

    与論空港からは車で約10分でアクセスできる神社です。与論島に旅行の際にはぜひ、与論島の神様に挨拶しに出かけましょう。

    住所 鹿児島県大島郡与論町大字立長3308
    電話番号 0997-97-4443

    「与論島・旅行」人気の体験ツアー

    Photo bytpsdave

    ヨロンブルーと呼ばれるきれいな海が魅力の与論島では、マリンレジャーを楽しめるツアーが充実しています。カラフルな熱帯魚やサンゴ礁を楽しめるシュノーケリングツアーやダイビングツアーをはじめ、シーカヤックやバナナボートなど美しい海を思いっきり遊び倒しましょう。

    与論島最大の人気観光地である、百合ヶ浜へのツアーが一番人気です。宿泊した人だけが見られる日の出を楽しむツアーもあります。ぜひ与論島に宿泊して、たくさんのツアーを体験しましょう。

    百合ヶ浜ツアー

    フリー写真素材ぱくたそ

    与論島で一番人気の観光地である百合ヶ浜は、出現時期が決まっており、干潮時にしか上陸できない砂だけでできた幻の島です。百合ヶ浜に行くには、百合ヶ浜ツアーに参加して、大金久海岸からグラスボードに乗らなければいけません。費用は往復一人3000円です。

    グラスボードの船長さんがカラフルな熱帯魚やウミガメを見られるスポットに遠回りしてくれることも多く、百合ヶ浜までの約20分の道のりも楽しいです。上陸してからの360度を海に囲まれた景色も絶景ですが、グラスボードから見る海に浮かぶ砂の島の姿も素敵です。

    百合ヶ浜は、リーズナブルな費用で与論島の海の絶景を楽しめるおすすめのスポットです。与論島に旅行するなら、毎日形が変わる不思議な幻の砂浜へのツアーに参加してみましょう。

    シュノーケル&体験ダイビング

    Photo by Ippei & Janine Naoi

    エメラルドグリーンが美しい与論島の海は、シュノーケルやダイビングがおすすめです。遠浅で流れがゆったりしたエリアも多く、初心者でも安全に楽しめるポイントがたくさんあります。

    与論島のシュノーケリングツアーの費用は5000円が相場です。透明度の高い与論島の海は、ビーチ付近でもシュノーケリングを楽しめますが、ぜひツアーに参加してガイドの人におすすめのポイントまで連れて行ってもらいましょう。

    与論島最大のサンゴ礁が見られる「赤崎サンゴの森」やスズメダイやチョウチョウウオなどのカラフルな熱帯魚の群れが生息する「竜宮城」、ウミガメも見られる百合ヶ浜付近の「海中公園」など、おすすめのシュノーケルポイントがたくさんあります。

    Photo by 楊尚潔

    与論島の海をさらに楽しみたいなら、体験ダイビングツアーがおすすめです。与論島の体験ダイビングツアーの費用は一人12000円が相場となっており、費用は少し高めですが与論島の神秘的な水中世界を体験できます。

    おすすめのダイビングスポットは、ウミガメにも出会える「ウワノマキ」や水面からの光に照らされる姿がロマンチックな海の中の宮殿「海中宮殿」などがあります。

    日の出SUPコース

    Photo byKarstenBergmann

    日の出SUPツアーは与論島の優しい朝日を体験できるツアーです。宿泊した人だけが見られる与論島の朝日を見て、気持ちのいい1日をスタートさせましょう。ウミガメに出会えることも多いと人気のツアーです。日の出SUPのツアーの費用の相場は6000円ほどです。

    SUPとはスタンドアップボードのことで、サーフボードに立って乗り、1本のパドルを使って海上を進むスポーツです。ガイドの方が操縦の仕方をしっかりレクチャーしてくれるので、初心者でも気軽に参加できます。

    ジェットスキー・マリンジェットツアー

    フリー写真素材ぱくたそ

    ジェットスキー・マリンジェットツアーは、与論島の海をジェットスキーに乗って思いっきり駆け抜ける、爽快感とスリルを味わえるツアーです。費用は一人3000円ほどと、リーズナブルに遊べるのも魅力のひとつです。

    インストラクターが運転してくれるため、免許も必要ありません。進路はインストラクター次第で、どこに向かって進むのかわからないドキドキ感を楽しめます。与論島のきれいな海をスリルと共に楽しみましょう。

    「与論島・旅行」人気の宿泊施設

    Photo by Party0

    与論島への観光は宿泊を伴った旅行がおすすめです。朝日や夕日、星空など、宿泊した人だけが出会える絶景がたくさんあります。

    与論島の宿泊施設は個性的なものばかりです。ゆったり過ごせるコテージタイプのものや高級感のあるリゾートホテル、アットホームな民宿など、自分の泊まりたい宿泊施設が必ず見つかります。

    プリシアリゾート ヨロン

    プリシアリゾート ヨロンは、ギリシャを連想させる白い建物がおしゃれな宿泊施設です。プライベートビーチがあり、リゾート気分を味わいたい方におすすめです。一人6000円ほどから泊まれるプランもあり、リーズナブルなコテージタイプの宿泊施設となっています。

    近くの兼母海岸はサンセットビーチとも言われており、夕日や星空など、宿泊した人だけが楽しめる与論島の絶景も満喫できます。与論空港からは送迎バスで3分、与論港からは約5分です。

    住所 鹿児島県大島郡与論町立長358-1
    電話番号 0997-97-5060

    イチョーキ・ヴィラ

    イチョーキ・ヴィラは2016年にオープンした新しいコテージタイプの宿泊施設です。バルコニーからはヨロンブルーの海が見え、リゾート気分を味わえます。部屋にはミニキッチンがついており、自炊も可能です。

    朝食が美味しいと評判で、海を見ながら優雅な朝を迎えられます。宿泊費用は朝食付きで5600円からです。与論空港や与論港から車で約5分の場所にあり、与論島の市街地には徒歩10分ほどで行ける買い物にも便利な宿泊施設です。

    住所 鹿児島県大島郡与論町立長東兼母195-1
    電話番号 0997-97-2272

    マリナデルレイ

    マリナデルレイは市街地から離れた与論島東部にあり、静かな島時間を過ごしたい人におすすめの宿泊施設です。ハイビスカスなどの南国らしい植物が植えられた広い庭があり、あたたかな雰囲気のオーナーがいる居心地のいい場所です。

    赤崎海岸まで徒歩7分、百合ヶ浜までの送迎も行っており、観光するのにも便利です。宿泊費用は一人4200円からとなっています。与論空港や与論港からは車で約20分の距離です。

    住所 鹿児島県大島郡与論町麦屋965
    電話番号 0997-97-3736

    星砂荘

    星砂荘は与論島の市街地から外れた静かな場所にある民宿です。映画「めがね」のロケ地として使用され、今でも映画ファンが訪れます。アットホームな雰囲気でありながらも、適度な距離感で接してくれる、清潔で居心地のいい宿泊施設です。

    ダイビングなどのマリンスポーツの手配も行っており、与論島最大の観光地である百合ヶ浜へのアクセスも抜群です。夜は庭にあるハンモックで、星空観察がおすすめです。

    時期やプランにより宿泊費用は変動しますが、素泊まりで2900円ほどからとリーズナブルに泊まれます。与論港や与論空港からは車で約10分の距離にあります。

    住所 鹿児島県大島郡与論町東区616-3
    電話番号 0997-97-3710

    与論島のホテルや民宿などおすすめ宿泊施設13選!綺麗な海を堪能できる宿は?のイメージ
    与論島のホテルや民宿などおすすめ宿泊施設13選!綺麗な海を堪能できる宿は?
    奄美群島の1つである与論島は1人旅や少人数での旅行にぴったりの南国リゾートです。そんな与論島のホテルや宿泊先の情報をまとめました。南国の雰囲気が漂うホテルやアットホームな雰囲気の宿泊先まで13施設ご紹介します。与論島観光を考えている方は参考にしてください。

    日本の楽園!与論島旅行を満喫しよう

    フリー写真素材ぱくたそ

    与論島は白い砂浜とエメラルドグリーンの海が美しいビーチが魅力の日本の楽園です。穴場のリゾート地でもあり、美しい海を独り占めできることも珍しくありません。

    リーズナブルな費用で遊べるツアーや、費用を抑えて宿泊できる施設など、リゾート気分を味わえる南国の離島でありながらお財布にも優しい旅行ができます。与論島への旅行は、海を満喫できるプランで思いっきり、リゾート気分を満喫しましょう。

    しゃち
    ライター

    しゃち

    国内を中心に旅をしています。カフェ巡り、下町、レトロ、離島が好きです。誰かの「行きたい」を後押しできるような記事を書いていきたいです。

    こちらもおすすめ♡

    人気記事ランキング

    記事はありません。