八幡平で紅葉を楽しむ!見ごろやおすすめの場所・アクセスは?

八幡平で紅葉を楽しむ!見ごろやおすすめの場所・アクセスは?

豊かな自然と美しい紅葉で有名な八幡平をご存知でしょうか?今回は八幡平の紅葉を100%楽しむための時期、見どころ、アクセスの方法をまとめてご紹介いたします。自然豊かな八幡平の付近にある素晴らしい景観を持つ温泉地も数多くありますので是非チェックしてみてください!

記事の目次

  1. 1.八幡平は岩手県内1位の人気紅葉スポット
  2. 2.八幡平へのアクセス
  3. 3.八幡平の紅葉の見ごろは?
  4. 4.八幡平を登山をしながら紅葉を楽しむ
  5. 5.八幡平をドライブしながら紅葉を楽しむのもオススメ
  6. 6.10月にはイベントが
  7. 7.紅葉を見に行ったら近場の温泉に行くのもおすすめ
  8. 8.八幡平の紅葉は麓まで楽しめる

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

八幡平は岩手県内1位の人気紅葉スポット

フリー写真素材ぱくたそ

岩手県内1位のおすすめ紅葉スポット、八幡平をご存知でしょうか?八幡平は岩手県と秋田県に広がる奥羽山脈北部の山群で、その豊かな自然から1956年には十和田八幡平国立公園に指定されました。また、深田久弥の日本百名山で取り上げられるほどの名山でもあります。

およそ100万年前の火山噴火から誕生した山群であるため、数多くのピーク(峰)が存在し、その間には様々な形をした沼や湿原が点在しています。火山由来であるため付近には温泉地も数多くあり、紅葉の時期以外にも神秘的な自然を楽しむことができる景勝地でもあります。

日本百名山に数えられるうちの1つ

Photo by y_katsuuu

小説家、登山家である深田久弥の山岳随筆「日本百名山」、その名前を耳にしたことがある方も多いと思います。日本百名山とは、深田久弥独自の基準である山の品格、歴史、個性の3点から素晴らしいと認められた山々で、現在でも多くの登山愛好家に親しまれています。

日本百名山に登録されている山々は北海道から鹿児島県まで全国にわたっており、ここ八幡平もその一つとして名を連ねています。その名を知られ、多くの登山者が押し寄せる中で、その紅葉の素晴らしさと美しさも全国に広く知れわたっています。

八幡平へのアクセス

Photo byFree-Photos

八幡平の詳しい場所をご存知でしょうか?ここから、八幡平の詳しい場所と、八幡平に行くための方法についてご紹介いたします!観光地であることからアクセスは非常に簡単で、道も整備されているため、特に秋の紅葉狩りにはおすすめのスポットです。

八幡平の場所は秋田と岩手の間

フリー写真素材ぱくたそ

八幡平は岩手県と秋田県にまたがる山脈で、紅葉の美しさで知られる観光地であることから交通機関が整備されており、非常にアクセスのしやすい場所となっています。岩手県、秋田県の両方からのアクセス方法がありますが、今回は岩手県からのアクセスをご紹介いたします。

車で観光に行かれる方は、岩手県側の国道282号線と秋田県側の国道341号線を結ぶ県道23号線「アスピーテライン」が山頂を横断する形で作られています。また、山頂付近の県境には温泉地を結ぶ「樹海ライン」と呼ばれる道路も整備されています。

八幡平山頂へは各駅からバスが運行

Photo bypixel2013

まず初めに、八幡平へ向かうバスの路線をご紹介いたします。八幡平は観光地であること、また地理的な特徴から山頂の付近まで県道が整備されているため、バスの路線によっては最短30分で頂上付近まで向かうことも可能となっています。

特に盛岡駅から運行されるバスには路線バスと観光バスの2種類があるため、旅行のプランに合わせてベストな路線を選ぶことができます。

盛岡から

Photo by rail02000

新幹線の発着駅でもある盛岡駅からは、岩手県北バスの運行する、駅と八幡平を結ぶ路線バスと観光バスの2本が走っています。「定期路線バス」は5月中旬から10月中旬に一日3往復運航されており、八幡平の茶臼石などの各登山口のバス停にも停車します。

また、「自然散策バス」は盛岡駅から八幡平の頂上を結ぶ観光に特化されたバスで、バスの運行コースはその季節に合わせたおすすめの場所を通ります。また、八幡平頂上の散策ガイドが無料で頂上一周コースを案内してくれるため、特に初めて訪れる方におすすめのバスです。

「自然散策バス」には温泉入浴券とのセット、指定されたエリア内のバスが終日乗り放題のセットチケットなどもあるため、旅行の計画に合わせてお得に利用することができます。

田沢湖方面から

Photo by imnakashima

その美しさから観光地として名高い田沢湖方面からは、JR田沢湖駅から八幡平頂上を結ぶ観光バスが運行されています。田沢湖や秋田県側の八幡平温泉郷へのアクセスも可能であるため、八幡平、田沢湖、温泉郷の3つを数日間で楽しむ観光プランにも利用できる観光バスです。

こちらは1日1便、4月中旬から10月の下旬まで運行されています。どの路線バスも1日の便数、運航時刻が限られているので、旅行プランを立てる際にはしっかりと時間と場所、アクセスの方法をチェックしてみてください。

八幡平の紅葉の見ごろは?

Photo bytigerlily713

「日本百名山」に選ばれた場所として登山を楽しむ人々にも有名な八幡平ですが、その豊かな自然から、秋の紅葉の時期には葉の色を美しく変えた木々の紅葉が見ごろを迎えます。

八幡平は地理的な特徴から周辺には多くの沼や温泉地帯、渓谷があります。ドライブをしながら紅葉狩り、温泉に浸かりながら紅葉狩り、登山をしながら紅葉狩りなど、様々なスタイルで美しい紅葉を楽しむことのできる、おすすめの紅葉スポットです。

9月下旬~10月上旬

フリー写真素材ぱくたそ

一般的に秋の終わりごろに見ごろを迎える紅葉ですが、八幡平は東北にあることに加えて標高が高いため、通常よりも早い9月下旬から10月上旬にその見ごろを迎えます。紅葉の時期、休日には1日1000人以上もの人々が集う、岩手県内で観光客数1位の大人気紅葉スポットです。

八幡平の木々は、見ごろになると色が濃くハッキリとしたものに変わります。空気の澄んだ大自然の中を、鮮やかな色の紅葉に囲まれながら登山をするには最適なスポットです。壮大な景色にも相まり、ちょうど紅葉の見ごろを迎える頃には絶景の写真を撮影できる場所です。

紅葉の種類

Photo by *Yaco*

八幡平には約500種類もの植物が自生すると言われています。一言で八幡平と一括りにしてしまうにはもったいないほど、美しい紅葉を臨める湿原や沼が数多くあります。

多くの木々が自生する中でも見ごろを迎える紅葉の時期に最も美しく目に映えるのはカエデ、ナナカマド、ダケカンバの3種類の木々です。赤や黄に葉の色を染め、美しい紅葉の風景を作り出すこれらの木々は、頭上はもちろん、清流や水面に映る様子を楽しむこともできます。

フリー写真素材ぱくたそ

八幡平の紅葉の代表格ともいえる場所である「大沼」は、付近に環境省の八幡ビジターセンターもある、おすすめの絶景紅葉スポットです。この辺りに自生するナナカマドは深く美しい赤一色に染まり、ダケカンバは白い幹に鮮やかな黄色の葉が美しい紅葉の風景を生み出します。

八幡平を登山をしながら紅葉を楽しむ

フリー写真素材ぱくたそ

もともと登山を楽しむ人々で賑わう八幡平ですが、紅葉の時期の登山もおすすめです。八幡平は盾を伏せたような、なだらかな形をしているため登山初心者の方にもおすすめです。澄んだ空気の中で心に響く美しい紅葉に囲まれながら山を登るのは素晴らしい経験になるでしょう。

いくつものトレッキングコースが整備

Photo by12019

八幡平は、紅葉の他にも登山で有名な観光地であるため、子どもからシニア向けに幾つものトレッキングコースが整備されています。

八幡平山頂と八幡沼を結ぶ「八幡平自然路探勝コース」は、八幡平代表格のトレッキングコースです。山頂へのアクセスは簡単で、遊歩道も設置されているため、子どもでも気兼ねなく楽しむことができます。行程は約2時間30分で、紅葉や自然の美しさを最大限に楽しめます。

八幡沼や鏡沼といった湖沼群やすそ野に広がる湿原も

Photo by TANAKA Juuyoh (田中十洋)

火山噴火から生まれた八幡平には数多くの沼が点在しています。その一つである八幡沼は八幡平の山頂に位置する火口沼で、紅葉が見ごろを迎える10月中旬には美しい黄金色に姿を変えた草紅葉を楽しめます。澄んだ空気の中でのお散歩を楽しみたい方におすすめの場所です。

また、ドラゴンアイの別名を持つ鏡沼は、5月下旬から6月上旬に現れる美しい水色の神秘的な沼で、龍の目のような形をしていることからこう呼ばれるようになりました。こちらは雪と雪解け水が合わさった時に現れる景観のため、運が良いときでしか見られない貴重な沼です。

フリー写真素材ぱくたそ

八幡平のすそ野には広大な湿地が広がります。その一つである「黒谷地湿原」は八幡平の火山活動によってせき止められた川から生まれた湿原で、紅葉が見ごろを迎える時期には一面オレンジ色の草紅葉が広がる、おすすめの散策場所です。

八幡平をドライブしながら紅葉を楽しむのもオススメ

フリー写真素材ぱくたそ

八幡平は観光用道路が整備されているため、車での観光も簡単です。八幡平の紅葉を楽しむことができるドライブコースには「アスピーテライン」と「樹海ライン」の2つのコースが存在します。どちらも絶景の紅葉が楽しめる素晴らしいドライブコースとなっています。

全長約27kmの「八幡平アスピーテライン」

Photo by kaidouminato

「八幡平アスピーテライン」は、岩手県側の国道282号線と秋田県側の国道341号線を結ぶ全長27kmのドライブコースです。高山地帯に入るとゆったりとしたカーブを描くようになり、紅葉の見ごろには美しい景観を目にしながらゆったりとドライブを楽しむことができます。

カーブを曲がるたびに秋の絶景が広がる

Photo byskeeze

八幡平には火山活動でできた山特有の湖沼が数多く点在するため、アスピーテラインを走っていると唐突に八幡沼や熊沼などの美しい沼群が目に入ります。雄大な山の連なりに心を打たれ、鮮やかな紅葉の美しさと澄んだ空の青さの色のコントラストに目を奪われるコースです。

冬季は積雪のため通行止めとなりますが、4月中旬から下旬の雪解けの頃には通行止めも解除され、道路の両側に数mの雪の壁がそびえたつ「雪の回廊」を楽しむことができます。

また、岩手県と秋田県の県境付近で分岐する「樹海ライン」は全長約17kmのドライブコースです。こちらは八幡平に広がる原生林の中を走りぬけるコースで、八幡平山麓の松川温泉と、山上の藤七温泉、八幡平散策の拠点でもある見返り峠などの観光要所を結んでいます。

10月にはイベントが

Photo by iyoupapa

八幡平の紅葉が最も美しく映え、観光客の訪れも多くなる10月には、より八幡平を楽しんでもらうための紅葉イベントが数多く開催されています。3点をご紹介しますが、どれも八幡平から非常に近い場所で開催されるため、美しい紅葉と一緒に楽しい思い出を作ることができます。

八幡平山賊まつり

Photo by Kyoto-Picture

「八幡平山賊まつり」は、さくら公園広場で毎年10月の3連休に開催されます。県内で収穫された旬の果物やキノコなどの秋の味覚、魚や海藻などの海の幸の他、特産品も販売されます。郷土芸能やニジマス取りもあり、紅葉と合わせて大人も子どもも楽しめるイベントです。

さくら公園は八幡平アスピーテラインの玄関口にある公園で、秋には山賊祭りが開催されますが、春には美しい桜やラベンダー、秋には紅葉、冬の積雪の時期には一面真っ白になった様子を楽しむことができる公園です。晴れた日には岩手山を眺められる絶景スポットです。

秋の自然観察会

Photo by f999999_key

八幡平温泉郷の近くに広がる県民の森では、毎年10月に「秋の自然観察会」が開催されます。見ごろを迎え美しく紅葉した園内を、ガイドの方と一緒にゆっくりと散策しながら歩き、紅葉と自然について、楽しみながら学ぶことのできるイベントとなっています。

また、園内には「森林ふれあい学習館フォレストi」があり、自然や地球環境についての展示や、ゲームを通して学ぶコーナーが用意されています。2階からは滑り台とジャングルジムを組み合わせた遊具「ぼくらの秘密基地」があり、頭と体を使って学び楽しむことができます。

八幡平紅葉まつり

フリー写真素材ぱくたそ

10月中旬に県民の森で開催される「八幡平紅葉まつり」は八幡平の澄んだ空気と鮮やかな紅葉を楽しむことができるイベントです。ガイドの方と美しい紅葉の中を歩きながら松川渓谷や玄武岩を目指します。木工体験などのイベントや屋台も出展される楽しいイベントです。

また、チェーンソーを使用して1本の原木から繊細な像を作り上げる「チェーンソーアート」も開催されています。ダイナミックかつスピーディな動きから繊細な彫刻像を作り上げるこちらのイベントの他、臼と杵でついた餅を振る舞うイベントなど、見どころ盛り沢山です。

紅葉を見に行ったら近場の温泉に行くのもおすすめ

フリー写真素材ぱくたそ

八幡平の周辺には数多くの温泉が点在しています。これらは八幡平温泉郷と呼ばれ、そのうちの6か所は環境大臣によって国民保養地として指定されています。日帰りでも楽しめる温泉や美しい風景を眺めながら入浴できる温泉をご紹介いたします。

源泉100%かけ流し「松川温泉 松川荘」

フリー写真素材ぱくたそ

「松川温泉 松川壮」は源泉100%かけ流しで、白く濁ったお湯が特徴的です。混浴露天風呂の他、2種類の女性専用露天風呂も用意されています。大自然の中にあるため、春は若緑の新緑、夏は生命力の溢れる濃い緑、秋には紅葉、冬には雪景色を楽しむことができます。

また、近くの源太岳から名前を付けられた「食事処 げんた」では、ステンドグラスの温かい灯りと昔ながらの囲炉裏で旬の食材で調理された美味しいお食事を楽しむことができます。大自然の中にあるため、紅葉の時期には窓から美しい景色を眺めることもできます。

また、館内には温泉卵を作ることのできるたまごの館も設置されており、こちらはお土産用に持ち帰る他、日帰り入浴でも利用可能な食堂で通常メニューと一緒に食べることも可能です。

大自然を満喫「岩手山焼走り国際交流村 焼走りキャビン村」

Photo by vastateparksstaff

「岩手山焼走り国際交流村 焼走りキャビン村」は4人用、8人用、身障者用の3種類が合計で25棟、林間に点在する場所で、グループでキャンプを楽しむことができます。周囲は自然に囲まれており、春は新緑、夏は自然の涼風、秋は紅葉、冬は美しい雪景色を臨めます。

「日帰り温泉 焼走りの湯」には広々とした開放感のあるサウナ付きの天然温泉があります。また、地元の食材が使われる食堂や休憩室、会議や宴会に利用できる焼走りホールもあります。岩手山のふもとに湧いた天然温泉を、豊かな自然を眺めながらのんびりと楽しめる温泉です。

硫黄の香りのする温泉「八幡平温泉郷 八幡平ハイツ」

フリー写真素材ぱくたそ

「八幡平温泉郷 八幡平ハイツ」は標高1500mの八幡平にある高原リゾートで、テニスやゴルフ、足湯やドッグラン、蛍や畑など、アクティビティから自然まで楽しむことができます。中庭にある1番目の池にはニジマス、2番目の池には鯉が飼育されており、餌やりもできます。

八幡平ハイツの源泉は八幡平温泉(マグマの湯)が使用されており、ほのかな硫黄の香りが感じられます。露店岩風呂には岩手山の大きな焼石が配されており、豊かな自然の中でゆったりと温泉を楽しむことができます。その他にも露店檜風呂、サウナ、岩盤浴、足湯も揃っています。

八幡平の紅葉は麓まで楽しめる

フリー写真素材ぱくたそ

以上、八幡平の楽しみ方をご紹介いたしました。八幡平は年間を通して豊かな自然を楽しむことのできるおすすめの観光地です。秋には赤や黄色に色を変えた木々が山肌を染め、息をのむほどの美しさに変わります。バスや車でのアクセスも簡単で気軽に向かうことができます。

八幡平の周辺、ふもとには火山地帯の名残である温泉や自然を楽しむことのできる施設が数多くあります。どちらもアクセスが簡単で非常に楽しめるスポットですので、八幡平で紅葉を楽しんだ後には是非、立ち寄ってより忘れられない素晴らしい体験を楽しんでください!

Sakura Okamura
ライター

Sakura Okamura

東南アジアと猫が大好きで海外暮らしを始めました。生活に寄り添ったワクワクするような記事をお届けしていきます。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング