延岡でおすすめの観光スポット13選!風情ある名所や名産グルメも♡

延岡でおすすめの観光スポット13選!風情ある名所や名産グルメも♡

宮崎県の延岡市は、日本でもトップクラスの水質を誇る五ヶ瀬川や、九州ナンバー1の下阿蘇ビーチがあり、また恋愛成就のスポットとして有名な愛宕山など観光スポットにも恵まれています。自然を感じながら心を癒す旅が出来る延岡観光の魅力を詳しくご紹介します。

記事の目次

  1. 1.ゆっくり大人旅がしたいなら「延岡観光」がおすすめ
  2. 2.延岡観光で定番の名所2選
  3. 3.延岡観光でじっくり景色を楽しめる名所2選
  4. 4.延岡観光で女性におすすめの名所2選
  5. 5.延岡観光でおすすめの学べる名所2選
  6. 6.延岡観光で人気のグルメスポット3選
  7. 7.延岡観光で名所もグルメも楽しもう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

ゆっくり大人旅がしたいなら「延岡観光」がおすすめ

Photo byRealSprout

若いころには、観光名所や人気スポットが充実したところへ旅行へ行きがちですが、大人になると、せっかくの旅行でまで人混みの中を歩きたくないし、たまにはゆっくりと静かな時間を過ごしたいと思いませんか?

都会の喧騒から離れて、静かなところで落ち着いた大人旅がしたいなら、九州の宮崎県延岡市がおすすめです。延岡は、九州山地・清流五ヶ瀬川・日向灘という山・川・海の自然の恵みに溢れた地域です。

そして大河ドラマ「西郷どん」でも有名な西郷隆盛が陸軍大将を務めた西南戦争では、最後の戦いの「和田越の決戦」が延岡で行われ、西郷隆盛のゆかりの地でもあります。

Photo by Dick Thomas Johnson

また、延岡は夏目漱石の有名な小説「坊ちゃん」で大変な山の中と表現されたり、歌人の若山牧水が11歳から19歳までを過ごした土地ということでも知られています。

延岡観光のおすすめは、海・川・山の幸などのグルメを楽しんだり、江戸時代には城下町として栄えていたので、歴史を感じる観光スポットや名所を訪れるなど大人ならではの余裕のある過ごし方をするのがおすすめです。

延岡市の美味しい名産品「グルメ」

Photo by Jun Seita

延岡は、海・川・山の自然が溢れる土地のため、それぞれの自然で採れた美味しいグルメを使った名産品が多くあります。

延岡の北浦エリアは、日向灘に面しているので海の幸のグルメが豊富にあります。伊勢海老やメヒカリ、干物、宮崎のさかなブランドに認定された名産品の「北浦灘アジ」などの魚を使ったグルメを味わうことが出来ます。

また、延岡にある清流五ヶ瀬川は、6年連続(2019年現在)で全国トップクラスの水質を誇るきれいな河川で、300年以上続く「鮎やな」と呼ばれる伝統漁法で採れた川の幸の鮎を使った名産品の「子持ち鮎めし」などのグルメが頂けます。

Photo by pelican

そして、延岡は愛宕山・比叡山・鏡山・行縢山(むかばきやま)・大崩山(おおくえやま)などの山々に囲まれているため、山の幸の宝庫です。猪肉をつかったぼたん鍋や次郎柿、千代姫桃、じねんじょ、名産品の「たけのこずし」などのグルメがあります。

また、他にも延岡には是非食べてほしい名産品グルメがあります。実は延岡が発祥の地の「チキン南蛮」や、日本一早だしの玉ねぎの「空飛ぶ新玉ねぎ」、慶長19年(1614年)から延岡城下で作られていた「やぶれ饅頭」は延岡の代表的な名産品グルメです。

フリー写真素材ぱくたそ

また、延岡の地元の酒蔵で作られた地酒もおすすめです。創業100年を超える酒蔵の千徳酒造や佐藤焼酎製造場、日本一にもなったことのある地ビールを作るひでじビール醸造所があり、延岡の名産の地酒を頂けます。

それぞれの酒蔵では、事前に申し込みをすればお酒を造る工程を無料で見学することができるので、興味がある方は行ってみてはいかがでしょうか?

延岡市が誇る名産品「伝統工芸品」

Photo by : : Ys [waiz] : :

延岡の代表的な伝統工芸品は、延岡にある「のぼり猿製作所」で作られている「のぼり猿」です。江戸時代に延岡藩の武士の妻たちが内職として作り始めた延岡の郷土玩具で、昭和59年には宮崎県の伝統工芸品となった名産品です。

「のぼり猿」は、出世や無病息災、五穀豊穣を願い端午の節句に鯉のぼりと一緒に掲げられ、旗に下げられた張り子の猿が風を受けると上に登っていく仕組みとなっています。

他にも、淡紫色の紅渓石で作られた紅渓石硯(こうせいせきすずり)や、もち米ののりで下絵を描き、鮮やかな色彩で仕上げられた延岡五月幟(のべおかごがつのぼり)、漁師町で続いている大漁旗などの伝統工芸があります。

宮崎県延岡市へのアクセス

Photo byFree-Photos

延岡市は九州地方の南東部にある宮崎県にあります。その宮崎県の北部に位置する延岡市へ宮崎市・大分市から車・電車を利用してアクセスする方法をご紹介します。宮崎市・大分市まではご自身の行きやすいアクセスでお越しください。

まず車でのアクセスの場合、宮崎市から延岡市へは、宮崎西ICから東九州自動車道を北上して約1時間15分です。大分市からの場合は、大分ICから東九州自動車道を南下して約1時間30分です。

電車でのアクセスの場合、JR宮崎駅から特急にちりん号かひゅうが号へ乗車し延岡駅までは約1時間です。JR大分駅からは、特急にちりん号へ乗車し延岡駅まで約2時間です。

延岡観光で定番の名所2選

Photo byROverhate

延岡観光をするなら、まず訪れてほしい延岡の名所2選をご紹介します。延岡の豊かな自然を満喫できる観光スポットです。

愛宕山公園

延岡の定番おすすめ観光名所スポット1つ目は「愛宕山」です。JR延岡駅から車で約20分の延岡市の中心部にある標高251mの山で、頂上付近には展望台のある公園があります。

愛宕山は、ニニギノミコトとコノハナサクヤヒメという神様が出会い結婚した場所という神話があり、恋が成就するスポットとして有名です。

展望台には、ニニギノミコトとコノハナサクヤヒメの2人の像と、ハート型のモニュメントがあり、ハート型モニュメントには南京錠がたくさんかかっています。南京錠は愛の南京錠と言われ、カップルに人気のスポットです。

Photo bystokpic

愛の南京錠は、延岡市の観光ステーションなどで販売されています。他にも、白い鳩のモチーフが付いた出会いの鐘などもあります。

そして、愛宕山の1番のおすすめポイントは、展望台からの眺望です。市街地や日向灘を360度見渡すことが出来、宮崎県内で唯一の日本夜景遺産にも選ばれた夜景の名所でもあります。晴れている日には四国を望むこともできます。

住所 宮崎県延岡市愛宕山
電話番号 0982-29-2155(延岡観光協会)

那智の滝

Photo by Nao Iizuka

延岡の定番おすすめ観光名所スポット2つ目は「那智の滝」です。JR延岡駅から車で約25分のところにある如意輪寺の境内にある高さ30m、幅6mの滝です。

宮崎県の指定名勝にも選ばれていて、那智の滝のある如意輪寺には梅や桜、モミジなどが植えられており、四季折々の変化を楽しむことが出来るので大人の旅にはおすすめです。

住所 宮崎県延岡市川島町857
電話番号 0982-36-0515(如意輪寺)

延岡観光でじっくり景色を楽しめる名所2選

フリー写真素材ぱくたそ

延岡観光で景色を楽しむのにおすすめの名所を2選ご紹介します。延岡観光には、やはり自然溢れる景色は欠かせません。

五ヶ瀬川 

Photo by tataquax

延岡の景色がおすすめの名所スポット1つ目は「五ヶ瀬川」です。五ヶ瀬川は、宮崎県と熊本県を流れる一級河川で全長106キロある大河です。五ヶ瀬川という名前の由来は、5つの急な瀬があることから名付けられたといわれています。

五ヶ瀬川の5つの瀬は、上流から宮崎県高千穂町の吐ノ瀬、窓ノ瀬、あららぎノ瀬があり、日之影町の綱ノ瀬、延岡市の大瀬となっています。

全国の中でもトップクラスの水質のきれいな五ヶ瀬川は、「鮎の宝庫 」といわれるほど有名な鮎の産地です。鮎やなと呼ばれる伝統的な漁法で、川をせき止めてその一部に鮎が落ちるようになっています。

この鮎やなと呼ばれる漁法は、全国的に他の場所でも行われていますが、川幅100mを超える場所で、市街地の近くに設置されるケースは珍しいため、延岡の鮎やな漁は見物が出来るように川の中に桟橋が架けられ、観光客も訪れます。

観光客に人気なのは、毎年10月上旬から12月のはじめ頃までオープンする「鮎やな食事処」です。採れたての鮎を使った塩焼きや鮎のフルコース、また延岡の郷土料理も頂けます。

五ヶ瀬川の名産である鮎焼きの香りは、環境省の「かおり風景百選」という将来に残したい香りのある風景にも宮崎県で唯一選ばれています。

五ヶ瀬川に行くなら、きれいな川で伝統的な鮎やな漁を見学し、鮎料理を堪能できる10月~12月の秋口から初冬にかけての観光がおすすめです。

五ヶ瀬川は、風情を感じる大人向きのスポットですが2019年に「かわまちバーベキュー広場」がオープンし、1区画500円で利用できるので子供連れの方にはこちらがおすすめです。

五ヶ瀬川の鮎やなの漁場へは、延岡駅からの場合はタクシーで約10分、宮崎交通バスセンターから約10分、車の場合は延岡ICから約5分でアクセスできます。

下阿蘇ビーチ 

延岡の景色がおすすめの名所スポット2つ目は、「下阿蘇ビーチ」です。環境省から九州ナンバー1ビーチにも選定された九州では有名な海水浴場です。白砂が広がる美しいビーチは、ワシントンパームがあり、まるで南国に来たような気分にさせてくれます。

下阿蘇ビーチの海岸は、大分県中部から宮崎県北部の海岸線沿いに設置されている日豊(にっぽう)海岸国定公園に指定されていて、リアス式海岸や多島美などの絶景を見れるスポットもあるので景色を楽しむのもおすすめです。

また、小さいお子さんがいるファミリーにおすすめなのは、海水浴場の近くに夏季限定で開放されている下阿蘇川の河川プールです。幼児の膝くらいの深さしかないので、安心して遊ばせることが出来るのでとってもおすすめです。

下阿蘇ビーチの近隣には、「道の駅 北浦」があるのでシャワー(3分100円)やトイレなどの施設も充実しており、海で遊んだ後の着替え場所などで悩む心配もありません。

「道の駅 北浦」では、美味しいグルメを味わえたり、地元の名産品や野菜や果物などの特産物の販売もしているので、海水浴だけでなく観光スポットとしても人気があります。

延岡観光で女性におすすめの名所2選

Photo bySplitShire

延岡観光で大人の女性旅におすすめの名所スポットを2選ご紹介します。女子旅やご夫婦、カップルでの旅行におすすめです。

延岡城址(城山公園) 

延岡の女性におすすめの名所スポット1つ目は、「延岡城址(城山公園)」です。延岡城は、1603年(慶長8年)に建てられた建てられたお城です。太平洋戦争時の空襲により焼失し、現在は城跡となっています。

延岡城址の見どころは、「千人殺しの石垣」と言われてる高さ22mもある石垣です。その石垣の礎石をはずすと石垣が崩れ落ちて千人の敵を倒すことができるといわれています。

また、城山公園は日本三大ヤブツバキの名所といわれており、園内には紅だけではなく、ピンクや絞りなど様々な色のヤブツバキが3300本植えられています。見頃は、10月末~4月下旬頃です。

Photo by harum.koh

春には園内に植えられた300本の桜の花を楽しむことも出来るので、タイミングがよければ桜とヤブツバキを同時に見ることも出来ます。他にも、若山牧水の歌碑や延岡藩主だった内藤家の「内藤記念館」などの見どころもあります。

延岡城址は、延岡の歴史を感じながら、お花見も出来る見どころ満載の延岡の観光スポットです。

住所 宮崎県延岡市東本小路
電話番号 0982-22-7022

今山大師寺  

延岡の女性におすすめの名所スポット2つ目は、「今山大師寺」です。今山大師寺は、1839年(天保10年)に創建されたといわれています。延岡駅から徒歩約15分のところにあります。

見どころは、高さ17mもある日本一の弘法大師像や、毎年4月の中旬に行われる「大師祭」です。大師祭は、100年以上を続いている伝統的な行事で、九州各地から約20万人の参拝客が訪れます。

また、毎月1日の午前6時半からお寺の本堂では、「一日座禅会」が行われています。一日とありますが、座禅の仕方などの説明を10分受けた後、20分ほど座禅を実際にします。

他にも、毎月第2土曜日には、13時30分~15時で「お写経会」が行われています。座禅会も写経会も参加費は1000円です。近年、座禅も写経も心のリフレッシュになると女性から人気があり、気軽に参加できるのでおすすめです。

住所 宮崎県延岡市山下町2-3998
電話番号 0982-32-5290

延岡観光でおすすめの学べる名所2選

Photo byDariuszSankowski

延岡観光でおすすめの学べる名所スポットを2選ご紹介します。観光しながら延岡の歴史のゆかりの地を学んだり、延岡の自然を感じながら学ぶことができるおすすめスポットです。

西郷隆盛宿陣跡資料館 

延岡でおすすめの学べる名所スポット1つ目は、「西郷隆盛宿陣跡資料館」です。西南戦争の「和田越え決戦」で大敗した西郷隆盛の薩軍が延岡の北川町に逃れてきた際に立ち寄ったといわれる家が現在は資料館として残っています。

「西郷隆盛宿陣跡資料館」の開館時間は、9時~17時で、定休日は年末年始です。入館料は無料なので、西郷隆盛ゆかりの地を気軽に訪れてみてはいかがでしょうか。

住所 宮崎県延岡市北川町長井6727
電話番号 0982-46-2960

延岡植物園 

Photo byLee_seonghak

延岡でおすすめの学べる名所スポット2つ目は、国定指定史跡の南方古墳群の中にある「延岡植物園」です。8.7ヘクタールある園内には展望台や散歩道があり、芝生公園や遊具、そして四季の花々を見れる花畑があります。

植物園に併設されている「みどりの相談所」では、盆栽教室やフラワーアレンジメント教室などが開し催されており、他にも植物に関する疑問やアドバイスなどをしてくれるので園芸が好きな方には、学びがたくさんある場所です。

フラワーフェスタ

Photo byJACLOU-DL

延岡植物園では、毎年4月頃に「フラワーフェスタ」が行われ、約20種類5万本の花々を園内で見ることが出来ます。また、吊るしたり壁に掛けたりできるカゴに植物を植えたハンギングバスケットの展示やエイサーなどのステージイベントも行われます。

住所 宮崎県延岡市天下町1235-1
電話番号 0982-22-7046(延岡市都市計画課)

延岡観光で人気のグルメスポット3選

フリー写真素材ぱくたそ

延岡に観光に来たら是非食べてほしいおすすめの人気グルメスポットを3選ご紹介します。せっかく延岡に来たら、延岡名産の鮎料理やめひかりなどのご当地グルメは欠かせません。

郷土料理・延岡水郷やな あゆ処 国技館

延岡でおすすめの人気グルメスポット1つ目は、「郷土料理・延岡水郷やな あゆ処 国技館」です。延岡市の五ヶ瀬川にある「かわまち交流館」にある延岡の老舗です。

1階席と2階席があり、1階席は車いすでも利用しやすい造りとなっており、2階席からは五ヶ瀬川の鮎やな漁を眼下に鮎料理を中心に延岡の郷土料理を楽しめます。

メニューの一例として、鮎の塩焼き1尾、みそ焼き1尾、小鮎の南蛮、小鮎のから揚げが入った鮎料理のフルコースの「鮎づくしセット」が3900円、鮎の塩焼きが2尾、みそ焼きが1尾入った「水郷セット」3400円になります。

フリー写真素材ぱくたそ

もちろんリーズナブルな料金のセットもあり、塩焼き1尾と宮崎名物のチキン南蛮の入った「カジュアルセット」1900円はお子様にもおすすめです。また、平日のみのランチメニューは塩焼き中心で1000円台のメニューが多くあるのでお得です。

「郷土料理・延岡水郷やな あゆ処 国技館」の営業時間は、平日11時~15時、17時~22時、土日祝日11時~22時となっています。営業期間が、鮎やな漁の10月~12月のシーズンだけのオープンとなるのでご注意ください。

住所 宮崎県延岡市春日町2-3-4
電話番号 0982-23-1905

道の駅 北浦の海鮮館 

延岡でおすすめの人気グルメスポット2つ目は、「道の駅 北浦の海鮮館」です。下阿蘇ビーチの近隣にある「道の駅 北浦」にあるレストランで、美しい海を眺めながら食事が出来るのでおすすめです。

海のお宝丼

Photo bynaturalogy

「海鮮館」では、幅広い方に楽しんでいただけるよう豊富なメニューを取り揃えているので、お子様やお年寄りの方まで家族で食事が楽しめます。

「海鮮館」の1番の人気メニューは延岡の北浦産のカンパチやタイ、シマアジなどのお魚が宝箱のように乗った「海のお宝丼」1680円です。

Photo by yoppy

他にもメニューの一例として、刺身定食1680円や、チキン南蛮定食980円、天ぷら定食1380円、生姜焼き定食980円、北浦丼(刺身漬け丼)980円、ビーフカレー850円、お子様ランチ680円、などリーズナブルな価格なので家族連れにおすすめです。

「道の駅 北浦の海鮮館」の営業時間は、11時~20時(ラストオーダー19時)です。休館日は大晦日と元旦です。
 

住所 宮崎県延岡市北浦町古江3337-1
電話番号 0982-45-3811

松乃寿し  

Photo byDesignNPrint

延岡でおすすめの人気グルメスポット3つ目は、「松乃寿し」です。「松乃寿し」は、地どれの新鮮な魚を使った魚料理や本格的な江戸前鮨が味わえる地元の方から愛されているお店です。

店内は、カウンター席・座敷席・掘りごたつ座敷席の他、大小宴会場もあるので、少人数から大人数まで幅広いシーンで利用しやすいお店です。

延岡名物・めひかりメニューも

Photo by t-mizo

「松乃寿し」は、メニューが豊富で寿司や海鮮丼、伊勢海老の塩焼き、あわびのステーキなどの新鮮な海の幸を使ったメニューから、うな重やチキン南蛮まで様々な料理を堪能できます。

メニューの一例として、日向灘前特上(12貫)3500円、日向灘前上(9貫)2200円、てまり寿司(10貫)1300円、押しずし(バッテラ)700円、上海鮮丼2500円、伊勢海老塩焼き4000円~、あわびのステーキ4000円~などがあります。

延岡の日向灘で採れる名産の「めひかり」を使った料理も自慢です。「めひかりから揚げ」600円、「めひかり南蛮」550円などがあります。「松乃寿し」の営業時間は、11時~23時(ラストオーダー22時15分)です。

住所 宮崎県延岡市安賀多町1-2-15
電話番号 050-5592-2052

延岡観光で名所もグルメも楽しもう!

Photo by tataquax

宮崎にある延岡市はいかがでしたでしょうか?風情のある延岡には、実はたくさんの見どころがあります。自然、絶景、歴史、レジャー、グルメ、名産など魅力溢れる延岡に是非1度旅行してみてはいかがでしょうか。

MATUI
ライター

MATUI

吉祥寺が大好きな東京生まれ東京育ちの35歳です。結婚を機に京都へ引っ越し、現在は3人の女の子のママとして育児に奮闘中です。好きなものは、パフェ、ケーキ、チョコレート、お刺身、焼肉で、嫌いなものは、ネガティブな自分です。悩んで落ち込むこともありますが、ポジティブに自分を大切に毎日を過ごせたらと思っています。皆様の毎日が少しでも楽しくなる役立つ記事を書いていけるよう頑張ります。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング

記事はありません。