高知の坂本龍馬ゆかりの地を巡る旅!歴史の英雄の魅力に触れよう

高知の坂本龍馬ゆかりの地を巡る旅!歴史の英雄の魅力に触れよう

坂本龍馬は、幕末の日本を変えた偉人として人々の記憶に残っています。坂本龍馬は、土佐藩現在の高知県の出身であるため、高知には坂本龍馬ゆかりの地が多数点在しています。今回の記事では、坂本龍馬ゆかりの土地を巡り、歴史の魅力に触れてみましょう。

    記事の目次

    1. 1.坂本龍馬はどういう人物なのか?
    2. 2.高知で坂本龍馬ゆかりの地の観光が今おすすめ
    3. 3.高知の坂本龍馬ゆかりの地の観光スポット13選
    4. 4.高知の坂本龍馬にまつわる人物のスポット5選
    5. 5.坂本龍馬やゆかりのある人物の像があるスポット4選
    6. 6.高知の坂本龍馬グッズやお土産が買える店4店
    7. 7.高知で坂本龍馬のゆかりの地を巡ってみよう

    店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

    坂本龍馬はどういう人物なのか?

    Photo by k14

    坂本龍馬とは日本を変えた偉人として、名前がよく挙げられます。江戸時代末期の志士、土佐藩郷士であり、藩を脱藩した後は、亀山社中を結成する他、薩長同盟に尽力を尽くした人物です。

    江戸幕府を倒すきっかけを作った高知の英雄

    Photo by x768

    江戸幕府の末期は、動乱の時代となっており各藩同士の争いが多発していました。坂本龍馬は、薩摩藩と長州藩の同盟に協力し薩長同盟の成立を手助けしています。薩長同盟成立後は、倒幕および尊王攘夷・大政奉還など倒幕への道筋を立てた高知の英雄です。

    明治維新にも関与していましたが、大政奉還の成立から僅か1ヶ月後、中岡慎太郎や山田藤吉らと共に近江屋で暗殺されています。俗に言う近江屋事件ですが、暗殺の首謀者は未だ解明されておらず犯人説について現在でも議論がされています。

    坂本龍馬は28歳で脱藩した

    Photo by くーさん

    坂本龍馬は、現在の高知県土佐藩の藩士でした。坂本龍馬は今後の日本の行く末を考え脱藩することを決意しています。脱藩とは主従関係にある藩から一方的に脱することです。

    脱藩をした者は罪人となり、罪は本人だけでなく藩内に留まった家族等も連座の罪に問われていました。坂本龍馬が脱藩したのは、1862年です。既に脱藩していた沢村惣之丞・那須信吾の助けを借りて28歳の時に脱藩しています。

    高知で坂本龍馬ゆかりの地の観光が今おすすめ

    Photo by nekotank

    高知では坂本龍馬没後150年・大政奉還から150年という節目を迎えたことにより2017年3月から2年間様々なイベントが行われていました。大々的なイベントは2019年9月現在終了していますが、現在も催しやツアーなどは行われてます。

    坂本龍馬ゆかりの地を観光するのであれば、ガイドなどが詳しく説明してくれる今がおすすめです。是非、坂本龍馬ゆかりの地を巡って歴史に触れてみてはいかがでしょうか。

    「志国高知 幕末維新博」と「リョーマの休日」

    Photo by naitokz

    次のページ

    高知の坂本龍馬ゆかりの地の観光スポット13選

    こちらもおすすめ♡

    人気記事ランキング