沖縄旅行は10月がおすすめ!気温も適度でツアーの値段も安い

沖縄旅行は10月がおすすめ!気温も適度でツアーの値段も安い

10月は気候も安定しているので何をするにも心地よい季節です。沖縄の10月も他の季節にはなない魅力が沢山あります。気温も良くてツアー料金も安く旅行に最適です。この記事では思い出に残る10月の沖縄のイベントや過ごし方を紹介します。是非参考になさってください。

記事の目次

  1. 1.沖縄の10月の気温・天気は?
  2. 2.沖縄の10月におすすめの服装は?
  3. 3.沖縄旅行のツアーは秋(10月から)がお得!
  4. 4.沖縄の10月は海水浴ができる?
  5. 5.沖縄の10月のおすすめイベント
  6. 6.沖縄の10月は観光の狙い目!

沖縄の10月の気温・天気は?

フリー写真素材ぱくたそ

10月と言えば本島では秋も深まり、更衣も済ませて徐々に冬支度を始める頃かと思います。温暖化の影響で最高気温30度を超える日があるものの、平均気温20度、最低気温は10度以下になることもあり、肌寒い季節です。では、沖縄の10月の気温と比べてみましょう。

沖縄も10月は秋の始まりです。しかし、沖縄の平均気温は25.2度ですが、最高気温は27.9度と落ち着いており本島と比べてみるとまだま暖かく、過ごしやい季節です。しかし、そんな沖縄でも最低気温は23.1度と朝晩は肌寒く感じることもあり、日中との温度差に旅行中は注意が必要です。

Photo byauntmasako

沖縄で気になるのは台風ですが、台風シーズンは去ったあとです。10月は過去の統計でも台風上陸は1回ほどと他の月に比べても少ない季節です。気候も安定していますし、降水量も多く晴れの日が多く、気温も海水温もあがりやすく過ごしやすい季節です。

沖縄の10月におすすめの服装は?

フリー写真素材ぱくたそ

日中は暖かく汗をかくような気温が多いので、10月前半は半袖やワンピースにサンダルなどのリゾートとしての服装で大丈夫です。陽射しが強いのでつばの長い帽子やサングラスもまだ必要な季節です。

しかし、朝晩と日中の気温の差があるので、寒暖差に併せて対応できる薄手の長袖の服やさっと羽織れるパーカーやストールがあると便利です。サンダルも靴先が空いていないタイプなどを選ぶと良いでしょう。

Photo byPexels

10月後半にもなると沖縄でも気温はだんだん下がるので、日中でも油断をせず下半身や足元を冷やさないようにパンツルックやスニーカーをおすすめします。ただし、暑くなる日もあるので体温調節しやすい服装を心がけてください。

持っていると便利な持ち物

Photo byTerriC

まず、日焼け対策グッズはマストです。沖縄は本島に比べて紫外線量が各段に多いです。それでも、10月の沖縄の紫外線は真夏の半分の量なのですが、日焼け止めや日傘、帽子、サングラスなど紫外線対策用品は必要に応じて揃えておきましょう。

旅行中なので持ち物は増やしたくないのなら寒暖差の差に対応できるグッズを工夫してみましょう。晴雨兼用の日傘なら突然の雨にも対応できますし、UVカットのパーカーは寒暖差の調整にも対応できて重宝するでしょう。

Photo byJulius_Silver

10月後半など沖縄旅行に行く時期によっては泳ぐことは難しいかもしれませんが、晴れの日や気温が高い日はまだまだ海水浴が楽しめるのが沖縄の海の魅力です。水着やビーチで遊べるグッズを持っていくと天候によって海遊びが楽しめます。

沖縄旅行のツアーは秋(10月から)がお得!

Photo byderwiki

10月と言えば本島では秋まっさかりで、紅葉の美しい観光地のツアーの値上がりが始まります。また、夏休み期間も9月のシルバーウィークも去り、旅行ツアーの人気も近場になりがちで、遠く沖縄まで出かけようとする人も減ります。だだからこそ10月こそが沖縄の穴場シーズンなのです。

沖縄旅行と言って皆さんが思い浮かべるのはなんと言ってもマリンスポーツが盛んな春や夏ではないでしょうか。しかし、そんな夏本番の沖縄は大人気なのでツアー料金が高く、人も多く観光地をめぐることも疲れてしまうと言うことも良く聞きます。

Photo byyuka71

せっかく沖縄に旅行に行くならできるだけ安い旅費でいきたい。でも、マリンスポーツが楽しめる夏の間はずっと旅費が高くて困るなど、夏の沖縄ツアーの不満が解決できるお得な安い10月の沖縄のツアーの魅力をこれから詳しくご説明していきます。

ツアー料金が春・夏よりも安い

Photo bygeralt

沖縄のツアーの価格のピークはなんといっても夏です。お盆期をはさむ夏休み期間は航空費を含め、レンタカー料金やホテル代などの全ての料金が高騰します。またGW期間など長期連休のツアー料金も値上がりしています。より安い料金で沖縄旅行するのに適した月が10月なのです。

一例ですが、2泊3日大人1名あたりのツアー料金の比較です。ある年の8月の最高値が約11万円に対して10月なら最高値は約9万円でした。そして、8月は全体的に高値なのに対して10月は最高値が出るのは体育の日ぐらいで、平均は5万円と10月の旅費は比較すると安いと言えるでしょう。

フリー写真素材ぱくたそ

また、10月は連休がないオフシーズンです。沖縄ではまだまだマリンスポーツや海水浴も楽しめるのでツアーに含まれているのにも関わらず、春や夏のツアー料金より安いためとてもお得な季節です。春や夏に比べてホテル代なども下がっているため、安い旅費により浮いたお金でいつもよりワンランク上のホテルに泊まることもできます。

観光地が混まない

Photo byHans

観光地が混まないところも10月の沖縄旅行の良いところです。天候が悪く肌寒くて海に入れない時も、観光地が混雑していないのなら沖縄観光も楽しみになります。空いているとスムーズに観光地を回れるため、多くの観光地に足を運ぶこともでき、思い出も増えると良いことづくめです。

また、沖縄のビーチも真夏と違い人が少なくなるので、静かな沖縄の海の写真を撮ることもできます。美しい沖縄の風景をカメラに収める絶好のチャンスなので、是非この機会に観光地としての沖縄も満喫してみてはいかがでしょうか。

Photo by othree

首里城、沖縄美ら海水族館、鍾乳洞、青の洞窟など、沖縄で有名な観光地を旅行中、さしたる混雑もなくめぐることができます。安い旅費で抑えられたお金で、行きたかった観光スポットを増やすことも出来ます。また、シーサーや琉球ガラスアクセサリーなどの沖縄独自のものづくり体験もおすすめします。

沖縄の10月は海水浴ができる?

Photo bycocoparisienne

10月の沖縄の平均海水温は23度~25度です。風がなく晴天であれば問題なく泳ぐことができます。曇りや風がある日だと肌寒く感じるので無理はしないでください。特に10月後半になると地元の方も泳がなくなる時期で、人数もなく危険だと判断したら海水浴はやめ、海辺で遊ぶぐらいにしましょう。

Photo byOCVS

ただし、マリンスポーツであるシュノーケリングやスキューバダイビングはツアーに含まれているところも多く十分楽しめることでしょう。スウェットスーツを着ていると海水温は地表の気温より暖かく感じることさえあります。

10月の海水浴は、春や夏の海水浴の場合と異なり、寒暖差を把握してしっかり対策した上で楽しみましょう。たまたま暖かい日だからと気を抜いて油断してしまうと、風邪をひいてしまう可能性もあるので、せっかくの楽しい沖縄旅行が台無しになってしまいます。

沖縄の10月のおすすめイベント

Photo by Akamera Photo

10月の沖縄もまだまだ熱いイベントがたくさんあります。今回は特に見逃せない10月のイベント「那覇大網挽き」「沖縄産業まつり」「宮古島パーントゥ」の3つをご紹介致します。その他にも秋の沖縄には闘牛の「うるま祭」、沖縄の歴史物語の「首里城祭」、首里城内の光の道「万国津梁の灯火」など、イベントがいっぱい。沖縄の10月は祭で盛り上がる季節でもあります。

那覇大綱挽まつり

Photo byskeeze

那覇大綱挽きまつりとは、ギネスにも認定された全長186m、重さ40トンの世界最大のわら綱を使った綱引である那覇大綱挽きがメインの400年以上続く伝統的なお祭りです。綱引きでその年の吉兆を占っている沖縄の古くからの風習が由来となっています。

普通の綱引きは綱を1本で行いますが、那覇大綱挽きの綱は2本に分かれており、綱の端の部分にあるわっかである雌綱に雄綱という輪をくぐらせることで繋ぎます。勝敗は30分ほどで決まり、綱引き後は大綱の切り分けがあるので、参加すれば記念にもらえるのでこの上ない思い出になります。

Photo bymeineresterampe

また、那覇大綱挽きは観客も自由に参加でき、米兵を始め海外の方の参加も多くみられます。毎年観客は28万人以上とも言われ、まさに沖縄を代表する熱気あふれて迫力があるお祭りです。

また、大綱挽行列(うふんなすねーい)という旗頭行列も見どころです。村のシンボルであり守り神である旗頭を、伝統の黒装束をまとった村の若者が持ち、村々の繁栄を込め練り歩く姿はとても凛々しいです。

開催時期

Photo by PYONKO

那覇大綱挽きまつりは、毎年10月の体育の日をはさむ3日間で開催します。メインとなる那覇大綱挽きは2日目となる日曜日だけなので注意が必要です。2日目の11時30分頃から旗頭行列が国際通りを練り歩き、16時20分頃に審判長である市長の合図で那覇大綱挽きが始まります。

毎年那覇大綱挽きまつりの1日目は、毎年「市民演芸・民族伝統芸能パレード」が国際通りで行われます。那覇太鼓の演舞やエイサーなどの沖縄伝統の演舞を始め50団体ほどが出演しています。

Photo bynickgesell

また、毎年「RBC市民フェスティバル&オリオンビアパラダイス」が3日間を通して11時~21時まで奥武山総合運動公園で同時開催されています。20時頃に花火の打ち上げが恒例です。様々な屋台が出揃い、移動式遊園地が子どもたちに大人気です。そして「オリオンビアパラダイス」では工場直送の生のオリオンビールが楽しめます。

沖縄産業まつり

Photo by OIST (Okinawa Institute of Science and Technology)

沖縄産業まつりは総合産業イベントとしては動員客数20万人を超える県内最大級です。那覇市の奥武山公園と県立武道館に7つの会場に分かれて、様々な県産品を取り扱っている500以上の企業ブースがひしめき合います。新技術や新製品の紹介や、県産品の展示即売が行われます。また、ガラス細工などのものづくり体験コーナーなどもあり楽しめます。

Photo by tfukaga

やはりなんといっても一番人気は第三会場の「市町村コーナー・特産品フェア」です。沖縄の海産物や肉などの原材料から沖縄料理を始め、様々な屋台がひしめきあっていてとても活気があり、観光客がつめかけています。また、第五会場の「県産品展示即売会」でも沖縄料理や泡盛を安く購入することができます。

フリー写真素材ぱくたそ

そして第六会場の「オリオンビアガーデン」も是非訪れたい会場です。格安で工場直送のオリオンビールを飲むことができるうえ、他の会場で購入した飲食物をつまみにくつろぐ事ができます。またミニライブや沖縄の手踊り(カチャーシー)も行われており、皆で踊る光景が見られます。

開催時期

Photo byfujikanakama0

沖縄産業まつりは10月下旬の金~日3日間で行われます。屋内展示は10時~19時、屋外展示は10時~20時です。屋内と屋外で終了時間が異なるので注意が必要です。会期中は8時~21時まで、会場から那覇軍港西側特設駐車場のシャトルバスが15~20分間隔で運行しています。

飲食店や物産展が多く、全日を通して大変混んでいるため、完売するとお店が締まりますので、沖縄産業まつりを満喫するつもりでしたら最終日よりも早い日取りで行動する方が良いでしょう。

宮古島 パーントゥ

Photo byakane001

宮古島の重要無形民俗文化財である「宮古島のパーントゥ」は、パーントゥという来訪神による厄払い行事です。パーントゥは夕方に鬼のような仮面をつけ、蔓草を身にまとい、全身に井戸の底の泥をまとった姿で現れ、村々を訪れ人や物に泥を塗ることで無病息災を願い厄払いします。

パーントゥはまつりが始まると、まず元島という集落発生の地に行き、ウパッタヌシバラという神聖な場所で祈願して、神聖な泉「ンマリガー」の泥を全身にまといます。この泥の匂いは凄まじいもので、つけられると数日は匂いが消えないと言われます。

Photo by koni_aiko

そして、新築の家にも上がり込み泥を塗ることで、悪霊を祓って連れ去ってくれるという優しい面を持つ反面、人々が逃げても奇声をあげながら追いかけてきて、しがみついて泥を塗りたくります。泣き叫ぶ赤ちゃんにも容赦なく泥を塗りつけるという光景はかなりのインパクトがあります。

開催時期

Photo by koni_aiko

宮古島パーントゥが開催されるのは、例年10月の週末頃、17時~20時と夕方から夜にかけて行います。このお祭りでは、観光客であっても泊めたレンタカーであってもお構いなしに巻き込まれてしまいます。

宮古島パーントゥに参加を希望される場合は、泥を塗られても構わない服装や壊れたら困るカメラやスマホをビニールで覆うなどの対策をしてからでかけましょう。基本的に集落のイベントなので観光客のためのものでもないという理解をしっかりしてください。

Photo byFree-Photos

近年祭の意味を知らなずにやってきた観光客のクレームも多く宮古島観光協会では開催日程をHPに記載せず、直接の問い合わせのみで日程をお知らせをしています。また、開催日程も直前に決まるため、ツアーに組み込むことはできません。

沖縄の10月は観光の狙い目!

Photo byCAME-RA

より安い料金で沖縄のツアーを申し込みたい。沖縄の海を限界まで満喫したい。台風の少ない穏やかな気候の時に沖縄に行きたい。沖縄の観光名所を混まない時にゆっくり回りたい。10月の沖縄旅行がお得で穴場なのは旅費が安いだけではなく、これらの希望が全部かなうからです。

安い旅費で浮いたお金で、沖縄旅行にプラスした体験ができるチャンスも増えます。マリンスポーツも楽しめ、ゆっくり観光でも過ごせるなど、どんな面からも魅力いっぱいのお得な10月の沖縄で、たくさんの楽しい思い出を作りませんか。

akifuu
ライター

akifuu

関連記事

人気記事ランキング