万座ハイウェイのルート・料金や見どころをご紹介!割引や道路情報もチェック

万座ハイウェイのルート・料金や見どころをご紹介!割引や道路情報もチェック

万座ハイウェイにのルートについて解説しています。割引や道路情報の情報も満載で紹介します。見どころ満載の万座ハイウェイのドライブを楽しんでみましょう。温泉に興味がある方や、近場のトライブスポットを探している方、万座スキー場へ行かれる方におすすめの記事です。

記事の目次

  1. 1.万座ハイウェイとは?
  2. 2.万座ハイウェイの見どころとは?
  3. 3.万座ハイウェイ周辺おすすめ施設
  4. 4.万座ハイウェイの料金
  5. 5.万座ハイウェイの料金割引・無料について
  6. 6.万座ハイウェイの道路情報
  7. 7.冬季は万座ハイウェイを利用しよう

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

万座ハイウェイとは?

フリー写真素材ぱくたそ

万座ハイウェイとは、どのような道路なのでしょうか。万座ハイウェイの概要について紹介します。万座ハイウェイのどのような点がおすすめのポイントなのでしょうか?

別名:浅間-白根火山ルート

フリー写真素材ぱくたそ

群馬県吾妻郡嬬恋村にある自動車専門道路で、別名「浅間‐白根火山ルート」と言われています。草津白根山の西側を走る標高1000mの高原が堪能できる自動車道路です。全長で20.3kmもあるルートは嬬恋村の市街地と万座のスキー場を結ぶルートで、季節問わず人気があります。

万座ハイウェイは、125㏄以下のバイクは通行禁止で、自転車や歩行者も通行できません。途中まで来ることができますが、料金所に引き返さないといけません。万座ハイウェイは自動車専用の道路で、国道などではありませんが、西武グループが運営する私道という形です。

フリー写真素材ぱくたそ

万座ハイウェイは、冬季には閉鎖される国道292号線の抜け道として万座方面へのアクセスを可能にする道路です。冬の時期には万座スキー場へのアクセス道路として南から北へ車が走っています。道路情報などは火山もあるので頻繁に確認しておくと良いでしょう。

料金の関係で目的以外での通行することは少なく、快適なドライブが楽しめます。高原のさわやかな空気を車内に取り込むように窓を開けて走る車も多いです。季節問わず豊かな自然が堪能できる観光道路です。道路情報にだけ注意しておくと良いでしょう。

浅間山の四季を感じながらドライブ

フリー写真素材ぱくたそ

万座ハイウェイは、浅間山や白根山の四季を感じながらドライブできる爽快な道路で、標高1000mの高地にある爽やかな空気を感じて楽しめる道路です。ハイウェイと言われるようないろいろな道路から移ろいゆく景色を眺めてぼんやりしましょう。

高原の独特の空気は、存分に堪能するべきだと言われています。豊かな大自然の空気と雄大な景色を堪能して、お腹一杯に空気を吸いましょう。万座ハイウェイに来たなら、爽快なドライブを味わわないと意味がありません。混んでいることは少ないですが、道路情報などに注目しておきましょう。

万座温泉で日帰り入浴を楽しむ!絶景露天風呂がおすすめの名湯や穴場の宿も紹介のイメージ
万座温泉で日帰り入浴を楽しむ!絶景露天風呂がおすすめの名湯や穴場の宿も紹介
標高1800mにある日本最高所の温泉郷・万座温泉は、日帰り温泉としても人気の観光スポットです。山々に囲まれた万座温泉は、絶景を眺めながら露天風呂に入浴することができます。万座温泉で、日帰り入浴にもおすすめの名湯や穴場の宿をご紹介します。

万座ハイウェイの見どころとは?

フリー写真素材ぱくたそ

万座ハイウェイの見どころは、豊かな自然が味わえる点です。万座ハイウェイの見どころについてまとめてみました。

夏はマイナスイオンを感じながらドライブ

夏の万座ハイウェイの見どころは高原の涼やかな空気と、森林から発生するマイナスイオンがたっぷりと堪能できる点です。樹木に囲まれたエリアが多く、森林浴を味わうにはもってこいです。夏の万座ハイウェイは気温も涼しく、影も多く森に入ると爽やかな風を浴びてドライブできます。

夏のドライブは車内の窓を全開に開けてドライブしてみましょう。森林から発生するマイナスイオンをバンバン浴びながら、爽快な気分でドライブを堪能することができます。万座ハイウェイを駆け抜ける爽快感は一度味わうと、何度も味わいたくなると言われています。

フリー写真素材ぱくたそ

夏の時期の見どころは、山々に生い茂る木々の緑の鮮やかさで、目にもよさそうな緑だと言われています。万座ハイウェイの至るところにある緑が爽快なドライブを演出し、木々が語り掛けてくるかのように迫り、抜けていく爽快なドライブが味わえるとあり人気です。

見どころの場所は万座ハイウェイは、ほとんどが木々に覆われて、森林を探索するかのように走っていく爽快なドライブが見どころです。万座ハイウェイの気温は高くても30℃と越えないくらいで、夏は天然のクーラーが味わえると人気です。

秋は紅葉を楽しめる

秋は万座ハイウェイの周辺を黄色や赤色に染まった紅葉が覆います。絶景のトンネルは大きな見どころの1つです。見どころの紅葉のシーズンになると万座ハイウェイの休憩所などは車で賑わいます。見どころのある紅葉ですが、10月中旬には見ごろを迎え、辺り一面を覆います。

紅葉のシーズンになると、周囲の高原や浅間山なども紅葉になり、見渡す限りの紅葉が見どころの万座ハイウェイです。周囲を覆う木々が色づき始めるのは10月を過ぎた頃です。万座温泉や嬬恋村の周辺の紅葉のはしごも大きな見どころの1つです。

Photo byjplenio

秋になると色づき始め11月頃は落葉がしており、一面を紅葉のじゅうたんのように道路に降り注ぎます。車の通行には支障がないぐらいですが、落葉のあとには周囲の見渡しが良くなり、一気に万座ハイウェイも冬に近づいていきます。秋から冬にかけては日帰りの温泉も楽しみの1つです。

紅葉の名所とまでは言われていないですが、万座ハイウェイからの紅葉も秋の見どころの1つです。豊かな自然が織りなす光景に息を飲んで見つめて紅葉のトンネルを潜り抜けてみましょう。夏や春には味わえなかった爽快感が堪能できると言われています。

冬は一面の雪景色

冬は落葉が終わり雪が降ると一面銀世界になります。冬には国道292号線も通行止めになり、迂回ルートが無くなり、万座温泉に行くにはこのルートだけになります。落葉が終わると一面の景色はがらりと姿を変え、夏は見えなかった周囲が見渡せるようになります。

斜面に沿って作られている万座ハイウェイは、春や夏には見られなかった景色が観られると冬の方が見通しが良い点も見どころです。夏などのドライブとは違う、一面の銀世界は、圧巻でこちらの斜面からの景色が見どころの1つで、春や夏よりも冬の方が好きだという人もいます。

Photo by houroumono

万座温泉はスキー場も有名で、一体をリゾート施設があります。関東甲信越でも有数のスポットで、万座ハイウェイを通る車も多いです。スキーヤーの証である屋根にスキー板を乗せた車が冬の万座ハイウェイを駆け抜けていきます。夏とも秋とも違う景色は万座ハイウェイの見どころです。

冬はメインルートになることから、冬の装備をしっかりした上で万座ハイウェイを通行しましょう。冬の装備はしっかりしておかないと途中で動けなくなることもあります。運転手は運転に集中しましょう。周囲の爽快感は、助手席や運転手以外で堪能すると良いです。

万座ハイウェイ周辺おすすめ施設

Photo bystefanie_koelbli

万座ハイウェイ周辺のおすすめ施設を紹介します。万座ハイウェイの周辺にはどのような施設があるのでしょうか?

1:万座温泉

フリー写真素材ぱくたそ

万座温泉は、四季折々が見せる標高1800mの高原にある温泉郷で、数々の名湯があります。硫黄を基本とした温泉には、数々の効能があると言われており、古くから多くの湯治客をもてなしています。季節ごとに見せる色が変わり、絶景の温泉からゆったりと移ろいゆく時間を味わうことができます。

四季が見せる光景は、行くたびに色を変えると言われており、澄んだ空気と景色に癒されている人が多いです。万座温泉の中心はプリンスホテルを持っている西武グループですが、個人経営の宿も数々あります。それぞれの趣向を凝らしたもてなしをして、訪れる人を楽しませています。

フリー写真素材ぱくたそ

春の万座温泉はゆったり感を演出しています。万座プリンスホテルでは春には24時間ステイプランを行っており、夜の星座を堪能しつつ温泉に入れるなどいろいろな楽しみ方を提供しています。春にはゆったりと過ごせるプランが多いです。それぞれの工夫したプランで来訪者をもてなしています。

夏になると、高原の探索などを中心としたプランが人気です。万座温泉の雄大な自然を余すことなく堪能し、疲れたら温泉に浸かって、ゆったりと寝て、それから万座ハイウェイを使って帰るプランも人気です。通年で使えるプリンスホテルの万座ハイウェイ割引プランは魅力です。

フリー写真素材ぱくたそ

秋には紅葉が一面を彩ります。黄色や赤色に染まった緑を眺めながら温泉に入るプランが多いです。ゆったりとくつろげるプランが多く、移ろいゆく景色と落ちる葉などをぼんやりと眺めつつゆったりと温泉に浸かってみましょう。絶景を掲げている温泉宿が多く、魅力が満載です。

それぞれの季節でそれぞれに違った楽しみ方を提供しており、澄んだ空気と澄んだ景色を堪能できるプランが魅力です。宿ごとに工夫を凝らしたプランは、それぞれのホームページで確認してください。公式ホームページには魅力が溢れている圧巻の光景を見ることができます。

冬はスキーも楽しめる

Photo bylukasbieri

冬になると雪が降り、辺り一面銀世界になります。雪が降るとこの近辺でのスキー場がオープンし、夏や秋とは違った賑わいを見せます。雪の中に入る温泉も格別に良いと言われており、スキーで疲れた身体をゆったりと癒して、次の旅や家路に着きます。

スキー場は万座温泉の付近にあり、一帯が総合リゾートです。プリンスホテルが主体ですが、個人経営の宿も趣向を凝らしたもてなしで多くの観光客を呼び込んでいます。辺り一面の銀世界を味わって高原独自の空気感は冬でも変わらず澄んでいると言われています。

2:嬬恋牧場

高原にある牧場で、馬や牛などが広々とした空間で飼われています。触れ合いも楽しめますが、名物は2010年にできた愛妻の鐘です。「妻」「恋」とかけて、愛妻家の証としてモニュメントなどをバックに写真を撮り、SNSにアップするカップルが増えています。

いろいろな口コミから人気を集めて、全国各地から訪れるスポットになりました。嬬恋村には恋愛のパワースポットとしても有名で、いろいろなカップルが訪れる場所です。それにちなんでいろいろなイベントを企画して観光客を集めています。

Photo byPezibear

また付近はレタスの産地や高原野菜が採れる場所としても有名で、レストハウスには高原野菜を使ったカレーが人気など、いろいろな趣向を凝らしているものが沢山あります。嬬恋牧場にも牧場の牛乳を使ったグルメが沢山あるいろいろなグルメの聖地としても有名です。

嬬恋牧場はいつしか万座ハイウェイを訪れる人が立ち寄るスポットになり、毎月のイベントなどは多くの人が集まる場所です。冬は行っていませんが、春になるとまたイベントなどが行われ、周辺の人だけでなく、観光客も訪れるイベントです。イベントの告知は公式ホームページで行っています。

万座温泉のお土産も購入可能

Photo by june29

嬬恋牧場では、万座温泉のお土産も購入可能です。万座周辺に訪れた人が全て立ち寄ってもらいたいと願いを込めて、万座ハイウェイのそばに作られている観光牧場です。多くの人が立ち寄って楽しめるショッピングなども見どころの1つです。

万座温泉のお土産を買い忘れた人も立ち寄って買っていきます。周辺の住民だけでなく、観光客も多く訪れる嬬恋牧場です。お土産もいろいろ充実しており、訪れる人を楽しませています。

万座ハイウェイの料金

万座ハイウェイの料金についてとその関連の口コミについて調べました。どのような意見があるのでしょうか?いろいろな意見を聞いてみて万座ハイウェイの料金について考えてみましょう。

高すぎるという口コミも

万座ハイウェイの料金が、税込で普通車と小型車は1070円、小型バスは2650円で、大型バスは4300円です。バイクも通行可能な126㏄以上のサイズでは、税込750円かかります。片道の料金であり、割引なども制度もありますが、通常はこのくらいの料金がかかります。

普通車で往復2140円は高すぎるとネットでも話題になり、なんとかこの料金を安くできないかと試行錯誤してルートを探して迂回する人が多いです。ただし万座温泉へのルートは国道292号線が無い場合には、このルートが最も近く、迂回するには長野県を大きく回らないといけません。

高すぎるかどうかは、別として後ほど紹介する割引になる制度もあり、料金としては妥当だと言われています。

Photo by sybarite48

私道にあたり、公共の管轄する道路ではないために維持費を得るためこの料金を取っているという人もいます。実質プリンスホテルグループが運営している私道にあたり、仕方ないという声もあります。

口コミは様々で、浅間山が噴火警戒レベルが上がってもこの万座ハイウェイだけは通行できる点を高く評価している人もいます。いろいろないわくつきですが、通行すると森のトンネルのような爽快感が味わえ、快適なドライブにはお金を払っても変えられないという人も多いです。

万座ハイウェイの料金割引・無料について

万座ハイウェイの料金割引または無料になるシステムがありますので、説明をします。知っていて損になる情報ではありません。万座ハイウェイを利用する人必見の情報です。

1:料金負担のホテルを利用

Photo by wongwt

1つ目の割引方法は、料金を負担してくれるホテルを利用することです。1つ目のホテルは万座温泉の「湯の花旅館」で、この旅館は、温泉を利用する人すべてに2140円をキャッシュバックしてくれます。割引として気前が良いですが、実質通行が割引になるサービスです。

プリンスホテルも、万座ハイウェイ割引通行プランを掲げて集客を狙っています。高いと言われている通行料は実は商売のチャンスだと言われており、多くの万座温泉の旅館にはこのようなサービスのプランが存在しています。路線バスを利用したお客にも割引になるなど別の意味でお得なサービスです。

Photo by Norisa1

料金負担のホテルの場合には、通行の照明が不要だったりします。唯一プリンスホテルだけは、通行券を手渡してくれるプランがあるなど、万座温泉は積極的に万座ハイウェイと使った万座温泉への集客を狙っています。サービスの多くは利用する人が沢山います。

このように料金割引のホテルを選ぶと、万座ハイウェイを安く通行できてお得です。場合によっては路線バスを利用しても割引になるなど大きなチャンスも秘めています。知っていて損はない情報で、口コミを通じて広まり、万座温泉を利用する場合の割引方法として認知されています。

2:志賀草津ルートを利用して迂回

フリー写真素材ぱくたそ

2つ目は割引というか無料になる方法です。万座ハイウェイには1カ所料金所があり、通らなければ料金はかかりません。また国道292号線を志賀草津ルートを利用していくと無料です。こうすると迂回はしますが、草津方面から一応は抜けられます。

万座温泉には、このほかに長野県側からのルートもあり、遠回りすれば、いろいろな無料のルートがあります。ガソリン代と相談しても元が取れることが多いです。時間があれば検討してみる価値があります。ただしこれらのルートには次のような危険性があります。

冬季は閉鎖されている

フリー写真素材ぱくたそ

国道292号線は冬季は閉鎖されています。また現在は草津白根山の噴火状況なども気にしないといけません。草津白根山の状況によっては国道292号線は通行止めになることがあり、そうなると万座温泉へのアクセスは万座ハイウェイしかありません。

冬季も同じことが言え、万座温泉へのアクセスはこの万座ハイウェイしかありません。路線バスも万座ハイウェイを通りますし、冬はしっかりと除雪もされていることが多く、道路情報も注目しておけばアクセスは無難な選択で、万座ハイウェイを通行する方法しかありません。

万座ハイウェイの道路情報

Photo by1588877

万座ハイウェイの道路情報をまとめました。冬は万座温泉への唯一のアクセスの道路になる万座ハイウェイですが、通行するには道路情報や注意点をしっかりと確認しておく必要があります。

冬季はチェーン必須

Photo bypixel2013

万座ハイウェイの斜面は、雪が沢山降ります。通行止めにならないのは、万座ハイウェイが私道だからだとも言われています。冬季の通行は道路情報をチェックし、チェーンは必須です。スタッドレスタイヤとチェーンの完全武装で行かないと通行できなく立ち往生します。

万座ハイウェイへ入る手前から雪の準備はしておくと良いです。関東の付近でも屈指の豪雪地帯で、スキー場が多くあるのも納得の雪の量です。雪によってトラブルもあるので、通行などは特に注意しましょう。甘く見ることは無いようにするべきだと地元の人は言います。

土砂崩れや倒木で通行止めもしばしば

Photo by Yasamix

万座ハイウェイは、雪が多く降ることなどからも倒木が多く、冬は道路情報をチェックすることがおすすめです。道路情報は常に最新のものを仕入れておきましょう。道路情報を検索するにはスマホなどで検索することがおすすめです。

草津温泉ポータルサイト「湯LOVE草津」には常に最新情報が入ってきています。こちらの道路情報を参考にしましょう。また土砂崩れによる通行止めも斜面にある道路の関係からしばしばあります。冬季は通行止めになったら諦めるしかないのが実状です。

万座ハイウェイのトイレ

万座ハイウェイのトイレですが、道路情報と共にチェックしておくと良いです。万座ハイウェイににはトイレが2カ所あり、それぞれ休憩のスペースとしても活躍します。南から行くと1カ所目は、料金所の隣です。料金所の脇にスペースがあり、こちらでトイレなどがあります。

このスペースからの眺望は、絶景と言われ、休憩するならこの場所に立ち寄って万座ハイウェイを味わうべきと地元の人は言います。四季折々の景色が楽しめる万座ハイウェイでも屈指の眺望を誇るスポットです。仮設トイレがあり、24時間料金所と共に開いています。

Photo by alberth2

もう1カ所は万座温泉の入り口に近い場所で、万座温泉観光協会が万座ハイウェイのトイレで、きれいな作りをしており、女性からも評判が良いです。駐車場も広く、眺望も良い場所なのでこちらでも休憩もおすすめです。

万座ハイウェイの道路情報は常に更新されています。行くことが決まったらしっかりと道路情報を整理して、装備面などを充実しないといけません。トイレも冬季は料金所と万座温泉2カ所立ち寄るつもりの方が無難でしょう。

冬季は万座ハイウェイを利用しよう

フリー写真素材ぱくたそ

万座ハイウェイは見どころが多い有料道路です。多少通行料金は高いですが、お金を払っただけの価値はあります。万座ハイウェイを通行して、四季折々の景観を楽しんで新緑のドライブ、紅葉のドライブ、雪の中のドライブを楽しんでみましょう。

特に冬季は、万座温泉へは万座ハイウェイのみが通行道路になります。道路情報などをチェックし、上手に割引などを活用して、万座ハイウェイを通りましょう。その際にしっかりと雪の装備が必要です。冬季を中心に万座ハイウェイを通行して、楽しいドライブを味わってみてはいかがでしょうか。

古澤 弘一
ライター

古澤 弘一

フリーライターです。旅と猫好きで、食べ歩き大好きです。「日常のちょっとしたことにプラスになる情報を届ける」をモットーに活動しています。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング