北海道の絶景観光スポットまとめ!四季ごとのおすすめや穴場もご紹介

北海道の絶景観光スポットまとめ!四季ごとのおすすめや穴場もご紹介

手つかずの自然が残る北の大地「北海道」は、四季折々の美しい絶景を見ることが出来る人気の観光スポットです。季節ごとに咲く一面の花畑や、雄大な景色など、北海道の絶景を満喫出来るおすすめのスポットをご紹介します。北海道旅行の参考にしてみてください。

    記事の目次

    1. 1.北海道を観光するなら絶景スポットに行くべし!
    2. 2.北海道・春のおすすめ絶景スポット
    3. 3.北海道・夏おすすめの絶景スポット
    4. 4.北海道・秋のおすすめ絶景スポット
    5. 5.北海道・冬のおすすめ絶景スポット
    6. 6.北海道・おすすめ穴場絶景スポット
    7. 7.番外編:四季をとわずにおすすめな絶景スポット
    8. 8.北海道の絶景は一生に一度は見るべき!

    店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

    北海道を観光するなら絶景スポットに行くべし!

    フリー写真素材ぱくたそ

    北海道は、歴史ある建造物や美味しいグルメ、そして大自然が織りなす素晴らしい絶景が見られる観光に人気のスポットです。北海道は、四季折々の様々な景色が見られ、季節ごとに違った表情を見せる魅力が詰まった場所です。

    冬は一面の雪景色、春や夏は一面に咲き誇る花々など、どんな年代の人でも楽しめる、大自然が生んだ絶景スポットを、定番から穴場までご紹介します。

    手付かずの大自然が多く残る北海道

    Photo by sendaiblog

    北海道には有名な観光スポットが多くあり、栄えているスポットもたくさんありますが、どの地域も大自然と隣り合わせです。キャンプやグランピングが出来たりするスポットも人気になっています。

    そうした大自然を体感できるスポットも人気ですが、未だ手つかずの自然が残ったままのスポットも数多くあります。人の手が入っていないそのままの自然は、心を洗われるような、美しい景色です。

    野生動物が見られることも

    Photo bymanfredrichter

    北海道には、北海道にしか生息していない動物や植物が多く、ふとした時に、野生動物たちに遭遇することがあります。天然記念物や、絶滅危惧種に指定されている種類もいて、そういった動物に出会えたなら、とても貴重な体験です。

    森の生き物では「キタキツネ」や「エゾリス」、「ヒグマ」「エゾシカ」など、水辺の生き物では「シャチ」や「タンチョウ」「ハクチョウ」などの野生動物が多く見られます。

    Photo byOldiefan

    珍しい動物たちに出会えるのは嬉しいことですが、危険な動物や、病原菌を持った動物、貴重な動物も多いので、近づいたり、エサをあげたり、触れたりはせず、動物のありのままの姿を観察するだけにしましょう。

    北海道・春のおすすめ絶景スポット

    Photo bySpencerWing

    北海道の厳しい冬が終わり、深い雪の下で雪解けを待ちわびていた草花の芽が出てくる「春」は、真っ白な銀世界から、一気に色とりどりの景色へと変わります。

    本州よりも少し遅れて満開になる「桜」や、一面に綺麗なピンクが咲き誇る「芝桜」、カラフルな「チューリップ」などの花々たちが、春の訪れを知らせます。

    Photo bymari_sparrow

    温かい陽の光が差し込む「春」は、色鮮やかな景色が見られる時期です。北海道で「春」に絶景を楽しめる観光スポットを、定番から穴場までご紹介します。

    「美瑛の丘」

    Photo by alberth2

    「美瑛の丘」は、「十勝岳連峰」を始めとした、北海道の雄大な景色を眺めることが出来る人気の観光スポットです。四季折々の表情が楽しめる「美瑛の丘」は、春には「春紅葉」といった珍しい現象や、花の絨毯など、美しい景色を楽しめます。

    「春紅葉」とは、新緑の中に黄色や赤色の葉が混ざっている様子を呼びます。葉が黄色や赤色に見えるのは、新緑の時期は、葉の葉緑素がまだ出来上がっていないため、木本来の色素が見えてしまっているからだそうです。

    Photo by alberth2

    「美瑛の丘」には、いくつかの展望台と、色とりどりの花が咲き誇る「四季彩の丘」、たばこのパッケージのデザインになった「セブンスターの木」など、たくさんのフォトスポットがある、人気の絶景スポットです。

    住所 北海道上川郡美瑛町
    電話番号 0166‐92‐4378

    「宮島沼」

    フリー写真素材ぱくたそ

    「宮島沼」は、日本で13番目に、湿地を保存する国際条約「ラムサール条約登録湿地」となった、国際的にも重要なスポットです。そして、「マガン」や「オオハクチョウ」など、たくさんの渡り鳥が飛来するスポットとしても有名です。

    春の「宮島沼」は、「マガン」が飛来する時期で、4月中旬頃から、数万匹の「マガン」が「宮島沼」をねぐらとして使用しにやってきます。

    Photo bywingrock

    「マガン」の群れは、早朝からエサを探すために沼から飛び立ち、夕方になると戻ってきます。一斉に飛び立つ姿が美しいと話題で、穴場の観光スポットとなっています。

    住所 北海道美唄市西美唄町大曲3区
    電話番号 0126‐66‐5067

    「塩谷海岸」

    Photo byfxxu

    「塩谷海岸」は、「青の洞窟」と呼ばれる洞窟に、シーカヤックや小型船で行くことが出来る、穴場の観光スポットです。断崖絶壁の海岸線を船で走ると、一角に洞窟になっている部分があります。

    洞窟内は、思わず息を飲むような美しい青い海が見られ、神秘的な雰囲気の中で揺られることが出来ます。子供から大人まで楽しめるおすすめのスポットです。

    住所 北海道小樽市塩谷1丁目
    電話番号

    「地球岬」

    Photo by acidlemon

    「地球岬」は、「北海道の自然100選」で1位を獲得した、太平洋を一望できる景勝地です。断崖のことをアイヌ語で「チケブ」と言い、「チケブ」が「チキウ」へと変わり、「地球岬」と呼ばれるようになっていったそうです。

    「展望台」からは、青い太平洋を一望出来ます。大パノラマの絶景は、原点に帰ったような心が洗われるスポットです。そして、「ハヤブサ」の営巣地としても有名なスポットです。

    住所 発起堂室蘭市母恋南町4丁目
    電話番号

    「霧多布湿原」

    Photo byskeeze

    「霧多布湿原」は、別名「花の湿原」と呼ばれる、四季折々のおよそ300種類の花が咲く美しい湿原です。春は「フクジュソウ」「ユキワリコザクラ」などの花々が咲き誇ります。

    「霧多布湿原」は、「ラムサール登録湿地」であり、「霧多布泥炭形成植物群」として国の天然記念物にも指定されています。

    フリー写真素材ぱくたそ

    「霧多布湿原」周辺はとても霧が多い地域で、湿原内の「琵琶瀬展望台」から、早朝の時間帯に幻想的な朝霧を見ることが出来ます。

    年間を通して楽しめ、大自然が織りなす絶景の数々を見ることの出来る「霧多布湿原」は、穴場の観光スポットです。

    住所 北海道厚岸群浜中町霧多布湿原
    電話番号

    「二十間道路」

    フリー写真素材ぱくたそ

    「二十間道路」は、およそ7kmに渡って咲き誇る「桜並木」を見ることが出来る、桜の名所です。桜の木は「エゾヤマザクラ」がほとんどで、北海道らしい景色を満喫出来ます。

    「日本さくら名所100選」や「北海道遺産」などに選定されている、日本を代表するおよそ3000本の桜並木は、圧巻の一言です。本州よりも少し遅く、5月上旬頃から咲き始めます。

    住所 北海道日高郡新ひだか町静内田原・静内御園
    電話番号 0146‐42‐1000

    「滝川の菜の花」

    Photo byHans

    「滝川の菜の花」は、毎年5月中旬頃から、一面に咲き誇る「菜の花」を見ることが出来る、観光名所です。毎年植える作物を変えていて、作物ごとに違った風景を見られるのも魅力です。

    毎年5月中旬に開催される「たきかわ菜の花まつり」の開催日には、観光客が集まり、活気に満ち溢れています。「菜の花」を使ったスイーツや、北海道グルメが味わえる人気のイベントです。

    住所 北海道滝川市江部乙町
    電話番号

    「東藻琴の芝桜」

    Photo by Naoki Natsume/Ishii , 夏目直樹 ,石井直樹

    「東藻琴の芝桜」は、およそ10万㎡の敷地一面に植えられた「芝桜」が楽しめます。見渡す限り「芝桜」の大パノラマを満喫でき、フォトスポットとしても大人気です。

    例年5月上旬から6月頃まで開催されている「ひがしもこと芝桜まつり」と合わせて楽しむのがおすすめです。美しい「芝桜」を眺めながら地元グルメや、海鮮グルメなどが堪能出来ます。

    住所 北海道網走郡大空町東藻琴末広393
    電話番号 0152‐66‐3111

    「松前城」

    Photo by jetalone

    「松前城」は、春にはおよそ250種類、1万本以上の桜が咲き誇る、北海道一とも呼び声高い桜の名所です。毎年ゴールデンウィーク頃に咲き始めるので、観光スポットとして、とても人気があります。

    歴史ある「松前城」は、内部を見学することができ、天守部からは咲き誇る桜の木々を眺めることが出来ます。北海道の春を体感できる「松前城」はおすすめのスポットです。

    住所 北海道松前郡松前町字松城144
    電話番号 0139‐42‐2216

    「五稜郭」

    Photo by veroyama

    「五稜郭」は、江戸幕府によって、安政4年に作られた珍しい星型の要塞です。星型の先端に砲台を設置して、敵から身を守るために星型になったそうです。

    隣接する「五稜郭タワー」からは、「五稜郭」の星型を上から眺めることができます。春は、星型の城郭一面に「桜」が咲き誇り、とても美しい光景が広がります。散歩しながら見る桜も美しいのでおすすめです。

    住所 北海道函館市五稜郭町44
    電話番号 0138‐40‐3605

    北海道・夏おすすめの絶景スポット

    フリー写真素材ぱくたそ

    北海道の夏は、カラッとしていて過ごしやすい気候が人気です。「ラベンダー」や「ひまわり」が咲き誇り、夏の訪れを知らせてくれます。

    そして、北海道ならではの雄大な大自然を体感できるのも夏です。スケールの大きな北海道の大自然を満喫出来るスポットをご紹介します。

    「富良野のラベンダー畑」

    フリー写真素材ぱくたそ

    「富良野のラベンダー畑」は、「ラベンダー」を始めとした、「サルビア」「ポピー」などのさまざまな花々が咲き誇る、カラフルなストライプの美しい花畑が有名な絶景スポットです。

    見た人誰もが感動すること間違いなしの絶景は、例年7月頃から、富良野にあるさまざまな「ラベンダー畑」を見ることが出来ます。「ラベンダー」の香りを感じながら、五感を使って大自然を満喫しましょう。

    「青い絶景・白金青い池」

    Photo byilhamtakim0612

    「青い絶景・白金青い池」は、水面が綺麗な青色に見える、絵画のように美しい世界的に有名な絶景スポットです。「十勝岳」の火山灰が流れ込まないようにするために堰堤として造られました。

    そして、堰き止められた「美瑛川」の水が池のようになったそうです。水が青く見える理由は、まだ詳しくは解明されていないのですが、大自然の偶然の積み重なりで出来た、美しい景色です。

    フリー写真素材ぱくたそ

    「白金青い池」は、天候によって色が変わるので、良く晴れ、日差しが差し込みやすい日は、綺麗な青色に見えるそうです。夏の朝6時頃の、朝日が差し込む時間帯が、穴場の時間です。

    住所 北海道上川郡美瑛町字白金
    電話番号 0166‐94‐3355

    「ひまわりの里」

    Photo by alberth2

    「ひまわりの里」は、200万本の「ひまわり」が咲き誇る、絶景スポットとして国内外の観光客に大人気のスポットです。太陽に向かって咲く「ひまわり」は、北竜町民がみんなで作る、地元の人々の思いの詰まった場所です。

    8月上旬には、一面満開の「ひまわり」が広がり、晴れた日には、太陽の光でより一層、黄色が映えて絶景が見られます。夏に北海道観光するなら、外せないスポットです。

    住所 北海道雨竜群北竜町 板谷
    電話番号 0164‐34‐2082

    「神威岬」

    Photo by yoppy

    「神威岬」は、積丹半島北西部から日本海へ突き出た岬です。「神威」とはアイヌの言葉で「神」という意味の言葉です。岬の先端には「神威岬灯台」と「神威岩」があり、遊歩道を歩いていくことが出来ます。

    先端からは周囲300度にも渡る、壮大な絶景を目の当たりにでき、丸みを帯びた水平線は、地球そのものを感じさせる、大自然を全身で感じられるスポットです。

    Photo by hide10

    入口から「神威岬」の先端までは、片道およそ20分程かかります。歩きやすい格好で、水分補給をしながら進みましょう。待っている絶景にワクワクしながら歩く道のりは、とても楽しいです。

    住所 北海道積丹郡積丹町神岬町
    電話番号

    「雲海テラス」

    フリー写真素材ぱくたそ

    「雲海テラス」は、国内外で話題を集まる、天空の絶景観光スポットです。標高1088mの高さから雲海を見下ろしながら、散策などが楽しめます。

    当初はスキー場として作られたのですが、雲海をたくさんの人にも見せたいという想いから、テラスや展望スペースをオープンして、毎年10万人以上が訪れる絶景スポットとして一躍有名になりました。

    Photo by Mark thanks for 2,000,000+ views

    「トマム山」の山頂付近にあるテラスへは、「雲海ゴンドラ」に乗って登ります。早朝の時間帯のみ見られる雲海は、とても貴重な経験になること間違いなしです。

    住所 北海道勇払郡占冠村字中トマム
    電話番号 0167‐58‐1111

    「神仙沼」

    Photo by nidate

    「神仙沼」は、海抜750mに位置する、遊歩道で湿原などを見てまわれる、人気の絶景スポットです。「ニセコ山系」で最も絶景のスポットとして知られ、とても神秘的な雰囲気の漂うエリアです。

    「神仙沼」の由来は、神々や仙人が住むような神秘的な雰囲気から名付けられました。「神仙沼」が発見された当初、静寂に包まれた青い水面には、木々が映り、別世界に訪れたようであったと言われています。

    フリー写真素材ぱくたそ

    大自然が織りなす、四季折々の表情を見せる「神仙沼」は、ゆったりと絶景を眺められる穴場のスポットです。

    住所 北海道岩内郡共和町前田
    電話番号

    「能取湖」

    Photo byJamesDeMers

    「能取湖」は、周辺に山や高い建物がないので、北海道の大空を湖が映し出します。お昼の時間帯が、一番きれいに見えるので、お昼頃に行くのがおすすめです。

    夏は青々とした「アッケシソウ」という植物が、湖一面に生い茂っていますが、秋になるにつれて赤く色づき、綺麗な絨毯のようになっていきます。

    フリー写真素材ぱくたそ

    「能取湖」には遊歩道が整備されているので、散策しながら綺麗な湖の絶景を見ることが出来ます。夏の終わりに差し掛かると、朝もやが発生しやすく、幻想的な大自然の景観を楽しめるのでおすすめです。

    住所 北海道網走市能取湖
    電話番号

    「開陽台」

    Photo by Travel-Picture

    「開陽台」は、牧草地帯が一面に広がる、北海道らしい絶景が楽しめる穴場のスポットです。西側にある「開陽台牧場」には、東京ドーム100個分の土地に、およそ1000頭の乳牛が放牧されていて、のびのびと過ごす姿が見られます。

    「開陽台」の展望台からは、周囲を330度見渡せます。「北海道遺産」にも登録されている「格子状防風林」も見られ、まさに絶景です。そして夜には、夜空一面に散りばめられた美しい星を見られるスポットとしても有名です。

    Photo by potaufeu

    「開陽台」にあるカフェでは、搾りたての生乳を使用した「しあわせのはちみつソフト」が味わえます。濃厚なミルクの味がする人気スイーツです。

    住所 北海道標津群中標津町字俣落2256‐17
    電話番号 0153‐73‐4787

    「藻岩山」

    Photo by Nao Iizuka

    「藻岩山」は、北海道の四季を楽しめる、さまざまな表情を持つ絶景スポットです。山頂までは、「札幌もいわ山ロープウェイ」で登ります。

    「藻岩山」には野生動物も多く、「エゾリス」や「キタキツネ」「エゾフクロウ」などの可愛らしい動物に遭遇することもあります。

    Photo by Hotice Hsu

    「藻岩山」からの夜景はとても美しく、まさに絶景です。山頂にあるレストランでは、夜景を見ながらディナーが楽しめます。四季折々の楽しみ方が出来る絶景スポット「藻岩山」は、デートにもおすすめです。

    住所 北海道札幌市中央区伏見5‐3‐7
    電話番号 011‐561‐8177

    「釧路湿原」

    Photo by A_CUVE

    「釧路湿原」は、日本最大級の面積の湿原です。およそ700種類の植物・1300種類の生物が生息している「釧路湿原」は、日本で初めて「ラムサール登録湿地」となりました。大自然の魅力が詰まったスポットです。

    夏の「釧路湿原」は、青々とした草花の絶景が楽しめるベストシーズンです。「釧路湿原展望台」からは、「釧路湿原」と「釧路」の街が見渡せます。絶景スポット「釧路湿原」へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

    住所 北海道釧路市北斗2‐2101
    電話番号 0154‐56‐2345

    北海道・秋のおすすめ絶景スポット

    フリー写真素材ぱくたそ

    北海道の短い夏が終わり、日本で一番最初に「紅葉」が色づき始める北海道の秋は、厳しい冬を前に、色とりどりの大自然を楽しめるシーズンです。

    四季の移ろいを楽しめる北海道で、秋におすすめの絶景スポットを、穴場から定番までご紹介します。大自然の織り成す美しい絶景に心奪われること間違いなしです。

    「大雪山旭岳」

    Photo by alberth2

    「大雪山旭岳」は、北海道最高峰の山で、登山客に人気の絶景スポットです。秋は「紅葉」した木々が一面に見られ、四季の彩を見せる「大雪山」は、まさに絶景スポットです。

    例年9月上旬になると、木々が色づき始め、秋の訪れを知らせます。「旭岳」の絶景を見るため、国内外からたくさんの人が訪れます。ロープウェイで気軽に登れるのも魅力です。

    住所 北海道上川郡東川旭岳
    電話番号

    「三国峠」

    Photo by yoppy

    「三国峠」は、標高1139mにある北海道の中で一番高い峠です。秋には一面黄色に染まる、木々を見下ろしながらドライブが出来る、絶景ポイントです。峠の南側には展望台があり、樹海を展望できる穴場の絶景スポットとして知られます。

    四季ごとに変化する樹海の色がとても綺麗で、秋の黄色に色づく時期は、特に絶景で人気があります。大自然を肌で感じられるおすすめの絶景スポットです。

    住所 北海道河東群上士幌町字幌加
    電話番号

    「オンネトー」

    Photo by houroumono

    「オンネトー」は、四季折々の絶景が楽しめる穴場のスポットです。秋には、「ナナカマド」や「イタヤカエデ」などが色づき、湖の水面に反射して、幻想的な絶景の目の当たりに出来ます。

    早朝は霧が現れ、湖の表面を包みます。大自然の絶景を楽しむなら、早朝から「オネントー」へ向かうのがおすすめです。五色に変化する湖と言われる「オネントー」は、毎回景観を楽しめるスポットです。

    住所 北海道足寄郡足寄町茂足寄
    電話番号 0156‐25‐6131

    「定山渓」

    Photo by Nao Iizuka

    「定山渓」は、絶景、アクティビティ、温泉などが楽しめるスポットです。秋には絶景の「紅葉」が見られるスポットとして知られています。

    赤い「二見吊橋」から眺める美しい「紅葉」は、見る人の心を揺さぶる絶景です。北海道の秋を彩る、赤や黄色に色づく木々に囲まれながら、散策したりアクティビティを楽しんでみてはいかがでしょうか。

    住所 北海道札幌市南区定山狭
    電話番号 011‐598‐2012

    「神居古潭」

    Photo by nidate

    「神居古潭」は、アイヌの人々に「神の住む場所」と呼ばれていた、絶景スポットです。「神居古潭」は、北海道を流れる「石狩川」の中で、一番の難所としてアイヌの人々に恐れられていました。

    急激に川幅が狭くなっていて、何度も事故が起こることから、「魔人」が住む場所として言い伝えられていたそうですが、今では、北海道を代表する絶景スポットとして人気になっています。

    住所 北海道旭川市神居町神居古潭
    電話番号

    「岩内仙峡」

    Photo by s.sawada

    「岩内仙峡」は、北海道の壮大な大自然と、静かに流れる渓流風景、四季折々の景色が人気のスポットです。秋には穴場の「紅葉」スポットとして、人気を博しています。

    毎年10月中旬頃から「岩内仙峡もみじまつり」が開催され、地元の名産品や、郷土料理などが味わえる人気のお祭りとなっています。北海道ならではの絶景と、北海道の絶品グルメが楽しめるのでおすすめです。

    住所 北海道帯広市岩内町西1線49
    電話番号

    「知床峠」

    Photo by alberth2

    「知床峠」は、「ウロト」と「羅臼町」を結ぶ、標高738mにある「知床横断道路」の頂上にあたります。秋に峠から見える「羅臼岳」の「紅葉」が絶景と話題の穴場スポットです。

    昼は大自然の中をドライブしながら満喫でき、夜は満点に輝く星空を見ることが出来ます。野生の動物にも出会えることもあります。大自然を体感できる、おすすめの絶景スポットです。

    住所 北海道斜里町本町29‐8
    電話番号

    「キムアネップ岬」

    Photo by yoppy

    「キムアネップ岬」は、「サロマ湖」に沈む夕日が見られる、穴場の絶景スポットです。秋の「サロマ湖」は、原生植物が咲き誇る時期で、およそ50種類の草花を見ることが出来ます。

    「キムアネップ岬キャンプ場」もあり、大自然の中でキャンプが出来るスポットとして、人気があります。夕方、沈みゆく太陽によって真っ赤に染まる「サロマ湖」はまさに絶景です。

    住所 北海道常呂群佐呂間町字幌岩
    電話番号 0158‐72‐1200

    「層雲峡」

    Photo by veroyama

    「層雲峡」は、北海道の四季の移ろいを感じられる、人気の絶景スポットです。北海道の秋を感じさせる「紅葉」が綺麗に見られる穴場スポットとしても知られます。

    ゆったりと散策しながら見ることが出来る赤や黄色の木々は、絵画のような絶景です。9月中旬頃にはピークを迎え、だんだんと北海道の厳しい冬への準備を始めます。北海道の四季を肌で感じられる、観光におすすめの絶景スポットです。

    住所 北海道上川町層雲峡
    電話番号

    「国営滝野すずらん丘陵公園」

    Photo by daita

    「国営滝野すずらん丘陵公園」は、北海道唯一の国営公園です。四季折々の花々が咲き誇る「花畑」や、子供が楽しめる大型遊具などの設備があります。冬には「滝野スノーワールド」として、雪遊びが楽しめる人気の観光スポットです。

    秋の「国営滝野すずらん丘陵公園」は、「コスモス」などの季節の花々が一面に咲き誇り、観光客を魅了します。花の香りと、絨毯のように咲いた花々は、北海道の秋を彩る絶景です。

    住所 北海道札幌市南区滝野247
    電話番号 011‐592‐3333

    北海道・冬のおすすめ絶景スポット

    Photo bysharonang

    厳しい寒さと、雪が降り積もる北海道の冬には、冬にしか見ることが出来ない、北海道の絶景があります。寒さの厳しい北海道だからこその絶景です。おすすめの絶景スポットを、定番から穴場までご紹介します。

    「網走の流氷」

    Photo byjasongillman

    「網走の流氷」は、北海道の冬の醍醐味として知られ、絶景スポットとして人気を博しています。「網走」は、オホーツク海に隣接し、「アムール河」から流れる淡水が氷り、南下しながら大きくなった「流氷が」流れてきます。

    「流氷」と共に、「アザラシ」「クリオネ」「オオワシ」といったくさんの野生動物たちもやってきます。「流氷」は観光船に乗ってみることが出来るので、ぜひ体験してみてください。

    住所 北海道網走市南3条
    電話番号

    「タウシュベツ川橋梁」

    フリー写真素材ぱくたそ

    「タウシュベツ川橋梁」は、「糠平湖」コンクリート製の鉄道橋です。風のない晴れた日には、水面に橋が映り、眼鏡のように見えることから「めがね橋」とも呼ばれています。

    「タウシュベツ川橋梁」は、6月頃から12月頃までは、ダムの底に沈んでいて、ダムの水が少なくなる1月頃から姿を見ることが出来るようになります。冬の時期にだけ見られる絶景を、楽しんでみてはいかがでしょうか。

    住所 北海道河東群上士幌町字ぬかびら源泉郷
    電話番号

    「支笏湖」

    Photo by onigiri-kun

    「支笏湖」は、透き通った美しい湖が有名なスポットです。絶景が見られるスポットとしても知られています。「支笏湖」の水質は、環境省が日本一と発表する程綺麗で、「水中観覧船」なども運航しています。

    そして冬の「支笏湖」は、雪が積もり真っ白な湖周辺のおかげで、青い湖の色がより一層映えて、とても綺麗に見えます。四季折々の綺麗な景色が見られる「支笏湖」はおすすめです。

    住所 北海道千歳市休暇村支笏湖
    電話番号

    「白ひげの滝」

    Photo by12019

    「白ひげの滝」は、火山性の物質を含んだ水がコバルトブルーに見える、美しい滝が人気の穴場スポットです。冬は雪に覆われた滝がライトアップされ、神秘的な雰囲気へと変化します。

    北海道の夜に輝く美しい滝は、まさに絶景です。思わず息を飲むような美しい景色は、一生忘れられない思い出になります。

    住所 北海道上川郡美瑛町字白金
    電話番号 0166‐92‐4321

    「流星の滝」

    Photo by MiNe (sfmine79)

    「流星の滝」は、「石狩川」沿いに続く24kmにも及ぶ断崖絶壁を流れる、一本の太く力強い滝のことです。近くを流れる「銀河の滝」と合わせて「夫婦滝」とも呼ばれています。

    冬は、滝の周辺に降り積もった雪と、滝から落ちてくる水が、不思議な魅力をかもし出し、人々を魅了しています。四季折々の表情を見せる「流星の滝」は、冬こそおすすめの絶景スポットです。

    住所 北海道上川郡上川町字層雲峡
    電話番号

    「名寄市の樹氷」

    フリー写真素材ぱくたそ

    「名寄市の樹氷」は、北海道の冬ならではの絶景です。「名寄市」は盆地になっていて、冬には-30度まで気温が下がります。そして空気中の水蒸気が木々に着氷して、「樹氷」になります。

    「樹氷」は、寒い北海道だからこそ見られる現象で、白く色づいた木々はとても美しく、映画のワンシーンにいるような気分になれます。

    住所 北海道名寄市字日進
    電話番号

    「しかりべつ湖コタン」

    フリー写真素材ぱくたそ

    「しかりべつ湖コタン」は、北海道の大自然を利用した、雪と氷だけで作られた街のことです。冬に凍る「然別湖」の湖畔と湖上に「かまくら」で家やカフェ、バーなどを建てています。

    名物「氷上露天風呂」も大人気で、氷上で源泉かけ流しの露天風呂を満喫出来る、世界唯一のスポットです。雪と氷の世界をぜひ楽しんでみてください。

    住所 北海道河東群鹿追町北瓜幕無番地
    電話番号

    「旭川 雪の美術館」

    Photo by MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

    「旭川 雪の美術館」は、中世ヨーロッパを彷彿とさせる建物内で、結婚式や美術鑑賞などが行えるスポットです。白を基調とした館内には、雪に関する資料や絵本、映像などを見ることが出来るスペースもあります。

    北海道らしい「雪」に関しての美術館は、神殿のようになっていて、憧れの結婚式場となっています。北海道観光に行った際には、ぜひ足を運んでみてください。

    住所 北海道旭川市南が丘3‐1‐1
    電話番号 0166‐73‐7071

    「阿寒湖」

    Photo by patchanism

    「阿寒湖」は、火山が噴火して生まれた湖です。「阿寒湖」には特別天然記念物の「まりも」が生息していることでも有名です。

    冬は湖一面が氷り、真っ白な湖が見られます。凍った湖では「ワカサギ」釣りが出来たり、湖の上で打ち上げる「花火」を見られたりします。冬ならではの楽しみ方が出来る「阿寒湖」はおすすめです。

    住所 北海道釧路市阿寒町
    電話番号

    「小樽運河」

    Photo byIndigophotos

    「小樽運河」は、北海道の中でも有名な観光スポットです。大正12年に完成した歴史ある運河です。冬は雪が積もり、幻想的な風景を見ることが出来ます。

    運河はクルーズ船で観光することもでき、観光客に人気になってます。散策しながら眺める歴史ある風景もおすすめです。

    住所 北海道小樽市港町5
    電話番号

    北海道・おすすめ穴場絶景スポット

    Photo by A_CUVE

    北海道には、穴場の絶景スポットがいくつか存在します。北海道の大自然が生んだ、北海道らしい絶景を見られるスポットをご紹介します。

    「豊似湖」

    Photo by khf_fjs

    「豊似湖」は、上から見るとハート型に見える、「ハートレイク」とも呼ばれる自然湖です。地元では、馬の蹄の形に見えることから「馬蹄湖」として知られています。

    夏は青々と茂る木々の葉が、秋には紅く色づいた木々が、湖面に移り、とても美しい絶景が見られる穴場のスポットです。ほとんど人の手が加わっていない、自然が生み出す絶景をお楽しみください。

    住所 北海道幌泉郡えりも目黒
    電話番号

    「オコタンぺ湖」

    Photo by le_my

    「オコタンペ湖」は、時期、時間、太陽の当たり方、見る角度によって色が違って見える、不思議な湖です。同じ時間帯でも、見る角度によって「コバルトブルー」や「エメラルドグリーン」に見えます。

    「オコタンペ湖」は、およそ2000年前の「恵庭岳」の噴火により、溶岩で沢がせき止められて出来た湖です。さまざまな偶然が重なりあい、色の変化が起きているようです。

    住所 北海道千歳市奥潭
    電話番号 0123‐25‐2404

    「雨竜沼湿原」

    Photo byMarisa04

    「雨竜沼湿原」は、四季折々の表情を見せる、大小さまざまの沼からなる湿原です。穴場のトレッキングスポットとして、注目を集めています。

    湿原までたどり着くには、かなりの距離を歩かなければならず、トレッキングなどに慣れた人がおすすめです。苦労してたどり着いた先に待つ絶景は、疲れも吹っ飛ぶ美しい景色です。

    住所 北海道雨竜郡雨竜町338‐2
    電話番号 0125‐77‐2211

    「幣舞橋」

    Photo by Travel-Picture

    「幣舞橋」は、「日本百名橋」に選ばれる、綺麗な景色が見られるスポットです。霧に包まれた「幣舞橋」の幻想的な姿を写真に撮るのが人気です。夕焼けに包まれる「幣舞橋」も息を飲む美しさです。

    住所 北海道釧路市北大通
    電話番号

    「パノラマロード江花」

    Photo byMikeGoad

    「パノラマロード江花」は、「富良野岳」へ向かってまっすぐ伸びる、大自然の中をドライブできる人気のスポットです。その全長はおよそ5kmあり、ウォーキングなども楽しめます。

    住所 北海道空知郡上富良野町西3線北
    電話番号

    番外編:四季をとわずにおすすめな絶景スポット

    Photo byAG2016

    北海道には、一年中色々な場所から観光客が訪れます。北海道で季節を問わず楽しめる、絶景スポットをご紹介します。

    「知床五湖」

    Photo by sendaiblog

    「知床五湖」は、「一湖」から「五湖」まであり、遊歩道を歩きながらゆったりを湖を見ることが出来ます。「知床連山」が湖面に映り、たくさんの原生植物が生え、野生動物にも出会えます。

    遊歩道の散策は、指導員にレクチャーを受けないと行くことが出来ないので、事前にレクチャーの予約をしてから向かいましょう。

    住所 北海道斜里群斜里町大字遠音別村
    電話番号

    「函館山」

    Photo by FREDHH

    「函館山」は、展望台から眺める函館の美しい夜景が人気のスポットです。山頂までは、ロープウェイ、車、観光バス、徒歩で登ることが出来ます。

    気軽に登れて、1年中楽しむことが出来る絶景スポットとして有名です。世界的にも有名な函館の夜景を、ぜひご自身の目で見て感動してみてください。

    住所 北海道函館市函館山
    電話番号

    「摩周湖」

    Photo by sendaiblog

    「摩周湖」は、世界2位の透明度を誇る美しい湖です。「霧の摩周湖」としても有名で、霧がかかる「摩周湖」は、とても幻想的で美しいです。

    3つの展望台があり、それぞれ違った角度から「摩周湖」を眺めることが出来ます。一年中楽しめる「摩周湖」はおすすめのスポットです。

    住所 北海道上川郡弟子屈町摩周原野
    電話番号

    「野付半島」

    Photo by mcn_coppi

    「野付半島」は、条件が重なれば、波一つない静かな海面が見ることが出来る、「この世の果て」とも言われる絶景スポットです。

    遊歩道を歩いていくと、静かな海面へ延びる一本道になり、天国へ続く道のようであることから「この世の果て」と言われているそうです。とても美しい景色なので、ぜひおすすめしたいスポットです。

    住所 北海道野付郡別海町野付
    電話番号

    「ジェットコースターの路」

    Photo byLarisa-K

    「ジェットコースターの路」は、緩やかな道路から一転、急降下し、急上昇するアップダウンの激しい道路です。まるでジェットコースターのようであることから呼ばれています。

    周囲の景色を楽しみながら走る「ジェットコースターの路」は、真っ白な雪に覆われた冬も人気です。スピードを出しすぎないように注意しながら満喫しましょう。

    住所 北海道空知郡上富良野町西11線
    電話番号

    北海道の絶景は一生に一度は見るべき!

    Photo byyuqing0232_cn

    大自然の魅力溢れる北海道は、一生に一度見ておきたい絶景がたくさんあります。一度見ると、一生忘れられない思い出になること間違いなしです。四季折々の表情を見せる北海道の自然を満喫しましょう。

    c.mone
    ライター

    c.mone

    大阪で生まれ育ち、現在は宮古島在住の主婦です。旅行や音楽、メイク、料理が好きです。全国各地の魅力を発信できるよう、わかりやすく素敵な記事を書くことを心がけています。ぜひ一緒にさまざまな土地の魅力を発見してみましょう。

    こちらもおすすめ♡

    人気記事ランキング