茨城の人気ドライブスポット!日帰り観光コースもご紹介

茨城の人気ドライブスポット!日帰り観光コースもご紹介

茨城県にはたくさんの観光スポットが存在します。縦長の県のため、ドライブでまわるには最適です。都会から離れて茨城県の人気のスポットに日帰りでドライブに出かけてみませんか?もちろん、デートにもおすすめの人気スポットもご紹介します!

    記事の目次

    1. 1.茨城県は日帰りドライブに最適ってホント?
    2. 2.茨城で科学を楽しむ人気の観光地を巡るドライブコース
    3. 3.春の茨城ドライブデートは花とグルメを楽しむ
    4. 4.茨城のロングドライブで自然が満喫できるスポット
    5. 5.茨城の神社と霞ケ浦を楽しむドライブコース
    6. 6.自然広がる茨城は見どころも多くドライブにおすすめ

    店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

    茨城県は日帰りドライブに最適ってホント?

    Photo by12019

    茨城県は、東京、千葉、埼玉と関東地区から隣接しており、休みの日のドライブには最適です。有名な大仏や大自然、水族館など家族で楽しむ他にデートスポットとしても人気を集めています。日帰りで帰れるのも大きな魅力の一つです。日頃の疲れを癒やすのには、最適な茨城にドライブで観光してみませんか?日帰り人気観光スポットの見どころをご紹介します。

    茨城は海と山に囲まれた自然豊かなロケーション

    Photo by Kentaro Ohno

    茨城県は、縦に長い県なので、贅沢に海も山も楽しめます。自然に満ち溢れドライブしていると、景色を眺めているだけで気分もリフレッシュできるのです。地域により、全く違う顔を見せてくれるので、同じ県の中で何度でも違う発見を楽しめます。観光地には最適な地域なのです。

    ご当地グルメも多くグルメドライブも楽しめる

    Photo by hildgrim

    綺麗な景色を見た後は、自然に食欲も湧いてくるものです。そこでおすすめ、茨城ならではのご当地グルメが待っています。意外に知られていない、茨城の人気の名物、真っ先に思いつくのは水戸の納豆でしょうか。確かに有名ですが、他にもたくさんあります。

    笠間いなり寿司や、龍ケ崎コロッケ、つくばうどんもおすすめです。行方(なめかた)バーガーも、環境客の間で人気を集めました。特徴は、それぞれ場所が固まっていないことです。茨木市の中で分散して名物が潜んでいるので、下調べしてめがけていくのもいいですし、お腹がすいた時に場所に応じて調べるのもいいでしょう。ドライブに食事は欠かせません。

    高速道路も整備されているのでドライブに最適!

    Photo by sabamiso

    ドライブをする上で一番困るのは、道が悪いことです。道路が舗装されていないと、運転手も同乗者も疲れてしまいます。楽しみなドライブで車酔いをしてしまうと大変です。しかし、今は高速道路も整備されているので、安心してドライブに行けます。観光地は車で入れる所がしっかり決まっているので、そこからは景色を楽しみながらゆっくり歩きましょう。

    茨城で科学を楽しむ人気の観光地を巡るドライブコース

    フリー写真素材ぱくたそ

    さっそくここからは、茨城県の観光地について紹介します。茨城には、国で作られた様々な公共施設もあるので、見どころがたくさんあります。まず1つ目のコースは、自然と科学を交互に見られるドライブデートプランです。科学と自然がテーマだと意外性があり、飽きなくて楽しいこと間違いありません。日帰りでどこまで回れるのか、観光スポットとあわせてお届けしましょう。

    「筑波山」で自然を満喫

    Photo by Nao Iizuka

    茨城と言えば筑波山があることで有名です。そこまで高くないことから、登山に来る人も多く、ケーブルカーや、ロープウェイが利用できるのも、観光客には嬉しいサービスです。筑波山に向かう時には、登るコースもリサーチが必要です。今回は、ドライブのコースですが、電車で行く時には筑波山きっぷもぜひ検討してみて下さい。

    まず、筑波山の行き方は、カーナビを使用する時は「筑波山神社」か「筑波残京成ホテル」が有効です。神社はケーブルカー、ホテルがロープウェイの近くまで案内します。県道42号は道が狭いので避けて通りましょう。本格的に登山をしないのであれば、頂上でソフトクリームを食べても2時間あれば充分でしょう。

    「つくばエキスポセンター」で科学を楽しむ

    Photo by TSUKUBA Vision

    筑波山でたくさんのマイナスイオンを吸い込んできたら、今度は宇宙に触れてみましょう。「つくばエキスポセンター」は展示の料金だけなら大人410円、子供210円で入れてしまう魅力的な人気スポットです。2019年10月から大人500円、子供250円に値上がりしてしまうので、今が行きどきです。

    おもしろサイエンスゾーンやエネルギーゾーン、3Dシアターも楽しめます。別途料金は掛かりますが、プラネタリウムも併設されているので、デートや宇宙に興味がある子どもに大人気です。営業時間は基本9:50~17:00ですが時期によって異なります。休館日は月曜日、祝日の場合は翌日に振り替えてくれるのが嬉しいですね。詳しくはホームページで確認してみましょう。

    住所 茨城県つくば市吾妻2丁目9
    電話番号 029-858-1100(代表)

    「JAXA筑波宇宙センター」宇宙を楽しむ

    Photo by uchineko

    まだまだ、茨城のドライブで行ける観光スポットはあります。漫画「宇宙兄弟」を読んだ人なら分かりますが、宇宙にはロマンが詰まっています。「JAXA筑波宇宙センター」なら本物の宇宙開発に取り組んでいるセンターなので、少しだけ宇宙に近づくことができるかもしれません。

    しっかり見学をしたいのであれば、見学コースが用意されています。セキュリティもしっかりしているので、中学生以上は写真付きの身分証明書が必要です。見学ツアーは18歳(高校生)までは無料、大人は500円と安く入れます。予約制のため、ホームページでしっかり予約と時間をメモしましょう。

    Photo byWikiImages

    また、無料で自由見学も楽しめます。途中参加や途中退出が自由で説明員が展示ガイドをしている時間帯もあります。開館時間は9:30~17:00(スペースドーム)、10:00~17:00(プラネットキューブ)です。休館日は不定休のため、ホームページで開館日カレンダーを確認しましょう。

    住所 茨城県つくば市千現2-1-1
    電話番号 029-868-2023

    世界最大の青銅製立像「牛久大仏」を見て驚く

    Photo bySnnms

    さて、しっかりと宇宙に触れた後は、過去に遡り大仏を見て歴史を感じましょう。茨城で有名な「牛久大仏」です。山の中からいきなり大仏が顔をだすのでビックリする人も多いこの場所は、大仏の中に入れることで有名です。デートスポットとしても有名なのは、大きな大仏様が出す不思議なオーラに魅了されるからでしょうか。

    世界一の高さの120mを誇る大仏は中にも、小さな仏像がたくさんおさめられています。いつもは感じることのできない神秘的な時間を味わえます。エレベーターで上がり大仏の中から見た景色も絶景です。料金は大人800円、子ども400円です。拝観時間は3月から9月までの平日は9:30~17:00、土日祝日は9:30~17:30です。10月から2月までは9:30~16:30で統一されます。

    住所 茨城県牛久市久野町2083
    電話番号 029-889-2931

    「あみプレミアム・アウトレット」で買い物を楽しむ

    Photo by Yasuhiko Ito

    日帰り旅行の最後はやはり、買い物で締めくくりたいものです。「あみプレミアム・アウトレット」でお買い物を目一杯楽しみましょう。国内外のブランドが勢揃いして、毎日お得な値段で購入できます。デートの場合はプレゼントを渡すのにも、購入するのにも最適です。

    疲れた時には、飲食店もあるので、ご飯をゆっくり食べてから帰路につくといいでしょう。営業時間は10:00~20:00、休業日は年一回です。詳しくは店舗も含めてホームページを確認しましょう。

    住所 茨城県稲敷郡阿見町よしわら4-1-1
    電話番号 029-829-5770

    春の茨城ドライブデートは花とグルメを楽しむ

    フリー写真素材ぱくたそ

    次は、春に向けた茨城の日帰りデートコースを紹介しましょう。1つ目とはまた違ったコースで違う茨城の人気スポットに出発できます。2つ目はドライブをしながら、観光スポットの人気の花とグルメを周りましょう。

    日本三名園「偕楽園」で梅を楽しむ

    Photo by tfukaga

    日帰りドライブの1番初めに辿り着くのは「偕楽園(かいらくえん)」です。100種類の梅が3000本出迎え、日常を忘れさせてくれます。花の匂いと、花の数に圧倒され、魅了されデートには最適なひとときが過ごせるでしょう。庭園なので家族連れにも向いています。

    開園時間は2月20日から9月30日まで6:00~19:00、10月1日~2月19日までは7:00~18:00です。入園料は無料ですが、好文亭に入る時には大人200円、子ども100円が必要です。年中無休で開園していますがやはり、梅が咲く頃に活気づきます。

    住所 茨城県水戸市常盤町1丁目3-3
    電話番号 029-244-5454

    「国営ひたちなか海浜公園」で春の花を楽しむ

    Photo by Zengame

    次に辿り着くのもまた、花の世界です。「国営ひたちなか海浜公園」で今度は色々な種類の花が見られます。春の花ではネモフィラやスイセン、他の季節も様々な花が歓迎してくれます。観光スポットとして人気を集めるのは、園内は花だけでなく、シーサイドトレインやプレジャーガーデンもあり、丸一日過ごせそうなほどの広さがあるからです。

    入園料金はおとなが450円、中学生以下は無料です。65歳以上の人は210円になり、2日通し券も用意があり、ゆっくり楽しめます。休館日は月曜日となり、開演時間は基本的には9:30です。季節ごとに閉館時間が異なり、早朝開園なども行っているのでホームページを確認しましょう。

    住所 茨城県ひたちなか市馬渡大沼605-4
    電話番号 029-265-9001

    「大洗海鮮市場」で新鮮な魚介を頂く

    Photo by amenohi

    次に向かう先は、お腹も空いてきた頃合いになるので「大洗海鮮市場」です。水揚げされたばかりの新鮮な魚介類を食べることもでき、おみやげにもできます。スペシャル海鮮丼は1580円で美味しく頂けるので、魚好きにはたまりません。

    年中無休で営業しており、営業時間は平日7:30~19:00、土日祝日は6:30~19:00です。季節ごとに変動があるので確認をしてから向かいましょう。

    住所 茨城県東茨木郡大洗町磯浜町8253-56
    電話番号 029-267-0121

    「アクアワールド茨城県大洗水族館」で魚を見る

    Photo by t.kunikuni

    お腹がいっぱいになったら今度はゆったりと自然の生き物と触れ合える「アクアワールド茨城県大洗水族館」を満喫しましょう。サメの飼育種類が日本一を誇ることでも有名です。「これもサメなの?」と思わず言いたくなるほどみかけも様々で、見比べするのも楽しいでしょう。

    入場料金は2019年10月から大人2000円、小・中学生900円、幼児300円です。年間パスポートも用意があるので、比較的ドライブで水族館を楽しみたい人にはおすすめです。年中無休で通常は9:00~17:00で入館できます。休館日が別途設けてあるので年度ごとに変わるためホームページで確認しましょう。

    住所 茨城県東茨木郡大洗町磯浜町8252-3
    電話番号 029-267-5151(代表電話に繋がります)

    「大洗マリンタワー」で景色を楽しむ

    Photo by wonderstory

    続いて訪れるのは、景色が上から展望できる「大洗マリンタワー」です。地上60mの大洗町のシンボルとして知られています。3Fの展望室からは、天候がよければ富士山も見られるそうです。カップルにおすすめなのは「ドルフィンファンタジー」願掛けにミサンガを壁画のそばにあるロープに結ぶことで願いが叶うと言われており、多くのカップルが恋愛成就を願い訪れます。

    展望室の料金は大人330円、小人160円、小学生未満は無料です。営業時間は一番短い期間で9:00~18:00、長い期間で9:00~21:00です。時期ごとに違うので確認が必要です。元旦は5:00から開園しています。

    住所 茨城県東茨木郡大洗町港中央10
    電話番号 029-266-3366

    夜は美味しい「あんこう鍋」を頂く

    Photo by くーさん

    疲れて変える前には茨城の郷土料理でもある「あんこう鍋」を食べて帰りましょう。大洗町であんこうが食べられるお店はたくさんあり、「藤よし」や「旬菜 味心 きくち」「かま家」など数え切れないほどの名店もあります。お店の下調べをして行くとスムーズに立ち回れるので、場所と営業時間も一緒にリサーチしておきましょう。茨城のあんこう鍋は絶品です!

    茨城のロングドライブで自然が満喫できるスポット

    Photo by t.kunikuni

    3つ目のコースは、茨城県の縦に長い県の形を考えてドライブが主になるロングドライブで自然が味わえるデートスポットを紹介しましょう。もちろん人気の観光スポットも取り入れているので、満足して頂けます。しっかりと日帰りで帰れるプランですが、お気に入りの所で長居をすると崩れてしまうので、配分が大事になってくるでしょう。

    自然が作り出し美しい造形「篭岩」

    Photo by t-mizo

    はじめに辿り着くのが「篭岩」です。ハイキングとしても活用され、短時間で登れるのも魅力の一つです。篭岩とは長年の風雨によって岩が削られ、篭の目に見えることから名前もつきました。

    上級者向けのコースもあるので、登山に夢中にならずに景色を楽しんで帰ってくるとちょうどいいでしょう。出発時点が分かりにくいようです。駐車場の位置を確認してからドライブに向かいましょう。

    住所 茨城県久慈郡大子町北富田篭岩
    電話番号 0295-52-1111(市役所代表)

    工場見学やゆば造りが体験できる「奥久慈ゆばの里」

    Photo by Siegfy

    ちょっとしたハイキングで体を動かした後には「奥久慈ゆばの里」に行ってゆば作りも体験してみましょう。意外にむずかしいと言われるゆばの引き上げ体験ができます。予約制なので、興味がある時には事前に予約しましょう。もちろん、食事もできます。ランチ限定のゆばの里は2100円で9つの小鉢と季節のご飯が食べられます。営業時間は販売店やレストランで異なります。

    住所 茨城県久慈郡大子町塙734
    電話番号 0295-72-8551(本社)

    日本3名瀑に数えられる綺麗な滝「袋田の滝」

    Photo by IbaGeo

    次に訪れるのは観光スポットとして有名な「袋田の滝」です。茨城に日帰りでドライブするのであればぜひおすすめの場所になります。高さ120m、幅73mの大きさで大岩を4段落下してきます。水の勢いや季節により、顔を変える滝に年に何度も訪れる方も大勢います。

    トンネルに入る時には別途金額が必要になり、大人300円、子供(小学生)150円です。トンネルの営業時間は5月から10月までは8:00~18:00、11月から4月までは9:00~17:00までです。年中無休で営業しています。

    住所 茨城県久慈郡大子町袋田3-19
    電話番号 0295-72-4036(管理事務所)

    バンジーも楽しめる日本一高い「竜神大吊橋」

    Photo by TANAKA Juuyoh (田中十洋)

    綺麗な滝を眺めた後は、絶景も楽しめる「竜神大吊橋」に向かいましょう。この長い橋は歩行して渡ることも可能で、日本最大級の高さをのぞき窓から覗くことでスリルも体感できます。カップル向きなのはシンボルでもある龍神カリヨン内に愛の鐘が鳴らせることです。

    2人一緒に押さないと鐘がならない仕組みになっているので恋人同士で訪れる人も多いようです。渡橋料金は大人310円、子供210円になります。営業時間は8:00~17:00までです。天候により通行が制限されることもあるようなので、天候が気になる時は問い合わせてみたほうが良いでしょう。

    住所 茨城県常陸太田市天下野町2133-6
    電話番号 0294-87-0375

    茨城の神社と霞ケ浦を楽しむドライブコース

    Photo by kushii

    最後のコースは茨城県の神社と霞ヶ浦を楽しむ日帰りトライブコースです。特に最後の夜景も綺麗に見えるため、デートにも人気のコースです。神社の澄んだ空気に触れ、最後は綺麗な夜景まで眺めて帰りましょう。

    東国三神社「鹿島神宮」

    Photo by Norisa1

    最初に訪れるのは東国三社のひとつ「鹿島神宮」です。武道で信仰する人も多く勝利の神様と呼ばれます。国宝「フツノミタマノツルギ」は全長約3mある直刀がおさめられていることでも有名です。パワースポットとしても有名で「鳥栖神社」「香取神社」も一緒に回る人も多いようです。

    住所 茨城県鹿嶋市宮中2306-1
    電話番号 0299-82-1209

    のんびり川下り「水郷潮来十二橋巡り」

    Photo by yuki5287

    神社でたくさんのパワーをもらった後は「水郷潮来十二橋巡り」でゆっくりと船で景色を眺めましょう。時間によってコースが異なり金額も変わります。一回に乗船できる人数も決まっているため予約したほうが確実です。全部で4コースあり、前川十二橋コースは30分で定員が5名まで5000円です。一番長いAコース(出島一周コース)で70分、定員5名まで7000円で楽しめます。

    住所 茨城県潮来市潮来109-12
    電話番号 0299-62-2294

    湖を見ながら爽快ドライブ「霞ヶ浦」

    Photo by km058

    次のスポットに辿り着くまでは、ドライブをしながら霞ヶ浦を眺めましょう。なんと、茨城県全体の1/3を占める面積の湖です。釣りに訪れる人も多く見られ、遊覧船やクルージングも楽しめます。近くにも人気の観光スポットが多くあるため、一息つきたい時には活用できます。

    大杉神社の総本宮「大杉神社」

    Photo by maijou2501

    霞ヶ浦を眺めた後は2つ目の神社に到着します。「大杉神社」です。祀られているのは「あんば様」です。どんな願い事もかなってしまうと言われるほど、中に巨大なお守りを購入出来る場所や境内社が10つもあります。

    それぞれの境内社に立て札があり、しっかりと解説があるので安心です。勝馬神社など、競馬に少しでも興味があれば、行ってみるとおもしろいでしょう。意外に元を辿ると繋がっているものです。

    住所 茨城県稲敷市阿波958
    電話番号 029-894-2613

    子連れでゆっくりできる「霞ヶ浦総合公園」

    Photo by inunami

    最後を飾るのに相応しいのが、「霞ヶ浦総合公園」です。大きなオランダ型風車が目印になる自然が豊富な公園です。嬉しいのは、施設が充実していること、自然観察や植物園、プールや入浴施設まで揃っています。

    子供も楽しめるツェッペリン号やローラー滑り台、公園内に水郷の滝まであります。デートスポットとして盛り上がるのが、イルミネーションの綺麗な所です。11月から2月まで水郷桜イルミネーションとして盛大に光で公園が彩られます。

    住所 茨城県土浦市大岩田1051
    電話番号 029-823-4811

    自然広がる茨城は見どころも多くドライブにおすすめ

    Photo by t.kunikuni

    ここまでたくさんの茨城県の観光スポットを紹介してきました。家族で楽しめる場所、デートでも盛り上がれる場所、様々あります。日帰り旅行といっても、見どころがたくさんあり、しっかりとタイムスケジュールを組まないとまわりきれなくなる可能性もあります。家族や友人、恋人同士でも楽しめる茨城県、ぜひ次のお休みにでもドライブして見ませんか?

    misa-714r
    ライター

    misa-714r

    関東在住。カフェ巡りが趣味です。現在は育児中のためゆっくり過ごせないこともありますが、口コミなどを調べて子連れでも楽しめる場所を探すのが得意です。

    こちらもおすすめ♡

    人気記事ランキング