沖縄那覇のおすすめ観光・グルメ19選!人気の国際通りや穴場スポットも

沖縄那覇のおすすめ観光・グルメ19選!人気の国際通りや穴場スポットも

沖縄旅行をする方が必ず訪れると言っても過言ではないのが、国際通りのある那覇市です。那覇市の定番観光スポットや穴場グルメ、沖縄の魅力がいっぱい詰まったおすすめスポットをまとめてみました。もう何度も那覇に足を運んだことのある方も、ぜひチェックしてみてください。

記事の目次

  1. 1.沖縄の那覇ってどんな街?
  2. 2.那覇空港から那覇市内へのアクセス
  3. 3.沖縄那覇のおすすめ観光スポット10選
  4. 4.沖縄那覇の穴場観光スポット3選
  5. 5.沖縄那覇のおすすめグルメスポット6選
  6. 6.国際通りは那覇観光の中心地
  7. 7.沖縄の都会那覇にもビーチがある?
  8. 8.沖縄那覇にはおすすめスポットがいっぱい!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

沖縄の那覇ってどんな街?

Photo by jdnx

観光地として人気のある沖縄には、毎年多くの人が訪れます。沖縄の都市の中でも、特に一年を通して多くの人で賑わうのが、大都市である那覇です。那覇市に滞在する観光客も多いため、お土産屋や沖縄の食材を扱っているお店は数え切れません。

そんな魅力的な那覇ですが、どんな街かと聞かれてとっさに答えられるかといえば、不安な方もいらっしゃるかもしれません。まずは、那覇市の特徴と街の様子から見ていきましょう。街のことを知っておくと、地元の人の暮らしや歴史も身近に感じられます。

那覇は沖縄県の県庁所在地

Photo byMichaelGaida

那覇は、日本の中で最も南にある県庁所在地です。東シナ海に面していて、海の自然もたっぷりと感じられます。亜熱帯気候で年中を通して暖かく、年間平均気温は20度を超えます。しかし一方で降水量も多く、きれいに晴れる日は少なめだそうです。

県庁所在地というだけあって、那覇は沖縄県の経済や政治、商業の中心地になっています。訪れてみると、新しいビジネスや活気づいた観光業、近代的な建物が多く見られるでしょう。

Photo by Kobetsai

また、那覇市はとても人気の国内観光地です。観光客の数は年々増え、アジア諸国からの訪問客も多くいます。沖縄の那覇で素敵な生活がしたいと思っている方も多いようで、移住者の方も多く見られるでしょう。

特に観光客が多い那覇市では、中心地に行くと周りの人ほとんどが観光客、なんてこともあるかもしれません。しかしその一方で、行くたびに新しいお店やカフェ探しができるのも、観光客が絶えない理由なのかもしれません。

沖縄の玄関口那覇空港

Photo by jetalone

県庁所在地である那覇には、沖縄の玄関である那覇空港があります。那覇空港へは、国内のたくさんの空港からいくつかの航空会社が直行便を運航しているので、とても便利です。

東京や大阪からはもちろん、東北地方や中部地方、四国からも乗り継ぎ無しで那覇へ行くことができます。そのため、自分の予定に合わせた旅のスケジュールを組むことができるでしょう。

Photo by Kentaro Ohno

また、那覇空港にはお土産店や免税店も多く、旅行の最後に楽しいショッピングをすることもできます。市内から空港へは近いので、帰りの飛行機の前であっても、バタバタと慌てずに済むでしょう。

那覇空港から那覇市内へのアクセス

Photo by RYOTA NAKANISHI A ONE-MAN ARMY RETURNS TO THE HELL

沖縄へ旅行する多くの方は、まず那覇空港に降り立ちます。そして、那覇空港から市内へと足を向けるでしょう。この時に役立つ、事前に知っておきたい市内への行き方や、交通状況などをご説明します。

那覇空港から那覇市内へのアクセスは、難しいことはありません。でも、頭の片隅に置いておくと便利な情報です。そうすることで、那覇空港に到着した後もスムーズに行動できます。

ゆいレール(モノレール)で

Photo by Hyougushi

ゆいレールは、那覇で便利な公共施設です。那覇空港から、市内の中心地を通って首里城付近まで伸びています。OKICAというICカードを買えば、利用も簡単でスムーズなので、沖縄によく遊びに行くという方は買っておいてもいいかもしれません。

また、一日乗車券も券売機で購入できます。ICカードを買うほどではないけれど、那覇に数日滞在するというときや、一日ガッツリ那覇市を観光して回りたいときは、この乗車券が便利です。

Photo bymirceaianc

観光地として有名な国際通り周辺へは、ゆいレールで県庁前駅か牧志駅へ向かいます。空港からゆいレールに載ったら、それぞれ約10分から15分で到着です。那覇空港は那覇市中心に近い位置にあるので、フライトで疲れていてもストレスなく街へ出ることができます。

バス・レンタカーで

Photo byTBIT

レンタカーを利用する場合は、2つのルートが考えられます。おすすめは、国道58号線に沿って走ることでしょう。ルートがシンプルですし、時間にしても約10分のドライブなので、慣れない土地の運転で緊張してしまっても、あまり疲れないかもしれません。

路線バスは本数も多く、所要時間も20分程度と短いので、ぜひ利用してみましょう。那覇空港の国内線到着ロビーを出ると、すぐ目の前にタクシー乗り場とバス停があります。

那覇市内の多くの路線バスでは、乗ったときに整理券を取り、降りるときに整理券の番号に応じた金額を現金で支払うシステムになっているようです。小銭を用意しておくのがおすすめです。

沖縄那覇のおすすめ観光スポット10選

Photo by Miroslav Vajdić

それでは、まずは那覇市内や那覇近郊にある観光スポットを10選、まとめてご紹介していきましょう。観光の魅力がギュッと詰まっている那覇市は、何日いても飽きない楽しさがあります。

ここでは定番の観光地に重点を絞って、その魅力をお伝えします。後ほど那覇の穴場スポットと人気のグルメスポットにも焦点を当てますので、そちらと併せて最後までご覧ください。

首里城

Photo by schun.oi

まずは修学旅行などでも人気の首里城です。首里城は、沖縄の歴史を学びたい方には最高の観光スポットです。首里城公園の中を歩いてみたり、いろいろな展示を眺めながら、ゆっくりと回ってみましょう。

国際通りからも行きやすく、ゆいレールや路線バスで近くまで行くことができます。また、首里城の近くには昔ながらの飲食店も多く、ランチをとりながら散歩してもいいかもしれません。

住所 沖縄県那覇市首里金城町1-2
電話番号 0988-86-2020

首里金城町石畳道

Photo by mrhayata

首里金城町石畳道は、昔ながらの石畳が続く風情あるエリアです。首里金城町石畳道を散歩しながら、趣のある沖縄風の写真などを撮っても楽しいでしょう。石畳なので、ヒールのない歩きやすい靴が必須です。

第二次世界大戦を生き抜いた石畳のようで、昔ながらの風景を今に伝えるスポットとして人気があります。首里城の近くにあり、徒歩10分強で着きますので、首里城と併せて観光してみてください。

住所 沖縄県那覇市首里金城町2
電話番号 なし

玉陵

Photo by nekotank

玉陵(たまうどぅん)も、首里城と併せて見学したい史跡です。世界遺産にも登録されているお墓で、ここに来れば16世紀からの歴史がよく分かるでしょう。いろいろな資料や石碑などが玉陵内に展示されていてます。

入り口でガイドブックなどが購入できるようです。玉陵のことをよく知らなかったという方は、ぜひ資料として買ってみてください。一つ持っていると、玉陵のことがさらによく理解できるのでおすすめです。

住所 沖縄県那覇市首里金城町1丁目3
電話番号 098-885-2861

与儀公園

フリー写真素材ぱくたそ

桜の名所として人気の高い与儀公園は、ぶらりと散歩がしたい方にとてもおすすめです。与儀公園内はよく整備されていて、一年を通して気持ちのよい時間が過ごせます。広い公園なので、大人ものびのびと深呼吸ができるはずです。

子供連れも多く見られるので、元気に走り回りたい子供たちにもぴったりでしょう。子供たちが喜びそうな遊具や機関車の展示もあるので、小さいお子様がいる方にもおすすめです。また、近くに中央図書館もあるので、見学してみてください。

住所 沖縄県那覇市与儀1-1
電話番号 098-951-3239

栄町市場

Photo by madams_lunch

国際通りから少し外れた、ゆいレールの安里駅近くにあるのが、栄町市場です。那覇の下町風情がある、昔ながらの商店街を見ることができると、観光客にも人気のスポットになっています。

栄町市場には飲み屋さんも多いようで、ちょい飲みが好きな方にはたまらないでしょう。ビールや泡盛を飲みながら、地元の食材を使った沖縄料理を堪能してみてください。きっと話も弾みます。

住所 沖縄県那覇市安里381
電話番号 098-886-3979

識名園

Photo by nekotank

識名園(しきなえん)は、丘の上に立っている広大な別邸です。かつての琉球王家が、来客をもてなしたり休養したりするために建てたそうです。識名園内では、さわやかな沖縄の自然を体に感じることができると、カップルやグループ旅行で人気のスポットになっています。

識名園からは那覇の街並みを見下ろすことができるので、景色もきれいでつい長居してしまうことでしょう。中国や南アジアなど、近隣国の文化が織り交ぜられた、琉球ならではの建物や風情を見ることができます。

住所 沖縄県那覇市字真地421-7
電話番号 098-855-5936

沖縄県立博物館・美術館

Photo byDaniel_Nebreda

沖縄県立博物館・美術館は、近代的な建物が観光客の興味をそそります。イベントや特別展示など、時期によって様々な催し物が行われていますので、スケジュールを見ながら足を運んでみましょう。

ゆいレールのおもろまち駅近くにあるので、ショッピングついでに立ち寄ってもいいかもしれません。沖縄の自然や文化について学べる、ふれあい体験室もお子様連れにとても人気で、自由研究などにも最適なプログラムです。

住所 沖縄県那覇市おもろまち3-1-1
電話番号 098-941-8200

Tギャラリア沖縄 by DFS

Photo by Richard, enjoy my life!

Tギャラリア沖縄 by DFSは、誰でも免税で買い物ができるおすすめスポットです。ショッピングモールの中には、ブランドものはもちろんのこと沖縄のお土産も売っています。まとめて買い物をしてしまいたいという観光客の方は、Tギャラリア沖縄を覗いてみましょう。

買い物をした商品は、那覇空港で受け取りとなります。フライト時間の120分前までに購入する必要があるので、時間にゆとりをもってTギャラリア沖縄に向かってください。Tギャラリア沖縄の最寄り駅、おもろまち駅から那覇空港までは、ゆいレールで約30分です。

住所 沖縄県那覇市おもろまち4-1
電話番号 0120-782-460

パイナップルハウス

Photo byPexels

南国のフルーツ、パイナップルの魅力が五感で感じられるのが、那覇空港の隣にあるパイナップルハウスです。グルメスポットとしても人気で、ジューシーで味の濃いパイナップルを満喫することができます。

カフェにお土産屋、顔出しパネルなど、楽しい雰囲気のパイナップルハウスは、カップルにもおすすめのスポットと言えるでしょう。那覇空港に近いので、到着したらすぐに訪れてみてください。

住所 沖縄県那覇市鏡水684-1
電話番号 098-858-9000

波上宮

Photo by 楊尚潔

波上宮は、すぐ近くに沖縄のきれいな海が臨める神社です。恋愛のパワースポットとしても有名で、多くの観光客で賑わっています。波上宮で開催されている行事も多いので、スケジュールを調整して見に行くのもおすすめです。

しかし、波上宮はれっきとした神社で、神聖な場所として地元の人に大切にされていることを忘れないようにしましょう。参拝する方々や波上宮の自然の邪魔にならないよう、注意しながら見学しましょう。

住所 沖縄県那覇市若狭1-25-11
電話番号 098-868-3697

沖縄の観光スポット絶対おすすめ43選!人気の名所や隠れた穴場ものイメージ
沖縄の観光スポット絶対おすすめ43選!人気の名所や隠れた穴場も
白い砂浜と透き通った海の絶景が広がる沖縄は世界的に人気の観光スポットです。本島・離島も含めマリンスポーツや歴史ある名所巡りなど沖縄の魅力は無限大です。今回は、定番・穴場も交え沖縄観光で訪れたいおすすめの観光スポットをご紹介します。

沖縄那覇の穴場観光スポット3選

Photo by karitsu

定番の那覇市内観光スポットを見たところで、次は穴場をご紹介します。美味しいグルメや名産品など、まだまだ知られていない魅力が詰まっているはずです。何度も那覇に行ったことがある方にも、ディープな沖縄旅がしたい方にもおすすめのスポットばかりです。

穴場のスポットは総じて観光客が少なく、地元の雰囲気が存分に味わえます。たっぷりの時間をとって、ゆっくりと回ってみてください。のんびりとした沖縄の時間を、肌一杯に感じてみましょう。

首里 琉染

Photo bylpittman

那覇市内で穴場の、染め物体験ができるのが、首里琉染です。自分の好きな色で布を染め、持ち帰ることができるので、沖縄旅行の思い出にぜひ体験してみたい穴場スポットになります。体験は予約制なので、予定を確認しながら事前に計画しておきましょう。

首里琉染では、サンゴ染めと紅型染めの2種類から選んで体験することができるようです。サンゴ染めではTシャツや風呂敷、トートバッグなどを作っていきます。布がきれいな沖縄のサンゴ色に染まって、絶妙なニュアンスを醸し出します。

住所  沖縄県那覇市首里山川町1-54
電話番号 098-886-1131

泊いゆまち

Photo by 楊尚潔

泊いゆまち(とまりいゆまち)は、新鮮な魚介や海産物を販売している穴場の市場です。一般の方も買い物をすることができます。またマグロの解体もしているので、見ることができた方はラッキーでしょう。

お刺身やモズクなどを泊いゆまちで購入して、ホテルでゆっくり食べてもいいかもしれません。売店もあるそうなので、こちもチェックしてみたいところです。珍しい食材や、地元ならではの食べ方を発見できるかもしれません。

住所 沖縄県那覇市港町1-1-18
電話番号 098-868-1096

ブルーシールアイスパーク

Photo by nekotank

沖縄のアイスクリームで有名なブルーシールアイスですが、楽しい穴場テーマパークがあるのをご存知でしょうか。ブルーシールアイスパークでは、大人から子供まで夢中になれる体験が目白押しです。

パーク内はポップな色使いがかわいく、女子や子供たちに人気です。いくつかのアトラクションがありますが、やはり一番人気はアイスクリーム作りでしょう。自分の好きなフレーバーやトッピングを入れて、オリジナルのレシピを作ります。

ブルーシールアイスパークは、意外と知られていないファミリー向けの穴場スポットです。おいしいアイスクリーム作りは、子供たちの夏の思い出にもぴったり体験でしょう。

住所 沖縄県浦添市牧港5-5-6
電話番号 098-988-4535

沖縄のスイーツ人気店おすすめランキングTOP31!今人気のカフェは?のイメージ
沖縄のスイーツ人気店おすすめランキングTOP31!今人気のカフェは?
沖縄へ行くなら絶対に外せないのがおいしいスイーツのあるカフェです。沖縄の青い海と絶景を見ながらのんびりと過ごすことがおすすめです。今人気のスイーツカフェTOP31を紹介します。沖縄ならではの食材を使ったスイーツは思い出に残ること間違いなしです。

沖縄那覇のおすすめグルメスポット6選

Photo by G4GTi

沖縄那覇市の定番観光スポット、穴場スポットとご紹介してきました。でも那覇市の観光スポットでは、グルメのご紹介を忘れてはいけません。国際通り近くにあるおすすめのグルメ紹介を始めとした、行きやすいお店をどんどんご紹介していきます。

沖縄にはおいしいグルメがたくさんあるので、どこで何を食べようか迷ってしまう方も多いようです。居酒屋やレストランに行けば、おいしい沖縄料理を何種類か食べることができるでしょう。家族や友達などグループで訪れて、いろいろな料理をシェアしてみてください。

Photo by whitefield_d

沖縄での食べ物と言えば、総合的に甘めの味付けがされているようです。黒糖や紅芋などの甘味を活かした、特別な調理がされているのかもしれません。暑い気候によく合う、さわやかな甘さを感じてみてください。

那覇市内では、伝統的な沖縄料理を提供している有名店がたくさんあります。でも、新しい味に挑戦しているお店もあるので、気になったスポットには積極的に足を運んでみましょう。街歩きをしながら周りを観察していると、思いがけずおいしい発見があるかもしれません。

首里そば

Photo by Shinichi Haramizu

首里そばは、地元の方々に長く愛されている沖縄そばのお店です。麺、スープ、具材の一つ一つにこだわって丁寧に仕上げる沖縄そばは、行列必須の人気店になっています。

首里そばは、コシの強い手打ちそばの食感が万人に人気です。首里城にも近いので、首里城に訪れたときはぜひ覗いてみてください。地元の人には有名なグルメスポットですが、観光客には意外と穴場かもしれません。

おすすめ料理

手打ちそばがやはり人気のメニューでしょう。大きさも大・中・小から選べるようで、お子様も食べやすい量です。お好みでテーブルの上にある調味料をかけながら、食べてみてください。いろいろな味で、美味しい首里そばが味わえます。

住所 沖縄県那覇市首里赤田町1-7ギャラリーしろま内
電話番号 098-884-0556

ゆうなんぎい

Photo by jetalone

ゆうなんぎいは、外観が沖縄の古民家風でかわいらしく、ついつい中に足を踏み入れたくなってしまいます。沖縄の家庭料理を提供してくれるお店で、沖縄のグルメ旅にはもってこいの店舗です。

国際通りの近くにあるので、観光客にも大変人気があります。ゆうなんぎいの沖縄家庭料理は、誰でも食べやすい味付けと、座敷の店内がファミリーにもやさしいことが、特におすすめポイントでしょう。

おすすめ料理

ゆうなんぎいでは、ぜひチャンプルーを食べてみましょう。メニューにはいろいろなチャンプルーが載っているので、迷ってしまうかもしれません。豆腐にソーメン、お麩を使ったフーチャンプルーなど、食べ比べてみてください。

住所 沖縄県那覇市久茂地3-3-3
電話番号 098-867-3765

さーたーあんだぎーの店 安室

Photo by USIO Design Project

食べ歩きにピッタリのサーターアンダギー屋が、さーたーあんだぎーの店 安室です。ゆいレールの儀保駅近くにあり、国際通りや首里城を観光しがてら立ち寄ってもいいかもしれません。

店内にはいろいろな味のサーターアンダギーが販売されています。パッケージの大きさも、食べ歩きにはぴったりです。いくつかの種類を買って、自分の好みを見つけましょう。店内に食べるスペースはなさそうなので、ホテルでゆっくりと味わうのもおすすめです。

おすすめ料理

プレーンのサーターアンダギーは押さえておきたいメニューです。しかし、沖縄といえば黒糖や紅芋も食べたいところでしょう。悩んでしまうほど、どれもおいしく魅力的なサーターアンダギーばかり並んでいます。

あえていうなら、やはり沖縄らしい紅芋のサーターアンダギーに挑戦してみてください。優しい紅芋の香りが鼻を抜けて、後を引くはずです。

住所 沖縄県那覇市首里久場川町1-20
電話番号 098-884-3060

ジャッキーステーキハウス那覇

Photo byskeeze

沖縄で、がっつりお肉料理が食べたいとおもったら、ジャッキーステーキハウスに向かいましょう。国際通りからも近いので、観光のエネルギー補給にぜひステーキを堪能してください。

ジャッキーステーキハウスは、気楽に入れるステーキ屋として地元の方にもおすすめされています。その味はお墨付きで、カジュアルながら一流のお肉が楽しめるはずです。穴場的なステーキハウス、お友達や子供たちと一緒に行っても楽しそうです。

おすすめ料理

ジューシーで柔らかな牛フィレ肉を使ったステーキ、テンダーロインステーキが一番の人気のようです。ジャッキーステーキハウスでは、お腹いっぱいになるまでステーキが味わえます。付け合わせのポテトやパン、ライスまでちゃんとおいしいメニューです。

どらえもん

Photo by くーさん

ゆいレールの県庁前駅すぐ、国際通りの脇にあるおすすめ料理店がどらえもんです。グルメでは意外と知られていない那覇の人気店で、沖縄料理が食べられる穴場かもしれません。ビルの2階にあり、知っていないと見つけることが難しいそうです。

どらえもんの店内は、一昔前の定食屋のようなシンプルな雰囲気になっています。いろいろな麺料理、セットメニューやお子様メニューが並んでいるので、沖縄のいろいろな味が楽しめるでしょう。

おすすめ料理

いろいろな麺メニューがある中で、グルメたちが選ぶのは宮古そばです。どらえもんでは特に、宮古そばのスープがおいしいでしょう。カツオの効いた、少し甘めのスープに、シンプルなトッピングが暑い夏でも食欲をそそります。

住所 沖縄県那覇市久茂地3-2-17
電話番号 098-862-3525

ぱいかじ 沖縄本店

Photo by furuikeya

古風ながら、洗練された外観が特徴のぱいかじ本店は、沖縄料理が楽しめるだけではありません。広々としたぱいかじの店内ですが、いたる所に沖縄が感じられる工夫がしてあります。まるで以前からそこに住んでいたかのような、ディープな雰囲気が味わえるのです。

麺料理に、沖縄の食材を使ったサラダ、あぐー肉の料理メニューの種類も多く、居酒屋のように楽しむことができるでしょう。ゆいレールのおもろまち駅に近いので、那覇のグルメを探している方は、ぜひぱいかじ本店に寄ってみてください。

おすすめ料理

おすすめは、新鮮な魚を盛ったお刺身です。豪華に盛られた刺身には、沖縄のお酒、泡盛もよく合います。店内の開放的な雰囲気を楽しみながら、ぱいかじの刺身を堪能してみてください。沖縄ならではのお魚が頂けるかもしれません。

国際通りは那覇観光の中心地

Photo by jdnx

沖縄の玄関口である那覇空港がある那覇市には、毎年数多くの観光客が滞在します。そして那覇市の中心地になっているのが、言わずと知れた国際通りなのです。修学旅行生から団体旅行客、個人旅行者にも親しまれている国際通りには、底知れない魅力があります。

Photo by 楊尚潔

誰もが知っている国際通りは、那覇の主要な観光地です。グルメにショッピング、沖縄民謡のショーまで、国際通りに来ればどんな魅力も揃っているでしょう。でも沖縄に何度も来たことのあるファンは、国際通りを見つくしてしまった、なんてこともあるかもしれません。

国際通りを網羅した方も、これから訪れるという方も、次のタイトルにぜひ目を通してみてください。国際通りに近い穴場エリアを、いくつかご紹介しています。

国際通りからわき道(スージグァー)へ

Photo bydimitrisvetsikas1969

実は、国際通りの周辺にも穴場的なスポットがたくさんあるのをご存知でしょうか?那覇には、もっと沖縄らしい風景やグルメが満載に見つかるわき道があるのです。国際通りと併せて必ず訪れたいスポットで、穴場エリアになっています。

それでは、国際通りの近くにある穴場的なエリアをご紹介してきます。歴史を感じる、趣ある風情や民芸品を売っているショップまで、たくさんの観光スポットが見つかることでしょう。わき道それぞれに個性がありますので、雰囲気の違いも楽しんでみてください。

壺屋やちむん通り

Photo by jetalone

やちむんというのは、沖縄の陶芸品です。やちむん通りには、陶芸品を扱ったお店が多く、またいろいろな体験もできるので、ファミリーにも大変おすすめのエリアです。やちむん通りには古風な民家が多く、また色鮮やかな花が通りに華やかさを増してくれています。

やちむん通りでは、毎年やちむん通り祭りが開催されています。この期間はそれぞれのお店がセールを行ったり、特別な体験を用意したりして、大変賑わうそうです。興味のある方は、ぜひ日程を調べてみましょう。

Photo by 楊尚潔

散歩をするだけでも優雅なやちむん通りですが、お店に入っていろいろなやちむんを見てみましょう。伝統的なものから、新しくかわいいデザインのものまで、多種多様なやちむんに出会えることまちがいありません。時間を忘れて見入ってしまいそうです。

やちむん通りへは、ゆいレールの牧志駅から向かうのが便利です。国際通り近くの希望ヶ丘公園を通り過ぎ、壺屋陶芸センター奥の道を右へ逸れます。牧志駅からは歩いて10分ほどで到着するそうです。

桜坂

Photo by Richard, enjoy my life!

ディープな穴場エリアとして、じわじわと人気になっているのが桜坂です。屋台や居酒屋が並んでいるような雰囲気なので、夜に訪れてみても楽しいかもしれません。地元の方と会話したい、ちょっと変わった体験がしてみたいと思っている方は、ぜひ足を運んでください。

桜坂には、ちょっと変わったオモシロ商品を扱うセレクトショップなどもあるそうです。普通の沖縄土産には飽きてしまった、みんなをアッと言わせるお土産を探している方は、店内を覗いてみましょう。

桜坂は、やちむん通りの近くにあり、国際通りからも数分の距離です。希望ヶ丘公園の南側を通る裏道で、近くにグルメスポットも多いのでランチを食べがてら散歩してみましょう。

沖縄国際通りでグルメ・ショッピング三昧!食べ歩きが楽しいおすすめの街!のイメージ
沖縄国際通りでグルメ・ショッピング三昧!食べ歩きが楽しいおすすめの街!
沖縄の国際通りには、食べ歩きが楽しいお店が軒を連ねています。また国際通りは、沖縄のスイーツや民芸品を扱う店が多いので、お土産ショッピングにもとても便利です。この記事では、国際通り近くにある居酒屋に食べ歩きスポット、イベントなどを、テーマごとにご紹介しています。

沖縄の都会那覇にもビーチがある?

Photo byknpknp

沖縄の那覇市といえば、街歩きが一般的な楽しみ方です。グルメな食べ歩きや買い物、穴場スポット探しも楽しくておすすめでしょう。沖縄の都会を満喫できるのが、那覇市の魅力になります。

でも、那覇でも沖縄の海を楽しみたいと思っている方も多いかもしれません。沖縄のきれいな海は、那覇郊外や離島に行かなくても見られます。那覇市で楽しめる、青い海を体験してみてください。

波の上ビーチ

Photo by www.twin-loc.fr

国際通りから行きやすい波の上ビーチは、しっかりと管理された安全なビーチです。更衣室やシャワーも完備されていますので、観光ルートに盛り込んでもいいかもしれません。波も穏やかなので、お子様連れでも安心して遊ぶことができます。

波の上ビーチでは、シュノーケリングやダイビングの体験ができるので、気軽に体験したい方はぜひ参加してみてください。またお子様用のプログラムも用意されているので、好奇心旺盛な年齢のお子様も、いい思い出が作れるでしょう。

アクセス

車がない方は、バスを利用すると便利です。いろいろな路線バスが利用できるので、スケジュールも合わせやすいでしょう。国際通りにある県庁前バス停から行くときは、路線バスで西武門バス停に向かいます。西武門からは徒歩約5分で波の上ビーチに着くようです。

住所 沖縄県那覇市若狭1-25
電話番号 098-863-7300

沖縄那覇にはおすすめスポットがいっぱい!

Photo by12019

那覇でおすすめの観光スポットを、一挙にご紹介してきました。定番の観光地から、穴場グルメのスポット、国際通り付近のエリアなどいろいろな発見があったことでしょう。沖縄のいろいろなグルメが楽しめる那覇市街で、ぜひ特別な思い出を作ってください。

那覇市は沖縄の県庁所在地で、年中を通して賑わっています。また、季節ごとに行事なども行われているようなので、旅行前にイベント情報をチェックしておきましょう。旅行をもっと楽しむことができるかもしれません。

Natsumi
ライター

Natsumi

関連記事

人気記事ランキング