博多駅で買えるおすすめお土産31選!定番の商品や人気のお店の営業時間も

博多駅で買えるおすすめお土産31選!定番の商品や人気のお店の営業時間も

福岡の玄関口としてたくさんの人が利用する「博多駅」は、博多や福岡、九州のお土産商品がたくさん販売されています。定番から話題の商品まで、博多駅では多種多様なお土産を買う事が出来ます。中でもおすすめの商品を、厳選してご紹介します。

    記事の目次

    1. 1.博多駅構内にはお土産を販売しているお店がたくさん!
    2. 2.博多駅で定番のお土産商品を買おう!6選
    3. 3.博多駅で人気のお土産はこれだ!5選
    4. 4.博多駅でお手頃価格で買えるバラマキ用お土産はこれ!5選
    5. 5.博多駅で自分用にお土産を買ってみよう!5選
    6. 6.博多駅で美味しいスイーツのお土産を買おう!5選
    7. 7.博多駅で買えるお土産は食べ物だけじゃない!5選
    8. 8.博多駅でおすすめのお土産を買ってみよう!

    店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

    博多駅構内にはお土産を販売しているお店がたくさん!

    Photo by rail02000

    福岡の玄関口として毎日たくさんの人で賑わう「博多駅」は、地方から地方から利用する人も多く、たくさんのお土産店が並びます。博多名物や福岡名物、九州各地の名物が販売されていて、どれもお土産に買いたくなる商品ばかりです。

    お菓子、スイーツ、グルメ、雑貨などジャンルがさまざまで、価格帯も幅広くあります。渡す相手によってお土産を選び、喜ばれる商品を買いましょう。

    博多駅でお土産を買うお店の営業時間に余裕を持とう

    Photo by rail02000

    博多駅内にあるお土産店は、どこも人気のある商品が販売されていて、行列が出来ることもしばしばあります。お目当ての商品を買おうと思ったら、電車の時刻ギリギリでとても慌ててしまうなんてことも度々あります。

    また、博多駅は広くたくさんのお店がずらりと並んでいるので、お土産選びには時間がかかるものです。新幹線や電車の時間を考えて、余裕をもって駅へ向かうようにしましょう。

    博多駅はどんな場所?

    Photo by rail02000

    「博多駅」は、明治時代に現在の「福岡市」の名前を、福岡市か博多市にするか協議した結果、福岡市となりました。その代わり福岡の主要都市の名前を「博多」にすることでまとまり、「博多駅」と命名されました。

    博多駅周辺には商業施設などが多く建ち、活気あふれる街となっています。そして駅構内にもたくさんのショップや飲食店などがあり、お土産選びには最適なスポットです。

    博多駅で定番のお土産商品を買おう!6選

    Photo by atgw

    博多駅には、博多、福岡などの定番お土産が数多く販売されています。定番の商品は価格帯も安く、ばらまき用のお土産にもぴったりのお土産ばかりです。

    博多駅で買える、定番だからこそ喜ばれるおすすめのお土産をご紹介します。お店の営業時間も合わせて紹介するので、時間に余裕をもって行動しましょう。

    博多通りもん

    Photo by toshifukuoka

    「博多通りもん」は、博多のお土産としては定番中の定番の商品です。絶大な人気を誇る「博多通りもん」は、買いやすい価格でばらまき用のお土産にもぴったりです。ミルク風味の生地に滑らかな白餡が入った、和洋折衷なお饅頭です。

    ミルクをたっぷりと使用したしっとりとした食感の生地に、こだわり素材を使用して作るくちどけなめらかな上品な甘さの白餡がとてもよく合い、病みつきになる美味しさです。

    Photo by toshifukuoka

    煎茶ともコーヒー、紅茶と一緒に味わっても美味しい「博多通りもん」は、老若男女問わず喜ばれるお土産です。ぜひ買ってみてください。

    「明月堂」の「博多通りもん」は、博多駅の「博多駅マイング1号店」「博多駅マイング2号店」で販売されています。どちらも営業時間は9時から21時までです。

    二〇加煎餅

    Photo by "KIUKO"

    「二〇加煎餅」は、博多の定番お土産のひとつとしてとても人気のある商品です。博多の郷土芸能である「博多二和加」のお面を模ったインパクトのあるお煎餅で、小麦粉と美味しい卵を使用して、素朴でどこか懐かしい味わいのお菓子になっています。

    サクサクの食感と、香ばしく焼き上げられた煎餅の味わいがクセになる味わいです。見た目も味も楽しめる、博多ならではの「二〇加煎餅」は、博多土産で外さない逸品です。ぜひ博多駅で買ってみてください。

    フリー写真素材ぱくたそ

    「東雲堂」の「二〇加煎餅」は、博多駅の「博多駅マイング店」「博多駅デイトス店」で販売されています。営業時間は「博多駅マイング店」が9時から21時まで、「博多駅デイトス店」が8時から21時までです。

    福うめ最中

    Photo by 墨琳

    「福うめ最中」は、福岡土産の定番として親しまれている、梅の花を模った可愛らしい最中です。厳選したモチ米を使用して香ばしく焼き上げた最中の皮に、金時豆を合わせた白餡がたっぷりと詰まっています。甘すぎないのが評判で、素材の旨味が活きたおすすめの和菓子です。

    白餡は手亡豆を使用して炊き上げ、滑らかになるまで丁寧に漉してあります。そこにふっくらと炊いた金時豆を粒を残して合わせてあるので、食感の違いも楽しめます。博多に来たなら外せない人気の「福うめ最中」は要チェックです。

    「花月堂寿永」の「福うめ最中」は、博多駅の「博多銘品蔵:博多口店」で販売されています。営業時間は、7時から23時までです。

    千鳥饅頭

    Photo by chidorian

    「千鳥饅頭」は、上品な味わいが人気の、博多定番のお土産です。厳選した素材を使用して作られているのに、価格帯もリーズナブルで気軽にお土産として買う事が出来ます。上品なほっこりとした甘さなので、どんな人にでも喜ばれます。

    小麦粉、上白糖、卵、米飴、はちみつを使用し、職人の手でこねて美味しさを引き出した生地に、北海道産の手亡豆を丁寧に炊き上げたこし餡を包み、香ばしく焼き上げています。博多駅で買えるおすすめの「千鳥饅頭」を、ぜひ買ってみてください。

    「千鳥屋」の「千鳥饅頭」は、博多駅の「博多デイトス店」で販売されています。営業時間は、9時から21時までです。

    銘菓 鶴乃子

    Photo by Kanko*

    「銘菓 鶴乃子」は、ふかふかのマシュマロに、ほっこりした甘さの黄身餡を包んだ博多定番のお土産です。噛むとシュワシュワと溶けるマシュマロと、上品な甘さの黄身餡がベストマッチな和洋折衷のお菓子です。

    もともと「鶏卵そうめん」を製造した際に、卵白が余ってしまうことからマシュマロにすることを考え付いたそうです。紅白のパッケージに入っているので、贈り物としても喜ばれます。お求めやすい価格も魅力です。ぜひ博多駅でチェックしてみてください。

    「石村萬盛堂」の「銘菓 鶴乃子」は、博多駅の「博多駅マイング店」で販売されています。営業時間は、9時から21時までです。

    ひよ子家族

    Photo by nanik0re

    「ひよ子家族」は、福岡名物「ひよ子」シリーズで話題になっている、4つの異なる大きさの「ひよ子家族」が1箱に詰まった、見た目も可愛い商品です。定番の美味しさはそのままに、見た目も楽しめるのでお土産にとてもおすすめです。

    通常の3倍の大きさがある「父ひよ子」、2倍の大きさの「母ひよ子」、通常サイズの「兄ひよ子」、通常よりも一回り小さな「妹ひよ子」の4つが入っていて、食べるのがもったいなくなるほどの愛らしさです。

    Photo by kagawa_ymg

    しっとりと香ばしい生地にたっぷりと詰まった黄身餡が美味しい「ひよ子」を、変わった形で楽しめるおすすめの「ひよ子家族」をぜひ買ってみてください。

    「吉野堂」の「ひよ子家族」は、博多駅の「博多銘品蔵:新幹線博多駅店」で販売されています。営業時間は6時45分から21時15分までです。

    博多駅で人気のお土産はこれだ!5選

    Photo by rail02000

    博多駅で人気の商品には、博多や福岡の名産品を使用したものが多いです。「明太子」や「あまおう苺」など、福岡ならではのお土産はとても喜ばれます。

    博多駅で人気の、お土産にぴったりな商品をご紹介します。お菓子やスイーツなど、価格も高くなく誰に渡しても喜ばれる商品ばかりなので、ぜひ参考にしてみてください。

    チーズケーキ・フォンデュ

    Photo byponce_photography

    「チーズケーキ・フォンデュ」は、パルメザンチーズ、クリームチーズを合わせた濃厚な生地を焼き上げ、とろけるような滑らかな食感になるように焼き上げた、博多駅で大人気のスイーツです。一度食べると病みつきになると話題で、スイーツ好きにぴったりのお土産です。

    とても分厚くインパクトのある見た目のチーズケーキは、ナイフを入れるとスフレのような部分と、とろりととろけるフォンデュのような部分があります。ワインと合わせるのもおすすめです。ぜひ絶品チーズケーキを博多駅で買って楽しんでみましょう。

    「パティスリー ジョルジュマルソ」の「チーズケーキ・フォンデュ」は、博多駅の「博多銘品蔵:博多店」で販売されています。営業時間は、7時から23時までです。

    博多あまび

    Photo by coniferconifer

    「博多あまび」は、博多土産の新しい定番となっている、珍しい苺を使用したわらび餅です。福岡名産の「あまおう苺」をたっぷりと使用し、いちご専門店「伊都きんぐ」の手でとても美味しい商品に仕上げています。

    「あまおう苺」の果汁を贅沢に使用し、もちもち柔らかい細長のわらび餅に仕上げています。きな粉と練乳をたっぷりとかけて食べると、苺の甘酸っぱさときな粉の香ばしさ、練乳のミルキーさが絶妙なバランスでハマってしまいます。

    Photo by ftomiz

    「博多あまび」は、毎年5月下旬ころから11月下旬ころまでの限定商品なので、その時期に博多駅を利用するなら確実にゲットしたい商品です。福岡らしい「博多あまび」をぜひお土産に買ってみましょう。

    「伊都きんぐ」の「博多あまび」は、博多駅の「博多駅マイング店」で販売されています。営業時間は、9時から21時までです。

    博多の石畳

    Photo bycongerdesign

    「博多の石畳」は、博多で大人気のチョコレートの美味しさを満喫出来る生チョコです。「ミルク」と「スイート」の2種類が販売されていて、どちらもくちどけ滑らかで、口の中でカカオの香りとミルクの風味が広がります。

    こだわりのチョコレートと生クリームを贅沢に使用し、一度食べたら忘れられない味わいに仕上げています。博多駅で買える絶対に外さないお土産としておすすめの「博多の石畳」を、ぜひお店でチェックしてみてください。

    「チョコレートショップ」の「博多の石畳」は、博多駅の「JR博多シティアミュプラザ博多」で販売されています。営業時間は、10時から21時までです。

    ブリュレ カスタード

    Photo by Lucy Takakura

    「ブリュレ カスタード」は、カスタードスイーツ専門店が作る、ふわふわのスフレ生地に、濃厚なお店自慢のカスタードをたっぷりと詰めて焼き上げた絶品スイーツです。2つの食感と味わいが楽しめ、スイーツ好きにはもってこいの大人気商品です。

    カスタードクリームには、熊本阿蘇・小国ジャージー牛乳などをたっぷりと使用し、ミルクの風味が強い濃厚で美味しいカスタードに仕上げています。カスタードの虜になること間違いなしです。

    Photo byskeeze

    スフレには九州産のクリームチーズを使用し、ふわふわクシュクシュの食感に焼き上げています。表面はキャラメリゼしてあり香ばしさも楽しめます。スイーツ好きに絶対食べてほしいおすすめの博多お土産です。ぜひ買ってみてください。

    「I LOVE CUSTARD NUFNUF」の「ブリュレ カスタード」は、博多駅の「博多デイトス店」で販売されています。営業時間は、8時から21時までです。

    博多辛子明太子プリッツ

    Photo by jetalone

    「博多辛子明太子プリッツ」は、博多名物の明太子を練りこんだ生地を、通常のプリッツよりも太く大きくカットして焼き上げた博多駅で人気の商品です。お酒のおつまみにもぴったりなピリ辛味で、明太子の旨味を噛めば噛むほど感じられます。

    全国的に人気の「プリッツ」の九州限定商品なので、誰に渡しても喜ばれること間違いなしです。ばらまき用のお土産にもおすすめの大容量で価格も低めなので、ぜひ買ってみてください。

    「江崎グリコ」に「博多辛子明太子プリッツ」は、博多駅構内のさまざまな売店やお土産店で販売されています。

    博多駅でお手頃価格で買えるバラマキ用お土産はこれ!5選

    Photo by RayMay(62)

    職場や学校などへのお土産を買うときに便利なのが、価格も安く、個包装で大容量のお菓子などです。博多駅で買える、ばらまき用にぴったりな商品をご紹介します。

    めんべい

    Photo by kazamatsuri

    「めんべい」は、福岡お土産の定番となっている、明太子と海鮮などを練りこんだ生地をパリッとした食感に焼きあげた、ピリ辛な味わいが人気の煎餅です。明太子と海鮮の旨味がギュッと凝縮されていて、病みつきになる美味しさです。

    自社で販売している明太子や、イカ、タコなどを生地に練りこんでいて、噛めば噛むほど素材の旨味が広がっていきます。おやつにもお酒のおつまみにもぴったりな味わいが人気です。

    Photo byMabelAmber

    「プレーン」や「ねぎ」など味の種類も豊富なので、相手の好みを考えて買ってみましょう。価格も低めで容量が多いので、ばらまき用のお土産にもおすすめです。ぜひ博多駅で探してみてください。

    「福太郎」の「めんべい」は、博多駅の「博多駅マイング店」で販売されています。営業時間は、9時から21時までです。

    おりょりょ

    Photo by is_kyoto_jp

    「おりょりょ」は、博多で大人気の一口サイズの丸い形をしたかまぼこです。「おりょりょ」の味は2種類あり、「明太マヨ」と「チーズ」がかまぼこの中に包まれています。どちらもかまぼこと良く合い、クセになる食感が魅力です。

    「明太マヨ」は、明太子のぷちぷちとした食感とピリ辛さをマヨネーズがまろやかにしていて、「チーズ」は、かまぼこの味わいと良く合いお互いに旨さを引き立てています。

    Photo by JaggyBoss

    価格も安めでたくさん個包装で入っているので、ばらまき用のお土産にもおすすめです。博多駅で人気の「おりょりょ」は見逃せない一品です。

    「中村屋」の「おりょりょ」は、博多駅の「博多駅マイング店」で販売されています。営業時間は、9時から21時までです。

    博多の女

    Photo by ayustety

    「博多の女」は、しっとりとしたバームクーヘンの中に、甘さ控えめの羊羹が入った大人気の商品です。卵の風味が強く感じられるバームクーヘンは、羊羹と合わさることでよりしっとりとした食感になっています。

    和洋折衷の「博多の女」は、バームクーヘンと羊羹の味わいのバランスが良くとても合います。博多では馴染みのあるお菓子で、パクパクと何個でも食べられる美味しさです。価格も低めで容量が多いので、ぜひばらまき用のお土産としても買ってみてください。

    Photo by kohrogi34

    「二鶴堂」の「博多の女」は、博多駅の「博多駅マイング店」「博多駅デイトス店」で販売されています。営業時間は「博多駅マイング店」が9時から21時まで、「博多駅デイトス店」が8時から21時までです。

    チロリアン

    Photo bymarkusspiske

    「チロリアン」は、博多土産の定番となっている、サクッと軽いロールクッキーに、3種類の味わいのクリームを詰めた老若男女問わず愛されるおすすめの商品です。コーヒーや紅茶とも良く合うので、ティータイムにもぴったりです。

    サクサクに香ばしく焼き上げられたクッキーに、コーヒー、バニラ、苺の3種類のクリームがたっぷりと入っていて、どこか懐かしい味わいが人気です。可愛い缶に入っていて、価格も求めやすく容量が多いので、ばらまき用のお土産としておすすめの一品です。

    Photo byLUM3N

    「千鳥屋」の「チロリアン」は、博多駅の「博多駅マイング店」「博多駅デイトス店」で販売されています。営業時間は「博多駅マイング店」が9時から21時まで、「博多駅デイトス店」が8時から21時までです。

    真っ赤な苺のラングドシャ

    Photo byJesusLeal

    「真っ赤な苺のラングドシャ」は、福岡名産「あまおう苺」を使用した、甘酸っぱいラングドシャです。サクサクで口の中でスッと溶けるラングドシャに、フリーズドライした「あまおう苺」を練りこんだチョコレートをサンドしています。

    甘酸っぱく食感も楽しめるチョコレートと、サクサクのラングドシャがとてもよく合います。容量も多く価格も低めなので、ばらまき用のお土産におすすめです。真っ赤なパッケージも印象的な「真っ赤な苺のラングドシャ」をぜひ買ってみてください。

    「花福堂」の「真っ赤な苺のラングドシャ」は、博多駅構内のさまざまな売店やお土産店で販売されています。

    博多駅で自分用にお土産を買ってみよう!5選

    Photo by rail02000

    博多駅には多種多様なお土産豊富にあり、自分用にも買いたくなる商品が目白押しです。せっかく博多駅を利用するなら、自分用にもお土産を買ってみましょう。博多駅で自分用のお土産として人気の商品をご紹介します。

    梅ヶ枝餅

    Photo by alberth2

    「梅ヶ枝餅」は、「大宰府天満宮」名物の、もち米から作った生地にあんこを包み、鉄板で焼き上げたお菓子です。厳選した美味しい小豆を使用し、ふっくらと丁寧に炊き上げたあんこと、表面はカリっとしていて、噛むともちっとした食感の生地が良く合います。

    博多駅では焼き立てを買うことが出来、新幹線の中などで味わうなら温かい状態で楽しむことも出来ます。冷めた場合は、レンジで少し温めた後にトースターで焼くと、自宅でも簡単に焼き立てのような状態が味わえます。自分用のお土産におすすめの和菓子です。

    「松島茶屋」の「梅ヶ枝餅」は、博多駅の「博多駅マイング店」で販売されています。営業時間は、9時から21時までです。

    tubu tube

    フリー写真素材ぱくたそ

    「tubu tube」は、チューブに入った、とても使いやすい明太子です。8種類の味が販売されていて、さまざまな料理に使用でき、アレンジの幅も広がります。自分用に大人買いしたいと話題になっています。

    定番の「レギュラー」「マイルド」や「バター」「和風ダシ」「とろろ」「バジル風味」「ゴマ油風味」「ブラックペッパー」と和食や洋食にも使用できます。誰に渡しても喜ばれる「tubu tube」を、ぜひ店頭でチェックしてみてください。

    「ふくや博多」の「tubu tube」は、博多駅の「博多駅デイトス店」で販売されています。営業時間は、8時から21時までです。

    三日月屋 クロワッサン

    フリー写真素材ぱくたそ

    「三日月屋 クロワッサン」は、天然酵母と厳選した素材で作る、サクッとバターの香りが広がる絶品クロワッサンです。職人の技で何層にもバターを練りこんだ生地は、サクサクで芳醇なバターの香りが口いっぱいに広がります。

    「三日月屋 クロワッサン」は全て手作業で、手間暇かけて作られています。「メープル」「小豆」「チーズ」「ココア」などバリエーションも豊かです。自分用のお土産にぴったりなので、博多駅でぜひ探してみてください。

    「三日月屋 」の「クロワッサン」は、博多駅の「博多デイトス店」で販売されています。営業時間は、8時から21時までです。

    にわか明太だるまみくじ

    Photo by Takashi(aes256)

    「にわか明太だるまみくじ」は、博多の伝統芸能「博多二和加」のお面をつけた可愛らしいだるまに、博多弁で書かれたおみくじが入っている大人気の商品です。お面の顔はすべて職人による手書きで描かれていて、ひとつひとつに個性があります。

    白色が男の子、ピンクが女の子になっています。博多らしさがあり、自分用のお土産にぜひとも買いたい商品なので、博多駅でチェックしてみてください。

    「日本市」の「にわか明太だるまみくじ」は、博多駅の「博多駅デイトス店」で販売されています。営業時間は、8時から21時までです。

    茅乃舎だし

    Photo by macglee

    「茅乃舎だし」は、簡単に料亭のような本格的なだしがとれる、大人気のだしパックです。やきあご、鰹節、うるめいわし、昆布、塩、醤油が入っていて、水から煮だすだけでとても美味しいだしになります。

    少し価格は張りますが、それでも厳選素材を使用していて、本格的な味が楽しめることを考えるとお得です。ぜひ自分用に買ってみてください。

    「茅乃舎」の「茅乃舎だし」は、博多駅の「博多デイトス店」で販売されています。営業時間は、8時から21時までです。

    博多駅で美味しいスイーツのお土産を買おう!5選

    フリー写真素材ぱくたそ

    博多駅で外せないのが、博多の美味しいスイーツです。誰かに渡す用にも、自分用にも買いたいスイーツがたくさん販売されています。博多駅で買える、おすすめの人気スイーツをご紹介します。

    shodai bio nature マカロン

    Photo byPexels

    「shodai bio nature マカロン」は、着色料や添加物を使用せず、自然由来の色と味わいが楽しめる人気のマカロンです。普段見かけるマカロンよりは色味が薄く感じますが、それこそ自然本来の色という証拠で、安心・安全なおすすめスイーツです。

    「バニラ」「木苺」「塩キャラメル」「ゆず」「ショコラアメール」などバリエーションも豊かで、お土産にもぴったりな商品です。価格が高めのマカロンですが、贈り物などにとても喜ばれます。ぜひお店でチェックしてみてください。

    「shodai bio nature」の「マカロン」は、博多駅直結の「博多阪急店」で販売されています。営業時間は、10時から21時までです。

    クラブハリエ バームクーヘン

    Photo by yto

    「クラブハリエ バームクーヘン」は、ふわふわしっとりとした生地が魅力の、絶品バームクーヘンです。新鮮な卵をふんだんに使用した生地を、職人の手で丁寧に一層一層焼き上げています。なのでとても綺麗な年輪ができ、水分量も多く残すことが出来ます。

    表面はフォンダンでコーティングされていて、冷やすとシャリっとした食感になります。お土産に喜ばれること間違いなしの絶品バームクーヘンを、ぜひ買ってみてください。

    「クラブハリエ」の「バームクーヘン」は、博多駅直結の「博多阪急店」で販売されています。営業時間は、10時から21時までです。

    果実工房 新SUN フルーツタルト

    Photo by Ryosuke Yagi

    「果実工房 新SUN フルーツタルト」は、旬のフルーツをふんだんに載せた、見た目も美しいフルーツタルトです。しっかりとした食感のタルト生地に、クリームとたっぷりの完熟フルーツが載っていて、病みつきになります。

    どのタルトも相性が良い素材を合わせていて、ハズレのない商品ばかりです。日持ちはしませんが、家族やすぐに会える人に渡したい絶品スイーツです。自分用に買うのもおすすめです。ぜひお店に足を運んでみてください。

    「果実工房 新SUN」の「フルーツタルト」は、博多駅直結の「博多阪急店」で販売されています。営業時間は、10時から21時までです。

    シロヤ サニーパン

    Photo by iyoupapa

    「シロヤ サニーパン」は、北九州で有名なパン屋「シロヤ」の看板商品となっている、価格もリーズナブルな人気パンです。手のひらサイズのフランスパンに、練乳をたっぷりと入れた懐かしい味わいの菓子パンです。

    香ばしいフランスパンと、ミルキーで甘い練乳が相性抜群で、一度食べたら忘れられないと評判です。トースターで焼いても美味しく味わえます。博多駅でも北九州の味が楽しめるので、ぜひ買ってみてください。

    「シロヤ」の「サニーパン」は、博多駅の「博多デイトス店」で販売されています。営業時間は、8時から21時までです。

    筑紫もち

    フリー写真素材ぱくたそ

    「筑紫もち」は、筑紫産の「ヒヨク米」と綺麗な水で搗いた柔らかくモチモチとしたお餅に、香ばしいきな粉とコクのある黒蜜をかけて味わう、福岡名物の和菓子です。上品な味わいで、老若男女問わず親しまれています。

    自分用にも誰かに渡す用にもぴったりで、価格も低めです。まずは素材ひとつひとつの味わいを楽しみながら、それぞれの旨味が合わさる瞬間を感じてみてください。

    「如水庵」の「筑紫もち」は、博多駅の「博多駅マイング1号店」「博多駅マイング2号店」で販売されています。どちらも営業時間は9時から21時までです。

    博多駅で買えるお土産は食べ物だけじゃない!5選

    Photo by clothfairy

    博多駅のお土産は、お菓子やスイーツだけでなく雑貨や置物などもあります。博多らしい商品が豊富で、旅のお土産に買いたいものばかりです。自分用にもぴったりな、博多駅で買える商品をご紹介します。

    博多織

    Photo by keiichi.yasu

    「博多織」は、博多の伝統工芸のひとつです。中国から伝わったとされ、その歴史は770年以上にもなります。さまざまな色を組み合わせた独特の柄が魅力で、色々な商品になり販売されています。ぜひ博多駅でチェックしてみてください。

    「博多織」は、博多駅の「博多デイトス」にある「日本市」で販売されています。営業時間は、8時から21時までです。

    太宰府天満宮のお守り

    Photo by aql

    「太宰府天満宮のお守り」は、学問に関してのご利益があるとされる「太宰府天満宮」のお守りです。博多駅でも販売されていて、大宰府まで足を運べなかったという人にとても喜ばれています。

    合格祈願のお守りなので、受験生などへのお土産として買うことをおすすめします。近くに受験を控えているという方がいる人は、博多駅でぜひチェックしてみてください。

    「太宰府天満宮のお守り」は、博多駅構内にある「おみやげ本舗」で販売されています。営業時間は、7時から22時半までです。

    モケケ福岡

    Photo by Doing

    「モケケ福岡」は、今全国的に人気が爆発している、「モケケノケ星」からやってきた宇宙人「モケケ」の、福岡限定商品です。カラフルでとても愛らしい見た目の「モケケ」のお腹には、「とんこつ」「めんたいこ」などの文字が書かれています。

    他にも博多弁で「よかろうもん」や「だざいふ」といった地名が書かれた商品もあります。自分用のお土産にぜひ買いたいかわいい「モケケ」のキーホルダーはおすすめです。価格もお求めやすいのでぜひチェックしてみてください。

    「モケケ福岡」は、博多駅構内の「博多マイング」内にある「博多桃太郎」で販売されています。営業時間は、9時から21時までです。

    明太小紋グッズ

    Photo by Kanko*

    「明太小紋グッズ」は、小さな明太子や、ご飯に載った明太子、箸でつかまれた明太子などカワイイ明太子の柄の商品です。淡いピンクでプリントされていて日本らしさがあり、海外の観光客からも評判です。

    うちわやミニバック、ペットボトルカバー、巾着袋などバリエーションも豊かで、選ぶのが楽しくなります。博多の記念に自分用にも買いたくなる商品です。ぜひチェックしてみてください。

    「明太小紋グッズ」は、博多駅構内の「博多デイトス」にある「中川政七商店」で販売されています。営業時間は、8時から21時までです。

    聖徳明太子グッズ

    Photo by Sharon Hahn Darlin

    「聖徳明太子グッズ」は、博多で生まれ育ち、「めんたいそう」を踊りながら博多をPRしているゆるキャラです。手にはしゃもじを持っていて、頭を撫でられるといいことがあるそうです。側近には「かも子」という鴨のキャラクターもいます。

    その「聖徳明太子」のグッズがとても人気で、ボールペンやマグネット、キーホルダー、タオル、マスコットなどさまざまな商品が展開されています。博多駅でぜひ探してみてください。

    「聖徳明太子グッズ」は、博多駅構内の「博多マイング」内にある「博多桃太郎」で販売されています。営業時間は、9時から21時までです。

    博多駅でおすすめのお土産を買ってみよう!

    Photo by rail02000

    博多駅は、福岡や博多のお土産がたくさん揃い、とても楽しいお土産選びの時間を楽しめるスポットです。渡す相手によって商品や価格を選び、喜ばれるお土産を買って帰りましょう。

    c.mone
    ライター

    c.mone

    大阪で生まれ育ち、現在は宮古島在住の主婦です。旅行や音楽、メイク、料理が好きです。全国各地の魅力を発信できるよう、わかりやすく素敵な記事を書くことを心がけています。ぜひ一緒にさまざまな土地の魅力を発見してみましょう。

    こちらもおすすめ♡

    人気記事ランキング