浜松城の歴史観光へ!お城と公園のおすすめスポットや見どころをチェック

浜松城の歴史観光へ!お城と公園のおすすめスポットや見どころをチェック

静岡県にある浜松城は若き日の徳川家康が改修して17年間居城としたお城で、浜松市は大河ドラマ「おんな城主直虎」で人気を博した井伊直虎ゆかりの地でもあります。天守閣からの眺望がすばらしく、歴史スポットとしても人気のある浜松城の見どころを詳しく紹介します。

記事の目次

  1. 1.浜松城は見どころいっぱいのおすすめレジャースポット
  2. 2.浜松城を隅々まで観光しよう
  3. 3.浜松城の真下に広がる浜松城公園とは
  4. 4.浜松城周辺で行われるイベント
  5. 5.浜松城の入館料・開館時間
  6. 6.浜松城までのアクセス
  7. 7.浜松城観光で歴史と時間の重みを体験しよう

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

浜松城は見どころいっぱいのおすすめレジャースポット

Photo by keyaki

浜松城のある静岡県浜松市は県西部に位置する県内最大の都市で、県中部の県庁所在地静岡市とともに政令指定都市になっています。航空自衛隊の基地や楽器生産の町としても知られ、エアーパークや楽器博物館の他、浜名湖など多くの観光スポットがあります。

浜松市は東海道の宿場町として発展したことで知られますが、戦国時代以降は城下町として栄えた歴史もあり、浜松城も浜松市を代表する観光スポットの1つになっています。1958年に天守閣が再建され、そこからの眺望や見事な石垣、日本庭園など見どころいっぱいです。

浜松にある浜松城ってどんな場所?

Photo by Kentaro Ohno

浜松城は、甲斐の武田信玄に対抗するために三河の国から遠江の国へ移った徳川家康が、元からあった曳馬城を拡張、改修した城で、この時に城の名称も浜松城に変えたそうです。この名称は当時この地にあった荘園の名称である浜松荘から付けられたとされています。

家康が駿府(静岡)に移って以降、歴代城主の多くは譜代大名がつとめ、そのまた多くが後に徳川幕府の重役に出世したため浜松城は「出世城」とも称されるようになったのです。天保の改革で知られ、老中にもなった水野忠邦もその1人です。

浜松城のある場所は?

Photo by keyaki

城址が浜松城公園として整備されている浜松城は、浜松市の中心部浜松市役所の近くに位置しています。新幹線の停車駅でもあるJR浜松駅および遠州鉄道の新浜松駅からは少し離れており、徒歩でも行けますが、通常は駅からバスやタクシーを利用することが多いです。

浜松駅からは北西に位置しており、市役所のすぐ北側に当たるため、場所としては非常にわかりやすい所にあります。浜松城公園の中には何とスターバックスもあるので、散策の後の休憩にはぴったりです。テラス席もあり、緑あふれる自然公園でのカフェタイムは最高です。

住所  静岡県浜松市中区元城町100-2
電話番号 053-453-3872

浜松城を隅々まで観光しよう

Photo by Mr Wabu

徳川家康が29歳から45歳まで過ごした浜松城ですが、再建された天守閣には家康ゆかりの歴史的資料が展示される他、見事な石垣など見どころが数多くあるので、ゆっくりと時間をかけて巡りたいスポットです。城全体はこぢんまりしているので見学時間は1時間ほどで回れます。

浜松城公園の中には若い頃の姿を再現した家康の像があり、天守台の地下には籠城することを想定して作られた石組井戸もあります。これらのスポットを巡る場合、公園内のうち天守門から天守閣にかけての浜松城への入場には料金がかかりますが他のスポットは無料です。

400年以上も前からある歴史ある「石垣」

Photo bySchmidsi

天守台だけでなく城跡全体にある見事な石垣は、どこのお城でも見られる城跡ならではの光景です。築城にかかわった多くの人々の手で積まれた美しく頑丈な石垣は一種の建築美でもり、この石垣に魅せられて城ファンになった人も多いのです。

浜松城の見どころの1つである石垣は、加工していない自然の石を上下に組み合わせて積み上げたもので、野面(のづら)積みと呼ばれ、石同士がかみ合っていないのが特徴的です。家康が改修した当時の石垣で、約400年前の形がそのまま残っている歴史的な遺構です。

お城を見るなら外せない「天守閣」

Photo by ume-y

お城のファンならずとも、やはりお城の美しさに魅了されるのは天守閣でしょう。全国の多くのお城の中で、天守閣がある場合はその天守閣が人気のスポットになっているのは間違いないところです。浜松城の場合も例外ではなく、天守閣をはずすことはできません。

浜松城の天守閣は、最初に創建されたものは17世紀になくなっており、江戸時代以降は天守台のみが残っていました。現在の天守閣はその天守台の上に戦後になって再建されたもので、1階と2階が展示資料室、3階は眺望がおすすめの展望室になっています。

2階には実際に使っていた武器や模型を展示

Photo by miki7500

浜松城の天守閣の中に入ると、1階には30歳ぐらいの時の家康の等身大像が展示され、これを見ると家康のイメージが変わってしまいます。そして、1階から2階にかけて武具が多く展示され ており、徳川家伝来の鎧を複製した当世具足と呼ばれる甲冑は見事です。

さらに、2階には当時の合戦の戦法に大きな影響を与えた火縄銃の他、やはり戦いには不可欠であった刀も展示されています。また、歴史ファンにおすすめなのが、江戸時代後期の天保年間における浜松城および城下町を再現した縮尺600分の1の模型です。

3階は展望台になっている

Photo by Mr Wabu

日本のお城の天守閣には多層階の大きな天守閣もあり、階段での上り下りが大変だったり、逆にエレベーターがあって楽に登れたりと色々ですが、この浜松城の天守閣は3階まででエレベーターはありませんが、階段で登るのもそれほど苦にはなりません。

3階まで登ると、そこが展望台になっています。開放感あふれる展望台からはさえぎるものがないので、周囲全体が見渡せる眺望がすばらしくおすすめのスポットです。天守閣からの眺めは天下を取った感じで、最高の気分になります。

浜松城の展望台から見える絶景とは

Photo by kosabe

展望室からは浜松の町並みを見下ろすことができますが、360度見渡すことができるので、ゆっくりとその絶景を堪能しましょう。市街地の先、北の方角には家康が上洛を目指す武田信玄と争って敗れた三方ヶ原の戦いの古戦場も眺望できます。

さらに、南には太平洋の遠州灘を、西には浜名湖を遠く眺望することができ、晴れた日は東の方向に富士山をはっきりと見ることもできます。それぞれの方向に見どころ満載の展望スポットになっているので、浜松城観光のハイライトといっても過言ではありません。

浜松城の真下に広がる浜松城公園とは

Photo by hogeasdf

浜松城の真下に広がるのが浜松城公園です。広大な市街地が広がる中にあって、貴重な緑を提供し、豊かな森に囲まれた公園として、浜松市のセントラルパークの役割を担ているのがこの浜松城公園です。市民の憩いの場であり、人気のおすすめ観光スポットでもあります。

浜松城を囲うように広がる緑豊かな公園には、中央芝生広場や日本庭園などがあり、ゆっくりとした時間を過ごせます。春は桜の名所として賑わい、秋には紅葉の彩りが鮮やかです。

毎週日曜日になると、浜松城公園の中で浜松市のイメージキャラクターである出世大名「家康くん」に会えるチャンスがあります。雨天の場合でも、天守閣内へ登場の予定ですので、ゆるキャラファンには見逃せません。時間スケジュールなどはサイトに掲載されています。

中央芝生広場

Photo by karitsu

浜松城公園の中でも大きくて広い面積を占めているのが、約7000㎡の敷地を持つ中央芝生広場です。のんびりと自由に散策でき、レジャーシートを敷いてお弁当を広げるのもなかなかいい気分です。

休日には家族連れが多く訪れ、子供たちが芝生の上で遊んだり、走り回ったりと絶好の遊び場になっています。芝の上なのでケガの心配も少なくてすみます。見どころの浜松城を眺めながらの1日をゆっくり過ごせるおすすめスポットです。

日本庭園

Photo byskeeze

浜松城天守閣の北西側に位置する観光スポットが日本庭園です。都会の喧騒を忘れさせてくれる静かな環境の中を、 滝や池さらに四阿などを巡回して鑑賞する深山(みやま)式回遊型の本格的な日本庭園になっています。

この日本庭園を散策していると、水が流れ落ちる滝の風景には心が洗われ、清々しい気分を味わうことができ、庭園内での、春のしだれ桜や秋の紅葉は見逃せない見どころポイントでおすすめです。また、池からのせせらぎは中央芝生広場にあるせせらぎ池につながっています。

石舞台

フリー写真素材ぱくたそ

浜松城公園の中央芝生広場から西へ少し登ると「石舞台」と呼ばれるスポットがあります。石舞台と言えば、古代の豪族蘇我馬子の墓と言われる奈良県明日香村の古墳が知られますが、浜松城の石舞台は芝生の中に石が埋まっている場所で古墳ではありません。

この石舞台も小さな芝生広場という感じで、まさにここを舞台にかつては薪能も開催されたことがある場所です。少し小高い所にあるので、公園内の散策の続きにピクニック感覚で登っていくのにちょうど良い場所になっており、穴場的なスポットでもあります。

浜松城周辺で行われるイベント

Photo by yoco**

浜松城公園では先に紹介したように、園内各所で春の桜や秋の紅葉が美しいですが、その時期にはイベントとして、文字通り桜祭りや紅葉祭りが開催されて観光客で賑わいます。

また、公園内でのイベントとして定期的に開催されるのが、アース・エコ・フェア浜松城公園と呼ばれるフリーマーケットです。出店者自身が製作したアートクラフト作品や、環境にやさしい作品、アンティーク雑貨などの販売が、ほぼ月1回のペースで行われます。

そして、例年夏休み期間の7月20日頃から8月末までは、公園内にある児童プールが無料で開放されます。小学生以下の児童、幼児を対象にしており、水深30cmの浅いプールになっています。水上遊具やすべり台もあって子供達には人気の夏休みイベントです。

春に行われる桜祭り

Photo by1195798

浜松城公園にはお城の周辺や日本庭園など園内に約340本の桜の木があり、3月下旬から4月上旬の見頃の時期にかけては、ソメイヨシノや枝垂れ桜、山桜などが見事に咲き誇ります。浜松市内では最も人気のある桜の名所として、この期間には多くの観光客が花見に訪れます。

この桜の見頃の時期に合わせて毎年開催されるのが浜松城公園桜祭りで、期間中は中央芝生広場周辺を中心に売店の出店もあり、一部はライトアップされる夜間も営業しています。お酒やビールなどのドリンクや定番のたこ焼きの他、名物の家康くん焼の屋台も登場します。

約600個のボンボリが設置されて夜間に点灯される光景は風情があり、桜祭りを盛り上げてくれます。ライトアップ時間は21:00までとなっているので、ゆっくりと夜桜鑑賞を堪能できます。

秋に行われる紅葉祭り

Photo by myasxfc

春の桜祭りに対して秋に行われるイベントが紅葉祭りです。浜松城公園では毎年11月下旬から12月上旬が紅葉の見頃時期で、日本庭園を中心に公園一帯には、赤やオレンジ、黄色などに色づいた木々が鮮やかに競演します。その見事な彩りは秋の浜松城公園最大の見どころです。

浜松城紅葉祭りは、この紅葉の時期に合わせて例年11月の最終日曜日に開催されることが多く、1日だけのイベントになっています。園内の見事な紅葉を背景にして、武将隊の演舞など色々な催し物が実施されますが、体験コーナーもあり観光客にも人気になっています。

甲冑を着て写真を撮る甲冑体験や忍者体験、凧作りなどのコーナーがある他、お菓子付きの抹茶サービスの提供もあります。秋の紅葉を1日ゆっくり楽しむにはもってこいのイベントです。

浜松城の入館料・開館時間

Photo by tsutatsuta

浜松城公園に多い見どころスポットのうち、浜松城への入場には料金が必要です。天守門と天守閣の共通入場券になっており、大人の料金は200円で、中学生以下と70歳以上の方は無料です。開館時間は8:30〜16:30の間で、休館日は12月29日~31日の3日間だけです。

天守閣1階の売店には、浜松城にちなむ多くのお土産が販売されており、記念の御城印もあります。浜松城限定の手形や出世大成家康公のパワーカード、家康くん人形など、やはり家康関連グッズが人気になっており、おすすめのお土産品です。

フリー写真素材ぱくたそ

浜松城天守閣の見学に役立っておすすめなのが、ボランティアのガイドさんによる説明で、浜松城の歴史や家康に精通したガイドさんの説明を聞きながら楽しく見学ができます。ガイド利用時間は10:00~15:00の間で、ガイド料金が無料になっているのが嬉しいところです。

浜松城までのアクセス

Photo by keyaki

浜松城へ鉄道でアクセスする場合の最寄り駅は、新幹線と東海道本線の駅があるJR浜松駅とその浜松駅に隣接する遠州鉄道の新浜松駅になります。遠州鉄道は浜松市内を南北に走る私鉄で、終点の西鹿島駅で天竜浜名湖鉄道に接続しています。

JR浜松駅や遠州鉄道新浜松駅から浜松城までは約1.5kmの距離があり、徒歩で約20分の所要です。少し距離があるのでバスやタクシーを利用する場合が多く、バスの場合は遠鉄バスターミナルの1番または13番乗り場のバスに乗車して市役所南バス停で下車後、徒歩約6分です。

次に車で浜松城へアクセスする場合ですが、最寄りの高速道路のインターチェンジは東名高速道路の浜松ICまたは浜松西ICとなり、それぞれ浜松城までは所要約30分です。

浜松城の駐車場情報

Photo by iwazer

浜松城へ車でアクセスする場合の駐車場ですが、浜松城公園の駐車場へはホテルコンコルドの南側の道路に入口ゲートがあります。収容117台の大型駐車場で、8:00~21:30まで利用することができます。駐車料金が無料で年中無休という観光地では超おすすめの駐車場です。

浜松城観光で歴史と時間の重みを体験しよう

フリー写真素材ぱくたそ

徳川家康が17年間居城とした浜松城は、400年前の石垣が残り、展望抜群の天守閣に家康ゆかりの品も展示されるなど、おすすめの人気歴史スポットになっています。他にも日本庭園、桜や紅葉と見どころがいっぱいの浜松城公園に、ぜひ足を運んでみてはどうでしょう。

mapfan
ライター

mapfan

グルメ大好きな関西在住ライターです。地元には美味しいグルメや観光スポットがたくさんあるのでそれらを中心に紹介していきたいと思います。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング