大分でおすすめの滝の名所9選!子連れで水遊びできる場所や絶景スポットも!

大分でおすすめの滝の名所9選!子連れで水遊びできる場所や絶景スポットも!

大分県は自然豊かな土地であるため、多くの滝が点在しています。悠大で絶景の滝や子連れで水遊びを楽しむことができるスポットなど様々です。今回は、大分県の滝の名所、絶景スポットや子連れで水遊びができる滝スポットを厳選して9カ所紹介していきます。

記事の目次

  1. 1.大分県の滝でマイナスイオンをチャージ!
  2. 2.大分県は水源も豊か
  3. 3.大分県のおすすめな滝の名所・4選
  4. 4.大分県の絶景滝スポット・3選
  5. 5.大分県の子連れに人気の滝スポット・2選
  6. 6.滝を見に行く時には
  7. 7.大分の滝は見て遊んで楽しめる!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

大分県の滝でマイナスイオンをチャージ!

Photo by8moments

大分県には、多くの滝がありそれぞれの滝で特徴が様々あります。全国的にも名前の知れた有名な滝や天然のウォータースライダーで水遊びができる子連れに最適の滝などがあります。

滝は、マイナスイオンを感じることができる絶好のポイントです。大分の滝でマイナスイオンをチャージすると同時に美しく神秘的な光景を眺めてパワーを授かりましょう。

水遊びできる天然の滝スライダーや歴史を感じる名所も

Photo byHerm

大分県は熊本県の阿蘇山の噴火により浸食してできた歴史ある滝や、自然の滑り台などの水遊びができる滝があります。ジャンルに合わせて訪れる滝スポットを選ぶことができ、美しい光景と悠大さ・歴史を体感できます。

大分県は水源も豊か

フリー写真素材ぱくたそ

大分県は自然豊かな地域となっており、水源も豊かなことで知られています。たくさんの名水・湧き水などがあり、綺麗な水を求めてやってくる人も多くいます。

豊の国名水

Photo byDeltaWorks

大分県には、たくさんの名水があります。大分県の名水は「豊の国名水」と呼ばれ神の井・竹田湧水群・清水寺の霊水・蓮光寺湧水・白水の滝・清水瀑園などが挙げられます。

大分に滝は34か所

Photo byFree-Photos

大分県は水源が豊かであるため、滝も多数点在しています。落差8メートルの滝や落差93メートルの滝など落差は場所により異なりますが、大分県の滝の数は全部で34カ所あります。

滝は、日本全国に点在していますが、1つの県で34カ所の滝というのは珍しいです。自然豊かな大分の地形が作り出した滝は、見る人を魅了し楽しませマイナスイオンを感じさせてくれます。

大分県のおすすめな滝の名所・4選

Photo by44833

まずは、大分県でおすすめの滝の名所を4カ所紹介してきます。訪れる人を圧倒するような壮大な滝や周囲の景色とのコントラストが絶妙な絶景を見ることができる滝があります。雄大な滝を眺めて、日ごろの疲れを癒し自然が作り出した絶景を堪能してみてはいかがでしょうか。

「東椎屋の滝」

Photo by Kentaro Ohno

1つ目に紹介する大分県でおすすめの滝の名所は、大分県宇佐市にある「東椎屋(ひがししいや)の滝」です。「東椎屋の滝」は、西椎屋の滝・福貴野の滝と一緒に宇佐の三滝と呼ばれている大分県でも有名な滝の名所となっています。

「東椎屋の滝」は、日本の滝100選にも選ばれており、滝の落差は約85メートルとなっており、85メートルの高さをほぼ垂直に流れています。観音信仰の霊場とも言われているのが「東椎屋(ひがししいや)の滝」の滝です。

東椎屋の滝までは、別府駅からバスが出ていますが、車でもアクセス可能となっています。車でのアクセスは、宇佐別府道路安心院インターチェンジから15分ほどで到着できます。

住所 大分県宇佐市東椎屋
電話番号 0978-32-1111

「西椎屋の滝」

フリー写真素材ぱくたそ

2つ目に紹介する大分県でおすすめの滝の名所は、耶馬渓六十六景の1つにも数えられている大分県玖珠町にある「西椎屋(にししいや)の滝」です。「西椎屋の滝」は、滝壺に勢いよく流れ落ちていく姿が迫力満点で絶景と評判の名所です。

「西椎屋の滝」は、雑念を洗い流してくれると言われており、パワースポットとしても知られている名所です。滝の落差は約86メートルあり、豊かな水量となっている為、迫力のある滝を見ることができます。

Photo by ume-y

また、「西椎屋の滝」には無料で利用できる駐車場が用意されていますので、家族やカップルでドライブに訪れるのにもおすすめの滝です。車では、豊後森駅から車で30分ほどで到着します。

住所 大分県玖珠郡玖珠町大字日出生
電話番号 0973-72-1313

「白水の滝」

Photo byPexels

3つ目に紹介する大分でおすすめの滝の名所は、大分と熊本に渡りかかっている「白水の滝」です。白水の滝は2007年に国の登録記念物に登録されている、全国でも知名度の高い滝の名所となっています。

白水の滝は大野川の源流にある滝で、高さ約38メートルとなっています。阿蘇山系の伏流水が岩盤から湧き出ている為、糸のような滝が幾筋も流れ落ちてくることと、落ちてくる滝水が白く見えることから「白水の滝」と呼ばれています。

Photo by Laineema

1803年に記されている「豊後国志(ぶんごこくし)」では白水の滝は「陽目(ひなため)瀑」と記されており、古くから大分の地で広く知られている歴史ある滝です。現在でも、白水の滝を含む一帯の渓谷は陽目渓谷と呼ばれています。

以前は幅約100メートルに及ぶ壮大な滝で日本一の飛泉の絶景と讃えられていました。流水の様子が富士山麓の白糸の滝とよく似ていることから、「東の白糸、西の白水」とも言われていました。白水の滝の悠大さは、人々を魅了し「大分県百景」の1つにもなっています。

Photo byPoswiecie

また大野川の下流の陽目渓谷は野外レクリエーション地となっており、春は新緑・夏はキャンプ・秋には紅葉が楽しめるスポットになっています。白糸の滝までは、豊後竹田駅より車で30分もしくは、豊後荻駅から車で10分ほどの場所にあります。

住所 大分県竹田市荻町陽目
電話番号 0974-68-2210(陽目の里 名水茶屋)

「原尻の滝」

Photo by TANAKA Juuyoh (田中十洋)

4つ目に紹介する大分の滝の名所は、アメリカとカナダの国境にあるナイアガラの滝に引けを取らないほど壮大で圧巻な様が絶景と評価されていることから「東洋のナイアガラ」と言われている大分県豊後大野市にある「原尻(はらじり)の滝」です。

東洋のナイアガラと称される「原尻の滝」は、幅が120メートルもある壮大な滝です。広い幅で幾筋にも太い水流が流れ落ちる様子は圧巻で、日本の滝百選にも選ばれている有名なスポットです。

Photo by gtknj

「原尻の滝」は、9万年以上昔の阿蘇山が噴火した際に吹き出た火山灰が、水の流れで浸食されて形成されたと言われています。絶景スポットとして知名度を広げている東洋のナイアガラの「原尻の滝」は、田畑が広がる風景の中に突如として姿を現します。

「原尻の滝」は緒方川を流れている水が、半円形の弧を描くような形で下に流れ落ちていく滝です。周囲の静かな風景とは違う様子が目の前に広がるスポットは壮観で絶景と評判です。

「原尻の滝」は、大地の活動痕跡を認識できるという観点から、原尻の滝と周辺は「日本ジオパーク」に登録され「日本の滝百選」にも選ばれている名所です。

Photo by gtknj

落差は20メートルほどと高くはありませんが、緒方川の水量によっては120メートルもある横幅全てから勢いよく水が流れ落ちてくることもあります。滝つぼに水しぶきを上げて勢いよく流れ落ちていく様は圧巻と言われています。

原尻の滝は、滝の目の前につり橋があります。目の前で壮大な滝を眺めることができる絶景ポイントになっています。また、下に降りて滝のすぐ近くまで行くこともできるようになっています。

Photo by gtknj

滝のすぐ横には遊歩道が整備されていますので、間近に水が流れ落ちていく姿を眺めることもできます。水しぶきなどで足元が濡れていることが多いので、滑りにくい歩きやすい靴で行くことをおすすめします。

滝の近くには有料の駐車場がありますので、遊歩道やつり橋で滝の近くまで行く場合は、有料駐車場に駐車して滝を見学しましょう。原尻の滝までは、JR緒方駅から車で10分ほどのところにあります。

住所 大分県豊後大野市緒方町原尻
電話番号 0974-42-2111

大分県の絶景滝スポット・3選

Photo byFree-Photos

続いて紹介していくのは、大分県で絶景の滝を眺めることができるスポットです。全国的にも知られている有名な滝や、パワーを感じることができる神秘的な絶景の滝などを3カ所紹介していきます。家族やカップルでのドライブや、友達との旅の思い出など様々な用途で満喫できるスポットです。

「震動の滝」

Photo by karinckarinc

最初に紹介する大分絶景の滝スポットは、九重町にある「震動の滝」です。震動の滝は「九重夢大吊橋」からも絶景を眺めることができる雄大な滝です。

「九重夢大吊橋」からは、滝だけでなく渓谷の風景も楽しめるようになっており、秋の紅葉を迎える時期には滝の悠大さと紅葉の見事なコントラストを見ることができます。

Photo byPoswiecie

震動の滝は、日本の滝100選にも選ばれており、滝つぼの付近には温泉が湧いていることも魅力の1つです。震動の滝は、雄滝と雌滝の2つの滝で構成されており、雄滝は水量が多く勢いが強いため、周囲が震動しているように感じることから震動の滝と名付けられました。

滝までの道には遊歩道が整備されており、竜神伝説もある滝の近くには鍾乳洞もありますので、滝と鍾乳洞を一緒に見学するコースがおすすめです。車でのアクセス方法は九重インターから車で20分ほどになります。

住所 大分県玖珠郡九重町田野1208
電話番号 0973-73-3800

「福貴野の滝」

フリー写真素材ぱくたそ

2つ目に紹介する大分の絶景滝スポットは、宇佐市の山奥に流れている滝で「宇佐の三滝」の1つにもなっている「福貴野の滝」です。宇佐市には、観音信仰で有名な霊場があり近くにある荘厳な滝を「宇佐の三滝」と呼び国の名勝・耶馬渓の指定範囲に含まれている名所です。

「福貴野の滝」は、宇佐の三滝の中では落差は低い方ですが、それでも65メートルの落差があります。水の量が豊富であることから竜泉の滝とも呼ばれており、滝の悠大さと自然の美しさから神秘的な場所としてパワースポットにもなっています。

Photo bymgmccardle

上下2層に分かれた滝壁へ流れ落ちる姿と、滝つぼに落ちる勢いは訪れる人を魅了します。また、朝日から作られる小さな虹が無数に見られることもあり、その光景は神秘的と人気です。少し早起きをして朝の幻想的な空間を堪能してみてはいかがでしょうか。

福貴野の滝は比較的アクセスしやすい場所にあるため、ドライブにもおすすめのスポットです。安心院インターから県道50号線を経由して深見方向へ向かい25分ほどで到着します。

住所 大分県宇佐市安心院町寒水
電話番号 0978-34-4839

「慈恩の滝」

Photo by TANAKA Juuyoh (田中十洋)

3つ目に紹介する大分の絶景滝スポットは、日田市天瀬と玖珠郡玖珠町の境を流れている「慈恩(じおん)の滝」です。慈恩の滝は、滝ファンや絶景ファンの人は知っている人も数多い名所となっています。

慈恩の滝は同じ支流を流れている、桜滝・観音の滝と合わせて「天瀬の三瀑」と言われています。また、慈恩の滝は、裏見の滝という別名もあります。別名の意味は、滝の裏側に行くことができ普段とは違う景色を見ることができることから呼ばれるようになりました。

Photo byFree-Photos

滝は、通常であれば表側からしか見ることができませんが、慈恩の滝は滝の裏側に歩いて行くことができるようになっており、裏側から間近で水が落ちてくる風景と水で閉ざされる空間は水のカーテンとも呼ばれています。

自然豊かな大分県には、至るところに滝が点在していますが滝の裏側に行くことができるのは、慈恩の滝だけです。落差は30メートルと低めではありますが、滝の裏側に行ける魅力的なポイントから大人気の絶景スポットになっています。

季節によっては、夜にライトアップされることもあり昼間とはまた違った幻想的な風景を満喫することができます。車でのアクセス方法は天ケ瀬・高塚インターから車で30分ほどとなります。

住所 大分県日田市天瀬町赤岩
電話番号 0973-72-7153(玖珠町商工観光振興課)

大分県の子連れに人気の滝スポット・2選

Photo byInspiredImages

大分県には、子連れで行ける滝スポットがあります。夏になると滝の近くで水遊びができるスポットも点在しており、子連れのファミリーで賑わいを見せています。今回は子連れに人気の水遊びができる滝スポットを2か所紹介します。

夏休みなどにお子様を連れて、プールでは味わうことができない自然の水辺で美しい景色と共に、思い出に残る水遊びをしてみてはいかがでしょうか。

「龍門の滝」

Photo by Karakani

まず最初に紹介するのは、大分県九重町にある「龍門の滝」です。大分県で子連れにおすすめの水遊びができる滝スポットの中では知名度の高い場所になっています。龍門の滝は2段に分かれている大きな滝です。

1段目の滝の高さは約26メートルとなっており幅は約40メートルあります。深い滝つぼがあり、滝つぼから流れ落ちるのが2段目の滝です。2段目の滝は岩床を滑る滑らかな滝となっており高さは約70メートルです。広い範囲を流れる滝となっていますので、迫力満点と評判です。

Photo by Kentaro Ohno

龍門の滝が子連れに最適な理由は、自然のプールと呼ばれていることです。滝すべりをしたり滝つぼで水遊びができるようになっており滝を利用した水遊びが楽しめる絶好のスポットです。

「龍門の滝」は、比較的に傾斜が緩やかな滝となっているので、天然滑り台が楽しめるため、夏には子連れのファミリーが多く訪れ、滝で楽しく水遊びをすることができる水遊びの名所になっています。

夏は水遊びをする子連れのファミリーで賑わいを見ている龍門の滝は、秋には紅葉が色付き、美しい光景が広まります。季節により風情を楽しめる場所にもなっていますので、季節に合わせて絶景を楽しむことができます。

Photo bySeaq68

「龍門の滝」で滝滑りをする際には、ケガをしないようにウォーターボードが必要となります。滝の入り口にあるお土産屋さんでレンタルをすることができます。子連れで遊ぶ際は子どもから目を離さずに、事故などの無いように注意をして遊びましょう。

お土産さんでのウォーターボートのレンタル料金は大きいサイズは600円・小さいサイズが400円となっています。

また、滝の近くにはお土産屋さんが点在しているほか、「滝乃湯」という旅館があります。立ち寄り湯も可能となっており、弱アルカリ性の単純泉となっています。立ち寄り湯の入浴料は300円です。

フリー写真素材ぱくたそ

夏休みの思い出などで子連れで訪れた場合、昼間は龍門の滝で水遊びを満喫して帰りに立ち寄り湯によって体を温めて帰る人が多くいます。龍門の滝へは車でのアクセスが可能です。車でのアクセスは、九重インターから車で約15分ほどとなります。

住所 大分県玖珠郡九重町松木龍門
電話番号 0973-73-5505(九重町観光協会)

「観音滝(藤河内渓谷)」

Photo by Tamago Moffle

次に紹介する、子連れにおすすめの滝スポットは藤河内渓谷にある「観音滝」です。藤河内渓谷は祖母・傾国定公園内に位置しており、県境の夏木山(標高1386メートル)を源に、およそ8キロメートル続いている渓谷です。

藤河内渓谷の起点が「観音滝」となっており、落差は約74メートルあります。大きな滝となっており迫力満点の姿を見せてくれる為、子連れでも壮大な景色を見ることができるようになっています。

Photo by uka0310

普段は、悠大な水しぶきを上げながら流れ落ちている観音滝ですが、真冬の時期になると凍てつくこともあり、神秘的な光景を見ることもできます。ハイキングなどで訪れる子連れのファミリーが多いです。

滝が凍てつくのは毎年見られるものではありません。様々な気象状況が積み重なり凍てつく滝を見ることができるようになっています。滝が凍てつく様子を見れた人の中には普段と違う神秘的な光景として写真に収める人も大勢います。

Photo byajs1980518

山道を進むことになりますので、子連れの場合はお子様にケガの無いように歩きやすく滑りにくい靴で行くことをおすすめします。また、滝の近くまで行くことができますので、水しぶきを受けた際に洋服が濡れることもあります。

子連れのファミリーで登山感覚で訪れる際には、濡れにくい服や濡れた際の着替えを持参しておくことをおすすめします。

住所 大分県佐伯市宇目
電話番号 0972-52-1111

滝を見に行く時には

Photo by e_haya

滝は、悠大で美しい姿を見せてくれますが自然が作り上げたものになりますので、危険もあります。続いては滝を見に行くときの注意点やおすすめの服装などについて紹介していきます。

足元に気を付けよう

Photo by Strolling

遊歩道などがあったり、岩場があり滝のすぐ近くまで行き悠大さを感じることができる滝は数多くありますが、水しぶきが飛んでくることも多いです。

遊歩道が整備されているところでも、濡れていると滑ったりして転びケガをする可能性がありますので、足元には十分注意をして見学をするようにしましょう。

滑りにくい運動靴がおすすめ

Photo byMabelAmber

遊歩道がある場所は比較的に足場は安定していますが、岩場のなどは苔などが生えていてさらに水しぶきなどで濡れていると、滑る危険性は遊歩道よりも増してしまいます。

大けがに繋がることもありますので、遊歩道の有無にかかわらず滝を見学に行く際には、スリッパやミュール・サンダル・ヒールの高い靴などバランスのとりにくい靴ではなく、滑りにくい運動靴などで行くことをおすすめします。

薄手の羽織を1枚持っていると安心

Photo byStockSnap

滝の近くは、夏場でも涼しくひんやりとしていることが多いです。また、滝のすぐ近くまで行くと水しぶきが飛んできて洋服が濡れてしまうことも多々あります。

夏場に滝を見学に行く場合でも、薄手の羽織を1枚持っていくなどの寒さ対策をすることをおすすめします。また、子連れで行く場合には、子どもの洋服が濡れてしまった時のことを考えて着替えやタオルを持参しておくといいでしょう。

大分の滝は見て遊んで楽しめる!

Photo by ume-y

大分には、見るだけも圧倒される滝がたくさんありますが、滝を見るだけでなく水遊びができる滝などが点在しています。夏場には滝の近くで水遊びを楽しむ子どもの姿も見ることができます。

春には桜とのコラボレーション・夏には子どもの笑い声・秋には紅葉とのコラボレーション・冬には雪景色とのコラボレーションなど、滝は四季折々の姿を見せてくれますので大分に訪れた際には、滝で見て遊んで楽しんでみてはいかがでしょうか。

mi-sa0380
ライター

mi-sa0380

旅行が大好きです。日本の名所から世界遺産巡りなど歴史を感じることができる場所が好きです。観光に行くとご当地グルメを食べ歩いたりカフェ巡りをしています。動物も好きなので、動物園や水族館に行ったり、犬カフェや猫カフェに行って、可愛い動物に癒されています。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング