【業務スーパー】なら生クリームもお得!おすすめの種類や人気商品をご紹介

【業務スーパー】なら生クリームもお得!おすすめの種類や人気商品をご紹介

業務スーパーの生クリームは、大変お得でコスパが優れていると話題を集めています。そこで、業務スーパーでおすすめの生クリーム3選の魅力をまとめました!業務スーパーでとにかく安い人気の生クリームや、使いやすさ抜群の低カロリーな生クリームもご紹介します。

記事の目次

  1. 1.業務スーパーはコスパが良い商品の宝庫!
  2. 2.業務スーパーで人気の生クリーム
  3. 3.業務スーパー・使いやすいおすすめの生クリーム
  4. 4.業務スーパー・液体タイプの生クリーム
  5. 5.業務スーパーの生クリームを美味しく食べよう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

業務スーパーはコスパが良い商品の宝庫!

業務スーパーは値段が安いだけではなく、品質も使い勝手も優れたコスパが良い商品の宝庫です。業務スーパーへ出かけ、食費の節約や時短調理からホームパーティーまで、様々なシーンに合わせた人気商品をゲットしましょう!

生クリームがお得と評判!魅力を紹介!

Photo bylia2lia2

業務スーパーで買える数あるコスパ抜群の商品の中でも、とにかくお得と評判になっているのが生クリームです。そこで、業務スーパーの人気生クリーム3選の魅力をご紹介します!

業務スーパーで人気の生クリーム

業務スーパーで人気の生クリームは冷凍ホイップです。賞味期限や値段・原材料・カロリーなど業務スーパーの冷凍ホイップの特徴をご紹介します。

アマンディホイップは冷凍だから長期保存できる

業務スーパーのアマンディホイップは一般的な生クリームとは異なり、ホイップした状態のものを冷凍している冷凍ホイップなので長期保存できます。賞味期限は冷凍保存で約10ヶ月間です。

また業務スーパーの冷凍ホイップは絞り口付きの絞り袋に入っているため、冷蔵庫で2時間ほど解凍して絞り口の先をハサミでカットすれば、そのままケーキのデコレショーンなどに使える便利アイテムでもあります。

値段・内容量・原材料

業務スーパーで人気の冷凍ホイップの値段・内容量・原材料・カロリーを見ていきましょう。業務スーパーの冷凍ホイップの値段は1L入285円、100ml当たり約29円なのに対し、一般的なスーパーで買える絞るだけのホイップは250ml入約220円、100ml当たり約88円が相場です。

つまり家庭用サイズのホイップに比べ、業務スーパーの冷凍ホイップの方がおよそ7割もお得という計算になります。

業務スーパーの冷凍ホイップの原材料は糖類(水飴・砂糖)、植物油脂、乳製品、乳等を主要原料とする食品、食塩、カゼインNa、乳化剤、安定剤、セルロース、リン酸塩、香料です。通常生クリームは牛乳を原料とする乳脂肪から作られていて、乳脂肪分が18%以上のものと定められています。

また生クリームには植物性脂肪や添加物を使用していないため、生クリームならではのコクや風味を楽しめますが賞味期限が短く、長期保存はできません。一方業務スーパーの冷凍ホイップは生クリームではなく植物性クリームに分類されます。

植物性クリームは乳脂肪を使わず、植物油脂から生クリームのような食品を作り出しているのが特徴です。生クリームに比べるとコクや風味は弱いですが口当たりがあっさりしていて、安定性に優れているため賞味期限が長くコストもかかりません。

また業務スーパーの冷凍ホイップは形を保つ性質に優れているためきれいにホイップしやすく、初心者の方でもケーキ屋さん気分でデコレーションを楽しめます。

業務スーパーの冷凍ホイップにカロリーの記載はありませんが、一般的な冷凍ホイップは100ml当たり約390kcal、脂質約35g が目安なので、業務スーパーの冷凍ホイップも同程度と考えていいでしょう。

【業務スーパー】の冷凍ホイップクリームが便利すぎる!上手な解凍方法は?のイメージ
【業務スーパー】の冷凍ホイップクリームが便利すぎる!上手な解凍方法は?
何かにつけてお世話になっている「業務スーパー」、スイーツ作りでも役立つ「ホイップクリーム」が嬉しい値段で販売されています。贅沢ホイップクリーム使いしたパンケーキも、フルーツサンドも、業務スーパーのホイップクリームを使えば叶います。生クリーム好きな人は必見です!

業務スーパー・使いやすいおすすめの生クリーム

業務スーパーで使いやすいおすすめの生クリームは、スプレータイプの生クリームです。値段や賞味期限・カロリーなど業務スーパー・スプレータイプの生クリームの特徴をご紹介します。

スプレータイプの生クリーム!値段や内容量は?

Photo byla-fontaine

業務スーパーのスプレータイプの生クリームの値段は250g入375円ですが、スプレー缶から出してホイップにすると1Lに相当します。つまり業務スーパーのスプレータイプの生クリームはホイップ1L入375円と計算できるため、ホイップ100ml当たりの値段は約38円です。

業務スーパーの冷凍ホイップよりお高めですが断然使いやすく、家庭用サイズのホイップに比べればかなりお得なのでコスパ抜群の商品と言えるでしょう。

業務スーパーのスプレータイプの生クリームはプッシュするだけでホイップ状のクリームが出てくるという便利なアイテムで、賞味期限は冷蔵保存で約1ヶ月です。開封しても残った中身が空気に触れないため、必要な時に必要な量だけ出せる使い勝手の良さが評価されています。

業務スーパーのスプレータイプの生クリームも植物性ですから、しつこさはありません。パンケーキにたっぷり添えたりコーヒーに少量浮かべてウィンナーコーヒーにしたり、使い道が豊富でお得感満載の生クリームです。

業務スーパーのスプレータイプの生クリームのカロリーは100ml当たり296kcal、脂質27.5gなので、ホイップ100ml当たりで計算するとカロリー約74kcal、脂質約7gになります。

業務スーパーのスプレータイプの生クリームはスプレーから出すと空気をたっぷり抱き込むことによって少量で体積が増えるため、同じボリュームの冷凍ホイップよりもはるかにカロリーを抑えられる商品と言っていいでしょう。

業務スーパー・液体タイプの生クリーム

Photo by1155887

業務スーパーで使い道が豊富な生クリームは、液体タイプの生クリームです。値段や賞味期限・カロリーなど業務スーパー・液体タイプの生クリームの特徴をご紹介します。

液体タイプは安くて使用用途に合わせられる

業務スーパーで買える液体タイプの生クリームはリーズナブルで色々な用途に合わせて使えるのが魅力です。そもそも生クリームとは牛乳に含まれている乳脂肪を濃縮したものを指し、泡立てると最初にとろみが付いて徐々に硬くなるという性質を持っています。

生クリームに含まれる乳脂肪は周囲を膜(まく)で保護されていますが、泡立てると膜同士がぶつかってつながるため、硬く変化するのです。そんな液体の生クリームには色々な種類があり、業務スーパーでは動物性脂肪を使った純乳脂肪タイプと、植物性脂肪タイプの2種類を扱っています。

Photo bykanyarattlr0

業務スーパーの純乳脂肪タイプの液体生クリームは「雪印メグミルク フレッシュ」です。北海道産生クリームを使用し、乳脂肪分は43%含まれています。純乳脂肪タイプの生クリームとは乳脂肪分に安定剤や乳化剤を加えたものです。

加工を一切していない生のままの生クリームは無添加で安心ですし、風味・コクが豊かでなめらかな口溶けを楽しめます。

その反面消費期限は製造日から15日間ほどと短いことに加え、ちょっとした振動でも分離するほどデリケート、泡立てるには知識と技術が必要、値段が高いというデメリットがあるのです。

Photo byfreestocks-photos

そこでおすすめなのが、業務スーパーの純乳脂肪タイプの生クリームということになります。業務スーパーの純乳脂肪タイプは動物性乳脂肪の風味やコクを活かしながらも安定剤や乳化剤によって日持ちする他、ほぼ分離しない、泡立てやすい、リーズナブルといったメリットが多い商品です。

また「乳脂肪分43%」という数字は生クリームの濃度を表していて、動物性生クリームにしか表記されていません。動物性生クリームは濃度によって低脂肪乳クリームと高脂肪乳クリームの2種類に分けられます。

Photo byFree-Photos

低脂肪乳クリームは乳脂肪分20~35%と低く、泡立つのに時間がかかるため料理のコク出しや軽めのチーズケーキなどを作りたい時におすすめです。一方高脂肪乳クリームは乳脂肪分45~50%と高く、泡立ちやすいためデコレーション用のホイップや濃厚なガトーショコラなどに向いています。

業務スーパーの「雪印メグミルク フレッシュ」は乳脂肪分43%と高脂肪乳クリームに近く、風味やコクが豊かなのでホイップやケーキ生地を濃厚に仕上げたい時に使うといいでしょう。賞味期限は90日間、値段は200ml入約400円です。また100ml当たりのカロリーは約417kcal、脂質は44.3gです。

Photo byPexels

業務スーパーで扱っている植物性脂肪タイプの液体生クリームは「スジャータ低脂肪ホイップ」です。スジャータの一般的なホイップに比べて脂肪分を1/4にカットした商品なので口当たりが非常に軽く、後味がさっぱりしています。

そのため他の食材の風味を邪魔せず引き立たせてくれますから、フランボワーズなど酸味のあるフルーツと一緒に使うのがおすすめです。

ただし植物性生クリームは加熱すると分離してしまうため、料理のコク出しにはあまり向いていません。料理に使いたい場合は火を止める直前に加え、さっと温める程度にするといいでしょう。

Photo byLAWJR

業務スーパーの「スジャータ低脂肪ホイップ」は賞味期限60日間、値段は200ml入約200円なので、業務スーパーの純乳脂肪タイプの液体生クリームに比べて5割もお得です。

また一般的な植物性生クリーム100ml当たりのカロリーは約390kcal、脂質は約42gなのに対し、業務スーパーのスジャータ低脂肪ホイップ100ml当たりのカロリーは290kcal、脂質27.4gとなっています。

液体生クリームを使いたいけどカロリーが気になるという方は、ぜひ業務スーパーでチェックしてみてください!

業務スーパーの生クリームを美味しく食べよう!

業務スーパーで人気の生クリームには大容量サイズの冷凍タイプや少量から使えるスプレータイプ、また使い道が豊富な液体タイプがあります。

用途に応じて使い分けができるのも、業務スーパーの生クリームの魅力です。ぜひ業務スーパーでおすすめの生クリームを購入し、お得に美味しく堪能しましょう!

佐藤綾
ライター

佐藤綾

2児の母です。家族で色々な場所へ出かけ、美味しいものを食べるのが一番の楽しみです!

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング