毛利家の名城・萩城をご紹介!三の丸北門屋敷・城下町や世界遺産の見どころも?

毛利家の名城・萩城をご紹介!三の丸北門屋敷・城下町や世界遺産の見どころも?

今回、ご紹介するのは山口県萩市にある「萩城」です。萩城の周辺地区は、2015年に世界遺産に認定されました。萩城周辺には歴史的建造物が現存しており、三の丸北門屋敷をはじめ、江戸時代に作られた城下町を見ることができる人気の観光地です。

    記事の目次

    1. 1.「萩城」はマニアも必見の観光名所!
    2. 2.萩城の見どころ「現存のものや旧跡」
    3. 3.萩城の見どころ・天守台跡の背後にそびえる「指月山」
    4. 4.萩城の「町並み」も重要伝統的建造物群保存地区
    5. 5.萩城の「城下町」は世界遺産!有名な観光スポットは?
    6. 6.萩城を見たら「三の丸北門屋敷」でステイがおすすめ
    7. 7.「萩城」を訪れて歴史のドラマを思い浮かべよう!

    店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

    「萩城」はマニアも必見の観光名所!

    Photo by alberth2

    「萩城」には、現在では天守が残っていませんが、当時のままのお堀や石垣などを見ることができます。城がないのに観光名所なのかと思われるかもしれませんが、萩城は、お城がなくとも十分に観光名所になるほど、様々な歴史をもっているのです。

    萩城の城下町は世界遺産に登録され、今でも江戸時代の建造物が残っています。萩城は長州藩の藩庁がおかれた城としても有名です。また、城下町では高杉晋作や木戸孝允の生家を見学することができます。

    江戸初期から幕末、明治に掛けて、時代を変動させた人物たちを排出している萩の地で、今なお残る歴史に触れて見ましょう。

    「萩城」とは?

    フリー写真素材ぱくたそ

    「萩城」は毛利輝元によって築城されました。関が原の戦いにおいて、西軍の総大将を務めた毛利輝元が、御家取り潰しを免れ、1604年に築城したのが「萩城」です。火山の噴火によってできた指月山の麓に築城されました。

    本丸、二の丸、三の丸、そして指月山の詰め丸からなる萩城は「指月城」とも呼ばれています。本丸は現在萩城跡となっていますが、当時は天守閣などがありました。二の丸には物見矢倉や、今なお現存する旧厚狭毛利家萩屋敷長屋などがあります。

    三の丸は外堀の手前までで、武家屋敷が建ち並ぶ地区になっています。三の丸の区域にある「三の丸北門屋敷」は萩城下町唯一の宿です。
     

    萩城の見どころ「現存のものや旧跡」

    Photo by Kuruman

    萩城は天守が現存していないのですが、二の丸には「旧厚狭毛利家萩屋敷長屋」があり、三の丸には「三の丸北門屋敷」があります。このように世界遺産に登録されている城下町は、厳重に保護されており、現在も江戸時代の風景を見ることができます。

    世界遺産に登録され、重要建造物群保護地区にも指定されている萩城の城下町で、江戸時代の風景が残るおすすめの見どころを紹介します。

    天守閣跡(石垣)

    Photo by Kuruman

    まずは、高さ14.5メートルの天守閣を支えていた萩城の石垣です。この石垣は火山の噴火で出来た指月山から花崗岩を切り出して築かれたため、ところどころ白い石が使われています。

    建物はすべて解体されてしまっていますが、城壁や土手の内側にある「武者走り」という通路や、「矢倉台座跡」などは今でも見ることができます。

    住所 萩市堀内 (萩城内)
    電話番号 0838-25-1826

    旧厚狭毛利家萩屋敷長屋

    Photo by Kuruman

    「旧厚狭毛利家萩屋敷長屋」は現在、萩にある武家屋敷の中で最大級の長屋です。旧厚狭毛利家萩屋敷長屋は、一棟の長さが51.5メートルもあります。

    厚狭毛利家とは、毛利元就の五男で毛利元秋が祖です。関ヶ原の戦いの後に長門国厚狭(ながとのくにあさ)現在の山口県山陽小野田市を与えられました。地名を冠し厚狭毛利家と呼ばれているのです。

    旧厚狭毛利家萩屋敷の母屋は明治維新後に解体されてしまいましたが、長屋だけでも十分に観光地として魅力がありますので、萩城を訪れた際には、見学してみましょう。

    住所 萩市堀内85-2
    電話番号 0838-25-2304

    万歳橋

    Photo by alberth2

    「万歳橋(ばんせいばし)」は、指月公園内にあり、初代から12代までの歴代の萩藩藩主を祀る志都岐山(しづきやま)神社へ行くための石橋です。

    万歳橋は、もともと明倫館という藩校(藩士の子弟を教育する学校)にあったものを移築したものです。

    橋の建材には花崗岩が使われており、長さが4.05メートル、幅が3.15メートルの太鼓橋と呼ばれるアーチ状の橋になっています。

    住所 萩市堀内(萩城跡指月公園内)
    電話番号 0838-25-3139 (萩市観光課)

    東園

    Photo by TANAKA Juuyoh (田中十洋)

    「東園(とうえん)」とは、二の丸に作られた回遊式の庭園で、指月公園の北東にある池の周囲一帯のことをいいます。

    東園の見どころは、毎年5月ごろに咲くツツジの花です。5月ごろに萩を観光に訪れて、ツツジの咲き乱れる美しい東園を、のんびりと散歩するのもよいでしょう。

    住所 萩市堀内(萩城跡指月公園内)
    電話番号 0838-25-3139 (萩市観光課)

    萩城の見どころ・天守台跡の背後にそびえる「指月山」

    Photo by alberth2

    指月山の山頂には、現存している建造物はありませんが、詰め丸の跡地があります。指月山は標高143メートルあり、当時は山頂から城内と海を監視していたのです。

    詰め丸が山頂にあることから萩城が、海と標高143メートルの指月山を配する非常に堅牢な天然の要塞だといえます。萩城は、海と山に守られ非常に攻め込みにくい地形に築かれた城なのです。

    住所 萩市堀内
    電話番号 0838-25-3139 (萩市観光課)

    まだある!萩城の見どころ

    Photo by ume-y

    萩城を観光する上での見どころは、本丸の石垣や、二の丸にある厚狭毛利家萩長屋、三の丸北門屋敷など以外にもあります。

    ここでご紹介する萩城の見どころは、詰め丸の跡地です。詰め丸は本丸の跡地と同じように、建物はすべて取り壊されています。しかし、現在でも詰め丸の石垣や飲料水用の貯水池、石切り場が残っています。

    指月山は登山コースが整備されており、詰め丸の跡地まではおよそ20分ほどで到着します。萩城の歴史を肌で感じることが出来るので、ぜひ訪れてみてください。

    萩城跡指月公園に咲き乱れる「四季の花々」

    Photo byftanuki

    「萩城跡指月公園」では、春にはサクラを見ることができ、夏にはハナショウブ、秋から冬に掛けては紅葉など、四季に応じた美しい花々を楽しめます。

    中でも萩城跡指月公園のサクラは、一番の見どころでしょう。サクラにも様々種類がありますが、萩城跡指月公園で見ることができるのは、ソメイヨシノとミドリヨシノです。

    特にミドリヨシノは、山口県の天然記念物に指定されており、萩でしか見ることができないサクラなのです。また、夜にライトアップされたソメイヨシノも見どころのひとつですので、ぜひ訪れてみましょう。

    住所 萩市堀内1-1
    電話番号 0838-25-1826(指月公園料金所)

    萩城の「町並み」も重要伝統的建造物群保存地区

    Photo by Kuruman

    本丸や厚狭毛利家萩屋敷長屋、三の丸北門屋敷などを含む江戸時代の風景が残る建物群は、1976年に全国で初めての重要伝統的建造物群保存地区に指定されました。

    重要伝統的建造物保存地区に指定され、江戸時代からの町並みを守ってきたからこそ、2015年に世界遺産として認定を受けられたのです。

    萩城の周辺を観光するのなら、江戸時代の風景が色濃く残る町を、のんびりと散歩してみるのもよいでしょう。

    萩城や城下町を囲む様に流れる「橋本川」も雰囲気あり

    Photo byprofjcb

    「橋本川」では、萩八景遊覧船が運航しており、船の上から萩城の城下町を見られます。遊覧船の乗降地は萩城跡横にある指月橋付近です。遊覧船は指月橋を出発して、世界遺産の萩城下町や重要伝統的建造物群保存地区を巡り、およそ40分かけて乗船地へ戻ってきます。

    天候がよければ海へ出て、大河ドラマの舞台にもなった「女台場(おなごだいば)」や、沖合いにある火山によってできた「萩六島」という平らな島々が見られます。

    また、通常のコースとは別に、箱メガネを使って海の中の生物を観察する「日本海観賞コース」や、橋本川の土手沿いに咲く桜を観賞する「桜観賞コース」、同じく橋本川の土手沿いを行く「桜紅葉観賞コース」など季節によって見どころ満載のコースを巡ることが出来ます。

    住所 萩市堀内122-1(指月橋そば・萩城跡入口付近)
    電話番号 0838-21-7708

    萩城の「城下町」は世界遺産!有名な観光スポットは?

    Photo by alberth2

    2015年に世界遺産に認定された萩の城下町には、長州藩の藩士で幕末の主要人物とも言える「高杉晋作」や「木戸孝允」の生家が現存していて、見学することが可能です。

    また、高杉晋作、木戸孝允、伊藤博文、山県有朋など、明治維新や明治政府における重要人物たちが、松田松陰の下で、僅かな期間ではあったものの勉学に励んだ「松下村塾」もあります。このように萩城の城下町には様々な見どころがあるのです。

    高杉晋作誕生地

    Photo by alberth2

    「高杉晋作」は柳生新陰流剣術の免許皆伝の実力をもっていました。1857年には、松田松陰の松下村塾に入り、久坂玄瑞、吉田稔麿、入江九一とともに「松下村塾四天王」と呼ばれたり、久坂玄瑞と「松門の双璧」と呼ばれたりと、文武に傑出した才能を持った人物だったのです。

    高杉晋作は、1862年に清(現在の中国の上海)へ渡航し、清が欧米の植民地化している実情を知りました。帰国後、世界の実情に危機感を抱き、奇兵隊を組織したのです。その後、討幕運動に尽力しますが、肺結核を患い27歳という若さで、この世を去りました。

    「高杉晋作誕生地」では、高杉晋作の写真などが展示されています。不定期で閉館していますので、見学をしたい方は、必ず事前に確認をとりましょう。

    住所 萩市南古萩町23
    電話番号 0838-22-3078

    菊屋横丁

    Photo by ume-y

    萩城の外堀から外側へと広がっている城下町は、碁盤目のようにきっちりと区画整備されています。中級や下級の武家屋敷が居並ぶ一筋が「菊屋横町」と呼ばれています。

    菊屋横町には、横町の名の由来になっている長州藩の豪商「菊屋家」をはじめ、高杉晋作誕生地や、第26代総理大臣の田中義一の誕生地が軒を連ねています。このように菊屋横町は、歴史に名を残す人物を多く排出しているのです。

    菊屋横町は、晴れた日には、なまこ壁といわれる白い壁が太陽の光を反射して美しく輝きます。この美しい菊屋横町は、建設省が選出した(2001年に国土交通省に再編)「日本の道100選」の一つに選ばれています。

    住所 萩市呉服町1丁目付近
    電話番号

    菊屋家住宅

    Photo by alberth2

    菊屋家は、毛利家に協力して萩城の築城にも尽力し、後に長州藩の御用達にまで上り詰めた大商人です。現存する商家としては最古と言われており、400年以上の歴史を持っています。

    「菊屋家住宅」の主屋・本蔵・金蔵・米蔵・釜場の5棟が、国指定重要文化財に指定されました。菊屋家住宅では、常時公開されている主屋や金蔵、釜場に、長州藩の御用達として、栄華を極めた菊屋家の貴重な品々が展示されています。

    通常は、菊屋家の新庭は公開されていませんが、4月末~5月中旬の新緑の時期と、10月末~11月末の紅葉の時期のみ特別公開されます。この時期にしか入る事の出来ない場所ですので、時期を合わせて訪れてみましょう。

    住所 萩市呉服町1-1
    電話番号 0838-22-0005

    木戸孝允旧宅

    Photo by alberth2

    「木戸孝允」は、西郷隆盛、大久保利通らと共に維新三傑と称されます。木戸孝允は桂小五郎の名前でも知られており「逃げの小五郎」と異名がつくほどの慎重な性格でした。それでも剣術の腕前は神道無念流の免許皆伝を修めるほどの才能ある人物です。
     

    「木戸孝允旧宅」は、木造瓦葺の2階建てで、1階の部屋を見学できます。木戸孝允旧宅の中には、幼少時代の手習いの書や、木戸孝允の写真などが展示されています。

    手習いの書は、7歳ごろに書かれたものと11歳ごろに書かれたものが展示されており、そのどちらも達筆で、褒める言葉が赤で加筆されています。手習いや剣術の腕前から、木戸孝允は文武に優れた才能を持つ人物だったことが伺えます。

    住所 萩市呉服町2-37 
    電話番号 0838-25-3139

    萩城を見たら「三の丸北門屋敷」でステイがおすすめ

    Photo by taylorandayumi

    「三の丸北門屋敷」は、萩城の城下町周辺で唯一の宿です。重要伝統的建造物群保存地区に指定されて以降、江戸時代から続く三の丸北門屋敷を守り続け、萩城の城下町の世界遺産の登録にも貢献しました。

    三の丸北門屋敷も世界遺産に登録されていますので、世界遺産に宿泊するという貴重な体験ができるのも萩城の城下町ならではの楽しみと言えるでしょう。また、三の丸北門屋敷からは、他の世界遺産や名所へ、アクセスしやすいというのも宿泊のメリットでしょう。

    三の丸北門屋敷では、露天風呂に入りながら庭園を眺められる客室や、和モダンや欧風の部屋など様々なタイプの部屋が用意されており、好みに合う部屋を選べます。

    住所 山口県萩市堀内210
    電話番号 0838-22-7521

    「萩城」を訪れて歴史のドラマを思い浮かべよう!

    Photo by alberth2

    萩城には、萩城跡をはじめとして江戸時代の風景が残る城下町や、世界遺産に宿泊できる三の丸北門屋敷など、歴史ファンにはたまらない様々な見どころに溢れています。

    明治維新の原動力ともなった維新志士たちを多く排出する萩の城下町は、今も当時のままの姿を残しています。ぜひ萩城の城下町を訪れて、維新志士たちの過ごした幕末の景色や匂いに触れてみてください。

    yamada1215r
    ライター

    yamada1215r

    美術館に行くことが趣味です。カメラを持って街を歩くのも好きなので、休日はよく外出しています。みなさんが行きたくなるような記事を目指します!

    こちらもおすすめ♡

    人気記事ランキング