ひたちなかのひたち海浜公園を徹底紹介!ネモフィラの見頃やアクセス情報も!

ひたちなかのひたち海浜公園を徹底紹介!ネモフィラの見頃やアクセス情報も!

ネモフィラやコキアで有名なひたちなかのひたち海浜公園をご存知ですか。今回は、茨城県ひたちなか市にあるひたち海浜公園をご紹介します。季節の花やアトラクションがあり、大人から子供まで楽しむことが出来る公園です。素敵な花に囲まれながら自然を満喫してみませんか。

記事の目次

  1. 1.ひたちなか市「国営ひたち海浜公園」の魅力は?
  2. 2.ひたちなか市「ひたち海浜公園」へのアクセス
  3. 3.ひたちなか市「ひたち海浜公園」の基本情報
  4. 4.ひたちなか市「ひたち海浜公園」で見られる花
  5. 5.ひたちなか市「ひたち海浜公園」で開催するイベント
  6. 6.ひたちなか市「ひたち海浜公園」でアトラクション体験
  7. 7.ひたちなか市観光は「ひたち海浜公園」が断然おすすめ

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

ひたちなか市「国営ひたち海浜公園」の魅力は?

Photo by NakaoSodanshitsu

緑と花に囲まれた茨城県ひたちなか市にある日本の国営公園をご存じですか。その公園の名は、国営ひたち海浜公園です。

公園の総面積は約350haと広く、園内は7つのエリアに分けられており、花畑や自然の中で楽しめるアトラクションがあります。ひたち海浜公園を満喫するには1日では足りないくらい、充実した魅力ある公園となっています。

近くにはひたちなかICや勝田駅がありアクセスしやすいところもひたちなか市ひたち海浜公園のポイントです。また、園内ではバーベキュー広場がありアウトドアクッキングを楽しめます。バーベキュー広場へのアクセス方法は、「海浜口」ゲートをご利用下さい。

春の公園に咲き乱れるネモフィラは一見の価値あり!

Photo by BJTENKINZOKU

ひたちなか市にある国営ひたち海浜公園では、1年を通して様々な花が咲き誇っています。その中でも有名なのが、春に見ごろを迎える花「ネモフィラ」です。

広大なみはらしの丘一面に、約450万本のあざやかな青色のネモフィラが広がる光景は絶景です。真っ青なネモフィラの丘、空や海に囲まれファンタジーの世界に迷い込んだかのような錯覚に陥ってしまうほどです。

Photo by NakaoSodanshitsu

みはらしの丘の上にはみはらしの鐘があり、鳴らすと音色が丘全体に響き渡ります。みはらしの丘へのアクセス方法は、西口・翼のゲートから入園し、スイセンガーデンを抜けみはらしの里を目標に向かうと、目の前に一面ネモフィラの丘を発見出来ます。

開園面積200haの広大な敷地で四季の花を楽しめる

フリー写真素材ぱくたそ

ひたちなか市ひたち海浜公園の開園面積200haの広大な敷地では、1年を通して四季折々の花々を見て楽しむことが出来ます。春は、バラ・ポピー・チューリップやネモフィラを、夏は、ラベンダー・ヒマワリやコキア(緑)を見ることが出来ます。

秋は、コスモス・キバナコスモスやコキア(紅葉)を、冬は、メタセコイア(紅葉)・アイスチューリップやフクジュソウとそれぞれの季節に様々な種類の花を見て楽しめます。

開花状況は気象状況によって前後することがあります。また、その年によって花の種類や数の変更もあるようですが、どの時期に行ってもその季節おすすめの素敵な花を見ることが出来ます。

プレジャーガーデンにはアトラクションも

Photo by frontriver

ひたち海浜公園内には、プレジャーガーデンという遊園地があります。大観覧車やメリーゴーランドをはじめとする約25種類のアトラクションがあります。また、ローズガーデンや水遊び広場があるのでアトラクションと合わせて楽しむことが出来ます。

プレジャーガーデンへのアクセスは、南駐車場を利用し中央ゲートへ向かうとスムーズに入園出来ます。プレジャーガーデンを目的に行かれる場合には、南駐車場の利用をおすすめします。

公園内から移動しプレジャーガーデンへ場合は、シーサイドトレインやレンタサイクルを利用すると便利でしょう。お子さんを連れての移動には最適です。

ひたちなか市「ひたち海浜公園」へのアクセス

Photo by kushii

茨城県ひたちなか市にある国営ひたち海浜公園へのアクセス方法をご紹介します。電車・バスを使用しアクセスする場合、JR常磐線「勝田駅」よりバスで15分です。期間限定で直行バスも出ています。ご確認の上、ご利用下さい。

車でのアクセスは、ひたちなか市にある常陸那珂有料道路ひたち海浜公園ICより約1km、常磐自動車道日立南太田ICより約15kmです。最寄りの「ひたち海浜公園IC」を利用してのアクセスは混雑する場合がありますのでご注意下さい。

アクセス方法について、ひたち海浜公園HPのアクセス部分で地図を使用し詳しい説明を見ることが出来ます。そちらでご確認頂ければ、スムーズに来園してただけます。

住所 茨城県ひたちなか市馬渡字大沼605-4
電話番号 029-265-9001

ひたちなか市「ひたち海浜公園」の基本情報

Photo by kushii

ひたち海浜公園に行ってみたいけど、料金や営業日が分からない、どこで確認すればいいのかと思った方々がいることでしょう。ここからは、ひたち海浜公園の基本情報についてご紹介します。

入園料金は?

Photo byjessica45

入園料金ですが、一般料金の場合、大人(高校生以上)450円、シニア(65歳以上)210円、中学生以下無料となります。団体(20名以上)料金は、大人(高校生以上)290円、シニア(65歳以上)210円、中学生以下無料となります。

また、2日通し券があり、購入日と翌日に有効な入園券となります。一般料金は、大人(高校生以上)500円、シニア(65歳以上)250円、中学生以下無料です。団体(20名以上)料金は、大人(高校生以上)350円、シニア(65歳以上)と中学生以下は一般料金と同じです。

一般料金ではなく団体や2日続けて行くとお得になるのでおすすめです。お得な入園料金で入園し、園内で美味しいものを食べるという考えはいかがでしょうか。

休園日は月曜日

Photo bytigerlily713

ひたち海浜公園の休園日は、毎週月曜日(月曜日が祝日にあたる場合は翌日の火曜日)、12月31日・1月1日と2月の第1火曜日からその週の金曜日までになります。

毎日開園する時期は次の通りになります。春期は3月26日~5月31日、夏期は7月21日~8月31日、秋期は10月1日~10月31日、冬期は、12月25日~30日・1月2日~7日となります。

また、開園日及び休園日、開園時間については都合により変更になることもあります。お出かけの際は、ひたち海浜公園HPの開園・時間カレンダーをご確認頂いてから、お出かけ頂くことをおすすめします。

ひたちなか市「ひたち海浜公園」で見られる花

Photo by Mr.Sai

ひたちなか市ひたち海浜公園の広大な園内では、1年を通して様々な種類の花を見ることが出来ます。ネモフィラが有名ですが、その数は約50種類です。

ここでは、季節ごとに見ることの出来る花についてご紹介します。見てみたい花は、どの季節に行けるのか確認してみましょう。

Photo byshell_ghostcage

寒い冬が終わりを告げ、暖かくなり始めると春がやってきます。春の花と言えば、桜やネモフィラを思い浮かべます。3月~5月にかけてひたち海浜公園内で見ることの出来る春の花の種類は、約12種類あり、その中には有名なネモフィラもあります。

ここからは、3月~5月にひたち海浜公園に行くとみることの出来る、有名でおすすめの花をご紹介します。

すいせん・チューリップ・ネモフィラ

Photo byMabelAmber

スイセンは2種類見ることが出来ます。早咲きスイセンで3月上旬~中旬に見ごろを迎えます。園内のスイセンの丘で見ることが出来ます。スイセンは、3月下旬~4月中旬に見ごろを迎えます。スイセンガーデン、スイセン見本園やスイセンの丘の3か所に咲き誇ります。

フリー写真素材ぱくたそ

たまごの森フラワーガーデンでは、カラフルなチューリップを観賞出来ます。様々な色や形をしたチューリップが鮮やかに咲く姿を見れば、エネルギーをもらえること間違いないです。見ごろは、4月中旬~下旬になります。

Photo by _temaki_

みはらしの丘一面に咲き誇るネモフィラです。4月中旬~5月上旬に見ごろを迎えます。ネモフィラの和名は瑠璃唐草(るりからくさ)と言われ、青色の絶景を見ることが出来ます。

フリー写真素材ぱくたそ

ぽかぽか陽気の春が去っていくと、太陽に照らされ暑い夏がやってきます。夏の花と言えば、ヒマワリ思い浮かべます。6月~8月にかけてひたち海浜公園内で見ることの出来る夏の花の種類は、約9種類あります。6月~8月にどんな花を見れるのかご紹介します。

バラ・ヒマワリ

Photo bypasja1000

茨城県の県花になっているバラを、常陸ローズガーデンで見ることが出来ます。原種の「ハマナス」は茨城県が太平洋側の自生地の南限で、園内で約1600株を植裁しています。その他にも約120品種3400株ものバラを植裁しています。

品種によって毎年、初夏の5月中旬~6月上旬と晩秋の10月下旬~11月上旬の2シーズン楽しむことが出来ます。シーズンごとに異なるガーデンを見られるのでおすすめです。

フリー写真素材ぱくたそ

夏の代表的は花のヒマワリは、みはらしの里と泉の広場フラワーガーデンに咲き誇っています。様々な種類のヒマワリをご覧いただけます。見ごろは8月中旬になります。

Photo byValiphotos

猛暑の夏が終わると、紅葉を楽しめる秋がやってきます。秋に見ることが出来る花はどんなものがあるのでしょうか。9月~11月にかけ園内で見ることの出来る秋の花の種類は、約11種類あります。9月~11月に見ることの出来るおすすめの花をご紹介します。

コキア・コスモス

Photo by hirohiroslope

コキアはみはらしの丘で見ることが出来ます。ネモフィラの見ごろが終わると、コキアの苗に植え替えます。7月上旬からすくすく育ち、丸々としたライトグリーンのコキアが姿を現します。

9月下旬~10月上旬にかけて紅葉し始め、緑と赤のグラデーションの色合いは魅力的です。また、すべてのコキアが紅葉し、みはらしの丘が一面真っ赤になる光景は絶景です。コキアに見ごろは、7月上旬~10月下旬となっています。

Photo by T.Kiya

コスモスの見ごろは10月上旬~中旬です。みはらしの丘のふもとでコキアと共に彩る他にも、大草原フラワーガーデンや大草原付近でコスモスと出会うことが出来ます。

フリー写真素材ぱくたそ

紅葉を終えた葉が落ち秋の終わりを告げると、寒い冬がやってきます。冬に咲く花はあるのでしょうか。12月~2月にかけて園内で見ることの出来る冬の花の種類は、約5種類あります。12月~2月のおすすめの花をご紹介します。

アイスチューリップ

Photo by Zengame

園内では、冬に咲くアイスチューリップを見ることが出来ます。栽培方法は、球根を特殊な方法で冷蔵処理します。外気温との温度差により冬の気候を疑似体験させ、開花時期を調節します。冬は気温が低い為、花持ちがよく開花時期が長くなります。

このアイスチューリップの見ごろは、12月下旬~1月上旬となっています。水面に浮かんだ状態のアイスチューリップをグラスハウスで見られます。寒い中力強く咲き誇っているアイスチューリップをぜひご覧ください。

ひたちなか市「ひたち海浜公園」で開催するイベント

Photo by Zengame

ひたちなか市「ひたち海浜公園」では、毎月様々なイベントが開催されています。イベントは、花・自然・文化・スポーツの4つのカテゴリーに分けられます。目で楽しむイベントから体験型のイベントと、どの年代の方も楽しめるものが用意されています。

たくさんのイベントの中でも、人気なイベントをご紹介します。イベント参加によって、よりひたち海浜公園を楽しむことが出来ます。

ここで紹介しきれないほど、たくさんのイベントが開催されています。ひたち海浜公園のHPをご覧頂き、イベントの種類や開催日程をご確認することをおすすめします。

とびっきり!夏フェア!

Photo by TANAKA Juuyoh (田中十洋)

ひたち海浜公園では、「とびっきり!夏フェア!」のイベントが行われています。開催日は7月20日~9月1日で時間は9:30~18:00までです。夏に楽しむことが出来る花たちが皆さまをお出迎えしてくれます。

8月23日~9月1日までは、みはらしの丘のコキアたちがライトアップされます。ライトアップの時期は、夜間開園され18:00~21:30まで営業します。光と音によって作り出される異空間を目にしたら、鳥肌が立つことでしょう。

また、万華鏡やアーティリウム作り体験が出来るクラフトワークのイベントも用意されています。朝から夜までひたち海浜公園を楽しむことが出来るフェアとなっています。

パークアテンダントガイドツアー

Photo by NakaoSodanshitsu

ひたち海浜公園では、園内の花や見どころの紹介をしてくれるツアーに参加することが出来ます。パークアテンダントガイドツアーの詳細についてご紹介します。

9月1日~11月24日の期間中の土・日・祝日に開催されます。時間帯は、10:00~と13:30~で所要時間は1時間ほどになります。定員は10名で参加料金は無料です。天候等の理由により中止になる場合があります。

申込方法ですが、西口ゲート前のアテンダントブースにて当日受付をして頂くことになります。パークアテンダントガイドと一緒に秋の景色を楽しみながら、ひたち海浜公園や花の理解を深めてみてはいかがでしょう。

和太鼓演舞

Photo by Dominic's pics

コキアがライトアップされている時期に、ライトアップステージというイベントが開催されます。その中の一つが、和太鼓演舞です。8月25日にぐるめぐり特設会場で演舞が披露されます。時間帯は、18:30~と20:00~になります。参加料金は無料です。

定員の制限はなく、観覧の為の申し込みは不要で自由観覧型となっています。天候等の理由から中止になる場合があります。

日本の夏のお祭りに欠かすことの出来ない和太鼓を、迫力満点の演舞として披露してくれます。和太鼓の音色を聞き、夏の思い出を作ってみてはいかがでしょう。

フラ&タヒチアンダンスショー

Photo by : : Ys [waiz] : :

先ほどご紹介した和太鼓演舞と同じ場所で披露される、フラ&タヒチアンダンスショーもおすすめです。開催日は8月24日、時間帯は18:30~と20:00~となっております。参加料金は無料です。

和太鼓演舞と同様、定員の制限はなく、観覧の為の申し込みは不要で自由観覧型となっています。天候等の理由から中止になる場合があります。

広大な自然を表現した優雅なフラダンスと、タヒチアンの情熱的な舞が披露されます。また、男性がフラダンスを踊るカネフラも披露されます。異国の文化を感じ学ぶことが出来る、いい機会になることでしょう。

BMXスクール

Photo by kushii

ひたち海浜公園では、BMX専門講師による細かな指導を受けることが出来るスクールが開かれています。開催日は9月1日、10月6日、10月27日となっており、毎月第1日曜日に開催されます。月によって変動があるのでご注意ください。

BMXコースで指導を受けます。時間は、スクーリング10:30~12:30、模擬レース13:00~15:30となっております。定員は年間150名で、参加料金も年間となっています。雨天時は、多目的ホールで行います。

参加するには、事前申し込みが必要となります。現在、新規スクール生の申し込みは定員に達したため受付を終了しています。詳細はお電話で確認することをおすすめします。

何のイベントがやっているか行く前にチェック!

Photo by377053

ひたち海浜公園では、これまでにご紹介した以外にも様々なイベントが開催されています。開催日や時間の詳細は、ひたち海浜公園HPのイベント部分を見ると確認することが出来ます。HPをみて、参加したいイベントを探してみましょう。

その年によって開催日や時間などが変わる場合があります。なので、ひたち海浜公園に行かれる前に確認し、プランを考えてからお出かけされることをおすすめします。

また、ひたちなか市ひたち海浜公園内のイベント会場へのアクセス方法を確認しておくことで、スムーズに向かうことが出来ます。自然と触れ合い、素敵な時間をお過ごしください。

ひたちなか市「ひたち海浜公園」でアトラクション体験

Photo byskeeze

ひたち海浜公園に、園内中をサイクリング出来るサイクリングコースやプレジャーガーデンというアトラクションを楽しめる遊園地があるのを皆さんはご存じですか。ここでば、アトラクションなどの詳細をご紹介します。

子供から大人まで一緒に楽しめるアトラクションがたくさんあります。また、広い園内を移動するのに便利なレンタサイクルもあります。お子さん連れのファミリー必見です。

便利なアクセス手段を駆使し、広大な自然を自分のもののように攻略てみませんか。今までよりも、楽しめ新たな発見が出来るかもしれません。

サイクリングコースも整備

Photo by kushii

ひたち海浜公園には、園内を1周出来る全長約11kmのサイクリングコースがあります。自転車に乗らないとみることの出来ない景色もあります。自転車のスピードを利用し、花の香を楽しむことも出来ます。また、広い園内を移動する手段としてのご利用もおすすめです。

園内に4つのサイクルセンターがあるので、そこで自転車をお借りください。自身の自転車を持ち込み使用することも可能です。レンタル料金は基本料金(3時間)で大人400円、小人250円です。超過料金(30分毎)で大人50円、小人20円となります。

春と秋の繁忙期を除く期間限定のサービスとして、一日券というものがあります。料金は、大人500円、小人300円となっているので、一日券の購入をおすすめします。

25種類以上のアトラクションが楽しめる遊園地

フリー写真素材ぱくたそ

ひたち海浜公園には、25種類以上のアトラクションを楽しむことが出来る遊園地があります。その遊園地の名は、プレジャーガーデンです。アトラクションは、楽しみ方によって4種類に分類されて、マップに記されています。

腹ごしらするためのフード&ショップもあります。また、ガーデンベンチ&木陰づくりを始めたので、涼しい場所で休憩し買ったフードを食べることも出来ます。遊園地内にローズガーデンや水遊び広場があるので、アトラクション以外でも十分楽しむことが出来ます。

プレジャーガーデンへのアクセス方法は、南駐車場に車を止め中央ゲートを通って頂くと最短距離で向かうことが出来ます。ここからは、プレジャーガーデンの詳細をご紹介します。

「プレジャーガーデン」

フリー写真素材ぱくたそ

アトラクションは4種類に分類され、ドリーミーアトラクションで楽しめるのは、大観覧車やメリーゴーランドです。アドベンチャーアトラクションでは、迷路やゴーカートなどワクワク出来、小さなお子さんでも楽しめるアトラクションが揃っています。

コインアトラクションでは、野球やサッカーなどのスポーツゲームが用意されています。親子で対戦して盛り上がることが出来ます。

Photo byRonPorter

のりもの券は100円分から、回数券は、のりもの券1100円分を1000円で販売しています。また、のりもの1日フリーパスは1名3400円(3歳以上同一料金)で22種類のアトラクションが乗り放題です。遊園地だけで1日楽しめる程充実した施設になっています。

ひたちなか市観光は「ひたち海浜公園」が断然おすすめ

Photo by Jhiro02

これまで、ひたちなかにあるひたち海浜公園内のおすすめなスポット、アクセス方法やイベント、四季折々楽しめる花についてご紹介してきましたがいかがでしたか。

自然を存分に味わうことの出来る国営公園となっています。みはらしの丘一面に広がる、全国的に有名なネモフィラやコキアを見てみませんか。子供からお年寄りまでどの世代の方にも楽しんで頂ける、おすすめの公園となっています。

さくちろ
ライター

さくちろ

関東在住。結婚を機に退職して現在は主婦です。御朱印めぐりに興味あり。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング