イタリアの高級リゾート地・サルデーニャ島を観光しよう!見所や気になる治安は?

イタリアの高級リゾート地・サルデーニャ島を観光しよう!見所や気になる治安は?

地中海に浮かぶイタリアの有名な高級リゾート地が「サルデーニャ島」です。高級リゾート地とされるだけあり、美しい海の青色に心を奪われます。サルデーニャ島は、地中海ではシチリア島に次いで2番目に大きな島であり、観光名所も多く存在し、訪れる人を楽しませています。

    記事の目次

    1. 1.セレブ御用達の高級リゾート地「サルデーニャ島」とは
    2. 2.サルデーニャ島ってどんなところ?
    3. 3.サルデーニャ島の見所
    4. 4.サルデーニャ島の治安は?
    5. 5.サルデーニャ島のおすすめレストラン
    6. 6.サルデーニャ島の外せない観光スポット
    7. 7.サルデーニャ島で日常を忘れて贅沢時間を

    店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

    セレブ御用達の高級リゾート地「サルデーニャ島」とは

    Photo bysweetlouise

    世界中に存在するセレブ御用達の高級リゾート地で、イタリアを代表するのが地中海に浮かぶ「サルデーニャ島」です。サルデーニャ島は島の周りをエメラルドクリーンの海に囲まれた高級リゾート地で、ハイシーズンの夏には、サルデーニャ島のビーチは多くの人で賑わいます。

    一度訪れるとその美しさに心奪われ忘れられなくなる高級リゾート地が、イタリアを代表するサルデーニャ島です。

    サルデーニャ島ってどんなところ?

    Photo byolafpictures

    サルデーニャ島は島の全周を地中海に囲まれており、シチリア島に次いで2番目に大きな島です。主都はカリャリといい、流通している通貨はユーロです。治安も比較的よく、のんびりとした時間の流れを楽しむことができる場所でしょう。

    イタリアの絶景リゾートアイランド

    Photo byFree-Photos

    サルデーニャ島はイタリアの高級リゾート地であり、絶景のリゾートアイランドでもあります。夏のビーチは美しい青が目を惹き、夜は町全体がライトアップされ幻想的な夜景が広がります。

    西地中海の中央に位置

    Photo byfjaka

    サルデーニャ島は西地中海の中央に位置しています。そのためサルデーニャ島は地中海性気候になっており、ハイシーズンの夏は暑く、春と秋は暖かい気候になっています。冬も穏やかな気候なので年間を通して過ごしやすく、観光客が途絶えることがありません。

    イタリアに5つある特別自治州のひとつ

    Photo byTommy_Rau

    イタリアには、特別自治州が5つあります。5つの州はトレンティーノ=アルト・アディジェ州、ヴァッレ・ダオスタ州、フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州、シチリア州に次いでサルデーニャ州も含まれています。特別自治区とは一定の分野における独占的な立法権が認められるというものです。

    通常の地方自治区よりも大きな地方自治権を有しています。通常の自治区と特別自治区にわかれているのには、イタリアの過去の政治的特色が色濃く繁栄されているともいえます。

    イタリアは元々まとまりのあった一つの国だったわけではなく、19世紀に起こった統一運動でまとまった国だということも要因しているともいえます。そういったイタリアの時代背景を知って観光をすると、行く先々で見所が増えるでしょう。

    サルデーニャ島の見所

    Photo byAsugi

    高級リゾート地であるイタリアのサルデーニャ島は、治安もよく、島全体が見所になっており、一言でここ!と言い切るのがとても難しい場所です。歴史的遺産に美しい景観、火の打ちどころがない高級リゾート観光地の代名詞がサルデーニャ島でしょう。

    神秘的な文化と謎の多い歴史遺産

    Photo byMireXa

    サルデーニャ島には、今なお謎の多い歴史遺産が多く現存しています。謎の多さからも神秘的要素を増し、惹きつけられるも多くいます。サルデーニャ島は、過去にスペインが統治していた時代もあるため、イタリアの文化とスペインの文化か混ざり、独特の文化を生み出しています。

    村や町によって多種多様な民族衣装も存在しており、村や町を表す美しい民族衣装を着用した女性や男性が町を歩いている姿をよく見ることができます。お祭り大国でもあるサルデーニャ島では、年間2000を超える祭りが開催されており、常にどこかでお祭りが開催されています。

    治安も良いので安心して楽しむことができます。お祭りではサルデーニャ島の民族衣装をまとった人が大集合するので、民族衣装のお祭りのようにも見えます。

    色鮮やかな街並み

    Photo byCouleur

    イタリアサルデーニャ島の町並は、とても色鮮やかで美しく、まるでおとぎ話の中の世界の一面のように見えます。サルデーニャ島の一部の村などでは「イタリアの最もうつくしい村」クラブに加入している場所もあります。

    イタリアといえば、芸術の街でもあり、ルネッサンスが残した歴史的遺産は、モノだけでなく家や町など、人々の生活に根付いています。日常の生活から芸術に染まっているサルデーニャ島の町並みは、見所が多く一度訪れると忘れられない美しさに、心奪われる人も多いでしょう。

    それぞれの個性を持つビーチ

    Photo by12019

    サルデーニャ島は、島全周を絶景の海に囲まれており、個性を持ったビーチがいくつか存在します。サルデーニャ島で最大の都市であるカリアリ郊外にあるポエットビーチは、アクセスの良さからも地元の人や観光客に人気のビーチです。

    多くの人が訪れるビーチなので、大変活気のある雰囲気も人気の秘訣です。コスタスメラルダ地域にあるビーチは、この付近には著名人も住んで居ることから、過度に人が集まることもなく、比較的静かにビーチを楽しむことができる場所です。

    Photo byRussell_Yan

    著名人も住むほどなので、海だけでなく街の美しさも保障付きです。他にもまだまだ個性を持ったビーチが数多く存在するので、見所も多く美しいサルデーニャのビーチ散策も、旅の楽しみ方の一つでしょう。

    サルデーニャ島の治安は?

    Photo byOpenpics

    イタリアの治安は日本と比べると、お世辞にも良いとは言えません。イタリアも日本同様に、多くの観光客が訪れる人気の国ですが、その観光客を狙ったスリや置き引き、詐欺が後を絶ちません。旅行の際は、財布などの貴重品はしっかりと管理するように心がけて下さい。

    観光客には法外な値段で物を販売する詐欺もあるので、買い物などの際も価格が怪しいと思ったらすぐに購入をやめるようにしましょう。また、治安が良くないなと思う場所に入ってしまったら、すぐに出る様にしましょう。

    Photo bysweetlouise

    イタリア全土で見ると治安はさほど良くないですが、サルデーニャ島はイタリアの中でも治安は最もよいといわれています。イタリア本土から離れていることと、サルデーニャの治安の良さには文化や土着民族が関係しているといわれています。

    イタリア本土に比べると安全

    Photo by s_mestdagh

    世界屈指の高級リゾート地であるサルデーニャは、ハイシーズンの夏になると、島のほとんどは観光の外国人でいっぱいになります。サルデーニャ島に訪れる観光客は、他国の人が多く集まるということを認識しており、マナーが良い人がほぼ大半です。

    また、サルデーニャ島に古くから住んで居る民族もイタリアの本土とは文化が違うので、治安が悪くなるようなことが起こりにくく、サルデーニャ島は治安が良いと言われる理由にもなっています。

    所持品の管理はしっかりと

    Photo byLUM3N

    日本の治安の良さは世界トップクラスです。サルデーニャ島もイタリアの中では最も治安が良いといわれていますが、人気の高級リゾート地であり、世界中の色んな国の人が多く集まる場所でもあります。

    日本の様な治安の良さは世界的にみても稀なことなので、同じ感覚で貴重品は管理しないように気を付けましょう。貴重品などの大切な所持品は失くさないように、また、犯罪被害に遭わないように、鞄もファスナー付きのものを使用し、前で抱えて持つなど、しっかりと管理をしましょう。

    サルデーニャ島のおすすめレストラン

    Photo byFree-Photos

    サルデーニャ島はただ美しい場所なだけではありません。おいしい食べ物もたくさんあります。美しい町並みと美味しい食べ物が、サルデーニャ島の醍醐味と言っても過言ではないでしょう。

    日常の喧騒から離れて、体の中からのんびりとサルデーニャ島を満喫しましょう。サルデーニャ島でおすすめのレストランをご紹介します。

    Terradome Agriturismo Resort

    Photo byTakmeomeo

    食事が美味しいのはもちろんですが、料理の美味しさや細かな気遣いまでして貰えると人気なのが、「Terradome Agriturismo Resort」です。その気遣いでサルデーニャ島で人気の結婚式場にもなっています。

    美味しい食事だけでなく、幸せな気持ちも味わうことができるレストランです。ビーガンやアレルギーなどにも対応をして貰えると人気です。

    住所 Via Santa Maria, 09010 Uta CA
    電話番号 3387251569

    Officina del Gusto

    Photo byFree-Photos

    サルデーニャ島のオルビアにあるのが「Officina del Gusto(オッフィチーナ・デル・グスト)」です。サルデーニャ島でも人気のレストランで、予約をした方がよいほどです。ディナータイムには満席なのは日常茶飯事で、お店の外で並んで待つ人を見かけます。

    地元の食材を中心とした料理で、魚介類を使用したメニューが多くあります。和食のメニューもあるので、日本人にも嬉しいサービスがあるお店です。営業時間は19時~23時30分で年中無休となっています。料理の盛り付けもお洒落で味も文句なしの素敵なレストランです。

    住所 Piazza Matteotti 1, Olbia
    電話番号 078928701

    Sardigna Street Food

    Photo byniekverlaan

    様々なタイプのハンバーガーやサンドイッチを食べられると人気のお店が「Sardigna Street Food(サルディグナ・ストリート・フード)」です。仲の具材が非常に豊富で、羊や馬肉、カツレツなどを使用しています。

    大きさもあるので非常にボリューミーなハンバーガーやサンドイッチで、胃も満たされること間違いなしでしょう。美味しい生野菜や焼き野菜と合わせて、具材をカスタムできるのも人気の秘訣です。ディナータイムは満席になることが多いので、予約をしていくことをおすすめします。

    Photo by Sean MacEntee

    ハンバーガーやサンドイッチは軽食と思われがちですが、Sardigna Street Foodのメニューは、しっかりとメインの食事にもなり、今までの固定概念を覆してくれます。営業時間は20時~3時までで、休業日は火曜日となっています。

    住所 viale dei cipressi Villasimìus, Sardegna, Italy
    電話番号 3486938399

    サルデーニャ島の外せない観光スポット

    Photo byGiglio_di_mare

    余すことなくサルデーニャ島を堪能するために、サルデーニャ島を訪れた際に、これは外せない!というおすすめ観光スポットをご紹介します。サルデーニャの観光スポットの多くは見所の多い歴史的遺産です。

    そうした場所を観光することで、現在は高級リゾート地として有名なサルデーニャの魅力を、更に知ることができるでしょう。

    カリアリ

    Photo byStephanieAlbert

    サルデーニャ島の南部に位置する都市が「カリアリ」です。サルデーニャ島では最大の都市です。サルデーニャ自治州の州都となっており、約15万人ほどが住んでいる地域となっています。

    またカリアリ県の県都でもあります。カリアリにはカリアリ国際空港があるので、サルデーニャ島の南の玄関口にもなっています。そのため多くの観光客も訪れる場所です。

    サルデーニャ島といえば、美しい海とビーチ、色鮮やかな景観が特徴ですが、カリアリは首都なだけあり都会です。通常の都会とは違い、サルデーニャ島独自の文化を取り入れた都会なので、都会の中にも文化を感じることができます。サルデーニャ島の外せない観光スポットです。

    ボナリア聖母教会

    Photo by cristianocani

    世界中から観光客だけでなく、巡礼者も訪れるのが「ボナリア聖母教会」です。丘の上に建てられている美しい教会で、見所も多く近年では結婚式場としても人気の場所です。ボナリア聖母教会は、ただ美しいだけではなく、奇跡の教会ともいわれています。

    ボナリア聖母教会には一体のマリア像が祀られており、このマリア像に祈りを捧げると奇跡が起こることから、奇跡の教会の別名が着きました。このマリア像には伝説が残っており、スペインから一隻の船がカリアリ近くを航海していると、酷い悪天候に見舞われます。

    Photo byCouleur

    乗組員たちは生き残るために船にあったものを全て海に投げ入れます。最後に残ったマリア像を投げ入れると、ピタッと嵐はやみ、マリア像も無事に浜に打ち上げられたという伝説です。その打ち上げられたマリア像こそ、ボナリア聖母教会に祀られているマリア像です。

    感謝の証として教会を建て、祀られました。ボナリアとは「いい天気」という意味を持っており、伝説から教会名ボナリアを名づけられています。サルデーニャ島へ訪れたなら、是非、ボナリア聖母教会のマリア様に会いに行ってみましょう。

    テラッツァ・ウンベルト

    Photo bysuetot

    カリアリの街並みを一望できるのが「テラッツァ・ウンベルト」の展望台です。カリアリの港からは600m程の所にある高台で、19世紀にスペイン軍の砦の上に建てらた展望台です。南イタリアの風景を一望できる人気観光スポットとなっています。

    エレベーターも付いているので、小さなお子様と一緒に登ることもできます。歴史的建造物も見所が多いですが、美しいカリアリの街並みも歴史的建造物と同じぐらいに価値のあるものです。

    円形闘技場

    Photo by k14

    古代サルデーニャ人の優れた文化を直にみることができるのが「円形闘技場」です。1世紀から2世紀頃の間に建てられた、ローマ時代の円形闘技場の上に建てたといわれるサルデーニャ島を代表する歴史的建築物の一つです。

    国立考古学博物館

    Photo bySprinter_Lucio

    サルデーニャ島はイタリアの一部ではありますが、イタリア本土とは異なった独特の文化を持っています。そのサルデーニャ独自の文化を知ることができるのが、「国立考古学博物館」です。館内は広く4つにわかれているので、見所の多いおすすめ観光スポットです。

    カリアリから発見された陶器やアクセサリーなどが展示されています。カリアリを散策する前に訪れておおくと、カリアリの歴史的背景を知ることができるので、よりカリアリの観光が楽しい物になるでしょう。

    アルゲーロ

    Photo byevondue

    マリン高級リゾート地として人気なのが「アルゲーロ」です。サルデーニャ島の北西にある港街です。アルゲーロはサルデーニャ島から一番スペインに近い場所になります。

    そのため、街にはカタルーニャ風のゴシック建築も含まれており、カタルーニャ語の看板もあります。珊瑚が町の名物で、珊瑚を使用したアクセサリー店など、珊瑚関連のお店が多く並んでいます。

    ポルトフェロ

    Photo byFree-Photos

    強い風が吹くため、サーフィンをするのにおすすめなのが「ポルトフェロ」です。サルデーニャ島のビーチの内の一つです。穀物と殻が混じった黄土色の砂のビーチで、キャンピングカーを駐車することができる広大な敷地面積なのも人気の理由です。

    キャンプをして休暇を過ごす観光客もいるほどです。また、風が強いビーチとしてサーファーにも人気の場所です。地中海で思う存分サーフィンをして過ごす休暇も素敵でしょう。

    カテドラーレ

    Photo by Luciano Guelfi

    港町であるアルゲーロにある「カテドラーレ」はアルゲーロを代表する大聖堂です。正式名称は「カテドラーレ・ディ・サンタマリア カンパニェーレ」です。

    後陣部と鐘楼が創建当時のもので、16世紀カタロニア後期のゴシック様式となっています。大聖堂の内部には美しい大理石の彫刻もあり、見所の多い大聖堂です。

    ネプチューン洞窟

    Photo bydanilocarta

    神様の名前がついている神聖な場所「ネプチューン洞窟」の入り口は、カッチャ岬にあります。アルゲーロから船に乗って約45分で、カッチャ岬へはいくことができます。内部へ入ると、はっと息をのむほどの美しく神秘的な世界が広がっています。

    ネプチューン洞窟は一言でいうと、鍾乳洞ですが、通常の鍾乳洞とは異なり、ネプチューンと海の神様の名前が付き、美しさは世界レベルを誇ります。見所の多いネプチューン洞窟は、天井から垂れ下がる鍾乳石が美しい部屋のカーテンの様にも見え、まさにネプチューンの住処の様です。

    カタルーニャの城壁

    Photo byJosepMonter

    サルデーニャ島で人気の観光スポットである港町のアルゲーロは、旧市街が海岸線を城壁に囲まれています。通称「カタルーニャの城壁」です。アルゲーロの町は、14世紀にアラゴン・カタルーニャ連合によって占拠された場所です。

    アラゴン・カタルーニャは占拠後に移住し、居住地にしたことから、名づけられています。歴史を感じる城壁は、今もアルゲーロの町を見守り続けています。
     

    カーポカッチャの断崖

    Photo byFree-Photos

    バーティカルクリフが人気の場所として有名なのが、「カーポカッチャの断崖」です。バーティカルクリフとは、断崖絶壁をロープで降りていくスリルを楽しむアクティビティです。カーポッチャの断崖は、海風により長い年月をかけて出来上がった断崖です。

    ただアクティビティを楽しむだけでなく、観賞用の遊歩道も設置されているので、のんびりと美しいイタリアの地中海を見ることができます。

    オルビア

    Photo byMabelAmber

    サルデーニャ島の北の窓口が「オルビア」です。高級リゾート地として有名なコスタ・ズメラルダ、通称エメラルド海岸が広がっています。セレブも御用達の高級ビーチリゾート地へ非常にアクセスのしやすい場所です。

    オルビアの町自体は他の街と比べると見所は少ないですが、宿泊施設やお洒落な飲食店が多く、各観光名所へのアクセスは抜群なので多くの人が訪れる人気の場所です。

    コスタコラリナビーチ

    Photo bysulox32

    オリビアの高級リゾートビーチが「コスタコラリナビーチ」です。オリビアはお洒落な飲食店や宿泊施設が多い町ですが、サルデーニャ島を訪れたなら、是非とも美しい地中海のビーチを楽しんでみましょう。混み合うことが少ないビーチなので、のんびりとしたい人にもおすすめです。

    聖シンプリチョ大聖堂

    Photo by Fiore S. Barbato

    オリビアの代表する観光名所は美しい大聖堂「聖シンプリチョ大聖堂」です。カルダゴ時代から墓地として使用されていたといわれています。その後長い年月を経て内部からファサードを建築された建物です。

    長い年月を経て建築されていた大聖堂なので、時代の流れや特徴を知ることができる建物でもあります。訪れるとオリビアの歴史をも知ることができる博物館の役割も果たしている貴重な大聖堂です。

    ファウスト・ノーチェ公園

    Photo byMabelAmber

    オルビアの癒し観光スポットとなっているのが「ファウスト・ノーチェ公園」です。公園にはいろんな種類の木々が植えられており、ウォーキングコースも完備されています。

    高級リゾート地へ観光もいいですが、日々の喧騒を忘れてのんびりとした休日を過ごすのもリフレッシュすることができて良いでしょう。

    サンパンタレオ

    Photo by rbrands

    オルビアの中の人気観光スポットでもあるのが、「サンパンタレオ」です。サンパンタレオは大きな街ではありませんが、豊かな水と自然が街の象徴です。

    美しく住みやすい環境は多くのアーティストに愛されており、世界中のアーティストが移住し、工房を構えているので、アーティストの街でもあります。街並みも非常に美しく、まさに芸術の街で見所のある街です。

    ヌゲーラ・スゥ・ヌラクシ

    Photo byMabelAmber

    サルデーニャ島唯一の世界遺産が「ヌゲーラ・スゥ・ヌラクシ」です。謎の巨大文明遺跡とされ、イタリアのヌゲーラ・スゥ・ヌラクシ、イギリスのストーンヘンジ、フランスのカルナックが世界三大巨石文明といわれています。

    サルデーニャ島には古くから伝わる「ヌラーゲ」といわれる石だけを使用した独特の建築用法があります。その建築方法を使用して作られたのがヌゲーラ・スゥ・ヌラクシです。防御要塞ということはわかっていますが、まだまだ謎の多い世界遺産です。

    Photo byresolfa

    ヌゲーラ・スゥ・ヌラクシは、サルデーニャ島には現在7000のヌラーゲがあるとされていますが、その中で最大級の規模になります。規模も最大級のものになるので、見所が多くあります。

    発見される1950年まで地下にあったので、保存状況も大変良好な世界遺産です。サルデーニャ島で唯一の世界遺産には、足を運ぶしかないでしょう。

    サルデーニャ島で日常を忘れて贅沢時間を

    Photo bymoniek58

    セレブ御用達の高級リゾート地であるサルデーニャ島には、目がくらむほどの美しい地中海、信じられないほど神秘的な歴史的建造物が多く存在します。治安もよく見所も多いサルデーニャ島で、日常を忘れて贅沢な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

    Fujico
    ライター

    Fujico

    京都府在住の1児の母です。猫と神社仏閣、温泉と旅行に美味しいグルメが大好きです♪子供に負けじと好奇心旺盛です。

    こちらもおすすめ♡

    人気記事ランキング