名古屋から大阪までの移動手段はコレ!快適で安いおすすめのルートや方法は?

名古屋から大阪までの移動手段はコレ!快適で安いおすすめのルートや方法は?

名古屋から大阪には多くの人が行き来しています。名古屋は東京と大阪の真ん中に位置しており、鉄道やバスなどのアクセスが良いです。ここでは、名古屋から大阪への移動手段をご紹介します。快適で安いおすすめルートについて知っておき、移動する際は参考にしてください。

    記事の目次

    1. 1.名古屋から大阪までの距離はどの位?
    2. 2.名古屋から大阪までの移動手段・鉄道利用の場合
    3. 3.名古屋から大阪までの移動手段・バス利用の場合
    4. 4.名古屋から大阪までの移動手段・飛行機の場合
    5. 5.名古屋から大阪までの移動手段・タクシーの場合
    6. 6.名古屋から大阪までの移動手段・快適で安いルートは?
    7. 7.名古屋から大阪まで最適な移動方法を見つけよう!

    店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

    名古屋から大阪までの距離はどの位?

    フリー写真素材ぱくたそ

    名古屋から大阪までの距離は直線で139kmあります。名古屋から大阪はたくさんの人々が行き来するため、安い移動手段やルートは多くあります。名古屋と大阪にはさまざまなおすすめグルメスポットや観光名所があり、特に親子連れや観光客が週末には多く訪れます。

    また、大阪はグルメスポットや観光名所だけでなく、主要な企業が多くあることや交通の起点にもなっている場所で、関西圏の乗り換えの中心になっています。出張中のビジネスマンや国内国外からの観光客などが、名古屋から大阪へ鉄道や高速バス、自動車などさまざまな手段を使って移動します。

    フリー写真素材ぱくたそ

    どれが安いルートでおすすめなのかあらためて見直してみましょう。色々なルートを知ることによって移動の楽しみが増える可能性もあります。また今までと違うルートを知ることによって、安い値段で移動出来たり、時間を効率よく使えたりする可能性もあり新たな発見ができそうです。

    近くはないが充分日帰り可能な距離

    Photo byFree-Photos

    名古屋から大阪は直線距離で139kmと、鉄道やバスなどを使うと充分日帰りで移動できる距離です。おいしくて安い食べ物をさがしたり、観光名所にぶらりと立ち寄ったりと大阪観光を楽しんだあと、夜に鉄道からの夜景を楽しみながら名古屋に帰るのもおすすめです。

    早朝や深夜に名古屋から大阪へ出発すれば、お昼前には到着できるルートもあります。移動時間は新幹線のような早いルートで1時間を切ることも可能です。お昼に名古屋から大阪に到着すれば、大阪のおすすめ観光スポットをひと通りは回れるでしょう。

    名古屋から大阪までの移動手段・鉄道利用の場合

    Photo by Kentaro Ohno

    まずは、名古屋から大阪までの移動方法で、鉄道を使ったルートを紹介します。鉄道を使う場合は、料金や時間、快適性を比較すると良いでしょう。鉄道での移動手段がもっとも種類が豊富で、利用する機会も多いです。あなたに合ったおすすめの移動手段を選択しましょう。

    名古屋から大阪への鉄道を使った移動手段には、JR線、近鉄線、新幹線の3つがあります。JR線はJR関西線とJR東海道線、近鉄線は特急電車と急行電車、新幹線はのぞみ・こだま・ひかりがあります。

    一部例外を除けば、料金が高くなるほど、高い快適性や早い移動時間になります。それぞれの料金や乗り換えの頻度、移動時間、座席のオプションを紹介します。

    時間はかかるが鉄道のみでの移動も可能

    Photo by 柏翰 / ポーハン / POHAN

    時間はかかりますが、名古屋から大阪までは鉄道のみで移動可能です。鉄道のみを利用した場合は、JR線と近鉄線があります。しっかりと乗り換えや時間帯を調べておくことで、余計な時間のロスがありません。まずは名古屋から大阪までJR在来線を使った手段を紹介します。

    名古屋から大阪までをJR在来線で移動する場合は2つの方法があります。ひとつ目はJR東海道線です。この鉄道でのルートは、最初に名古屋駅から大垣駅へ快速電車で向かいます。そして大垣駅から新快速姫路行きに乗り換えて大阪駅まで行きます。

    フリー写真素材ぱくたそ

    所要時間は、2時間43分で料金は3410円です。乗り換えは最低1回で、米原駅に到着するとタイミングよく新快速電車が来ることが多いです。乗り換えのタイミングが悪いと、名古屋から米原間の大垣駅で乗り換えることになってしまいます。

    また、名古屋駅から米原駅間をJR特急のしらさぎやワイドビューひだを使うと、大阪までにかかる所要時間が2時間25分に短縮できます。料金は一番安い値段で4610円です。

    Photo by kimagurenote

    名古屋から大阪までJR在来線を利用して行くもう一つの方法は、JR関西線を利用した移動手段です。この鉄道でのルートは、名古屋駅から快速電車で三重亀山駅へ行き、亀山駅から普通電車で京都加茂行きに乗り換えを行います。そして京都加茂駅から大和路快速で大阪駅へ向かいます。

    所要時間は一番早くて3時間46分で、料金は3410円かかります。JR東海道線と同じ料金ですが、JR関西線は乗り換えが少なくとも2回あります。京都加茂駅行きの電車が、亀山駅からは1時間に1本しか出ていないので、乗り換えのタイミングがずれてしまうと待機時間が長くなるので注意が必要です。

    Photo by noriqnub

    次に、名古屋から大阪までを近鉄線で移動する手段を説明します。名古屋から大阪までのもっとも早い移動手段がアーバンライナーを使った方法です。アーバンライナーは近鉄名古屋から大阪難波駅まで2時間15分で結んでおり、平日は6時から20時台まで運行しています。

    新幹線が名古屋から大阪までおよそ1時間ですので、新幹線と比べると時間は2倍かかってしまいます。アーバンライナーが近鉄難波駅までの間で途中停車をする駅は、津・鶴橋・大阪上本町駅です。

    アーバンライナーに乗れば途中停車の回数も少なくなり、乗り換えがないので、リフレッシュや仕事など、移動時間を有効活用できます。アーバンライナーは快適性や移動時間などを含めて便利な特急電車です。

    Photo byCounselling

    また、アーバンライナーは車内には広々としたデラックスシートがあるなど、設備が充実しています。また、バリアフリーにも対応した設備を備えています。トイレの入り口を広めに調整した車いす対応トイレやベビーベット、手すりも多くあり、不自由を感じさせない設備づくりがされています。

    次に、アーバンライナーの料金についてご紹介します。アーバンライナーは、通常の料金に加えて、特急料金が必要になります。特急料金は乗車する区間によって違います。アーバンライナーで移動する際の料金は、普通運賃が2410円、これに特急料金1930円を加えた4340円になります。

    Photo by nobu3withfoxy

    アーバンライナーには広々とした座席のあるDXカーがあり、510円の追加料金で乗車できます。チケットは、窓口に並んで購入するほか、ネットで購入することも可能です。3月からは新型車両ひのとりが運行します。Wi-Fi付き、広々した空間、新品シートなどの魅力的な要素が多くあります。

    アーバンライナーではない通常の特急電車を使って、名古屋から大阪までを近鉄線で移動する手段を紹介します。通常の特急は、途中停車の駅数がアーバンライナーと比較すると多いです。アーバンライナーは、名古屋駅から大阪難波駅までの間で、津・鶴橋・大阪上本町の3駅にしか停まりません。

    フリー写真素材ぱくたそ

    しかし、通常の特急電車は、近鉄名古屋駅から大阪難波駅までの間に8駅停車します。停車駅が増えることで移動時間が増えてしまいます。アーバンライナー以外の近鉄特急は、料金は同じ4340円ですが、名古屋から大阪まで2時間25分ほどかかります。

    名古屋から大阪までを近鉄線で移動する場合は、料金が同じで移動時間が短いアーバンライナーを利用することをおすすめします。アーバンライナー以外の特急列車は、途中の停車駅で降りる必要のある方が利用していることが多いです。時刻表を確認して乗る電車を選択すると時間効率が良くなります。

    Photo by nobu3withfoxy

    名古屋から大阪は近鉄特急を利用しなくても行くことができます。名古屋から大阪まで近鉄線の急行を使えば、安い値段で移動することが出来ます。急行電車で一番早く移動する鉄道のルートは、まず近鉄名古屋駅~伊勢中川駅です。そして伊勢中川駅で大阪上本町行きに乗り換えを行います。

    急行を利用して名古屋から大阪までおよそ3時間40分ほどかかります。しかし、乗り換えのタイミングによっては、それ以上に時間がかかってしまう場合もあります。料金は、2590円で特急と比較すると半分ほどの安い値段で移動できます。安い方法で行くか早い方法で行くかの判断になります。

    新幹線と鉄道の組み合わせでも移動可能

    Photo by brian25_tw

    また、名古屋から大阪まで新幹線と鉄道の組み合わせでも移動可能です。名古屋から大阪は利用客数が多い区間で、近鉄線やJR在来線などの鉄道のほかに高速バスなどもあります。そのため移動手段が多様で、競争が激しい区間です。価格競争の影響もあり、新幹線は安い値段設定がされています。

    新幹線で移動すると、名古屋駅から新大阪駅への移動となります。新幹線が快適性と早さの点で優れているので、名古屋から大阪までの移動方法として、人気のひとつです。新幹線のぞみを利用すると、所要時間は50分程度で名古屋から大阪まで移動できるので、時間効率はとても高いです。

    Photo by さかどん

    新幹線のぞみの名古屋から大阪までの料金は、自由席は5940円、指定席は6680円です。安く乗りたい方は自由席で、座って移動したい方は指定席を選択するのがおすすめです。のぞみは名古屋から新大阪までの停車駅が京都駅のみなので、50分で名古屋から大阪まで移動できます。

    新幹線では、コーヒーやお弁当、スイーツなどの車内販売も整っています。そのため新幹線内では快適に過ごすことができます。新幹線のぞみは、1時間あたり片道最大10本運行しています。快適性と速さが強みの新幹線のぞみは、これからもたくさんの方に利用されるでしょう。

    Photo by khf_fjs

    新幹線は、のぞみの他にひかり・こだまがあります。ひかり・こだまは、停車駅が岐阜羽島駅、米原駅、そして京都駅からなるルートです。名古屋駅から新大阪駅までは約1時間7分かかります。のぞみと比較すると、ひかり・こだまは途中停車駅が多くなるために、およそ17分遅く到着します。

    また、料金に関しては、ひかり・こだまは普通車指定席で6470円とのぞみの指定席より210円安い値段になっています。目的によってどちらを使うか選択すると良いでしょう。そして、こだま・ひかりの特徴として、自由席の座席数が多いことと利用者がのぞみより少ないことがあげられます。

    Photo by yosshi

    また、新幹線は普通車と比較して座席スペースが広く作られているグリーン車があります。新幹線のグリーン車は座席が横4列で、普通車よりも少なく、そのぶん座席の横幅が広くなっています。

    また、普通車よりもリクライニングが深く、シートを倒せるのでよりリラックスできるでしょう。移動時間をより快適に過ごしたいかたにおすすめします。料金は、のぞみで8950円・ひかりで8740円です。

    名古屋から大阪へ行くなら近鉄特急が断然おすすめ!料金や所要時間は?のイメージ
    名古屋から大阪へ行くなら近鉄特急が断然おすすめ!料金や所要時間は?
    名古屋から大阪に移動する手段はいくつかありますが、近鉄特急が断然おすすめです。ここでは、名古屋から大阪までの近鉄特急について紹介します。また料金や所要時間なども紹介します。まだ近鉄特急を利用したことがない人にはぜひ参考にしてもらいたいです。

    名古屋から大阪までの移動手段・バス利用の場合

    フリー写真素材ぱくたそ

    名古屋から大阪までバスを利用した移動手段もあります。バスは安いイメージがありますが、新幹線や特急電車と比較してどれくらい違うか、またどうしたら安い方法で移動できるのかをご紹介します。名古屋から大阪までは、JR東海やWILLEREXPRESSが運行する高速バスが多く走っています。

    料金は早期購入割引や学割などが適用されると、安いもので1500円からあります。移動時間はおよそ2時間56分です。ただ、バスはその時の交通事情によっては、渋滞などの遅延が起こりうる可能性が、近鉄電車や新幹線と比較すると高くなります。

    Photo by Dick Thomas Johnson

    高速バスを利用するメリットは、乗り換えをする必要がない点と安いチケットを購入できる点です。高速バスに乗ってしまえば、あとはそのバスに乗り続けるだけで目的地までたどり着けます。高速バスのチケットの値段は、曜日やGW・お盆休みなどのシーズンによって値段が大きく変わってきます。

    平日の料金は、土日祝などの休日と比較すると安い値段になっています。これは、休日になると名古屋から大阪までおでかけをする方が増える傾向にあるのも1つの要因です。また、チケットは早い段階で予約をすると、安いチケットが購入しやすくなる早期購入割引があります。

    フリー写真素材ぱくたそ

    高速バスでの名古屋から大阪までの通常料金は3000円前後です。しかし、数か月前くらいの早い段階でチケットを予約する早期購入割引を使うことで、より安い値段で名古屋から大阪まで移動することができます。料金を安く抑えたい方は、早期購入割引での座席を確保することををおすすめします。

    早い段階でチケットを予約した場合は、座席が一番前や一番後ろなど条件が良くなることもあります。最後座席であればうしろを気にせず背もたれを倒せるメリットがあります。早期購入割引は、路線や座席数が限定されているため、スケジュールが決まったら早めの予約をおすすめします。

    所要時間は約3時間

    Photo by jinkemoole

    名古屋から大阪まで高速バスを利用しての所要時間は、およそ3時間です。JR東海のバスは朝、昼、夜とさらに深夜の時間帯で1日12便運行しています。昼の便では、事故や天候不順での渋滞がなければ3時間で、夜行便であれば6時間が目安の時間となります。

    途中休憩がない場合があるので、乗車前にお手洗いを済ませることは重要です。座席のシートを倒しにくい場合もあるので、腰痛対策グッズを持ち込むのもおすすめです。朝早くに大阪に着きたい場合は、深夜便がおすすめです。料金は、昼便と比較すると高くなりますが、滞在時間は多く取れます。

    大阪から名古屋へのお得な移動手段まとめ!新幹線・バス・近鉄?のイメージ
    大阪から名古屋へのお得な移動手段まとめ!新幹線・バス・近鉄?
    関西圏の中心大阪と中京圏の中心名古屋、この2つの都市間の移動方法にはいくつかの手段があります。最も一般的な新幹線のぞみ号は早くて便利ですが、料金が高いのがデメリットです。今回は、大阪~名古屋間を格安で移動できる方法を、各交通機関から取りあげて詳しく紹介します。

    名古屋から大阪までの移動手段・飛行機の場合

    フリー写真素材ぱくたそ

    飛行機で名古屋から大阪までいく方法をご紹介します。飛行機で名古屋から東京、名古屋から博多の便があるため、大阪の便もあると考える方も多いでしょう。名古屋には、名古屋空港と中部国際空港、大阪には関西空港と伊丹空港があります。

    名古屋~大阪の直行便はない

    Photo byJESHOOTS-com

    実は、名古屋から大阪への直行便は出ていません。名古屋から大阪へ飛行機で移動する場合は、一度鹿児島や韓国など大阪から離れている場所を経由してからのルートになります。名古屋から大阪まで移動するために、経由地を挟まなくてはならないので、時間がかなりかかります。

    値段は安い航空券で3万円からになっています。移動時間は、早いルートで2時間50分でセントレアからほかの空港を経由して伊丹空港に到着します。空港は市内から離れた場所にあるので、空港までのルートの往復移動時間と料金を考慮すると、さらに時間とお金がかかりそうです。

    Photo byFree-Photos

    かなりの飛行機好きの方や経由地に行ってみたいといった特別な理由がない場合は、おすすめできません。また、国内線の飛行機は小型の飛行機となるため、座席が狭かったり、アミューズメントが付いていないことが多いので、新幹線や特急列車に比べて快適性も劣ります。

    名古屋から大阪までの移動手段・タクシーの場合

    Photo byPexels

    名古屋から大阪までタクシーでも移動できます。移動時間は、目安で4時間30分ほどかかります。その時の道路状況によっては、高速バスと同じく渋滞に巻き込まれ到着時間が遅れる可能性はあります。タクシーのメリットは、鉄道と比較して乗り換えの必要がない点と支払方法が手軽な点です。

    また、タクシードライバーに行き先を告げれば、チケットを買ったり、路線図を調べたりといった負担をおさえて名古屋から大阪まで移動できます。他の乗客がいないことがほとんどですので、周りに気をつかわずに名古屋から大阪まで移動できるのもメリットとして挙げられます。

    料金が高くておすすめできない

    フリー写真素材ぱくたそ

    名古屋から大阪までタクシーでいけるのですが、鉄道やバスと比較すると料金が高いのであまりおすすめしません。名古屋から大阪まで普通車運賃が50000円からです。さらに深夜10時からは深夜運賃が適用され、料金がさらにあがり60000円を超えてくる可能性もあります。

    新幹線や近鉄特急と比較して10倍近く、高速バスと比較すると最大で30倍近くも料金が高くなります。自分の時間を確保したい方や緊急で夜中に名古屋から大阪まで移動しなくてはならない状況でない限りは、タクシーは料金と時間を考慮するとおすすめできない手段です。

    名古屋から大阪までの移動手段・快適で安いルートは?

    Photo by Wakana K

    名古屋から大阪までの移動手段で、快適で安いルートをあらためて整理してみましょう。結論としては、バスまたは鉄道を利用したルートが、料金と時間を考えるとおすすめです。バスは、予約をするタイミングや曜日、時間帯によって料金が変わってきます。

    鉄道に関しては、予算や快適性をどれくらいで見立てるかによって、おすすめの方法が変わってきます。1時間以内で移動することも可能ですし、2500円くらいで移動することも可能です。座席の快適性は料金と比例するので、快適さも含めたルート選択をすると良いでしょう。

    Photo by haru__q

    飛行機やタクシーを利用した手段ですと、時間や料金面を計算するとおすすめできません。飛行機は直行便がないので乗り継ぎで手間がかかり、航空券も高く設定されています。タクシーは、乗ってしまえば乗り継ぎが無く快適ですが、料金が50000円を超えてしまいます。

    時間があればバスがおすすめ

    Photo by tsuda

    名古屋から大阪まで時間がある場合の移動手段は、バスが安いのでおすすめです。最低料金は早割購入価格の1500円からで、鉄道での移動手段と比較して2分の1~3分の1程度安い値段になります。バスの出発時間帯は、早朝4時30分から深夜12時過ぎまで運行しています。

    バスは早割購入制度があり、先着順で安いチケットが販売されています。移動する日にちが分かった場合は、早めに予約をして安いチケットを手に入れましょう。また、曜日やシーズンによって値段が変わります。平日の昼間の時間帯であれば安いチケットが多いので、チェックしてみると良いでしょう。

    時間がない場合は新幹線とJR在来線がおすすめ

    Photo bykjmhdk66112

    名古屋から大阪まで、時間がない場合は新幹線とJRを使う方法がおすすめです。名古屋から新大阪までが新幹線のルートで、50分で移動可能です。この移動時間は、高速バスやほかの特急電車と比較しても最も早い時間となります。車内は快適な環境なので、休憩や仕事に取り組みやすいです。

    名古屋市内から名古屋駅までと新大阪駅から大阪中心地まで、地下鉄やJR在来線が通っており、アクセスは充実しています。チケットに関しては、事前にネット購入をしておくと、当日並んでチケットを購入する必要がないので時間を節約できます。

    名古屋から大阪まで最適な移動方法を見つけよう!

    フリー写真素材ぱくたそ

    名古屋から大阪までの移動手段は、多く存在します。移動手段が多様なのは、名古屋から大阪までの距離が近く、日帰りでも行ける距離だからです。座席シートや車内販売の充実度、快適性、所要時間、乗り換え回数や途中停車駅の数によって料金が変わってきます。

    移動手段のそれぞれにメリットがあり、ルートや乗り物を変えるだけで新しい発見があります。そのときのニーズに合った快適な移動方法を見つけていきましょう。

    masatochannnel
    ライター

    masatochannnel

    愛知県出身で奈良在住のmasatochannnelです。筋トレと旅行が大好きです。旅行は、大学生時代の卒業旅行を機にのめりこんでしまいました。京都や大阪のディープな場所へ行ったり、日本や世界各地の有名な観光名所を訪れることが好きです。

    こちらもおすすめ♡

    人気記事ランキング