高知のおいしい日本酒ランキングTOP17!キレのある辛口の銘柄がクセになる

高知のおいしい日本酒ランキングTOP17!キレのある辛口の銘柄がクセになる

坂本龍馬の出身地として知られる高知県は、全国的にも有名な酒処です。そんな高知県は四万十川や仁淀川など、日本酒造りには欠かせない良質な水が豊富です。そうな高知の美味しい日本酒ランキングTOP17をご紹介します。高知の美味しい日本酒を楽しみましょう。

記事の目次

  1. 1.高知といえば?
  2. 2.「酒飲み王国」高知の日本酒その特徴は?
  3. 3.高知のおすすめ日本酒ランキング17位~11位
  4. 4.高知のおすすめ日本酒ランキング10位~4位
  5. 5.高知のおすすめ日本酒ランキングTOP3
  6. 6.高知には日本酒を楽しむ文化がある
  7. 7.近年は高知の「おきゃく」も話題
  8. 8.酒飲み王国高知自慢の日本酒をお試しあれ!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

高知といえば?

Photo by k14

四国にある高知県は、全国的にも人気の幕末の志士・坂本龍馬の出身地として知られています。桂浜の龍馬像や「高知県立坂本龍馬記念館」など、高知県内には龍馬にまつわる地や施設がたくさんあります。

また坂本龍馬以外にも、日本に12個しかない天守閣が残る「高知城」など歴史的に貴重な遺産が残る高知県は、四万十川や仁淀川など自然豊かな地でもあります。

そんな高知県は、美味しい日本酒がたくさんある全国的にも良く知られた酒処です。高知県の日本酒が美味しいのは、何といっても良質な水で作られていることがあげられます。

Photo by Shigeyama

高知の四万十川や物部川などは水質の良い一級河川であり、こうした良質な水を日本酒の仕込み水として使用しています。さらに上質な酒米に、研究を重ねて作られた酵母などにより、高知県ならではの特徴的な日本酒に仕上げています。

淡麗辛口の日本酒を好む高知県では、昔から独自の宴席文化や大酒飲みの祭りなどがあります。例えば、3つの杯と一つの独楽で遊ぶ伝統的な宴会遊びや、隠し持った箸の数を当て負けると酒を一気に飲み干す「土佐はし拳」と呼ばれるお座敷遊びなどがあります。

Photo by k14

坂本龍馬をはじめ、歴代の土佐藩主も愛酒家だったといわれる高知県は、まさに日本を代表する酒処です。そんな高知のおすすめ日本酒ランキングをご紹介します。

高知の坂本龍馬ゆかりの地を巡る旅!歴史の英雄の魅力に触れようのイメージ
高知の坂本龍馬ゆかりの地を巡る旅!歴史の英雄の魅力に触れよう
坂本龍馬は、幕末の日本を変えた偉人として人々の記憶に残っています。坂本龍馬は、土佐藩現在の高知県の出身であるため、高知には坂本龍馬ゆかりの地が多数点在しています。今回の記事では、坂本龍馬ゆかりの土地を巡り、歴史の魅力に触れてみましょう。

「酒飲み王国」高知の日本酒その特徴は?

フリー写真素材ぱくたそ

良質な水など自然に恵まれた高知県には、独自の宴席文化があるなど「酒飲み王国」として知られています。甘口よりも辛口が好まれる高知県の日本酒の特徴とは、どういったものなのでしょうか?他の県にはない、高知県ならではの日本酒の特徴についてご紹介します。

高知県産の原材料にこだわる!

Photo by coniferconifer

高知県に日本酒の特徴が、高知県産の原材料を使用したこだわりが挙げられます。その一つが原料米です。それまで他県の原料米を使用していた高知県ですが、独自の酒造適正米をという思いから「土佐錦」、「吟の夢」、「風鳴子」が作られました。

それぞれのお米の特徴は、「土佐錦」は高知県人好みの端麗辛口、「吟の夢」は酸味とフルーティーな香り、キレのよさを特徴としています。平成14年にできた「風鳴子」は、個性のある酒造りに期待されている酒米です。

さらに高知県の日本酒を特徴づけているのが、「高知酵母」です。酵母の研究・開発によって、これまで5種類の「高知酵母」が作られており、これが高知独自の日本酒を特徴づけています。

味わうならキレの辛口銘柄?コクの甘口銘柄?

Photo by EL. Photography

良質な水に高知県産の酒米、さらに高知酵母により、他の地域にはない独自の特徴を持った日本酒がたくさんある高知県ですが、味わうのはキレのある辛口の銘柄かコクのある甘口銘柄か、どちらの銘柄がよいのでしょうか?

高知県でもっとも好まれているのは、淡麗辛口です。高知県の辛口日本酒の特徴は、雑味が少なくキレのよさが挙げられます。甘みが少ないながら、後味のキレのよさから何杯飲んでも飲み飽きない日本酒です。

Photo by Kusakabe

高知県の辛口日本酒は、高知でとれる新鮮な魚介類や野菜などの食材との相性も抜群です。高知県の甘口日本酒の特徴は、さわやかでフルーティーな香り、優しい飲みごこちなどを特徴としています。辛口にはない、甘口ならではの味わいが楽しめます。

高知のおすすめ日本酒ランキング17位~11位

Photo by decoponia2015

甘口より辛口を好む高知の日本酒は、高知県産にこだわった原材料を使用した「高知方式」と呼ばれる徹底した日本酒造りに取り組んできました。そんなこだわりの高知県の日本酒で、おすすめの日本酒ランキングをご紹介します。

高知のおすすめ日本酒17位:無手無冠

Photo by Shigeyama

高知のおすすめ日本酒ランキング17位の銘柄が「無手無冠」です。「無手無冠」は、無農薬米100パーセントの原材料で作られた、体に優しい銘柄の日本酒です。これに、良質な水で知られる四万十川の源流の湧き水で作られた純米生の酒です。

自然米の純な旨味が味わえる「無手無冠」は、冷やでも熱燗でも美味しくいただける高知の日本酒です。また「無手無冠」で使用している無農薬のお米は、「無手無冠」と並んでおすすめの銘柄が栗焼酎「ダバダ火振」の搾り粕を有機肥料として使用しています。

Photo by 阿橋花譜 KHQ Flower Guide

粟焼酎「ダバダの火振」は、粟特有のまろやかな甘口と香りが人気です。良質は生粟を50パーセント使用した「ダバダの火振」は、ストレートはもちろんロックでもお湯割りでも美味しくいただけます。

住所 高知県幡多郡大正町田野々452番
電話番号 0880-27-0316

高知のおすすめ日本酒16位:土佐金蔵

Photo bytakedahrs

高知のおすすめ日本酒ランキング16位の銘柄が、「土佐金蔵」です。おすすめは、魚に合うように作られた食中純米酒の「土佐金蔵 純米酒」です。酒の旨味が特徴の、酒の王道を目指した「土佐金蔵」は、ぬるま湯か熱燗が最も美味しくいただけます。

この他に「土佐金蔵」には、純米酒を生原酒のまま詰めたフレッシュな香りが特徴の「土佐金蔵 純米生原酒」、フルーティーな甘い香りに後味のキレが特徴の「土佐金蔵 特別純米酒」などの銘柄があります。

Photo by Richard, enjoy my life!

高木酒造でおすすめの銘柄が、「豊能梅 楽鴬(らくおう)」です。3代目の高木久吉が育てた日本酒「豊能楽」は、すっきりとした端麗辛口の日本酒です。世界の酒豪が集まる「どろめ祭り」のメインイベント「大杯飲み干し大会」で注がれる土佐を代表する日本酒です。

住所 高知県香南市赤岡町443
電話番号 0887-55-1800

高知のおすすめ日本酒15位:瀧嵐

Photo by kikmoyoo

高知のおすすめ日本酒ランキング15位の銘柄が、「瀧嵐」です。「瀧嵐」は、日本で最も良質な川にもなった「仁淀川」を使用して作られている、おすすめの日本酒です。

与謝野晶子や北原白秋と同時代に活躍した、鹿児島藩士の孫であり歌人でもある吉井勇の短歌にも詠まれたことがある「瀧嵐」は、高知県人好みの端麗辛口の日本酒です。

高知の酒米「山田錦」で作られた「瀧嵐大吟醸」、同じく高知の酒米「吟の夢」で作られた「瀧嵐純米大吟醸」、さらに辛口好きにはたまらない、やみつきになる「瀧嵐大辛本醸造」など、「瀧嵐」を中心に様々な銘柄があります。

住所 高知県吾川郡いの町勝賀瀬780-2
電話番号 088-897-0314

高知のおすすめ日本酒14位:松翁

Photo by zunsanzunsan

高知のおすすめ日本酒ランキング14位の銘柄が、「松翁」です。130年の歴史を誇る「松尾酒造」で造られる「松翁」は、「物部川」を仕込み水に使用しており、スッキリとキレのある飲み飽きない特徴の日本酒です。

長寿延命の酒として名付けられた「松翁」は、高知県らしい端麗辛口の日本酒です。また松尾酒造では、フルーティーな香りとスッキリとした酸味の甘口の「山田太鼓」もおすすめの日本酒です。

歴史ある「松尾酒造」は、蔵の一部は有形文化財に登録されており、中には掛け軸や民具など歴史的に貴重な資料が展示されています。事前予約すれば、一般の人でも見学可能です。蔵の歴史を感じながら、美味しい日本酒を一杯いただいてみてはいかがですか?

住所 高知県香美市土佐山田町西本町5丁目1-1
電話番号 0887-53-2273

高知のおすすめ日本酒13位:安芸虎

フリー写真素材ぱくたそ

高知のおすすめ日本酒ランキング13位の銘柄が、「安芸虎」です。有光酒造の「安芸虎山田錦80%精米純米酒」は、「IWC 純米酒部門」のブロンズ賞、「フランス Kura Master 純米部門」のプラチナ賞を受賞したおすすめの日本酒です。

高知の酒米「山田錦」で造られたキレの良さが特徴の「安芸虎」は、濃い味の料理との相性も抜群の「食中酒」です。冷やでも、熱燗でも美味しくいただける高知のおすすめ日本酒です。

Photo by PYONKO

明治36年に創業した有光酒造は、酒造の主要部分は江戸時代に作られたという歴史ある蔵元です。有光酒造がある安芸市周辺を統治していた戦国時代の武将・安芸国虎から命名された、おすすめ日本酒銘柄「安芸虎」は、この他にも様々な銘柄があります。

「ワイン品評会2017 純米吟醸酒部門」のブロンズ賞を受賞した、優しい吟醸の香りと米本来の旨味のバランスが絶妙な「安芸虎純米吟醸酒」、数量限定のフレッシュでみずみずしい味わいが楽しめる「安芸虎純米吟醸酒しぼりたて無濾過生酒」などがあります。

住所 高知県安芸市赤野甲38番地1
電話番号 0887-33-2117

高知のおすすめ日本酒12位:四万十川

Photo by senngokujidai4434

高知のおすすめ日本酒ランキング12位の銘柄が、「四万十川」です。爽やかな吟醸香とスッキリとしたのど越しが特徴の「四万十川」は、添加物を一切使用しない天然水で醸しだした淡麗仕込みの日本酒です。

高知の清流な四万十川をイメージした青いボトルが特徴の「四万十川」は、高知で長く愛され続けているロングセラー商品です。おすすめの飲み方は、少し冷やして飲むともっとも美味しく味わうことができます。

Photo by Ikusuki

「四万十川」の蔵元「菊水酒造」は、江戸時代の酒造業創業の歴史ある蔵元です。また菊水酒造は、日本でも初めての低温醸造、貯蔵設備を考案するなど、日本酒造りをリードしてきた蔵元でもあります。

「菊水酒造」には、端麗辛口のすっきりとした味わいが特徴の「純米大吟醸酒 菊水」やなめらかな口当たりが特徴の「純米酒 龍馬」などがあります。さらに、はちみつと高知県産の生姜を加えた甘口の「HONEY Rich」、「ヨーグルトのお酒」などの変わりダネもあります。

住所 高知県安芸市本町4丁目6番25号
電話番号 0887-35-3501

高知のおすすめ日本酒11位:豊能梅

Photo by june29

高知のおすすめ日本酒ランキング11位が、「豊能梅(とよのうめ)」です。「高木酒造」で造られている「豊能梅」は、すっきりとした端麗辛口の高知のおすすめ日本酒です。

「豊能梅」の「大吟醸 龍奏」は、「純米酒大賞2013 純米大吟醸部門」の最高金賞を受賞した名誉ある高知の日本酒です。高知の酒米「吟の夢」を使用した「龍奏」は、華やかな香りと甘口と辛口のバランスがとれた日本酒です。少し冷やして飲むのが、おすすめです。

Photo by coniferconifer

また、「全米日本酒歓評会2019 吟醸部門」の金賞など数々の大会で受賞している「豊能梅 吟の夢仕込み」は、「吟の夢」100パーセント使用した、「豊能梅」は初めて飲む人におすすめの日本酒です。

さらに「豊能梅」で外せないおすすめの銘柄が「楽鴬(らくおう)」です。高木酒造の3代目が育てた銘柄「楽鴬」は、豊漁と安全を祈り大杯に注がれた日本酒を一気に飲み干す、高知を象徴する「どろめ祭り」で使用されている日本酒です。

高知県人好みの端麗辛口の「豊能梅 楽鴬」は、どろめやカツオのタタキなど、高知県の郷土料理との相性も抜群のおすすめ日本酒です。

住所 高知県香南市赤岡町443
電話番号 0887-55-1800

高知のおすすめ日本酒ランキング10位~4位

Photo byzooocoo

良質な水が流れる四万十川や仁淀川など、日本酒造りに最適な環境が整っている高知県には、美味しいおすすめの日本酒がたくさんあります。甘口より辛口が好まれる高知の、おすすめ日本酒ランキングの10位から4位をご紹介します。

高知のおすすめ日本酒10位:司牡丹

Photo by francisco.castro

高知のおすすめ日本酒ランキング10位の銘柄が、「司牡丹」です。「司牡丹酒造」は、まさに天下分け目の合戦「関ケ原の合戦」が行われた慶長8年に創業した、大変歴史ある蔵元です。

山内一豊に伴い、土佐に入国した首席家老・深尾和泉守重良に従ってきた商家の中に「御酒屋」の名が見られますが、これが「司牡丹」の前身である酒屋です。坂本龍馬や吉田茂とも関係のある「司牡丹」は、まさに高知を代表する蔵元です。

Photo by Dakiny

「司牡丹」は、仁淀川を仕込み水に使用している日本酒で、端麗辛口ながらあとをひく美味しいおすすめの日本酒です。まろやかで飲み飽きない「純米酒 豊麗 司牡丹」や高知の郷土料理であるカツオのタタキとも合う「金鳳 司牡丹 本醸造」などがおすすめです。

この他にも、秋限定で販売される辛口純米原酒の「船中八策 ひやおろし」やフレッシュでコクのある「しぼりたて原酒」、製造本数約2万本が4ヶ月で完売した伝説の「土佐宇宙酒「宇宙酒」」など、季節限定や数量限定のお酒も数多く造られています。

住所 高知県高岡郡佐川町甲1299
電話番号 0889-22-1211

高知のおすすめ日本酒9位:美丈夫

Photo by けんたま/KENTAMA

高知のおすすめ日本酒ランキング9位の銘柄が、「美丈夫」です。高知のおすすめ日本酒「美丈夫」は、奈半利川の伏流水を仕込み水として使用、高知の酒米「山田錦」の中でも特A地区指定で収穫されたお米を使用して造られています。

「美丈夫」は、高知の日本酒の特徴であるすっきりとした辛口でありながら、エレガントな趣もある日本酒です。高知県内の中でも最も東にある田野町にある蔵元で造られた「美丈夫」の特徴は、超軟水の奈半利川を使用することで生み出された酒質です。

Photo bynaturalogy

和食はもちろん洋食にも合う、程よい酸味とキレの良さが特徴の「美丈夫 特別純米」や冷やでも熱燗でも楽しめる、柔らかな旨味が特徴の「美丈夫 特別本醸造」、柑橘系のフルーティーな香りが特徴の「美丈夫 純麗たまラベル」などがおすすめです。

さらに「美丈夫」には、酒米の最高峰兵庫県産の「山田錦」を限界まで磨いて使用した「美丈夫 夢許」、高知県産の「吟の夢」に高知の酵母、水で造られた、柔らかな飲み口とキレの良さが特徴の「美丈夫 吟の夢」などもあります。

住所 高知県安芸群田野町2150
電話番号 0887-38-2004

高知のおすすめ日本酒8位:土佐鶴

フリー写真素材ぱくたそ

高知のおすすめ日本酒ランキング8位の銘柄が、「土佐鶴」です。全国的にも知られている「土佐鶴」は、安永2年に土佐の材木商である広松家によって創業した歴史ある蔵元です。

フランスの高級グルメショップ「フォーション」や現地の和食レストランでも使用されている「土佐鶴」は、高知県を代表する端麗辛口の日本酒です。和食だけでなくフランス料理にもよく合う、吟醸の香りとしっかりとしたコクが特徴の「純米大吟醸」がおすすめです。

Photo by oddstranger

また、11月から3月の期間限定の販売「しぼりたて新酒」や、さわやかな酸味が特徴の「純米酒」、原酒を貯蔵桶から直接詰めた「大吟醸原酒」など、さまざまな美味しい日本酒があります。

また日本酒以外にも、「土佐焼酎 海援隊」などの焼酎や土佐鶴の純米酒をベースに高知県の馬路村産の柚子と海洋深層水を使用した甘口のリキュール「yuzu sake」なども、土佐鶴の人気のお酒です。

住所 高知県安芸郡安田町安田1586番地
電話番号 0887-38-6511

高知のおすすめ日本酒7位:文佳人

Photo by june29

高知のおすすめ日本酒ランキング7位の銘柄が、「文桂人(ぶんかじん)」です。明治10年に創業した「アリサワ酒造」の代表銘柄「文佳人」は、少量仕込み、無濾過、瓶燗火入れ後マイナス5度で貯蔵するという、こだわりの手法で造られています。

「文佳人」は、土佐藩執政の野中兼山に「お椀さん」と呼ばれた娘がおり、その献身的な生涯をたたえて、手紙や文、詩歌など学問に秀でて教養にあふれた美人をさす「文の佳人」から命名されました。

Photo by uka0310

そんな「文佳人」で、「辛口純米酒」は冷やはもちろん熱燗でも美味しい日本酒です。また、上品な香りとスッキリとした喉越しが味わえる「文佳人 リズール 純米吟醸酒」やみずみずしいフレッシュな甘口の「文佳人 山北みかん」などが人気商品です。

住所 高知県香美市土佐山田町西本町1丁目4-1
電話番号 0887-52-3177

高知のおすすめ日本酒6位:久礼

Photo by june29

高知のおすすめ日本酒ランキング6位の銘柄は、「久礼(くれ)」です。江戸時代の天明中期に初代の筒屋仁助が創業した「西岡酒造」は、230年余りの歴史ある高知の蔵元です。

「西岡酒造」の銘柄「久礼」は、四万十川源流の地下の湧き水を仕込み水に使用、高知の酒米「山田錦」を中心にして造られた少量限定販売のシリーズものです。

米本来のフルーティーな香りが特徴の「純米大吟醸 久礼」や高知の「吟の夢」を使用したほのかな苦みと優しい甘みが特徴の「久礼 純米吟醸 おりがらみ 本生原酒」などがおすすめの日本酒です。

Photo by whitefield_d

この他にも、穏やかな吟醸香が特徴の「吟醸無濾過 久礼」や、土佐料理ともマッチする通好みの「辛口純米 久礼」などがあります。「西岡酒造」では、「久礼シリーズ」以外にも「純米吟醸酒」や「特別本醸酒」、「特別純米酒」などがあります。

住所 高知県高岡郡中土佐町久礼6154番地
電話番号 0889-52-2018

高知のおすすめ日本酒5位:土佐しらぎく

Photo by Ikusuki

高知のおすすめ日本酒ランキング5位の銘柄が、「土佐しらぎく」です。100年余りの歴史ある「仙頭酒造」は、1911年から続く全国新酒鑑評会で多数受賞、近年では10年連続で受賞している蔵元です。

この他にも「四国清酒鑑評会」や「インターナショナル・ワイン・チャレンジ」など、国内のみならず海外での受賞歴も誇る「仙頭酒造」のおすすめ銘柄が「土佐しらぎく」です。

フリー写真素材ぱくたそ

初代の「仙頭菊太郎」の名前にちなんで付けられた「土佐しらぎく」は、創業当時から造られている「仙頭酒造」の代表銘柄です。「土佐しらぎく」は、四国山脈の伏流水を使用、またはじめて日本酒に海洋深層水を使用したことでも知られています。

高知の「山田錦」を使用した、フルーティーな香りが特徴の「土佐しらぎく 純米吟醸 山田錦」は、刺身やカツオのたたきなどによく合う、おすすめの日本酒です。

住所 高知県安芸郡芸西村和食甲1551番地
電話番号 0887-33-2611

高知のおすすめ日本酒4位:亀泉

Photo by kikmoyoo

高知のおすすめ日本酒ランキング4位の銘柄が、「亀泉」です。明治30年に創業され、120周を迎える「亀泉酒造」は、江戸時代から涸れることのない「万年の泉」と呼ばれる美味しい湧き水が出る泉から造られる「亀泉」がおすすめの銘柄です。

仁淀川水系の軟水である「万年の泉」は、ほのかな甘みと優しい喉越しを特徴としています。またお米は、最高峰とされる兵庫県産の「山田錦」をはじめ、高知県産の酒米を使用しています。

Photo by Sekikos

メロンやバナナを思わせるようなフルーティーな香り、キレの良い端麗辛口の「亀泉 純米吟醸原酒 高育63号」や、冷やで味わうのがもっともおすすめです。

亀泉の最高峰「純米大吟醸 酒家長春萬壽亀泉」、兵庫県産「山田錦」を使用した滑らかな口当たりが特徴の「純米大吟醸 兵庫山田錦」、幻の名品種「亀の尾」から造られた「純米大吟醸 亀の尾」などがあります。

住所 高知県土佐市出間2123-1
電話番号 088-854-0811

高知のおすすめ日本酒ランキングTOP3

Photo by Maarten1979

甘口よりも辛口の日本酒を好む高知には、歴史ある蔵元や美味しいおすすめの日本酒がたくさんあります。数ある高知のおすすめ日本酒の中でランキグTOP3をご紹介します。高知をおとずれたら、絶対に外せないおすすめの日本酒です。

高知のおすすめ日本酒3位:船中八策

Photo by naitokz

甘口よりも辛口を好む高知の日本酒で、おすすめの日本酒ランキグ3位が「船中八策」です。慶長8年に創業した約400年の歴史ある蔵元「司牡丹酒造」で造られた「船中八策」は、辛口好みの高知県人にもってこいの日本酒です。

地元の高知県の人から「最も土佐酒らしい辛口」と評価されている「船中八策」は、各界の著名人にも愛されている日本酒です。和食の中でも新鮮魚介の料理との相性が抜群の「船中八策」は、高知の名物カツオともよく合います。

Photo by naotakem

品の良い香りに、後味の抜群のキレのよさを誇る「船中八策」は、食中酒として最高の完成度を誇ります。坂本龍馬が船中で考えた策「船中八策」の名前が付けられた「司牡丹酒造」の「船中八策」は、高知の美味しい魚料理と一緒に味わいたい日本酒です。

住所 高知県高岡郡佐川町甲1299
電話番号 0889-22-1211

高知のおすすめ日本酒2位:酔鯨

Photo by potaufeu

甘口よりも辛口の日本酒を好む高知で、おすすめの日本酒ランキング2位が「酔鯨(すいげい)」です。「平成の名水百選」にも選ばれた水量の豊富な鏡川を仕込み水に使用した「酔鯨」酒造の日本酒は、キレのある味と品質の劣化の少なさを特徴としています。

土佐の日本酒の基本である「料理に合わせた日本酒」をテーマに造られた「酔鯨」は、高知の新鮮な山の幸、海の幸の料理との相性抜群の日本酒です。

Photo by casek

「酔鯨 純米大吟醸 兵庫山田錦50%」は、酒米の最高峰である兵庫県産の「山田錦」を使用、すべての工程を少量仕込みで造られたおすすめの日本酒です。軽やかな吟醸香に、キレの良い後味を特徴としており、料理と一緒に食べれば、よりその味わいを楽しめます。

また「酔鯨 純米吟醸 吟麗」は、柑橘系のフレッシュな香りにキリっとした後味を特徴としており、こってりした料理とも合います。「鯨海酔侯」と自ら名乗った土佐藩主・山内容堂にちなんで付けられた、高知を代表する端麗辛口の日本酒です。

住所 高知県高知市長浜566-1
電話番号 088-841-4080

高知のおすすめ日本酒1位:南

Photo by jbar_photo

甘口よりも辛口を好む高知の日本酒の中で、おすすめの日本酒ランキング1位が「南」です。明治2年に創業した「南酒造」では、代表の銘柄「南」をはじめ普通酒や特定名称酒までいずれも酒質が良いと評価されている蔵元です。

高知らしい端麗辛口の「南」は、生産量が少ないことから入手困難な日本酒としても知られています。「南 純米吟醸 無濾過生」は、爽やかな吟醸香、キレと旨味、辛さのバランスが良い日本酒です。

Photo by Spiegel

喉越しも軽やかな「南」は、少し冷やして相性抜群の刺身などと一緒に食べれば、より楽しんで味わうことができます。また「南 大吟醸 ひやおろし 出羽燦々」は、山形県の酒米「出羽燦々」を使用した秋のお酒です。

メロンのような香りが特徴の「ひやおろし」も、「南酒造」のおすすめ日本酒です。入手困難な銘柄「南」は、一度は味わいたい高知のおすすめ日本酒です。

住所 高知県安芸市安田町安田1875番地
電話番号 0887-38-6811

高知のにこ淵は仁淀ブルーが楽しめる滝つぼ!その神秘的な青へのアクセス方法は?のイメージ
高知のにこ淵は仁淀ブルーが楽しめる滝つぼ!その神秘的な青へのアクセス方法は?
にこ淵は高知県の仁淀川の支流にあります。仁淀川は日本屈指の透明度を誇り、その青く輝く水の色から仁淀ブルーと称されています。その美しい水を湛える滝つぼがにこ淵です。ここでは、高知の絶景スポットであるにこ淵へのアクセスや、魅力、大蛇伝説まで、詳しく紹介します。

高知には日本酒を楽しむ文化がある

Photo by Japanexperterna.se

甘口よりも辛口が好まれる高知の日本酒は、高知の郷土料理とも合う美味しい日本酒がたくさんあります。坂本龍馬をはじめ高知の出身の歴史的人物には酒豪が多くいる高知には、日本酒を楽しむ独自の文化があります。

高知の酒文化でもある、酒飲みのルールやお座敷遊びをご紹介します。高知の伝統的な文化をを感じながら、高知の美味しい日本酒を楽しんでみてはいかがですか?

酒飲みのルールやお座敷遊び

Photo by TANAKA Juuyoh (田中十洋)

国内でも有名な酒処である高知には、独自の酒飲みルールや伝統的なお座敷遊びなどがあります。高知の酒文化を知って、楽しく日本酒を味わいましょう。

献杯と返杯

Photo by jetalone

高知の酒文化の中でも、宴席などで行われる酒飲みルールに「献杯」と「返杯」があります。「献杯」とは、目上の人に自分の杯を差し出してお酌をし、上席者が飲み干して空になった杯を本人に返してお酌をすることをいいます。

一方「返杯」は、「献杯」とは逆に上席者が下座で行うことを指します。どちらも必ず一度飲み干した杯で飲み合うことで、相手を敬い信頼していることを表現する、高知の酒飲みのルールの一つです。

菊の花・はし拳

Photo by sprklg

高知の日本酒文化で、伝統的なお座敷遊びが「菊の花」と「はし拳」です。「菊の花」は、人数分の盃を盆にのせ、皿鉢料理に飾られた菊の花を忍ばせて、どの盃に入っているか当てるお座敷遊びです。当てたら盃にお酒を注いで飲み干します。

「はし拳」は、皿鉢料理の取り皿に添えられた短めの「赤箸」を使用した遊びで、三番勝負で負けた人が罰杯を飲むお座敷遊びです。

べく杯

Photo by Doing

さらに高知のお座敷遊びに「べく杯」があります。これは天狗やひょっとこなど、そのままではこぼれてしまう形をした杯を使用する遊びで、独楽を回して杯を決めながら飲んでいく遊びです。手を離すとこぼれてしまうので、飲み干さなければなりません。

皿鉢料理

Photo by uka0310

こうした高知の酒飲みルールやお座敷遊びで外せないのが、高知の郷土料理「皿鉢(さわち)料理」です。料理の芸術とも称される「皿鉢料理」は、刺身やカツオのタタキ、寿司、組み物を一皿に盛り付けた豪華な料理です。

甘口よりも辛口を好む高知の日本酒は、新鮮な魚介類の海鮮料理との相性も抜群です。高知では、お座敷や宴席などの祝い事で食べられています。

高知で是非食べたいおすすめ郷土料理は?伝統の土佐グルメはどれも絶品!のイメージ
高知で是非食べたいおすすめ郷土料理は?伝統の土佐グルメはどれも絶品!
高知県の郷土料理は全国でも唯一土地名が入っている「土佐料理」と呼ばれています。聞き馴染みがあるのではないでしょうか。土佐料理は高知県の山や海、川から得られる自然の幸を豪快に使った料理が特徴的です。どれも絶品な高知県の郷土料理についてご紹介します。

近年は高知の「おきゃく」も話題

フリー写真素材ぱくたそ

さらに近年の高知では、「おきゃく」と呼ばれる酒文化が話題になっています。「おきゃく」とは土佐弁で「宴会」のことを意味し、親戚や友人など、お客さんを呼んで一緒に盛り上がる文化のことを指します。

2006年にはじまったイベント「おきゃく」は、毎年高知の街を使用して大きな宴会のように、皆で食事とお酒を楽しむ高知ならではのイベントです。高知を訪れたら、ぜひ一度「おきゃく」を体験してみてはいかがですか?

酒飲み王国高知自慢の日本酒をお試しあれ!

Photo by alberth2

坂本龍馬の出身地でも知られる高知県は、四万十川や仁淀川などの良質な水が流れる川や、高知県産の酒米、酵母などにより、美味しい日本酒がたくさんある国内を代表する酒処です。

甘口よりも辛口の方が好まれる高知の日本酒は、高知の新鮮な郷土料理とも相性抜群です。酒飲み王国高知を訪れたら、高知の自慢の日本酒を料理と一緒に堪能しましょう。

sonoko
ライター

sonoko

日本全国の観光スポットやグルメを中心にご紹介しています。趣味は読書と美術鑑賞。週末には一人旅を楽しんでいます!

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング