アクアフィールド芝公園プールの情報まとめ!利用料金や営業時間・アクセスは?

アクアフィールド芝公園プールの情報まとめ!利用料金や営業時間・アクセスは?

東京都港区にあるアクアフィールド芝公園では、夏になると期間限定で東京タワーが見える芝公園プールが営業し、東京タワーを見ながら泳ぐことができるようになります。今回は、そんなアクアフィールド芝公園プールの料金や区民割引、営業時間、アクセスなどをご紹介します。

    記事の目次

    1. 1.アクアフィールド芝公園プールは東京タワーが見える
    2. 2.芝公園プールの利用料金は?
    3. 3.芝公園プールの営業時間・開業時期
    4. 4.芝公園プールへのアクセス方法
    5. 5.芝公園プール使用時の注意点
    6. 6.芝公園プールの混雑状況は?
    7. 7.芝公園プールへ遊びに行こう!

    店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

    アクアフィールド芝公園プールは東京タワーが見える

    フリー写真素材ぱくたそ

    アクアフィールド芝公園は「芝公園多目的運動場」等正式名称で、東京都港区が管理しています。アクアフィールド芝公園プールはもともと「芝公園プール」として1923年に開設され、現在まで続いています。

    1973年に港区管理の「港区立芝プール」となり、2005年まではプールのみで運営していましたが、2006年から多目的運動場「アクアフィールド芝公園」となり、フットサル場などの運営も始まりました。

    アクアフィールド芝公園では、夏以外はフットサル場になっているのですが、夏になるとプールを営業し始め、東京タワーを眺めながらプールを泳ぐことができるようになります。

    Photo byTonhon

    アクアフィールド芝公園プールからももちろん東京タワーを近くで見ることもでき、2階にあるテラスゾーンのビーチベッドからも、ゆっくりとくつろぎながら東京タワーを見ることができます。

    夜になると東京タワーはライトアップがあり、ビーチベッドやプールからキレイに光る東京タワーを堪能することができます。

    50mプールと子供用プールあり

    Photo byleoleobobeo

    アクアフィールド芝公園はもともと夏以外はプールではなくスポーツ施設として営業しているので、プールの種類はあまり多くはないのですが、大きな50mプールと子供用のプールの2つがあります。

    50mプールは8コースあり、稼働床式なので時間帯によって水深が変わる仕様になっていて、子供用プールには子供たちが楽しめるよう滑り台が取り付けられており、安全のためにもナイター照明もついています。

    フリー写真素材ぱくたそ

    プールには更衣室やシャワー室、採暖室の他にも、コインロッカーや貴重品用のロッカーもあるので、貴重品も安心して持ち込んで預けておくことができます。

    また、障がいを持っている方にも利用しやすい施設になっていて、障がい者のための設備として、更衣室、トイレ、テラスへのエレベーター、シャワーなどが用意されています。

    園内には様々なスポーツ施設あり

    Photo bypixel2013

    アクアフィールド芝公園の園内には、プールの他にも様々なスポーツ施設があります。8階には卓球用の競技場とバドミントンがメインとなっている競技場があり、バドミントンで4面、卓球は台が8台用意されています。

    6階には屋内ランニングコース、7階には屋外のランニングコースがあります。それぞれ1週200mで、屋外に広がる絶景を眺めながらランニングやウォーキングができます。

    5階は広々としたアリーナ、サビアリーナとなっていて、アリーナはバレーボール2面、バスケットボール2面、バドミントン8面の広さで500席の観客席があり、サブアリーナはバレーボール1面、バスケットボール1面、バドミントン4面、パドルテニス4面、フットサル1面の広さです。

    Photo byKaiPilger

    4階は柔道や合気道などの武道場1、剣道やなぎなた、空手などの武道場2、弓道やアーチェリーなどの経験者用の武道場3があり、武道場1は畳敷き、武道場2はスプリング付きの床板になっています。

    3階には室内プールやジャグジー、採暖室、トレーニングジムやスタジオなどがあり、プールは遊泳用、歩行用の大プール、小プールの2つがあります。

    Photo byskeeze

    6階、7階以外の各階には男子更衣室、女子更衣室がそれぞれ1つずつ用意されているので、アクアフィールド芝公園の施設内で着替えることができ、運動をして汗をかいてしまっても大丈夫です。

    アクアフィールド芝公園のスポーツ施設は団体でも利用することができ、団体の場合は予約が可能になる場所もあります。幅広い年齢層の方が集まるので、スポーツを通してさまざまな世界観が身に着くでしょう。

    芝公園プールの利用料金は?

    Photo bygeralt

    東京タワーを見ながら泳ぐことができるアクアフィールド芝公園の利用料金は、とても安いのですが2時間で設定されており、超過時間も1時間ごとに追加料金が発生します。

    また、港区民の方や港区に在勤している方、在学している方などは、証明することができる書類を持って行くとさらにお得な料金割引を受けることができ、格安料金でアクアフィールド芝公園プールを楽しめます。

    アクアフィールド芝公園プールの利用料金について、年齢別の基本料金や超過料金、港区民のお得な料金割引などをご紹介します。

    港区民や在勤者、在学者はやや値段が安い設定

    フリー写真素材ぱくたそ

    アクアフィールド芝公園の利用料金は、基本料金が大人2時間600円、小中高生2時間100円で、超過料金は1時間ごとに大人300円、小中高生50円となっています。

    小中高生の料金は2017年12月の改定以前は2時間240円でしたが、港区民の方々にとってさらに身近に利用しやすいプールにするため、それまでも安かった料金がさらに安く改定されました。

    Photo bynattanan23

    しかし、アクアフィールド芝公園のある東京都港区民の方や港区在勤者、在学者は料金の割引を受けることができ、港区民、在勤者、在学者の料金はそれぞれ500円となります。また、港区民の障がい者の方や65歳以上の方と付き添いの方1人、未就学児は料金が免除されます。

    アクアフィールド芝公園プールでは、港区民でない障がい者の方や56歳以上の方は特別な割引などはなく、通常の大人料金が発生することになります。

    Photo bystevepb

    さらに、毎月第1、第3日曜日は港区民に限りプールが無料公開されるので、港区民の方は年齢を問わず料金なしでアクアフィールド芝公園プールを楽しむことができます。

    第1、第3日曜日の無料公開は港区民限定で、港区民でない方は割引などもなく、通常の利用料金が発生するので、注意しましょう。

    港区民、港区在勤、在学方が料金の割引を受けるには、そのことを証明できる書類などが必要になり、忘れてしまうと料金の割引を受けることができなくなってしまうので、忘れないようにしましょう。

    おむつが取れていない幼児は利用不可なので注意

    Photo byesudroff

    アクアフィールド芝公園プールでは、小学生未満の未就学児はプールの利用料金がかからないのですが、3歳未満の幼児や、おむつがまだとれていないお子様は入場が禁止されています。

    たとえ3歳以上であったとしても、まだオムツが取れていないとなると、アクアフィールド芝公園プールは利用することができません。

    水遊び用のおむつを着用していても入場することはできませんので、アクアフィールド芝公園プールを利用する際は、おむつがまだとれていないお子様連れの方は注意しましょう。

    芝公園プールの営業時間・開業時期

    Photo byPexels

    アクアフィールド芝公園の営業期間は、夏の7月1日から9月15日までで、7月、8月の間の営業時間は午前9時から午後8時まで、9月の営業時間は午前9時から午後5時までとなっています。営業時間の遅い7月、8月は、プールから東京タワーのライトアップも楽しめます。

    7月、8月の間は夜でも気温が高く、また日が落ちるのが遅いため、営業時間も夜遅くまでとなっていますが、9月に入ると夜も冷え込む日も増え、日が落ちるのが徐々に早くなってくるため、営業時間も短めになっています。

    芝公園プールの営業期間以外は、営業時間内であれば施設内の屋内プールは利用することはできますが、東京タワーが見える屋外のプールは利用することができないので、注意しましょう。

    Photo byFree-Photos

    アクアフィールド芝公園プールは、7月、8月の間は午前9時から午後8時まで、9月の営業時間は午前9時から午後5時までとなっていますが、2時間制となっており、延長も1時間ごとに追加料金が発生するので、注意が必要です。

    7月、8月の営業時間は午後8時までとなっていますが、午後5時以降は子供用プールは閉鎖され、大人用の50mプールのみ使用可能となります。

    また、9月の間は営業時間が午後5時までとなり、アクアフィールド芝公園のプールから東京タワーのライトアップがみられなくなるので、東京タワーのライトアップを見ながらプールを楽しみたい方は、7月、8月に訪れるといいでしょう。

    Photo byFree-Photos

    アクアフィールド芝公園プールは屋外のプールなので、天候によっては営業時間に関わらず営業を休止することもあります。

    アクアフィールド芝公園プールには営業期間中でも2日だけ休場となる日があり、1日は海の日で、区民水泳大会がアクアフィールド芝公園プールで開催されるため、海の日には休場となります。

    2日目は、8月の間のどこかの日で、プール期間の中間あたりに整備を行うため、1日休場となります。整備のための休場日は毎年変動しているので、詳しく知りたいという方は公式サイトを確認しましょう。

    休業期間はフットサル場になる

    フリー写真素材ぱくたそ

    アクアフィールド芝公園は、プールの休業期間中はフットサル場となり、フットサルなどのスポーツが楽しめるようになります。フットサル場の営業時間は午前9時から午後8時までで、毎月第1、第3月曜日と年末年始が休場日となっています。

    フットサル場の営業期間は9月26日から6月15日までで、6月15日から30日までの間と、9月16日から25日までの間はプールからフットサル場へ、もしくはフットサル場からプールへの転換作業があるので、アクアフィールド芝公園自体が完全休業となります。

    Photo bywsyperek

    また、アクアフィールド芝公園プールは誰でも利用することができますが、フットサル場は港区民の方、または在勤の方で利用登録をしている人のみが利用することができます。

    アクアフィールド芝公園プールの営業期間中は、たとえ港区民であってもフットサル場を利用することはできないので、注意しましょう。

    東京のプールで思いっきり遊ぼう!デートにも子供連れにもおすすめの施設は?のイメージ
    東京のプールで思いっきり遊ぼう!デートにも子供連れにもおすすめの施設は?
    東京のおすすめプールを紹介します。デートや子供連れにおすすめの人気のあるプールを選びました。東京でプール遊びを考えている方や、デートプランにプールを組み込みたい方、子供と一緒に楽しめる場所を探している方におすすめの記事です。

    芝公園プールへのアクセス方法

    Photo byFree-Photos

    アクアフィールド芝公園プールはアクセスの良さも人気の秘訣で、すぐ近くに電車の最寄駅やバスの停留場があり、公共機関でのアクセスに非常に優れています。

    アクアフィールド芝公園プールには駐車場がなく、公共機関でのアクセスが勧められているのですが、これだけアクセスがいいと公共機関でのアクセスにも何の問題もありません。

    アクアフィールド芝公園プールへのアクセスについて、電車を利用した場合、バスを利用した場合、駐車場の有無などをご紹介します。

    電車の場合

    Photo byDidgeman

    アクアフィールド芝公園は電車でのアクセスが非常によく、最寄り駅の都営地下鉄三田線「芝公園駅」からはなんと徒歩1分の距離にあります。駅を出るとすぐに見えるので、どれだけ土地勘のない方でも迷うことなくアクセスすることができます。

    また、都営地下鉄三田線の芝公園駅ほどではないものの、近くに駅は複数あり、都営地下鉄浅草線・大江戸線の「大門駅」からは徒歩5分、JR山手線の「浜松町駅」の金杉橋出口からは徒歩9分ほどでアクセスできます。

    どの駅からもとてもアクセスしやすくなっているので、アクアフィールド芝公園へ電車でアクセスする際には、自分がアクセスしやすい路線を選ぶといいでしょう。

    バスの場合

    フリー写真素材ぱくたそ

    アクアフィールド芝公園プールは、公共機関の電車でのアクセスに非常に優れていますが、バスでもアクセスしやすくなっています。

    バスでアクアフィールド芝公園プールにアクセスする場合は、渋谷駅から新橋駅間を走っている都営バス「都06」系統を「芝園橋」の停留場で下車し、徒歩3分ほどです。

    アクアフィールド芝公園プールは、電車、バスなどの公共機関でのアクセスに非常に優れているので、電車とバスの自身が利用しやすい方法でアクセスするといいでしょう。

    駐車場はないので注意

    Photo by iwazer

    アクアフィールド芝公園プール内には駐車場がなく、アクアフィールド芝公園の公式サイトでも、車やバイクでの来場は遠慮していただくよう記載されています。

    アクアフィールド芝公園プールの周囲にはコインパーキングがあり、有料で車を停めておくこともできますが、アクアフィールド芝公園プールへのアクセスでコインパーキングを利用するとすぐに満車になり、本当に必要としている人が停められなくなってしまう可能性があります。

    そのため、アクアフィールド芝公園にアクセスする際には、できるだけ車やバイクは利用せず、公共機関でアクセスするようにしましょう。

    住所 東京都港区芝公園2-7-2
    電話番号 03-5733-0575

    芝公園プール使用時の注意点

    Photo bygeralt

    アクアフィールド芝公園を利用するには、いくつかの注意事項や禁止事項を守らなければいけません。基本的には多くのプールと同じ注意事項や禁止事項ですが、明確に決められているものも多く、しっかり確認しておかないと、入場できないということもあります。

    アクアフィールド芝公園プールでは、安全性やお子様への配慮などもしっかり考えられているので、注意事項、禁止事項を守っていない方は入場を禁止されてしまいます。

    アクアフィールド芝公園プールの禁止事項や注意事項で、水着、日焼け止めクリームや浮き具の使用、保護者同伴の必要性などについてご紹介します。

    水着着用は必須

    Photo bystux

    アクアフィールド芝公園プールでは、当然ですが水着を着用していない方は入場を禁止しています。当日水着を忘れてしまったなどの理由でも、水着を着用していないと付き添いであっても入場することはできません。

    また、水着を着用していても過度に露出の多い水着や、透けている水着、Tバック水着などの風紀上よくないと思われる水着も、禁止されているので注意しましょう。

    Photo byJillWellington

    水着の規定については、女性だけではなく男性も同じで、過去に男性の水着の露出で問題になったことがあり、アクアフィールド芝公園プールには小さなお子様も多いため、男性、女性ともに水着には気をつけなければいけません。

    万が一不適切な水着だと判断された場合には、アクアフィールド芝公園のスタッフから声をかけられるので、スタッフの指示に速やかに従うようにしましょう。

    小学校3年生以下は高校生以上の保護者同伴必須

    Photo by MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

    アクアフィールド芝公園プールは、3歳以上であれば利用することができますが、小学3年生以下のお子様が利用する場合は、高校生以上の保護者の同伴が必須となります。

    アクアフィールド芝公園プールにはスタッフも常に安全のためにプールを監視をしていますが、混雑時などは全員を見ておくこともできないので、小学3年生以下の子供だけの入場は安全性に欠けてしまいます。

    保護者1人に対してお子様2人までの同伴が認められており、子供の人数が多い場合はそのお子様2人ごとに保護者1人が必要となるので、注意しましょう。

    フリー写真素材ぱくたそ

    また、7月ち8月の間の営業時間は午後8時までとなっていますが、午後5時以降は中学生以下のお子様も保護者の同伴が必須となっており、人数は通常の同伴と同じで保護者1人につきお子様2人までとなっています。

    夕方以降になると外も暗くなり始め、安全性に欠けるので中学生以下のお子様でも保護者の同伴が必須となり、保護者の方もお子様から決して目を離してはいけません。

    小学3年生以下、午後5時以降は中学生以下のお子様は保護者がいないと、アクアフィールド芝公園プールに入場することはできないので、注意しましょう。

    日焼け止めクリームは禁止

    Photo bychezbeate

    アクアフィールド芝公園プールは夏限定の屋外プールなので紫外線も強く、女性の方などは紫外線による日焼けやシミが気になるかもしれませんが、水質を維持するために、日焼け止めクリームやサンオイルなどの使用は禁止されています。

    最近では水に濡れても落ちない日焼け止めなども多くありますが、やはり長時間水に浸かっているとどうしても日焼け止めなどは落ちてきてしまい、水に混ざってプールの水が汚くなり、水質を維持できなくなります。

    アクアフィールド芝公園の綺麗なプールを保ち、全員が気持ちよくプールを楽しめるように、日焼け止めやサンオイルの使用は控えましょう。

    浮き具や遊具の持ち込み不可

    Photo byPublicDomainPictures

    アクアフィールド芝公園プールは、50mプールが8コースと子供用プールの2つしかなく、混雑時などは人手いっぱいになってしまいます。そのため、遊具や浮き具を持ち込んでしまうと、周りの人がとても窮屈に感じてしまいます。

    そのため、アクアフィールド芝公園プールでは、浮き具や遊具は持ち込み禁止となっており、体を通せるタイプのドーナツ型などの浮き具のみ持ち込み可能となっています。

    遊具や大きい浮き具などは禁止されているものの、ドーナツ型の浮き具は持ち込むことができるので、泳ぐことができない人でも安心しでプールを利用することができます。

    フリー写真素材ぱくたそ

    浮き具や遊具の他にも、パドル、足ヒレ、潜水用具なども安全のために禁止されているので、アクアフィールド芝公園プールでは着用してはいけません。

    万が一禁止されている遊具や浮き具をアクアフィールド芝公園プールに持ち込んでしまった場合、スタッフの方に声をかけられるので、すぐにプールから出すようにしましょう。

    芝公園プールの混雑状況は?

    Photo byB_Me

    アクアフィールド芝公園プールは基本料金も安く、特に港区民や在勤者の方は安い料金で利用できるということで、週末や大型連休の期間になると混雑しやすくなります。

    アクアフィールド芝公園プールは街中にあるということもあり、営業時間中は平日でも周囲の会社などに勤務している方や昼休みの時間や仕事終わりの時間に利用することもあるようです。

    夏休みの期間になると特にお子様の利用者が増え、昼の営業時間が混雑しやすくなり、朝や夕方以降の営業時間は比較的混雑しにくくなるようです。

    フリー写真素材ぱくたそ

    また、毎月の第1、第3日曜日の区民への無料開放日には、アクアフィールド芝公園プールには普段以上に港区民の方が訪れるので、混雑しやすくなります。

    無料開放日は港区民の方は無料でアクアフィールド芝公園プールを利用できますが、港区民以外の方は通常料金が発生するので、港区民でない方は第1、第3日曜日の利用は避けた方がいいでしょう。

    芝公園プールへ遊びに行こう!

    Photo byFree-Photos

    アクアフィールド芝公園は東京タワーを眺めながらプールを泳ぐことができ、通常料金も安く、港区民はさらにお得に利用できて大人から子供まで楽しめるプールです。

    夜には東京タワーのライトアップも堪能でき、アクセスも良く、港区民はもちろん、港区民でない方も満足できること間違いなしです。ぜひ夏には、アクアフィールド芝公園で東京タワーを眺めながらプールを楽しみましょう。

    inoue
    ライター

    inoue

    こちらもおすすめ♡

    人気記事ランキング