沖縄のモノレールで行ける観光スポット!駅近のホテルやグルメもご紹介

沖縄のモノレールで行ける観光スポット!駅近のホテルやグルメもご紹介

沖縄で唯一の鉄道路線である沖縄都市モノレールは通称ゆいレールと呼ばれ、延長路線も2019年秋に開業します。那覇市内の観光にとても便利な沖縄都市モノレールについて、乗り方をはじめ、各駅ごとのおすすめ観光スポット、駅近のホテルやグルメ情報も含めて紹介します。

記事の目次

  1. 1.沖縄都市モノレール・ゆいレールを乗りこなそう!
  2. 2.沖縄都市モノレール・ゆいレールで行けるおすすめ観光スポット7選
  3. 3.沖縄都市モノレール・ゆいレールの駅近ホテル5選
  4. 4.沖縄都市モノレール・ゆいレールの駅近グルメ5選
  5. 5.沖縄都市モノレール・ゆいレールの歴史
  6. 6.沖縄都市モノレール・ゆいレール延長計画が進行中?
  7. 7.便利な沖縄都市モノレール・ゆいレールで沖縄那覇観光を賢く便利に!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

沖縄都市モノレール・ゆいレールを乗りこなそう!

Photo by Kentaro IEMOTO

沖縄本島には通称「ゆいレール」と呼ばれる沖縄都市モノレールが運行されています。実は、このモノレールが沖縄では唯一の鉄道路線で、那覇空港駅から首里駅まで約13kmの距離で運行されており、延長線も2019年秋には開通します。空港に直結して、那覇観光にはとても便利なこのモノレールは乗り方を工夫すると、各観光スポットを効率よく巡ることができるのです。

沖縄都市モノレール・ゆいレールの停車駅は?

Photo by Tsutomu.

沖縄都市モノレールには、起点の那覇空港駅から終点の首里駅まで全部で15の駅があり、建設中の延長路線が開通すると19駅に増えます。那覇バスターミナルや那覇の中心街国際通りへの最寄り駅もあり、空港からもこのモノレールを使うと短時間のアクセスが可能です。全区間が複線で運行され、所要30分で昼間でも10分間隔の運行と、便利で利用しやすいのが特徴になっています。

沖縄都市モノレール・ゆいレールの料金・乗り方は?

Photo by Kentaro IEMOTO

沖縄都市モノレールの料金と乗り方を紹介します。まず料金は、230円から330円の間に設定されており、全区間乗車しても330円です。乗車距離に応じて230円、260円、300円、330円の料金区間があり、小人は半額になっています。

次に乗り方ですが、乗車券は改札機に投入するのではなく、QRコードをICカードのようにタッチする感覚の新方式の乗り方が導入されているのが特徴です。なかなか斬新な最先端を行く乗り方になっています。

この乗り方では、降車時はどうなるのかと思う人がいると思いますが、乗り方と同じで降車駅で改札口を出るときに、乗車券のQRコードをタッチ画面にかざします。乗車券は回収ボックスの中に入れますが、持ち帰ることもできるので旅行の記念にもなります。

お得なフリー乗車券・周遊パス

Photo by Richard, enjoy my life!

沖縄都市モノレールでは、那覇市内の観光に使いやすいフリー乗車券があるので、これを利用するのが非常に便利でしかもお得です。1日乗車券と2日乗車券があり、料金はそれぞれ800円と1400円で小人は半額になっています。

この乗車券の良い所は、発行日だけが有効なのではなく、発行された時刻から24時間有効なので乗り方に工夫ができることです。2日乗車券も同様です。

さらに、那覇市内に加えて本島の他の観光スポットにも行く場合に便利なのが、モノレールと島内各社の路線バスが乗り放題の周遊パスです。乗り方次第ではかなりのお得になります。料金は1日パスが3000円、3日パスが5500円で小人は半額です。このパスは那覇バスターミナルや国際通りの那覇観光案内所で販売されています。

沖縄都市モノレール・ゆいレールで行けるおすすめ観光スポット7選

Photo by Hyougushi

沖縄都市モノレールは、車両もカッコよく、展望も良いのでモノレール自体が観光スポットと言ってもいいぐらいですが、国際通りや首里城など那覇の観光スポット巡りには本当に便利な存在です。このゆいレールで行ける人気スポットを停車駅ごとに厳選して紹介することにします。

那覇空港駅

Photo by shi.k

沖縄都市モノレール・ゆいレールの始発駅で那覇空港ターミナルビルに直結している駅ですが、この駅自体が観光スポットでもあります。それは那覇空港駅が、鉄道の駅としては日本最西端に位置する駅だからです。鉄道マニアだけでなく、一般の人にも人気と話題を提供してくれる存在です。

パイナップルハウス

Photo bypineapplesupplyco

那覇空港駅から車で約8分の所にあるのがパイナップルハウスです。食事とショッピングが楽しめる観光スポットですが、第一の人気はパイナップルの食べ放題があることです。さらに大きなパイナップルパフェも人気で、南国ならではのパイナップルを十分に堪能でき、暑さの中にも爽快な沖縄観光気分を味わえます。なお、徒歩の場合は小禄駅の方が近く約16分の所要です。

住所 沖縄県那覇市鏡水684-1
電話番号 098-858-9000

赤嶺駅

Photo by Hyougushi

那覇空港駅の次の駅である赤嶺駅も観光スポットの一つです。那覇空港駅が日本の鉄道の最西端の駅であるのに対して、赤嶺駅は最南端の駅になっています。2つの駅が連続して、日本の鉄道の位置的な端の駅になっているという珍しいスポットで、ぜひ訪れてみたい駅です。

旭橋駅

Photo by Hyougushi

旭橋駅は那覇空港駅から5つ目の駅に当たり、那覇空港駅からは所要11分で着きます。この旭橋駅の駅前には那覇バスターミナルがあり、琉球バス交通や沖縄バス等4社のバスが乗り入れています。那覇市内はもとより本島各方面へ多くのバス路線があり、沖縄本島の観光には欠かせないターミナル駅です。

波の上ビーチ

Photo by www.twin-loc.fr

那覇バスターミナルのあるゆいレール旭橋駅から徒歩で約15分の所に位置するのが、那覇市内で唯一のビーチで海水浴場でもある「波の上ビーチ」です。きれいな海と美しい白砂の人工ビーチで、市街地から徒歩圏内という好アクセスが魅力になっています。沖縄を旅立つ最後の時間を有効に使えるスポットでもあります。

住所 沖縄県那覇市若狭1-25
電話番号 098-863-7300

牧志駅

Photo by Richard, enjoy my life!

旭橋駅から3つ目の駅に当たるのが牧志駅ですが、途中にある県庁前駅と美栄橋駅とともに、那覇の中心街である国際通りへのアクセス駅になっています。また、国際通りと同じく賑やかな平和通り商店街へのアクセスもこの牧志駅が便利で、文字通り那覇市の中心街に位置する駅の一つになっています。

国際通り

Photo by Richard, enjoy my life!

「国際通り」は、ゆいレールの県庁前駅から牧志駅付近を通って安里三叉路まで、約1600m続く那覇で最も賑やかなメインストリートです。多くの商店、飲食店が建ち並び奇跡の1マイルと呼ばれていますが、戦後に素晴らしい復興をとげた沖縄のシンボル的存在で、1600mすなわち1マイルからの命名です。ショッピングにカフェタイム、食事を堪能できるゾーンです。

安里駅

Photo by atgw

ゆいレールで那覇空港駅から首里方面へ向かった場合に、牧志駅の次がこの安里(あさと)駅です。県庁前駅と牧志駅と同様に国際通りへのアクセスに便利な他、壺屋やちむん通りへは牧志駅とともにこの安里駅が最寄り駅になります。

壺屋やちむん通り

Photo by 楊尚潔

やちむんとは沖縄の焼物のことで、壺屋エリアには焼物を扱うお店が多くあり「壺屋やちむん通り」と呼ばれます。国際通りから裏道へ入った石畳の、窯元も残る情緒ある通りは、伝統的な焼物だけでなく現代風にアレンジしたものも多く売られているので、女性を中心に大変人気になっているショッピング散策ゾーンで、素敵なカフェもあります。

おもろまち駅

Photo by x768

首里方面へ向かって安里駅の次がおもろまち駅で、那覇空港駅からは約20分の所要です。駅周辺は那覇の新都心を形成し、大型店をはじめとする数多くの店舗が集まり、一大ショッピングゾーンとして那覇の新名所的な存在です。映画館や飲食店も多く、バスターミナルもあって新しい交通の拠点にもなっています。

Tギャラリア沖縄 by DFS

Photo by Richard, enjoy my life!

おもろまち駅に直結しているのが「Tギャラリア沖縄 by DFS」で、日本ではこの沖縄だけという路面型の大型免税店です。パスポートなしで免税品を買うことができ、ブランド品を含め品揃えが豊富なことで知られます。購入した免税品は那覇空港の専用カウンターで受け取るシステムになっているため非常に便利で、平日でも夜9時まで営業という観光客には有難いお店になっています。

住所 沖縄県那覇市おもろまち4-1
電話番号 0120-782-460

沖縄県立博物館・美術館

Photo by x768

「沖縄県立博物館・美術館」は那覇新都心おもろまちにある、文字通り博物館と美術館を合わせもつ複合施設で、通称おきみゅーと呼ばれます。おもろまち駅から徒歩10分の所にあり、沖縄の自然や歴史、文化や芸術に同時に触れることができるという貴重なミュージアムで、沖縄をよく知るためにぜひ訪れてみたいスポットです。

住所 沖縄県那覇市おもろまち3-1-1
電話番号 098-941-8200

首里駅

Photo by Richard, enjoy my life!

沖縄都市モノレール・ゆいレールの終点に当たる駅です。始発の那覇空港駅からは所要27分で到着し、人気観光スポット首里城の最寄り駅で、首里城公園へは路線バスが運行されています。現在は終着駅になっていますが、2019年秋の延長開業により途中駅に変わる予定です。

首里城

Photo by inunami

「首里城」を中心にした首里城公園は那覇市の高台にある人気観光スポットです。中継貿易で栄えた琉球王国時代の姿を復元した園内は、料金の必要な有料エリアにある朱色の壁が鮮やかな首里城正殿や、料金の要らない無料エリアにある赤瓦を使用した守礼門など見所いっぱいです。首里駅からのアクセスは、徒歩で約15分、バスで約8分となっています。

住所 沖縄県那覇市首里金城町1-2
電話番号 098-886-2020

沖縄都市モノレール・ゆいレールの駅近ホテル5選

Photo by くーさん

沖縄都市モノレールを利用しての那覇市内の観光や、那覇バスターミナルから各地の観光スポットへ移動する旅行プランでは、モノレール各駅の近くにあるホテルがやはり便利です。ということで、今回は那覇中心街の駅を中心におすすめのホテルを取り上げました。

ホテルグランビュー沖縄(赤嶺駅)

Photo by macbsd

那覇空港駅の次の駅である赤嶺駅に直結しているのが「ホテルグランビュー沖縄」です。空港からのアクセスが良いのが最高で、明るい外観の8階建てのホテルは全126室と客室数も多く、眺望も抜群です。朝食の和洋バイキングが自慢で朝6:00からの営業が嬉しくなります。

リーガロイヤルグラン沖縄(旭橋)

Photo bydavidlee770924

駅前にバスターミナルがある旭橋駅に直結しているのが「リーガロイヤルグラン沖縄」です。ツインのみで全室35平米以上の広さがある客室を提供する上位ランクのホテルです。最上階に眺望抜群のロビーがあり、14階レストランでの豪華バイキングの朝食は沖縄ならではの品を含めた種類の多さで満足感たっぷりです。

ダブルツリーbyヒルトン那覇(旭橋)

Photo by Richard, enjoy my life!

同じく旭橋駅前に位置するホテルが「ダブルツリーbyヒルトン那覇」です。駅前の好立地で、バスターミナルや国際通りに近いロケーションになります。ヒルトンの名前にふさわしく、安心快適な宿泊は間違いなしで、近隣には郷土料理のお店も多くあり、夕食なしのプランで沖縄料理を堪能するのもおすすめです。

住所 沖縄県那覇市東町3-15
電話番号 098-862-0123

ホテルロコアナハ(県庁前)

Photo by inunami

県庁前駅から徒歩2分の所に位置する「ホテルロコアナハ」は、国際通りの入口に立地しており、まさに国際通りの観光にはぴったりのホテルです。シングル、ツインをメインにした全222室の客室は木を基調にした癒やしの空間が広がります。和洋だけでなく沖縄料理の数々を加えた50種類以上の品を揃えた朝食は、元気いっぱいの旅立ち間違いなしです。

ダイワロイネットホテル那覇国際通り(牧志)

Photo bydavidlee770924

次はモノレール牧志駅に直結する「ダイワロイネットホテル那覇国際通り」です。文字通り那覇市のメインストリート国際通りに面したホテルで、壺屋やちむん通りにも近く、お買い物には非常に便利なロケーションです。レディースルームを含む各種タイプの部屋が揃い、朝食のブッヘも50種類以上の品揃えで十分に満足できます。

沖縄都市モノレール・ゆいレールの駅近グルメ5選

Photo by Richard, enjoy my life!

沖縄都市モノレールの駅近くには、おすすめのグルメが堪能できるお店が多く集まっています。駅近くのホテルに宿泊した場合には、非常に利用しやすいおすすめのグルメ店を、それぞれのジャンルから沖縄料理のお店を中心に厳選して紹介します。

ジャッキーステーキハウス(旭橋)

Photo by ume-y

まず最初に紹介するのは、旭橋駅に近い「ジャッキーステーキハウス」です。沖縄では超有名な創業60年を誇る老舗のステーキ店です。古き良き時代のアメリカンムードが漂う雰囲気抜群のお店で、メインのニューヨークステーキは1700円~1900円とお手頃料金になっています。

ちょっとリッチなテンダーロインステーキや800円~900円とリーズナブルな料金のハンバーグステーキもあり、全てにスープ、サラダ、ライスが付いています。行列の絶えないお店として人気があるのは、やはりそのボリュームと価格にあります。

まーちぬ家(美栄橋)

Photo by nekotank

続いては美栄橋駅から徒歩5分の沖縄料理の店「まーちぬ家」です。まーちぬ家とは松の家を意味し、琉球松を使った店内の内装の雰囲気は抜群です。手作りの沖縄料理メニューが豊富に揃っており、沖縄の家庭料理が味わえると、観光客にも人気になっています。

野菜をふんだんに使ったヘルシーメニューからこってりメニューまで揃う中、イカスミじゅうしい、島豚ウィンナーなどジューシーメニューはリーズナブルな料金での提供で、一食の価値があります。予約を入れてお酒とともに味わいたいお店です。

住所 沖縄県那覇市前島2-7-14 
電話番号 098-863-5159

山羊料理さかえ(牧志)

Photo by nekotank

次は牧志駅から徒歩3分、国際通りから細い竜宮通りへ少し入ったロケーションの「山羊料理さかえ」です。沖縄ならではの山羊料理を味わいたい人はぜひ訪れたいグルメスポットで、古い外観とは違って店内は賑やかな話し声が絶えないお店です。

山羊刺と山羊汁がメインで、山羊肉の刺し身はくせがなく美味しいと評判です。山羊汁は匂いや濃い味のため好みが分かれるようですが、さかえの山羊汁は濃いめのスープながら、肉が柔らかく匂いもないので人気があるのです。両メニューとも料金1300円になっています。

住所 沖縄県那覇市牧志3-12-2
電話番号 098-866-6401

うりずん(安里)

Photo by rch850

続いては安里駅から徒歩5分の「うりずん」です。沖縄伝統のお酒泡盛を熟成させた古酒(くーす)を沖縄料理とともに味わうことができる居酒屋で、料理は家庭料理や宮廷料理にオリジナルな創作料理を加えて豊富なメニューがリーズナブルな料金で提供されており、沖縄グルメを味わい尽くせるお店です。

住所 沖縄県那覇市安里388-5
電話番号 098-885-2178

あしびうなぁ(首里)

Photo by Nao Iizuka

最後に紹介するのは、首里駅から徒歩10分の「あしびうなぁ」です。お昼は沖縄そばと定食、夜は泡盛と琉球料理が提供され、首里城の地元で沖縄の味を堪能するにはもってこいのお店になっています。昼は手頃な料金のそば単品や各種定食、夜は会席料理や単品メニューに各種泡盛でゆっくりと食事を楽しめます。

沖縄都市モノレール・ゆいレールの歴史

Photo by Richard, enjoy my life!

沖縄本島には大正時代に鉄道路線がいくつか開業し、戦前までは一部運行を続けていた歴史があります。戦争で被害を受けた後は復興することはなく鉄道が姿を消しましたが、2003年に沖縄都市モノレール・ゆいレールの開通によって沖縄に再び鉄道が復活したのです。現在の路線からさらに延長する工事が2013年に始まっています。

沖縄都市モノレール・ゆいレール延長計画が進行中?

Photo by ume-y

2013年から工事が始まった延長路線は、首里駅からさらに浦添市方面へ延長し、てだこ浦西駅までの4.1kmにおよぶ延長工事が終了しており、2019年10月に開業予定となっています。この延長路線によって、那覇市と浦添市間の交通アクセスが便利になり、延長部分の地元住民や観光客を含めたモノレール利用の増加が期待されています。

便利な沖縄都市モノレール・ゆいレールで沖縄那覇観光を賢く便利に!

Photo by くーさん

延長路線も今秋には開通して、ますます便利になる沖縄都市モノレール・ゆいレールは、那覇市内観光の足には欠かせない存在です。モノレールの乗り方やお得な切符情報を駅近のホテルやグルメ情報とともに紹介しましたが、那覇空港から国際通り、首里城と観光スポット巡りには最適ですので、料金的にお得な1日乗車券などを使ってモノレール利用の旅を楽しんで下さい。

mapfan
ライター

mapfan

こちらもおすすめ

人気記事ランキング