青森の「のっけ丼」は楽しい選び放題の海鮮丼!おすすめの具材や失敗しない技は?

青森の「のっけ丼」は楽しい選び放題の海鮮丼!おすすめの具材や失敗しない技は?

青森の名物料理である「のっけ丼」は、青森県自慢の名物を遊び心満点のシチュエーションで楽しめるエンターテインメント性溢れる料理です。10人いればそれぞれ違う丼が出来上がるほどバラエティに富んだのっけ丼を、間違いなく美味しく仕上げるコツを、本記事では紹介します。

記事の目次

  1. 1.青森の「のっけ丼」が楽しい!
  2. 2.「のっけ丼」ってなに?
  3. 3.青森名物「のっけ丼」を楽しめる場所
  4. 4.青森名物「のっけ丼」の楽しみ方
  5. 5.青森名物「のっけ丼」おすすめの具材
  6. 6.青森名物「のっけ丼」失敗しないために
  7. 7.青森観光に行ったら「のっけ丼」に挑戦しよう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

青森の「のっけ丼」が楽しい!

Photo by [puamelia]

選ぶ自由があるというのは、非常に楽しいことですが、あまりに自由に選んでいいと言われても迷ってしまうという方もいるでしょう。青森の名物料理である「のっけ丼」は、一言で言ってしまえば海鮮丼なのですが、普通の海鮮丼とはひと味もふた味も違う、魅力満点のおすすめの名物料理です。

どこに魅力があるのかと言うと、やはり具材を自由に選び放題な点でしょう。本来、海鮮丼は具材が店側であらかじめ決められており、自由に選ぶことは出来ません。しかし、青森ののっけ丼は、好きな具材をチョイスして自分だけのオリジナル丼を作ることが出来る楽しい海鮮丼なのです。

本記事では、あまり自由だとなかなか決められない、失敗したくないとお考えの方のためにのっけ丼を楽しむコツや、失敗しないためのポイント、そしておすすめの具材を紹介します。

30種類以上の具材を選び放題

Photo by matsudon,giraffe

のっけ丼の具材の種類はなんと30種類以上と言われています。マグロやサーモンなどの、海鮮丼の定番具材はもちろんのこと、アンコウやホタテ、サバなどの海鮮丼ではあまり見ない一風変わった具材まで幅広く揃っています。

一年中様々な美味しい海産物が獲れることで有名な青森の海ですが、もちろん季節ごとに旬があります。のっけ丼の具材ラインナップにも、もちろん季節は影響しており、季節ごとに違った青森の味覚を味わえます。具材で季節を感じられるのも、のっけ丼の魅力です。

四季折々に楽しめる、季節ごとのおすすめ具材については後述させていただきますので、旬の具材や食べたい具材を狙い撃ちしたいときは参考にしてみてください。

Photo by takeshikj

のっけ丼の具材として選べる具材は、青森の新鮮な生の魚介類だけではありません。漁師の奥様方自慢のお漬物や、美味しい魚介類を使った揚げ物、さらにはじっくり炭火で焼いた焼き魚も選ぶことが出来ます。

「のっけ丼」ってなに?

Photo by Richard, enjoy my life!

のっけ丼とは、前述した通り選り取り見取りの具材が選び放題の自由度がとても高い海鮮丼で、青森の名物料理です。元々の起源は釧路で生まれたとされており、好き勝手具材を乗っけて食べる勝手丼と言われてました。リスペクトした青森で名前をのっけ丼と変え、定着しました。

市場内の具材を好きに乗せてカスタマイズできる海鮮丼

Photo by norio_nomura

青森ののっけ丼は、市場内を自由に歩き回りながらお気に入りの具材を直に見て、店員さんと言葉を交わし、交渉して選んでいきます。海産物は、季節はもちろん日ごとに全くと言っていいほど様子が変わります。

おすすめの具材、好きな具材、初めて味わう具材、全てを選び放題の状況で選び、カスタマイズできることが青森ののっけ丼の魅力です。

今や全国的に有名なご当地グルメに

Photo by f_a_r_e_w_e_l_l

現在、青森ののっけ丼と言えば美味しい楽しいご当地グルメとして全国的にとても高い知名度を誇っています。シーズンによっては、のっけ丼のためだけに青森を訪れる方もいるほどと言われています。

しかし、のっけ丼にはのっけ丼だけを目当てに行くほどの価値が十分にあるご当地グルメです。海産物が好きな方であれば、是非行ってみていただきたい場所と言えます。

魚介類だけじゃなく惣菜もOK!

Photo by Mr.Sai

のっけ丼の面白い点は、乗せることの出来る具材が海産物だけではないということです。青森では、いかをミンチにしてカラっと揚げたいかメンチや、しょうがをたっぷり使った味噌おでんなどの昔から広く愛されている、青森の伝統料理ものっけ丼に乗っけることが出来ます。

さらに、様々な種類の漬物も選び放題・乗せ放題となっており、のっけても美味しいのはもちろん、箸休めとしても楽しめます。

青森名物「のっけ丼」を楽しめる場所

Photo byFree-Photos

では、非常に美味しく楽しいのっけ丼はいったい青森のどこで楽しめるのでしょうか。店舗名や場所はもちろん、主なアクセス方法など、のっけ丼を楽しみに行くための最適なルートをご紹介していきます。

「古川市場 のっけ丼 青森魚菜センター本店」

青森ののっけ丼を味わえる場所が、青森市内のJR青森駅から近い場所にある「古川市場」です。看板に出ている店名が「青森魚菜センター」となっているため、一瞬迷ってしまいますが、真っ赤な看板と大きなのっけ丼の文字と写真が描かれた看板があると覚えておけば見つけやすいでしょう。

青森の中心地に建っているだけあり、非常にアクセスが良い点が旅行者にとってはとても嬉しいと言えるでしょう。電車、バス、遠方からであれば飛行機等、どの交通機関を使って来ても難なく足を運べます。

アクセス

Photo byPexels

車で高速道路を使ってくる場合には、 青森中央ICで高速道路を降りるのが最も近いインターとなっております。高速道路を降りた後は、そのまま車でおよそ15分ほどの距離となっております。

かなり高速道路からの距離は近いですが、お越しになる季節によっては注意していただきたい点があります。それは、青森は北国ですので、冬場にお越しになる場合は雪に気を付けていただきたいという点です。

フリー写真素材ぱくたそ

暖かい地域にお住まいの方だと、雪道を走り慣れていなかったり、最悪スタッドレスタイヤを装備していない場合もあります。せっかくの旅行で事故に遭うことほど悲しい事はありません。

古川市場はとてもアクセスが良いので、冬場に訪れる予定の方は、無理をせず電車等の公共交通機関を利用するようにすると良いでしょう。しかし、天候によっては公共交通機関も遅れが出ることは十分に考えられますので、時間に余裕を持つことを心がけましょう。

フリー写真素材ぱくたそ

JRを利用する際は、JR青森駅の正面口から出ると古川市場は徒歩5分という近さです。しかし、電車で来る際は注意していただきたい点があります。それは、在来線を利用した際に停車する「JR青森駅」と、北海道新幹線を利用して青森に来た際に停車する「JR新青森駅」は違うという点です。

二者はとても近いですし、新幹線で新青森駅に来ても、在来線の奥羽本線に乗り換えることで青森駅に簡単に行くことが出来ますが、そもそも違う駅であるという事実を知らなければ、新青森駅の周りを歩いてなかなか辿り着けないということになる場合もあり得ます。

古川市場はJR青森駅の近くであり、新青森駅からは乗り換える必要があるという点はしっかり押さえておいて損はないでしょう。

フリー写真素材ぱくたそ

空の便を利用する際は、空港が少々離れていますので飛行機を降りたら徒歩という選択は難しいでしょう。しかし、空港からは青森空港線というバスが通っています。バスに乗車し、35分ほどバスに揺られると、「青森駅前」というバス停に着きます。

青森駅前はその名の通り、JR青森駅の前のバス停となりますので、そこからは前述した通り徒歩5分の距離となっております。

青森へは交通手段が豊富なので、遠方からでも足を運びやすい場所と言えます。本記事を読んで興味を持たれた方がいらっしゃれば、是非のっけ丼を味わいに行ってみてください。

住所 青森県青森市古川1丁目11-16
電話番号 017-763-0085

青森名物「のっけ丼」の楽しみ方

古川市場への行き方を把握したところで、いよいよのっけ丼の楽しみ方をお伝えしていきます。楽しいひと時をさらに楽しいものにするために押さえておきたいポイントがたくさんありますので、のっけ丼を楽しみに行く予定がある方は必見です。

1・案内所で食券を購入

青森の古川市場に着いたなら、真っ先にしなければいけないことは、先ずのっけ丼を作っていくために必要不可欠な青森の新鮮で美味しい具材たちを手に入れるための食券を手に入れることです。

食券には10枚綴りのものと5枚綴りのものの2種類が用意されており、それぞれ1500円と750円という値段設定となっております。1度に多く買った方が割安ということもないので好きな方を選んで良いでしょう。

何故食券を買うのかと言うと、古川市場ののっけ丼のシステムは、選び放題な点が魅力ですが、好き勝手制限なく選び放題なのかと言われるとそうではありません。古川市場では、食券を具材と交換していくという選び放題のシステムをとっています。

Photo byterimakasih0

販売している場所は、古川市場に入ってすぐの所にある案内所です。店員さんたちの津軽弁にひるんでしまいそうですが、店員さんたちは標準語も話せますので、意味が分からなかったときなどは気軽に聞いてみると良いでしょう。

2・チケットを使ってごはんをもらう

Photo bymikuratv

チケットを購入し終え、いざ楽しい選び放題タイムと行きたいところですが、のっけ丼に限らず海鮮丼を作る上で外せないものを最初に取りに行かなければなりません。

海鮮丼で最も重要な存在は、ご飯です。まず初めに、購入したチケットでのっけ丼の基礎となるご飯を交換しに行きましょう。ご飯は案内所ではなく、古川市場内にあるいくつかの店舗で交換ができるようになっております。先ずはご飯を取り扱っているお店に赴き、ご飯を手に入れましょう。

ご飯を取り扱っているお店の見分け方は、赤い看板を掲げているか否かです。もし場所が分からない場合は、案内所の方に声をかければ案内してもらえます。ご飯はチケット1枚と交換になりますので気を付けましょう。

3・好きな具材を乗せてオリジナルの丼を作る

ご飯を手に入れたらいよいよ楽しい選び放題タイムの始まりです。古川市場内には、たくさんのお店があり、店舗1つ1つで扱っている具材の特徴が違います。例えば、同じマグロの赤身でも、切り方が刺身状か、賽の目かといった違いもありますし、1切れの厚みも違う場合もあります。

非常に種類豊富な選び放題なので楽しい反面非常に迷うことでしょう。記事後半では、選び放題を失敗せずに堅実に楽しむためのコツをお伝えしますので是非ご覧になってください。

4・席に座ってオリジナル海鮮丼を満喫

Photo by june29

お気に入りの具材をのっけてのっけて海鮮丼が出来上がったら、いよいよ楽しい実食タイムです。古川市場内にはいくつかの休憩所が点在しており、休憩所内であればどこの休憩所でも自由に使うことが出来ます。箸や醤油、ワサビは各机に用意されております。

のっけ丼の楽しい点は、みんなで食べるときにもあります。選び放題なので、それぞれ海鮮丼に個性が出るのが魅力と言えます。青森の新鮮な具材を、たくさんの種類少しずつ乗せてとても色鮮やかな海鮮丼を作る方もいれば、1種か2種の特定の具材のみをたっぷり乗せた海鮮丼にする方もいます。

出来上がった丼をそれぞれ見比べるだけでも楽しいですし、SNSに投稿している方も多いので、他の人はどのような海鮮丼を作っているのかを見てみるのも楽しいでしょう。

青森名物「のっけ丼」おすすめの具材

Photo by Johnson Wang

古川市場ののっけ丼の魅力は、前述した通り青森の四季折々の様々な海の幸が味わえることです。当然海産物にも「旬」は存在していますので、最も美味しい時期や、良く獲れる時期で品揃えは激変します。

本項では、季節ごとのおすすめ海産物をご紹介していきます。好きな海産物がシーズンの時を見計らって青森を訪れるとさらに選び放題が楽しいものになること間違いなしです。

春~夏

Photo byHans

春に旬を迎える魚は、あん肝が有名な「アンコウ」や、サケ科の魚である「本マス」、青森で捕れる陸奥湾の毛ガニと言われる「トゲクリカニ」などがあります。他にも、青森では「アブラメ」という名前で呼ばれている魚、アイナメも春から夏にかけての時期が最も美味しいと言われています。

夏が近づくにつれて、青森の名物である陸奥湾の「ホタテ」も食べ頃になってきます。とろりと柔らかく、まろやかな味わいが特徴で、独特の味わいは唯一無二の魅力を持っています。

他にも、見た目はグロテスクですが絶品な「ホヤ」やとても繊細な味が魅力の白身魚「ソイ」など様々な魅力的な青森の味覚が揃っています。

夏~秋

フリー写真素材ぱくたそ

夏真っ盛りから秋にかけてのおすすめ海産物は、お惣菜にもなっている青森の名物料理「いかメンチ」の材料でもある「マイカ」や味噌汁の具材として定番の「シジミ」等があります。

さらに秋が近づいてくると高級魚として有名な「ノドグロ」が旬の時期を迎えます。傷みやすいノドグロのお刺身は、新鮮な魚介類が味わえる市場や、海が近くにある町でしか食べることの出来ない逸品です。秋に訪れる方に強くおすすめしたい具材です。

秋~冬

Photo by Alexandre H. Sato

秋は食欲の秋というだけあり、色々な魚介類が旬を迎えます。代表格と言える魚が「サンマ」です。秋はサンマの脂が最ものっている時期と言われており、塩焼きはもちろん、刺身にしても絶品です。

他にも、日本人ならみんな大好き「マグロ」も、青森では一足早く秋が旬です。秋に訪れたのであれば、旬のマグロを中心に海鮮丼を作るのも良いですが、これでもかとマグロ三昧な海鮮丼も捨てがたい所でしょう。めいっぱい迷うこともまた、のっけ丼の楽しい点です。

更に、秋は「鮭」も旬なので、焼き鮭はもちろん、鮭の卵である「いくら」や「すじこ」も狙い目です。古川市場では、あまり味わえない生鮭を味わえる点にも注目です。

冬~春

フリー写真素材ぱくたそ

青森のような雪国だと、交通の便がかなり悪くなるので冬に行くのはあまりおすすめ出来ないところもありますが、海産物の旬でいえば、冬も見逃せない旬の素材が目白押しの季節と言えます。

代表的なところで行くと、しょっつる鍋で有名な「ハタハタ」や、酢の物やコノワタが絶品な「ナマコ」、そして冬の貝の王様とも言われている「ホッキガイ」などがおすすめです。

他にも、生でも火を入れても絶品な「ミズダコ」や青森の郷土料理である「じゃっぱ汁」のメイン素材ともなっている「真タラ」も冬のおすすめ食材です。古川市場ではより新鮮に昆布締めがおすすめです。

青森名物「のっけ丼」失敗しないために

Photo byjuemi

好きなものを乗せていくのっけ丼で失敗なんてありえないだろうとお思いの方もいるでしょう。しかし、のっけ丼を作っていく過程や食べる直前、様々な場面で「失敗した」と思ってしまう方は絶えません。

どんなことをよく失敗してしまうかというと、選び放題ゆえに後先考えずに具材を選んでしまい、結果チケットが足りなくなってしまうことや、休憩所に向かう途中に更に美味しそうな具材を見つけてしまい、「こっちにすればよかった!」と後悔してしまうパターンです。

では、上記の失敗を回避するためにはどうすればよいのでしょうか。失敗回避のため最もおすすめな古川市場の歩き方をご紹介します。

まず市場を下見しておこう!

Photo byFree-Photos

直ぐにのっけ丼を作りたくなるところですが、まずは一息置いて、古川市場に並ぶ数々の魅力的な青森名物たちを見て回りましょう。市場は毎日商品の顔ぶれが変わる場所です。昨日はあったけど今日は無い、という事態も多々あります。

そのため、今日はどんな青森名物が揃っているのかを、ご飯を手に入れる前に下見して把握しておきましょう。歩き回りながらどのようなのっけ丼の構成にするかを考えながら歩けばさらに失敗のリスクは減らせるでしょう。

Photo byPublicDomainPictures

また、前述した通り、古川市場内の店舗では同じ魚を扱っていますが店舗ごとに切り方や厚みが違うということもあります。

どこの店舗にどんな具材があるか、という点だけでなく、具材がさらに厚いか薄いか、多いか少ないかなどの店ごとの特色も把握しておくと、さらに理想ののっけ丼へ近づくことが出来ます。

そして、知っておくと役に立つかもしれないポイントは、店員さんとコミュニケーションをとるということです。市場と言う場所は、前述した通り日々の漁の状況によって品ぞろえが変化します。旬による差異はありますが、その日最も良い品質の魚が日によって違うことも多くあります。

日々の繊細な変化を隅々まで把握している人たちが、各店舗の店員さんたちです。「今日のおすすめはなんですか?」などと聞けば、是非味わってほしい青森の海渾身の味覚を教えてくれます。

好きな物ばかりでのっけ丼を構成するのものっけ丼の醍醐味ですが、おすすめの魚だけでのっけ丼を作るのもまた、新たな美味しい物との出会いがありそうで良いでしょう。このような様々な楽しみ方が出来るのものっけ丼の魅力と言えます。

好きな具材のチケット枚数を把握!

下見の際に見ておきたい部分は具材の種類や状態だけではありません。チケットとの交換レートもしっかり把握しておくようにしましょう。

具材の交換レートは、必ずしも1枚につき1品目ではありません。人気の具材、分厚くて美味しそうな具材ほど、必要なチケットが2枚だったり3枚だったりとレートが変わります。レートをしっかり把握しておかないと、上記で紹介した失敗の1つ、チケットが足りないという事態に陥ってしまいます。

ちなみに、大体のレートはまぐろが2切でチケット1枚です。中とろになると、1切でチケットが2枚必要となります。イクラとホタテはそれぞれ1皿でチケットが2枚、ウニは1皿チケット3枚となっております。

以上の数字はあくまで目安です。店舗ごとに量が違ったり、必要チケット数が違ったりと多少の差異があるということを承知の上で参考になさってください。

チケットがなくなってしまう悲劇を防ごう

Photo byigorovsyannykov

以上のことから、失敗を回避するために最も有効なのは、チケットの必要数と残数をしっかり把握しておくことと言えます。無計画にチケットを使っていると、あっという間にチケットは無くなり、思ったより具材がのせられない、いわば失敗してしまいます。

しかし、たとえ失敗してしまったとしても、まだチケットが残っていればチャンスはあります。市場とは、スーパーとは少し違う独特の場所です。スーパーでは決してやってくれませんが、市場では場合によって「おまけ」をしてくれることもあります。

つまり、値引き交渉です。少ないチケットでも、余ってさえいれば、まだまだ頑張りようはあります。努力と工夫で貪欲にのっけ丼を豪華にしていくのもまた、のっけ丼の良さでしょう。

Photo by stevendepolo

最終手段として、チケットを更に買い足すという手段もあります、交渉は苦手だししたくないけど、もっともっと豪華なのっけ丼が食べたい、どうしてもあの具材を乗せたい、という時は買い足すのもありです。

買い足す際は、初回購入時と違い、1枚単位で買うことが出来ますので、細かい調整が可能です。いざという時は頼ってみるのも良いでしょう。

青森観光に行ったら「のっけ丼」に挑戦しよう!

Photo by M.Murakami

青森名物、のっけ丼はいかがでしたでしょうか。ロマンとわくわく感溢れる非常に魅力的な名物だと言えるでしょう。青森の魅力がどんぶりの中にぎゅっと詰まったのっけ丼を、青森に訪れた際は是非1度味わってみてください。

1度青森で体験してみたけど失敗してしまって、という方もいらっしゃれば、本記事を参考に是非リベンジしてみてください。

ose0506
ライター

ose0506

食べること、家でゆったり過ごすことが大好きな、しがないライターです。ちょっとした工夫や知恵で、日々をもっと楽しく、より良く、よりお得に過ごせるような、アイデア情報やおすすめ情報をお届けしていきます。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング