東京乗り放題チケットでお得に遊ぼう!1日乗車券の種類や使い方をご紹介

東京乗り放題チケットでお得に遊ぼう!1日乗車券の種類や使い方をご紹介

東京での交通手段として、JR・東京メトロ・都営地下鉄・私営鉄道・都バスなどがあり、それぞれにお得な乗り放題チケットがあります。販売場所も各駅券売機と広範囲にわたっていて入手しやすいので知らないと損をする、東京の乗り放題チケットの種類と使い方をご紹介します。

記事の目次

  1. 1.乗り放題のチケットで東京を自由に賢く観光する
  2. 2.電車・地下鉄・バスでお得に周るおすすめチケット
  3. 3.東京と近郊を乗り放題でお得に周る
  4. 4.東京スカイツリー周辺を乗り放題でお得に周る
  5. 5.羽田空港モノレールも乗り放題で!
  6. 6.2日間使えるフリーパスで東京をたっぷり満喫!
  7. 7.乗り放題のチケットや切符を賢く選ぼう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

乗り放題のチケットで東京を自由に賢く観光する

Photo byTonhon

東京の観光をするならば、交通手段として電車・地下鉄・バスを利用するのがおすすめですが、利用するたびに切符を買うことはなかなか大変な事ですし、時間もロスします。

電車・地下鉄・バスとそれぞれにお得で便利な乗り放題のチケットがあるので、目的や行き先に合わせて賢く選ぶ事ができます。

さらに、PASMOやSUICAなどのICカードを利用すると、どこでもかざすだけでスムーズに乗り換えができるので、より時間も短縮できておすすめです。

電車・地下鉄・バスでお得に周るおすすめチケット

フリー写真素材ぱくたそ

電車・地下鉄・バスでお得に東京を周るチケットの種類は「東京フリーきっぷ」、「東京メトロ線と都営地下鉄線の1日乗車券」、「都バス一日乗車券」「私鉄と東京メトロを一日乗り放題」、「東京スカイツリー周辺散策フリーきっぷ」などがあります。

1 これさえあればどこへでも!「東京フリーきっぷ」

Photo by ishane

東京フリーきっぷとは、JR東日本、東京メトロ、東京都交通局が東京23区内で発行している一日乗り放題の乗車券です。都内を動き回る予定なら、東京メトロ全線と都営地下鉄全線が自由に乗り降りできて、都バスも乗り放題可能な「東京フリーきっぷ」がおすすめです。

JR線の23区内では全ての乗り物がフリー!

フリー写真素材ぱくたそ

JR線の23区間のほかにも、東京メトロ線全線や都営地下鉄線全線、都電荒川戦、深夜バス・座席定員制のものを除く都バス、日暮里舎人ライナーの全部の区間で乗り降り自由になり、一日使用できる乗車券となっています。

有効期限は券面に記載された日付の一日に限ります。23区内を何度も乗り降りする観光を予定にしていたり就職活動をする予定の時は、こちらの東京フリーきっぷが最適です。

切符を買う

Photo by slash__

購入場所は、東京メトロ線の各駅の券売機、東京都営地下鉄線の各駅及び日暮里・舎人ライナーの各駅の券売機、みどりの窓口、JR東日本訪日旅行センターで購入できます。ただしJRでは買えませんので要注意です。

種類と金額

Photo byTBIT

東京フリーきっぷは、当日売りは東京都営地下鉄各駅及び日暮里・舎人ライナー各駅の自動券売機(押上、目黒、白金台、白金高輪、新宿線新宿を除く)で、前売りは窓口のみにて購入できます。料金は大人1590円、小児800円です。

払い戻しする場合は、未使用で有効期限内に限り発売場所にて可能です。その際には、220円の払い戻し手数料がかかります。ただし、電車の運行不能や遅延などの払い戻しには対応していません。

2 地下鉄には「東京メトロ線と都営地下鉄線の1日乗車券」

Photo by MiNe (sfmine79)

東京メトロ線と都営地下鉄の共通一日乗車券とは、東京メトロと東京都営地下鉄全線が一日乗り放題になるお得な切符です。

東京の電車の乗り換えが不慣れな方や苦手な方、都内の観光地を巡るために何度も乗り換える方におすすめです。乗り降りするのに不便なくスムーズに移動できます。

切符を買う

Photo by mersy

東京メトロ線・都営地下鉄共通一日乗車券の発売は、線東京都営地下鉄の各駅、東京メトロの各駅で購入可能です。2日間乗り放題を利用する場合は、前売り券が販売されているので、当日券と一緒に購入することをおすすめします。

種類と金額

Photo by tkaige

チケットは、ICカード乗車券「PASMO」タイプと磁気乗車券タイプがあり大人900円、小児450円とどちらのタイプも同額です

払い戻しは、使用開始前の有効期間内のものに限り可能です。(所定の手数料が差し引かれます)

おすすめはPASMOを利用することで、東京メトロや都営地下鉄の駅から他社の駅まで乗車する場合に精算機や窓口で乗り越し分の清算をすることなく、自動改札機にタッチするだけでチャージ残高より自動清算ができるためスムーズに移動ができます。

3 路線バスの旅なら「都バス一日乗車券」

Photo by hans-johnson

東京都内は電車の交通の便が良いと思われていますが、バスも多くの路線が設定されていて本数も多いので、観光には便利に利用できます。都バス一日乗車券という乗り放題のチケットがあります。

ただし、東京都内の道路交通時事情は渋滞が激しく時刻表通りにバスが来ないことが多々発生することがありますので、時間に余裕のある旅行の時の利用をおすすめします。

切符を買う

Photo by Jun Seita

都バス一日乗車券の購入場所は、前売り券を都バスの営業所や支所、定期券販売所で購入できます。当日券は、都バスの車内での購入のみとなります。

人気があるのは、前売り券です。チケットに都バスの絵柄が入っていて東京での思い出を持ち帰れると好評です。

種類と金額

フリー写真素材ぱくたそ

都バス一日乗車券は、23区内の都バスを1日に何回でも乗り降り自由なお得な乗り放題の切符です。有効期限は、1日に限ります。料金は、大人500円、小児250円です。深夜バスを利用する場合は、差額が発生します。

払い戻しは、使用開始前かつ有効期限内のものに限り対応していますが、手数料を100円引かれます。(ただし、当日売りには対応していません)
 

Photo by small_0323

都バスIC一日乗車券は、PASMO・Suicaに「都バス一日乗車券」をチャージ残高から料金を差し引いての販売となります。こちらは、前売りはなく、当日の都バスの車内のみでの発売になります。

おすすめはPASMOを利用する方法です。ただし、何人かで利用する場合は注意が必要となります。1枚につき1人分だけの情報のみしか記録できないため、人数分のPASMOを用意する必要があります。ただし、払い戻しには、対応していません。

東京と近郊を乗り放題でお得に周る

Photo by TAK.

東京の観光をする時は、JR山手線が便利です。都心部をぐるりと一周できて、有名な観光地を結んでいるためです。また、私鉄の電車はJR山手線の駅と繋がっているので、東京近郊の観光をする場合の乗り換えも簡単で便利です。

そして、JR山手線は深夜まで運行しているので夜遅くまでゆっくりと観光を満喫できます。

私鉄と東京メトロを一日乗り放題

Photo byEngin_Akyurt

東京都内の地下鉄は9路線あり、総延長が200km近くを誇る長さです。関東近郊の私鉄の電車と繋がっているので、東京都内に限らず関東近郊の観光地にも気楽に行ける手段として便利な地下鉄です。

そんな地下鉄をお得に使える乗り放題のチケットがありますので、ご紹介します。

1「東急東京メトロパス」

Photo by : : Ys [waiz] : :

東急東京メトロパスとは、東京メトロ線全線が乗り降り自由な乗り放題となり、購入した東急線各駅から東京メトロ線接続駅までの往復の乗車がセットになっているお得な切符です。

購入した駅と東京メトロ線内の往復に利用する駅は、行きと帰りに別の駅を経由しても構いません。ただし、東京メトロの接続駅(渋谷・中目黒・目黒)に限ります。

電車の割引だけではなく利用当日に限り、東急東京メトロパスを提示することで都内の400以上のスポットでの割引などの優待も受けれます。(詳細は「ちかとく」をご覧ください)

有効期限は発売当日に限ります。料金は、大人710円〜1020円、小児360円〜510円です。
 

2「小田急東京メトロパス」

Photo by kurotango Clip

小田急東京メトロパスとは、小田急線発、東京メトロで都内を周遊できるお得な乗り放題の切符です。都内の多くの観光スポットや飲食店、各種店舗にて割引や特典を受けられます。詳しくは、東京メトロホームページをご覧ください。

購入場所は、小田急線各駅の自動券売機、小田急トラベル各営業所で購入できます。(一部取り扱いのない店舗あり)

有効期限は、発駅から代々木上原駅間の往復は1回限りです。そのほかは1日有効です。料金は、大人850円〜1880円、小児430円〜940円です。

3「西武東京メトロパス」

Photo by : : Ys [waiz] : :

西武東京メトロパスとは、西武線の発駅から東京メトロ線の接続駅まで往復乗車券と、東京メトロ線全線が乗り降り自由になるお得な乗り放題の切符のことです。西武東京メトロパスを提示すると、都内の400箇所の施設で割引の優待を受けられます。

購入場所は、池袋・小竹向原・西武新宿・高田馬場・多摩川線の各駅は除く、西武線各駅窓口および券売機で購入することができます。

有効期限は、利用日当日に限ります。料金は、大人740円〜1700円、小児390円〜850円です。

4「東武東京メトロパス」

Photo by yagi-s

東武東京メトロパスとは、東武線各駅から北千住の往復と、東京メトロ線全線が乗り降り自由となるお得な乗り放題の切符です。

購入場所は、東武線各駅の窓口(PASMOでの購入の場合は有人改札口)、東武線主要駅の定期券発売機能付自動券売機で購入できます。

一部の駅では発売していない時間帯があったり、東上線、浅草、とうきょうスカイツリー、押上、渡瀬、治良門橋、相老、赤城、野洲大塚、板荷、新藤原の各駅および駅員無配駅では発売されていません。

有効期限は、利用当日に限ります。料金は大人750円〜2970円、小児370円〜1480円です。

5「東葉東京メトロパス」

Photo by yagi-s

東葉東京メトロパスとは、東葉高速線発駅から西船橋駅間の往復と、東京メトロ線全線が乗り降り自由となるお得な乗り放題の切符です。

ただし、東葉高速内での途中下車は無効となりますので注意してください。購入場所は、東葉高速線各駅自動販売機(西船橋駅を除く)、北習志野連絡窓口にて購入できます。

東葉東京メトロパスを利用当日に対象施設で提示すると特典やサービスが受けられます。携帯やPCから「レッツエンジョイ東京」のホームページで詳細をご覧ください。
 

Photo bymarkopg

有効期限は、利用する当日限りです。料金は、大人910円〜1750円、小児460円〜880円です。この切符は前売り券がありません。

払い戻しは、使用開始前で有効期限内に限り購入した駅にて対応していますが、手数料を200円引かれます。

東京スカイツリー周辺を乗り放題でお得に周る

Photo byStockSnap

東京スカイツリーは、電波塔としては世界一誇る634mの高さです。見るだけではなく登ることができるので、展望台デッキからは、東京の絶景が一望できます。

また、周辺のスポットとして、すみだ水族館、東京ソラマチ、プラネタリウムなどがあり楽しめます。東京スカイツリー周辺散策フリーきっぷというお得な乗り放題の切符を利用すると、観光がより楽しめます。

「東京スカイツリー周辺散策フリーきっぷ」

Photo by Kentaro Ohno

東京スカイツリー周辺散策フリーきっぷとは、東京の下町エリアの電車が一日乗り放題となる東武鉄道が発売している切符です。

東武スカイツリーラインの浅草・押上〜北千住までと、東武亀戸線全線が乗り降り自由なエリアとなります。東京スカイツリーを中心として、浅草や東武博物館、東武亀戸線の電車を利用する時にはおすすめです。

切符を買う

Photo by 持続可能な地域交通を考える会 (SLTc)

きっぷの購入場所は、駅の窓口か有人改札のみでの販売となります。無人駅や東武鉄道以外の管理駅(押上駅、東京メトロ管理)、相老駅(わたらせ渓谷鐵道管理)等では発売されていないので注意が必要です。

種類と金額

Photo by Dakiny

東武線(発駅〜北千住)の往復乗車と東武線フリー区間(浅草〜北千住、曳舟〜押上間、曳舟〜亀戸間)は乗り降り自由の乗り放題です。

有効期限は、利用当日に限ります。料金は、大人500円〜2760円、小児250円〜1380円です。

羽田空港モノレールも乗り放題で!

Photo by tataquax

羽田空港の空港までのアクセスと言えば東京モノレールです。東京モノレールで浜松町~羽田空港を移動する時の片道運賃は490円です。

京急と比べるとやや高めの運賃ですが、東京モノレールでも利用できるお得な割引切符があるのでご紹介します。

モノレールがお得になるフリーパス

Photo by くーさん

モノレール経由で旅行をする場合には、有効期限が10日間でモノレール浜松町駅と羽田空港国際線ビル駅、羽田空港第1ビル駅、羽田空港第2ビル駅間の往復に大変便利な、「モノレール羽割往復きっぷ」がおすすめです。

切符を買う

Photo by n.kondo

モノレール羽割往復きっぷの購入場所は、17箇所の地方空港及びJTB、日本旅行、近畿日本ツーリスト、ジャルパック、ANAセールス旅行商品取扱会社等のセットでの販売となっています。なお、羽田空港や東京モノレールの各駅では購入できないので要注意です。

種類と金額

Photo by くーさん

モノレール羽割往復きっぷは、モノレール浜松町から羽田空港国際線ビル・羽田空港第1ビル・羽田空港第2ビル間の1往復が発売日から10日間有効です。

料金は、大人800円、小児400円です。払い戻しは、地方空港に設置している自動券売機で購入したもので有効期間ないの未使用の場合に限り、購入場所か東京モノレール各駅にて可能です。(別途手数料がかかります。)

2日間使えるフリーパスで東京をたっぷり満喫!

フリー写真素材ぱくたそ

2日間の東京観光を考えている人には、羽田空港から都内各駅の電車が乗り放題になる「東京トラベル1DAY&2DAYパス」がおすすめです。

新鮮な魚介類が集まる築地場外市場、ビジネスマンが行き交う新橋、東京タワーなど都営地下鉄沿いの主なスポットや、浅草や上野方面、東京スカイツリーに行く方にもこの切符が便利に利用できます。

「東京トラベル1DAY&2DAYパス」

Photo bysofi5t

東京トラベル1DAY&2DAYパスは、京急線羽田空港国際線ターミナルまたは羽田空港国際線ターミナル〜品川駅の片道乗車券と都営地下鉄線1日(2DAYパスの場合は2日間)乗り降り自由な乗車券のセットです。

この切符のおすすめなところは、切符の割引だけではなくて、都営地下鉄沿線にある施設や観光スポットでの割引も受けれる特典があります。詳細は「ちかとく」をご覧ください。

切符を買う

フリー写真素材ぱくたそ

東京トラベル1DAY&2DAYパスの発売場所は、京急羽田空港国際線ターミナル駅、羽田空港国際線ターミナル駅及び全国15空港に設置されてる京急線券売機で購入できます。大分空港及び米子空港での乗車券発売機は終了したので、ご注意ください。

種類と金額

Photo byPublicDomainPictures

東京トラベル1DAYパスの有効期限は発売日当日です。料金は大人800円、小児400円です。

東京トラベル2DAYパスの有効期限は、2日間です。料金は大人1200円、小児600円です。なお、注意しておかないといけない事は、こちらの切符は東京メトロには利用できないという事です。

乗り放題のチケットや切符を賢く選ぼう!

Photo by midorisyu

電車・都営地下鉄・都バスと公共交通機関がたくさんある東京の移動手段で、おすすめの乗り放題の切符をいくつかご紹介しました。

観光だけではなく、ビジネスシーンや就職活動などさまざまな目的に合わせて賢く選べますので、最新の情報を公式ホームページで確認して、上手に利用してください。

8rico
ライター

8rico

地方出身、現在は東京在住。洋菓子系のスイーツが好きでよくチェックしています。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング