【貝焼き味噌】は青森・津軽地方の郷土料理!簡単にできるレシピや通販は?

【貝焼き味噌】は青森・津軽地方の郷土料理!簡単にできるレシピや通販は?

貝焼き味噌は、ホタテや魚介類が好きな方におすすめの青森の郷土料理です。太宰治も貝焼き味噌を愛したといわれており、青森の食文化の歴史が感じられます。テレビ番組でも紹介される機会も増え、貝焼き味噌は注目度の高い郷土料理と一つといえます。

記事の目次

  1. 1.貝殻を鍋代わりにして作る「貝焼き味噌」
  2. 2.貝焼き味噌の由来
  3. 3.簡単!フライパンで作る貝焼き味噌のおすすめレシピ
  4. 4.通販で買える人気の貝焼き味噌
  5. 5.ホタテのおいしいエキスが詰まった貝焼き味噌

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

貝殻を鍋代わりにして作る「貝焼き味噌」

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

貝焼き味噌とは、青森県下北地方や津軽地方周辺で広く食べられている郷土料理の一つです。下北では貝焼き味噌ではなく、みそ貝焼きと呼ばれる場合もあります。貝焼き味噌の大きな特徴は、陸奥湾で収穫されたホタテガイの貝殻を鍋の代わりに利用するという点です。

貝焼き味噌は、貝殻の中に食べやすいサイズに切ったイワシやサバに、家庭で作った味噌を乗せて焼く調理法が広く知られています。素朴な味わいでおいしいと人気がある貝焼き味噌は、青森県の飲食店や通販などで食べられます。

青森県・下北地方と津軽地方の家庭の味

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

青森県むつ市小川町にあるまたむつ商工会議所では、青森の家庭料理貝焼き味噌を後世に伝える事を目的に、レシピを配布しています。貝殻を使用せずフライパンを使って貝焼き味噌を作る青森の家庭も多いようです。貝焼き味噌のレシピや具材は、家庭や地域によって違いがあります。

青森の多くの家庭では、貝焼き味噌を白ご飯にかけて朝ご飯にしたり、夜の晩酌のお供にしたりと大変身近な郷土料理です。地域の家庭料理を扱う番組で貝焼き味噌が紹介される機会も増え、全国的な知名度も向上しました。

近年では貝焼き味噌や貝焼き用の貝殻も通販でも販売されるようになり、青森県以外でも食べられています。独自のアレンジを加えた貝焼き味噌も人気で、幅広い世代におすすめの郷土料理です。

太宰治の作品にも登場

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

貝焼き味噌は、太宰治の著書「津軽」でも紹介されています。太宰治の本では、卵味噌のカヤキという呼び名で登場します。太宰治は青森県出身で、貝焼き味噌にも深い思い入れがあったようです。

太宰治が紹介している貝焼き味噌のレシピは、貝の鍋に味噌と鰹節を入れて煮たものに鶏卵を入れるというシンプルなものです。太宰治は貝焼き味噌を体調が悪い人に提供する食事であると紹介しています。太宰治の本を読んで貝焼き味噌に興味を持った方は、ぜひ実際に食べてみましょう。

【けの汁】は青森の温かい郷土料理!簡単にできるレシピやおすすめの通販は?のイメージ
【けの汁】は青森の温かい郷土料理!簡単にできるレシピやおすすめの通販は?
青森の「けの汁」は、寒い冬におすすめのおいしい郷土料理です。たくさんの野菜が入った食べやすいけの汁はすまし汁ですが、出汁の取り方や具材などに独特なレシピがあります。そんな青森の郷土料理・けの汁魅力や簡単なレシピ、自宅で楽しめるおすすめ通販をご紹介しましょう。

貝焼き味噌の由来

Photo by TANAKA Juuyoh (田中十洋)

貝焼き味噌は、少なくとも江戸時代から食べていたと考えられています。元禄2年の「江戸料理集」には、貝焼き味噌に似た玉子貝焼と味噌貝焼のレシピが掲載されています。貝焼き味噌は、玉子貝焼と味噌貝焼のレシピが時代と共にあわさり現在の姿になったようです。

津軽地方と下北地方では、貝焼き味噌の作り方や呼び方が異なっています。穀倉地帯だった津軽地方と寒さで食物が育ちにくかった下北地方では、異なる食文化が育まれた事が影響していると考えられています。貝焼き味噌の由来には青森の自然も関係しています。

もともとは漁師メシ

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

貝焼き味噌は、陸奥湾の漁師が好んで食していた料理です。漁師はホタテの貝殻を鍋にして、魚と味噌の煮込み料理を楽しんでいました。当時の漁師は具材に旬の食材やかつお、焼き干しの出汁を豪快に入れていたといわれています。

漁師の家では、貝焼き味噌専用の天然ホタテの殻を準備している場合もあります。養殖ホタテが一般的になり、漁師でも大きな貝殻は手に入りにくくなりました。貝殻は使い込むほど美味しいといわれていて、繰り返し利用する家も少なくありません。

卵入りの貝焼き味噌は滋養食

Photo by t-mizo

その後貝焼き味噌は、漁師飯から各家庭でも作られるようになりました。母の味になった貝焼き味噌は当時貴重だった卵を入れて食べられるようになります。人をおもてなしをする際にも卵入りの貝焼き味噌が振る舞われました。

さらに卵入りの貝焼き味噌は、体調を崩した時や妊娠、出産後に滋養食として食べられてきました。太宰治も体調を崩した際、卵入りの貝焼き味噌を食べたといわれています。やがて卵入りの貝焼き味噌は広く普及し、体調が良い時にも食べられるようになります。

時代が進むにつれ卵が安価で手に入るようになると、レストランや旅館でも貝焼き味噌が食べられるようになり、郷土料理として注目を集めます。グッズ販売やレシピ紹介も積極的に行われるようになり、現在では貝焼き味噌は青森以外でも広く知られる存在となりました。

青森の絶品ホタテを贅沢に味わう!新鮮で美味しい料理が楽しめる専門店をご紹介のイメージ
青森の絶品ホタテを贅沢に味わう!新鮮で美味しい料理が楽しめる専門店をご紹介
青森で食べたい海鮮といえばマグロがありますが、実はホタテも絶品なことをご存知でしょうか。今回は、青森の絶品ホタテについて、歴史や美味しさの秘密に触れつつ、おすすめのホタテ料理専門店「ホタテ一番」についてたっぷりとご紹介致します。

簡単!フライパンで作る貝焼き味噌のおすすめレシピ

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

おいしい貝焼き味噌は、ホタテの貝殻がなくても簡単に作れます。小さめのフライパンや鍋が貝殻代わりになります。貝焼き味噌は煮汁が多くないので、小ぶりのフライパンで十分です。

材料

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

貝焼き味噌の基本の材料は、ホタテ貝柱やベビーホタテ長芋、ねぎ、季節の魚、旬の野菜、味醂、味噌、卵、カツオ節、板麩、出汁です。ほかにお好みの材料があれば一緒に入れても良いでしょう。味噌は赤味噌を入れる場合もありますが、津軽は白味噌が主流です。

味噌に悩む場合は、通販でも購入できる青森の津軽味噌がおすすめです。その他貝焼き味噌にあわせて楽しむ白ご飯やパン、お酒を準備しておくとよりおいしい貝焼き味噌が堪能できるでしょう。

作り方

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

まずは、用意した材料を食べやすい大きさに切りましょう。卵は溶き卵にしておきます。その後出汁を作ります。簡単に出汁を作る場合は、味噌、みりん、市販の出汁を混ぜて煮込みます。こだわりたい場合は、カツオ節やホタテから出汁を取る方法もおすすめです。

出汁が煮立ったら、材料を煮込んでいきましょう。長芋や根菜類を入れてからホタテを入れて煮立てるとおいしいのでおすすめです。またこの時に味見をして、味が薄ければ塩胡椒や出汁を増やすなどして調整しましょう。仕上げに卵でとじます。

卵は固まる恐れがあるので、食べる直前に入れる方法がおすすめです。卵が半熟状態になったら、火を止めましょう。その後混ぜると見た目が悪くなる可能性もありますが、混ぜる事によって味が均等になります。

その後器に貝焼き味噌を入れて食べてください。色合いを出したい時は、上から長ねぎの青い部分を乗せる食べ方もおすすめです。白米やパンに乗せて食べるとおいしいという人も多いので、お好みのアレンジで味わってください。貝焼き味噌と一緒に青森の地酒を楽しむのもおすすめです。

「十和田バラ焼き」は青森の魅惑のご当地グルメ!美味しさ決め手は人気のタレのイメージ
「十和田バラ焼き」は青森の魅惑のご当地グルメ!美味しさ決め手は人気のタレ
ご当地グルメの祭典をきっかけに徐々に注目を集め、人気を集めるようになったものが、各地のご当地グルメです。今回ご紹介する十和田バラ焼きは知名度で言えばまだマイナークラスですが最近人気になりつつあるご当地グルメです。十和田バラ焼きとはどんなものなのでしょうか。

通販で買える人気の貝焼き味噌

Photo byFirmbee

より簡単においしい貝焼き味噌を味わいたい方は、通販の利用もおすすめです。通販では、簡単な調理だけですぐに食べられる貝焼き味噌も数多く扱っています。賞味期限が長い貝焼き味噌もあるので、非常食としてもおすすめです。

「みなみや みそ貝焼きの素」

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

通販で購入できるみなみや みそ貝焼きの素は、溶き卵を入れるだけで簡単に食べられる商品です。ホタテや味噌、ウニが入っており、本場の貝焼き味噌を楽しめます。

賞味期限は3年と長いので、非常食として常備しておくのもおすすめです。食べ方は、鍋やフライパン、ホタテの貝殻にみなみや みそ貝焼きの素を入れて1分弱火で温めます。

温かくなったら、卵を1個溶いて入れます。他にもお好みで長ネギや豆腐などを入れて、通販で貝焼き味噌を自分なりにアレンジするのもおすすめです。缶切りも不要で、手軽に食べられると人気があります。貝焼き味噌は初めてという方にもおすすめです。

みなみや みそ貝焼きの素

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天

「〈ふるさと納税〉塩越商店 青森の郷土料理 ほたて貝焼き味噌5枚」

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

ふるさと納税で貝焼き味噌を味わいたい方は、〈ふるさと納税〉塩越商店 青森の郷土料理 ほたて貝焼き味噌5枚がおすすめです。食べ方は温めるだけなので、忙しい方からも人気があります。賞味期限は冷凍した場合は1年以内で、長持ちする点も魅力です。

ホタテは、ホタテ養殖に適した青森県陸奥湾で育てられています。管理も徹底して育てられたホタテは、甘みや旨さを感じやすいでしょう。貝焼き味噌に使われているホタテは、ホタテは旬の4~8月に水揚げされ、美味しい状態ですぐにスチームボイルされます。

〈ふるさと納税〉塩越商店 青森の郷土料理 ほたて貝焼き味噌5枚を販売している有限会社塩越商店は、50年以上の歴史あるホタテ養殖や加工を行う会社です。

家族経営の会社で、地元でも愛されています。生産者の分かる通販商品を希望する方にもおすすめです。ふるさと納税で地域のサポートも可能なので、ぜひ手に取ってみてください。

塩越商店 青森の郷土料理 ほたて貝焼き味噌5枚

出典: 楽天
出典: 楽天
出典: 楽天
楽天
青森の「のっけ丼」は楽しい選び放題の海鮮丼!おすすめの具材や失敗しない技は?のイメージ
青森の「のっけ丼」は楽しい選び放題の海鮮丼!おすすめの具材や失敗しない技は?
青森の名物料理である「のっけ丼」は、青森県自慢の名物を遊び心満点のシチュエーションで楽しめるエンターテインメント性溢れる料理です。10人いればそれぞれ違う丼が出来上がるほどバラエティに富んだのっけ丼を、間違いなく美味しく仕上げるコツを、本記事では紹介します。

ホタテのおいしいエキスが詰まった貝焼き味噌

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

貝焼き味噌の歴史は古く、青森県でおもてなしや滋養食材として愛されてきました。現在では簡単なレシピも復旧し、通販でも貝焼き味噌が簡単に手に入ります。貝焼き味噌はご飯のおかずとしてだけではなく、お酒のおつまみやパンにのせて朝ご飯にしたりとアレンジ自在です。

太宰治も愛し文献にも残っている郷土料理を味わい、青森貝焼き味噌の歴史に思いを馳せてみてもいいでしょう。

※ご紹介した商品やサービスは地域や店舗、季節、販売期間等によって取り扱いがない場合や、価格が異なることがあります。

塩越商店 青森の郷土料理 ほたて貝焼き味噌5枚

サイトを見る

みなみや みそ貝焼きの素

サイトを見る
さとひろろ
ライター

さとひろろ

女の子と男の子2人のアラサーママです。家族4人でお出かけするのが大好き!最近は、息子と一緒にハマった特撮作品のロケ地に行くのが趣味です。素敵な旅ができるように魅力的な情報をお届けできればと思います。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング