冷凍ステーキの美味しい焼き方まとめ!絶対に失敗しないやり方は?

冷凍ステーキの美味しい焼き方まとめ!絶対に失敗しないやり方は?

がっつりお肉の味を楽しめる「ステーキ」は、みんなが好きなメニューです。美味しいステーキを、気軽に食べたいときには、冷凍ステーキがおすすめです。コスパのいい冷凍ステーキで、自宅で美味しいステーキを味わいましょう。冷凍ステーキの美味しい焼き方についてまとめました!

    記事の目次

    1. 1.冷凍ステーキの賞味期限について
    2. 2.冷凍ステーキの解凍方法について
    3. 3.冷凍ステーキの上手な焼き方
    4. 4.冷凍ステーキレア・ウェルダンの焼き方解説
    5. 5.冷凍ステーキを上手に活用しよう!

    店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

    冷凍ステーキの賞味期限について

    ステーキ
    ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

    美味しいお肉をカリっと焼き上げる「ステーキ」は、お肉の美味しさを堪能できるメニューです。お祝いや、ちょっとした贅沢に欠かせないステーキを、自宅でも気軽に味わいたいときは、冷凍ステーキがおすすめです。

    お肉は冷凍できる食品です。特売を狙って、美味しいお肉を冷凍しておきましょう。ステーキ肉も冷凍できるので、安いときにまとめ買いして冷凍しておけば、いつでも好きなときに、自宅で気軽に美味しいステーキが食べられます。

    冷凍したステーキ肉は、1か月ほど冷凍保存可能です。冷凍するときは、1枚ずつぴっちりとラップで包みましょう。

    冷凍ステーキ肉
    ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

    パックに入ったままですと、お肉を劣化させる原因になる、ドリップごと冷凍してしまいます。必ずパックから取り出し、余分な水分を拭きとってから、ラップにくるみましょう。このとき、ラップを何重にもするのがおすすめです。

    ラップを重ねることで、空気の層ができ、お肉に霜がつくのを防いでくれます。美味しさをキープできるので、ぜひ試してみてください。ラップで包んだら、保存袋に入れて冷凍しましょう。

    冷凍するときは、買ってきてすぐ下処理をして、冷凍するようにしましょう。冷凍するときは、急速冷凍するのがおすすめです。

    冷凍ステーキは安くておすすめ

    ステーキ肉
    ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

    コストコや業務スーパーなど、コスパがいいお肉を買ってきたら、食べきれない分は冷凍しておきましょう。冷凍しておけば、いつでも好きなタイミングで美味しいステーキを味わえます。コスパのいいお肉は、たいていが大容量なので、小分けにして冷凍しておくのをおすすめします。

    お店によっては、あらかじめ冷凍されたステーキ肉を手ごろな価格で販売している場合もあります。そのようなときも、まとめ買いして冷凍庫にストックしておくと、なにかと重宝します。自宅で上手に焼いて、美味しくいただいてみましょう。

    コストコのステーキ肉おすすめは?コスパ抜群の商品から人気のソースも!のイメージ
    コストコのステーキ肉おすすめは?コスパ抜群の商品から人気のソースも!
    コストコには様々なステーキ肉が陳列されています。ステーキ肉といっても、ビーフ、ポーク、チキンなど様々です。今回はステーキの王道であるビーフについて、コストコのビーフステーキ肉でコスパや品質に優れている牛肉を紹介していきます。
    冷凍餃子の美味しい焼き方をご紹介!フライパンやホットプレートで簡単に作ろうのイメージ
    冷凍餃子の美味しい焼き方をご紹介!フライパンやホットプレートで簡単に作ろう
    冷凍餃子は、すでに皮で餡が包んであるので、焼くだけで美味しい餃子を作ることができます。冷凍餃子を焼くときには、美味しい焼き方があります。フライパンやホットプレートで焼くときに、それぞれの美味しい冷凍餃子の焼き方を紹介していきます。

    冷凍ステーキの解凍方法について

    冷凍ステーキ肉
    ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

    冷凍したステーキ肉を美味しく味わうには、解凍方法が重要になります。解凍方法を間違えてしまうと、せっかくの旨味を損なってしまうので、気をつけましょう。冷凍したステーキ肉の上手な解凍方法をご紹介します。

    冷蔵庫でじっくり解凍がおすすめ

    ステーキ
    ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

    冷凍したステーキ肉を美味しく食べるには、冷蔵庫でじっくり解凍するのが一番です。早く食べたいからといって、電子レンジや流水、お湯などで急速に解凍すると、お肉の旨味である肉汁が流れ出てしまいます。必ず低い温度で、じっくり時間をかけて解凍しましょう。

    一晩かけてじっくりと、冷蔵庫で解凍するのがおすすめです。食べたい時間を逆算して、冷凍庫から冷蔵庫へ移しておきましょう。冷蔵庫で解凍するときは、ドリップが流れ出ないよう気をつけてください。

    冷蔵庫で解凍する時間がない場合は、冷凍のまま焼くのがおすすめです。コツを知っていれば、冷凍のままでも、ステーキは上手に焼けます。

    室内放置は雑菌の危険性も

    冷凍ステーキ肉
    ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

    冷凍したステーキ肉を解凍するとき、絶対に室内に放置しないようにしましょう。温度の高い室内で解凍すれば、早く解凍されると思うかもしれません。しかし、この方法はお肉の温度が上がりすぎて、雑菌が繁殖する原因になります。

    雑菌が繁殖したお肉は、食中毒を起こす危険性もあります。絶対に室内に放置しないようにしましょう。冷凍のステーキ肉を解凍するときは、冷蔵庫でじっくりが美味しく食べる秘訣です。冷蔵庫なら温度も一定に保たれているので、雑菌の心配もありません。

    再凍結しないよう注意

    冷凍庫
    ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

    一度解凍したステーキ肉は、再凍結しないのも鉄則です。どれだけ美味しいお肉でも、再凍結すると味が落ちてしまいます。また、解凍した際に雑菌がついていると、食中毒の原因にもなりかねません。一度解凍したら、再凍結しないで、食べきってしまいましょう。

    再凍結を防ぐためにも、冷凍するときは、必ず小分けにして冷凍しておきましょう。1枚ずつ小分けにしておくのがベストです。

    冷凍ステーキの上手な焼き方

    ステーキ 焼き加減
    ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

    冷凍したステーキ肉を上手に解凍したら、次は失敗せず上手に焼いてみましょう。焼き方にはいくつかコツがあります。難しいイメージのある焼き方ですが、コツを押さえていれば、自宅でも上手にステーキを焼けるので、覚えておきましょう。

    冷凍ステーキはそのまま焼いた方が美味しい?

    ステーキ 焼き方
    ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

    冷凍したステーキ肉は、実は冷凍のまま焼いても美味しく焼けることをご存知でしょうか。ステーキ肉を解凍する時間がない場合、電子レンジや常温放置で解凍せず、冷凍のまま焼いた方が、美味しく食べられます。

    あまり火力のない家庭のコンロで焼くなら、冷凍のまま焼いた方が失敗なく美味しく焼けます。解凍する手間のない、簡単な方法なのでぜひ試してみてください。

    失敗しない冷凍ステーキの焼き方

    ステーキ
    ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

    冷凍したまま、失敗せずに美味しくステーキを焼く方法をご紹介します。普通の焼き方とは少し異なるので、覚えておいてください。まず、フライパンに冷凍のままのステーキ肉をのせ、ふたをします。ふたをしてから強火で2分焼きましょう。

    このとき、フライパンの底前面にしっかりと火があたるようにしてください。2分経ったらステーキ肉を裏返し、ふたをしてもう2分強火で焼きます。2分経ったら火を止めて、余熱でステーキ肉に火を通します。これで表面はこんがり焼き色のついた、美味しいステーキのできあがりです。

    冷凍のまま焼いて、本当に失敗なく焼けるか心配されるかもしれませんが、ふたをして焼くことで、しっかりステーキ肉に火が通ります。

    ステーキ 焼き方
    ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

    この焼き方なら、お肉の旨味である肉汁を逃すことなく、上手に焼き上げられます。焼き時間や余熱時間を調整すれば、レアやウェルダンなど焼き加減も調整可能です。

    冷凍したステーキ肉を上手に焼いて、自宅でも美味しいステーキを味わってみましょう。ちょっとしたおもてなしにも喜ばれます。

    厚みによる焼き方の違いについて

    ステーキ 厚み
    ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

    分厚いステーキ肉も、冷凍したまま焼けるのでしょうか。焼き時間や余熱時間を調整すれば、自宅でも上手に冷凍のまま焼けます。2センチ以上ある分厚いステーキ肉の場合、両面とも強火で2分加熱後、弱火で1分加熱します。余熱を5分ほどおけば、ミディアムレアに仕上がります。

    レアが良ければ、焼き時間と余熱時間をもっと短くしてみましょう。分厚いステーキ肉も、これで上手に焼けるでしょう。焼くのが難しいイメージの分厚いステーキも、焼き時間と余熱時間を上手に調節すれば、美味しく焼けます。

    分厚いステーキは、おもてなしや持ち寄りパーティーメニューとしても、喜ばれるメニューです。ぜひ焼き方をマスターしてください。

    冷凍ステーキレア・ウェルダンの焼き方解説

    ステーキ 焼き加減
    ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

    ステーキの焼き加減で人気なのが、「ウェルダン」と「レア」です。ウェルダンはしっかりとお肉に火を通して、赤い部分が残らないようにする焼き方です。お肉の香ばしさを楽しめます。一方レアは、お肉の表面だけ焼き、中はほぼ生の状態に仕上げる焼き方です。肉本来の旨味を楽しめます。

    どちらもお肉を美味しく味わえる焼き方なので、好みの焼き加減を選びましょう。また、お肉の種類によって、合う焼き加減も変わってきます。お肉に合った焼き加減を選びましょう。冷凍したステーキ肉を、ウェルダンやレアに焼き上げる方法をご紹介します。

    レアで失敗しない焼き方

    ステーキ 焼き方
    ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

    冷凍したステーキ肉をレアに焼き上げる方法をご紹介します。1.5センチほどの厚みの場合です。まず熱したフライパンに、冷凍のままのステーキ肉を入れ、両面とも中火で2分ずつ焼きます。その後弱火にして、ふたをして4分焼けば、レアに焼き上げられます。

    弱火にしてから、ふたをするのがポイントです。お肉の厚みによって、加熱時間が異なってきます。レアはお肉本来の旨味を堪能できる焼き加減です。ちょうどいいレアになるよう調節してみましょう。

    ウェルダンで失敗しない焼き方

    ステーキ  焼き方
    ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

    しっかり中まで火が通ったウェルダンに仕上げるには、まずステーキ肉は解凍しておきましょう。解凍したら、熱したフライパンに入れ、強火で両面とも焼きます。箸で触った感触が固くなれば焼き上がりのサインです。

    フライパンから取り出し、アルミホイルで包み、5分ほど寝かせます。寝かせることにより、余熱で火が通るだけでなく、肉汁が落ち着いて、ジューシーなウェルダンに仕上がります。香ばしくジューシーなステーキを味わってみましょう。

    冷凍ステーキを上手に活用しよう!

    ステーキ
    ロゴPhoto by jouer[ジュエ]

    ステーキ肉は、冷凍しておけばいつでも気軽に、自宅で味わえます。焼くときもちょっとしたコツを覚えておけば、お店のようなジューシーなステーキが焼けます。冷凍したステーキ肉を上手に活用してみましょう!

    もぐ
    ライター

    もぐ

    食べ歩きと旅行が大好きなもぐです!最近は台湾にどっぷりはまっております。

    こちらもおすすめ♡

    人気記事ランキング