栃木・日光の観光スポット「華厳の滝」を紹介!四季ごとの見どころや穴場もご紹介

栃木・日光の観光スポット「華厳の滝」を紹介!四季ごとの見どころや穴場もご紹介

栃木県の日光市にある「華厳の滝」は、荘厳な雰囲気を感じられる人気の観光スポットになっています。四季ごとに魅力が変わる日本ならではの名所です。日光の華厳の滝の四季ごとの見どころや穴場のスポットの紹介を踏まえ、華厳の滝の魅力を伝えていきます。

記事の目次

  1. 1.日光東照宮を始めとした観光スポットが多い街「日光」
  2. 2.日光で人気の観光スポット「華厳の滝」とは
  3. 3.華厳の滝は四季折々に楽しめる
  4. 4.日光・華厳の滝エレベーターで絶景を楽しもう
  5. 5.日光・華厳の滝エレベーターの利用方法
  6. 6.日光・華厳の滝へのアクセス方法
  7. 7.栃木・日光の華厳の滝の四季折々の姿を楽しもう

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

日光東照宮を始めとした観光スポットが多い街「日光」

Photo by Kentaro Ohno

今回は、栃木県日光市にある観光スポットである「華厳の滝」の紹介をします。日本の中でも有数の滝の名所で、多くの観光客が訪れます。

栃木県日光市の最たる観光名所である華厳の滝ですが、栃木県日光市には他にも多くの観光スポットや見どころがあります。華厳の滝の紹介をする前に、まずは他の観光スポット及び見どころを紹介していきます。自然豊かな風土に息づく魅力的な見どころが多いです。

まずは、日光東照宮です。栃木県日光市といえばこちらを連想する方も多いかもしれません。「見ざる・聞かざる・言わざる」で有名な三猿や、かわいらしいデザインの「眠り猫」など、見どころがたくさんあります。広大な敷地とたくさんの美しい社殿が見どころです。

住所 栃木県日光市山内2301
電話番号 0288-54-0560

Photo byrmac8oppo

日光を家族連れで観光するなら、東武ワールドスクエアがお勧めです。世界各国の有名な建造物などを25分の1のサイズに縮小して展示しています。細部にまでこだわった造りで、実際に海外に行ったかのような気分になります。

四季ごとのイベントが豊富に行われるのも特徴です。四季ごとの草花がたくさん栽培されていて、いつ訪れても季節ごとの美しさを堪能することができます。冬場は展示物に雪化粧をあしらった展示がなされたりと、大人から子供まで十分に楽しめます。

住所 栃木県日光市鬼怒川温泉大原209-1
電話番号 0288-77-1055

Photo byqimono

さらに、日光といえば自然豊かな風土も特徴です。農業が盛んで、緑豊かな地域です。さらに、日光鬼怒川温泉も有名で、全国から多くの観光客が訪れます。源泉が発見された江戸時代のころは大名や僧侶など利用できる人が限られていました。

明治時代以降、一般公開されてからは全国から利用者が集まるようになり、一大温泉街として人気を博しました。現在でも周囲にはたくさんの旅館があり、年中温泉を楽しみに訪れる観光客でにぎわっています。

周辺の観光スポットへのアクセスも便利です。旅館周辺には地元ならではの名産品が販売される市場もあり、穴場のスポットとしてにぎわいます。

栃木・日光には魅力的な滝も多い

フリー写真素材ぱくたそ

栃木県日光市にはいろんな観光スポット、穴場スポットがありますが、滝が多いことでも有名な地域です。それぞれが個性的でとても魅力的です。日光四十八滝、あるいは日光七十二滝といわれ、多数の滝が存在します。

栃木県日光市は、もともと山林の地域が多いため、豊富な山の水の流れが起こっている場所が多く、滝を形成しやすいとされています。自然の中からはぐくまれ流れる滝及び川の水の流れは、リラックスを与えてくれて、パワースポットとしても人気があります。

綺麗な山から流れてくる水は、ミネラル成分が豊富で、健康増進にも効果があります。まさに穴場の観光スポットとして、山に入りたくさんの滝を眺めに来る観光客も非常に多くなっています。

Photo byQuangpraha

栃木県日光市の多数の滝の中でも有名なものを紹介します。奥日光にある湯滝(ゆだき)は、湯ノ湖の南の橋にある滝で、高さ70メートル、長さ110メートルの大きな規模になっています。

岸壁を伝って勢いよく水が落ちていく様子は、壮観です。ここでは、滝つぼに降りることができ、間近で迫力ある滝の水の流れを見ることができます。近辺のハイキングコースの途上にあり、バス停や湯滝の入り口からも近く、比較的観光しやすい立地になっています。

Photo by9187092

栃木県日光市にあるおすすめの滝をもう一つ紹介します。寂光滝(じゃっこうのたき)といって、長さが60メートルある滝です。山の中の木々にひっそりと隠れるように流れている様子は、非常に趣深くマイナスイオンがたっぷり感じられます。

寂光滝という名称は、周辺に寂光寺があったことに由来しているといわれています。寂光寺は、現在は若子神社として継承し、現在に至ります。滝に向かう途中には池石あるいは生石と呼ばれる巨大な石があり、有名な観光スポットになっています。

この他にも日光市にはたくさんの滝が存在します。穴場スポットとして密かに観光客や登山客に人気の地域になっています。山の中を流れる滝の流れを見ていると、日々の喧騒を忘れられると好評を博しています。まさに観光の際の穴場スポットです。

日光で人気の観光スポット「華厳の滝」とは

Photo bymgmccardle

続いて、栃木県日光市にあるたくさんの滝の中でも最も有名な滝である「華厳の滝」について紹介します。華厳の滝は、日本三名瀑の一つに数えられる全国的な規模でも有名な滝で、多くの観光客でにぎわう穴場スポットです。

山間にある中禅寺湖からの水が流れ落ちてできている滝で、97メートルの高さから水が落下する様子は、まさに絶景です。大迫力の滝を見ることができます。見た目に加え、滝の水が流れ落ちる爆音も特徴です。近くにいると会話するのが難しいくらいの爆音です。

日光の最も有名な観光スポットである華厳の滝について、観光の際のポイントや周辺のスポットなど、四季ごとの見どころや穴場の時間帯等について紹介していきます。

日光・華厳の滝は日本三名瀑のひとつ

フリー写真素材ぱくたそ

栃木県日光市の華厳の滝は、日本三名瀑の一つに数えられる有名な滝です。広大な範囲に落ちる滝の様子は、非常に迫力があり壮観です。華厳の滝の存在自体が発見されたのは奈良時代のころだとされていますが、一般的に観光地となったのは明治に入ってからといわれます。

観光スポットとなる以前は、華厳の滝を見るのは非常に困難でした。断崖の岩上までよじ登ったり、高い樹に上ってしがみつきながら眺めるような状況だったと伝えられています。

星野五郎平という方が華厳の滝の側に茶屋を作り観光場所としたことがきっかけで、現在の観瀑台のルーツとされています。茶屋建設が明治後期のころで、ここから観光スポットとして注目されるようになりました。

住所 栃木県日光市中宮祠
電話番号 -

日本三名瀑とは

Photo by yuen yan

「日本三名瀑」という言葉が出てきましたが、これはどのようなものでしょうか。日本全国にある滝の中でも歴史的に最も有名な三つの滝を表す言葉です。栃木県日光の華厳の滝、和歌山県熊野の那智の滝、奥久慈にある袋田の滝を日本三名瀑と表しています。

山岳宗教の関連で修験道における滝の重要性は昔から注目されています。身を清める水垢離(みずごり)の地として、又は滝の水に打たれて修行をする場として神聖な視点で見られてきました。

江戸時代に入り、物見遊山として滝の見物をするケースが増えてきたとされています。有名な画家である葛飾北斎も『諸国滝廻り』という滝の見物記録をまとめた書籍を出版しています。ただ、当時は日本三名瀑は描かれず、主に五街道近隣の滝が収録されました。

Photo by uka0310

日光の華厳の滝以外の日本三名瀑の紹介をします。まず熊野の那智の滝は、和歌山県にある有名な滝です。落差が133m、幅が13m、滝壺の深さが10mと、相当規模の大きな滝で、特に落差の高さは日本一とされている名瀑です。

次に奥久慈の袋田の滝です。茨城県にある有名な滝で、高さ120メートルで幅が73メートルと非常に規模の大きな滝です。岸壁が四段あり、落下する様子を表して「四度(よど)の滝」とも呼ばれます。水の白い流れが非常に美しく、なめらかな白糸のようにも見えます。

華厳の滝は四季折々に楽しめる

Photo by Richard, enjoy my life!

栃木県日光市の華厳の滝は、壮大で優雅な滝として人気の観光スポットですが、年中観光客が絶えないことも特徴の一つです。四季折々に見せる美しさの違いがあります。まさに日本の季節の移り変わりを象徴するかのような景観を楽しむことができます。

日本に四季があることは、日本を象徴する事項です。世界的に見ても、四季がきっちりと存在する国はそれほど多くありません。華厳の滝では、そんな日本の自然豊かな特徴を体現してくれています。

Photo by inazakira

四季ごとに見どころや雰囲気がかなり変わります。季節ごとの草花や気候の変化に滝の雰囲気も適度に溶け込み、風情を感じさせてくれます。華厳の滝は、ある季節に一度だけ訪れるのももったいないです。四季それぞれの魅力を感じてみましょう。

5月は新緑と滝のコントラスト

フリー写真素材ぱくたそ

日光の華厳の滝を5月に訪れると、四季の中でも春から夏に移り変わる時期になっています。このころでは華厳の滝周辺では新緑が目立つようになります。様々な草花が生い茂り、滝の壮大な雰囲気を穏やかに演出してくれます。

新緑の新鮮で鮮やかな緑色と、華厳の滝の流れる水の生き生きとした白の色合いが絶妙なコントラストを生み、見ていて飽きることがありません。自然の中で長い時間を過ごし、マイナスイオンを十分に浴びてリフレッシュすることができます。

滝の白い色合いと周囲の緑色がコントラストとなって非常に美しいです。新鮮な空気と荘厳な雰囲気は、観光名所として大いにおすすめできるポイントの一つです。

6月にはイワツバメを見ることもできる

Photo byGeorg_Wietschorke

四季の中でも夏に差し掛かる6月頃に華厳の滝を訪れると、イワツバメを見ることができます。イワツバメとは、スズメ目ツバメ科に属する鳥で、尾がV字型になっていることが特徴です。いわゆる燕尾服のような尻尾のツバメとは印象が異なります。

華厳の滝の周辺をイワツバメが飛び交う光景を見ることができます。初夏のさわやかな空気の中、ツバメが壮大な滝の流れる風景と音を背景に飛び交う様子はなかなかすがすがしく、観光地として非常に魅力的です。

秋の燃えるような紅葉と華厳の滝

フリー写真素材ぱくたそ

四季のうち、秋の時期に華厳の滝を訪れると、燃えるような紅葉を見ることができます。華厳の滝がある日光の地域はもともと紅葉が魅力の地域ですので、様々な色合いの紅葉の木々の様子と、滝の壮大さが良い相乗効果を生み、素晴らしい景観を臨めます。

紅葉と一言で言っても、黄色やオレンジ、赤など様々な明るい極彩色で構成されています。まさに炎が燃えていると錯覚しそうなほど鮮やかな色合いを楽しむことができます。紅葉ファンからも注目され、多くの観光客が絶えない穴場スポットです。

紅葉の間から覗く滝を眺めることも非常に魅力的です。もみじなどの赤い草花の間から少し見える滝というのも趣深く、観光客を大変喜ばせています。

冬の見どころはブルーアイス

Photo byjavo_Imperion

冬の時期の華厳の滝の見どころは、ブルーアイスと呼ばれる非常に珍しい現象です。ブルーアイスとは、華厳の滝の中段辺りにある小さな滝が凍り付き、その色合いが青色に輝いて見えることから名づけられたといわれています。

十二滝と呼ばれる小さな滝が青白く凍り、メインの滝の水の流れを演出する、見事な景観を楽しめます。1~2月頃の厳冬期しか見ることができない非常に貴重な光景です。おすすめの穴場的な見どころです。

日光・華厳の滝エレベーターで絶景を楽しもう

Photo by reikow101277

日光の華厳の滝には、エレベーターがあります。岩盤を貫いて作られたエレベーターで、自然の中に導入された近代的技術の高さがうかがえます。エレベーターは1930年に完成し、多くの観光客に親しまれる見どころ満載の穴場観光スポットとなっています。

100メートルほど下に降りるエレベーターになっています。有料ではありますが、華厳の滝を上から眺める光景とは全く異なる雰囲気で景観を楽しむことができるので、観光の際はお金を払ってでも見る価値はあります。

エレベーターは岩盤をくりぬいて設置されたといわれています。まさに自然の要害と人工の技術が合わさった素晴らしい観光名所となりました。

日光・華厳の滝を観瀑台から堪能しよう

Photo by reikow101277

華厳の滝をエレベーターを使わず見ると、上から覗き見るような景観になります。もちろん上から見る華厳の滝も非常に美しく、見どころが満載ですが、おすすめの滝の鑑賞場所として用意された観瀑台にはエレベーターを使わないと行くことができません。

観瀑台からは、華厳の滝を間近で見ることができます。100メートル以上の高さから落ちてくる滝の壮大な景観を目の前で見られる、非常に珍しい穴場スポットです。エレベーターは有料ですが、一度は見ておきたい見どころ満載のスポットです。

日光・華厳の滝を目の前で見られる!

フリー写真素材ぱくたそ

エレベーターを使って100メートルの高さを降りると、観瀑台から華厳の滝を見ることができます。すごい勢いで落ちてくる水の流れ、滝つぼを間近で見られる迫力観など、たくさんの見どころがあります。

華厳の滝本体を囲むように流れる十二滝も魅力的です。糸を引くような白い水の流れは、メインの滝と対照的に非常に穏やかで、不思議な雰囲気を演出してくれています。

十二滝自体は小さいわけではありませんが、中心の華厳の滝本体が非常に大きいため、周囲の十二滝が小さく見えます。対照的にとても穏やかな印象を受ける十二滝と、華厳の滝の相性は非常によく、おすすめです。

日光・華厳の滝エレベーターの利用方法

Photo by Kentaro Ohno

華厳の滝のエレベーターの利用方法について解説します。華厳の滝のエレベーターは、有料になっていてチケットを購入することで乗車することができます。観瀑台まで歩いて移動することはできないことになっていますので、チケットを購入しましょう。

エレベーターの利用可能な時間帯、混雑を避けられる時間帯、利用料金などについて解説をします。混雑の時間帯では、チケット購入窓口が長蛇の列になることがあります。あらかじめ込み合う時間帯を避けて観光することをおすすめします。

営業時間は季節によって異なる

Photo byzkittler

華厳の滝のエレベーターの利用可能時間帯は、季節によって変動します。冬場の時期は時間が短く設定されています。通常は8時から17時まで、冬場は9時から16時30分までとなっています。

ただ、利用時間は日によって変わることもあります。訪れる日になったら念のため確認をしておく方が無難です。華厳の滝周辺はあまり時間を潰せるようなところはないので、エレベーターの営業時間に合わせて移動ましょう。

営業開始すぐの時間帯が穴場

Photo by Richard, enjoy my life!

華厳の滝のエレベーターは、非常に混み合うことがあります。時間を有効に利用するためには、あらかじめ混み合う時間帯を避けて利用することをおすすめします。特に混み合う時間帯は、10時から15時ころですので、可能な範囲で時間帯を調整しましょう。

特に穴場の時間帯は、営業開始直後です。営業開始時間直後は、ほとんど混み合うことなくスムーズに乗車チケットを購入してすぐにエレベーターに入ることができます。観光客が少ない状態で観瀑台から滝を眺め、リラックスすることができます。

華厳の滝エレベーターの利用料金

Photo by777546

華厳の滝のエレベーターの利用料金は、通常では大人が570円、小学生以下が340円となっています。中学生以上で大人料金となり、小学生未満の幼児は無料で乗車できます。

利用料金の割引制度として、一般団体割引と学生団体割引が用意されています。いずれも30名以上の利用で、適用可能です。また、いずれも予約は不要で、先着順での案内を受けることになります。社会見学としても利用される機会が多くなっています。

日光・華厳の滝へのアクセス方法

フリー写真素材ぱくたそ

最後に、日光の華厳の滝へのアクセス方法について紹介をします。華厳の滝自体は山の中なので、アクセスが便利というわけではありません。公共交通機関を利用する場合は、電車とバスを乗り継いでいくことになります。

Photo by inazakira

日光市は、比較的都心部からの電車のアクセスが良く、それほど不便を感じることはありません。電車から見える景色は、四季ごとに特徴があり、それぞれとても美しいです。景色を楽しみながらゆっくりと旅行を楽しむのもおすすめです。

自家用車で移動する場合は、最寄りの駐車場まで移動することができるので、便利に滝鑑賞をすることができます。華厳の滝エレベーター乗り場の最寄りに駐車場が用意されていて、利用することができます。

公共交通機関は電車とバスで中禅寺駅を目指そう

Photo by veroyama

華厳の滝まで移動する際に、公共交通機関を利用する場合の行程を紹介します。東京都心からは、3通りの方法が一般的です。第一に、東武線の利用です。東武浅草駅からスペーシアに乗り100分程度で東武日光駅に到着します。

第二に、JR上野駅からの移動です。JR宇都宮・日光線で約140分で日光駅に到着します。第三に新幹線の利用です。東京駅からJR宇都宮駅まで新幹線で45分程度で移動、JR日光線で35分くらいで日光駅に到着します。

そこからはすべての行程に共通して、バスで中禅寺駅まで移動します。40分程度かかります。それから徒歩で滝の場所まで移動することになります。徒歩は5分程度です。

マイカーで行く場合は清滝インターチェンジを目指そう

Photo by akabane_hiro2

華厳の滝までマイカーで移動する場合は、清滝インターチェンジを目指すことになります。東北自動車道を利用する場合、浦和インターチェンジから乗って宇都宮インターチェンジと日光インターチェンジを経由、清滝インターチェンジに到着します。

そこから約15キロメートルの距離の位置に華厳の滝があります。自家用車で移動する際は、駐車スペースのことも検討しておくことをおすすめします。

駐車場はいろは坂を登って交差点を右折

Photo by e_s_jp

華厳の滝周辺には駐車場スペースが用意されています。いろは坂を上ってT字交差点の突き当りを右折すると第一及び第二駐車場が見つかります。そこから徒歩3分程度で華厳の滝のエレベーターに到着することができます。

Photo by i-saint

もし華厳の滝第一・第二駐車場が満車だった場合は、少し遠くなりますが湖畔駐車場があるので活用しましょう。エレベーターまで10分程度を徒歩で移動することになります。

栃木・日光の華厳の滝の四季折々の姿を楽しもう

Photo by imnakashima

以上、栃木県日光の華厳の滝について紹介をしてきましたがいかがでしたでしょうか。華厳の滝は日本三名瀑に含まれていること、四季折々に趣を異にしている点、エレベーターで間近の穴場スポットで鑑賞できることなどを紹介してきました。

華厳の滝は、規模も大きく大迫力の滝で、季節ごとに魅力が異なります。一回で満足することなく、何度も足を運ぶと季節ごとそれぞれの魅力あふれる滝鑑賞ができます。

yokatayama
ライター

yokatayama

サラリーマンとして得た知識と経験で読みやすい記事を提供します。日常生活で役に立つ実践的な情報をたくさん提供していきたいです。お店のお得な利用方法も紹介したいと思います。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング