銀座菊廼舎(きくのや)のおすすめお菓子をご紹介!手土産・贈り物にいかが?

銀座菊廼舎(きくのや)のおすすめお菓子をご紹介!手土産・贈り物にいかが?

銀座にある老舗の菓子店銀座菊廼舎(きくのや)をご存知でしょうか?まるで宝石箱のような見た目をした富貴寄(ふきよせ)や丁寧に作られる和菓子が人気です。銀座菊廼舎(きくのや)は高級感のある手土産や贈り物などにもおすすめです。

記事の目次

  1. 1.大事な人に銀座きくのや(菊廼舎)の手土産はいかが?
  2. 2.銀座・きくのやって?
  3. 3.銀座・きくのや本店の人気の商品「富貴寄」
  4. 4.銀座・きくのやの人気商品
  5. 5.銀座・きくのや店舗限定商品
  6. 6.可愛いがぎゅっと詰まった銀座・きくのやのお菓子

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

大事な人に銀座きくのや(菊廼舎)の手土産はいかが?

フリー写真素材ぱくたそ

明治23年創業の江戸和菓子の名店銀座菊廼舎(きくのや)をご存知でしょうか?100年を超える時代の中で「心やすらぐおいしいものを」という理念を守って受け継がれてきた老舗のお菓子店で、伝統を守って受け継いできた高級感のあるお菓子やその時代の流行を取り入れた菓子作りで人気です。

現在の銀座菊廼舎(きくのや)は、創業時から数えて5代目の店主によって支えられています。変えるべきものを変え、変えてはいけないものを変えないという心構えを持ち時代に媚びず時代を捉えていくことで、現代の感覚を持った和菓子作りが行われています。

Photo byFree-Photos

銀座菊廼舎(きくのや)で菓子作りに携わる職人は遊び心を忘れず、食べる者の心を満たすことを第一に考えています。丁寧な原料を用いて丁寧な仕上げられる銀座菊廼舎の和菓子は食べる人の心を柔らかにほぐします。食べる人それぞれに柔らかな思い出を届けるお菓子作りが行われています。

後にご紹介する銀座菊廼舎(きくのや)の代表商品「富貴寄(ふきよせ)」は小さい頃に食べた懐かしいお菓子、おばあちゃんの家にあったお菓子、たまにしか食べられない宝石のような特別なお菓子など、年代によって思い出も変わります。始めて食べる人には新鮮な驚きを与えるお菓子です。

銀座・きくのやへのアクセス

Photo bypixel2013

銀座菊廼舎(きくのや)本店は銀座コアビルの地下1階にあります。本店は銀座駅からすぐ近くの場所にあるため迷うこともありません。午前11時から20時までの営業で、季節に合わせた様々なお菓子が販売されています。銀座にある老舗のお菓子店であるため、高級感ある手土産にもおすすめです。

住所 東京都中央区銀座5-8-8 銀座コアビルB1F
電話番号 03-3571-4095

銀座・きくのやって?

フリー写真素材ぱくたそ

銀座菊廼舎(きくのや)は、銀座にある老舗お菓子店として有名ですが、銀座に行かれない方や遠方にお住まいの方にはあまり知られていません。ここから、銀座菊廼舎とはどのようなお店なのか、どんなシーンで利用されるお店なのかについて詳しくご紹介していきます。

明治二十三年創業の老舗の和菓子店

Photo bynaturalogy

銀座菊廼舎(きくのや)は明治23年に井田銀次郎氏が銀座の地で歌舞伎煎餅を販売したことが始まりでした。約130年もの年月を超えた銀座菊廼舎が愛されてきた秘密は、伝統に甘んじないこと、そして移ろう時代の声に耳を傾けることを大切にしてきたという点にあります。

都内に4店舗展開

フリー写真素材ぱくたそ

銀座菊廼舎(きくのや)は本店の他に4店舗展開されています。東京駅一番街のトウキョウミタスに1店舗、渋谷東急東横のれん街に1店舗、羽田空港の第1・第2ターミナルにそれぞれ1店舗ずつ置かれています。

お祝いやギフトに人気

Photo byrawpixel

銀座菊廼舎(きくのや)では真心を込めて丁寧にお菓子作りが行われています。作られたお菓子はどれも美しく愛らしい見た目で、ギフトや手土産用のお菓子として人気を集めています。

商品によっては定型メッセージの中から贈りたい言葉を選択したり、オリジナルのメッセージを入れることもできます。誕生日や結婚式などのお祝い事の際のプチギフト、手土産、人生の節目となる出産祝い、そしてお世話になった上司や恩師への贈り物などの大切なシーンにも役立つお菓子です。

銀座・きくのや本店の人気の商品「富貴寄」

Photo byHeungSoon

銀座菊廼舎(きくのや)本店で一番人気の商品は「富貴寄(ふきよせ)」という名前のお菓子です。富貴寄はおせんべいや金平糖、落雁などの和菓子が缶の中にギュッと詰まったセットで、お正月や七五三、節分、十五夜などの行事ごとの際には季節限定イラスト缶になるため手土産にも最適です。

木の葉や木の実を模した小さなお菓子

Photo byCouleur

「富貴寄(ふきよせ)」という名前は風が吹き寄せて集まった木の葉や木の実をイメージして名づけられました。そのため、富貴寄(ふきよせ)には風に吹かれて集まった落ち葉や木の実、小石などをイメージした落雁や金平糖、おせんべいなどの和菓子がたくさん詰まっています。

クッキー・豆菓子・金平糖など30種類

Photo byLUM3N

「富貴寄(ふきよせ)」一缶の中には約30種ものおせんべいや豆菓子、金平糖が詰められています。中にはバターを使わずに作られた和風クッキーや落花生、和三盆糖、薄焼き、ハッカ糖も入っています。和風クッキーだけでも生姜味、抹茶味、ゴマ風味など様々で、食べ飽きることがありません。

銀座菊廼舎(きくのや)では手土産として使用したい富貴寄(ふきよせ)にオリジナルのメッセージを入れることができます。オリジナルメッセージを入れることができる土台は雲平(うんぺい)という干菓子でハート、扇、丸、四角の4種類の形に白、ピンク、黄色の3種類から選ぶことができます。

雲平に記すオリジナルメッセージは土台の形によって1段から3段までのメッセージを記入できます。数字や漢字、平仮名、小さなフリガナなど幅広く記入できるため、特別な贈り物におすすめです。

Photo by6072518

富貴寄(ふきよせ)にはオリジナルメッセージを入れる他にも予め用意されている「定型メッセージ」を入れるサービスも用意されています。黄色い扇型に「ありがとうございます」と記されたもの、ピンクのハート型に「ありがとう」と記されたものなど感謝の気持ちを伝えるものもあります。

黄色い扇型の土台に「感謝」と記されたものや黄色い扇型の土台に「お誕生日おめでとう」と記されたものも用意されています。通常の富貴寄(ふきよせ)も十分に喜ばれる豪華なものですが、メッセージが入るとより特別な富貴寄(ふきよせ)になります。大切な方への贈り物におすすめです。

オリジナルメッセージ付きの富貴寄(ふきよせ)は受け取りの20日前、定型メッセージ付きの富貴寄(ふきよせ)は受け取りの10日前までに注文する必要があります。早めに計画しておきましょう。

フリー写真素材ぱくたそ

富貴寄(ふきよせ)にはメッセージの他にイラストを入れることもできます。干支を入れたい方やオリジナルイラストを入れたい方、似顔絵などのイラストを入れたい方など、幅広く対応していただけます。まずは銀座菊廼舎(きくのや)のHPをチェックし、電話で問い合わせをしましょう。

季節のイベント毎に限定品が出現

フリー写真素材ぱくたそ

銀座菊廼舎(きくのや)本店では季節ごとに人気商品「富貴寄(ふきよせ)」のデザインを変更している他、季節限定商品の販売も行っています。年末年始にかけては新しい干支を模したお菓子や福を呼び込む招き猫の形をした落雁、くず餅や千代づつみなどの人気商品を詰めたものも販売されます。

この他にも、七五三の頃には子供たちや千歳飴のイラストが描かれたお菓子や菊の落雁が入った富貴寄、クリスマスの頃には雪の結晶のお菓子や美しい星の形をしたお菓子が入ったもの、十五夜には丸いお月さまにウサギと餅が描かれたお菓子の入った富貴寄など遊び心溢れるものが多くあります。

春には桜や花の形をしたお菓子が入った富貴寄、夏には貝やサンゴ、ヒトデを模したお菓子の入った富貴寄など、開けるだけで笑顔になるようなものばかりです。手土産にぴったりのお菓子です。

フリー写真素材ぱくたそ

銀座菊廼舎(きくのや)の公式HPや各種SNSには季節毎の「富貴寄(ふきよせ)」の情報が更新されています。鯉のぼりのデザインが可愛らしい富貴寄や干支を表した富貴寄など、最新の情報をチェックしたい方はぜひHPやSNSをチェックしてみてください。

「冨貴寄 秋色缶」のふくろう最中の中には!

Photo byArieDordrecht

中でも、銀座菊廼舎(きくのや)から販売される「冨貴寄 秋色缶」は手土産にぜひおすすめしたい遊び心に溢れたお菓子です。缶の中にはオレンジや黄色の金平糖、菊の形をした落雁などの秋を思わせるお菓子、そしてふくろうの形をした大きなよもぎ最中が入っています。

「福老」または「不苦労」などの漢字をあてて縁起の良い動物とされるふくろうを模したこのよもぎ最中の中には「8つの幸せ」が入っています。開運に恋愛運、健康運、仕事運、結婚運、勝負運、人気運、出世運の8つの願いを込めたお菓子が入っており、秋の手土産にぴったりの冨貴寄です。

Photo byPexels

このよもぎ最中の入った冨貴寄は、主に秋から冬にかけて販売される冨貴寄に入っています。ふくろうの入った冨貴寄の他にくず餅・江戸の贅、千代づつみが詰められた「ふくろうわんさか」は銀座菊廼舎(きくのや)の人気商品が詰められた手土産に喜ばれる商品です。

「ふくろうJAPAN」には、古くから信仰の対象として愛されてきた富士山や日本の四季をモチーフにしたお菓子が入った「特撰JAPAN缶」とふくろう最中の入った「ふくろう缶」のセットです。

この他にも、ふくろう缶と干支缶の冨貴寄がセットになった「出逢いの時」、銀座菊廼舎の人気商品くず餅とふくろう缶の冨貴寄がセットになった「ふくろうくず餅」、ふくろう缶の冨貴寄と「ありがとう」のメッセージが入った冨貴寄のセットになった「ふくろうありがとう」など種類豊富です。

銀座・きくのやの人気商品

フリー写真素材ぱくたそ

銀座菊廼舎(きくのや)には、冨貴寄(ふきよせ)の他にも数多くの人気商品があります。どれもこだわりの詰まった高級感のあるお菓子であるため、手土産にぜひおすすめしたい商品です。

「くず餅」は野生の葛の根から採る本葛粉使用して作った葛の香り高いお菓子です。艶やかな見た目のくず餅は滑らかな舌触りでクセがなく、子供からお年寄りまで楽しむことができます。「江戸の贄」は栗、抹茶、ゆずなどの季節を感じられる具材が入ったまろやかな味わいの水羊羹です。

銀座・きくのや店舗限定商品

フリー写真素材ぱくたそ

銀座菊廼舎(きくのや)のお菓子はオンラインで購入することもできますが、生菓子や和菓子など、店舗限定で販売されているお菓子も数多くあります。本店でしか販売されていないものなどもあるため、本店含む各店舗の周辺を訪れた方は、ぜひ本店や各店舗にまで足を伸ばしてみてください。

「揚げまんじゅう」はじっくりと炊き上げて作られた滑らかな舌触りのこし餡を小麦で作った特製のおまんじゅうで包み、砕いたマカダミアナッツをまぶして揚げたお菓子です。日持ちが当日中であるため本店を含む実店舗でしか販売されていません。香ばしい香りと上品な餡が美味しいお菓子です。

フリー写真素材ぱくたそ

「江戸つまみ」は、三角形の形をしたどら焼きのようなお菓子です。甘さ控えめの餡を包む皮はふっくらと焼き上げられた卵風味のどら焼きで、優しい味わいが幅広い世代に人気です。小豆餡の他に黒ゴマ餡、焼き栗のみじん切りが入った焼き栗餡の3種類が本店を含む各店舗で販売されています。

人気商品の一つ「江戸の贅」は抹茶・栗味の水羊羹、みつ豆のゼリーが竹の容器に入った涼しげなお菓子です。抹茶の水羊羹はふくよかなお茶の香りとさっぱりとした口当たりの羊羹で、栗の水羊羹には大粒の栗が入っています。みつ豆は見た目も味わいもさっぱりと涼しげな日本らしいお菓子です。

Photo by kohrogi34

温かいお茶に合う人気商品「栗きんつば」は大粒の栗がゴロゴロと入った贅沢な一品です。栗の他に上質な小豆もぎっしり詰まっており、小豆と栗の食感の違いを楽しむことができます。優しい甘さで餡と栗の風味をしっかりと感じられる栗きんつばは、お手軽なお土産にもぴったりのお菓子です。

銀座菊廼舎(きくのや)では、数々の創作生菓子も作られています。自然の美しさを和菓子に写し取った生菓子は茶席でも重宝される上品な一品です。丁寧な気持ちを込めた手土産にもおすすめです。これらの生菓子は店舗限定販売ですから、ぜひ店舗の方へお立ち寄りください。

Photo by けんたま/KENTAMA

創作和菓子の一つ「水面」は、秋の訪れを静かに知らせてくれる水面を表現したような和菓子です。水面に落ちた青いもみじの葉が静かに波紋を広げていく様子が美しい和菓子です。「紫陽花」は、細く作られた色とりどりの練り切りが可愛らしい和菓子です。

これらの創作和菓子は、季節を和菓子に写し取るように作られています。春の訪れを伝えるもの、夏の生命力の良さを感じられるもの、静かな秋の訪れを写し取ったもの、冬の様々な一面を写し取ったものなど、どれも上品な見た目をしています。少し特別な手土産にも喜ばれる素敵な和菓子です。

渋谷のれん街店・限定「東横ハチ公」

Photo by sabamiso

銀座菊廼舎(きくのや)には一部店舗でのみ販売されているお菓子もあります。中でも渋谷のれん街店限定で販売されている「東横ハチ公」は、これを手土産にするために店舗に訪れる方もいるほどの人気商品です。この商品には可愛らしいイラストのオリジナル「ハチ公」缶バッチも付いています。

「東横ハチ公」は渋谷駅前にあるモニュメント忠犬ハチ公にちなんで作られた冨貴寄(ふきよせ)です。缶を開けると東横ハチ公のイラストが描かれた丸い薄焼きが一番に目に入ります。この薄焼きの他に、金魚の形をした落雁や砂糖衣の黒豆、金平糖が詰まった宝石箱のような冨貴寄です。

「銀座みゆき館」の絶品モンブランはいかが?店舗情報やランチメニューも!のイメージ
「銀座みゆき館」の絶品モンブランはいかが?店舗情報やランチメニューも!
銀座で有名なスイーツ店、銀座みゆき館は銀座エリア5店舗ある人気店です。銀座みゆき館自慢の「和栗のモンブラン」は銀座で一番売れているモンブランです。こだわりの素材を使用した各種ケーキはまさに王道の味です。今回は銀座みゆき館の店舗・メニュー情報をご紹介します。

可愛いがぎゅっと詰まった銀座・きくのやのお菓子

フリー写真素材ぱくたそ

以上、江戸和菓子の名店銀座菊廼舎のご紹介でした。大人気商品の冨貴寄(ふきよせ)を始め、銀座菊廼舎には手土産や贈り物にぴったりのお菓子が販売されています。誕生日や結婚式、またはお世話になった方への心を込めた贈り物におすすめです。ぜひ本店や各店舗へもお立ち寄りください。

Sakura Okamura
ライター

Sakura Okamura

東南アジアと猫が大好きで海外暮らしを始めました。生活に寄り添ったワクワクするような記事をお届けしていきます。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング