室戸岬のジオパークで地球の地質を学ぼう!ユネスコ世界遺産は魅力がいっぱい

室戸岬のジオパークで地球の地質を学ぼう!ユネスコ世界遺産は魅力がいっぱい

高知県で観光といえば四万十川や桂浜などが有名ですが、室戸岬もおすすめです。自然豊かな室戸岬のジオパークは、楽しさと学びの宝庫です。ジオパークで、海や生き物、自然に触れて、地球について楽しく学びませんか?室戸岬のジオパークの魅力を紹介しまょう。

記事の目次

  1. 1.ジオパークとは?
  2. 2.室戸岬のジオパークはユネスコ世界ジオパークにも認定
  3. 3.室戸岬のジオパークの見どころ
  4. 4.室戸岬で地球の神秘を知ろう
  5. 5.室戸岬を楽しもう
  6. 6.室戸岬にあるホテル・宿泊施設
  7. 7.室戸岬のジオパークは見どころいっぱい

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

ジオパークとは?

Photo byrinaagtiana

ジオパークという言葉を聞いたことがありますか?ジオパークとは、地質学や考古学、生態学的に重要な地域のことをいいます。また、文化的に価値のある地域のことも指します。ジオパークの「ジオ」は地球や大地を、「パーク」は公園を意味しています。

地球を楽しむ場所のこと

Photo byGGGGLR

ジオパークでは、地球について楽しく学べます。ジオパークの地質や自然は、地球の歴史の蓄積です。地球の歴史を知ることによって、それに関わるヒトの文化や生活の歴史にも気づけます。ジオパークは、自然と人間の繋がりについて学べる場所です。

ジオパークの施設には、ジオガイドという案内人が駐在しています。ジオガイドが、分かりやすくジオパークについて説明してくれるので、より詳しく学べます。新しい視点で自然を見ると、大地の美しさや素晴らしさを堪能でき、歴史や文化に関する知識も深まります。

フリー写真素材ぱくたそ

ジオパークを実際に歩くと、鳥の声や水の流れる音、土の匂いを体感することができます。また、土や岩の触感を楽しんだり、どんな虫がいるのか発見したりできます。地元の食を楽しむのもジオパークでの楽しみの1つです。

日本では44地域が認定されている

Photo by : : Ys [waiz] : :

日本のジオパークは、44地域あります。北海道から九州地方までの幅広い範囲に存在し、日本ジオパーク委員会が認定しています。ここでは、日本ジオパークに認定されてる地域を紹介します。

日本における認定地域

フリー写真素材ぱくたそ

日本ジオパークについて、北海道から地方ごとに紹介します。北海道地方では、5箇所の地域が日本ジオパークに認定されています。白滝と三笠、とかち鹿追、洞爺湖有珠山、アポイ岳です。

東北地方には、8箇所のジオパークがあります。下北や八峰白神、ゆざわ、男鹿半島・大潟、三陸、鳥海山・飛島、栗駒山麓、磐梯山です。

中部地方は、9箇所のジオパークがあります。佐渡、苗場山麓、糸魚川、立山黒部、浅間山北麓、白山手取川、恐竜渓谷ふくい勝山、南アルプス、伊豆半島です。

Photo byDeltaWorks

関東地方のジオパークは、秩父と銚子、伊豆大島、箱根、筑波山地域、下仁田の6箇所です。近畿地方は、南紀熊野と山陰海岸の2箇所です。

中国地方のジオパークは、隠岐や萩、Mine秋吉台、島根半島・宍道湖中海の4箇所です。四国地方のジオパークは、室戸と四国西予の2箇所です。九州地方は、島原半島、天草、阿蘇、おおいた豊後大野、おおいた姫島、霧島、桜島・錦江湾、三島村・鬼界カルデラの8箇所です。

室戸岬のジオパークはユネスコ世界ジオパークにも認定

Photo by honobon

日本にあるジオパークの中でも、室戸岬は高品質で、よりたくさんのことを学べる地域です。四国地方で唯一ユネスコ世界ジオパークにも認定され、世界レベルで室戸岬の価値が認められています。

ユネスコ世界ジオパークとは?

Photo bykordi_vahle

ユネスコ世界ジオパークとは、ユネスコの正式事業です。地質学的な遺産を保護して、研究に役立てています。また、自然と人間の関わりを理解する場所として整備し、教育や地域活性化に生かすことを目的としています。

日本における認定地域

Photo by sunoochi

日本では、8地域がユネスコ世界ジオパークに認定されています。洞爺湖有珠山、糸魚川、島原半島、山陰海岸、室戸、隠岐、阿蘇、アポイ岳、伊豆半島です。

世界遺産よりも数は少ないが広がりを見せている

Photo byGGGGLR

唯一の価値のある地域を保護と保存を目的とする取り組みといえば、世界遺産です。誰もが知っている世界遺産ですが、世界ジオパークと同様、ユネスコに認定されています。世界遺産と世界ジオパークは、同じような活動に見えて、実は中身が全く違います。

まず、世界遺産と世界ジオパークの違いについて紹介します。世界遺産は、貴重な地域が重要視しています。一方、世界ジオパークは地域だけでなく、その地域の資源利用や発展も重要視しています。

そのため世界ジオパークは世界遺産よりも、重要な地域それぞれの魅力を体感できます。世界ジオパークは、ガイドや設備も整っているので観光に最適です。

Photo byrinaagtiana

世界遺産は、世界で1121件(2019年7月現在)が認められていて、多くの文化遺産や自然遺産があります。しかし、ユネスコ世界ジオパークも少しずつ増えてきています。現在、世界で41か国147地域(2019年4月現在)がユネスコ世界ジオパークとして認定されています。

数や認知度は世界遺産が高いですが、世界ジオパークの質は世界遺産に引けを取りません。世界ジオパークは4年に1度、見直しが行われています。

この見直しは、ジオパークの重要さだけでなく、体験プログラムや地域振興などの運営にも目が向けられます。そのため、ジオパークは高品質な環境状態や学びの場、観光事業を保っています。

室戸岬のジオパークの見どころ

Photo by izunavi

高知県に世界遺産はありませんが、世界ジオパークは存在します。それは、四国で唯一の世界ジオパークである、室戸ユネスコ世界ジオパークです。室戸ユネスコ世界ジオパークは、高知県の東南部に位置する室戸市にあります。

室戸ユネスコ世界ジオパークには、地形や文化、動植物などの見どころがたくさんあります。室戸ユネスコ世界ジオパークは、羽根、吉良川、室戸、佐喜浜、室戸岬の5地域から成ります。どの地域もそれぞれの見どころがあります。

Photo bybertvthul

「どの地域から行こうか」「どこから周ればいいのか」と迷った時には、室戸ユネスコ世界ジオパークセンターに行きましょう。室戸のジオパークの拠点となっているので、様々な情報を得られます。

室戸世界ジオパークセンターはこんなところ

Photo by yuchinmchu

室戸ユネスコ世界ジオパークセンターでは、ジオパークの楽しみ方や周り方を知ることができます。ジオパークの成り立ちや大地で過ごす人々の姿などの展示もあります。ジオパークセンターで知識を得ることで、よりジオパークを楽しめます。

ジオパークセンターには、展示のほかにジオシアターやジオガイダンスゾーンなどのコーナーがあります。どれも見どころ満載のコーナーなので、それぞれ紹介しましょう。

ジオシアター

フリー写真素材ぱくたそ

ジオシアターでは、大型スクリーンが備えついており、迫力満点で臨場感溢れる体験をすることができます。

ジオガイダンスゾーン

フリー写真素材ぱくたそ

ジオガイダンスゾーンでは、オリジナルグッズ販売を行っています。Tシャツやトートバッグ、ピンバッジなどがあります。また、体験プログラムの案内を行うインフォメーションカウンターもあります。体験プログラムには、サイクリングや自然体験などがあります。

インフォメーションセンターでは、ガイドさんがジオパークの見どころを教えてくれたり、おすすめの周る順番を教えてくれたりします。分からないことがあったら、まずインフォメーションセンターで聞いてみましょう。

ツアー案内も確認できる

Photo byPezibear

室戸世界ジオパークセンターでは、ツアー案内も行っています。ツアーは、室戸岬ツアーや段ノ谷山ツアー、吉良川まちなみツアーなどがあります。

日時に限りがありますが、クルージングやイモ掘りなどのツアーが開催される時もあります。普段は出来ない貴重な体験をすることができるので、是非チェックしてみてください。

アクセス

奈半利駅からバスに約60分乗り、バス停「室戸世界ジオパークセンター」で下車してすぐです。車の場合、高知道南国ICから約120分です。

住所 室戸市室戸岬町1810-2
電話番号 0887-22-5161

室戸岬で地球の神秘を知ろう

Photo byChermano

室戸ジオパークの中でも、日本新八景にも選ばれている室戸岬には見どころがたくさんあります。地震によって出来上がった海岸やマグマの痕跡、面白い形の岩、アコウの木など、どれもおすすめです。

海と大地に関わるものも多いので、地球の神秘や凄さを感じることができます。ここでは、室戸岬の見どころであるジオサイトを紹介します。

アコウの木

Photo byY_Suzuki2

室戸岬のジオパークの見どころの1つが、アコウの木です。アコウの木の特徴は、枝から垂れ下がる気根や網目のように絡む幹です。室戸岬のアコウの木は、気根が力強く岩に絡みついて、成長しています。アコウの木の力強さは、生命力を感じさせます。

アコウの木は、動物によって別の木の上に種が運ばれてから、どんどん下に向かって成長します。元あった木に、アコウの木の根が絡みつきながら成長し、最後には元あった木は枯れてしまいます。このことから、別名「絞め殺しの木」と呼ばれています。

アコウの木は、室戸市の天然記念物に指定されています。アコウの木は、亜熱帯植物なので、暖かい地域でしか見られません。アコウの木を見られるのは、室戸岬乱礁遊歩道です。

室戸岬乱礁遊歩道

フリー写真素材ぱくたそ

室戸の地形や植物を観察するには、室戸岬乱礁遊歩道がおすすめです。室戸岬の海岸沿い約2.6kmに渡り、歩けるようになっていて、室戸岬の自然を満喫できます。

室戸岬乱礁遊歩道では、アコウの木、ハマユウなどの亜熱帯植物を見られます。ほかにも、空海伝説の残るクワズイモや土佐備長炭の元となるウバメガシなどの植物も見られます。乱礁遊歩道には虫や蝶などの生物もいるので、観察できます。

室戸岬乱礁遊歩道は、自然だけではなく、歴史も学べます。空海が悟りを開いたとされる「御厨人窟(みくろど)」や「行水の池」、「目洗いの池」などがあります。室戸岬の見どころがたくさん詰まっているので、室戸乱礁遊歩道は必見です。

びしゃご岩

フリー写真素材ぱくたそ

びしゃご岩は、マグマが地層のヒビに入りこんで固まったとされる岩です。固まった岩がその後、地殻変動で垂直に回転して現在の形になっています。マグマが冷やされて固まった時間により、部位によって模様が異なっています。

びしゃご岩は、ただの岩ではありません。美女「おさご」の伝説のある岩です。美女「おさご」の伝説について学んでから、岩を見ると違う視点で見られて面白いです。

天狗岩

Photo bydiego_torres

室戸岬には、天狗の形をした岩もあります。天狗の鼻のように岩が長く尖っています。室戸岬の自然が作りだしたものなので、台風などの影響で形が変わる可能性があります。

岩が天狗の形に見える角度は限られています。どこから見えるのか探して楽しめます。室戸岬には、天狗岩のほかにも、子授の岩やエボシ岩などの岩もあり、どれも見どころです。

室戸岬を楽しもう

Photo by honobon

自然豊かな室戸岬ですが、レジャースポットもあります。水族館や展望台などがあるので、楽しめること間違いなしです。ここからは、室戸岬をより楽しめるスポットを紹介します。

室戸岬展望台

Photo bycocoparisienne

室戸岬展望台では、室戸岬や広々とした海を見られます。330℃のパノラマは圧巻です。晴れの日には、地平線も見られます。室戸岬にある中岡慎太郎の像の横から登ると、展望台へ行けます。室戸岬展望台は恋人の聖地に認定されているので、カップルで行くのもおすすめです。

室戸岬には、室戸岬展望台の他にも展望台があります。スカイライン山頂展望台と、室戸岬灯台展望台です。どの展望台に行っても、室戸岬の絶景を堪能することができます。室戸岬に訪れた際には、是非展望台に行きましょう。

室戸海洋深層水 アクアファーム

Photo bybella67

室戸市は、海洋深海水の研究に力を入れています。1985年に科学技術庁アクアマリン計画のモデル海域指定を受けて、室戸岬に日本初の海洋深海水研究所を設立しました。2000年4月に、第3取水施設として「アクアファーム」を設立しました。

海洋深海水とは、日光の届かない水深200m以下の層にある海水のことをいいます。表層の海水と異なり、ミネラルがバランスよく含まれ、無期栄養塩類も豊富です。また、細菌類にも汚染されておらず、きれいで安心な水です。医療や美容、環境などの分野で注目されています。

Photo byMartinStr

アクアファームでは、パネルの展示やビデオ上映を行っていて、海洋深海水について学べます。海洋深海水に実際に触ることもできます。海洋深海水を使った商品を展示、販売しているので、お土産にいかがでしょうか?

住所 高知県室戸市室戸岬町3507-1
電話番号 0887-24-2822

むろと廃校水族館

フリー写真素材ぱくたそ

むろと廃校水族館は、学校で魚を見られる施設です。廃校になった小学校を改修し、2018年4月に水族館としてオープンしました。水族館では、ブリやサメなど、50種類1000匹以上の魚が展示されています。

小学校で使っていた机や椅子はそのまま残してあるので、どこか懐かしい雰囲気を感じながら、生き物を見られます。残っている屋外プールには、カメが泳いでいます。一味違った水族館を楽しめます。

Photo byPexels

料金は、大人(高校生以上)600円、子ども(小・中学生)300円です。未就学児は無料で、ベビールーム(授乳室)もあるので、お子様連れに優しいです。年中無休なので、いつ訪れても楽しめます。

住所 高知県室戸市室戸岬町533-2
電話番号 0887-22-0815

室戸ドルフィンセンター

Photo byClaudia14

室戸ドルフィンセンターでは、イルカと一緒に遊ぶことができます。5つの体験プログラムがあり、イルカに触ったり、間近で見たりできるので、とても楽しめます。

イルカのトレーナー体験もすることができます。スタッフに教えてもらいながら、イルカに餌をあげたり、サインを出して遊んだりします。このプログラムは、4歳以上であれば体験可能で、値段は2160円です。事前予約が必要です。

Photo bychristels

イルカと一緒に泳ぐこともできる、ドルフィンスイムというプログラムもあります。ウェットスーツを着て、海でイルカと触れ合って楽しめます。小学生以上(身長110cm以上)であれば参加可能で、予約必須です。

ドルフィンスイムは、時期によって値段が異なるので注意が必要です。3~10月は子供(小学生)5400円、大人(中学生以上)8640円です。11月~2月は、子供(小学生)4320円、大人(中学生以上)6480円です。

住所 高知県室戸市室戸岬町字鯨浜6810-162
電話番号 0887-22-1245

室戸岬にあるホテル・宿泊施設

Photo bybottlein

室戸には、ゆっくりくつろげるホテルやおしゃれなホテル、地元の料理を味わえるホテルなどさまざまな宿泊施設があります。それぞれの宿泊施設のおすすめポイントを紹介します。

ウトコ オーベルジュ&スパ

Photo byCyprusVillas

ウトコ オーベルージュ&スパは、非日常を味わえるホテルです。全室オーシャンビューなので、空と海を楽しめます。白色で統一された部屋は、清潔でおしゃれな空間です。スイートルームもあるので、贅沢な時間を過ごせます。

疲れた時には、ホテル内のスパとプールがおすすめです。温かい海洋深海水のプールに入ると、筋肉が柔らかくなります。また海洋深海水にはミネラルが多く含まれているので、心と体が休まります。スパは、全身や下半身など、お好みのコースを選べます。

アクセス

JR奈半利駅から車で、約45分でホテルに到着します。送迎サービスを利用することができ、高知空港とJR奈半利駅まで迎えにきてくれます。1日1便のみで、4日前までに予約が必要です。

ホテル ジオパーク夢路灯 6610 & レストラン

Photo byPexels

ホテル ジオパーク夢路灯は、ジオパークの中にあるホテルです。2015年4月にオープンしたので、新しいホテルです。ジオパークの中にあるので、ジオパークを一日中満喫したい人におすすめです。

レストランからは太平洋を見られます。また、明るい光も差し込むので、最高のシチュエーションで食事を愉しめます。客室からも海を見られるので、ホテルにいながらもジオパークを楽しめます。

アクセス

高知東部バスで「岬ホテル前」で下車してすぐです。無料の駐車場もあるので、車で訪れても安心です。

住所 高知県室戸市室戸岬町4033-1
電話番号 0887-22-6601

ホテル明星

Photo byPhotoMIX-Company

ホテル明星は、政府登録国際観光旅館です。客室は全室オーシャンビューなので、ホテルで海を見て安らぎのひと時を過ごせます。

おすすめは、海洋深海水の露天風呂です。室戸だからこそ味わえる、100%の海洋深海水に浸かれます。身体が浮いたり、肌が滑らかになったりと様々な体験ができます。

料理も美味しく、室戸の海の幸を堪能できます。ながれこ(鮑の一種)や伊勢エビ、金目鯛など、どれも絶品です。海鮮料理だけでなく、高知県の和牛である土佐あかうしも食べられます。

アクセス

JR奈半利駅から、バスに約50分乗り、大師像前で下車するとホテルに着きます。車の場合、高知駅から約2時間で到着します。ホテルの駐車場は無料です。

ホテル冨士

フリー写真素材ぱくたそ

室戸岬へのアクセスが抜群に良いのは、ホテル冨士です。室戸岬まで車で8分なので、室戸岬に気軽に行けて存分に楽しめます。素泊まりプランは1泊4000円から、朝食付きプランは1泊4500円からで、お財布に優しいです。

部屋は全室和室です。部屋に無線LANが完備しているのが、嬉しいポイントです。また、漫画コーナーやDVDレンタルもあります。

アクセス

JR奈半利駅からバスに40分乗り、「室戸」で下車します。下車後、徒歩2分でホテル冨士に着きます。車の場合、JR奈半利駅から30分、南国ICから90分で着きます。駐車場はありますが、予約必須です。

室戸岬のジオパークは見どころいっぱい

Photo byTravelCoffeeBook

室戸岬のジオパークには、アコウの木や室戸岬展望台など見どころがたくさん詰まっています。室戸岬で自然や地球の素晴らしさを体感してみませんか?高知県に訪れた際には、是非室戸岬で楽しく学びましょう。

あゆ
ライター

あゆ

関東在住のあゆです。食べることが好きで、特にスイーツとパンが好きです。趣味はお菓子作りで、子どものおやつをよく作っています。旅行なども好きなので、色々な観光地やスイーツなどを中心に、魅力を伝えていきたいと思います。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング