苫小牧の温泉おすすめを厳選!露天風呂・天然温泉を楽しめる旅館や日帰り入浴も

苫小牧の温泉おすすめを厳選!露天風呂・天然温泉を楽しめる旅館や日帰り入浴も

苫小牧やその周辺のおすすめの天然温泉を厳選してご紹介します。昭和レトロな銭湯から、ホテルの温泉・露天風呂まで幅広く網羅しています。苫小牧への観光の際に利用したい温泉や、札幌や新千歳空港からすぐに行ける温泉まで色々とご紹介します。

記事の目次

  1. 1.人気の温泉に入れる苫小牧ってどんな場所?
  2. 2.苫小牧の温泉:日帰り入浴が楽しめるおすすめ施設4選
  3. 3.苫小牧の温泉:露天風呂が魅力のおすすめ施設3選
  4. 4.苫小牧の温泉:絶景が楽しめるおすすめ施設1選
  5. 5.苫小牧の温泉:たくさんの湯船が楽しめる施設2選
  6. 6.苫小牧の温泉:足湯を楽しめるおすすめの施設1選
  7. 7.苫小牧で大自然の恵みを感じながら温泉を楽しもう

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

世界的に珍しい三重式活火山の樽前山は、山頂から羊蹄山や苫小牧市内を一望できます。また、「錦大沼公園」は錦大沼を中心に公園が整備され、大自然を感じながらスポーツや温泉、キャンプなどを楽しむことが出来ます。

特におすすめなのは「北海道大学農学部の演習林」です。市民のオアシスとして人気があり、入林許可を取ることで森林内に入ることが出来ます。バードウォッチングをしながら自然と触れ合えます。

(2)観光スポットが多く人がたくさん集まる

フリー写真素材ぱくたそ

苫小牧はおすすめの観光スポットもたくさんあります。「ウトナイ湖」は多様な生態系が保たれている希少な湿地帯で、様々な植物や野鳥の楽園として知られています。特に鳥類は約270種が確認されており、四季を通じて自然との触れ合いが楽しめます。

Photo bynightowl

工業地帯としての苫小牧を体験できるおすすめ観光スポットは「軽便鉄道実車展示」です。王子製紙が明治41年(1908年)に千歳発電所を建設する際に、苫小牧工場から支笏湖まで走らせていた軽便鉄道の機関車が展示されています。

その他にも苫小牧港を一望できる「北埠頭緑地公園」や開拓の歴史を知ることができる「勇武津資料館」、食事処や新鮮な生鮮食品などを販売している「海の駅ぷらっとみなと市場」などおすすめの観光スポットばかりです。

(3)古くから湧く天然温泉が多い

フリー写真素材ぱくたそ

苫小牧には古くから湧く天然温泉も多く、明治の初め頃に発見された北海道で2番目に古い天然温泉などがあります。老舗の温泉旅館や日帰り入浴の銭湯なども市内にはたくさん営業しています。

また、北海道遺産に登録されている「モール泉」などもあります。古くからの天然温泉や歴史ある公衆浴場などの雰囲気を楽しみながら、観光とともに様々な温泉を巡るのもおすすめです。

苫小牧の温泉:日帰り入浴が楽しめるおすすめ施設4選

フリー写真素材ぱくたそ

ここでは日帰り入浴が楽しめるおすすめの4施設をご紹介します。自然豊かな環境と天然温泉が魅力の温泉旅館や、レトロな銭湯まで、気分に合わせて様々なタイプを選ぶことが出来ます。

静かな山中の名湯「鈴木旅館」

フリー写真素材ぱくたそ

「鈴木旅館」の温泉は「名湯百選」にも選ばれている「カルルス温泉」で、湯温の違う3種類の湯船と滝湯が特徴です。旅館なので宿泊利用が主ですが、日帰り入浴もできます。

旧厚生省から北海道で第1号の「国民保養温泉地」に指定された温泉は湯治場としても人気で、芒硝を多く含んだ温泉は便秘や利尿などに効果があるとされています。

源泉掛け流しの大浴場は広々としており、木枕を利用して天然サウナ気分を楽しむこともできます。泉質は芒硝性単純泉で、効能は神経痛・胃腸病・慢性婦人病などです。

鈴木旅館の基本情報

フリー写真素材ぱくたそ

鈴木旅館の日帰り入浴時間は13時〜20時まで、年中無休です。入浴料は大人500円、小人(3歳〜12歳まで)250円です。宿泊料金などの詳細はお問い合わせください。

アクセスは電車の方は、JR室蘭本線の登別駅からタクシーで約25分です。車の方は道央自動車道の登別ICを降り、洞爺湖方面へ約20分で到着します。無料駐車場が30台分あります。

住所 北海道登別市カルルス町12
電話番号 0143-84-2285

次のページ

北海道で2番目に古い天然温泉「鶴の湯温泉」

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング