長野は美味しい食べ物の宝庫!地元民おすすめのご当地名物料理は?

長野は美味しい食べ物の宝庫!地元民おすすめのご当地名物料理は?

長野県へ旅行に行ったとき絶対食べて欲しい有名な美味しい食べ物や、それを出しているおすすめのお店、お土産にしてほしい名物などを一挙ご紹介してまいります。読んでみて気になった食べ物がありましたら是非、長野に行ってみましょう。

記事の目次

  1. 1.長野は山々に囲まれていて自然豊か
  2. 2.長野の名物食べ物「信州そば」が食べられるお店
  3. 3.長野で食べておきたいおすすめの食べ物
  4. 4.長野絶品の食べ物!馬肉料理
  5. 5.長野の美味しい信州サーモン料理が食べられるお店
  6. 6.長野のお土産にもぴったりな食べ物
  7. 7.自然豊かな長野の美味しい食べ物を堪能しよう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

長野は山々に囲まれていて自然豊か

Photo byWalkerssk

長野県は本州の内陸部にあり、東京から北陸新幹線で約1、2時間で行くことが出来ます。長野県は「日本の屋根」ともいわれる日本アルプスを有しており、県の8割ほどが山地である山岳県です。長野県には軽井沢や松本城など有名な避暑地、観光地も数多くあります。

長野は地元民自慢の美味しい食べ物が豊富!

Photo bySponchia

長野県は海に面していない内陸県です。その分、山里の恩恵を受けた美味しい食べ物が数多く存在しています。また、長野県は面積も広く、南北に伸びた土地を有しているため、料理に使える食材の幅も広くなり、様々な食べ物が発達しています。

そんな自然に恵まれた長野県で、地元の人がおすすめする美味しい食べ物や、お家で食べられる美味しいお土産をご紹介してまいります。

長野の名物食べ物「信州そば」が食べられるお店

Photo bytakedahrs

長野県の有名な食べ物と言えば、まずは御存じ「信州そば」です。信州そばは、「長野県信州そば協同組合」に申請された製品のうち、そば粉を40%以上配合している干し蕎麦のことを指して言われます。

かつてはそばがきやすいとんとして食べられていたものを、現在の麺という形で食べるようになったことがルーツともいわれています。そんな信州そばを長野県で食べられるおすすめのお店をご紹介させていただきます。

うずら家

Photo by klipsch_soundman

「蕎麦処 うずら家」は、長野の戸隠で50年以上そばを作り続けてきた、長野でも有名な蕎麦屋さんの一つです。うずら家は、御昼時ともなると平日でも30分、休日になるとなんと1時間以上並ばなくてはいけないほどの行列が出来てしまうほどの人気店です。

おすすめの「天ざるそば」は、季節の旬の食材がごま油で歯ごたえよく揚げられた天ぷらが、コシの強い細打ちのそばに付いてきます。並んででも食べたい、美味しい「うずら家」の味を堪能してみませんか?

住所 長野県長野市戸隠3229
電話番号 026-254-2219

小木曽製粉所

Photo by ume-y

「小木曾製粉所」は、精粉や鮮度にこだわって作った蕎麦を、求めやすい価格で提供している蕎麦屋さんです。看板メニューである「ざるそば」は、本格二八そばを使用し、並盛も大盛りも税抜き500円で提供しているというリーズナブルさが売りとなっています。

小木曾製粉所は長野駅前店、川中島店、安曇野IC店など複数の店舗があります。駅近くやICにお店があるため、気軽に立ち寄って食べることができるのもこのお店の魅力です。

草苗 上田店

Photo by haru__q

「草苗」は、自家栽培した蕎麦の実を用いるというこだわりのある有名な蕎麦屋です。くるみ蕎麦、とろろ蕎麦は、草苗で創作されたお蕎麦で、不動の人気を誇ります。草苗の蕎麦は美味しく、ボリューム感があり満足感を味わうことが出来ます。

住所 長野県上田市常田3-2-30
電話番号 0268-24-8221

そば茶屋 極楽防

Photo by Yuya Tamai

「そば茶屋 極楽坊」は、「そば百名店」に二年連続選ばれているおすすめの戸隠そば名店の一つです。極楽坊で出されるそばつゆは、ほのかに甘味の感じられるまろやかな濃いめのつゆで、ざるそばによく合います。

隠れ家的な雰囲気で、ゆっくりとした時間を過ごしながらお蕎麦をいただけるお店です。近くに神社もあるので待ち時間に参拝される方もいます。

住所 長野県長野市戸隠3611-5
電話番号 026-254-3267

長野で食べておきたいおすすめの食べ物

Photo byrvlak

長野にある「信州そば」の名店を紹介してまいりましたが、長野でいただける美味しい食べ物は他にも多数あります。有名なものから、地元で愛されているものまで一挙紹介していきます。

駒ヶ根ソースかつ丼

Photo by jetalone

かつ丼といえば、全国的には卵とじのとんかつを用いたものが多いですが、ソースで味付けしたものをという地域もあります。長野県駒ケ根市でもとんかつをソースにくぐらせ、千切りキャベツと一緒にご飯の上へ盛られた「駒ケ根ソースかつ丼」が有名です。

駒ケ根のソースかつ丼は、ご当地グルメとして有名になってから、地元で『とんかつの肉は120グラム以上』という取り決めがされています。ボリューミーなとんかつにしみ込んだソースの味がごはんによく合いガッツリと食べられるのでおすすめです。

山賊焼き

Photo by norio_nomura

がっつりメニューの定番である「山賊焼き」は、長野県の松本市や塩尻市の郷土料理です。にんにくを効かせたタレに鶏もも肉を漬け込み、片栗粉をまぶして揚げた食べ物です。

しっかりとした味付けなのでご飯が進むのは勿論のこと、ビールやハイボールと言ったお酒にもぴったりです。

安養寺ら~めん

Photo bytakedahrs

「安養寺ら~めん」とは、臨済宗安養寺にて作られていた「安養寺みそ」が80%以上使われているご当地ラーメンです。この安養寺ら~めんを名乗るには、みその使用量だけでなく、店主がこのみそについて熟知しており、お客さんに十分な説明が出来なければなりません。

佐久市内の加盟店各店が、それぞれ工夫を凝らした美味しい安養寺ら~めんを提供しているため、佐久市内を散策しながら名物の食べ比べを楽しむことも出来ます。

ローメン

Photo by yoppy

長野県伊那市の名物「ローメン」は、太めの中華麺に羊肉と野菜の炒めものを加えた食べ物です。元々は炒肉麺(チャーローメン)と名付けられていたものの、いつのまにか最初の「チャ―」が外れて「ローメン」と呼ばれるようになりました。

ローメンにはスープローメンと焼きそば風ローメンの二種類があります。どちらのローメンも基本的に薄味で仕上げられることが多く、お酢やしょうゆ、ニンニクなど自分好みに味付けをしていただくのが美味しい食べ方です。

ジビエ

Photo byRobert-Owen-Wahl

ジビエ(Gibier)とは、フランス語で狩猟で捕獲された鹿や猪など野生の鳥獣肉のことをいい、ヨーロッパでは高級食材として扱われています。豊かな自然に囲まれた長野県でも、食文化の一つとしてジビエが食べられてきました。

長野のジビエとして鹿肉が有名ですが、鹿肉は牛や豚などの肉と比較すると高たんぱく、低脂質、高ミネラルと高い栄養価が再認識されるようになった食べ物です。美味しいだけでなく、栄養面も優れたジビエ料理を食べるなら長野で食べてみてはいかがでしょうか?

キムタクごはん

Photo by ayustety

「キムタクごはん」とは、元々長野県塩尻市の学校給食で提供されていた人気メニューで、子供たちにもっと漬物を食べてもらうため、2002年に長野の管理栄養士が考案したそうです。

キムタクごはんというの名前の通り、豚キムチとたくあんを使った混ぜご飯で、豚キムチのピリ辛さとたくあんのほんのりとした甘みが合わさった、子供でも美味しく食べられる名物ごはんです。

本わさび丼

Photo by keyaki

長野県安曇野市といえば、わさびの生産量日本一として有名です。ここでは採れたての生わさびを使った「本わさび丼」も楽しむことが出来ます。炊き立てのご飯、にのりや削り節と擦りたての本わさびを乗せ、しょうゆを垂らしていただく、まさにわさびのための丼ものです。

わさびはすりおろした瞬間から風味が変わっていってしまい、時間が経ってしまうと風味よりも辛味が勝ってしまうため、自分の手ですり下ろしたものを丼にするのが一番美味しく頂けます。市内で本わさびを購入することも出来るので、お土産に買うのもおすすめです。

小布施の栗

Photo byCouleur

小布施町は、知る人ぞ知る栗の名産地です。江戸時代、この栗は信州地方の名物として将軍家に献上されており、「徳川三大果」として扱われていました。この栗を目的に長野県内外から観光客が訪れ、その数年間約120万人という点からも人気の高さがうかがい知れます。

そんな小布施町内には、自慢の栗を使ったスイーツを味わえるお店が数多く立ち並んでいます。栗あんみつのようなお店で頂くものだけでなく、栗羊羹などお土産にもピッタリの名品もたくさんあります。栗が好きな方ならぜひ食べ歩きしてみてはどうでしょうか。

野沢菜

Photo byPezibear

野沢菜は、長野県下高井郡野沢温泉村を中心とした地方で栽培されてきた野菜で、漬物として加工販売されているものが有名です。

長野県はあまり気温が高くなることが無いため、漬物として成王してもあまり発行は進みません。そのため、漬物特有のツンとした匂いが少なく、あっさりとした味わいが特徴です。

長野絶品の食べ物!馬肉料理

Photo byTheDigitalArtist

馬の名産地として知られる長野では、馬肉を食べる食文化が根付いており、今でもよく食べられています。松本市では、かつて肉といったら馬肉を指していたと言われていました。

そんな馬肉と深い繋がりのある長野県で、絶対に食べたい美味しい馬肉料理を提供してくれるお店を3つ紹介いたします。

さくらさく

Photo by ajari

桜肉(馬肉)専門店である「さくらさく」では、馬刺しだけでなくすき焼きで馬肉を提供する「さくら鍋」を名物としています。

さくらさくで使用される食材は全て料理長のこだわりのもと季節や産地まで細かく厳選されています。美味しいだけでなく安心・安全をモットーとして選び抜かれているので、馬肉料理の美味しさを存分に楽しむことが出来ます。

住所 長野県茅野市ちの茅野町3076
電話番号 0266-73-8298

新三よし

Photo by macbsd

明治32年創業の老舗馬肉料理屋「馬肉バル 新三よし」は、馬肉料理だけでも常時90品目という品ぞろえが自慢です。鍋、揚げ物など、様々な調理法で馬肉を味わうだけでなく、長野の郷土料理も多種取り揃えています。

明治時代から続く、昔ながらの長野県の味を地元でも有名な老舗料理店で食べてみたいという方にはおすすめのお店です。

住所 長野県松本市中央1-7-17 毛利ビル 1F・2F
電話番号 0263-39-0141

バニクマン

Photo by emiemihuimei

長野駅から徒歩3分に位置する「長野といえば、バニクマン」は、馬肉料理と共にお酒も楽しめるお店です。インパクトのある店名は、あえて砕けた店名にすることで、若い世代にも気軽に来てほしいという願いが込められているそうです。

このバニクマンの特徴は、仕入れの際馬を一頭買いするため、希少部位も提供してくれるところです。こちらの名物である「馬刺し三点盛り」では、日によって提供される部位が変わるのでぜひともリピートしていろんな部位を楽しんでみてください。

長野の美味しい信州サーモン料理が食べられるお店

Photo bycongerdesign

ここまで里山で採れる食材を使った料理やお店を紹介してまいりましたが、長野では魚の養殖品種の開発もされています。その魚は「信州サーモン」という、ニジマスとブラウントラウトの交配種です。

信州サーモンはクセがなく適度な脂を蓄えており、和洋中どの料理に用いてもまろやかなうま味を発揮してくれます。そんな信州サーモンを美味しい料理で出してくれるおすすめのお店を紹介します。

小柴屋

Photo by salchuiwt

大正12年創業の「小柴屋」は、地元の食材を用いて信州らしい料理を、というこだわりをもつオーナーの経営する豊科駅すぐに位置する割烹料理屋です。

こちらでのおすすめは、信州サーモンをお店特製のつけダレで仕上げられた「信州サーモン特製づけ丼」です。お味噌汁や小鉢などがついて1080円というお手軽な値段で味わうことが出来ます。

住所 長野県安曇野市豊科4911
電話番号 0263-72-2201

酔来処

Photo by chou_i_ci

「酔来処(よっこいしょ)」は、100種類以上のメニューがある長野駅前の居酒屋さんです。長野のものを使った料理が多く、もちろん信州サーモンも用意されています。長野の名物を肴にお酒も楽しみたいという方にはおすすめのお店です。

長野の人気グルメランキングTOP19!絶対に食べるべきご当地の名物は?のイメージ
長野の人気グルメランキングTOP19!絶対に食べるべきご当地の名物は?
面積が広く海がない長野県には里山から恩恵を受けたバラエティ豊かな名物グルメがたくさん存在します。この記事では、長野の人気グルメ19選をランキング形式で発表します!長野で絶対食べるべきご当地名物も出て来るので楽しみにご覧ください。

長野のお土産にもぴったりな食べ物

フリー写真素材ぱくたそ

ここまで長野の名物や美味しい食べ物を出してくれるおすすめのお店を紹介してきました。ですが、長野を楽しみそのまま帰ってしまっては勿体ないです。

せっかく長野を訪れたのならお土産を買っていきましょう。自分一人でお土産を楽しむのもよし、家族や友人にお土産を渡して話のタネにするのもよしです。

有名店「いろは堂本店」のおやき

Photo by puffyjet

お土産に、長野の有名なおやき屋さんのおやきはいかがでしょうか。「いろは堂本店」は、市街地から離れた自然豊かな山あいにて手作りおやきを販売しているお店です。お土産用のテイクアウトだけでなく、店内でできたてのおやきを食べることも出来ます。

おやきのメニューも豊富なので、お店で焼き立てのおやきを食べ比べてみて、美味しいとおもった具材のおやきをお土産に、と選ぶことが出来ます。時間が経ってももっちりふんわりと美味しいのでお土産にもぴったりです。

アクセス

いろは堂本店は、長野駅から車で約40分の長野市鬼無里(きなさ)に位置しています。公共交通機関を使うよりも自家用車やレンタカーなどを用いていくと楽です。

住所 長野県長野市鬼無里1687-1
電話番号 0120-168-041

自然豊かな長野の美味しい食べ物を堪能しよう!

Photo by wakaba-shinshu

長野県の名物や名店、お土産等を紹介してまいりましたがいかがだったでしょうか。たくさん魅力のある長野県、是非みなさんも訪れていろんなものを食べてみてください。

藍田かなた
ライター

藍田かなた

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング