水郷潮来あやめ祭り(まつり)の魅力をご紹介!見頃や見どころ・アクセスなど

水郷潮来あやめ祭り(まつり)の魅力をご紹介!見頃や見どころ・アクセスなど

茨城県潮来(いたこ)市は、霞ケ浦や北浦、常陸利根川などに面した水郷で有名な都市で、昭和27年から始まった水郷潮来あやめまつりは、潮来市の歴史あるイベントです。美しいあやめの見頃や見どころなど、水郷潮来あやめまつりの魅力を、アクセスも含めてたっぷりご紹介します。

記事の目次

  1. 1.「潮来あやめまつり」は見どころの多い必見イベント
  2. 2.潮来あやめまつりの「日程と見頃」
  3. 3.潮来あやめまつりの「見どころ」
  4. 4.潮来あやめまつりの楽しい「体験イベント」
  5. 5.潮来あやめまつり周辺の観光スポットは?
  6. 6.「潮来あやめまつり」で水郷情緒と花菖蒲を楽しもう

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

「潮来あやめまつり」は見どころの多い必見イベント

Photo by Zengame

茨城県潮来(いたこ)市は、東部は北浦に面し、西武は霞ケ浦と北利根川、南部は外浪逆浦というように水辺に囲まれた自然豊かな街です。「潮来あやめまつり」は、水辺の街ならではのおまつりです。

「潮来あやめまつり」は、水郷潮来あやめ園で毎年5月下旬から6月下旬まで開催されています。「嫁入り舟」や「ろ舟遊覧」など見どころが多く、観光客が約80万人も訪れる潮来市人気のイベントです。見頃を迎えた園内一面のあやめは必見です。

Photo by inazakira

昭和27年当初は、あやめ愛好家が持ち寄った切り花を鑑賞するだけのイベントでしたが、今では「嫁入り舟」や「ろ舟の遊覧」なども出来る、楽しいおまつりになりました。あやめまつり園内に咲いているのは花菖蒲です。潮来地域では、花菖蒲の事を「あやめ」と呼びます。

潮来あやめまつりでは、美しいあやめを楽しめるのはもちろん、見どころ満載のイベントが多く開催されていて、潮来市民だけでなく毎年多くの観光客を魅了しています。

Photo by gtknj

水郷潮来あやめまつりは、開催場所の水郷潮来あやめ園のアクセスが良く、駐車場が広い事も魅力の1つとなっています。水郷の街ならではの嫁入り舟を眺め、ろ舟遊覧で日常を忘れてのんびりとした時間を過ごす事が出来ます。

昭和27年から始まった「潮来あやめまつり大会」とは?

Photo by yoruwo

「潮来あやめまつり大会」は、昭和27年から始まった歴史あるイベントで、会場となる「水郷潮来あやめ園」は、入園料無料で美しいあやめを鑑賞出来ます。

あやめは、白、濃い紫、青、黄色と多彩で、品種によって花の形もそれぞれ違います。さまざまな色や形のあやめを愛でながら巡るのも楽しみの1つです。

あやめまつりでは鑑賞だけでなく、観光客が体験出来るイベントも盛りだくさんです。アクセスや見頃、見どころ満載のイベントを順番に紹介していきます。日程や時間が限られているので、確認してから出かけましょう。

潮来あやめまつりへのアクセス・駐車場

Photo byanalogicus

東京方面からの電車では、東京駅からJR総武本線70分で成田駅、成田駅からJR成田線30分で佐原駅、佐原駅からJR鹿島線10分で、最寄駅の潮来駅へ来ることができます。

水戸方面からの電車では、水戸駅から大洗鹿島線90分で鹿島神宮駅、鹿島神宮駅からJR鹿島線10分で潮来駅です。潮来駅からは徒歩3分と好アクセスです。

フリー写真素材ぱくたそ

ハイウェイバスでは、東京駅八重洲南口1番乗り場から「鹿島神宮」または「鹿島セントラルホテル」行きに乗り、郷潮来バスターミナルで下車します。乗車時間は約70分です。バスターミナルからはタクシーで10分です。

車では、東関東自動車道に乗り、潮来インターチェンジに向かいます。東京からは約90分です。インターチェンジから駐車場までは10分です。

Photo byfill

潮来あやめまつりへは、電車・バス・車のどの交通手段でもアクセスが良いです。電車でも、東京方面や水戸方面からのアクセスも良く、潮来駅からは徒歩3分と好立地です。ハイウェイバスでも車でも、東京から約1時間20分ほどです。

車は広い駐車場があるので便利です。あやめまつり開催中は、旧ショッピングセンター「アイモア」の駐車場が、臨時駐車場となっていて、止める事が出来ます。駐車場の料金は有料で500円です。駐車場から会場までは徒歩10分で行けます。

潮来駅では、レンタサイクルもあります。無料の周遊バスについては下記をご覧ください。

住所 潮来市あやめ1-5
電話番号 0299-63-1111

「無料の周遊バス」も運行

Photo by tsuda

あやめまつり期間中は、土日限定で無料の周遊バスが運行しているのでアクセスも便利です。発着場所は、「JR潮来駅」「水郷まちかどギャラリー」「二本松寺」「愛友酒造」「水郷旧家磯山邸」です。

潮来駅発は、9時~16時までの間で12時を除いて1時間置きに出発しています。観光地や写真スポットなどを巡ってくれるので、時間を確認して観光計画を立ててみてはいかがでしょうか。あやめ園の駐車場から周辺を巡るのにも便利です。

茨城ひたち海浜公園のネモフィラは絶景!開花時期や見頃は? | jouer[ジュエ]
日本一のネモフィラ畑を見れる茨城県ひたちなか市の「国営ひたち海浜公園」は、近年メディアで取り上げられたことで話題スポットに。どこまでも続くネモフィラ畑は、絶景で感動せずに入られません。そんな魅力ある茨城国営ひたち海浜公園の魅力をたっぷりお届けします。

潮来あやめまつりの「日程と見頃」

Photo byAbelke

潮来あやめまつりの日程は、毎年5月下旬から6月下旬で、見頃は6月10日前後ですが、毎年細かい日時の変更があるので、確認してから出かけましょう。見頃も、その年の気温や気候によって変化します。

会場内で開催されているイベントも、曜日や時間が限られているので、確認してから出かけましょう。天候によっても変更があります。

潮来あやめまつりの「見どころ」

フリー写真素材ぱくたそ

潮来あやめまつりでは、美しいあやめの鑑賞はもちろんですが、その他にもたくさんのイベントがあり見どころ満載です。観光客が体験出来る、コスチュームを着ての花摘み体験や、ろ船での遊覧から、潮来市の古き良き風習を再現した嫁入り舟まで、たっぷり紹介していきます。

水郷潮来あやめ園には、「潮来笠記念碑」や「潮来花嫁さん記念碑」が設置されていて、橋幸夫さんの「潮来笠」や花村菊江さんの「潮来花嫁さん」の曲を聴く事も出来ます。

しかしその中でももっとも素晴らしい見どころは、何といっても見頃を迎えピンっと立つあやめの美しい姿です。ライトアップされたあやめ園も格別です。

約500種100万株の美しい「あやめ(花菖蒲)」

Photo by TANAKA Juuyoh (田中十洋)

水郷潮来あやめ園は敷地面積が約1.3ヘクタールもあり、500種100万株の美しいあやめが植えられています。見頃を迎え一面に咲き誇ったあやめは圧巻です。

紫色の雅な花を咲かせるあやめは、古くから梅雨の訪れを知らせる花として愛されてきました。水郷潮来あやめ園は、美しいあやめを鑑賞出来る園として、美しい日本の歩きたくなるみち500選にも選ばれました。

潮来花嫁さん「嫁入り舟」

Photo by Norisa1

潮来市は、昭和30年頃まで水路が運搬の中心となっていて、ろ舟は日常の交通手段として利用されていました。嫁入りの時にも花嫁が嫁入り道具と共に、「ザッパ舟」と呼ばれる「ろ舟」に乗って対岸で待つ婿の元へ嫁入りしていました。

あやめまつり期間中は、美しい白無垢姿の本物の花嫁さんが、情緒豊かな嫁入りの様子を「嫁入り舟」で再現してくれます。幸せのおすそ分けがもらえると、観光客にも人気のイベントです。

Photo by Zengame

嫁入り舟に乗る花嫁さんは、事前に潮来市の公募の中から選ばれた、挙式予定の方や1年以内に結婚された本物の花嫁さんで、潮来市は花嫁さんに会える街としても有名です。美しいあやめを眺めながら幸せな花嫁さんを見る事が出来ます。

挙式のタイミングが合えば応募してみましょう。嫁入り舟に乗り「幸せな花嫁さん」になって、幸せをおすそ分けしてみてはいかがでしょうか。

Photo by Norisa1

嫁入り舟は期間中毎週水・土・日曜日に開催されています。水曜日は11時からのみ、土・日曜日は11時からと14時からの回があり、土曜日のみ19時半からライトアップされた幻想的な光の中を流れる「宵の嫁入り舟」を見る事も出来ます。

嫁入り舟は、園内のろ舟乗り場から出発し、潮来花嫁さんの記念碑前に到着後、嫁入り舟から降りた花嫁さんが、船頭、仲人と共に園内を歩きます。当日挙式の都合や天候により、時間変更や中止の場合もあるので確認が必要です。

「あやめ踊り」

Photo by Zengame

伝統芸能あやめ踊りは、あやめまつり期間中、毎週日曜日の12時~12時40分に開催されています。園内のあやめの間を潮来音頭に合わせて、潮来市地域女性団体の方々が踊られています。時間変更や天候により中止になることがあります。

「潮来祇園祭禮踊り」

Photo by bangdoll@flickr

潮来祇園祭禮(ぎおんさいれい)踊りは、あやめまつり期間中、毎週日曜日の15時~16時に開催されています。お囃子(はやし)に合わせて、傘などの小物を使った祭禮踊りを披露しています。天候により中止になることがあります。

「潮来囃子演奏」

Photo by duck75

潮来囃子演奏は、あやめまつり期間中毎週日曜日の13時~13時40分まで演奏されています。砂切りから始まり、馬鹿はやし、いそべ、松飾など古来から伝わるはやし方で演奏されます。お囃子を演奏する芸座(げざ)は毎回違うので、演奏の仕方も少し違っています。複数回見ても楽しめるでしょう。

「全国優良品種花菖蒲展示会」

Photo by TANAKA Juuyoh (田中十洋)

全国優良品種花菖蒲展示会は、あやめまつり期間中毎日9時~17時まで開催されています。潮来市で品種改良され名付けられたあやめや、丹精込めて作られた自慢のあやめを鑑賞出来ます。それぞれ色や形が違った美しいあやめを楽しめます。

あやめまつり期間中は、毎日展示会場で花菖蒲を購入できます。購入を考えている方は、駐車場も完備されているので車で来場すると便利です。

潮来あやめまつりの夜のお楽しみ「ライトアップ」

Photo by Zengame

あやめまつり期間中毎日18時半~22時までは、園内がライトアップされ、昼間とは違った幻想的なあやめを見る事が出来ます。橋のライトアップもあり、川面に反射した光もまた一段と幻想的です。

お昼間の太陽の光の下で見るあやめも美しいですが、ライトの光を浴びたあやめも必見です。大会本部前には、休憩スペースが設けられているので、ベンチでゆったりと楽しむ事が出来ます。

「思案橋」から写真撮影するのもおすすめ

Photo byFree-Photos

思案橋は、園内一面に敷き詰められたあやめが一望出来る絶好の写真スポットです。あやめまつり期間中に開催されている嫁入り舟が向こう岸へ渡るのも、思案橋からは250m程しか離れていないので、間近で見る事が出来ます。

潮来あやめまつりの楽しい「体験イベント」

Photo by Norisa1

潮来あやめまつりでは、観光客が体験出来る楽しいイベントがたくさんあります。ここからは、潮来あやめまつりで体験出来るさまざまなイベントを紹介していきます。

「結城紬の着心地体験」

Photo by sayo-ts

結城紬(ゆうきつむぎ)とは、茨城県や栃木県を主な生産の場とする絹織物です。結城紬着心地体験は、決まった日程で先着60名様までの事前予約が必要となるイベントで、費用は3000円、着物レンタルと着付けが出来ます。

下着、足袋、下駄はご自身での用意が必要です。見頃を迎え咲き誇るあやめに囲まれながら、伝統の結城紬を着て園内を散策してみてはいかがでしょうか。

「手漕ぎのろ舟(ザッパ舟)での遊覧」

Photo by Zengame

昔は水路が日常的な通行路となっており、牛を乗せて田んぼに行くのにも、隣の家に行くのにも舟を使っていました。船頭には娘船頭もいます。

手漕ぎのろ舟(ザッパ舟)での遊覧は、櫓(ろ)をこぐ音や船頭による前川の昔話を楽しみながら園内の水路を30分かけて周回するコースで、あやめまつり期間中毎日9時~16時半まで運行しています。大人1000円、小学生500円、小学生以下無料となっています。

土曜日のみ18時~19時まで、宵のろ舟遊覧も出来ます。中学生以上500円、小学生以下無料となっています。天候により中止になる事があります。

Photo by alberth2

手漕ぎのろ舟は、水郷の街潮来市の伝統的な乗り物です。ゆっくりとした遊覧は、日常を忘れてのんびりとした気持ちにしてくれます。舟から見る見頃を迎えたあやめは格別で、情緒豊かな水の街潮来をたっぷりと楽しめます。

昼間のろ舟と宵のろ舟をどちらも体験してみてはいかがでしょうか。潮来市の水郷遊覧は、あやめ祭り期間中以外でも、「前川十二橋めぐり」と「加藤洲十二橋めぐり」があり、水郷情緒を味わう事が出来ます。

「絣柄コスチューム体験」

Photo bymatthiasboeckel

あやめまつり期間中、絣柄(かすりがら)のコスチュームを着て、花がら摘み体験が出来ます。花がら摘みとは、しぼんだ花を摘む事で元気な花の見栄えを良くし、他の花の成長を助ける大切な作業です。潮来市伝統工芸品のあやめ笠をかぶって体験してみましょう。

体験以外でも、花摘み娘さんが手入れをされています。来年もまた美しい花を咲かせる為に笑顔でお手入れをされている姿を眺めるのも良いでしょう。

潮来あやめまつり周辺の観光スポットは?

Photo byHwejane

潮来あやめまつり周辺にもアクセスの良い観光スポットがあります。あやめまつり期間中には、無料の周遊バスが出ているので、あやめまつりと共に回ってみましょう。

「二本松寺 あじさいの杜」

Photo by kawanet

「二本松寺 あじさいの杜」は、40000平方メートルの敷地に100種類10000株のあじさいがあり、種類、株数共に茨城県で最も多くのあじさいを楽しめる名所です。境内の見どころを含めた約30~40分の散策コースも整備されています。

平安時代の初めに創建されたと伝えられている二本松寺の境内には、水戸光圀公がお手植えされたという記念樹や、歌を詠んだふたもとの松など、見どころがたくさんあります。

見頃は6月中旬から7月上旬で、9時~17時まで(閉門16時半)入園料は300円です。水郷潮来あやめ園からは、車で15分程とアクセスも良く、120台以上も止められる駐車場は無料です。あやめまつり期間中は、無料の周遊バスが出ています。

住所 潮来市堀之内1230
電話番号 0299-64-2263

「潮来あやめまつり」で水郷情緒と花菖蒲を楽しもう

Photo by Zengame

水郷潮来あやめまつりの魅力、いかがでしたでしょうか。水郷潮来あやめまつりは、アクセスも良く、駐車場も広いので安心して出かける事が出来ます。水郷の街でしか味わえないさまざまなイベントがあり、潮来の伝統がいくつも楽しめる見どころの多いおまつりです。

潮来あやめまつりでは、伝統的な行事や衣装を楽しみながら、水郷潮来の歴史に触れる事が出来ます。園内一面に咲き誇る色とりどりの美しいあやめ(花菖蒲)を愛でながら、幸せな花嫁さんを見ていると心が癒されます。

水の流れと風情ある水郷潮来の景観を心ゆくまで楽しみましょう。

tkoo146
ライター

tkoo146

新しいお店や美味しい物を探す事・可愛い物や奇麗な場所を探す事が大好き(^^♪

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング