更科堀井はかき揚げが美味しいそばの名店!おすすめの一品に舌鼓

更科堀井はかき揚げが美味しいそばの名店!おすすめの一品に舌鼓

麻布十番にある「更科堀井」は、江戸前のそばの味を現在に伝える名店です。そばの実の芯の粉で打つ「さらしな」、まん丸な形が特徴の絶品「かき揚げ」など、どのメニューも老舗の風格を感じさせます。麻布十番の名店・更科堀井でおすすめしたいメニューについてご紹介します。

記事の目次

  1. 1.更科堀井の絶品そばやかき揚げを食べに行こう!
  2. 2.更科堀井自慢のそばは4種類もある!
  3. 3.更科堀井には季節限定のそばメニューもある!
  4. 4.更科堀井のかき揚げも美味しいと評判!
  5. 5.そばの名店・更科堀井の絶品かき揚げを食べよう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

更科堀井の絶品そばやかき揚げを食べに行こう!

Photo byKOREA_STYLE

麻布十番にある「更科堀井」は、江戸前三大そば(更科、藪、砂場)のうち、更科の流れを汲むそばの名店です。真っ白でコシが強い「さらしな」や小海老と三つ葉の「かき揚げ」など、その伝統の味は多くのそば通から愛されています。更科そばの名店・更科堀井の歴史や場所についてご紹介します。

更科堀井は歴史あるお店!

麻布十番の名店・更科堀井は、寛政元年(1789年)、現在の麻布永坂町に「信州更科蕎麦処 布屋太兵衛」が開業したことから始まります。創業者の布屋太兵衛(堀井清右衛門)は、もともと大名屋敷の御用布屋でしたが、領主の保科兵部少輔にそば打ちの腕を認められ、そば屋に転向しました。

堀井清右衛門は信濃国(更級)の出身だったので、屋号は更級の「更」と保科兵部少輔からいただいた「科」を組み合わせて「更科」としました。布屋太兵衛が打つ美味しいそばは将軍家御用達に選ばれるほど人気を博し、その後、昭和16年(1941年)に廃業するまで麻布永坂の店は続きました。

Photo by crewords

昭和24年(1949年)、七代目・堀井松之助と妻きん、そして小林勇が「麻布永坂更科 総本店」(現在の「永坂更科 布屋太兵衛」)を設立し、老舗の暖簾を復活させました。しかし堀井家はその後、諸々の理由で永坂更科の経営を離れ、昭和59年(1984年)、麻布に「更科堀井」を開業しました。

こうして復活した更科堀井ですが、開業当初は全く流行らず、経営難に陥ったこともありました。しかし、それまで機械打ちだった麺を手打ちに戻す、メニューを工夫するなどの数々の営業努力を重ねるうちに評判が評判を呼び、更科堀井はいつしか都内屈指の名店として知られるようになりました。

Photo byvivi14216

更科堀井は、麻布十番本店のほか、立川店、日本橋高島屋店の3店舗で営業しています。本店はお座敷席など「和」を感じさせるインテリア、立川店と日本橋高島屋店はそばの打ち場が見えるライブキッチン、とそれぞれ内装にも凝っています。また近年中にニューヨークへの出店も予定しています。

アクセス情報・駐車場情報・営業時間は?

更科堀井(麻布十番本店)の営業時間は月~金が11:30~20:30、土日祝が11:00~20:30、定休日は水曜日です(夏季および年始も休みあり)。休日のランチタイムは特に混雑するので、時間をずらすことをおすすめします。場所は東京メトロ南北線・都営大江戸線麻布十番駅から徒歩5分です。

更科堀井(麻布十番本店)に車で訪れる際は、最寄りの「麻布十番公共駐車場」または「タイムズ麻布十番大通り第2」の利用がおすすめです。どちらも24時間営業、かつ周囲の駐車場のなかでは比較的低料金で利用できます。ただし、休日(特に11:00~14:00)は混雑するのでご注意ください。

住所 東京都港区元麻布3-11-4
電話番号 03-3403-3401(更科堀井)

そば懐石を楽しめる永坂更科へ行こう!おすすめメニューやこだわりのつゆとはのイメージ
そば懐石を楽しめる永坂更科へ行こう!おすすめメニューやこだわりのつゆとは
麻布十番にある「永坂更科」は更科の流れを汲むそば屋です。老舗ながら万人向けのメニューが多く、二種類のそばに天ぷらが味わえる「二色天せいろ」やそばに天ぷらやお寿司がついたそば懐石などは家族連れでも楽しめます。永坂更科でおすすめしたいメニューについてご紹介します。

更科堀井自慢のそばは4種類もある!

Photo by zenjiro

更科堀井では、そばのさまざまな楽しみ方ができるよう、伝統の「さらしなそば」をはじめ、そば本来の味と香りが活きている「もり」、田舎そば風の「太打ちそば」、さらしなそばに旬の物を練り込んだ「季節の変わりそば」の4種類のそばを提供しています。更科堀井の自慢のそばをご紹介します。

更科堀井の名物は「さらしなそば」という白いそば

更科堀井の名物「さらしなそば」は、そばの実の殻を剥き、芯の部分(胚乳、胚芽)を挽いた粉で打った真っ白なそばです。江戸時代、更科堀井は出前が中心でしたが、甘皮(殻の下にある種皮)まで挽き込んだそばはくっつきやすかったので、そばの挽き方が改良され、さらしなそばができました。

現在のような真っ白なそばができたのは明治の中頃で、江戸時代は将軍家や大名家の御用達だった更科堀井の「さらしなそば」は、徐々に東京の上流階級、そして庶民の間に広まりました。更科堀井のさらしなそばをすすると、ほのかな甘みとかすかなそばの香り、そして心地よい喉越しが感じられます。

Photo by ftomiz

また、江戸前のそばといえば美味しいのに量が少ないという特徴がありますが、更科堀井のそばは量が多く、食べ応えがあります。これはそばの値段が高かった時代、せめて量だけは多くしようとした店側の気遣いです。量が多い分、昼食にもピッタリで、お昼時には更科堀井の店の前に行列ができます。

もりそばや太打ちそばもうまい!

更科堀井の「もりそば」は、そばの実でも香りが強い甘皮を挽き込んだ粉(挽きぐるみ)で打ったそばです。更科堀井では、そばの名産地として名高い茨城県・堺町産のそばを使い、香り高くコシの強いそばに仕上げています。醤油がきいたから汁でいただくもりそばからは、江戸前の粋が感じられます。

更科堀井の「太打ちそば」は、挽きぐるみを使い、もりそばよりも太く打った田舎風のそばです。もりそばのように小麦粉を使わず、そば粉十割の「生粉打ち」で打ったそばは、そばの香りが強く、かつ独特の歯ごたえがあります。美味しいそばに目がないそば通からも愛される、おすすめのそばです。

更科堀井の「季節の変わりそば」は、桜やお茶、青柚子など、旬の味を練り込んだそばです。更科堀井のさらしなそばに四季折々の美味しいものを練り込んだ変わりそばは、他のそばとは一風変わった風味があり、四季折々の味わいを感じさせてくれます。そばに練り込むものは月ごとに変わります。

更科堀井には季節限定のそばメニューもある!

Photo by regvn

更科堀井では「深川そば」や「まつたけそば」など季節の食材を活かしたそばメニューも充実しています。季節限定メニューのなかには「冷製豚しゃぶトマトそば」といったおしゃれなそばもあり、更科堀井の懐の深さが感じられます。更科堀井でおすすめしたい、季節限定のそばについてご紹介します。

季節限定のおすすめは?

更科堀井の「深川そば」は、あさりとネギ、のりがのった冬季限定のそばです。もともと深川(江東区)のあたりはあさりの産地として知られており、あさりとネギを使った深川鍋は庶民の食べ物として親しまれてきました。更科堀井の深川そばは、あさりの出汁がきいた絶妙な味わいが楽しめます。

更科堀井の「じゅんさいそば」は秋田産のじゅんさいとオクラ、大和芋のトロロをのせた夏季限定のそばです。じゅんさいのつるりとした食感とねばねばしたオクラの取り合わせが美味しいそばで、暑い夏は特に人気があります。温・冷の両方がありますが、おすすめは冷たいじゅんさいそばです。

「冷製豚しゃぶトマトそば」は、冷たいそばに豚しゃぶとトマトの角切りをのせた更科堀井の夏季限定メニューです。更科堀井のような老舗のそば屋にはほとんどないタイプのメニューですが、トマトのさっぱりした酸味と豚しゃぶの脂がそばによく合います。見た目も涼やかなおしゃれなそばです。

更科堀井の「松茸そば」は、松茸を丸ごと1本使った贅沢なそばです。値段は少々張りますが、そばの蓋を開けると得も言われぬ香りがふわっと立ちのぼり、食べる人を恍惚とさせます。スダチの薄切りも松茸に欠かせません。少し甘めの出汁と松茸の取り合わせも美味しい、更科堀井の秋の名物です。

「牡蠣そば」は、かけそばにプリプリの牡蠣と香り高いバラ干し海苔をのせた更科堀井の冬季限定メニューです。宮城県松島産の牡蠣は1粒1粒が大きく、甘めのかけ汁との相性も抜群で、体が温まります。バラ干し海苔の清涼な香りもたまりません。寒い日におすすめの、更科堀井の冬の味覚です。

更科堀井では一品料理も充実しています。そばが茹で上がる前に呑むお酒を「蕎麦前」といいますが、更科堀井の一品料理は、月ごとに変わる「季節の三点盛り」や甘めに仕上げた「玉子焼」、柔らかい「豚の返し煮」などお酒によく合うものばかりです。日本酒と楽しみたい、江戸前の味です。

更科堀井のかき揚げも美味しいと評判!

更科堀井といえば、海老6貫に三つ葉が入った、まん丸な名物「かき揚げ」が有名です。更科堀井を訪れた人のほとんどが注文するこのかき揚げは、サクサクとした衣の歯ざわり、プリプリした海老の食感、そしてさわやかな三つ葉が一度に楽しめる絶品で、更科堀井の自慢のそばによく合います。

かき揚げの魅力とは?

更科堀井のかき揚げの魅力は、温かいそばに、冷たいそばに、そしておつまみに、とさまざまな楽しみ方ができるところです。温かいかけ汁やそばつゆにかき揚げをひたすと、香ばしい衣がつゆにパッと飛び散り、そばつゆに深みを与えます。更科堀井を訪れたらぜひ食べたい、魅惑のかき揚げです。

そばの名店・更科堀井の絶品かき揚げを食べよう!

Photo by zunsanzunsan

麻布十番の名店・更科堀井の美味しいそばやかき揚げについてご紹介しました。更科堀井では、さらしなそばに代表される伝統のそばを守るだけでなく、おしゃれな季節限定メニューといった新しいそばにも挑戦し続けています。ぜひ更科堀井を訪れて、絶品のかき揚げとそばを味わってみませんか?

dmi30
ライター

dmi30

北海道在住。牛や馬、羊が身近にいる自然豊かな場所で暮らしています。旅行が趣味で、気の赴くまま北海道のあちこちを旅してまわっています。旅先で美味しそうなものを見つけたら、食べずにいられない食いしん坊。宿泊先はホテルよりユースホステルやドミトリーを利用しています。北海道を中心に、素敵な場所や旅先での楽しみ方、グルメ情報などをお届けします。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング