山口県の人気観光地を厳選!絶景の名所やおすすめ穴場スポットを一挙紹介

山口県の人気観光地を厳選!絶景の名所やおすすめ穴場スポットを一挙紹介

山口県は平安時代から明治維新の歴史を彩る役割を担っておりました。今回山口県の歴史を説明した後に歴史情緒が楽しめる観光地、人気の観光地や観光スポットを紹介します。また穴場の観光場所や家族連れにおすすめの観光地や絶景スポットも紹介します。

記事の目次

  1. 1.山口観光でおすすめの観光地を巡ろう
  2. 2.山口県ってどんな県?
  3. 3.京を模した街
  4. 4.山口観光・人気観光地8選
  5. 5.山口観光・絶景が見られる名所の観光地7選
  6. 6.山口観光・おすすめ穴場観光地7選
  7. 7.山口観光・カップルにおすすめな観光地5選
  8. 8.山口観光・子連れにおすすめな観光地7選
  9. 9.山口の観光地はおすすめスポットばかり!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

山口観光でおすすめの観光地を巡ろう

Photo byshell_ghostcage

山口県は平安時代に平氏と源氏の戦いで有名な「壇ノ浦」や宮本武蔵と佐々木小次郎が戦った「巌流島」がある県です。また高杉晋作、伊藤博文など明治維新のときに中心となった人物を輩出しております。山口県は日本の歴史の重要な役割を担っていました。

また、山口県には下関の「ふぐ料理」、岩国の郷土料理である「岩国寿司」や萩の「夏みかん」などご当地グルメも楽しむこともできます。また「萩の産業遺産群」は世界遺産に登録が決定し、「秋芳洞」は国の特別天然記念物です。

「おいでませ山口」は日本歴史上の観光名所や日本や世界の記念物が各所にあって、そして地元でしか食べられない美味しい食べ物も盛りだくさんです。ぜひ観光で楽しんでください。

山口県は歴史情緒が楽しめる観光地がたくさん

Photo byWikiImages

平安時代の平氏と源氏の壇ノ浦の戦いは有名です。戦国時代に岩国城が建てられ、萩城は江戸時代に竣工されました。宮本武蔵と佐々木小次郎の巌流島の戦いも江戸時代でした。また毛利氏が藩主についた長州藩が現在の山口県の元になっています。

幕末、長州藩は明治維新を担った偉人を輩出し、全国に「長州」の名前を浸透させました。今も「山口県=長州藩」は全国的に知れ渡っております。山口県は平安時代から幕末にかけて歴史を彩った一つの県で各所に歴史情緒が楽しめる観光地や名所がたくさんあります。

山口県ってどんな県?

Photo by Kentaro Ohno

山口県はふぐなど新鮮な海産物や秋吉台や錦帯橋などの観光地以外に「西の京」と言われるほど京都に似せた街づくりに行っていたことは余り知られておりません。それでは山口県と西の京について次の章で説明します。時代は室町時代へ戻ります。

「西の京やまぐち」

Photo by Kentaro Ohno

室町時代は京都に幕府が置かれ日本の中心は京都でした。今の山口県を統治していたのは幕府の足利将軍から「周防」と「長門」の守護を命ぜられた24代大内弘世です。大内氏は将軍足利義詮に会うために京都へ上京した際に京都に街並みに感銘して戻ってきました。

山内氏は戻ると早速京都に似せた街にする計画立てました。そのために政庁の拠点を周防国(今の防府市)から京都の盆地に似ている山口へ移し計画を実行しました。京都に似せた街並み作りは大内弘世以降も歴代当主も引き継いで200年継続しました。

京を模した街

Photo by densetsunopanda

それでは大内氏が行った京を模した街の内容について説明します。京都は南北と東西に直交する街路が特徴です。またほとんどの通りには名前がついております。大内氏は中央に政庁を設置し街を縦横に区画しました。また街路名を大路、小路と京風にしました。まさに今の京都の仕組みと同じです。

また大内氏が京から姫君を妻に迎えましたが、妻があまりにも京の都を思い馳せ寂しがりました。そこで大内氏は一の坂川を京の鴨川に見立て、京都宇治からゲンジボタルを取り寄せ一の坂川に放しました。

大内弘世およびも歴代当主は名所になっている瑠璃光寺五重塔や雪舟の水墨画など山口県に「山内文化」を数々と残しました。「山口の西の京」は山内文化の始まりと言われております。

萩の産業遺産群は世界遺産登録

フリー写真素材ぱくたそ

日本は明治維新から約50年で製鉄と鉄鋼、造船、石炭産業を急激に産業化させることに成功しました。西欧地域以外の地域で初の産業国家の地位を確立ことが特筆すべきことであることが認められ「明治日本の産業革命遺産」として世界遺産に登録されました。

明治日本の産業革命遺産は全国にまたがり九州、山口を中心に8県11市に23の資産がありますが萩エリアは時代順に1番目のエリアです。名所になっている萩エリアは5つの資産で萩反射炉、恵美須ヶ鼻造船所跡、大板山たたら製鉄遺跡、松下村塾、萩城下町で構成されております。

山口観光・人気観光地8選

Photo by TANAKA Juuyoh (田中十洋)

冒頭で触れましたが、山口は歴史が色濃く残っている県です。最初は歴史情緒が溢れている観光地や名所を中心に紹介します。

「岩国城」

フリー写真素材ぱくたそ

名所「岩国城」は岩国藩初代藩主の吉川広家が1608年(慶長13年) に完成させました。しかし1615年(慶長20年)徳川秀忠が「一国一城令」を発令しました。当時の長州藩、今の山口県は萩城と岩国城を持っておりました。藩主毛利氏は萩城を残すことにし1615年 (元和元年) 岩国城を取り壊しました。

1962年(昭和37年)岩国城の桝形門(城を攻めてきた敵が直進できないように設けた四角形の空いた場所)に天守閣が再建されました。岩国城は山城なので天守閣は高く城下が見下ろせます。錦帯橋からロープウェーが出ております。錦帯橋と岩国城の2つの名所を観光できる絶好な観光スポットです。

Photo by Tranpan23

また岩国藩初代藩主の吉川広家は敵が攻めてきて籠城戦になった場合、岩国城は山城なので水の確保が難しため食料確保が課題でした。そこで吉川広家が考えたのは酢飯を使った保存食です。山海の食材を酢飯と混ぜ保存食としました。

これが山口県岩国の郷土料理である「岩国寿司」となり、考案者が殿様だったことから殿様寿司とも言われております。岩国観光で小腹が空いたら彩りよい岩国寿司をぜひご賞味ください。

住所 山口県岩国市横山3丁目城山
電話番号 0827-41-1477

「防府天満宮」

Photo by wonderstory

山口県防府市の防府駅から約1km北上すると旧山陽道に当たります。そこは「防府天満宮」の宮前に立った市が発達し「宮市」と呼ばれた場所で、今も宮市の町並みが東西にのびております。旧山陽道に当たった場所から東へ宮市の町並みに沿って歩くと防府天満宮の名所の石大鳥居が見えてきます。

名所、防府天満宮は菅原道真(天満大自在天神)を祭る天満宮である日本三大天神の一つで日本最古の天満宮と言われております。毎年10月15日に近い土曜日に「御神幸祭(裸坊祭り)」が行われます。かなり勇壮な祭りですので、もし時期があえば観光してみてください。

住所 山口県防府市松崎町14-1
電話番号 0835-23-7700

「瑠璃光寺五重塔」

Photo by kagawa_ymg

名所である「瑠璃光寺五重塔」は山口市内で唯一の国宝です。また冒頭の章でご紹介した山内氏の繁栄を象徴する建造物の一つで古都山口を醸し出す室町時代に作られた貴重な建築物です。瑠璃光寺五重塔は日本の歴史公園100選の1つに選定されている香山公園近くにあります。

瑠璃光寺五重塔へは香山公園五重塔前バス停で降りて下さい。山口駅からもバスが出ております。バス停の目の前に瑠璃光寺がありますので境内に入り右手を見ると池があって、池の奥に五重塔が見えてきます。周囲に配された木々と融合し古都山口の風情を身体で感じることができます。

また瑠璃光寺には県有形文化財の絹本着色大庵須益和尚像などの絵画資料や正法眼蔵八十三巻などの歴史的資料もありますので、ぜひ瑠璃光寺を観光した際は五重塔と一緒にご覧ください。

住所 山口県山口市香山町7-1 香山公園内
電話番号 083-934-6630(香山公園前観光案内所)

「巌流島」

Photo by Tomoharu Mogami

山口県の人気観光地では「巌流島」は外せません。二刀流、宮本武蔵と身の丈ほどもある長刀を使った燕返しの技を持つ佐々木小次郎が戦った島で有名です。本来の島の名前は「船島」ですが、戦いに敗れた佐々木小次郎の流派「巌流」にちなんで巌流島と呼ばれるようになりました。

2003年(平成15年)NHKの大河ドラマ「武蔵」のおかげで全国から巌流島の注目を集めることができ観光客も集まるようになりました。巌流島も整備され島には桟橋もでき観光船が接岸できるようになっております。船は下関(唐戸)と門司港からでております。

Photo by Tomoharu Mogami

人工の海岸もでき宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘をモチーフにした銅像が立っております。また山口県生まれの画家古館充臣が書いたイラストと第15回直木賞受賞作家である時代小説家の村上元三が書いた「佐々木小次郎」の一節が刻まれた巌流島の文学碑も建てられております。

住所 山口県下関市大字彦島字船島648
電話番号 083-231- 1350(下関市観光政策課)

「錦帯橋」

Photo by Kuruman

名所である「錦帯橋」は山口県最大の河川である錦川にかかるアーチが5つ連なった橋です。アーチ型の歴史は古く1673年(延宝元年)に初めて建設され、以来幾度となく立て替えられた。橋の距離は全長約200メートルですが釘は使われておりません。錦帯橋の下では毎年10月に鵜飼が行われます。

錦帯橋がある岩国は岩国城で紹介した「岩国寿司」のほかにも岩国特産のれんこん、にんじん、ごぼう、厚揚げ、かしわを煮込んだ大平(おおひら)が郷土料理です。錦帯橋を渡って小腹が空いたら酢飯の岩国寿司と汁物の大平がぴったりです。錦帯橋の近辺に気軽に立ち寄れるお店があります。

住所 山口県岩国市岩国
電話番号 0827-41-1477

「萩城城下町」

Photo by alberth2

山口県萩市にある萩城は長州藩主毛利氏が1604年(慶長9年)に築いた城です。標高143mの指月山の山麓に築城されたため別名指月山とも呼ばれております。お城ができるとお城を守るためにお城周辺を武家屋敷が建てられ町の外側には寺町が作られ城下町が形成されました。

名所である「萩の城下町」は当時の面影を色濃く残し白壁が続く通りは風情があります。そぞろ歩きにはぴったりです。また萩の城下町は観光名所がありますので、観光を兼ねてそぞろ歩きができます。たとえば幕末の長州藩士である高杉晋作の誕生地や木戸孝允旧宅などがあります。

住所 山口県萩市
電話番号 0838-25-3139 (萩市観光課)

「湯田温泉」

フリー写真素材ぱくたそ

湯田温泉駅を降りて左手に大きな白狐の像があります。白狐が傷ついた足を癒していたのが温泉で、それが湯田温泉のはじまりであったと言われております。街中で白狐を見つけることができます。また「湯田温泉」は室町時代からの湯治場として知られており歴史の重みがある温泉です。

山口県の湯田温泉では新山口駅で手荷物を預けると夕方には指定の旅館・ホテルに届ける「手ぶら観光サービス」もあります。荷物を届けて観光して夜ゆっくりと湯田温泉に浸かって身体を温泉で癒すことができます。

住所 山口県山口市湯田温泉5-2-20
電話番号 083ー920-3000(湯田温泉旅館協同組合)

「大正洞」

Photo byLohrelei

山口県にあるカルスト台地でできた秋吉台の東北端に位置する洞が名所である大正洞です。同じカルスト台地にありますが有名な秋芳洞とは違った鍾乳洞です。大正洞の鍾乳洞は成長過程でこれからも大きくなっていきます。観光コースは800mほどです。

住所 山口県美祢市美東町赤2666-1
電話番号 08396-2-0343

山口観光・絶景が見られる名所の観光地7選

フリー写真素材ぱくたそ

山口県は山陰の街並みに似合っている日本海、小島が多く穏やかな瀬戸内海、そして荒々しい玄界灘に囲まれております。山口県にはそれぞれの海と融合した絶景スポットがあります。

また内陸にも特別天然記念物になっている絶景の観光スポットがありますので、次の章から紹介していきます。

「海峡ゆめタワー」

Photo by eitarov

絶景スポットとして紹介するのは「海峡ゆめタワー」です。山口県下関と福岡県の門司をつなぐ関門海峡を眼下に見ることができます。海峡ゆめタワーは県内にある文化施設を県内各地にバランスよく設置する目的で山口県国際総合センターの一つとして1996年(平成8年)建設されました。

海峡ゆめタワーは下関のランドマークとして夜はライトアップもされます。9:30~21:30が営業時間となっております。展望台からの眺めは絶景ですのでぜひ楽しんでください。

住所 山口県下関市豊前田町3丁目3-1
電話番号 083-231-5600

「周防大島」

Photo bygillag

「周防大島」は瀬戸内海では3番目の大きさです。温暖な気候はみかん作りに適していて「大島みかん」は甘くて全国で人気のある果物です。また後日周防大島は瀬戸内のハワイとも言われており、海岸線にはヤシの木が立ち並び絶景です。大島は明治時代に出稼ぎ労働者としてハワイへ渡りました。

ハワイから戻ってきた人がハワイの風習を持ち帰ったことから島に根付き、島はハワイ化しております。また、イルカも見ることができます。エサのイワシを追って回遊してきますので5月から10月が出会える季節です。ぜひ夏場にきてイルカを見ながらハワイ気分を味わってください。

住所 山口県大島郡周防大島町大字小松126-2
電話番号 0820-74-1000(周防大島町役場)

「秋吉台」

Photo by alberth2

山口県の名所「秋吉台」へ行くにはバスが便利です。新山口駅からバスに乗って約40分で終点の「秋芳洞バスセンター」に到着します。そこから2km行ったところがカルスト台地でできた秋吉台です。カルストとは石灰岩などの水に溶解しやすい岩石で構成された大地のことです。

1955年(昭和30年)に国定公園に指定され、さらに1964年(昭和39年)には約1/3が特別天然記念物に指定されました。秋吉台に行ったなら「秋吉台科学博物館」を訪問してみてください。秋吉台の内容が分かりやすく展示されております。

住所 山口県美祢市秋芳町秋吉台山
電話番号   0837-62-0115 (秋吉台観光交流センター総合案内所)

「秋芳洞」

Photo by alberth2

秋吉台に行ったら一緒にぜひ名所「秋芳洞」も観光してください。秋芳洞(特別天然記念物)秋吉台の南部にある鍾乳洞です。秋芳洞バスセンターのみやげ物屋が並ぶ奥に洞の入り口があります。観光客が入れる距離は約1.5kmです。洞の中は季節に関係なく17℃です。

洞の中は雨水と石灰岩で作られた鍾乳石が織りなす芸術品を見ることができます。「黄金柱」「百枚皿」「巌窟王」など鍾乳洞を見立てた名前がつけられてライトアップされており絶景です。鍾乳石が数ミリ進むのに20年程度かかるそうです。ぜひ数十万年かけて作られた鍾乳石を見に来てください。

住所 山口県美祢市秋芳町秋吉3506-2
電話番号 0837-62-0115(秋吉台観光交流センター総合案内所)

「青海島」

Photo by alberth2

山口県にある「青海島」の絶景を言葉で表現することはできません。また写真や映像でも真の姿を伝えることはできません。太古の火山活動、地殻変動、波の浸食で作り出された岩の芸術は訪れて見てもらうしか手段がありません。透き通る海と岩のコントラストは人工で作ることはできません。

絶景の青海島を楽しむなら観光船に乗ってください。小型船なので洞門の中をくぐることや芸術的な岩に近づくこともできます。自然活動のすばらしさを体験することができます。また運がよければイルカにも会えます。

住所 山口県長門市仙崎・通
電話番号

「角島大橋」

Photo by mk_is_here

「角島大橋」は山口県下関市豊北町の本土と角島間に架かる橋です。本土と角島間には「鳩島」という小さな島があります。当初の計画では鳩島に橋脚を建設する案もあったようですが自然景観を考えて鳩島を迂回する今の橋ルートになりました。

自然景観を考えた計画は当たり、鳩島を迂回する橋の景観は絶景で車のCMに採用され山口県の新たな穴場の観光名所となっておりおすすめです。角島大橋は2003年(平成15年)「土木学会デザイン賞2003」優秀賞を受賞しております。

また角島大橋で角島に行ったなら明治時代に建設された角島灯台がありますのでこちらも観光してみてください。灯台は御影石で作られており灯台記念館として公開されております。

住所 山口県下関市豊北町神田~角島
電話番号 083-786-0234(豊北町観光協会)

「毘沙ノ鼻」

Photo by Kuruman

山口県にある「毘沙ノ鼻」は本州最西端の岬で穴場のおすすめスポットです。最西端に位置しており日本海に沈んでゆく夕日は絶景で、本州本土で一番遅い夕暮れとなります。岬は整備されておりますので気軽に立ち寄ることができます。海抜120メートルの所に駐車場の備わった展望広場があります。

住所 下関市大字吉母(よしも)字御崎
電話番号 083-231-1350

山口観光・おすすめ穴場観光地7選

Photo byAoris

山口県には観光雑誌にはあまり紹介されていませんが、行くと必ず気に入ってしまう施設、お寺、記念館などの穴場があります。この章では厳選して7つのおすすめの穴場を紹介します。

「千畳敷」

Photo by ume-y

最初のおすすめの穴場は「千畳敷」は日本海に浮かぶ島々と海そして空が作り出す絶景の眺望のことです。場所は山口県長門市で最寄り駅は長門古市駅でタスシーに乗り約10分で到着します。車なら中国自動車道「美祢IC」から約60分です。千畳敷は標高333メートルの高台に広がっています。

平日であれば観光客も少ないため素晴らしい眺望、大パノラマをゆっくりと堪能することができます。まさに絶景のパノラマで、おすすめですので、ぜひ出掛けてみてください。

住所 山口県長門市日置中1138-1
電話番号 0837-37-3824

「唐戸市場」

Photo by yamataka

山口県の魚市場と言えばやはり「唐戸市場」です。おすすめ穴場の一つです。歴史は古く発足は1924年(大正13年)にまで遡ります。最近では2001年(平成13年)には観光要素も取り入れて魚介類も取り入れた総合市場に作り替えております。またふぐ専門の南風泊市場も唐戸市場の一つです。

唐戸市場の特徴は仲卸や海産物加工業による販売だけではなく、食堂も朝早くから観光客を目当てに店を開けておりますのでおすすめの穴場スポットです。観光客の目当てはふぐなど地元産の新鮮な魚介類です。1000円台で食べられるので朝から観光客で賑わっております。

Photo bytookapic

また唐戸市場周辺には下関市立しものせき水族館(海響館)も近くにあります。また唐戸市場だけではなく周辺にはふぐ料理専門店や老舗の割烹料理屋、または気軽に立ち寄れるお店もありますので穴場です。ぜひ観光とご当地グルメを両方堪能してください。
 

住所 下関市唐戸町5-50唐戸市場内
電話番号 083-231-1440

「須佐ホルンフェルス」

Photo by TANAKA Juuyoh (田中十洋)

「須佐ホルンフェルス」は萩市の須佐高山にある変成岩地形です。変形岩とは一旦岩が形成されたあとに外部から強い温度や圧力等がかかる状態で長期間おかれると新しい条件に適合して別の岩石に変わった岩を言います。

須佐ホルンフェルスの岩肌は灰白色と黒色の縞模様がくっきりと浮かびあがっております。絶景の自然が作った芸術です。長年に渡る自然力の凄さを思い知らされます。須佐ホルンフェルスも穴場です。JR山陰本線須佐駅が最寄り駅です。タクシーに乗車して約10分で到着します。

住所 山口県萩市須佐高山北海岸
電話番号 08387-6-2219(萩市須佐総合事務所産業振興部門)

「古熊神社」

フリー写真素材ぱくたそ

「古熊神社」は山口駅が最寄り駅です。古熊神社は今の北野小路にありましたが、冒頭に触れました大内氏の山口を京都に似せる計画の一環で京都の北野神社の分霊として山口へ社殿を設営しました。

古熊神社には大内盛春が京都から帰国する際に持ち帰った「紙本墨画天神図」が所蔵されている。また古熊神社の北方には善性寺の庭園は県の名勝に指定されておりおすすめの穴場スポットです。

住所 山口県山口市古熊一丁目10番3号
電話番号 083-922-0881

「龍福寺」

Photo by TANAKA Juuyoh (田中十洋)

JR山口線山口駅からバスに乗り八坂神社前バス停で降りて歩くと「大内館跡」があり、館の中心部が「龍福寺」である。元は普門寺がある白石にあった端雲寺(ずいもんじ)でありましたが、後に名前を改めています。また毛利隆元が今の場所に移しました。

住所 山口県山口市大殿大路119
電話番号 083-922-1009

「白蛇観覧施設」

Photo byWorldSpectrum

白蛇はアオダイショウの突然変異と言われており、目はルビーのように赤く全身が白磁器のように白いのが特徴です。岩国市にのみ生息する蛇です。「白蛇観覧施設」では飼育や増殖を図っております。また白蛇は縁起がよいとも言われております。

住所 山口県岩国市今津町6-4-2
電話番号 0827ー22-8634

「回天記念館」

Photo by isinoid

徳山港から大津島馬島港前の大津島小学校の北西の丘に「回天記念館」があります。回天は魚雷に大量の爆薬を入れて隊員自らが操縦し敵艦に体当たりする特殊兵器で、言わば魚雷の特攻隊です。戦争時代、窮地に立っていた日本を守るためにここで苦しい訓練を行っておりました。

回天記念館の前には回天の模型が置かれております。また回天記念館には遺品や歴史などが展示されております。大津島から見る海は美しく絶景の景観です。穴場のスポットです。また大津島ぜひ学習目的でも訪問してみてください。

住所 山口県周南市大字大津島
電話番号 0834-85-2310

山口観光・カップルにおすすめな観光地5選

Photo bybngdesigns

山口県は海に囲まれております。海には浜辺があります。浜辺はカップル行く絶好の場所です。この章では浜辺を始め、癒されることができてゆっくりと話しができる、カップルにおすすめの場所を厳選した場所を5ヶ所紹介します。

「元乃隅神社」

Photo by yuki5287

「元乃隅神社」は山口県長門市にある神社で、青々とした海と深紅の100mも続く123基の鳥居が融合した光景は思わず息を飲むほどの絶景な美しさです。元乃隅神社は地域の網元が枕元に現れた白狐のお告げを受け建立されました。良縁、子宝の神様でもありますのでカップルには最適です。

また日本だけでなくアメリカのテレビ局の「日本で最も美しい場所31」に選出されたため世界中から注目を浴びており穴場です。また長門市には近くに長門湯本温泉がありますので観光で疲れた身体を休めてください。

住所 山口県長門市油谷津黄498
電話番号 0837-26-0708(長門市観光案内所YUKUTE)

「菊ヶ浜」

Photo by kagawa_ymg

山口県と言えば海に囲まれた県ですので綺麗な浜はカップルが立ち寄りたくなる場所です。おすすめの穴場が「菊ヶ浜」です。萩城跡のある指月山や沖合の小島を見ながらの浜歩きは最高の癒しになります。また夕方であれば海に沈む夕日の絶景な美しさに出会えます。

また 菊ヶ浜の散歩を楽しんだあとはご当地グルメを楽しんで帰ってくだ さい。菊ヶ浜から歩いて行ける距離に地元産の食材を使ったレストランがあります。          

住所 萩市堀内 
電話番号 0838-25-3139 (萩市観光課) 

「晴海親水公園」

Photo by Mike@UnmissableJapan.com

山口県周南市にある「晴海親水公園」は臨海地区のオフィス群の中にあります。臨海地区には国内有数の化学・石油関連会社の工場群が立ち並んでおります。工場群の中のクレーンやコンビナート群が広がって絶景の夜景のデートをするにはカップルにはピッタリの場所です。

また晴海親水公園は新幹線が停車する徳山駅から歩いて数分程度でので穴場のスポットです。徳山駅の周辺にはご当地グルメを提供するお店もありますので、夜景デートのあとにはぜひお立ち寄りください。

住所 山口県周南市晴海町
電話番号

「地底王国 美川ムーバレー」

Photo byFree-Photos

「地底王国 美川ムーバレー」は旧玖珂鉱山の坑道の一部を使用して作ったテーマパークです。アトラクション、体験工房、レストラン、入浴施設や宿泊施設もある総合施設です。1日遊びたいカップルにはうってつけの場所です。

住所 山口県岩国市美川町根笠1564-1
電話番号 0827-77-0111

「山口県立美術館」

Photo by dreamcat115

山口県庁から山口駅方面に向かう道路と遊歩道は「日本の道100選」に選ばれたパークロードで「山口県立美術館」は「山口県立図書館」と一緒にパークロードに立ち並び落ち着いた雰囲気を醸し出しております。カップルでドライブに出かけるのにおすすめの道です。

美術館には山口県ゆかりの室町時代の水墨画家「雪舟」の雪舟筆紙本墨画山水図、雪舟筆紙本淡彩牧牛図(牧童)、雪舟筆紙本淡彩牧牛図(渡河)が所蔵されております。絵画を楽しんだあとは美術館のカフェで休憩してください。開催中の内容をモチーフにしたメニューを提供されております。  

住所 山口県山口市亀山町3-1
電話番号 083-925-7788

山口観光・子連れにおすすめな観光地7選

Photo bygeralt

山口県は水族館、動物園、SLにサファリパークと家族連れでも楽しめる場所がたくさんあります。また観光地の近くにグルメスポットもあって五感をフルに使って山口県を楽しむことができめす。ここでは厳選して7つのおすすめ観光地を紹介します。

「SLやまぐち号」

Photo by khws4v1

「SLやまぐち号」は山口線の新山口駅 から津和野駅間を1時間45分で走る臨時で運行している快速列車です。家族連れにはぴったりの場所です。3月から11月までの土日祝日とゴールデンウィーク、夏休みに1日1往復運行されます。

煙をモクモクと吐き出しながら走る姿は子供から大人まで楽しめます。人気ですので早めに計画して予約してください。また発着点である津和野も新山口も観光スポットがたくさんあります。SLやまぐち号を乗ったあとは観光やご当地グルメを家族で楽しんでください。

住所 新山口から津和野
電話番号 083-934-2810(山口市観光交流課)

「ときわ公園」

Photo by sun_summer

「ときわ公園」東京ドーム約40個分(189ha)の広大な敷地です。公園内には動物園、遊園地、植物館もあり家族で1日楽しむことができます。また園内各所で年間を通じて様々なイベントを実施しております。

また公園内にはカフェやレストラン、ショップもありますので、手ぶらで行っても大丈夫です。またショップには山口県の特産品やときわ公園がある宇部市のお土産も用意しております。

住所 山口県宇部市大字沖宇部254番地
電話番号 0836-54-0551(ときわ公園課)

「松下村塾」

Photo by alberth2

「松下村塾」は吉田松陰の叔父が始めた私塾でした。吉田松陰は11歳で長州藩主毛利市の前で兵学を披露し優秀さが認められて九州、関東、東北を訪問し見分を広めました。吉田松陰が弟子たちに教えたのはわずか1年の短期間でありましたが優秀な弟子を輩出しました。

山口県萩市に松陰神社があり、神社の境内に杉家旧宅と並んで松下村塾が当時のまま残されており観光の穴場スポットです。吉田松陰は身分や階級にとらわれず塾生として受け入れ教えました。ぜひご家族で訪れてください。当時の松下村塾を見学することで吉田松陰の志を感じることができます。

住所 萩市椿東1537(松陰神社敷地内) 
電話番号 0838-25-1750(一般社団法人萩市観光協会)

「海響館」

Photo by yamataka

「海響館」は下関市立しものせき水族館です。2004年(平成14年)に唐戸市場と地元の海の幸を中心としたレストランや土産物店が立ち並ぶ施設であるカモンワーフと並び下関港ウォータフロントの中核施設です。海響館に行った後、唐津市場やカモンワーフで食事や買い物を楽しむことができます。

海響館は見て回るだけでなくエサやり体験など体験型のイベントも盛りだくさんです。また定番のイルカのショーもあります。瀬戸内海水槽はトンネル状で関門海峡を再現しました。またイルカの水槽を眺めながらイタリア料理も食べられますので子供も楽しめます。

住所 山口県下関市あるかぽーと6-1
電話番号 083-228-1100

「ときわ動物園」

Photo by coniferconifer

「ときわ動物園」は先ほど紹介したときわ公園の中の施設の一つです。ときわ動物園は「生息環境展示」です。野生動物の生息環境を再現することで動物本来の行動を発揮させて皆さんに本来の動物の姿を見てもらうことが狙いです。

動物展示コーナーは5つのブロックに分かれており山口宇部の自然ゾーンでは地元宇部に生息する動物を展示しているので動物を身近に感じることができます。また身近な動物コーナーでは小動物と触れ合うことができます。

Photo byMirelaSchenk

広い園内を歩けばお腹も空きます。食事は先ほど紹介したときわ公園の施設と同じになります。ショップコーナーではときわ動物絵オリジナルのぬいぐるみが販売されてますので、ぜひ立ち寄ってみてください。

住所 山口県宇部市則貞3丁目4-1
電話番号 0836-21-3541

「秋吉台自然動物園サファリランド」

Photo byAboeka

「秋吉台自然動物園サファリランド」は動物園の一つです。動物達を野生に近い状態で見ることができます。サファリランドの醍醐味は迫力の動物を間近に見ることができるのと、雨が降っても暑くても車から出なくてよいので楽です。

また秋吉台自然動物園サファリランドでは草食エリアとライオンエリアではえさやり体験ができますので子供も喜びます。また子供向けの「キッズサファリ」が用意されております。体験型のゾーンで動物を疑似的に体験することができます。また小ぶりな遊園地もあります。

Photo by inunami

またお腹が空いたらレストランで食事ができます。土日祝日はバイキングでの提供となっております。また売店ではぬいぐるみやクッキーなどのお土産も用意しております。家族連れで1日中楽しむことができます。

住所 山口県美祢市美東町赤1212秋吉台サファリランド内
電話番号 08396-2-1000

「周南市徳山動物園」

Photo bycocoparisienne

「周南市徳山動物園」は街中にある動物園でアクセスに便利です。徳山動物園は毎年動物園に来てもらうように色々と工夫を凝らしております。たとえば野鳥観察所はウォークインができるようにしました。また2頭の象に会えることができ観光の穴場スポットです。

徳山動物園は本格的な動物園で毎年市内外から30万人弱の来園者があります。8月には期間限定で夜間開園が行われます。また徳山動物園は徳山藩主毛利氏の屋敷があったところで桜の名所です。ぜひ夜間開園時期や桜の開花時期に家族連れで行ってみてください。

徳山動物園は街中ですのでレストランなど食事できるところがたくさんあります。動物園の見学が終わったあとにお腹が空いたらぜひ家族で当地グルメが味わってください。

住所 山口県周南市大字徳山5846
電話番号 0834-22-8640

山口の観光地はおすすめスポットばかり!

Photo by A_CUVE

今回は最初に山口県の歴史や文化、そして世界遺産の紹介をしました。そのあとに歴史情緒あふれる観光地、観光スポットを紹介しました。次に海に囲まれた山口県ならではの絶景スポットをご案内しました。そして山口県ならではの穴場も紹介しました。

また、山口県の観光地はカップルや家族連れにおすすめの観光スポットがありますのでこちらもお知らせしました。ぜひ一度、観光にいらして下さい。待っております。

御手洗わん
ライター

御手洗わん

ペンネームの「御手洗わん」は実家がある山口県光市室積にある穏やかな湾である「御手洗湾(みたらいわん)」から取りました。少しでも実家が有名になり人が集まってきて欲しいために付けてみました。画像が年一回行われる御手洗湾の花火大会です。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング