札幌から小樽までJR・バス・車の交通機関を比較!距離や時間・料金をご紹介

札幌から小樽までJR・バス・車の交通機関を比較!距離や時間・料金をご紹介

北海道札幌市は観光地として人気が高い街ですが、近隣の小樽市も魅力的な観光地として有名です。札幌から小樽までは、JR・バス・車で容易に移動できます。そこで、JRまたはバスで移動する場合の所要時間・料金や、車で移動する場合のおすすめルートなどをご紹介します。

記事の目次

  1. 1.札幌に来たら人気観光スポット・小樽まで行こう
  2. 2.札幌から小樽へ早く行くにはJRがおすすめ
  3. 3.札幌から小樽へ安く行くにはバスがおすすめ
  4. 4.札幌から小樽へ自由に行くには車がおすすめ
  5. 5.JR・バスなら観光に便利な切符やセット券も利用できる
  6. 6.目的に合った交通機関で札幌から小樽を楽しもう

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

札幌に来たら人気観光スポット・小樽まで行こう

Photo by Jackie.lck

北海道へ旅行に来た際には、まずは中心都市の札幌を観光するという人が多いでしょう。その後、どこへ移動するかですが、北海道は都市間距離が長いため、移動に時間がかかります。

移動距離や所要時間を考慮せずに、無理なスケジュールを立ててしまうのは、北海道旅行ではよくある失敗例です。例えば、札幌から釧路間の距離は東京から名古屋に匹敵します。余裕を持ってスケジュールを組まないと、貴重な時間の大半を移動のみに費やしてしまいます。

そこで、今回おすすめするのが小樽です。観光地として有名な小樽市は、札幌市の隣の自治体であるため、移動にあまり時間がかかりません。従って、限られた時間を有効活用して、北海道観光を楽しめます。

札幌から小樽の距離は約40kmで日帰りできる

Photo by Kanesue

小樽市は、「歴史とロマンが織りなす街」と言われ、3つの漁港を持つ港町として栄えた街です。観光名所としては、小樽運河や北一硝子などのガラス工芸店が有名です。

札幌中心部から小樽中心部までの距離は、約40kmです。交通機関を使って、楽に日帰りができます。それでは、札幌から小樽への移動に使える交通機関には、どのようなものがあるのでしょうか。

交通機関はJR・バス・車がある

Photo by MiNe (sfmine79)

交通機関にはJR・バス・車の3つがありますが、それぞれ所要時間や料金などが異なります。早く移動することや安さや自由度など、何を重視するかでおすすめの交通機関も違ってきます。

札幌から小樽へ早く行くにはJRがおすすめ

Photo by toooooool

移動時間を短くしたいという人には、JRの利用がおすすめです。新千歳空港が始発駅の快速「エアポート」は、途中の停車駅が少ないので、最も早く小樽に到着できます。

また、JR札幌駅には、パセオやステラプレイスといった大規模なショッピングモールも直結しています。飲食店も多数存在する、札幌を満喫できる場所の1つです。

JR札幌駅から小樽まで快速で32分

Photo by sun_summer

快速エアポート利用の場合、札幌駅から小樽駅まで32分で移動できます。往復でも約1時間なので、札幌から小樽へ移動し、小樽観光の後、札幌へ戻ってくるということが1日でできます。

快速・区間快速・普通列車の料金は同じ640円

フリー写真素材ぱくたそ

乗車料金は後にご紹介する運行種別に関係なく、全て640円です。JR北海道の交通ICカード「Kitaca」を使えば、切符を買う手間が省けます。もちろんSuicaも使用可能です。

快速エアポート(32分)

Photo by alberth2

快速エアポートは新千歳空港駅から小樽駅まで、主要駅のみに停車します。最も早く札幌から小樽まで移動できる運行種別で、所要時間は32分です。日中は、1時間に2本運行されています。

自由席の他に、ややゆったりした「uシート(指定席)」があります。自由席とグリーン車の中間に位置づけられる座席で、乗車料金に520円を追加すれば利用できます。

区間快速・いしかりライナー(39分)

Photo by Konstantin Leonov

区間快速・いしかりライナーは札幌駅から手稲駅まで快速運転し、手稲駅から小樽駅までは普通列車として運行します。快速エアポートよりも停車駅が多いため所要時間も長くなり、札幌駅から小樽駅までは39分です。快速エアポートと同様、日中は1時間に2本の運行です。

普通列車(50分)

Photo by fukapon

普通列車は区間内の各駅に停まる、いわゆる鈍行列車です。札幌駅から小樽駅まで13駅あり、所要時間は46分です。なお、快速エアポートの待ち合わせのために、手稲駅で数分停車することがあります。

後からやってきた快速エアポートを先に行かせ、その後に普通列車を発車させるというものです。この場合は、その分所要時間は長くなり、約50分かかることになりますので、快速エアポートに乗り換えることをおすすめします。

札幌から小樽へ安く行くにはバスがおすすめ

Photo by hans-johnson

JRよりも時間はかかりますが、料金を安く抑えたいという人には、バスがおすすめの交通機関となります。高速道路経由のバス「高速おたる号」が多数運行しています。

往復1140円でJRより安い高速バス

Photo by fukapon

高速おたる号は、札幌駅前ターミナル停から小樽駅前停まで、高速道路経由で移動するバスです。利用料金は、往復で1140円です。JRの場合は往復で1280円ですので、140円お得に観光できることになります。

高速経由で65分・朝6時台~23時台まで運行

Photo bymichaltrnka360

高速おたる号は、毎日多数の便が運行しています。札幌駅前ターミナル停発車時刻は、一番早い便で6時40分、遅い便で23時00分です。朝早くから夜遅くまで運行しているので、旅行のスケジュールが立てやすくなっています。

なお、高速道路を走るバスですが、市街地の走行距離も長いので、札幌と小樽の街並みを楽しみながら移動できます。また、車内設備として、無料Wi-Fiサービスもあり、便利な交通機関と言えます。

経路は「円山経由」「北大経由」「望洋台経由」の3つ

Photo by Kentaro Ohno

高速おたる号には3つの経路があります。1つ目は「円山経由」です。これは、札幌駅前ターミナルを出発したら西へ走り、札幌の円山地区を経由するルートです。札幌西ICから高速道路に入ります。

2つ目は「北大経由」です。これは、札幌駅前ターミナルを出発したら北へ走り、北大(北海道大学)を経由するルートです。札幌北ICから高速道路に入ります。

3つ目は「望洋台経由」です。札幌西ICまでは「円山経由」と同じルートですが、小樽市内のルートが違い、望洋台を経由します。別ルートのバスで往復すれば、違った景色を楽しめます。

札幌から小樽へ自由に行くには車がおすすめ

Photo byMikesPhotos

何より自由度の高さを求めるならば、車がおすすめです。見たい場所があれば自由に寄り道できるのが、他の交通機関にはない魅力です。

立ち寄りたいところがはっきり決まっている人は、レンタカーなどを利用すると良いでしょう。ただし、日帰りする場合、目的地でお酒を飲むことはもちろんできません。

高速道路(札樽自動車道)で50分で小樽へ

Photo byThomasWolter

高速道路を使えば、50分で小樽まで行くことができます。札幌駅を起点とすれば、利用するICには、札幌西ICと札幌北ICという2つの選択肢がありますが、それぞれ条件がやや異なります。では、どのような条件の違いがあるか説明します。

高速に乗るなら札幌西ICからが安い

Photo by Konstantin Leonov

札幌駅から近いのは札幌北ICなので、市街地の走行距離を短くしたい人にはおすすめです。なお、小樽までの高速料金は1220円です。札幌西ICの場合は、札幌駅からはやや距離がありますが、高速料金は810円と安くなっていますので、安さ重視の人におすすめです。

一般道路(国道5号線)で1時間20分で小樽へ

Photo by alberth2

もちろん一般道路(国道5号線)を使うという方法もあります。所要時間の目安としては、1時間20分程度です。高速道路利用の場合よりも時間がかかるのは当然ですが、料金が一切かからないのが魅力です。

自由に色々立ち寄れるのは車ならでは

フリー写真素材ぱくたそ

JRやバスでは、決まったルートを進み、寄り道も許されません。その点、車は走るルートを自分で決められ、途中で見たいものや食べたいものなどがあれば、自由に立ち寄ることができます。

札幌から小樽までの約40kmの間には魅力的な飲食店がたくさんありますので、せっかくの機会に食べたいものがあれば、そこで食事をするという計画も立てられます。

反面、デメリットもあります。料金に関しては、ガソリン代なども含めると最も高くなります。また、渋滞や雪の影響で、移動に時間がかかってしまうことも考えられます。北海道は、1年のうち半分が雪のシーズンと言っても過言ではありませんので、注意が必要です。

JR・バスなら観光に便利な切符やセット券も利用できる

Photo by densetsunopanda

JRやバスでは、観光客向けの便利な切符やセット券があります。これを上手に活用して、お得に北海道を満喫しましょう。

JRで行ってバスで遊ぶ「小樽フリーきっぷ」

Photo by machu.

「小樽フリーきっぷ」は、2つの交通機関をフル活用できる切符です。札幌駅から小樽駅をJRで往復でき、小樽市内のバスに1日乗り放題になります。料金は、大人1940円、小児970円です。

JRで素早く札幌から小樽へ行き、小樽市内はバスで自由に移動した後、JRで素早く札幌へ戻ってこれますので、時間を有効活用できる切符です。

札幌から小樽市内もバスで「小樽1日フリーセット券」

Photo by densetsunopanda

「小樽1日フリーセット券」は、小樽市内のバスに1日乗り放題で、札幌と小樽の往復もバスを使うセット券です。料金は大人1700円、小児850円と、小樽フリーきっぷよりも安いです。

札幌から小樽までバス移動なので、小樽フリー切符利用の場合よりも移動時間はかかりますが、よりリーズナブルに観光したい人にはおすすめです。

小樽で行きたい観光施設があるならセット券も

Photo byhyunshen

観光都市小樽にはたくさんの観光施設があります。札幌からの移動と観光施設への入場・入館がセットになったお得な券もあるので、行ってみたい観光施設が決まっている人は、購入を検討する価値ありです。

どんな観光施設があるか分からないという人は、以下に小樽の観光施設のセット券をご紹介しますので、参考にしてください。行きたいところが見つかるかもしれません。もちろんJRやバスとセットにはなっていない観光スポットもありますので、調べてみるのも良いでしょう。

1:おたる水族館バスセット券

Photo bycongerdesign

「おたる水族館バスセット券」は札幌から全てバス移動で、おたる水族館までの往復券とおたる水族館入館券がセットになっています。大人2300円、中学生1600円、小学生以下1000円です。

さらに、ワインカフェ「小樽バイン」の割引券がつきます。小樽バインは、小樽駅から徒歩約7分の距離にあります。イタリアンをはじめ、ワインに合う料理が多く揃っています。

明治45年に建築された歴史的建築物を使用し、店内は木のぬくもりが感じられます。併設のワインショップには100種類以上のワインがあります。

2:小樽貴賓館バスセット券

Photo by Bee Fly

「小樽貴賓館バスセット券」は、札幌から小樽貴賓館までバスで往復でき、小樽貴賓館の入館券と小樽バインの割引券がついたセットです。大人2020円、小学生以下990円です。

小樽貴賓館は、国登録有形文化財に指定されている歴史的建造物です。敷地内には「北の美術豪邸」と言われる旧青山別邸や、美しい庭園が広がっています。

花木豊かな庭園を眺めながら、海の幸と旬の素材を生かした料理も楽しめます。地酒やワインも用意されています。広々とした部屋で、美しい景色を見ながら美味しい料理とお酒を嗜んでみてはいかがでしょうか。

3:小樽天狗山バスセット券

Photo by Party0

「小樽天狗山バスセット券」は、札幌から小樽までのバスでの往復券と、小樽市内の路線バス一日乗車券に加えて、天狗山ロープウェイ往復乗車券がついたセットです。大人2400円、小学生以下1250円です。

天狗山は、小樽のシンボルともいえる存在です。山頂からは、小樽の街並みや小樽湾、さらに積丹半島も見えます。昼間の景色も素晴らしいですが、北海道三大夜景もおすすめです。

小樽で最も標高の高いカフェである「TENGUU CAFE」もあるので、飲食も楽しめます。また、「天狗山売店」もあり、天狗山限定商品や様々なお土産品が揃っています。冬期間には、スキー場としても営業しています。

Photo by Nao Iizuka

天狗山の頂上は、広い森林となっており、散策コースとしても楽しめます。また、5つの展望台があり、どれも素晴らしい眺望に出会えます。記念撮影のための撮影台も設置されています。

さらに、天狗山には「シマリス公園」という、野生のシマリスと触れ合えるスポットがあります。そこでは餌が販売されており、シマリスにあげることができます。人で混み合っていると、シマリスはなかなか姿を見せないので、比較的空いている夕方以降が狙い目です。

4:グランドパーク小樽ランチバイキングバスセット券

フリー写真素材ぱくたそ

「グランドパーク小樽ランチバイキングバスセット券」は、札幌から小樽までのバスでの往復券と、小樽市内の路線バス一日乗車券に加えて、グランドパーク小樽でのランチバイキング券のセットです。チケットは3100円です。

グランドパーク小樽は、小樽築港駅近くにあるリゾートホテルです。小樽駅からはやや距離があるので注意しましょう。

ランチバイキングのメニューはイタリアンと中華をメインですが、デザートも充実しています。また、期間限定で沖縄フェアなどのイベントも開催しています。

5:おたるすし屋通りランチバスパック

フリー写真素材ぱくたそ

「おたるすし屋通りランチバスパック」は、札幌から小樽の高速バス往復乗車券と、すし屋通りの共通お食事券2880円分に加え、小樽バインの割引券がついたセットです。大人3590円、小学生以下3090円です。

小樽のすし屋通りは、国道5号線から小樽運河までの通りで寿司屋が多く存在する場所です。港町として栄えた小樽は「お寿司の街」としても知られています。海鮮丼もおすすめです。せっかくなので、お寿司の本場の味を堪能していきましょう。

6:ワインカフェ小樽バインバスセット券

Photo byJillWellington

「ワインカフェ小樽バインバスセット券」は、札幌から小樽までのバスでの往復券と、小樽市内の路線バス一日乗車券に加えて、小樽バインオリジナルセットお食事券がついたセットです。チケットは2500円です。

目的に合った交通機関で札幌から小樽を楽しもう

Photo bychoe

今回は、札幌から小樽へのアクセス方法や、お得に観光できるチケットなどをご紹介しました。旅の目的や重視するポイントに合わせて、自分に適した交通機関やチケットを選びましょう。

小樽市は、全国的に有名で魅力的な観光都市です。札幌から近い距離にありアクセスしやすいので、札幌を訪れた際には、小樽にも立ち寄ってみることをおすすめします。

iwalife
ライター

iwalife

jouerライターのiwalifeです。札幌生まれ札幌育ち札幌在住、生粋の道産子です。カレーライスやスープカレーが好きです。ビールも好きです。正しい情報を分かりやすく読みやすい文章で伝えるよう心がけています。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング