成田空港そば「航空科学博物館」は夢溢れる体験尽くし!貴重な展示品も大人気!

成田空港そば「航空科学博物館」は夢溢れる体験尽くし!貴重な展示品も大人気!

成田の航空科学博物館を紹介します。貴重な展示品や成田空港を見られる展望スポット、アクティビティなど見どころや体験が満載です。航空科学博物館に興味のある方や飛行機が好きな方、特別な家族旅行のスポットを探している方におすすめの記事です。

記事の目次

  1. 1.成田の航空科学博物館は飛行機好きにおすすめ!
  2. 2.成田・航空科学博物館の魅力
  3. 3.成田・航空科学博物館では飛行機も見える!
  4. 4.成田・航空科学博物館には飛行機が見えるレストランも
  5. 5.成田・航空科学博物館の混雑状況
  6. 6.成田・航空科学博物館へのアクセス方法
  7. 7.成田・航空科学博物館へ遊びに行こう!

店舗や施設の営業状況やサービス内容が変更となっている場合がありますので、各店舗・施設の最新の公式情報をご確認ください。

成田の航空科学博物館は飛行機好きにおすすめ!

Photo byRoentgenfee

成田空港のそばに、地元民や航空ファンを中心に、聖地として言われている場所があります。それ航空科学博物館です。数々のアクティビティを備えており、休日は家族連れで賑わっています。成田の航空科学博物館の魅力と混雑状況などを中心にまとめます。

成田の航空科学博物館は、見どころが満載で、様々な博物館内に置いてある航空機などの貴重な展示を眺めることができるスポットです。成田に来たのなら立ち寄ることをおすすめします。

家族連れなら子供が楽しむこと請け合いです。デートでも航空機が見えるレストランなど、飛行機が好きな人にとっては、楽しめる場所です。

成田空港は観光地としても楽しめる!見どころやおすすめの楽しみ方まとめのイメージ
成田空港は観光地としても楽しめる!見どころやおすすめの楽しみ方まとめ
成田空港は、日本の窓口として世界各国からの観光客を迎えています。世界と日本を結ぶ巨大ターミナルとして、日本を代表する巨大空港です。日本への観光客が年々増え、連日多くの旅行客が成田空港に押し寄せます。そんな成田空港の見どころやおすすめの楽しみ方をご紹介します。

成田・航空科学博物館の魅力

Photo byEngel9

成田の航空科学博物館の魅力を紹介します。多くの人を惹きつける人気スポットの魅力、展示品やフライトシュミレーターなどの体験談を紹介します。

飛行機の模型展示品が多い

Photo by woinary

成田の航空科学博物館に展示されている実寸大の飛行機の模型展示品は、ボーイング747の実寸大の模型展示品をはじめとして数多くあります。いくつかピックアップして紹介します。まずはボーイング747で、通称「ジャンボジェット」の愛称で親しまれてきました。

航空科学博物館の1階西棟には、実寸大のボーイング747-400の模型と、胴体断面とエンジンなどの展示品があり、大きさには多くの来場者が圧倒されます。現存している飛行機と寸分違わぬ作りは、飛行機の勉強にはうってつけです。多くの来館者が足を止めています。

Photo by MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

2階の中央棟には、歴代の名航空機から模型が展示品の部屋があり、世界的な名航空機が約300体楽しむことができます。飛行機のマニアには堪らない場所で、航空機好きなら数時間はここで語れるスポットです。

航空科学博物館の屋外には昔の航空機の名車が実寸大で置かれており、セスナ機やヘリコプターまで展示されています。中でも貴重なエアロコマンダー680は、アジアで初の航空観測を実現した機体です。入場に300円かかり、貴重な内部を体験できる成田の航空科学博物館でも名物です。

Photo byskeeze

リアジェットは、スタイリッシュな顔が、飛行機マニアから人気で、実際に使っていた機体を輸送するために、成田空港まで飛んできたといういわくがあります。展示品の多くは状態が良いままで、保存されており、飛行機のパワースポットと形容している人もいます。

成田の航空科学博物館の西棟2階には、飛行機が発明されてからの変遷を見ることができます。300機もある航空模型が今に至るまでの歴史を刻んでいます。家族連れには良い体験ができるコーナーです。成田の航空科学博物館で飛行機の歴史を目で確かめてみましょう。

Photo byEngel9

東棟の2階には、過去から現在まで成田空港について知ることができるスポットがあり、数々の貴重な写真と共に、来館者をもてなしています。数多くの写真の中には、今でも現役の航空機も多いです。羽田空港よりも種類が多く、いろいろな飛行機が観られる成田の航空科学博物館の名物です。

展示品の中にも入れる

Photo by nauleyco

成田の航空科学博物館の展示品の中には実際に入れるものが多く、内部を体感することができます。航空科学博物館の西棟の1階のボーイング747の展示品の中には、キャビンモックアップがあり、実際に飛行機の中に入っているかのような体験ができます。

屋外に突き出た形の747セクション41は、実際にボーイング747の頭だけを展示しており、平日3回と休日は5回、展示品の中に入れる体験の時間を設けています。500円で体験でき本格的なコックピットを味わうことができると大人気です。

Photo by masuidrive76

航空科学博物館の屋外の展示品はほぼ内部に入れて、実際の当時の内部からの映像を体感することができる貴重なスポットです。新聞社の取材で活躍したセスナは、実際のニュースなども思いながら、体験してみると良いでしょう。

航空科学博物館名物のエアロコマンダー680は300円払うと、内部に搭乗できます。1960年代に活躍した飛行機の内部からはシャッターチャンスが沢山あり、SNSなどにアップする人が続出しています。航空科学博物館屋外の展示品の中でも人気の高い展示品です。

Photo byFree-Photos

航空科学博物館の屋外の展示品であるヘリコプターR22も魅力的な体感ができると人気です。100円で内部に入ることができます。ヘリの中に入ったら、意外な広さに驚くことでしょう。大型のヘリで、各地を飛び回り活躍した機体です。

セスナ175も有料で内部に入ることができる機体で、航空機マニア必見です。魅力は年代を感じる内装があり、1960年代に活躍した当時の面影をそのまま良い状態で保存しています。古い機体から新しい機体まで航空機のことならほぼ網羅している航空科学博物館は魅力的なスポットです。

その他の屋外の展示品については無料で内部を確認することができる機体もあれば、できないものもあります。詳しくはホームページ等を見るか、直接問い合わせて確認してみましょう。

体験館・フライトシミュレーターも人気!

Photo by motomocomo19

成田の航空科学博物館の別館になる体験館では、貴重な体験ができます。特にメインはフライトシミュレーターで、B737-MAXとB777を実際にフライトしているかのように操作することができます。フライトシミュレーターからの気分はまるでパイロットです。

航空機の操作は非常に難しく、このフライトシミュレーターは実際に訓練用で使っていたものを貰い下げてきたものです。シビアな操作は始めは慣れないでしょうが、慣れてくると操縦の醍醐味が分かってきます。DC-8フライトシミュレーターは、実際にサポートがされるので初心者でも大丈夫です。

Photo by redlegsfan21

飛行機の操縦のコツは、慣れていろいろ動かしてみることで、離陸から着陸まで一貫的な流れを堪能することができます。子供にとっては貴重な体験で、フライトシミュレーターは絶大な人気を誇るアクティビティです。機長になった気分で空旅を楽しんでみましょう。

フライトシミュレーターにはボタンが数多くあるのですが、実際には操作するのは数カ所覚えたら簡単にできます。フライトシミュレーターのシビアな操作は、実際のフライトシミュレーターなどと一緒で、パイロットになれる体験施設です。

Photo byFree-Photos

フライトシミュレーターは、実際にパイロットの訓練用で使っていたものでシビアな操作が求められます。離陸から着陸まで気の抜けない空の旅と数々起こるイベントなどが、機長を体験する大変貴重な場となります。フライトシミュレーターは航空科学博物館名物です。

フライトシミュレーターは平日は3回開催し、休日は6回開催されています。先着順に整理券を配っており、休日ではフライトシミュレーターを求めて航空科学博物館に訪れる人も多いです。朝から行列が出来ていることもしばしばあります。

したがって休日はフライトシミュレーターの権利が取れたのならラッキーと思いましょう。特に成田の航空科学博物館の目玉になっているアクティビティです。

イベントも楽しい

フリー写真素材ぱくたそ

成田の航空科学博物館では、いろいろなイベントも行っています。注目のイベントや季節のイベントの中でもとりわけ人気の高いイベントをピックアップします。常に行っているイベントはフライトシミュレーターを含めて3つで、季節のイベントがそれに加わります。

常設のイベントは、747セクションガイド付き機内ツアーと、747-400大型模型コックピット体験の2種類です。747セクションガイド付き機内ツアーは、平日3回・休日5回行われており、入ること等は自由な747セクションに細かいガイドがついて解説してくれます。

Photo byArtisticOperations

飛行機の内部特にコックピット周辺は訳の分からないボタンが数多くあります。ガイド付きの時間を狙って、747セクションの付近に行ってみましょう。ガイド付きの説明でより深く、飛行機が知ることができます。500円で行っており、整理券等は不要です。

747-400大型模型コックピット体験は、実際に機長の気分になれるイベントで、1日5回行われます。いろいろなボタンをいじることができます。動かせるわけではありませんが、機長の気分に浸り、写真を1枚撮ってもらいましょう。きっと良い思い出の1枚になります。

Photo bySteve001

747-400大型模型コックピット体験は先着順に整理券を配っています。先着順になりますので、航空科学博物館の開始時間に並ぶのがベターです。いろいろなイベント等の中でも魅力ある航空科学博物館のイベントです。747-400大型模型コックピット体験の料金は1グループ200円です。

航空科学博物館の魅力あるイベントは不定期のイベントです。貴重な魅力のある体験ができるとあり、人気です。数あるイベントは航空科学博物館の集客に繋がっています。特に人気の高かったイベントを中心に取り上げると、不定期ながら印象に残り、良い口コミが多数あります。

Photo byAbsolutVision

折り紙の航空機の作成体験は人気のイベントです。特殊な折り紙の専門家を交えて、遠くへ飛ばせるコツを伝授します、小さな子供から参加でき、難しいことはありません。より遠くへ飛ぶ紙飛行機は誰が作ったものなのかは、飛ばすときにならないと分かりません。

プロペラエンジン運転体験は、古い時代の航空機を体験できるイベントで人気です。プロペラ航空機を飛ばすことができるなら一流のパイロットです。古き時代のテクノロジーに触れてみましょう。大切な思い出になること間違いなしで、反響がブログやSNSなどに挙がっています。

Photo byblickpixel

ジェットエンジン運転体験も人気のイベントで、ジェット航空機を飛ばすことができる貴重なアクティビティです。ジェット飛行機になるといろいろな操作なども難しくなりますが、丁寧なアシストが着いており、貴重な体験ができると人気です。

機長や航空会社の関係者を招いて、トークショーなども行っています。大人向けのイベントですが、子供が鋭い突っ込みをいれるなど和気あいあいとときが過ぎていきます。いろいろな貴重な体験を聞ける場でもあるので、積極的に質問してみましょう。

このように航空科学博物館では数々のイベントがあり、来場者を楽しませています。いろいろなイベントの日程等は、公式ホームページ又は問い合わせで確認してみましょう。

音の体験ルームも楽しい

Photo byFree-Photos

航空科学博物館の東棟2階には「音の体験ルーム」があります。航空機の音について特化したアクティビティで、飛行機マニアの間で密かな人気になっています。航空機ごとに音がかなり違い、体感することで、より航空機への興味が沸きます。

この後に飛行機を見に行くと、音にも注目することは間違いないです。成田空港に着陸する航空便でも音の種類が違い、音でも楽しめる航空科学博物館名物になっているアクティビティです。

航空科学博物館の東棟2階には、成田空港のジオラマなど魅力満載の設備が沢山あります。エコについて学べたり、歴史について学べたりする貴重な体験ができます。テクノロジーと歴史の両方に触れることができる貴重な体験スポットです。

成田・航空科学博物館では飛行機も見える!

フリー写真素材ぱくたそ

航空科学博物館の各所には展望台があり、成田空港に発着する航空便を眺めることができます。中央棟3階展望室では、成田空港の滑走路が見え、離発着する航空機を間近で観ることができます。迫力ある絵で、写真を撮る航空機マニアの姿もある航空科学博物館の名所です。

魅力的なのは、外にあることで、エンジン音などが迫力の大サラウンドで聞こえることです。いろいろな成田空港を眺めることができる公園などが近辺にもありますが、北風の時には着陸の様子を南風のときは離陸の迫力ある絵は魅力です。多くの飛行機ファンも音の迫力を魅力に感じています。

Photo by ColdSleeper

航空科学博物館の中央棟5階には、展望展示室があり、離発着する航空便の解説が乗っていたり、管制塔で使う機器などを展示しており、ここもマニアを中心に魅力的なスポットです。室内になるので、音の迫力は3階の展望台には負けますが、詳しく航空便について知りたい人におすすめです。

航空科学博物館の屋外に出ても成田空港を離発着する航空便の音や、様子などが近場で観ることができます。航空科学博物館の来場者の中には1日中航空便の様子を写真で収めているカメラマンもいます。魅力あるスポットで迫力の離発着する航空便を眺めてみるのも良いです。

成田・航空科学博物館には飛行機が見えるレストランも

Photo by jetalone

航空科学博物館の中央棟4階にはレストラン「バルーン」があります。展望のレストランで航空機を眺めながら、食事を食べることができます。また朝に整理券を貰って、午後に予定しているフライトシミュレーターなどを利用する人にとってはお腹を満たす場所です。

入口で食券を買い、それをカウンターに渡します。一番人気は機内食風のランチで、忠実に機内食を再現しています。やや味が濃いめに作られているランチは食べ応えが満載で、空旅の気分に浸れます。味がやや濃く感じるかも知れませんが、機内では味が薄く感じるようです。

Photo by *tomoth

次に人気がカレーライスです。特に変わった点は無いのですが、提供が早いことと時間が無い人に大人気です。早く食べて航空科学博物館を堪能したいという人が注文していきます。カレーライスは定食屋の味で、落ち着くような素朴なカレーライスです。

和風ハンバーグランチも人気です。比較的洋風な味付けが多い中、貴重な和風の味で、バルーンでは人気を集めています。飛行機を眺めながら食べる食事は美味しいと評判です。いろいろ離発着する忙しい空港を眺めつつ美味しい食事に舌鼓を打ってみましょう。

Photo by junyaogura

レストランバルーンでは、展望が良い窓際が空いているなら座りましょう。窓際からなら5階からの眺望にも負けません。お昼時は混みあいますので、休日は時間を置いて11時かもしくは14時付近を狙って来店すると窓際の席が空いている可能性が高まるでしょう。

営業時間は10:30~で、終了は航空科学博物館に準じています。定休日も同様です。航空科学博物館の1つのアクティビティと考えると、テーマ化されている空定食なども人気の眺望の良いレストランです。

成田・航空科学博物館の混雑状況

Photo byEngel9

航空科学博物館の混雑状況は、土曜日と日曜日、祝日の特に午前中が混みあっています。特にフライトシミュレーターなどの人気アクティビティの整理券を求めて、土曜日や日曜日、祝日は朝からでも行列ができるほどです。土曜日は特に午後でもデートで訪れる人も多く、1日中混んでいます。

混雑状況から狙い目の時間を言うと、金曜日の午後を除く、火曜日から金曜日が空いています。フライトシミュレーターなどを利用したい場合には、火曜日から金曜日は開館直後、土曜日と日曜日、祝日は開館前に並ばないと整理券を得ることができないと思っておきましょう。

Photo byPublicDomainPictures

航空科学博物館の営業時間は、10:00~17:00で、最終入場は16:30です。定休日は毎週月曜日で、月曜日は祝日の場合には翌平日が休みです。料金が大人は700円で、中高生は300円、4歳以上の子供が200円です。お得な割引等もありますので、詳しくはホームページを確認してください。

成田・航空科学博物館へのアクセス方法

Photo by abex

成田の航空科学博物館へのアクセスを都心からナビゲートします。車と電車、路線バスと高速バスの乗り継ぎなど順番に紹介します。

車の場合

フリー写真素材ぱくたそ

都心からだと、首都高湾岸線を通り、東関道自動車道を潮来方面へ、「成田IC」で降りて、国道295号線を芝山方面へ、成田空港を通り県道62号線を進み、国道296号線の手前の交差点「岩山橋北」もしくは「航空博物館入口」を右折して入ります。

注意点は航空科学博物館の南側からしかアクセスできません。航空科学博物館の北側を通る道路からは駐車場に入れないので注意しましょう。駐車場は無料で200台あります。

電車の場合

Photo by hans-johnson

電車の場合には、東京都心からいくつかのルートがありますが、東京駅から直結なら、JR総武快速線から総武本線、成田線を通り空港に直結する快速電車に乗っていくのが一番楽です。グリーン車もありますので、優雅に観光を楽しみたい人におすすめです。

降車駅は「空港第2ビル」駅もしくは「成田空港」駅です。京成線が隣に走っているので、特に迷うことはありません。

Photo by mxmstryo

京成線を利用する方法もあります。日暮里駅で乗り換え、京成本線直通快特もしくは特急に乗り「空港第2ビル」駅もしくは「成田空港」駅で降ります。基本的にどちらの駅で降りても変わりはありません。

日本橋や浅草、押上から利用は、成田スカイアクセス線が便利で早いです。アクセス特急に乗り「空港第2ビル」駅もしくは「成田空港」駅で降ります。ただし日中は40分に1本と少ないために、京成本線を利用した方が早い場合もあります。

Photo by alberth2

空港第2ビル駅や成田空港からは路線バスでアクセスです。成田空港交通南部線「南部工業団地行き」に乗り「南部物流」バス停下車、徒歩で約8分です。成田空港交通博物館線だと「航空科学博物館」バス停下車、博物館内に停留所があります。

JR東関東バス「JR成田駅行き」に乗っても「航空科学博物館」バス停下車すぐです。各会社のホームページ等を確認してください。京成成田駅で乗り換え芝山鉄道「芝山千代田」駅で降りて、路線バスを利用する方法もあります。

路線バス・高速バスの場合

フリー写真素材ぱくたそ

路線バスの場合にはJR成田駅東口のロータリーから、JRバス関東「航空科学博物館行き」が出ています。一部便は八日市場駅へ向かうので、「航空科学博物館」で下車しましょう。航空科学博物館内までバスが運行しています。

高速バスはJRバス関東または千葉交通バスの東京駅八重洲口から出る便が便利です。行先は「航空科学博物館」と「多古台バスターミナル」、「匝瑳市役所」です。「航空科学博物館バスターミナル」で下車、徒歩ですぐです。時刻表などは各ホームページを確認してください。

住所 千葉県山武郡芝山町岩山111-3
電話番号 0479-78-0557

成田・航空科学博物館へ遊びに行こう!

Photo byEngel9

成田の航空科学博物館は魅力が満載のスポットです。多くの観光客を集めるだけの充実した航空アクティビティが人気です。成田に来た際には押さえておきたいスポットで、家族連れには特に楽しめる場所です。成田の航空科学博物館で一生ものの良い休みの思い出を作ってみましょう。

古澤 弘一
ライター

古澤 弘一

フリーライターです。旅と猫好きで、食べ歩き大好きです。「日常のちょっとしたことにプラスになる情報を届ける」をモットーに活動しています。

こちらもおすすめ♡

人気記事ランキング