熊本でおすすめの美しい滝9選!絶景の自然の中を流れる姿はどれも圧巻

熊本でおすすめの美しい滝9選!絶景の自然の中を流れる姿はどれも圧巻

熊本には阿蘇山を始めとする山が多く、昔から火山活動が活発に行われてきました。その火山活動によって長い年月をかけて作り出された滝や渓谷が多く、独特の世界観を生み出しています。熊本の滝でマイナスイオンをたっぷりと浴びて気分をリフレッシュしましょう。

    記事の目次

    1. 1.熊本に美しい滝が多い理由とは?
    2. 2.熊本で一度は見たい!観光名所の滝4選
    3. 3.熊本の吊り橋から見れるおすすめの1選
    4. 4.熊本の渓谷美も堪能できる絶景の滝2選
    5. 5.熊本で思わず圧巻されるインパクトのある滝2選
    6. 6.熊本にはぜひとも見て周りたい美しい滝が目白押し!

    店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

    熊本に美しい滝が多い理由とは?

    Photo by12019

    「日本の名瀑100選」というものがあるほど、日本には全国にたくさんの滝が存在します。特に熊本県には、世界最大級のカルデラがある阿蘇山を始めとした山が多くあり、火山活動が活発に行われてきた地域です。

    熊本ではこの火山活動によって滝や渓谷が形成されています。熊本にある火山が噴火した際に、川に流れ込んだマグマが冷却される時に出来たものが多く、水流や岸壁に独特な特徴が見られます。

    このように火山活動が活発に行われていることが、熊本に美しい滝が多い理由の1つです。熊本の自然が作り出す造形美をたっぷり堪能してください。

    熊本で滝を見に行くときの注意点

    Photo byWenPhotos

    熊本は自然に恵まれており、美しい滝が多数あります。自然の力によって作り出された滝は一般的に山奥にあるので危険がたくさん潜んでいます。また、熊本には24時間解放されている滝がいくつもあります。

    ライトアップされた滝を一目見ようと訪れる観光客も多くいますが、山の中は昼間よりも一層危険が潜んでいます。安全な服装や天気の変化に心がけ、足元に注意しながら安全を第一に考えて行動しましょう。

    (1)動きやすい服装や靴で行く

    Photo byarvndvisual

    熊本の滝を見に行く際の服装は、動きやすい服装と履き慣れた靴がおすすめです。濡れたり汚れたりしても大丈夫な服装を選びましょう。気温の高い日でも、滝に近づくにつれて気温が低くなるので上着が一枚あるといいでしょう。

    また、滝のある場所は一般的に山中なので、虫に刺されることもあります。半袖やショートパンツなど、露出の多い服装で行く時は虫除けスプレーを持って行きましょう。

    地面は濡れていたり、コケがはいていたりと、とても滑りやすくなっています。滑りにくく履き慣れたスニーカーがおすすめです。

    (2)山の天気の変化に注意する

    フリー写真素材ぱくたそ

    山の天気は数時間程度で急激に変化することがあります。特に夏は急な豪雨や雷、突風が多く発生する季節です。天気が悪くなり始めると気温も一気に下がり始めます。さっきまで晴れていたからといって油断は禁物です。

    少しでも天候が悪くなってきたと感じた場合は、早めに切り上げたり、一旦引き返すという選択肢を頭に入れておきましょう。

    熊本で一度は見たい!観光名所の滝4選

    Photo byPexels

    熊本県にある滝や渓谷は阿蘇山の噴火によって出来たものなので、水の流れ方や岸壁に独特な特徴を持ったものが多数あります。

    滝を裏側から見ることが出来る「鍋ヶ滝」や二つの別の滝が同じ場所に流れ落ちる「夫婦滝」など、熊本では火山の噴火によって出来たオリジナルティーが溢れる滝を見ることが出来ます。

    熊本観光の際に是非組み込んでもらいたいおすすめの観光名所を厳選して紹介していきます。

    滝の裏まで見れる人気パワースポット「鍋ヶ滝」

    Photo byFree-Photos

    熊本県阿蘇郡小国町に位置しています。「鍋ヶ滝公園」の中にある滝で、入り口から徒歩3分ほどで到着します。多数のCMに起用されたこともあり、熊本県内でも有数の絶景スポットとして知られています。

    約9万年前の熊本県の阿蘇山巨大噴火によって出来たとされる滝で、落差10m、横幅20mほどであまり大きくはありませんが、高さよりも落差の方が大きいため、荒々しさがなく優しさを感じられます。

    Photo bymailtotobi

    鍋ヶ滝の最大の魅力は、滝を裏側から見られるところです。別名「裏見の滝」と言われており、滝の後ろを歩くことができます。珍しく、ここまで近くでみられる滝はとても貴重です。同じ滝でも見る角度が違うと景色が全く違って見えます。

    Photo byFlorenceD-pix

    鍋ヶ滝のもう1つの魅力は、毎年春限定で行われている夜のライトアップです。普段は見ることのできない幻想的な絶景が見られます。

    このライトアップを一目見るために平日でも遠方から訪れる観光客がたくさんいるほど見どころ満載の観光名所です。冬には滝の一部が凍り、2m近くの氷柱を見ることができ、四季折々の絶景が楽しめます。

    滝に行くまでの遊歩道の石畳にはハートの形をした石が隠れています。全部で6つあるのでぜひ探してみてください。

    朝の光芒がなんとも神秘的!「夫婦滝」

    フリー写真素材ぱくたそ

    「夫婦滝」の最大の特徴は異なる2つの滝が同じ場所に流れ落ちていることです。「出会いの滝」として知られており、縁結びで人気の観光名所です。右が女滝、左が男滝で、どちらも落差はそれほどありませんが、自然の凄さを感じられます。

    この2つの滝が合流する姿を見ることの出来る滝は全国的にも夫婦滝のみで、非常に珍しい滝です。

    Photo byPublicDomainPictures

    「夫婦滝」は朝に訪れるのがおすすめです。太陽の光が木々の間から差し込み、神が舞い降りてきそうなほど神秘的な絶景を作り出します。頑張って早起きして訪れてみてください。

    滝に向かう途中の看板や階段の手すりには、訪れる観光客がそれぞれの想いを込めた「LOVE絵馬」がたくさんぶら下がっています。この絵馬は駐車場付近のお土産処で購入出来るので、縁結びを希望の方は購入してから観光してみましょう。

    水量によって姿を変える独特な風景「竜宮滝」

    Photo by12019

    熊本県上益城郡町に位置する高さ20mほどの2段滝です。水量によって姿を変えるのが特徴的な滝で、周囲の崖が独特の存在感を出しています。滝の裏側には竜宮へと繋がる道があるという言い伝えがあります。

    熊本県上益城郡山都町に点在している一連の滝群の総称である「矢部48滝」の一つに選ばれている熊本で有名な観光名所です。

    上段は直線上に水流が流れ落ち、下段は扇型に広がりながら落ちているので、全く別の2つの滝を見ているかのようです。それぞれに違った魅力があるので時間のある方は両方から見てみてください。

    熊本県民の間では非常に人気の観光名所で、中には長ぐつを履いて川に入り、撮影する人もいます。迫力のある滝壺は人気の撮影スポットになっています。

    滝の横にはさらにもう1つの滝があり、この滝は上段から見ることも出来ます。道路沿いにあるので手軽に寄ることが出来ます。熊本へお越しの際は是非一度寄って見てください。

    静かで森林浴が最高のパワースポット「白糸の滝」

    熊本空港から車で20分ほどの場所にある人気の観光名所です。道も整備されており、観光名所としてのアクセスがしやすい場所にあります。落差は20mほどで、流れ落ちる水の様子が白糸のように見えることからこの名前が付けられました。

    別名、「寄姫の滝」とも言われ、名前のもとになった非恋の伝説が残されています。「昔、兵部が白糸の滝で雨宿りをしていると目の前に美しい寄姫現れ、二人は恋に落ちます。しかしそのうち織物をすると言って度々出かけるようになります。

    妙に思った兵部は寄姫を問い詰めます。怒った兵部は寄姫を斬りつけてしまいました。傷を負ったまま外へと逃げ出した寄姫を追いかけると洞窟の中で血を流して横たわっている大蛇の姿があった」と言われています。

    Photo by uka0310

    滝の近くあるお立ち岩と呼ばれる大岩に立ち、滝のある方向に向かって両手を掲げ、3回深呼吸をするとパワーがもらえると言われているパワースポットです。

    滝の周辺では、夏場になると滝の水を使用して流しそうめんが出来ます。熊本の滝でマイナスイオンをたっぷりと吸い込んで疲れを癒しましょう。

    熊本の吊り橋から見れるおすすめの1選

    Photo by Kentaro Ohno

    熊本の滝は訪れる時期や天候によって様々な姿を見せてくれます。下から見ると迫力のある滝を楽しむことができ、上から見ると滝全体を眺められ、新緑や紅葉のコントラストを一層楽しむことが出来ます。

    見る角度によって全く違った景色が見られますが、吊り橋が一本あることでさらに見られる角度が増えます。吊り橋は時間のない時や悪天候が続いていて危険と感じた時にもおすすめです。

    そんな重要な役割を果たしている吊り橋から見られるおすすめの観光名所を紹介します。

    落差50mの圧巻の姿を見られる「五老ケ滝」

    フリー写真素材ぱくたそ

    熊本県上益城郡に位置しており、「矢部48滝」のひとつに選ばれている滝です。矢部48滝の中では最も大きな名瀑です。「勅使烏丸大納言にご覧に入れた滝」に由来して名前が付けられました。

    かつては轟川と呼ばれていた「五老ヶ滝川」の水が流れ落ちています。吊り橋と滝壺の両方から見ることができ、滝壺では水しぶきの上がる様子を間近で見られます。

    Photo byHans

    「五老ヶ滝」は水量が多く、落差50mもの大迫力のある滝です。上流150mの場所には、「通潤橋」という吊り橋が架かっています。ここからさらに進むと遊歩道があり、下流川に架かる吊り橋に行くことが出来ます。

    この吊り橋からは、滝を上から下まで眺めることが出来ます。遊歩道は整備されているので、時間のある方は散策してみるのもおすすめです。

    熊本の渓谷美も堪能できる絶景の滝2選

    フリー写真素材ぱくたそ

    熊本県は日本名水100選に選ばれている箇所が全国で最も多い県です。さらに名水ランキングでは1位、2位を独占するほど、全国屈指の綺麗な水がある県です。

    火山の噴火によって形成された、大小様々な瀬や淵がいくつもの独特な滝を生み出しています。

    日によって姿を変える滝は時に迫力があり、幻想的な姿や神秘的な姿など、様々な姿を見せてくれます。熊本の綺麗な水と豊かで美しい森林の絶景を堪能してください。

    大小さまざまな滝を堪能できる「菊池渓谷」

    Photo byPoswiecie

    熊本県の阿蘇外輪山の中腹に位置する絶景の癒しスポットです。標高500m~800mの間にあり、1,180haの広大な面積を持っています。

    「菊池渓谷」の滝は、落差20メートルもの高さがある「掛幕の滝」、水量が多いときには二条の滝になる落差5mほどの「黎明の滝」などがあります。

    その他、菊池渓谷の中で最も絶景が楽しめる落差8mほどの「天狗滝」、全長25mほどの緑が生い茂る人気の撮影スポット「四十三万滝」など有名な滝が4つあります。

    フリー写真素材ぱくたそ

    日本名水百選にも選ばれており、様々な瀬と淵が滝を作っているので、それぞれに違った特徴を持つ滝に出会えます。

    珍しい植物や動物もたくさんいるので、ここでしか見られない綺麗な水と美しい森林の中で、自然の素晴らしさを全身で体感してみてください。

    5kmにも及ぶ原生林が幻想的「マゼノ渓谷」

    フリー写真素材ぱくたそ

    原生林が5kmにも及び、四季を通してさまざまな彩りを見せて観光客を楽しませてくれます。春と秋の年に2回のみ一般開放されており、その時期以外は立ち入る事が出来ないため、「秘密の渓谷」と言われている隠れた人気の観光名所です。

    おすすめはは紅葉の時期で、岩肌を流れる綺麗な水と鮮やかに彩る紅葉のコンロラストが最高です。

    Photo by12019

    マゼノ渓谷には「マゼノ共和国甲の瀬ファミリーキャンプ場」があり、家族連れで賑わいます。12棟のバンガローと3棟のコテージがあり、シャワーやトイレ、食器や冷蔵庫などの必要なものは一通り揃っています。

    キャンプ用品のレンタルも可能なので、手ぶらでも大丈夫です。渓流釣りやハイキングなどが楽しめる他、一人500円でわらび狩りも楽しめます。その場で調理して採れたてのわらびを堪能しましょう。

    マゼノ渓谷は人生で一度は必ず見てもらいたい渓谷です。期待を裏切らない最高の絶景が待っています。

    熊本で思わず圧巻されるインパクトのある滝2選

    フリー写真素材ぱくたそ

    熊本には数万年前の阿蘇山の巨大噴火によって出来た滝の他にも、2016年に発生した熊本地震の影響によって水量が増して、景観に大きな変化をもたらしたものもあります。

    春は新緑、夏は避暑地、秋は紅葉、冬は氷瀑と、季節によってそれぞれの魅力が満載です。限られた季節にしか見られない四季折々の趣を感じられます。自然によって進化し続ける絶景の滝を全身で堪能しましょう。

    冬季には巨大な氷瀑が見られる「古閑の滝」

    Photo byPublicDomainPictures

    熊本県阿蘇に位置する滝で、「古閑の滝」の最大の魅力は冬限定で見られる巨大な氷瀑です。男滝と女滝に分かれており、阿蘇から吹き上がる冷風によって、男滝はおよそ80m、女滝はおよそ100mもの巨大な氷柱や氷瀑に姿を変えます。

    滝の流れる水とその水しぶきがそのままの姿で凍ります。滝全体が凍りついた姿は、美しくも迫力があります。滝の下につながっている遊歩道や展望台もあるので迫力のある氷瀑を間近で見ることも出来ます。

    1月から2月の氷瀑が見られる時期の土曜日は18時~20時までライトアップがされており、昼間とは違った氷瀑の輝く姿を見ることが出来ます。

    Photo by ngcurly

    天気が良ければ、滝の真上にオリオン座が見られ、上から下まで楽しめる名所です。駐車場から滝までは、約600mと少し距離があるので、動きやすい服装がおすすめです。ライトアップによって光輝く幻想的な氷の芸術品をご覧ください。

    熊本の中でもトップクラスの落差!「栴檀轟の滝」

    熊本で轟とは滝のことを指します。熊本県五家荘では轟という字のついた滝が多くあります。かつて滝の近くにセンダン科の大木があったことから「栴檀轟」という名前が付けられました。

    この「栴檀轟」は落差が70mほどあり、熊本県内でもトップクラスの落差を誇ります。上から見ることも出来ますが、滝壺の近くまで行くことも出来ます。70mもの高さから落ちてくる滝は水流が多く、その迫力に圧倒されてしまいます。

    日本の名瀑100選にも選ばれているほど自然が体感出来る絶景が待っています。天気が良い日には滝にかかる虹を見ることが出来ます。色鮮やかに彩る紅葉の季節がおすすめです。

    駐車場付近にはお土産処があります。駐車場から滝壺までは10分ほどですが、かなり険しい山道を下るので服装に注意しましょう。

    滝の近くには、ポンパレグッドディール大賞というポンパレの編集長が高評価する「通潤山荘」という宿があります。滝の音を聞きながらゆったりとしたひと時を過ごしましょう。

    熊本にはぜひとも見て周りたい美しい滝が目白押し!

    Photo byjamie_nakamura

    熊本といえば阿蘇山ですが、阿蘇山を始めとする雄大な大地が広がる自然の溢れた場所です。滝はパワースポットとしても人気の高い観光名所です。

    熊本の自然を存分に味わい、マイナスイオンをたっぷりと浴びて、夏の暑さを吹き飛ばしましょう。

    okamooo7474r
    ライター

    okamooo7474r

    美味しいグルメやスイーツが大好き♡最近はお取り寄せグルメにはまっています。

    こちらもおすすめ♡

    人気記事ランキング