山鹿伝統の灯籠まつりをご紹介!幻想的な千人灯籠踊りって?

山鹿伝統の灯籠まつりをご紹介!幻想的な千人灯籠踊りって?

九州の熊本県山鹿市で、毎年夏に開催される「山鹿灯籠まつり」をご存知でしょうか。一番の見どころは、なんといっても頭に灯籠をつけた女性1000人が踊る「千人灯籠踊り」です。今回は、たくさんの見どころがある山鹿灯籠まつりを紹介します。

記事の目次

  1. 1.山鹿灯籠まつりとは?
  2. 2.伝統工芸品「山鹿灯籠」を知ろう
  3. 3.山鹿灯籠まつり1日目の見所
  4. 4.山鹿灯籠まつり2日目の見所
  5. 5.山鹿灯籠まつりはこうやって楽しめる!
  6. 6.山鹿灯籠まつりへの行き方
  7. 7.山鹿灯籠まつりで素敵な夏の夜を過ごそう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

山鹿灯籠まつりとは?

フリー写真素材ぱくたそ

そもそも「山鹿灯籠」の起源は、九州を巡幸していた第12代景行(けいこう)天皇が、濃い霧に行く手を阻まれ立ち往生してしまった時に、山鹿の人々が松明の灯りで、道を照らし迎えたことに由来します。

Photo by Hyougushi

それ以来、山鹿の人々は、天皇が巡幸した際の仮宮だった行在所(あんざいしょ)の跡地(現在の大宮神社)に景行天皇を主祭神として祀り、毎年8月に松明を灯して、神事を行うようになったのが「山鹿灯籠まつり」の原形だったようです。

現在の山鹿灯籠まつりに大きく近づいたのは、室町時代に入ってからです。毎年、神事で使われてきた松明は、手すきの和紙で作られた灯籠に変わりました。

さらに時を経て、金灯籠を頭につけて女性が舞う「山鹿灯籠踊り」が作られ、山鹿灯籠まつりの最大の見どころにもなっている「千人灯籠踊り」に発展したのです。

山鹿灯籠が彩る夏の二夜

Photo by yto

山鹿灯籠まつりは、毎年、8月に2日間かけて行われています。夜になると、淡い光を放つ金灯籠を頭につけた女性たちが「よへほ節」に合わせて、ゆったりと踊る山鹿灯籠踊りで、祭りを盛り上げます。

最大の見どころは、2日目の夜に行われる「千人灯籠踊り」です。1000人の女性たちが、金灯籠を頭につけて、全員が同じゆかたの衣装に身を包み、よへほ節にあわせて舞い踊ります。

1000人の女性たちが輪になって踊る姿は、ゆったりとしていて力強く、目を離せなくなるほどの迫力があります。

伝統工芸品「山鹿灯籠」を知ろう

Photo by Hyougushi

山鹿灯籠まつりには「山鹿灯籠」が欠かせません。山鹿灯籠は「灯籠師」によって、手すきの和紙と糊だけを使い、一つ一つ手作りされます。

一口に山鹿灯籠といっても、その形は様々です。代表的な山鹿灯籠は、女性が頭につけている金灯籠ですが、日本家屋を精密に再現したものや、日本のお城を再現したものなどが、大宮神社に奉納されます。

現在では、毎年およそ30基の山鹿灯籠を奉納します。灯籠師たちは、山鹿灯籠の制作開始の前に大宮神社で4月にお払いを受けて、山鹿灯籠まつりまでに山鹿灯籠を仕上げなくてはなりません。

Photo by hiroooooki

また、大宮神社の奉納殿では、山鹿灯籠まつりで奉納された山鹿灯籠を次年度の祭りまで展示しています。前回の山鹿灯籠まつりで奉納された山鹿灯籠を見たいという方は、ぜひ大宮神社へ行きましょう。

さらに、山鹿灯籠民芸館では、金灯籠や、神殿、お城、日本家屋など、様々な山鹿灯籠が展示されています。また、ミニ灯籠の制作体験ができます。予約が必須になっていますので、事前に山鹿灯籠民芸館のホームーページで確認を取りましょう。

山鹿灯籠はこうして作られる!

Photo by Will Fuller

山鹿灯籠作りにおいて、灯籠師たちには3つの鉄則があります。一つ目は、手すきの和紙と糊だけで作ることです。

手すきの和紙が、山鹿灯籠作りに使われ始めたのは室町時代からです。その後、江戸時代に入ると、町の有力者たちが奉納する山鹿灯籠の出来を競うようになりました。

競い合いが激しくなるにつれ、有力者たちの灯籠師への要求も高度なものへ変わって行きました。その中で灯籠師たちの技術力も向上し、現在の手すきの和紙と糊だけを使った山鹿灯籠を制作する技術が磨かれたのです。

Photo by JoshBerglund19

二つ目は、柱など部分を空洞にするということです。このような技術は、非常に高度で修得が難しく、灯籠師として一人前と認められるには、10年以上の歳月がかかると言われています。

また、灯籠を組み立てる部品を空洞にすることで、とても軽い灯籠になり、女性たちが頭につけて舞い踊ることができるのです。

三つ目は、建物などを単に縮小しただけの山鹿灯籠を制作しないということです。灯籠師たちが独自に寸法を計算し、山鹿灯籠として一番美しい形を追求した設計がなされています。

山鹿灯籠まつり1日目の見所

Photo by yto

2日間の日程で開催される山鹿灯籠まつりの初日の見どころを紹介していきます。まず見過ごしてはならないのが「奉納灯籠の舞」でしょう。

次に、おまつり広場で「灯籠踊り」を披露する「流し灯籠」も、見どころのひとつです。また、初日は菊池川で納涼花火大会が行われることも忘れてはなりません。

神社での「奉納灯籠の舞」

Photo by JoshBerglund19

「奉納灯籠の舞」は初日の19時ごろから大宮神社の境内で行われます。「山鹿灯籠踊り保存会」の方々による奉納灯籠の舞は、日々厳しい稽古によって、首の傾げ方から指先の動かし方に至るまで一糸乱れぬ美しさです。

奉納灯籠の舞の開始時刻には、優雅に美しく舞う女性たちの姿を、ひと目見ようと大宮神社の境内にたくさんの人が押し寄せます。山鹿灯籠まつりの醍醐味ともいえる、奉納灯籠の舞を見逃さないようにしましょう。

踊り手を近くで見れる!「灯籠踊り」

Photo byDeltaWorks

大宮神社で奉納灯籠の舞を終えると「おまつり広場」にて「流し灯籠踊り」が行われます。「熊本県立鹿本農業高等学校 郷土芸能伝承部」や「山鹿灯籠踊り保存会」など、様々な団体が、それぞれの浴衣に身を包み、よへほ節にあわせて「灯籠踊り」を披露します。

おまつり広場のベストスポットは、山鹿の町のシンボルでもある「さくら湯」です。解体と再建を繰り返してきたさくら湯には、今も日本の伝統的な建築物としての風格があります。

さくら湯を背景に灯籠踊りを舞う姿は、見事に調和して、目が離せません。また、踊り手の方々をもっとも近くで見られるのが、おまつり広場ですので、美しい山鹿灯籠踊りをじっくり堪能しましょう。

「よへほ節」とは?

Photo by JoshBerglund19

山鹿灯籠祭りでは「よへほ節」にあわせて踊ります。今のよへほ節の歌詞は、1933年に野口雨情氏がリメイクし、子供から大人まで誰が聞いても、健全な歌詞になりました。

というのも、もともとよへほ節は、男女の逢瀬を歌う歌詞だったので、あまり一般受けする内容ではなかったのです。

Photo by Maiko & Geiko

「よへほ」という言葉の語源には様々な説があるようです。一番有力な説によると「よへ」を「酔へ」という意味で捉えます。「よへほ」の「ほ」という言葉は、肥後弁に由来していて、他人に催促したり、気を惹くなどの意味があるそうです。

つまり「よへほ」とは、相手にお酒を勧めているということなのです。このことからもわかるとおり、この歌は、お座敷歌として芸者さんが踊りながら、お客さんにお酒を勧めるといった時に使われていたのでしょう。

山鹿の夏の夜空に花咲く「納涼花火大会」

フリー写真素材ぱくたそ

山鹿灯籠祭りの初日の夜のみ「納涼花火大会」が開かれます。納涼花火大会では、およそ4000発もの花火が打ち上げられ、夏の夜空をひときは明るく照らします。

納涼花火大会の会場は菊池川沿いにあり、菊池川にかかる山鹿大堰橋(やまがおおぜききょう)から、山鹿大橋までの土手沿いに観覧席が設けられています。

注意事項として、土手沿いに設けられた観覧席以外で、座って花火を見ることは禁止されています。山鹿灯籠まつりの運営者が定めたルールを守って、楽しく花火を見ましょう。

山鹿灯籠まつり2日目の見所

Photo by Hagane Tsuyoshi

2日目の最大の見どころはなんと言っても「千人灯籠踊り」です。山鹿灯籠まつりの最大の見どころなので、見逃さないようにしましょう。

また、2日目の深夜に掛けて行われる「上がり灯籠」も見どころのひとつです。上がり灯籠は、山鹿灯籠まつりの根幹になっている行事なのです。ただし、夜遅くに行われるので、小さなお子様連れの方は、見るのが難しいかもしれません。

壮観!女性千人による「千人灯籠踊り」

Photo by midorisyu

山鹿灯籠まつりの中で、一番の盛り上がりを見せるのが、2日目に山鹿小学校のグラウンドで行われる「千人灯籠踊り」です。頭に金灯籠をつけた1000人の女性が、おそろいの浴衣に身を包み、よへほ節に合わせ、輪になり舞い踊ります。

千人灯籠踊りは、山鹿灯籠まつり最大の見どころといっても過言ではありません。1000人もの女性がいっせいに舞い踊る美しい姿は、圧巻の一言です。

これを見ないと帰れない!「上がり灯籠」

Photo by sukitamba

千人灯籠踊りの後に行われるのが「上がり灯籠」です。上がり灯籠とは、大宮神社に奉納する山鹿灯籠を神輿に乗せて運び込む、山鹿灯籠まつりの根幹をなす儀式です。

神輿を担いだ男衆の「ハーイトウロウ、ハーイトウロウ」の掛け声と共に町中を歩き、大宮神社に山鹿灯籠が奉納されます。

神輿に乗っている山鹿灯籠は、日本家屋やお城など、灯籠師が細部まで精巧に作り上げた山鹿灯籠です。また、これらの山鹿灯籠には、町内の息災などの願いがこめられ、大宮神社に奉納されます。

山鹿灯籠まつりはこうやって楽しめる!

Photo by Nguyen Vu Hung (vuhung)

山鹿灯籠まつりの楽しみ方の一つとして、おすすめなのがスタンプラリーです。奉納山鹿灯籠の展示場や大宮神社など、合計31ヶ所に設置されたスタンプを集めると、豪華賞品が抽選で当ります。ちなみに2019年の一等賞品は、金灯籠でした。

様々な場所に設置された奉納山鹿灯籠を見て周ることで、楽しみながら観光できるよう工夫がなされています。山鹿灯籠まつりを、余すところなく楽しみたいという方は、参加してみてはいかがでしょうか。

夏の特別な思い出に「千人灯籠踊り」に参加しよう!

Photo by midorisyu

山鹿灯籠まつりの千人灯籠踊りには、他市、他県の人でも参加できます。千人灯籠踊りに参加されている女性は、1000人のうち、800人が地元の方ですが、残りの200人は、他市や他県から募集して集まった方々なのです。

参加の基本条件は、千人灯籠踊りを踊りたい人、練習に3回以上参加できる方となっています。応募条件は、参加される年によって変わることもあります。毎年6月頃から募集が開始されますので、山鹿灯籠まつりのホームページなどを、必ず確認してください。

千人灯籠踊りに参加すれば、一生の思い出になることは間違いありません。もし踊ってみたいと思ったら迷わず参加してみましょう。

特別観覧席チケットを手に入れよう

フリー写真素材ぱくたそ

千人灯籠踊りの観覧に、おすすめなのが「特別観覧チケット」です。特別観覧チケットを購入しておけば、全席指定のチケットなので、ゆったりと千人灯籠踊りを見られます。

チケットの種類には、マス席チケット、一般観覧席チケットなどがあります。2020年の特別観覧チケット販売時に、確認のうえ購入を検討してみてください。もちろん、特別観覧チケットを購入しなくても、自由席や立見席があるので無料で観覧することは可能です。

また、特別観覧チケットを購入するなら、前売りチケットがおすすめです。確実ではありませんが、当日にも特別観覧チケットは販売されますので、現地で特別観覧チケット購入の有無を、決めるのもよいでしょう。

山鹿灯籠まつりへの行き方

Photo byFree-Photos

車やレンタカーを利用される方は、菊水インターチェンジで高速を降り、県道16号線を10キロほど走ると、山鹿中学校のグラウンドに設置されている有料臨時駐車場に着きます。有料臨時駐車場は他にもあり、遠くの駐車場からは、無料のシャトルバスが出ています。

飛行機や新幹線を利用される方は、植木インターチェンジまで高速バスを利用してください。植木インターチェンジから、九州産交バスに乗り換え、山鹿バスセンターで下車します。山鹿バスセンターからは、無料のシャトルバスが出ているので、利用しましょう。

また、山鹿バスセンター行きのバスは、1時間に3本ほどしかでていません。バスで山鹿灯籠祭りへ向かう方は、時間に余裕を持って予定を立てることをおすすめします。

有料臨時駐車場をチェックしよう

Photo byfill

山鹿灯籠祭りが行われる2日間は「有料臨時駐車場」が4ヶ所設置され、1800台の車が停められるようになっています。離れた場所にある有料臨時駐車場からは、無料のシャトルバスが運行していますので、利用しましょう。

山鹿灯籠祭りの会場に一番近い駐車場は、山鹿中学校のグランドの有料臨時駐車場です。450台停められるのですが、大変な混雑が予想されますので、この駐車場に確実に停めたい場合は、早めに到着するように予定をたてましょう。

有料臨時駐車場の値段は、乗用車1台800円です。次年度の山鹿灯籠まつりでは、値段や臨時駐車場の数が変わるかもしれませんので、必ず事前に確認しましょう。

交通規制情報にも気をつけよう

Photo by Yuichiro Haga

山鹿灯籠祭り当日は、祭り会場全域で、交通規制が敷かれます。車などの乗り入れができませんので、駐車場などの位置確認と合わせて、事前に規制箇所を調べるようにしましょう。

交通規制などの情報は、山鹿灯籠祭りの公式ホームページなどでも確認できます。山鹿灯籠祭りには毎年、たくさんの人出があり、歩行者や子供連れも多いので、祭り会場付近を走行する際には、飛び出しなどに十分に注意しましょう。

山鹿灯籠まつりで素敵な夏の夜を過ごそう!

Photo by zunsanzunsan

九州の夏の風物詩とも言われる山鹿灯籠まつりは、観覧するだけでなく、参加することもできるお祭りです。千人灯籠踊りに参加するもよし、スタンプラリーに参加するのもよし、もちろん奉納灯籠の舞や、流し灯籠を見て楽しむのもよいでしょう。

山鹿灯籠まつりは、人によって様々な楽しみ方ができるお祭りです。皆さんも自分に合ったスタイルで山鹿灯籠まつりを楽しんでみてはいかがでしょうか。

yamada1215r
ライター

yamada1215r

美術館に行くことが趣味です。カメラを持って街を歩くのも好きなので、休日はよく外出しています。みなさんが行きたくなるような記事を目指します!

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング

記事はありません。