岩手の人気観光スポット31選!定番の名所からおすすめの穴場までたっぷりご紹介♡

岩手の人気観光スポット31選!定番の名所からおすすめの穴場までたっぷりご紹介♡

豊かな自然が広がる岩手県は、東西南北の複数エリアに人気観光スポットが点在します。岩手県は世界遺産に登録されている名所や観光の見どころが多く、訪れる人を魅了し続けています。今回は、自然とグルメを満喫できる観光スポットやおすすめの穴場スポットをご紹介します。

記事の目次

  1. 1.宮沢賢治も愛した地「岩手県」は名所が沢山
  2. 2.岩手の沿岸エリア人気観光スポット5選
  3. 3.岩手の県南エリア人気観光スポット5選
  4. 4.岩手の県北エリア人気観光スポット5選
  5. 5.岩手の県央エリア人気観光スポット5選
  6. 6.岩手のデートでおすすめな観光スポット5選
  7. 7.岩手の穴場観光スポット6選
  8. 8.岩手観光で自然とグルメを堪能してパワーチャージ!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

宮沢賢治も愛した地「岩手県」は名所が沢山

フリー写真素材ぱくたそ

本州一の面積を誇る岩手県は、山と海の大自然を感じられる広大な地です。岩手県は盛岡市を中心とし、歴史や文化を感じられる名所や人気の観光スポットが点在します。盛岡はかつて、文豪・宮沢賢治や石川啄木が若き日を過ごした地としても知られる観光スポットです。

花巻出身の宮沢賢治は、青春時代、愛する岩手の地にそびえる岩手山を幾度となく眺めたことでしょう。宮沢賢治の物語が生まれたみちのくの地、理想郷イーハトーブの観光を楽しみましょう。

県のそれぞれのエリアに様々な観光スポットを抱える県

フリー写真素材ぱくたそ

岩手県は、エリアごとに様々な名所や観光スポットが点在する魅力あふれる県です。訪れたい主要観光スポットはたくさんありますが、岩手県の面積は北海道に次いで2番目に広いため、移動時間を考慮することが大切です。

岩手県は、南北へは高速道路が走り新幹線の移動も便利ですが、内陸から沿岸部へ移動して観光する場合は時間を要します。車で移動する場合は、目的地に辿り着くのに時間がかかり、2時間以上の長距離ドライブになることも珍しくありません。

Photo byPublicDomainPictures

岩手の観光名所を巡る旅は、道の駅などの休憩施設でリフレッシュする時間を取り入れながら、目的地へ向かうのがおすすめです。休憩スポットを上手に活用して、エリアごとに分かれる観光名所を効率よく巡る計画を立てましょう。

岩手県は県央・県南・沿岸・県北の4つのエリアに分類

フリー写真素材ぱくたそ

岩手県はとにかく広いです。そのため、県北エリア・県央エリア・県南エリア・沿岸エリアの4つに分類されます。エリアによってそれぞれ魅力的な観光スポットがあります。名所や観光したいスポットの位置関係を把握しておくと、広い岩手県の移動時間を計算する際に便利です。

岩手の沿岸エリア人気観光スポット5選

フリー写真素材ぱくたそ

岩手県の沿岸エリアには、宮古市や田野畑村、釜石市、陸前高田市、大船渡市など9つの市町村があります。沿岸エリアは、自然が作り上げた美しい景観が点在する地です。本州最東端の宮古は、三陸観光の拠点としてもおすすめです。

「龍泉洞」

Photo by sayo-ts

岩手の沿岸エリア人気観光スポット1か所目は「龍泉洞(りゅうせんどう)」です。龍泉洞は、日本三大鍾乳洞の一つで、国の天然記念物に指定されています。洞内の総延長は知られているところで4088m、そのうち700mが公開されています。

見つかっている地底湖は8つあり、3つの地底湖が公開中です。第一地底湖展望台では、鍾乳洞の壁と地底湖の迫力ある景色を楽しめます。水深38mの第二地底湖は、「ドラゴンブルー」といわれる神秘的な青の世界が広がります。第三地底湖は、最も深い地底湖となっています。

Photo by inunami

龍泉洞へのアクセスは、盛岡駅発のJRバスを利用するのがおすすめです。所要時間は110分ほどかかります。龍泉洞の入場料金は、大人1000円、小中学生は500円です。営業時間は、8:30~17:00までです。5月~9月の期間は、18:00まで時間を延長して営業しています。

住所 岩手県下閉伊郡岩泉町岩泉神成1番地1
電話番号 0194-22-2566

「橋野鉄鉱山」

Photo byinkflo

岩手の沿岸エリア人気観光スポット2か所目は「橋野鉄鉱山」です。橋野鉄鉱山は、近代製鉄の父といわれる大島高任(おおしまたかとう)の技術指導によって建設されました。釜石は近代製鉄発展の先駆けとなった町として知られ、2015年には世界文化遺産に登録されました。

最古の様式高炉跡として文化財に指定されているのです。橋野鉄鉱山は入場料が無料です。随時見学できますが、降雪時は見学困難となります。世界遺産・橋野鉄鉱山へのアクセス方法は、遠野ICから車で40分、釜石駅から車で50分です。

釜石には鉄の歴史を知ることができる歴史館があります。橋野鉄鉱山第三高炉の原寸大再現模型が展示されているおすすめスポットですので、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

住所 岩手県釜石市橋野町第2地割15
電話番号 0193-22-8846(釜石市産業振興部世界遺産課)

「釜石大観音」

フリー写真素材ぱくたそ

岩手の沿岸エリア人気観光スポット3か所目は「釜石大観音」です。釜石大観音は、釜石湾を一望する高台に建立されました。高さが48.5mある白亜の魚籃観音像は、内部が13階に分かれています。

2階の拝殿や3階の三十三観音安置室を経て上がっていくと、千体観音や七福神体内巡りがあります。海抜120mの高さにある魚籃展望台では目の前に釜石湾が広がり、見事な景色を楽しめます。

フリー写真素材ぱくたそ

陸中海岸国立公園の壮大なリアス式海岸を眺め渡すことができるおすすめのスポットです。釜石大観音へのアクセスは、遠野ICから車で60分です。閉館時間は季節により変動しますが、営業時間は9:00~17:00までです。拝観料は大人500円、中学生300円、小学生100円となります。

住所 岩手県釜石市大平町3-9-1
電話番号 0193-24-2125

「五葉温泉」

フリー写真素材ぱくたそ

岩手の沿岸エリア人気観光スポット4か所目は「五葉温泉(ごようおんせん)」です。「しゃくなげの湯っこ 五葉温泉」は、三陸沿岸初の天然アルカリ温泉で知られる日帰り温泉で、深層から沸く天然温泉「美肌の湯」が人気です。大自然の中、ゆっくりと観光の疲れを癒せます。

五葉温泉へのアクセス方法は、どなたでも利用できる無料シャトルバスが便利です。JR大船渡駅前(交通ひろば)から運行しています。運行日は、毎週火曜日・水曜日・金曜日で、JR盛駅(さかりえき)を経由します。

五葉温泉行きは、9時台・11時台の1日2便、JR大船渡駅行きは14時台・15時台の1日2便です。火曜日は定休日となりますので、運行日にご注意ください。

フリー写真素材ぱくたそ

車でお出かけの場合は、五葉温泉から20kmの距離にある「道の駅 さんりく」へ足を延ばすのもおすすめです。柿のソフトクリームが自慢の道の駅では、世界ブランドの三陸町産あわびや三陸産ウニなどの販売・発送が行われています。温泉観光と岩手グルメを両方楽しみましょう。

住所 岩手県大船渡市日頃市町字赤坂西風山1-5
電話番号 0192-22-5400

「シープラザ釜石」

Photo by inunami

岩手の沿岸エリア人気観光スポット5か所目は「シープラザ釜石」です。シープラザ釜石は、釜石にある物産センターで、JR釜石駅の隣にあります。施設内には、岩手の特産品やおみやげ品が並び、イベント会場や観光案内所が設けられています。

三陸の情報発信基地でもあるシープラザ釜石には、売店の他にレストランも入っています。不定期で火曜日が休みとなりますが、9:00~19:00の間で営業しています。

釜石駅から徒歩1分という好立地なところも魅力ですが、地元の人と交流を深めたい方にとっては穴場のスポットともいえます。

住所 岩手県釜石市鈴子町22-1
電話番号 0193-31-1177

恋人の聖地岩手・龍泉洞!ドラゴンブルーに輝く地底湖は必見の観光名所! | jouer[ジュエ]
恋人の聖地として有名な岩手にある龍泉洞。ドラゴンブルーに輝く地底湖はとてもきれいで、岩手の観光名所です。龍泉洞には自然の造形の中にハートがある「ハートスポット」があり、恋人と訪れると恋愛運がアップすると人気です。龍泉洞の魅力をご紹介します。

岩手の県南エリア人気観光スポット5選

フリー写真素材ぱくたそ

岩手県の県南エリアには、花巻市、北上市、遠野市、奥州市、一関市、平泉町など8つの市町村があります。

県南エリアでは、中尊寺や毛越寺、観自在王院跡(かんじざいおういんあと)、無量光院跡(むりょうこういんあと)、金鶏山(きんけいさん)の世界遺産巡りを楽しめます。平泉文化を伝える貴重な資産は必見です。

「厳美渓」

フリー写真素材ぱくたそ

岩手の県南エリア人気観光スポット1か所目は「厳美渓(げんびけい)」です。四季の美景を楽しめる厳美渓は、春は桜の名所を望むことができ、夏は爽やかで美しい新緑、秋は赤や黄色に色づいた見事な紅葉、冬は屋形舟で雪の世界を満喫することができます。

国の天然記念物にも指定されている厳美渓は、自由に散策できます。自然が作り出す渓谷美を楽しみながら渓谷沿いにある散策路をゆっくり歩いてみてはいかがでしょうか。

厳美渓までのアクセスは、JR一ノ関駅から厳美渓線のバスで20分、停留所からは徒歩すぐです。厳美渓では、岩手の名物である郭公屋(かっこうや)の「空飛ぶだんご」グルメも楽しめます。セットのお団子は、あんこ・ごま・みたらし味の3本セットです。

住所 岩手県一関市厳美町滝ノ上地内
電話番号 0191-23-2350(一関市観光協会)

「猊鼻渓」

フリー写真素材ぱくたそ

岩手の県南エリア人気観光スポット2か所目は「猊鼻渓(げいびけい)」です。猊鼻渓は、厳美渓と並ぶ岩手県の2大渓谷です。猊鼻渓では、壮大な渓谷を舟下りできます。往復90分の舟旅です。

5月~6月の藤の花のシーズンは大変人気です。断崖に咲く紫色の花は見事で、贅沢な水辺の時間を過ごせます。周辺の穴場スポットを教えてくれる船頭さんもいらっしゃいます。

猊鼻渓へのアクセスは一ノ関駅から乗り換え、JR大船渡線・猊鼻渓駅下車、徒歩5分です。舟下り料金は、大人1600円、小学生860円、3歳以上の幼児200円です。定休日はありませんが、荒天時は欠航になることがあります。

住所 岩手県一関市東山町長坂字町467
電話番号 0191-47-2341(げいび観光センター)

「中尊寺」

フリー写真素材ぱくたそ

岩手の県南エリア人気観光スポット3か所目は「中尊寺」です。かつて、岩手の県南地方は良質な金山があったといわれています。奥州(現在の東北地方)の黄金は、後三年の役で権力を手にした藤原清衡(ふじわらのきよひら)公によって管理され、平泉の黄金文化が始まります。

現在、当時の黄金文化の面影を残すのは金色堂のみです。金色堂は、総金箔貼りで扉や柱、床面に至るまで金箔で仕上げられている豪華絢爛な阿弥陀堂です。金箔や宝飾で輝く豪華な阿弥陀堂は、天治元年(1124年)に藤原清衡が建立しました。

フリー写真素材ぱくたそ

中尊寺には、3000点を超える国宝や重要文化財があります。金色堂内には藤原氏3代(初代清衡・2代基衡・3代秀衡)の棺と、4代泰衡の首桶が安置されています。中尊寺への車でのアクセスは、平泉前沢ICから5分です。

電車を利用する場合、JR平泉駅からは徒歩25分ほどかかります。平泉巡回バス「るんるん」利用の場合は、所要時間約10分です。

参拝時間は、8:30~17:00までです。冬期(11月4日~2月末日)の期間は16:30までとなります。入場料金は、大人800円、高校生500円、中学生300円、小学生200円です。

住所 岩手県西磐井郡平泉町平泉字衣関202
電話番号 0191-46-2211

「毛越寺」

Photo by nimame

岩手の県南エリア人気観光スポット4か所目は「毛越寺(もうつうじ)」です。毛越寺は、嘉祥3年(850年)に慈覚大師円仁(じかくだいしえんにん)が開山し、藤原氏二代基衡から三代秀衡の時代に多くの伽藍が建立されました。

往時は、中尊寺をしのぐほどの規模と華やかさを誇ったといわれています。奥州藤原氏滅亡後には、度重なる災難によって建物が焼失します。

現在は、金堂前の大泉を中心とした浄土庭園と平安時代の遺構が保存されています。庭園を散策すると、礎石が並ぶ建築跡を見ることができます。

Photo by gtknj

6月下旬~7月上旬には、あやめ祭りが開催され、世界遺産・毛越寺は多くの人で賑わいます。庭園を散策し、平安時代の上品で美しい世界を楽しんでみてはいかがでしょうか。

毛越寺のアクセスは、JR平泉駅から徒歩15分です。平泉巡回バス「るんるん」利用の場合は、所要時間約3分です。

毛越寺の拝観時間は、8:30~17:00までです。ただし11月上旬~3月上旬にかけては拝観時間が16:30までとなります。拝観時間の詳細については、毛越寺のホームページでご確認ください。拝観料金は、大人500円、高校生300円、小中学生100円です。

住所 岩手県西磐井郡平泉町平泉字大沢58
電話番号 0191-46-2331

「宮沢賢治イーハトーブ館」

Photo by ururun4412

岩手の県南エリア人気観光スポット5か所目は「宮沢賢治イーハトーブ館」です。宮沢賢治をもっと知りたい!という方におすすめのスポットです。宮沢賢治に関する書籍や研究論文などが公開されている文学館となっています。

館内では、賢治の童話絵本や研究書、CDなどの販売も行われています。イーハトーブ館は、新花巻駅から車で5分、花巻駅からは車で15分のアクセスしやすいスポットです。営業時間は8:30~17:00まです。12月28日~1月1日は休館となります。入館料は無料です。

住所 岩手県花巻市高松1-1-1
電話番号 0198-31-2116

花巻温泉の日帰り入浴おすすめランキングTOP11!ランチが楽しめる施設も | jouer[ジュエ]
花巻温泉は、日帰り入浴が楽しめる岩手県の人気温泉リゾートです!日帰り入浴とランチをセットにしたプランや女性限定のバラ風呂など、花巻温泉郷には多彩な湯を楽しめる湯宿が点在します。日帰りで気軽に立ち寄りたい時に役立つ花巻温泉の入浴施設をランキングでご紹介します。

岩手の県北エリア人気観光スポット5選

Photo byGuentherDillingen

岩手県の県北エリアには、二戸市、軽米町、一戸町、九戸村、久慈市、普代村など8つの市町村があります。二戸には県立自然公園に指定されている馬仙狭展望台があり、日本一の夫婦岩といわれる男神岩・女神岩(おがみいわ・めがみいわ)を展望することができます。

一戸町には、御所野遺跡といわれる縄文時代中期後半の拠点集落があり、世界遺産の登録を目指しています。岩手県の観光は、定番の名所もおすすめですが、意外と知られていない県北エリアの観光スポットもおすすめです。岩手県観光の穴場スポットともいえます。

「小袖海女センター」

Photo by taijan.huang

岩手の県北エリア人気観光スポット1か所目は「小袖海女センター」です。昔からの教えを守り、三陸の海の幸を獲る女性たちは、北限の海女(ほくげんのあま)と呼ばれます。北限の海女は、久慈市の北部にある小袖海岸で活躍し、全国的に注目されています。

三陸の海は冷たく、体が冷えてしまうため素早い潜水が必要とされます。危険と背中合わせの漁ですが、一息でウニ10個を獲ることもあるそうです。7月~9月には、海女による素潜り実演が実施される予定です。

Photo by jetalone

小袖海女センターは、JR久慈駅から車で25分の場所にあり、9:00~17:00まで営業しています。入館料は無料ですが、実演の見学料金は500円になります。実演は、土日祝日の11:00・13:00に実施されます。平日は団体予約のみです。

住所 岩手県久慈市宇部町24-110-2
電話番号 0194-54-2261

「道の駅 おりつめ」

フリー写真素材ぱくたそ

岩手の県北エリア人気観光スポット2か所目は「道の駅 おりつめ」です。九戸村にある「道の駅 おりつめ」では、海外でも認められる最高級のお茶「甘茶」や、元祖「山ぶどうソフト」などの販売を行っています。

また、県北部の郷土料理「九戸かっけ」を堪能できるスポットでもあります。九戸かっけとは、九戸の里に古くから伝承されてきた郷土食をいいます。そばやうどんを作る時に出る端の部分(かけら)が由来となっています。

そのほか道の駅おりつめでは、炭火でじっくり焼いた田楽豆腐や、串もちなどの軽食も楽しめます。長時間のドライブが続いた時に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

フリー写真素材ぱくたそ

道の駅といえば、スタンプラリーに参加している方も増えてきました。道の駅スランプラリーは、全国「道の駅」連絡会が開催しているラリーです。東北では東北「道の駅」連絡会が主催しています。年々増えている道の駅は、2019年3月時点で東北だけでも163か所あります。

おりつめの道の駅のスタンプは、産直施設オドデ館のレジ付近にあります。スタンプの押印可能時間は8:00~19:00までとなっています。定休日は1月1日です。近隣の道の駅は「おおの」まで車で25分、「白樺の里やまがた」までは車で40分の距離です。

住所 岩手県九戸郡九戸村大字山屋2-28-1
電話番号 0195-42-4400

「黒崎オートキャンプ場&黒崎キャンプ場」

Photo byBrahmsee

岩手の県北エリア人気観光スポット3か所目は「黒崎オートキャンプ場&黒崎キャンプ場」です。黒崎キャンプ場は、赤松林に囲まれた居心地抜群のスポットです。

黒崎キャンプ場の開設期間は5月1日~10月31日で、予約の必要はありません。県北エリアの気持ち良い自然の中で、ゆったりアウトドアを楽しんでみてはいかがでしょうか。

キャンプ場から歩いて9分の場所には、日帰り入浴できる「国民宿舎くろさき荘」があります。建物内には売店や食堂もあり、日帰り入浴は13:00~21:00の間で利用できます。入浴料金は、大人420円、子ども210円です。

Photo byFree-Photos

黒崎キャンプ場は、九戸ICから90分、盛岡ICからは150分の場所に位置します。近隣のおすすめ観光スポットに、太平洋に突き出した黒崎にある「陸中黒崎灯台」があります。日本の灯台50選にも選ばれている白亜の灯台は、北緯40度線上のシンボルとして知られています。

住所 岩手県下閉伊郡普代村第2地割下村
電話番号 0194-35-2114

「久慈渓流」

フリー写真素材ぱくたそ

岩手の県北エリア人気観光スポット4か所目は「久慈渓流」です。久慈平庭県立自然公園に指定されている久慈渓流は、国道281号線に沿って流れる渓流です。

山腹は断崖となっていますが、久慈渓流は自然が豊かなスポットで、釣りをする人の姿も多くみられます。岩手観光を楽しむドライバーも車を止めて景色を楽しみます。渓流釣りの名所として知られる久慈渓流のおすすめ時期は、新緑と紅葉の季節です。

多くの人が訪れる久慈渓流の紅葉は、10月下旬~11月上旬が見頃です。鏡岩(かがみいわ)のそばにある「不老泉」は、飲用すると不老長寿になるという言い伝えがあるそうです。久慈渓流へのアクセスは、九戸ICから車で90分です。

住所 岩手県久慈市大川目町
電話番号 0194-52-2111(久慈市観光交流課)

「金田一温泉郷」

フリー写真素材ぱくたそ

岩手の県北エリア人気観光スポット5か所目は「金田一温泉郷」です。金田一温泉郷は、馬淵川(まべちがわ)のほとりにある温泉で、1000年以上の歴史があります。江戸時代には南部藩の湯治場として使われ「侍の湯」と呼ばれていました。

出会えると幸運に恵まれるという座敷わらしの伝説がある金田一温泉は、遠方から多くの観光客が訪れる名所でもあります。座敷わらし伝説の宿・緑風荘では、座敷わらしの亀麿(かめまろ)を目撃したという著名人や宿泊者の体験談が語り継がれています。

フリー写真素材ぱくたそ

金田一温泉郷には、予約不要で日帰り入浴を楽しめる「緑風荘」など、7つの旅館・施設があります。金田一温泉の泉質は単純温泉で、子どもが安心して入浴できる刺激の少ないやさしい温泉です。

日帰り入浴は、メンテナンス時はお休みとなりますので、お出かけ前に施設の情報を確認するようにしましょう。座敷わらしの伝説が残る名所、金田一温泉郷へのアクセスは、二戸ICから車で20分、電車の場合は、金田一温泉駅から徒歩20分です。

住所 岩手県二戸市金田一地内
電話番号 0195-27-2540(二戸市観光協会金田一支部)

岩手の県央エリア人気観光スポット5選

Photo by yellow_bird_woodstock

岩手県県央エリアには、盛岡市、八幡平市、滝沢市、矢巾町、紫波町など8つの市町村があります。県央エリアに位置する盛岡市は、岩手県の県庁所在地でもありますが、岩手銀行赤レンガ館をはじめ、歴史あるレトロな建築が残り、観光客の目を引きます。

「八幡平アスピーテライン」

Photo by M.Murakami

岩手の県央エリア人気観光スポット1か所目は「八幡平アスピーテライン」です。アスピーテとは、楯上の火山を示す言葉です。八幡平アスピーテラインは、岩手県八幡平御在所地区から秋田県のトロコ温泉までの全長27kmのドライブウェイです。

4月中旬に冬期間に通行禁止となっていた道路が解除されます。道路の両側には数mもの雪が積もり、観光客の目を楽しませてくれます。アスピーテラインは、4月中旬~11月上旬までは通行できますが、凍結の恐れがある時は通行止めになる場合があります。

Photo by houroumono

4月中旬~5月下旬は、桜と雪の回廊を同時に楽しめますので、岩手観光のドライブにおすすめのスポットです。アスピーテラインへのアクセスは、盛岡駅からはバスで120分、松尾八幡平ICからは車で25分です。

住所 岩手県八幡平市
電話番号 0195-78-3500(八幡平市観光協会)

「煙山ひまわりパーク」

フリー写真素材ぱくたそ

岩手の県央エリア人気観光スポット2か所目は「煙山ひまわりパーク」です。旧煙山苗畑地内の約2ヘクタールの畑一面に咲き誇るひまわりは、8月中旬に見ごろを迎えます。

太陽の光をたっぷり浴び、元気いっぱいに咲くひまわりには「あなただけを見つめる」という素敵な花言葉があるそうです。一面に広がる黄色の絨毯を、夏の岩手観光で満喫してみてはいかがでしょうか。

Photo byAna_J

ひまわり畑は、北海道や福島、茨城などが名所として知られていますが、煙山ひまわりパークも町内に限らず町外の人にも親しまれている穴場スポットです。

煙山ひまわりパークへのアクセスは、盛岡南ICから車で10分です。電車の場合は、矢幅駅(やはばえき)からタクシー利用で約15分です。夏の風物詩ひまわり畑の観光を楽しみたい方におすすめです。

住所 岩手県矢巾町煙山地内
電話番号 019-611-2605(矢巾町産業振興課)

「小岩井農場」

フリー写真素材ぱくたそ

岩手の県央エリア人気観光スポット3か所目は「小岩井農場」です。3000ヘクタールの広大な敷地の農場は、まきば園と上丸牛舎(かみまるぎゅうしゃ)の2つのエリアに分かれています。

まきば園では、羊の放牧が行われ、ひつじショーや動物とのふれあいを楽しめます。また、徒歩で約15分のエリアにある上丸牛舎では、小岩井乳業の牛乳や乳製品工場の見学ができます。

歴史ある上丸牛舎構内の牛舎やサイロなどの計6棟は、国登録有形文化財となりました。上丸牛舎では、予約不要の専門のガイドと巡るツアーなどが開催されています。冬の季節は、小岩井ウィンターイルミネーションが人気です。

フリー写真素材ぱくたそ

小岩井農場へのアクセスは、盛岡駅前10番乗り場からバスが出ています。小岩井農場まきば園のバス停からは徒歩すぐです。入場料は、大人800円、子ども300円です。

営業時間は、9:00~17:00までですが、天候やその他の条件により変更となる場合があります。イルミネーション期間中は、営業時間が異なります。

住所 岩手県雫石町丸谷地36-1
電話番号 019-692-4321

「盛岡城跡公園」

フリー写真素材ぱくたそ

岩手の県央エリア人気観光スポット4か所目は「盛岡城跡公園」です。2006年に、開園100周年を記念して、盛岡城跡公園の愛称がつけられました。盛岡城の跡を整備した公園は、かつては宮沢賢治や石川啄木が訪れていたといわれています。

盛岡城は、日本百名城や日本の歴史公園100選にも選ばれています。盛岡城跡公園内は、自由に散策することができ、見応えのある5月の藤棚や7月のアジサイが人気です。盛岡城跡公園へのアクセスは、盛岡ICより車で30分です。

住所 岩手県盛岡市内丸1-1-37
電話番号 019-618-0722(NPO法人緑の相談室)

「道の駅 雫石あねっこ」

フリー写真素材ぱくたそ

岩手の県央エリア人気観光スポット5か所目は「道の駅 雫石あねっこ」です。山間にある道の駅ですが、駐車場が混雑するほど多くの観光客が訪れる人気の道の駅です。施設内には、内湯や露天風呂、サウナを備えた温泉施設が併設されています。

雫石あねっこでは、名物のわさびフランクをはじめ、ひとめぼれソフトクリームや雫石牛ハンバーグなどのグルメを堪能できます。特別純米酒しずくいし等の人気商品の販売も行っています。

道の駅スタンプは、あねっこ道路休憩所のカウンターに設置されています。押印可能時間は、8:00~21:00までです。

住所 岩手県岩手郡雫石町橋場坂本118-10
電話番号 019-692-5577

岩手・八幡平のおすすめ観光スポット33選!周辺の名所からグルメまで一挙紹介 | jouer[ジュエ]
岩手県八幡平の大自然は、長い年月をかけて多くの天然の景勝地を作り出しており、今や八幡平観光では外せない必見スポットになっています。この記事では、八幡平観光で特におすすめの名所を33種類、グルメスポットや温泉宿も含めてご紹介していきます。

岩手のデートでおすすめな観光スポット5選

フリー写真素材ぱくたそ

岩手のデートでおすすめする観光スポットでは、岩手観光の定番の名所や、みちのくの地を感じられる景色の素晴らしい場所、可愛い動物や少し変わった海の生物に会える穴場のスポットなどをご紹介します。最後までじっくりご覧ください。

「岩山公園」

フリー写真素材ぱくたそ

岩手のデートでおすすめの観光スポット1か所目は「岩山公園」です。盛岡から車で15分の距離にある岩山公園は、昭和45年(1970年)に開設された小高い丘陵地にある公園です。

展望台からは、盛岡の市街地や名峰岩手山、スズランの名所で知られる標高1123.8mの姫神山、八幡平の奥羽山脈などを一望することができます。

岩山公園は、夕景の名所として知られ、180度に広がる盛岡市内の夜景も一望できます。日本夜景遺産と夜景100選に選定されている岩山公園は、デートにおすすめのスポットなのです。

フリー写真素材ぱくたそ

岩山公園には、石川啄木の歌碑やファミリー向け遊園地「岩手パークランド」、初心者から中級向けのコースが楽しめる「岩山パークスキー場」があり、レクリエーションを楽しむ人で賑わいます。

岩山観光と一緒に、岩手銀行赤レンガ館や盛岡城跡公園、盛岡市動物公園などの名所巡りもおすすめです。

住所 岩手県盛岡市新庄岩山50-6
電話番号 019-639-9057

「浄土ヶ浜」

Photo by jetalone

岩手のデートでおすすめの観光スポット2か所目は「浄土ヶ浜」です。浄土ヶ浜は、三陸復興国立公園・三陸ジオパークを代表する宮古の景勝地です。

自然が作り上げた浄土ヶ浜の景観は、県外から訪れる多くの観光客を魅了します。鋭く尖った白い流紋岩(りゅうもんがん)が林立する絶景と、極楽浄土さながらの美しい景色を見られる名所です。

Photo by sayo-ts

浄土ヶ浜の名前は、約300年前に宮古山常安寺七世の霊鏡竜湖(れいきょうりゅうこ)和尚が「さながら極楽浄土のごとし」と褒め称えたことから名づけられたといわれます。透明度の高い浄土ヶ浜の波はとても穏やかで、海開きの期間は海水浴を楽しむ人で賑わいます。

浄土ヶ浜は、JR宮古駅から車で15分の場所にあります。散策は自由で、周辺には遊歩道や展望台があります。第1駐車場から約7分の御台場展望台は、浄土ヶ浜を見下ろすビューポイントとなっています。

住所 岩手県宮古市日立浜町32
電話番号 0193-62-2111(宮古市観光課)

「盛岡市動物公園」

フリー写真素材ぱくたそ

岩手のデートでおすすめの観光スポット3か所目は「盛岡市動物公園」です。盛岡市動物公園は、自然と触れ合いながら動植物の観察が楽しめる人気スポットです。

春まつり期間中に行われたじゃんけん大会では、ダチョウの卵や鹿の角などの一風変わった景品が貰える!と多くのメディアに取り上げられ、話題となりました。

フリー写真素材ぱくたそ

園内では、ウサギの抱っこやポニーの乗馬など、様々なイベントが開催されています。季節のイベントでは、ホタルの夕べを無料で楽しめます。水が綺麗な岩手県では、ホタルを鑑賞できるイベントが多く、盛岡市動物公園でもホタル鑑賞を楽しめます。

盛岡市動物公園へのアクセスは、盛岡ICから車で40分です。バスを利用する場合は、盛岡駅から動物公園前バス停まで約35分、バス停から徒歩すぐです。動物公園の営業時間は、9:30~16:30までです。

毎週水曜日と冬期(12月~3月)は定休日となります。入場料金は、高校生以上500円、小中学生・幼児は無料です。

住所 岩手県盛岡市新庄字下八木田60-18
電話番号 019-654-8266

「安比高原」

フリー写真素材ぱくたそ

岩手のデートでおすすめの観光スポット4か所目は「安比高原」です。安比高原は、北関東を代表するリゾートエリアで、豊かな自然が広がる中、様々なアクティビティを楽しむことができます。

安比雲海ゴンドラでは、約15分間の空中散歩を楽しめます。標高1304mの前森山山頂から岩手山や八幡平などの大パノラマを一望でき、幻想的な雲海に出会えることもあります。

おしゃれなカフェテラスがある安比高原牧場では、自家製チーズで作った人気の「牧場ピザ」を堪能できます。高原リゾートのランチタイムにいかがでしょうか。高原の爽やかな風を感じながら、のんびりカフェを楽しむのもおすすめです。

フリー写真素材ぱくたそ

満天の星に感動できる安比高原は、グランピングを楽しみたい方にもおすすめです。安比高原には大小18のお風呂や露天風呂が楽しめる安比温泉もあり、日帰り入浴が楽しめる穴場スポットとなっています。

安比高原へのアクセスは、IGRいわて銀河鉄道経由、盛岡駅からJR花輪線で約60分です。車でお出かけの場合は、松尾八幡平ICから県道45号線で約20分です。

住所 岩手県八幡平市安比高原
電話番号 0195-73-5111(代)

「久慈地下水族科学館 もぐらんぴあ」

フリー写真素材ぱくたそ

岩手のデートでおすすめの観光スポット5か所目は「久慈地下水族科学館 もぐらんぴあ」です。もぐらんぴあは、東日本大震災の津波で生き抜いた有名なアオウミガメ「かめ吉」に会える水族館です。

日本で唯一の地下水族館もぐらんぴあでは、3000匹を超える生物が展示され、館内ではトンネル型の水槽や珍しい魚、久慈の海の生き物などを見られます。

津波被害で壊滅的な打撃を受け休業していたもぐらんぴあは、地元久慈市や魚類学者でタレントのさかなクンなどの協力を得て、場所を移し「まちなか水族館もぐらんぴあ」として再開しました。現在は2016年に再建された元の施設に戻り、営業しています。

フリー写真素材ぱくたそ

もぐらんぴあへのアクセスは、JR久慈駅から車で約15分です。カーナビは「久慈国家石油備蓄基地」に設定するとスムーズです。料金は一般が700円です。営業時間は、9:00~18:00です。11月~3月の期間は10:00~16:00までの営業時間となります。月曜日は定休日です。

住所 岩手県久慈市侍浜町麦生1-43-7
電話番号 0194-75-3551

盛岡のおしゃれなバー7選!大人のジャズバーなどカップルにも一人にもおすすめ | jouer[ジュエ]
盛岡のおしゃれなバー7選をご紹介します!一度は行ってみたい大人のジャズバーから気軽に行けるバーまでカップルにも一人にもオススメのお店を一挙ご紹介します。大切なあの人とのデートやお友達との約束に盛岡での最適なバーをぜひチェックしてみてください。

岩手の穴場観光スポット6選

Photo bynastogadka

岩手県の穴場観光スポットでは、岩手観光をさらに楽しめる穴場観光スポット6か所をご紹介します。レアな観光を楽しみたい!という方におすすめの名所が登場します。

「不動の滝」

Photo bymarliesplatvoet

岩手の穴場観光スポット1か所目は「不動の滝」です。不動の滝は、日本の滝百選に数えられている滝です。本州一の広さを誇る岩手県ですが、実は、岩手県で日本の滝百選に選ばれているのは不動の滝だけです。

森閑と静まり返っている場所で高さ15mの滝が白い飛沫をあげながら垂直に流れ落ちます。朱色の橋が印象的な不動の滝は、2018年に鉄道会社のCMに使用されたスポットとして知られています。

また、かつては修験者の霊場でもありました。不動の滝の脇には、不動明王が鎮座しておられます。不動の滝は、安代(あしろ)ICから車で15分の場所にあります。

住所 岩手県八幡平市高畑
電話番号 0195-78-3500(八幡平市観光協会)

「歴史公園えさし藤原の郷」

フリー写真素材ぱくたそ

岩手の穴場観光スポット2か所目は「歴史公園えさし藤原の郷」です。平安時代のテーマパークは、かつてこの地を治めていた奥州藤原氏ゆかりの建物が再現されています。欧州の歴史や文化に触れる旅で、平安時代の貴族気分を満喫してみてはいかがでしょうか。

歴史のテーマパークでは、平安時代にタイムスリップしたかのような雅な時間を過ごせます。予約制で、貴族の普段着を無料で着付け体験することもできます。

歴史公園えさし藤原の郷へのアクセスは、JR水沢江刺駅から車で約15分です。入園料金は、大人800円、高校生500円、小中学生300円です。営業時間は、9:00~17:00までです。11月~2月の冬期間は16:00までの営業となります。

住所 岩手県奥州市岩谷堂小名丸86-1
電話番号 0197-35-7791

「幽玄洞」

Photo byddzphoto

岩手の穴場観光スポット3か所目は「幽玄洞(ゆうげんどう)」です。幽玄洞は、3億5千年前の化石が見られる鍾乳洞で、猊鼻渓の先1.3kmの場所に発見されました。

天井からは、フローストン(鍾乳石)やつらら石、石筍を見ることができます。見どころは、ひょうたん池やエメラルドグリーン色の地底湖「浄魂の泉」です。日本最古の鍾乳洞といわれる幽玄洞へのアクセスは、一関ICから車で30分です。

電車の場合は、厳美渓駅からバスに乗車し、夏山松川線幽玄洞バス停から徒歩1分です。営業時間は、4月~9月までは8:30~18:00まで、10月~11月は17:00までです。12月~3月は、9:00~16:00までとなります。

Photo by inazakira

入場料金は、大人1000円、高校生700円、中学生600円、小学生400です。年中無休で営業しています。鍾乳洞の中は涼しいので、夏の観光は羽織りものがあると安心です。

住所 岩手県一関市東山町長坂東本町154-1
電話番号 0191-47-3303(幽玄洞観光)

「滝観洞」

Photo by ume-y

岩手の穴場観光スポット4か所目は「滝観洞(ろうかんどう)」です。滝観洞は、大理石の裂け目から「天の岩戸の滝」が流れ落ちる鍾乳洞です。洞窟内にある滝の中では日本一高い滝で、高さが29m、幅が1mあります。

滝の場所は、洞窟のドームになっています。ドーム内に反響する滝の音が神秘的です。滝観洞へのアクセスは、水沢ICから車で90分です。電車の場合は、上有住駅(かみありすえき)から徒歩約3分です。

営業時間は、8:30~17:00までです。年末年始は15:00までで、12月28日~1月3日は定休日となります。入場料金は、大人1050円、中高生700円、小学生500円です。

住所 岩手県気仙郡住田町上有住字土倉298-81
電話番号 0192-48-2756(滝観洞観光センター)

「材木町よ市」

フリー写真素材ぱくたそ

岩手の穴場観光スポット5か所目は「材木町よ市」です。材木町よ市は、材木町商店街で毎週土曜日に開催される路上の買い物市です。材木町のメインストリート「いーはとーぶアベニュー」の路上いっぱいに、100店舗以上のお店が出店します。

新鮮な野菜から果物、海産物、地ビール、パンなどのお店が所狭しと並びます。通りは歩行者天国となり、買い物客で埋め尽くされます。開催時間は、4月~11月の毎週土曜日15:10~18:30までです。

Photo by is_kyoto_jp

材木町よ市へのアクセスは、JR・IGR岩手銀河鉄道盛岡駅から徒歩約15分です。よ市期間中は車両通行止めになる「いーはとーぶアベニュー」ですが、ファンタジックな宮沢賢治の世界を感じられる穴場スポットとなっています。

住所 岩手県盛岡市材木町7-42
電話番号 019-623-3845(材木町商店街復興組合)

「碁石海岸」

Photo byTimHill

岩手の穴場観光スポット6か所目は、「碁石海岸(ごいしかいがん)」です。三陸復興国立公園にある碁石海岸は、日本の渚百選に選ばれているおすすめの穴場スポットです。

碁石海岸を代表する穴通磯(あなとおしいそ)は、海水の浸食によって岩の基底部分に3つの大きい穴が開いている奇岩です。

碁石浜から遊歩道で歩いて行ける乱曝谷(らんぼうや)は、切り立った岸壁が向かい合い、海の谷間に激しく砕け散る白波を見ることができます。また、雷のように豪快な音が響き渡る雷岩(かみなりいわ)もおすすめの穴場スポットです。

Photo byThe_dinga

碁石海岸へのアクセスは、ICから車で95分、電車の場合は、BRT細浦駅から岩手県交通バス碁石線で15分、碁石海岸下車徒歩すぐです。碁石海岸をカッコ船(小舟)で巡りたい方は、6月~11月に運航する穴通船に乗船してみてはいかがでしょうか。

住所 岩手県大船渡市末崎町大浜
電話番号 0192-29-2359(碁石海岸インフォメーションセンター)

岩手旅行のプランから外せないおすすめ観光スポット31選!癒しの穴場も | jouer[ジュエ]
岩手は山や海など雄大な自然があふれ、歴史と文化の史跡が点在している人気の旅行先です。大自然の恩恵を受けた海の幸や山の幸のグルメも豊富です。温泉やゲレンデなど、一年を通して楽しめる岩手旅行のプランに入れておきたいおすすめの観光スポットをご紹介します。

岩手観光で自然とグルメを堪能してパワーチャージ!

フリー写真素材ぱくたそ

岩手の人気観光スポットを4つのエリアに分けてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?岩手県には、定番の名所の他にもデートで楽しめる観光スポットや一度は訪れておきたい穴場のスポットがたくさんあります。

宮沢賢治の作品の世界を楽しめる花巻や、レトロな洋館建築の残る盛岡、爽やかにアクティビティを楽しめる高原リゾートの八幡平、歴史と文化に触れられる平泉、景勝地を楽しめる三陸海岸など、岩手県には魅力的なスポットが多く点在しています。

岩手の人気観光スポットを巡って美味しいグルメを堪能しながら、パワーチャージしていきましょう。

erisa88
ライター

erisa88

千葉県生まれ東京在住のerisa88です。国内や海外のリゾート地を巡る旅と世界中の人々が集まる空港が大好きです。ワクワクするような魅力スポットや美味しいグルメなどを紹介していきたいと思います。宜しくお願いします。

関連記事

人気記事ランキング