恋人の聖地岩手・龍泉洞!ドラゴンブルーに輝く地底湖は必見の観光名所!

恋人の聖地岩手・龍泉洞!ドラゴンブルーに輝く地底湖は必見の観光名所!

恋人の聖地として有名な岩手にある龍泉洞。ドラゴンブルーに輝く地底湖はとてもきれいで、岩手の観光名所です。龍泉洞には自然の造形の中にハートがある「ハートスポット」があり、恋人と訪れると恋愛運がアップすると人気です。龍泉洞の魅力をご紹介します。

記事の目次

  1. 1.岩手県にある観光地・龍泉洞ってどんなところ?
  2. 2.龍泉洞に入るには
  3. 3.岩手県の龍泉洞の魅力は
  4. 4.岩手の龍泉洞は恋人たちの聖地
  5. 5.岩手龍泉洞旅行の人気お土産は?
  6. 6.岩手の龍泉洞で涼を満喫しよう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

岩手県にある観光地・龍泉洞ってどんなところ?

Photo by senngokujidai4434

岩手にある観光地龍泉洞(りゅうせんどう)は、日本三大鍾乳洞の一つで、ドラゴンブルーに輝く地底湖は必見の観光地です。パワースポットとしても有名で、恋人と訪れると恋愛運がアップするといわれています。幻想的な世界、岩手の龍泉洞をご紹介します。

龍泉洞がある岩手県岩泉町ってどんなところ?

Photo by __U___

岩手県岩泉町は、本州で一番面積の広い町と言われています。岩泉町は、岩手県の中央部から東部に位置する下閉伊郡の町で、水の透明度が高いことで有名な龍泉洞の町として知られ、観光地として有名です。岩泉町の龍泉洞がある一体は、石灰岩地帯で、カルシウムをはじめとするミネラル豊富な湧水が湧き出し、大きな川となって流れています。

町内の中心地区の水道水は龍泉洞の水で、大川や釜津田の集落では近くの湧水も利用されています。龍泉洞の水は、自然の恵み豊かなミネラルウォーターとして販売されていて、おすすめのお土産の一つです。

1978年に、日本で初めてとなる恐竜化石「モシリュウ」が発見されています。岩泉町は「森と水のシンフォニー」と言われているように、龍泉洞と龍泉水の自然の恵みが溢れる、のどかな町です。一度は旅行してみたい観光地です。

鍾乳洞とは?龍泉洞はどんなところ?

Photo by n.kondo

「鍾乳洞」とは簡単にいうと、石灰岩にできた洞窟の事で、地殻変動によって地上に隆起し、何万年、何十万年、何億年もの気が遠くなるほどの長い歳月をかけ、雨水や地下水に侵食されてでき上がった洞窟の事です。龍泉洞は岩手県岩泉町にある鍾乳洞で、日本三大鍾乳洞の一つです。洞窟内に住んでいるコウモリとともに、国の天然記念物に指定されています。

Photo by ume-y

龍泉洞は、わかっているだけで総延長が3600mあり、そのうち700mが公開されています。地底湖は8つあり、うち3つが公開されています。未公開の第四地底湖は、水深120mで日本一の深さです。

水の透明度は世界有数と言われています。地底湖は龍泉洞地底湖の水として1985年名水百選に選ばれています。平成23年4月に洞内照明を全面LED化してリニューアルオープンしています。

龍泉洞にはハートがある「ハートスポット」があり、恋愛のパワースポットとして有名です。ドラゴンブルーの地底湖は、キラキラ輝き、恋人とのぞくと恋が叶うと言われています。高低差が約249mあり、幻想的な世界が楽しめます。恋人と旅行するのにおすすめです。

龍泉洞に入るには

Photo by senngokujidai4434

龍泉洞は岩手にあるドラゴンブルーの地底湖です。見学するには料金がかかります。龍泉洞は整備されているものの、公開されている700mを歩くには、注意が必要です。鍾乳洞ならではのヒンヤリ感と上から雫が落ちてきます。洞内を安全に見ていただくための服装を、ご紹介します。

服装は

Photo byPICNIC_Fotografie

龍泉洞の中は一年中10℃前後と気温が安定しています。洞内に入ってしばらくの間はひんやりした空気が気持ちいいです。ただし、観光ルートだけでも700mある場所です。半袖で行って、寒くてブルブル震えた方もいるそうです。長袖で行くか、上に羽織れるものを一枚持って行かれることを、おすすめします。

衣服

Photo byStockSnap

外は晴れていても、龍泉洞内は、天井から雫が落ちてきます。雨が降った後は、いつもより多くの雫が時間がたってから落ちてきます。鍾乳洞に行く時は、旅行用に新しく買った上着ではなく、汚れても大丈夫な服を着たほうがいいでしょう。上に羽織る物が無くても、窓口に言えばジャンバーを貸してくれるので便利です。500円の料金がかかります。

Photo byMyriams-Fotos

龍泉洞の足場は整備されていて、歩きやすくなっています。ただ鍾乳洞特有の、天井から落ちる雫などで床が濡れているところや、急傾斜の階段があります。ヒールやサンダル履きは滑りやすいので不向きです。鍾乳洞を観光する時は、怪我をしないように履きなれた、歩きやすい靴での観光がおすすめです。

入場料金は

Photo by senngokujidai4434

旅行して名所を見学するのに、料金がかかる場合があります。岩手の龍泉洞を見学する時も、料金がかかります。龍泉洞の入場料金は下記の通りです。そう高くはないですが、人数が多い時は高くつきそうです。

大人 大人1000円 (高校生以上)
小中学生 500円
公開時間 8:30~18:00(5月~9月)・8:30~17:00(10月~4月)
定休日 年中無休
住所 岩手県下閉伊郡岩泉町岩泉字神成1番地1
電話番号 0194-22-2566

12月中旬から3月下旬まで、定期的に行われるアドベンチャー企画「龍泉洞大冒険」があります。謎を解きながら龍泉洞内に隠された宝の鍵を探すというもので、家族連れにもカップルにも人気です。

この企画で、プロポーズをする人もいるそうです。サプライズプロポーズ、係りの人にお願いすれば記念品の隠し場所等、一緒に考えてくれます。この企画には料金はかかりません。忘れられない旅行になりそうです。

岩手県の龍泉洞の魅力は

Photo by sayo-ts

岩手の龍泉洞の魅力はドラゴンブルーの済んだ水と、250mの高低差が見せる幻想的な世界の美しさです。龍が通ったと言われる道があります。ハート型に見えるところもあり、龍泉洞ならではの世界を作り出しています。一度は自分の目で確かめてみたいパワースポットです。

百間廊下

Photo by sayo-ts

百閒廊下は、天を目指す龍が最後に通り抜けた道と言われ、龍が通ってこの細長い道ができたという伝説があります。龍が登った道は、仕事運をアップさせてくれるパワースポットとも言われています。

龍泉洞がまだ観光地として開発されていなかった頃は、若者が松明を持って洞窟の上流を目指し、舟をこぐための出発地点だったと言われています。現在は観光地として洞内も整備されて歩きやすくなっています。足元を照らす光が幻想的です。この狭い通路は教会の回廊のようにも見え、大切な人と歩くと、思わず将来の姿を重ねてしまうと言われています。

第一地底湖展望台

Photo by jetalone

龍泉洞の第一地底湖展望台は、第一地底湖が上からのぞける展望台です。展望台と言っても、高い場所から遠くを見るのではなく、上から下を見下ろす感じで、少し怖くなります。第三地底湖を過ぎると270段もの階段が待っています。

階段をのぼった先にあるのが、三原峠や、第一地底湖の展望台です。高低差10mはありそうです。無理に登らなくても、引き返す事もできます。天井にはつらら石などの鍾乳石群が広がり、ポスターの撮影によく使われている場所です。

龍の淵

Photo by ume-y

龍泉洞を奥に進んでいくと、通路が蛇行してきます。10mもの深さがある「龍の淵」辺りでは木製だった廊下が鐘乳石になっています。周囲の岩も少しずつ様子が変わっていき、自然の力強さを感じます。龍の淵は、岩の形が龍の頭に似ている事から、この名前が付いたと言われています。足元も滑りやすいです。大切な人と手をつないで進むと、より絆が深まるといわれています。

岩手の龍泉洞は恋人たちの聖地

Photo by frontriver

最近、岩手の龍泉洞は「恋人たちの聖地」として注目を集めています。入り口にあるハート型の龍や、龍泉洞の中にいくつかハート型に見える場所があり、恋人たちが集う場所になったそうです。カップルで旅行に来て、サプライズプロポーズをする人も増えているそうです。

恋人たちの聖地モニュメント

Photo byAlexas_Fotos

岩手の龍泉洞の入り口に、「恋人の聖地のモニュメント」があります。2014年に建てられた、日本のチェーンソーアート第一人者、西間健氏による二匹の龍のハート型のモニュメントです。

龍泉洞内には、ハート型に見える場所がいくつかあり、入り口にあるハート型の龍は、まさに龍泉洞の象徴といえます。自然の力でできたハートは、「ハートスポット」として、恋人の集う場所となり、龍泉洞は近年恋愛のパワースポットとして注目を浴びています。

恋人と一緒にハートを見つけよう

Photo bystux

龍泉洞には、鍾乳洞内にもいくつかハートに見える場所があります。手を繋いで通れば、二人の絆がより深まるとも言われています。恋人と訪れた龍泉洞「恋人の聖地」で、二人でハートを探してみてはいかがでしょう。入り口にある二匹の龍の所で、記念写真を一枚撮ります。素敵な思い出が作れます。

月宮殿

Photo by ume-y

龍泉洞の見どころの一つ「月宮殿(げっきゅうでん)」は、鍾乳洞内の鍾乳石が、月の世界を思い出させる事からその名が付いたと言われています。平成23年に5色のLEDによるライトアップで空間が演出されて、より一層広い空間は、まさに月の宮殿です。

毎年2月中旬から3月中旬の間に、不定期で洞内コンサートを開催しています。月の世界の中のコンサートは、まさに別世界で大絶賛されています。岩手に旅行するなら、一度聞いてみたい洞内コンサートです。

Photo by senngokujidai4434

月宮殿には、様々な形をした鍾乳石がたくさんあります。音無しの滝、亀岩、守り獅子、お地蔵様など、自然の力で出来た鍾乳石ですが、その偶然できた、あまりに似た形に驚いてしまいます。

また月宮殿は、恋愛のパワースポットになっていて、狭い通路を手を繋いで、お互いを思いやりながら通り抜けたら、二人の絆はより深まると言われています。通路の奥側から見た岩肌がハートに見える事から、恋愛のご利益があると言われています。恋人と一度行ってみたい場所です。

第三地底湖

Photo by n.kondo

第三地底湖の水深は98mあります。第三地底湖は1967年の潜水調査で発見されました。現在、ここが観光コースの最終地点です。98mの水深が醸し出す、水と光は幻想的で、言葉では言い尽くせない美しさがあります。

水中の光の位置によって、湖の形がハートに見える時があると言われています。滅多に見ることができないこのハートを見ることができたら、さらに感銘を受けることでしょう。

三原峠

Photo by senngokujidai4434

三原峠は、最も高い位置にあり、地底湖の水面からの高さはおよそ35mあります。龍泉洞は来た道とは違うルートで帰ることができます。違うルートで帰る場合、鍾乳洞内を上方へと登って行きます。登りと下り合わせて全272段あり、かなり長い階段を行くことになります。

帰りの階段を上っている途中に、ワインの貯蔵庫につながるトンネルがあります。ワイン保管庫の先は地上へと繋がっているので、混雑時期の臨時出口として使うこともあるそうです。

岩手龍泉洞旅行の人気お土産は?

Photo by noriqnub

せっかく岩手に旅行したのに、お土産を買わずに帰るのは、もったいないです。岩泉町の龍泉洞がある一帯は、ミネラル豊富な湧水が湧き出し、この水を使ったお土産として、化粧水、和菓子、天然水が人気です。岩手龍泉洞の観光旅行で人気のお土産と料金をご紹介します。

龍泉洞の化粧水とジェル

フリー写真素材ぱくたそ

龍泉洞の水をふんだんに使って作られている、化粧水とジェルのお土産です。色は無色透明で香りは岩泉町の花、桐の花をイメージし、かすかに甘い香りがします。植物エッセンシャルオイル配合で、保湿力は抜群です。地底湖の美しいドラゴンブルーをイメージした容器に、龍泉洞らしさを感じます。

龍泉洞の化粧水、ジェルは岩手県内の道の駅でも買うことができます。ここにしかない化粧水は、旅行のお土産に最適です。友達へのお土産も良いですが、自分へのご褒美としてお土産に買っていく人も多いそうです。化粧水、ジェルとも料金は1個2000円くらいで買うことができます。

名水 水まんじゅう

Photo by norio_nomura

涼を呼ぶヒンヤリとした水まんじゅうです。龍泉洞の水を使っているので、いつも食べている水まんじゅうとは、少し感じが違います。夏季限定の商品。スプーンですくうようにしてお召し上がりください。

龍泉洞の水を使った水まんじゅうといえば、中松屋が有名です。涼を呼ぶ水の雫のような葛と栗あんの組み合わせ。料金は7個入り1800円からあります。涼を感じるお土産として喜ばれています。

龍泉洞の水

Photo byOrcaTec

岩手の龍泉洞の水は石灰岩層から湧き出すため、国内随一のカルシウム含有量を誇る、比較的硬度の高い軟水です。龍泉洞地底湖の水は昔から「一口飲むと3年長生きする」と言われ親しまれています。岩泉町にミネラルウォーター充填工場を作り、1985年から販売を開始したと言われています。

「龍泉洞の水」は1999年からモンドセレクション3年連続金賞以上を受賞し、2001年に「世界最高品質賞」に輝きました。2017年には「最高金賞」を受賞しています。この受賞で龍泉洞の水がどれだけすごいか、お分かりいただけると思います。

そのまま飲むのもおすすめです。味をまろやかにしてくれるので、お茶やコーヒーに使っても美味しくいただけます。日本の名水百選にも選ばれていて、料金もお手頃でお土産にも喜ばれています。

せっかく龍泉洞にきたのなら、龍泉洞の水を飲んで、「一口飲むと3年長生きする」というご利益にあずかりたいものです。お土産に、コンビニ、道の駅等で500ml入り1本を買うことができます。ネット通販で箱売りもしています。1リットル12本入り、500ml24本入りがあり、料金はどちらも3000円くらいです。お土産に、日々の生活に、潤いの水もおすすめです。

岩手の龍泉洞で涼を満喫しよう!

Photo by senngokujidai4434

岩手の龍泉洞、気に入っていただけましたか?地底湖のドラゴンブルー、澄み切った水、自然の力そのままの龍泉洞は、恋愛のパワースポットとして有名です。料金はかかりますが、恋人と、ご家族で、岩手に旅行されたらぜひ立ち寄っていただきたい観光名所です。

みいたん
ライター

みいたん

鳥取の田舎町に住んでいるみいたんです。ここから出たことがなく、ジュエの記事を書きながら、私も一緒に旅をしたり、美味しいものを食べた気分を味わっています。素敵な旅になるお手伝いが出来たら嬉しいです。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング