岩手・盛岡冷麺の名店11選!絶対食べたいおすすめの有名店は?

岩手・盛岡冷麺の名店11選!絶対食べたいおすすめの有名店は?

盛岡の名物と言えば、言わずと知られた盛岡三大麺の1つ「盛岡冷麺」です。盛岡市内には盛岡冷麺を堪能することができるお店が数多ありますが、そのなかでも盛岡の観光名所と一緒に周りたい、盛岡冷麺の名店を今回は厳選してご紹介します。

記事の目次

  1. 1.盛岡冷麺の人気の秘訣は?
  2. 2.盛岡冷麺と韓国冷麺の違いって?
  3. 3.盛岡冷麺といえば!はずせない名店
  4. 4.盛岡冷麺!盛岡駅近くでおすすめのお店
  5. 5.盛岡冷麺のお店が立ち並ぶ!国道46号線沿いの人気店
  6. 6.盛岡冷麺!大通エリアで有名なお店
  7. 7.盛岡冷麺を堪能しよう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

盛岡冷麺の人気の秘訣は?

Photo by yto

食の宝庫岩手県、県庁所在地である盛岡の名物は言わずと知られた「盛岡三大麺」です。その中の1つ盛岡冷麺は、その独特のコシの強い麺とコクのあるスープがあとひく旨さだと、観光客から地元民まで長い間愛され続けています。

盛岡冷麺の特徴は、もちもちとした力強いコシのある麺です。その秘密は、小麦粉、片栗粉を加えた麺を、麺の太さに合わせた穴から押し出して作られる「押し出し製法」にあり、盛岡冷麺独特のコシの強さを作り出すので、なくてはならない方法です。

Photo byNeiFo

お店によっては自家製麺にこだわって、注文をうけてから麺を押し出し茹でたてを食べることができます。お店の厨房に製麺機があるお店は自家製麺のお店ですので、こだわりの麺を食べたい方は参考にしてみてください。

甘辛酸っぱいスープに病みつき!

Photo by ytaquino

盛岡冷麺と言えば、旨味がたっぷり感じられるスープと、旨辛いキムチの味わいが病みつきになるという人も多いのではないでしょうか。お店によって作り方に違いがありますが、おおよそ牛骨と鶏ガラで出汁をとったコクと旨味のあるスープが特徴的です。

盛岡冷麺にとってキムチは重要なトッピングです。キムチはお店によっては自家製だったり、気温や湿度によって材料の配合を変えていたりと、こだわりぬいたレシピが多いです。

Photo by ayustety

お店によってはキムチの辛さが何段階かに分かれていて、好みの辛さを選ぶことができますが、おすすめはキムチが別皿に乗って出される「別辛」です。最初は、キムチを入れずにスープそのままの味を楽しんで、少しずつ好みの辛さにキムチを足して食べるのが盛岡流です。

盛岡冷麺と韓国冷麺の違いって?

Photo by Hiroyuki Tsuruno

盛岡冷麺、実はそのルーツは朝鮮半島の郷土料理ですが、作り方は盛岡の人の口に合うように独自に改良され、現在の盛岡冷麺として残っています。韓国冷麺の麺は2種類ありますが、盛岡冷麺の基礎となっているのは咸興発祥のビビン冷麺です。

Photo byNechaev

その麺は蕎麦粉入りの灰色で、盛岡冷麺も開発当初は同じ手法で作られていました。しかしその色が食欲をそそらないと、小麦粉と片栗粉を入れて麺の色を白く、それでいてコシの強さを残しています。

開発当時の客は「麺がゴムのようだ」とそのなじみのない食感に驚き、なかなか定着しませんでした。しかし新しい物好きの若者たちに「一度食べたら忘れられない味」と次第に人気が出て現在の盛岡冷麺の人気につながっていきました。

Photo bychengzhu

ビビン麺はスープは無く、コチュジャンや酢、ゴマ油を合わせた調味料にゆでた麺をからめて食べるまぜそばのようなスタイルで、辛味は強めの味です。一方盛岡冷麺は、コクと旨味が深い牛骨と鶏出汁でスープをとっています。

盛岡冷麺はキムチの量で辛味を調整して食べます。日本人の口に合うように変化してきた冷麺ですが、「コシの強い麺」「キムチのトッピング」「牛骨だし中心のコクの強いスープ」の3要素は守り続けていることで有名です。

Photo by yosshi

スイカやなし、りんごなどの季節の果物がトッピングされているのも盛岡冷麺の特徴です。食べなれない人は果物がのっていることに驚くかもしれませんが、コクのあるスープとの相性は抜群です。

盛岡冷麺といえば!はずせない名店

Photo by Mekkjp

盛岡市内には、盛岡冷麺を食べることができる有名店が軒を連ねています。特にこちらで紹介するお店は、盛岡冷麺の発祥店や盛岡冷麺を語るうえでは外すことのできない有名店ばかりです。

盛岡冷麺の歴史を知っていただく味は、また格別です。来盛の際には必ず立ち寄ってほしい有名店ばかりですので、参考にしましょう。

食道園

Photo by yto

盛岡冷麺を語る時に特に外せないお店として有名なのは、盛岡冷麺の発祥店「食道園」です。「食道園」の創業者、朝鮮半島北部の咸興生まれの在日朝鮮人1世の青木輝人が、幼いころに食べた咸興の冷麺を、盛岡の人の口に合うように改良したのが盛岡冷麺のルーツです。

「食道園」のスープは、牛骨と鶏ガラのスープを丹念に4時間ほど煮込んで作られたもの。透明感のあるすっきりとしたスープでありながら、牛肉の旨味と甘みが口の中に広がる逸品です。

ランチ時間帯のおすすめは、冷麺とカルビがセットになったカルビランチです。「食道園」の焼肉は、甘いタレで味付けされた肉を、焼いてから生卵にくぐらせて食べるスタイル。こちらの冷麺はあっさり味なので、焼肉の〆の一品としていただくのがおすすめです。

手ごねのこだわり麺

Photo by Koji Horaguchi

なんといっても食道園の冷麺は、こだわりの自家製麺が有名です。市内のどの冷麺店よりも群を抜いてコシが強い麺は、のどごしがよくくせになると人気の麺です。手ごね自家製麺を店内専用の機械で押し出し、製麺しています。

太くて少し縮れた麺は、まろやかな甘さとコクのスープがよく絡まって、喉を通った時の滑らかさがたまりません。盛岡冷麺の発祥店「食道園」の冷麺を食べて初めて盛岡冷麺を知ることができますので、ぜひ一度は立ち寄ってほしい名店です。

住所 岩手県盛岡市大通1-8-2
電話番号 019-651-4590

大同苑 盛岡総本店

Photo by yto

こだわりの冷麺を食べたい時には、素材にこだわる名店の「大同苑」がおすすめです。注文をうけてから手練りで作る麺は、北海道産馬鈴薯澱粉と小麦粉をブレンドして作ったコシと風味が良い生冷麺として有名です。

岩手のブランド牛の前沢牛と、厳選された牛すじ、牛骨、鶏ガラ、野菜などをじっくり煮込んだ上品でコクのあるスープが有名です。じっくりと煮込まれたうえに脂を取り除き、布でこすという丁寧に作られたスープはまさに絶品。丁寧な職人技の味が虜になります。

オリジナルの「ネギタン塩」もおすすめ

Photo by jetalone

盛岡冷麺の名店「大同苑」に来たら、名物のネギタン塩もはずせません!ネギをタンで包んで小ネギで四角く結んだネギタン塩は、見た目も「肉の小包」のようでかわいらしいです。

口に入れた瞬間にふわっと広がるネギの爽やかな香りと甘み、タンの旨味が絶妙な逸品とこちらも有名です。毎日一つ一つ手作りで包んでいる数量限定メニューですので、確実に食べたいという方は、事前に予約をすることをおすすめします。

住所 岩手県盛岡市菜園2-6-19
電話番号 019-654-5588

肉の米内

Photo bywebandi

創業明治34年の肉の米内は、盛岡で最も歴史のある精肉店です。そんな歴史の深いお肉屋さんの冷麺は、冷麺の名店としては地元の人にもあまり知られていませんが、絶品です。まさに「隠れた有名店」といったところでしょうか。

旨味がたっぷり溶け込んだ透明スープに、太くて力強いコシの強い麺もさることながら、なんといっても絶品なのは麺の上に添えてある味付け肉です!さすが老舗のお肉屋さんが煮たお肉は、ほろほろとしていながらしっかりとした味わいでまた食べたくなる味と有名です。

意外な名店、盛岡の老舗のお肉屋さんの冷麺を知っていると、まさに「盛岡冷麺の通」になれそうです。ぜひ一度ご賞味あれ!

住所 岩手県盛岡市紺屋町5-16
電話番号 019-624-2967

盛岡冷麺!盛岡駅近くでおすすめのお店

Photo by nauleyco

盛岡のソウルフードとして人気の盛岡冷麺は、盛岡駅前にも名店がたくさんあります。盛岡駅からアクセスの良いお店も多いので、新幹線の待ち時間に盛岡冷麺に舌鼓を打つこともできます。

盛岡駅前の盛岡冷麺の有名店は、芸能人にも好評のお店ばかりですので、ぜひ参考にしながら盛岡冷麺を楽しんでください。

盛楼閣(せいろうかく)

Photo by shibainu

「盛楼閣」は盛岡駅の向かいにお店がありますので、アクセスが良く盛岡を代表する焼肉屋の名店です。盛岡冷麺好きの芸能人も立ち寄るお店としても有名です。「盛楼閣」で一番人気のメニューの盛岡冷麺は、ランチの時間帯は冷麺のみ注文のお客様も多いです。

あっさりとしていながらコクのあるスープと、モチモチの噛み応えのある麺は盛岡冷麺を食べなれない人でも食べやすいので、観光客の方にもおすすめです。キムチの辛さも7段階から選ぶことができます。好みの辛さで食べられるところも人気を集める点です。

ぴょんぴょん舎 盛岡駅前店

Photo by bryan...

「ぴょんぴょん舎盛岡駅前店」は、盛岡駅近くのジャーランビルの1階~3階に入っています。1~2階は一般客向け、3階は団体・一般の予約席として設けられているので、団体の観光の時にも使いやすいお店として有名です。

「ぴょんぴょん舎」は創業当時からテイクアウト用の冷麺を販売しているので、名前を聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか?注文が入ってから製麺機でしぼり出す麺はコシが強く食べごたえがあります。

Photo by freeheelskiing_2

こちらもお店の冷麺は、定番の「盛岡冷麺」に「ピビン冷麺」「センナムル冷麺」「桑の葉冷麺」と種類が豊富にそろっています。冷麺の食べ比べをして、お気に入りの一品を見つける楽しみがあるお店です。

明明家(みょんみょんや)

Photo by rail02000

盛岡駅に隣接する駅ビルフェザンの地下のレストラン街にお店を構える「明明家」は、駅ビルの中ということもあり、新幹線の待ち時間などに「ちょっと冷麺が食べたいな」という時にも利用しやすいお店です。

こちらのお店では定番の「盛岡冷麺」「ビビン冷麺」「カルビ冷麺」をいただくことができます。盛岡冷麺の辛さは6段階あり、おすすめは好みで辛さを調整することができる「別辛」です。

Photo by yto

すっきりとしたコクのあるスープとコシのある麺、まさに「麺を楽しむ冷麺」といった味を楽しむことができます。麺はお土産用に半生タイプと生めんが売られていますので、冷麺を楽しんだあと、お土産として購入していくのもおすすめです。

住所 岩手県盛岡市盛岡駅前通1-44
電話番号 019-654-7180

盛岡冷麺のお店が立ち並ぶ!国道46号線沿いの人気店

フリー写真素材ぱくたそ

岩手と秋田を結ぶ国道46号線沿いにも、盛岡冷麺の名店が軒を連ねています。盛岡市内から少し離れた場所ではありますが、岩手山を眺めながら豊かな自然の中で美味しい冷麺に舌鼓をうつことができる有名店がたくさんあります!

国道46号線沿いには、小岩井農場や手作り村、御所湖などの観光名所もあるので、観光スポットを巡りながら冷麺の食べ歩きをするのもおすすめです。

Photo by nikunoki

国道46号線沿い、盛岡手作り村入り口にあたる盛岡繋十文字交差点にある焼肉店「髭」は素材と製法にこだわる盛岡冷麺が食べられるお店として人気です。

創業以来変わらない配合で打たれた「髭」オリジナルの麺は、ツルっとしたのどごしと、モチモチ感がたまらないと有名です。キムチ、チャーシュー、スープも店内製造のこだわりのつまった自家製の物です。

「髭」では盛岡冷麺だけでなく、盛岡三大麺の1つじゃじゃ麺もいただくことができます。盛岡三大麺を存分に味わいたいという方は、冷麺もじゃじゃ麺も一軒で堪能することができる「髭」がおすすめです。

Photo by norio_nomura

「髭」の隠れた人気メニューは岩手県産豚のホルモンを丁寧に下処理して作られた、南部ホルモン鍋です。地産地消にこだわって、岩手の美味しい豚で作られた鍋は、岩手の大自然が育んだ、食の恵みを堪能することができる一品です。

「髭」オリジナルの盛岡冷麺、自家製キムチ、南部ホルモン鍋は持ち帰り用の取り揃えがあります。盛岡冷麺、南部ホルモン鍋は自家製のタレもついてきますので、お店の味を手軽に自宅で味わうことができておすすめです。

ご自宅用にテイクアウトで、複数個数購入して地方発送にも対応していますので、たくさん買ってお土産用にもおすすめです。

三千里

Photo by na0905

雫石町にある「焼肉・冷麺三千里」はドライブインならではのボリュームたっぷりで豊富なメニューを楽しむことができるお店として人気です。雫石地域は澄んだ空気と清らかな水が流れる、自然豊かな美しい地域ですので、自然の中で美味しい盛岡冷麺を楽しむことができます。

手作りにこだわる三千里の盛岡冷麺は、スープ、キムチ、麺のバランスがとれた「三位一体」の味を追求し、創業当時から手作りにこだわっています。特にも冷たい地下水で締めた麺はコシが強く、すっきりとしたのどごしを楽しみたいという方にはおすすめのお店です。

Photo by yto

「さすが焼肉店の盛岡冷麺!」と思わずうなってしまうコク深いスープは、牛骨、牛スネ、丸鳥を惜しみなく使ってじっくり煮込んだ醤油ベースの濃い口仕上げです。三千里の盛岡冷麺は「太麺・濃口スープ」にこだわり、昔ながらの味を守っています。

もう一つの人気麺「カルビスープラーメン」

Photo bytakedahrs

「三千里雫石店」限定のカルビスープラーメンは、牛骨のコクと旨味がたっぷり詰まった「これぞ焼肉店のラーメン!」といった逸品です。真っ赤な色のスープは一見辛そうに見えますが、野菜と牛肉をじっくりじっくり煮込んだ深い旨味とコクが色に表れています。

ほとんどの客がカルビスープラーメンを注文するほどの名物商品です。コクと旨味がつまったスープなので半ライスも注文して、ラーメンライスで最後まで味わうのもおすすめの食べ方です。こだわりがたっぷりつまった「三千里」の隠れた名物、ぜひ一度ご賞味あれ!

住所 岩手県岩手郡雫石町板橋82-3
電話番号 019-692-3552

びょんびょん舎 稲荷町本店

Photo by bryan...

盛岡インターから市内方面に1.5キロの場所にある、国道46号線沿いの「ぴょんぴょん舎稲荷町本店」は、開放的なオープンテラスと、モダンな空間の店内が特徴的なお店です。国道沿いにあるのでアクセスもよくメディアでも取り上げられる人気店です。

人気メニューは盛岡冷麺他全7種類から選べる麺と、3種類の焼肉の盛り合わせ、ミニナムルがセットになった牛焼肉セット。焼肉も盛岡冷麺もお腹いっぱい堪能することができると、女性から家族連れまで人気のメニューです。

岩手県花巻市の豊かな自然の中で育ったまろやかで柔らかい肉質のプラチナポークと呼ばれる「白金豚」とお好きな麺、ミニナムルのセットの白金豚焼肉セットもおすすめです。

オープンテラスが開放的!

Photo by bryan...

国道沿いでありながら店舗の外には緑豊かな木々に囲まれたテラス席があり、ちょっとした遊具もあります。天気が良ければ盛岡の豊かな自然を堪能しながら、美味しい盛岡冷麺をいただくことができますので、観光地としても注目を集めているスポットです。

盛岡市内の珈琲の有名店「クラムボン」の手作り焙煎コーヒー、パフェ、あんみつなどの喫茶メニューも充実していますので、テラス席で盛岡の自然を感じながら、コーヒーやスイーツでゆっくりとした時間を過ごすのもおすすめです。

盛岡冷麺!大通エリアで有名なお店

Photo by Hiroyuki Tsuruno

盛岡駅から歩いて15分ほどの場所にある盛岡大通りエリアにも、盛岡冷麺を堪能することができるおすすめ店があります。大通りエリアには見所ある観光スポットもたくさんありますので、ランチにディナーに観光の合間に、盛岡冷麺を楽しんでください!

牛庵

Photo byulleo

盛岡駅から徒歩15分ほどのアクセスの良い場所にある「焼肉バル牛庵」は、熟成肉やホルモンなどの質の良い肉が安く楽しめるお店として、地元の人にも人気のお店です。特にも岩手のブランド牛、霜降りの前沢牛が破格の値段で食べられると話題のお店です。

太麺が一般的な盛岡冷麺ですが、牛庵の冷麺は細麺が特徴です。細麺でありながらしっかりとしたコシがあってコクのあるスープが細麺によく絡まります。澄み切った透明度の高いスープからは想像できないほど牛の旨味が感じられるスープと、細麺の冷麺の相性は抜群です。

3分の1サイズの冷麺もあるので、焼肉と一緒に盛岡冷麺も食べたいという方にはおすすめです。焼肉屋さんの隠れた名物の盛岡冷麺、来盛の際にはぜひ味わっていただきたい逸品です。

熟成肉もおすすめ!

Photo by yto

「牛庵」といえば、前沢牛をはじめとする美味しくて品質の高い牛肉を、リーズナブルにいただくことができるお店として人気を集めています。おすすめは、名物の落下カルビ付きや新鮮ホルモン、3分の1冷麺他全15品がついて1人4000円の大満足コースです。

Photo by naotakem

もっと贅沢に美味しいお肉を堪能したいという方には、肉刺しの上に贅沢にウニを乗せた肉×ウニ、極・芯タンのグリル瞬間スモーク、3分の1冷麺他全17品がついてお1人様5000円のコースがおすすめです。

営業時間は17時~24時までなのでディナーとして本格的なお肉も盛岡冷麺も味わいたいという方にはおすすめのお店です。盛岡の玄関口、盛岡駅から徒歩圏内のお店ですので、一度立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

南部藩長屋酒場

Photo by 乃良狗

「南部藩長屋居酒屋」は「ここ一軒で岩手県」とも呼ばれ、岩手の郷土料理から三陸漁港直送の新鮮な魚介類、岩手の全21蔵の地酒をいっぺんに楽しめるお店として話題です。お店の前にはちゃぐちゃぐ馬コがお出迎えしてくれます。

毎日19時と21時には東北三大祭りの1つである「盛岡さんさ踊り」の実演があります。本来さんさ踊りは8月1日~4日までの4日間で行われるパレードですが。こちらのお店では年中さんさ踊りの実演をしていますので、いつ行ってもさんさ踊りを楽しむことができます。

「ここ一軒で岩手県」ですから、もちろん盛岡冷麺もいただくことができます。透明度が高いスープとコシの強い麺、王道の味の盛岡冷麺を食べることができます。

「わんこそば」や郷土料理も豊富!

Photo by kawanet

岩手県各地の郷土料理を楽しめるお店としても人気です。盛岡のわんこそばは10杯分楽しむことができますし、花巻の金婚漬、紫波町のばっけ味噌、三陸産のうに、ほや、わかめなどの魚介類も堪能することができ、まさに岩手のグルメを隅から隅まで楽しめます。

岩手の三大肉「前沢牛、奥州いわいどり、白金豚」もそれぞれの旨味を生かした調理方法で美味しく食べることができます。岩手の美味しい食べ物に一度に出会えるお店ですので、観光スポットとしてもおすすめです。

住所 岩手県盛岡市大通2-6-4
電話番号 019-653-7099

盛岡冷麺を堪能しよう!

Photo by nauleyco

盛岡名物の盛岡冷麺の名店についてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。ランチにも、ディナーにもおすすめの盛岡冷麺は、盛岡駅周辺でも、国道46号線沿いでも楽しめるお店がたくさんありますので、観光スポット巡りと合わせて楽しんでください。

goochokipan
ライター

goochokipan

生まれも育ちも岩手県の30代主婦です。岩手の歴史や銘菓、観光情報は詳しいので、岩手の情報を中心にお届けできたらと思っています。ジブリが大好きなジブリおたくです!一番好きなジブリ作品は「魔女の宅急便」。kikiのように明るくたくましくがモットーです♡ハンドメイドが得意なので、手作り雑貨や子ども用品づくりが趣味です。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング