沖縄のパワースポット古宇利島!観光・グルメ・ホテルおすすめ17選!

沖縄のパワースポット古宇利島!観光・グルメ・ホテルおすすめ17選!

沖縄本島北部の離島「古宇利島」は、古宇利大橋を渡って気軽に行ける人気の観光スポットです。沖縄版アダム&イヴ伝説が残る恋の島ともいわれるパワースポットとで、魅力的な沖縄グルメやホテルもあるおすすめの島です。今回は、パワースポット沖縄古宇利島の魅力をご紹介します。

記事の目次

  1. 1.沖縄古宇利島ってどんなところ?
  2. 2.沖縄古宇利島のおすすめ観光スポット7選
  3. 3.沖縄古宇利島のおすすめビーチ3選
  4. 4.沖縄古宇利島のおすすめグルメスポット4選
  5. 5.沖縄古宇利島のおすすめホテル3選
  6. 6.沖縄古宇利島はパワースポットの島
  7. 7.古宇利島の名物は?
  8. 8.恋人の島沖縄古宇利島で観光・グルメを満喫!

沖縄古宇利島ってどんなところ?

Photo by Kobetsai

「古宇利島」と沖縄本島北部今帰仁村に属する離島で、沖縄で一番美しい海と評判の島です。周囲約8kmと小さな島ですが、本島と繋がる「古宇利大橋」で気軽に行けるのが魅力です。沖縄版のアダム&イヴ伝説が基となる恋島と呼ばれる島で、恋愛のパワースポットとして有名です。

ウニや海ブドウなど名産品が多く、カフェやレストランなどのグルメスポットも見どころです。古宇利ビーチ、ティーヌ浜、トケイ浜といったエメラルドグリーンの綺麗なビーチ、数々の観光スポット、おしゃれなホテルもあり沖縄でおすすめしたい島です。

沖縄古宇利島へのアクセス

Photo by kanegen

「古宇利島」を知らない方、聞いたことはあっても行き方が分からないという方のために、古宇利島へのアクセス法をご紹介します。古宇利島へは屋我地島から古宇利大橋を渡って行くのが基本で、車やバスなどを使用して行くことができます。

那覇空港からのルートとしては、那覇空港から国号332号線・331号線を通り、沖縄自動車道に乗り名嘉地IC・許田ICと進みます。高速道路を下りたら国道58号線に入り、屋我地大橋から古宇利大橋へという流れです。レンタカーを利用すると古宇利島内の観光がスムーズです。

沖縄本島から橋で渡れる島

Photo by shinya

「古宇利島」は沖縄本島から橋一本で渡れる島です。沖縄本島北部、名護市の屋我地島と古宇利島を繋ぐ全長約1960mある「古宇利大橋」を渡ることで気軽に行くことができます。大橋は通行無料で、眺めが素晴らしいのが魅力です。

車の場合、沖縄自動車道許田ICから国道58号線、屋我地大橋と進み古宇利大橋を渡るルートです。那覇空港からだと約1時間47分ほどです。また、バスの場合は那覇空港のバスターミナル3番乗り場⇒名護バスターミナル⇒72番系統のバスで屋我時島、そこからタクシーで橋を渡ります。

沖縄古宇利島の魅力は?

Photo by shinya

「古宇利島」の一番の魅力は沖縄トップクラスの美しい海です。小さいながら、ほかにはない透明度の高いエメラルドグリーンの海があります。そして、最強のパワースポットであることも大きな魅力です。

恋の島でもある古宇利島には、観光名所「ハートロック」があり恋愛成就のご利益があるとされています。さらに子宝に恵まれる神聖なパワースポットもあり、アダム&イヴ伝説が残されています。

Photo by Akamera Photo

手つかずのピュアな自然が多く残されており、海の中では綺麗な魚たちが泳ぎ、シュノーケリングなどのアクティビティも楽しめます。おしゃれなカフェやレストランでは古宇利島の特産を使った名物グルメが堪能できます。

沖縄古宇利島のおすすめ観光スポット7選

Photo by thomascheang

恋の島と呼ばれるパワースポット「古宇利島」には魅力あふれる観光スポットがたくさんあります。オーシャンビューを堪能できる「古宇利大橋」や「古宇利オーシャンタワー」、パワースポットとして人気の「ハートロック」や「始まりの洞窟」など、見どころ満載の観光スポットをご紹介します。

古宇利大橋

Photo by imgdive

「古宇利島」へ渡る重要経路でもある「古宇利大橋」は、島への架け橋の役割だけでなく絶好のビューポイントでもあります。橋の両サイドには沖縄が誇る美しい海が広がっています。古宇利大橋を渡りながら海の上を走る爽快感と絶景を満喫できます。

Photo by rapayotan

車で走り過ぎてしまうのがもったいないという方は、橋に車を停めることができないので歩いて渡るのがおすすめです。古宇利島を渡った先に古宇利島ふれあい広場と橋爪公園の共用駐車場があるので、そちらの利用が便利です。

また、橋を渡る前にちょっと足を止め立ち寄ってほしいのが展望所です。橋の下に広がる綺麗なビーチに降りることができる上に最高のインスタ映えスポットでもあります。

Photo by thomascheang

アクセス

「古宇利大橋」へは沖縄自動車道を経由し許田ICを下りて国道58号線を通ります。北上しながら県道110号へ入り屋我地島から橋を渡ります。橋と美しい海、個性的な岩のコラボをぜひレンズに収めてみてはいかがでしょうか。

住所 沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利

ハートロック

Photo by wwarby

「ハートロック」は古宇利島の北にある「ティーヌ浜」にあります。岩場と砂浜が融合した美しい浜で、透明感ある綺麗な海に突き出る大きな2つの岩がハートロックです。CMや映画などに使われたこともあり人気のスポットとなっています。

数千年という長い歳月をかけ波の浸食によってできたハートロックは、2つの岩が重なり合う場所から見るのがポイントです。寄り添い合うように重なる角度を見つけることで綺麗なハート型を目にできます。

一年を通して観光客で賑わい、週末や連休などは駐車場が満車になるほどです。ハートロックを目指して降りて行く小道の美しさにも目を凝らしてみましょう。夕日に照らされたハートロックはさらにロマンチックなのでカップルで訪れましょう。

アクセス

「ハートロック」へは古宇利大橋を渡って古宇利島へ入ったら北方面(右)へ向かいます。途中、ティーヌ浜・派ハートロックの看板が出ているのですぐ分かります。

住所 沖縄県国頭郡今帰仁村字古宇利ティーヌ浜

古宇利オーシャンタワー

Photo by imnakashima

「古宇利オーシャンタワー」は古宇利島の絶景をじっくり見ることができる展望台です。海抜82mの展望台から見える光景はエメラルドグリーンの壮大な海の姿です。古宇利大橋やその向こうに沖縄本島までを見渡すことができます。

タワーの展望台までは専用カートでゆっくり登っていくため、頂上まで行く途中にだんだん見えてくる海の景色も見どころです。ほかにも約1万点の貝が展示されたシェルミュージアムや限定スイーツが味わえるレストランも魅力です。

アクセス

「古宇利オーシャンタワー」へは、古宇利大橋を渡ったら右へ進み、さらに右へ曲がるとすぐです。橋からは約2~3分ほどの距離です。

住所 沖縄県国頭郡今帰仁村字古宇利538番地

始まりの洞穴

Photo byPexels

古宇利島のチグヌ浜にあるのが「始まりの洞窟」です。古宇利島は人類の発祥の地であり、この始まりの洞窟から琉球の祖が始まったことからその名がついています。子孫繁栄のエネルギーを秘めたパワースポットです。

最初の人類であるアダムとイヴが空からこの古宇利島へ舞い降り暮らし始めました。生まれたままの姿で、天から落ちてくる餅を食料にしながら二人はしばらくこの洞窟で暮らしていたといいます。

琉球の祖先であるアダムとイヴが、子孫を誕生させた場所である始まりの洞窟は、エネルギーに満ちたパワースポットです。この場所は潮が引いている時に訪れるのがおすすめです。

アクセス

「始まりの洞窟」は那覇空港から車で約2時間10分、古宇利大橋から徒歩約5分ほどのところにあります。

住所 沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利 チグヌ浜

ビジュルヌメー御獄

Photo byjelly

古宇利島は沖縄の聖地としてもしられるスポットで、御嶽が7つあるといいます。その中で子宝に恵まれたい方におすすめなスポットが「ビジュルヌメー御嶽」です。ここには子宮を象徴する洞窟があり、中にはマリア様の形をした岩があります。

秋篠宮様と紀子様がこの場所を訪れ、お子さまを授かったともいわれている有名なパワースポットです。古宇利島には7人の神様がおり7つの御嶽がある聖地です。心から子供を授かりたいと願う方はぜひ足を運び祈願されてみてはいかがでしょうか。

ビジュルヌメー御嶽は本気で子宝を望む方しかお参り出来ない場所で、石段前には柵がされ誰でも入れるわけではありません。祈祷を希望される方は近くにある「龍乃宮館」に問い合わせてみるのがおすすめです。

アクセス

「ビジュルヌメー御嶽」は古宇利大橋を渡ったら時計周りに車を走らせ、5分ほど行った右手側にあります。道路沿いの石段と鍵のかかった柵が目印です。

住所 沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利

遠見番所跡

Photo byauntmasako

古宇利島の最も高い場所にあるのが「遠見番所跡」です。かつて外国船や唐船などの不審な船が来ると、ここから烽火(のろし)を上げて伊江島、具志堅の大嶺原番所とリレー式で首里城へ知らせていたといいます。

遠見台としての役目があったほどの場所なので、遮るものは一切なく眺めは文句のつけどころがありません。頂上には東屋やウッドデッキ設置されているので心おきなく景色を堪能できます。

晴れた日には伊平屋島や伊是名島も一望できます。ハブに注意が必要ですが、観光客がたくさん訪れるスポットでもないため古宇利島の中では穴場な観光スポットといえます。

アクセス

「遠見番所跡」は古宇利島を一周するルートを外れ、細くなった坂道を登って行った「アマジャフバル農村公園」内にあります。途中に案内版が出ているので迷うことなく行けます。

住所 沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利2429

アマジャフバル農村公園

Photo byauntmasako

「アマジャフバル農村公園」は古宇利島の一番高い場所にある眺望が綺麗な名所です。前述した遠見番所跡は、この農村公園内にあります。アマジャフバル農村公園は今帰仁村指定文化財に指定されており伊是名島や伊平屋島が綺麗に見えます。

公園には整備されたでデッキもあり古宇利島を北側から眺めることができます。遠見番所跡と同様、混み合うことが少ない場所なので、古宇利島にある豊かな自然を静かに、じっくり満喫したい方におすすめです。

アクセス

「アマジャフブル農村公園」へは遠見番所同様、古宇利島を一周するルートから外れ、集落の中に入ります。とても細い上り坂なので車の走行には注意が必要です。

住所 沖縄県今帰仁村古宇利

沖縄古宇利島のおすすめビーチ3選

Photo by jeff~

沖縄のパワースポットの島「古宇利島」はなにより海と自然が美しいスポットです。沖縄で一番美しいビーチがここにはあります。パワースポットのエネルギーをいただきながら、絶景ビーチでレジャーも満喫しましょう。ここでは美しさを誇る古宇利島でおすすめの3つのビーチをご紹介します。

古宇利ビーチ

Photo by 楊尚潔

古宇利島のすぐ入口にあるのが「古宇利ビーチ」です。数々のメディアに決まって紹介される古宇利島のビーチがこのスポットです。ガイドブックや観光雑誌などで目にしたことがあるのではないでしょうか。

古宇利大橋を境に2ヶ所の遊泳ポイントがあります。まっすぐ伸びる橋、真っ青な空と海、砂浜とのコントラストは1枚の絵ハガキのようです。遠浅なため小さな子供連れでも安心して楽しめます。ビーチから見る星空も素敵です。

アクセス

「古宇利ビーチ」は古宇利島の入り口すぐ、古宇利大橋を中心に両サイドがビーチです。

住所 沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利

ティーヌ浜

Photo byivanmihalev

「ティーヌ浜」は有名なハートロックがある観光スポットで、「ハート岩ビーチ」とも呼ばれています。古宇利島の北側にあり、恋愛のパワースポットとしてカップルに人気があります。砂浜には岩場があり、透明度の高い海とのコントラストが美しく、夕日が綺麗なスポットでもあります。

干潮時はハートロックまで歩いて行くことができるので写真撮影に最適です。普段はほど良い深さのため子供連れで海遊びも楽しめます。

アダムとイヴが暮らし、琉球人を生み出したという伝説が残る神聖なるティーヌ浜は、カップルや夫婦の愛を再確認できる場所でもあり、出会いを夢見る方へ大きなエネルギーをくれる場所でもあるのではないでしょうか。

アクセス

「ティーヌ浜」は、那覇空港から車で沖縄自動車道を通り、許田ICで下りたら国道58号線を北へ進みます。さらに県道110号線に入り屋我地へ、そこから古宇利大橋を渡り時計周りに進むと案内版が出ているのですぐ分かります。

住所 沖縄県今帰仁村古宇利

トケイ浜

Photo by mrhayata

「トケイ浜」は古宇利島の最北端にある遠浅のビーチで、ティーヌ浜の隣に位置しています。映画などにも使われ、インスタ映えすることでも人気の観光スポットです。

石灰石でできた岩の小島と砂浜、透き通った海との絶景は美し過ぎると評判です。ティーヌ浜ほど人が多くないため静かにビーチを満喫したい方におすすめです。

浜へと降りる道は舗装されておらず草が茂っているため、歩きやすいスニーカーやサンダルがおすすめです。干潮時でない限り遊泳もできます。

アクセス

「トケイ浜」へは那覇空港からティーヌ浜への行き方同様に進み、古宇利大橋を渡って時計周りに走りながらティーヌ浜入口をさらに北東へ進んだところにあります。

住所 沖縄県今帰仁村古宇利

沖縄古宇利島のおすすめグルメスポット4選

Photo by NwongPR

沖縄の古宇利島を訪れたら、美しいビーチやパワースポット巡りと合せて古宇利島ならではの絶品グルメを堪能するのも楽しみのひとつです。古宇利島はグルメカフェの宝庫でもあり、海の見えるテラスでグルメ料理やスイーツを味わうことができます。ここでは古宇利島でとくにおすすめのグルメスポットをご紹介します。

恋島(くいじま)

Photo by macglee

古宇利島へ来たら絶対立ち寄りたいグルメスポットが「恋島(くいじま)」です。古宇利島大橋を渡ってすぐ左にある古宇利島物産センターに併設されたレストランで、観光名所である物産センターでお買い物を兼ねてグルメも楽しめると人気です。

恋島では地元の新鮮素材を使ったグルメメニューが好評で、食事だけでなく美味しいオリジナルスイーツも人気があるので、ぜひ味わいに出かけてみてはいかがでしょうか。

おすすめ料理

Photo by Kanesue

恋島のおすすめ料理は古宇利島の名物グルメである「ウニ丼」です。大きな丼にたっぷりの新鮮ウニが乗った贅沢なメニューです。また、ぷりぷりの「刺身定食」や「ソフト黒糖ぜんざい」も人気です。

住所 沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利328-1
電話番号 0980-56-5813
営業時間 10:30~17:00

古宇利島カフェ

Photo byOlga1205

古宇利島大橋を渡ってすぐのビーチそばにある「古宇利島カフェ」はビーチから気軽に歩いて行けるグルメカフェです。アジアンな雰囲気がとてもおしゃれで、沖縄産の旬の海の幸を使った料理やスイーツなどの絶品グルメが盛りだくさんです。2階席は心地よい潮風が通り、古宇利大橋や海の眺めが最高の場所です。ソファー席やカップル席も人気です。

おすすめ料理

Photo by bizmac

古宇利島カフェのおすすめグルメ料理といえば「海鮮丼」です。さらに贅沢気分を味わいたい場合はウニ入りもおすすめです。海を眺められるテラス席で、採れたての海の幸が贅沢に盛られたグルメ丼を存分に堪能しましょう。

カフェメニューでは大人気の「島プリン」がおすすめです。1人分では物足りないくらいの美味しさなので、1人1つの注文が必須です。ほかにも「チーズケーキ」や「ちんすこうアイス」、「古宇利島の海の水割りみかんジュース」もイチオシです。

住所 沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利325-1
電話番号 080-2774-4609
営業時間 11:00~19:00

島の駅

Photo byKowham

「島の駅」は古宇利島の高台に建つ人気の食事処です。素朴でアジアンテイストな雰囲気のお店で、古宇利島の綺麗な海を眺めながら食事を楽しめるのが魅力です。沖縄の貝や工芸品などが飾られ沖縄らしい雰囲気が漂い、開放感のあるテラス席は沖縄古宇利島の風を肌で感じられる特等席です。

おすすめ料理

Photo by macbsd

おすすめメニューは、海老と豚骨のダシが効いた「海老そば」です。島駅自慢のオリジナルメニューで、風味豊かなスープは一滴残らず飲み干してしまうほどの美味しさです。一番上に乗った大きな海老はインパクト大で、テンションが上がります。

海老そばと並んで人気なのが、沖縄名物の「ソーキそば」です。長時間じっくり煮込んだソーキは柔らかく抜群の味わいです。また、古宇利島特産のウニと海ブドウが乗った「ウニ丼」や「タコライス」も人気です。

住所 沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利2739-1
電話番号 0980-56-1243
営業時間 11:00~19:00

しらさ

Photo byIndigophotos

「しらさ」は食堂・民宿をしており古宇利島の観光では欠かせないスポットです。お店の前では赤く巨大なシーサーが出迎えてくれます。元祖ウニ丼で有名なお店で、古宇利島名物ウニ丼を食べにわざわざ遠方からやって来る方もいるほどです。目の前に広がる古宇利島のきらめく海も御馳走のひとつです。古宇利島観光では外せないグルメ店です。

おすすめ料理

Photo by Yuya Tamai

おすすめ料理はもちろん「ウニ丼」で、たっぷり盛られた新鮮なウニはとろりとして甘く濃厚な味わいです。古宇利島では毎年7月にウニが解禁になり、限られた時期しか食べることができないので必見です。ほかにも、特産である海ブドウが美味しい「海ブドウ丼」や「タコライス」などどれもが抜群の美味しさのグルメばかりです。

住所 沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利176
電話番号 0980-51-5252
営業時間 7~9月11:00~20:00・10~6月は18:00まで。

沖縄古宇利島のおすすめホテル3選

フリー写真素材ぱくたそ

沖縄で一番綺麗な海といわれる古宇利島にはゆったりとした時間が流れています。エメラルドグリーンにきらめく美しい海、白い砂浜、真っ青な大空が調和した心癒される場所です。せっかく古宇利島観光をするなら素敵なホテルに泊まって古宇利島をじっくり満喫するのがおすすめです。観光客のリピーターも多い人気のホテルをご紹介します。

KAYA RESORT 古宇利島

Photo byCAME-RA

「KAYA RESORT 古宇利島」は古宇利島大橋を渡ってすぐのところにあるホテルです。真っ白な外壁が印象的なカフェのようなおしゃれなホテルで、全室から古宇利島のオーシャンビューが楽しめます。ホテル入口では可愛いシーサーが出迎えてくれます。

1階が食堂、2階が客室になっており、部屋にはバルコニーがあるので時を忘れ海を眺めることができます。さらに、夕日、満天の星空はホテルに宿泊すればこそ味わえる贅沢さです。シェフが作る極上のフランス料理もこのホテルの魅力のひとつです。

おすすめポイント

Photo bytakedahrs

ホテルのおすすめポイントは、テラスや庭、部屋から眺めることができる美しい夕日、夜景、満天の星空です。どこにも負けない絶景がここにあります。また、ベテランシェフが作る沖縄の季節の食材を使ったフレンチ、焼き立てパンもホテル自慢のひとつです。

7月から10月はシェフが手掛ける限定ディナーが人気です。一つ一つ丁寧に心を込めて作られるフレンチコースは本格派です。また、ホテルにある屋上もおすすめポイントで、遮るものが何もない空間で見る虹や夜空が最高です。

住所 沖縄県国頭郡今帰仁村字古宇利1900
電話番号 0980-56-1811

ワンスイートホテル&リゾート古宇利島

Photo byOlichel

「ワンスイートホテル&リゾート古宇利島」は、美しい古宇利島の大自然を提供したいというのがモットーのホテルです。ラグジュアリーな1棟貸切タイプの棟が2つの1日2組限定のホテルで、思い思いに過ごせるよう客室とフロントは別棟になっています。

予約がなかなか取れないのが難点ですが、100%プライベート空間で360°見渡せる古宇利島の海・空ブルー1色の世界が堪能できます。きめ細やかながら、適度な接客が有り難いホテルです。特別な古宇利島観光が実現するホテルです。

おすすめポイント

Photo by k14

「ワンスイートホテル&リゾート古宇利島」は古宇利島の高台に建つホテルなので海の眺めは格別です。開放感ある客室の大きな窓いっぱいに、大自然の緑、海と空の青が広がり最高の贅沢です。流れる時間とともに変わる表情豊な海を独り占めできます。

レストランでは、シェフ自らその日の朝に仕入れた地元の新鮮食材を使ったオリジナル料理が味わえます。また、1週間前まで予約を入れておけば部屋でエステが受けられ、おしゃれな朝食をビーチで味わえるのも魅力です。

住所 沖縄県国頭郡今帰仁村字古宇利466-1
電話番号 0980-51-5030

MUKAKA VILLA 古宇利島

Photo bysharonang

「MUKAKA VILLA 古宇利島」は1日1組限定のリゾートホテルです。人気の観光スポット「ハートロック」や「トケイ浜」まで徒歩約3分の好立地で、古宇利島の美しい景色が一望できる絶好のロケーションが魅力のホテルです。

ヴィラタイプのリゾート感あふれるホテルで、大きな窓の先にあるウッドデッキではサトウキビ畑のざわめきとエメラルドグリーンの広大な海を満喫できます。プライベート感ある贅沢な時間を満喫しながら、夜は優雅に星空鑑賞もおすすめです。

おすすめポイント

Photo byguvo59

一番のおすすめポイントは、琉球エステのエステティシャンが部屋に来て施術を施してくれるシステムで、ゴージャスなホテルで過ごせる醍醐味です。沖縄の有名エステブランド「Ryu-spa」を使った本格エステが体験できます。

客室のウッドデッキにはアウトジャグジーが設置されており、昼も夜もサトウキギ畑と青い空を眺めながら癒しのひとときを過ごせます。ディナーは提携しているレストラン「L LOTA」で本格沖縄フレンチを堪能できます。

住所 沖縄県国頭郡今帰仁村字古宇利2593-5
電話番号 0980-56-5051

沖縄古宇利島はパワースポットの島

Photo by shimatrip

沖縄本島北部にある離島「古宇利島」は最強のパワースポットとしても有名です。世界的に絶賛されている美しい海に包まれた古宇利島は、人類発祥の地でもありアダム&イヴ伝説が残されている場所です。7人の神様がいる聖地として島全てが大きなエネルギーをもったパワースポットといえます。数々の観光スポット巡りの中で、パワースポットである古宇利島のご利益をいただきましょう。

古宇利島の恋愛伝説

Photo bygeralt

パワースポットの大きな要素の一つとして、古宇利島にはアダム&イヴ伝説があります。あるとき、空から男女の子供が舞い降りてきて島で暮らし始めたといいます。愛し合うこの二人によって子孫が繁栄し、琉球人が生まれたというストーリーです。

そのことから恋愛のパワースポット「恋島」と呼ばれ、次第に古宇利島となったといいます。ティーヌ浜にあるハートロックはまさに恋島の象徴であり、多くの観光客が恋愛成就のパワーをもらおうとやってきます。

古宇利島の名物は?

Photo by Kobetsai

パワースポットであり多彩な観光スポットがある古宇利島ですが、絶品グルメが多いこともこれまでご紹介してきました。古宇利島は農産物ではカボチャ、サトウキビ、海産物ではウニや海ブドウなどが名物です。古宇利島のレストランやカフェでは地元食材を贅沢に使った料理も観光名物になっています。

古宇利島はウニの名産地

Photo byMyriam-Cornali

古宇利島の観光名物として有名なのが「ウニ丼」です。古宇利島はウニの名産地で、毎年7月ごろウニが解禁になります。夏が旬の古宇利島のウニは甘くて濃厚なのが特徴で、ほとんどの食事処でウニ丼が味わえます。

ただし、毎年解禁になるわけではなくウニが少ない年は禁漁となることもあるのでご注意ください。古宇利島のウニを食べに訪れる方は事前に問い合わせをすることをおすすめします。

古宇利島バーガーって?

Photo byIituliitu

今大注目の「古宇利島バーガー」をご存知でしょうか?古宇利島大橋入口近くにある人気ハンバーガーショップ「古宇利キッチン」の看板メニューで、沖縄名物として有名なラフテーがバーガーの中に入った新感覚の古宇利島名物です。

ラフテーは極厚で、マスタードベースの特性タレはカツオダシが効いた濃厚味が魅力です。柔らかくジューシーなラフテーとこだわりバンズとのコラボは、一度食べたらやみつきになる味わいです。古宇利大橋を渡る前にゲットしましょう。

また、古宇利バーガーのほかにも「美ら海まぐろのカツレツバーガー」、「はみ出るもとぶ牛バーガー」、「もとぶ牛&アグー豚のW旨味バーガー」などボリューム満点のインパクトある美味しいハンバーガーメニューがあります。

住所 沖縄県名護市字済井出大堂1311(古宇利キッチン)
電話番号 0980-52-8082
営業時間 11:00~18:00

恋人の島沖縄古宇利島で観光・グルメを満喫!

Photo by nicwn

沖縄を代表する離島「古宇利島」の観光スポットや名物グルメ、パワースポットをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。古宇利島をじっくり堪能したい方は、島の絶景も楽しめるホテルに宿泊するのもおすすめです。沖縄一美しい古宇利島でたくさん思い出を刻みましょう。

sokonashi1019
ライター

sokonashi1019

関連記事

人気記事ランキング